騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1、2-オハイオ州:ヒューロン郡グリニッジ・ウィンドパーク訴訟>1-レター、オハイオ州:風力エネルギーについて事実を得てください |2-オハイオ州:委員会は、ヒューロン郡風力発電所が進むことができると言います // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<1-オハイオ州:ヒューロン郡グリニッジ・ウィンドパーク訴訟>




2015年3月11日




1-レター、オハイオ州
◇Get the facts about wind energy
風力エネルギーについて事実を得てください

(マンスフィールド・ニュース・ジャーナル | 2015年3月11日)
http://www.mansfieldnewsjournal.com/story/opinion/readers/2015/03/11/get-facts-wind-energy/70156820/





トロイの木馬に関する話を覚えていますか?



トロイの木馬は、彼らがドアを開けるまで、
馬が平和と善意の兆候として
彼らの目の前に立っていると考えました。



私は、「自由で清潔な産業風力エネルギー」を
同じようなシナリオと比較し、
我々のウェブサイト
『グリーンウィッチ・ネイバーズ・ユナイテッド』
www.greenwichneighborsunited.comの記事を
参照したいと思います。





開発者が私たちに伝えるもの:




•風力発電は地域社会に役立っており、
学校システムの雇用と収入をもたらします。




彼らは仕事が臨時であると言いません。


コミュニティに返されるお金
(学校やリース料の税金)は、
取り除かれたお金のほんの一部にすぎません
(税減免、生産税額控除、その他の税制優遇措置)。





•これらのモンスターを
コミュニティに持ち込むことは、
実際に友人と隣人を永遠に分けます。


これらのどれも良い取引ではなく、
良い意志を促進するものではありません。






彼らがあなたに言わないもの:



•その資産価値は下がります。
(英国のジャーナリスト、
 ジェームズ・デリングポールの記事
「風力産業の大嘘」参照)




•鳥やコウモリを殺すことは、
有害な昆虫の増加を抑制するために
農薬の使用を増やすことにつながります。



飛行および適用のリスクがあるため、
空中噴霧はもはや実現可能ではない。





•家の近くに不適切な配置をすると、
あなたの隣人の何人かが、
ブラウン郡保健委員会によって
健康上の危険があると宣言されている
ウィスコンシン州の
シャーリーウィンドプロジェクトと同様の
インフラサウンドの影響を受ける可能性が
非常に高いでしょう。





•アメリカエネルギー協会は、
風力エネルギーが受け入れられた
すべての地域と同様に、
電力料金が上昇することを保証すると
報告しています。



彼らのポストを参照してください:

「最高の風力発電所で急上昇する電気料金」




•どのタービンにも使用されている
磁石の製造に使用される
希土類元素を抽出することにより、
有毒廃棄物が膨大になる。

(Simon Parryによる中国の荒廃に関する記事を参照)。




嗚呼! トロイの木馬の隠された驚き。


あなたが風力エネルギーの主張に
ドアを開ける前に、
すべての事実を得て下さい。

騙されてはいけません。




マルシア・リデット

グリニッジ






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------



<2-オハイオ州:ヒューロン郡グリニッジ・ウィンドパーク訴訟>




2015年8月28日



2-オハイオ州
◇Board says Huron County wind farm can go forward
委員会は、ヒューロン郡風力発電所が進むことができると言います

(Sandusky Register | 2015年8月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/08/28/board-says-huron-county-wind-farm-can-go-forward/




オハイオ電源立地委員会は、
ヒューロン郡南部の計画された風力発電所が
進むことができると裁定した。





この委員会は、
地元の土地所有者からの遅れた控訴を却下し、
2014年8月25日に発行された命令を支持し、
グリニッジ・ウインドパークLLCは
グリニッジ地区で、
約490フィートの高さの25台の風力タービンを含む
計画プロジェクトを進めることができました。

このプロジェクトに反対するグループは
金曜日に、
最新の決定が上訴される可能性があると述べた。





近くの農場である
オメガ・クロップ・カンパニーLLCは、
昨年の決定を訴える再審理のため、
2014年9月23日に申請書を提出した。

オメオは現在、
オハイオ最高裁判所に控訴を申し立てるか、
または控訴を提出すると
60人が述べていると、
オハイオ電源立地委員会のスポークスマン、
マットシリング氏は語った。




『グリーンウィッチ・ネイバーズ・ユナイテッド』
(Greenwich Neighbors United)のリーダーである
ケビン・レデット氏は、
オハイオ州最高裁判所への訴えは
おそらく起こっているようだが、
同グループのメンバーは、
この判決について
話し合いを最初にしたいと述べた。




木曜日の判決では、
一部の風力タービンは不利益要件
(不動産ラインからの最小距離)を満たさないが、
「隣接する不動産所有者」が同意するならば、
その規則を放棄できることを再確認している。




レデット氏は、
規定がプロジェクトをブロックするために
使われることを期待しているが、
「隣接する」という定義が
何であるかにかかっている可能性があると述べた。



レデット氏は、
2014年8月の命令が出された後、
彼のグループは風力発電所に反対して
間違いを犯したと主張し、
他のアンチ風力発電グループはそれから学び、
決定が下される前に
彼らの闘いを遂行すべきだと述べた。





「うまくいけば、他のコミュニティが
私たちを模範として見ているだろう」と彼は語った。

「これはあなたがしたくないことです
- あなたはゲームで後退したくない」




風力発電所に対するこのグループの反対意見には、
風力タービンのサイズ、
騒音、ブレードのちらつきなどの苦情が
含まれています。





その決定において、
取締役会は昨年、
取締役会が決定を急いでいたとの
オメガの主張を指摘した。




オメガは、申請の発効日から
2014年3月6日まで、
証人の公聴会の日までと主張しています。

2014年5月19日、74日しかなかったため、
2014年4月22日に最後の新聞の通知が掲載されました。

オメガは、公聴会は法律で許可された
最も早い時期に開催され、
委員会は第2回地方公聴会を要求した通信には
対応していないと述べている。





返答で、委員会は、
ウインドファームの開発者は、
オメガが何ヶ月間何が起こっているかを
知っていたことを
納得がいくように指摘したと言いました。




グリニッジは、オメガの共同オーナーである
ジェラルド・オネイ氏が
2013年5月22日公開情報会議に出席したことに
気づきました。

さらにグリニッジは、
提案されたプロジェクトが
2014年3月12日に
オメガを含む不動産所有者、
影響を受けたテナント
および近隣の不動産所有者に送られ、
そして、地域に貢献している新聞において、
審理(干渉最終期限を含む)の通知は
2018年3月12日3月、
4月14日と2014年4月22日に発表されました」と、
文書にはあります。





風力発電所を開発している
ミシガン州プリマスの
Windlab Developments Limited USAとの関係者は、
金曜日のコメントはすぐには届きませんでした。




オハイオ電源立地委員会には
ジョン・Kasich知事の内閣のメンバーが
何人か含まれています。





木曜日の命令に署名した委員会メンバーは、
オハイオ州公益事業委員会の委員長である
アンドレ・ポーター(Andre Porter);
オハイオ開発サービス局のディレクター、
デビッド・グッドマン;
州保健局所長
リチャード・ホッジス(Richard Hodges);
国家農業部門のディレクター
デイビッド・ダニエルズ(David Daniels);
オハイオ州天然資源省のディレクターの
ジェームズ・ゼフリンガーと
オハイオ州環境保護局の責任者である
クレイグ・バトラー氏です。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html






2017-01-25 : ・オハイオ州:ヒューロン郡グリニッジ・ウィンドパーク訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<洋上風力発電所:1、2-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>1-ロードアイランド州:国で最初のロードアイランド海上風力発電所の訴訟は却下される |ぜひ⇒2-ロードアイランド州/画像:反対派の吹き戻しにもかかわらず、国内初のオフショア風力発電所は準備が出来ています…ブロックアイランドの風力発電所だけが故意に小さいサイズのために、他のものを上回った法的、規制上および政治上の障害をうまく乗り越えています // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <オフショア風力発電所:オンタリオ州/騒音と環境問題に関する政府の調査と一時停止の拡大>ぜひ⇒オンタリオ州:オンタリオは、オフショア風力タービンの一時停止を広げます…決定を促がしたGLギャラッド・ハッサン・カナダ社の研究は、オフショア風力タービンの音の影響は陸上の風力タービンとは「異なる」より長い距離を移動することを警告している | <洋上風力発電所:新潟/生態系への影響>新潟:洋上風力発電 生態系への影響探る 新潟西区でシンポ // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR