騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<可決⇒①、②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>①ネブラスカ州:風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める |ぜひ⇒風力発電所の反対派は組織化する / ぜひ⇒フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー…風力発電所は農業ベース・エリアの中心に配置される大規模な『コンビナート』である // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  










<可決⇒①ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年3月2日




①ネブラスカ州
◇Wind farm developer turns attention to Butler County
風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める

(columbusnewsteam.com |2015年3月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/03/03/wind-farm-developer-turns-attention-to-butler-county/




ケイティ・モリアーティ



バトラー郡  -



風力エネルギーの開発者は、
東バトラー郡の土地所有者に注目しています。

今週のバトラー郡上級委員会の会議では、
これが主要な話題となりました。





「ネクストエラ・エネルギー」と呼ばれる組織は、
土地をリースし、約100〜112の風力タービンを
郡の一部に設置することを望んでいます。

ネクストエラ(NextEra)社は、
郡の一部にタービンを設置し、
既存の土地所有者から土地を賃借し、
エネルギーを購入する大規模な商業顧客を
見つけることができます。

組織の代表は、風力発電所の位置は、
典型的には風速が高いことが知られている
特定の地域を示すデータに基づいていると語った。





ネクストエラ社開発ディレクターの
リサ・サリヴァンは、
プロジェクトに関する詳細を説明するために、
月曜日の委員会に会議に出席しました。

彼女は組織がまだ
プロジェクトの初期段階にあると述べ、
土地所有者と協力して
タービンに関する詳細を提供する予定です。

彼女はまた、彼らが土地所有者に提供する
非交渉可能な価格があることに注意し、
彼らはプロジェクトに力を入れる
十分なスペースを確保するために
33,000エーカーを得ることを目指しています。





サリバン氏は、
厳格なセットバックの規則もあり、
変更の対象にはならないと説明を続けます。

ネクストエラ社は湿地を避けたいと考えており、
各タービンは建物や道路から
約1,400フィート離れている必要があります。

30年以上の平均耐用年数を持つ構造物も、
電力線から430フィート離れている必要があります。


※ 1400フィート = 426.72 メートル
※ 430フィート = 131.06400 メートル





委員会の会議では、多くの出席者が
負債に関する懸念を表明し始めました。

例えば、構造物の1つが損傷した場合に、
誰が責任を負うのかについて
多くの疑問が浮かび上がった。


出席者は
土地所有者かネクストエラ社かを知りたがっていました。


サリバン氏は、法的懸念事項の多くに、
同社がその構造物について保険を保有していると
述べることで対処したが、
それぞれのケースが異なる可能性があります。






第6地区バトラー郡監督者
グレッグ・ジャナク氏(Greg Janak)は、
風力発電所が
納税者にどのような影響を与えるかを説明し、
「税金を徴収すれば、
資産税によって生み出される収入については
郡にとって巨額の税金を引き上げることになり、
経済的利益があれば、
プロジェクトに参加することを決めた土地所有者は
風車で稼ぐことができる」と述べた。






会議は、これらの風力タービンの
アクセス道路を中心とした会話に発展しました。


サリバン氏は、ネクストエラ社は
郡の役人とアクセス道路の建設に協力し、
地方道路に加えられた変更は
必ずしも永久的ではないと説明した。


これは、出席者の間で懸念を引き起こしました。


なぜなら、タービンからの落下する破片が
切迫しすぎる可能性があるからです。


一人の紳士は、
タービンブレードの6フィートの破片が
因果関係を引き起こす例があることを書き留めました。

しかし、ネクストエラ社は、
そのリスクを最小限に抑えるために、
そのセットバックが計算されていると言います。






ジャナク氏はまた、ネクストエラ社によって
アプローチされた人に
いくつかのアドバイスを提供しました。

「誰かがこれに参加する前に、
自分の権利が保護されていることが
本当に重要だと思うので、
ネクストエラ・エネルギー社との契約を
見てもらうことをお勧めします。
ネクストエラ社は彼らの最善の利益を探しています。
土地の所有者は、
彼の最大の利益を捜す必要があります。」と
ジャナク氏は語った。





ネクストエラ社は、
これらのタービンの設置場所を決定しましたが、
土地所有者の同意を得て
プロジェクトを進めるまで、
その情報を公開しません。


タービンは、
東バトラー郡からサンダース郡に伸びます。





影響のある範囲内の土地所有者のために、
3月18日に
「オープンハウス」と呼ばれる会議が開催されます。

会議の出席者は招待状のみで選定され、
ネクストエラ社の代表者と会うことができます
ネクストエラ社は風力発電所の建設を
進めるために必要な土地所有者に
詳細を提供すると述べています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------




<可決⇒②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>



2015年4月20日




ぜひ!⇒
②ネブラスカ州
◇Wind farm opponents organize
風力発電所の反対派は組織化する

(The Banner-Press |2015年4月20日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/wind-farm-opponents-organize/
article_63e2aaaf-1c8e-5bdc-b985-d19a6db4d76e.html




4月14日には、
110台の風力発電所の開発に反対するグループが
40名のメンバーで構成されました。





月曜日の夕方、
100人以上の土地所有者と住民を数えた
『ボヘミアンアルプス・ウィンドウォッチャーズ』は
彼らはNEXTera Energy、LLCが提案した
ジュービリー風力発電所プロジェクトを
中止することができれば幸いですと
主催者の1人であるジョン・スターナー氏は語った。






同グループは、4月23日(木)午後8時、
ブルーノ、96エルムセントの
ブルーノ市民センターで会議を予定しています。

この会合は事実上情報の提供になるでしょう。




グループのミッション・ステートメント:

『ボヘミアンアルプス・ウィンドウォッチャーズ』は、
工業規模の風力発電施設と農村景観、地域経済、
野生生物への悪影響についての
意識を高めることに専念している
地元のボランティア団体です。





新聞に送付されたリリースによれば、
グループは「バトラーとサンダース郡の将来に
プラスの方法で影響を与えることを意図しています。

我々は、その地域の人々に、
短期的にも長期的にも、
提案された産業風力発電プロジェクトがもたらす
マイナスの影響についての
事実上の情報を提供することによって
それを達成しようとしています。」と述べました。





ネクストエラ社がプロジェクトを成功させると、
タービンはビジネスと
コミュニティの成長を制限するため、
経済が即座に、
そして将来的に悪影響を受けることになるという。




「この地域の野生生物は、
巣作りをするハクトウワシ、
ソウゲンライチョウの飼育、
その他の湿地や湿地をホームにする
絶滅危惧種などに悪影響を及ぼすだろう」と
同グループは主張した。


「最後に、それは永遠に農村の景観を変え、
私たちの地域社会と農村の生活様式を損なうでしょう。」





風力発電所は
農業ベース・エリアの中心に配置される
大規模な『コンビナート』であると
同グループは述べている。





「景観を変えるだけでなく、
我々が交流する方法も変わるでしょう。

私たちのメンバーの何人かのなかでは、
それがすでに始まったことを示しています。」と
このリリースは述べています。






▽オプションの提出





今日まで、
ネクストエラ社には電力購入契約はありません
- エネルギーのバイヤー
- 提案されたプロジェクトによって作成される。




バトラー郡書記官事務所には、
ネクストエラ社と土地所有者の間に
約12の選択肢があり、
開発者は現在ブルノ地区の土地所有者と
面会していると述べている。




厳密な地図は公開されていませんが、
検討中のエリアは
ベルウッドからバルパライソまで伸び、
バルパライソからリンウッド北から
東に伸びる別のストリップがあります。

この地域の約3分の2はバトラー郡にあり、
残りはサンダース郡にあります。




フロリダ州ジュノビーチに本社を置く
ネクストエラ社は、
全国で最大の風力発電所の建設会社で、
19州でプロジェクトを展開しています。

同社はまた、太陽光発電、水力発電、
原子力発電所を有しています。




このプロジェクトには、
最大200メガワットの電力を発電するのに
十分な100〜112台の風力タービンの建設が含まれる
- 40,000戸の家庭に十分な電力。




面積が広がりますが
ネクストエラ社のリサ・サリバン代表は
2月に、
プロジェクトは
1タービンにつき1エーカー半を必要とし
そして、ネブラスカ州の
パブリック・パワー・ディストリクトに
属する電力網に
地下送電線を接続するためには、
地役権が必要であると述べました。





彼女は、プロジェクトが
環境や野生生物への影響を決定するために
厳密な調査を受けることになると説明した。

同社は土地所有者だけでなく、
地域内のすべての事業者を募集し、
紛争を最小限に抑えるよう努める予定です。




サリバン氏は、競合他社とは異なり、
ネクストエラ社は風力発電施設を建設し、
保有しているという。

ネブラスカ州の他の地域では、
ジェファーソンとゲージ郡に
44タービンの
スティール・フラット・プロジェクトを設立し、
カンザス州のウェブスター郡に
89タワー以上の敷地を持つ
コットンウッド・プロジェクトを
設立しようとしています。




反対派が2月以来提起した話題は、
セットバック距離、
納税者の​​費用でNPPDの電力線を
アップグレードするコストと
契約の長期的性質です——100年にわたる

反対派はまた、風力タービンは、
新しい住民が
その地域に建設することを思いとどまらせ
地域の住民やタービン周辺の農業生産者の
やっかいな問題を引き起こすと述べた。






サリバン氏は2月に
同社は郡を適切に待遇したいと考えていることを
郡の委員会に保証しました。





「我々はこれに長期的にかかわる。
私たちはこれを使って関係を構築しています。
われわれは不慣れなことをしようとはしていない」と
彼女は語った。

「それは景観の永久的な部分になります。
それは多くのことに影響します。」




サリバン氏は、
風力エネルギーの開発には異議申し立てや
コストがないわけではないが、
地方自治体の歳入は1億5000万ドル、
土地所有者への支払いは1600万ドルと
多くのポジティブな結果をもたらしたと説明した。





建設期間は2017年から始まり、
6ヶ月から9ヶ月続くと推定され、
150〜175人の労働者がその地域に移動し
経済に貢献すると推定されている。

建設後、このプロジェクトには
5人の従業員が必要となります。

サリバン氏はそれが直近の地域には
住んでいない可能性があると認めています。





サリバン氏によると、
同社は個々の土地所有者に対して
異なる契約をしていないという。





「我々は入札戦争に入りたくない。
誰もが同じ言葉を得ます。

十分な土地を得られない場合は、
プロジェクトをシフトするかどうかを検討するか、
私たちが本当にサインアップできなければ、
店を閉じてどこかに移動する」と
彼女は2月に言った。





[ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャーの
Facebookはここをクリック。]



ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html






2017-02-05 : ■可決⇒ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR