騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<再生可能エネルギー>意見, アメリカ:反パイプラインの反環境保護主義者たち…炭素を「地中に」維持するには地上の大部分のものを壊滅させる必要があります‐それは、最低の取引です // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<再生可能エネルギー>




2017年1月4日




意見, アメリカ
◇The anti-pipeline anti-environmentalists
反パイプラインの反環境保護主義者たち

(Investor's Business Daily | 2017年1月4日)
http://www.investors.com/politics/commentary/the-anti-pipeline-anti-environmentalists/



ロバート・ブライス



画像:

2016年12月4日、日曜日、
キャノンボール(Cannon Ball)にある
ダコタアクセス石油パイプライン
(Dakota Access Oil pipeline)を、
米陸軍工兵隊が認可しないと発表された後
Oceti Sakowinキャンプでお祝いに集まる群衆
(AP)


================================




別の日、別のパイプラインが
「keep it in the ground」の活動家によって
抗議されました。






12月8日、ニュージャージー州から
マサチューセッツ州へ
天然ガスを輸送するために設計された
Spectra Energyの
AIMパイプラインの建設を中止しようと、
ハドソン川近くの建設現場で12人が集まった。

「HudsonStand12」と呼んでいる抗議者は
不法侵入罪に問われ逮捕されました、
そして、
ニューヨーク州Cortlandtの当局による逮捕に
抵抗しました。




これらの逮捕は、
これはもちろん、
キーストーンXLパイプライン上のブローハハに続く
ノースダコタ州の
ダコタアクセス石油パイプラインプロジェクトに対する
数カ月の抗議にすぐ続いて来ました。





気候変動活動家は現在、
壊滅的な気候変動を避けるために、
すべての炭化水素を
地中に保たなければならないという主張のために、
全国の石油とガスのパイプラインプロジェクトを
阻止したいと考えています。


同じ活動家たちは、
風と太陽エネルギーだけに頼ることができるので、
私たちは化石燃料を必要としないと
繰り返し主張しています。





しかし、彼らが
私たちのカーボンフットプリントに
執着しているのに対し、
気候変動活動家は、
再生可能エネルギーの
土地利用フットプリントについては
何も示していません。


確かに、
「きれいな」エネルギーに関する汚い真実は、
衝撃的な量の土地が必要であるということです。


マンハッタン研究所の最近の報告書では、
風力と太陽エネルギーを使って、
2050年までに
国内の二酸化炭素排出量を
80%(80×50)削減するには、
約287,700平方マイルの範囲をカバーする必要があります

- テキサス州とウェストバージニア州を
合わせた規模の地域。





シエラ・クラブ、グリーンピースと350.orgの
指導者によって支持された
風、水、太陽のシナリオを含む
過去数年間に発表された3つの脱炭素シナリオを検討し、
土地利用要件を計算しました。

これらの3つのシナリオを平均化すると、
再生可能エネルギーだけで80×50を達成するには、
約1,958ギガワットの風力エネルギー容量と
約2,441ギガワットの太陽エネルギー容量が
必要であることがわかります。





私はその後、エネルギー省のデータを使用して、
風力エネルギーの容量密度、
つまりその全体的な占有面積を計算するために
マスコミ報道を発表しました。

その結果、
風力エネルギーのフットプリントは
1平方メートルあたり3ワット、
つまり131.3平方マイルあたり1ギガワットです。


太陽の容量密度を計算するために、
3つの大規模な
カリフォルニア太陽光発電プロジェクトの
公開データに依存しました。

その結果、ソーラーのフットプリントは
36.3ワット/平方メートル
または1ギガワット/ 10.6平方マイルです。






再生可能エネルギープロジェクトに対する
農村部の反発が高まっているため
これらの土地利用数値は関連性があります。


例えば、ノースダコタ州キャノンボールの
近くに集まって
ダコタアクセスに反対する抗議者に
焦点を絞った国内メディアは、
そこから西に約170マイル離れた
巨大な風力発電プロジェクトの
最近の拒否を無視しました。






11月15日、ビリングス郡の関係者は、
約25,000エーカーをカバーする383メガワットの
風力発電プロジェクトの申請を拒否した。


彼らの懸念の中でも、
テオドール・ルーズベルト国立公園の中には
タービンの一部が見えることを含め、
プロジェクトの視覚的な影響がありました。




ニューヨークでは、3つの州の郡
- エリー、オルレアン、ナイアガラ
- イェーツとサマセットの町は、
ライトハウス・ウィンドと呼ばれる
提案された200メガワットのプロジェクトと
すべて戦っています。


バーモント州では、
およそ160の町と都市が
再生可能エネルギープロジェクトの立地を
より詳細に管理するラトランド決議に署名しています。






再生可能エネルギーはまた野生動物を襲っている。

風力タービンが
大量のワシや他の鳥類を殺しているだけでなく、
米国地質調査所の科学者による最近の研究によると、
現在、風力タービンは
地球の最大のコウモリ殺人鬼です。





何十年もの間、環境主義の中心的な教義は、
農業から都市計画までのすべてにおいて
小さなフットプリントでした。


しかし、現在では、気候変動の名において、
環境主義が頭をそろえました。

人々、景観、野生生物を擁護するのではなく、
私たちの最大の環境団体が、
再生可能エネルギー計画を歓迎しています。






一言で言えば、それを「地中に」維持するには、
地面上のものの大部分を壊滅させる必要があります。

それは、最低の取引です。







著者
ブライス氏は、
マンハッタン研究所のシニア・フェローです。


研究所の最新の報告書は、

『This Land Was Your Land: A Closer Look at 80 by 50』
(この土地はあなたの土地だった:80×50のより詳細な観察)








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-24 : 助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR