騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<ミステリアス・ハム:①英国/グリムズビー ・ハム>ぜひ⇒①イングランド:原因はわかりません – しかし、直すにはあまりに高価です…悲しいことに、私たちの評議会は、問題はない‐そして、低周波ガイドラインの下にあると主張します // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<ミステリアス・ハム:①英国/グリムズビー ・ハム>




2011年8月24日




ぜひ!⇒
①イングランド
◇Don't know cause – but it will be too expensive to fix
原因はわかりません – しかし、直すにはあまりに高価です

(グリムズビー・テレグラフ|2011年8月24日)
http://www.grimsbytelegraph.co.uk/don-t-know-cause-ndash-expensive-fix/story-13192623-detail/story.html



グリムズビー・テレグラフ




昨年6月の『テレグラフ』の、
フロントページの記事「ノイズの謎」を参考に、
グリムスビー、クリーソープス
および周辺の村で聞こえる低周波の騒音が
これまで以上に悪化しています。





私は現在、2002年以来これを研究しており、
現地で約200人もの人々が
それを聞いていることに気づいています。





周波数は非常に低く、
人口のわずか5%が
それらを感じる/聞くことができます。




主に深いハミング(humming)
ブーンブーンとして聞こえますが、
それはまた
ブーン・ヒュー音(whirring)や
ブーン・ブーッ音(buzzing)として
頭と耳に圧力がかかる
本当に強い振動を持っています。





これは、一部の人にとって
極度の苦痛と睡眠の損失を引き起こします。

その音には、速度/ピッチを変化させ、
建物内で「強制振動」を引き起こす
交互のロング/ショートビートがあります


- それは内側で大きく、
一部は外部で聞くことができません。





音は何人かには絶えず聞こえるが、
一般的にはほとんどの場合、夜だけ聞こえます。


ピーク時は通常、午前8時〜午後8時30分、
午後7時〜午後8時、午後11時〜午後12時、
特に午後11時30分〜




それは早い時間に始まります
- 時間は異なりますが、しばしば午前4時です。


毎日、私はグリムスビーにバスで行きます。
通常は2階に座って
音の後をたどってグリムスビーに入ります。






バスがScartho・フォークを通過すると
音量が上がり、
その後、Fryston・コーナー、Bargate、
Deansgate・ブリッジ、
そしてバスステーションで再び強くなります。




図書館やDoughty Road駐車場の屋根には
特に大きな音がします。

別の人も駐車場の屋根のを聞いています。





先週、女性警官2人は
それがショッピングセンター側から来ていると
思いました


- しかし、他のホットスポットは、
ノースシーレーン/キングスロードジャンクションと
クリーソープスハイストリートです。





悲しいことに、私たちの評議会は、
問題はない
そして、
低周波ガイドラインの下にあると主張します。





ショーナ・ McIsaac氏は手助けできず、
マーティン・ビッカーズ氏は
問題を解決するには
あまりにもコストがかかるかもしれないと
述べています。






私は
Stallingboroughのある女性、
Humberstonの女性と
Holton-le-Clayのカップルを含む
被害者の一部と連絡を取り合っています
すべての人が
「それは家のすべての部屋にある」と言います。





誰かが発生源が何であるかを
知っていなければなりません。

20人に1人がこれを聞くことができれば、
そこにはさらに何百人もの人がいるはずです。





彼らは、―――――で
午後8時15分以後に私に連絡してください。



Margaret Belton
マーガレット・ベルトン、

Pretymen Crescent、New Waltham。
Pretymen・クレセント、ニュー・ウォルサム。





『テレグラフ』は述べます




彼らがそれを苦しんでいない限り、
誰もそのような騒音によって
引き起こされる苦痛を
どのように評価することができますか?

興味深いことに、
問題が解決するには
コストがかかる可能性があることが
示唆されています。
その原因は分からないように見えます。


誰か助けることができますか?






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-30 : ミステリアス・ハム(不可解な低周波騒音) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<1、2-Part2:ノースカロライナ州:パスクォタンク郡ティンバーミル風力プロジェクト>1-ノースカロライナ州/画像:風力発電所の禁止は消滅、しかし、議員は彼らが再び起こすと言う |ぜひ⇒2-ノースカロライナ州:背の高い風力タービンは、東部ノースカロライナで向かい風に直面します…両郡の何人かの委員と計画官僚は彼らまたはその親族がエイペックス・タービンを所有するために有利な契約を結んでいるので、許可の審査を拒否しています // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  «  ホーム  » <3-ノースカロライナ州:パスクォタンク郡、オーエンズvs環境基準局>3-ノースカロライナ州:タービンは、縄張り争いを誘発します:アマゾン風力発電所物語…企業が直接電力を購入するという考えは新しいものです...大規模な電気フットプリントを持つデータ集約的な企業は、非常に大きなCO2フットプリントを持つとは知られたくありません。彼らはとても活発になっています…ジョナサン・ノウトン |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR