騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<ミステリアス・ハム:②アイルランド/ビューフォート・ハム>②アイルランド:ヒーリー=レイは、キラーニーの「厄介で珍しい」謎の騒音を調査したい |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<ミステリアス・ハム:②アイルランド/ビューフォート・ハム>





2012年3月22日





②アイルランド
◇Healy-Rae wants Killarney’s “annoying and unusual” mystery noise investigated
ヒーリー=レイは、キラーニーの「厄介で珍しい」謎の騒音を調査したい
(The Journal|2012年3月22日)
http://www.thejournal.ie/healy-rae-wants-killarneys-mystery-noise-investigated-392207-Mar2012/



TDは、フィラ・ホーガン環境大臣に、
キラーニー地区で報告された
不思議な騒音を調べるよう依頼しており、
原因が分かっていないようだ。




ある家族を
「頭がおかしくなったよう」に追い込むと
言われている不可思議な騒音は、
キラーニーで調査されています。

この騒音は、ほぼ1年前、
キラーニーから15kmの村である
ビューフォート地区で最初に報告されました。




現在、CoケリーTDマイケル・ヒーリー-レイは
政府に騒音の原因を突き止めるよう助けを求めている。

彼は、今年の3月7日と14日に
フィル・ホーガン環境大臣に
2つの議会の質問を出しました。

最も最近の質問は、
「ミステリー・ノイズは、2011年4月以来、
キュラニー・ビューフォートの
Glencuttane Lower地区で発生している 。」




ヒーリー-レイ副長官は、
地元住民を代表して
その騒音は
何が引き起こしているのかわからないので、
地元当局に測定または告訴することができないため、
環境省内に、
問題を調査することができる施設が
あるかどうか尋ねている。




彼は『ジャーナル.ie』に、
大臣に
「人を送り出して真相を追及するように」呼びかけ、
何が騒音を引き起こしているのかを
見つけ出すように呼びかけていると語った。

彼は、聴覚医やその他の専門家が
ビューフォートに送られる可能性があり、
多くの費用をかけることはないと語った。




ヒーリー-レイ副長官は、
人々は
「非常に珍しくて非常に迷惑な」騒音によって
混乱しており、
特にある家族はそれによって
「頭がおかしくなるまで」に追い込まれたと語った。

彼は議事録の質問が
正しく読まれているかどうかについて疑問を呈した。

TDは、これを明確にするために3
回目に質問を入力しようとしていたと付け加えたが、
それは以前の質問の繰り返しとみなされたので、
許可されなかった。




「私は、ここのややこしい表現に対処しています」と、
ヒーリー-レイ副長官は言いました。




ホーガン大臣は、
騒音苦情は地方自治体の問題であり、
彼の局は最近、
騒音に関する苦情があったかどうかを問うために
ケリー郡議会に連絡したと語った。



彼は、評議会が
水処理施設が責任を負うことを示唆する苦情を受けた
‐ それは調査され、
それがノイズを引き起こしていないことが発見されたと
言いました。



彼は、騒音の影響を受けた人々を
電話番号―――――で
ケリー郡議会の環境サービス部に連絡するか、
または―――@―――.ieに電子メールで
連絡するよう誘いました。



ビューフォート在住のバリー・リンチ氏は
Youtubeのビデオでハムの話をして、
ある時は他の人よりも目立つと言いました。



彼はそれが超自然であると言っているわけではなく、
「近くでは非常に明白な」ものかもしれないと
彼は言います。

彼は25キロも離れた人々が騒音を聞いたと言った。


(Camerahide経由のビデオ)




ビューフォートは、
奇妙な音を経験した最初の町ではなく、
イングランド、ロシア、
ニューメキシコでも報告されています。

陰謀論にはその原因がたくさんありますが、
奇妙な音がどこから出ているのか、
どこで出ているのかについてはまだ答えがありません。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------
関連記事
---------------------------

<ミステリアス・ハム:①アイルランド/ビューフォート・ハム>

2012年3月1日

①アイルランド
◇‘The Hum’ leaves village ears ringing
『ハム』は、村を耳鳴りのままにしておきます

(アイリッシュ・エギザミナー|2012年3月1日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/the-hum-leaves-village-ears-ringing-185609.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4415.html

ジョン・オマホニー(キラーニー)

遠隔地のケリー教区の住民たちは、
睡眠を乱し、混乱を招いている
謎の騒々しい騒音によって、
彼らの人生が生き地獄になったと語っている。



彼らは、繰り返し努力しても
追跡することができない
一定した、脈動した、低周波ノイズの原因を
調査するよう政府に要請している。


キラーニーから15kmの
ビューフォートの農村部に住んでいる地元の人々は、
昨年初めから奇妙な騒音が聞こえてきましたが、
原因を見つけることはできません。

居住者のバリー・リンチ氏は
次のように述べています。
「初めて聞いたのは2011年4月で、
それ以来、毎日24時間になっています。
私たちはまともな夜の睡眠を取ることができず、
それは、一日中、毎日、そこにあります。

「この地域には携帯電話のマスト、
風車、発電機はなく、
ESBはその問題が
その地域の高圧送電線によるものではないことを
保証しています。」

「我々は、騒音が
ケリー州議会によって地域に設置された
揚水ポンプから来ている可能性があると
考えました、しかし
エンジニアは裁判の期間中にポンプを切ったが、
騒音はまだそこにあった」


彼は
半径7kmの範囲の隣人も
音について不平を言っていると言いました。


「ある隣人は、
彼の聴覚に問題があると思ったので、
医者に行きました。
彼女は耳栓を着用しているときでも、
夜に眠れないパートナーに大きな負担をかけています。」

リンチ氏は、
騒音が自宅の内部でさらに顕著であり、
広大な防音にもかかわらず、
建物全体が特に夜の静寂の中で
振動しているようだと語った。


「すべてが非常に不愉快で、
本当に私たちを悩ましています。
私たちは何ができるのか分かりません。
私たちは家から追い出される前に、
環境省や他の団体が
私たちを助けてくれるよう訴えています」と
リンチ氏は語った。


「教区の誰もが
騒音を聞いたわけではありませんが、
それが聞こえないからといって
それがそこにないというわけではありません。
我々が車から踏み出す際に、
私たちの隣人と私たちはそれを聞くことができます。

彼は、世界の多くの地域で
同様の謎の騒音が報告されていることを
発見したと述べた。

これは「The Hum」と呼ばれ、
いくつかの報告書には、
不可解で永続的かつ侵襲的な
低周波ハミングノイズを伴う世界的な現象として
記載されています。

イングランド、ニューメキシコ、
ニュージーランドなど
世界中のいくつかの地域の住民から苦情が届いています。

リンチ氏は
「それは我々を全く疲れさせています。
私たちに健康が与えられる前に、
良い夜の眠りを大いに必要としています。」と
述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

---------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-20 : ミステリアス・ハム(不可解な低周波騒音) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR