騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<騒音調査、報告書>オンタリオ州:『OMAFRAファクトシート(概況報告書)2003』‐『あなたの自宅や牧場における小型風力タービンを用いた発電』(オンタリオ州Ministry of Agriculture, Food and Rural Affairs) // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<騒音調査、報告書>



オンタリオ州
Ministry of Agriculture, Food and Rural Affairs
農業 ・食料・農村地域省



『OMAFRAファクトシート(概況報告書)2003』



オンタリオ州
◇Electricity Generation Using Small Wind Turbines at Your Home or Farm
あなたの自宅や牧場における小型風力タービンを用いた発電

(OMAFRA‐オンタリオ州 農業 ・食料・農村地域省|2003年9月)
http://www.omafra.gov.on.ca/english/engineer/facts/03-047.htm



Agdex#:
767

刊行日:
2003年9月

オーダー#:
03-047

最後にレビューされた:
2003年9月

歴史:
新しい

著者:
S. Clarke - 農村環境技術者/ OMAFRA


===========================

Table of Contents  目次

1.Introduction 
 はじめに
2.Wind Availability 
 風力の有効性
3.Picking the Best Location for a Wind Turbine 
 風力タービンの最適な場所の選定
4.Types of Wind Turbines 
 風力タービンのタイプ
5.Components of Wind Energy Systems 
 風力エネルギーシステムのコンポーネント
6.How Much Will it Cost Me to Purchase a Wind Turbine? 
 風力タービンを購入するにはどうすればいいのか?
7.Choosing an Appropriate Wind Turbine Size 
 適切な風力タービンのサイズの選択
8.Being Neighbourly 
 善隣
9.Wind Turbine Noise 
 風力タービン騒音
10.How Loud Might a Wind Turbine Be?
 風力タービンはどのくらいうるさいのか?
11.Maintenance 
 メンテナンス
12.Safety Concerns 
 安全に関する懸念
13.Information has been Condensed from the Following Sources 
 情報は以下の情報源から要約されている
14.Resources 
 リソース




1.Introduction  初めに


風力は清潔で豊富なエネルギー源です。

カナダ風力エネルギー協会(CanWEA)は、
風力エネルギーは潜在的に
カナダの電力需要の20%を供給する可能性があると
考えている。




発電に使用される風力タービンは、
さまざまなサイズのものがあります。

風力発電所と呼ばれるクラスターに
通常設置される大型風力タービンは、
大量の電気を発生させる可能性があります。

大型風力タービンは数百メガワット(MW)の
電力を生産することもあり、
何百もの家庭に電力を供給します。

一般的に100kW以下の電力を生産すると
定義されている小型風力タービン(図1参照)は、
家庭、農場および中小企業に、
バックアップ電力源として、
またはユーティリティの使用を相殺するように
設置するように設計されていて
電力を節約し、電気代を削減します。

非常に小さな風力タービン
(20〜500ワットのユニット)は、
帆船やその他のレクリエーション用途の
バッテリーを充電するために使用されます。

・・・・・・・



2.Wind Availability 
 風力の有効性





3.Picking the Best Location for a Wind Turbine 
 風力タービンの最適な場所の選定





風力タービンの建設を選択する場所は重要です。

近くの住宅、樹木やサイロが
風力タービンの風力を完全に遮断するならば、
それだけ多くの電力を発生させることはできません。



また、次の点に留意してください:



•風速は、丘の上、海岸線、樹木や
その他の構造物がない場所では常に高くなります。

•木は長年にわたって成長することを忘れないでください。
風力タービンのタワーはそうしない。

•後で紛争を避けるために近隣の人に計画を伝える。

•礼儀正しくお付き合いください。
可能な限り隣のタービンから離れたところに
タービンを保管してください。
250-300メートルの距離が典型的です。

•ゾーニングに関するその他の細則
および規則については、地方自治体に確認してください。




風速は尾根や丘の頂上で高くなる傾向があります。
そのため、風力タービンを
丘陵地に配置することをお勧めします。

タービンを高い乱気流から
遠ざけるようにしてください。

タービンを作る場所を選ぶときには、
隣人も考慮する必要があります。

あなたの風力タービンのサイトは
近隣住宅から遠いほど良いでしょう。




あなたの風力タービンが
常に同じ量の電力を生成するとは思わないでください。

単一の場所での風速は
かなり変動する可能性があり、
これは風力タービンの電力生産に
大きな影響を与える可能性があります(図3)。

風速がわずか10%で変化しても、
風力タービンの発電量は最大25%まで変化します!


================================

図3. 時間帯別風速分布の例

示された値は、風速計による測定の月平均です。

(出典:米国エネルギー省)

================================





4.Types of Wind Turbines 
 風力タービンのタイプ

5.Components of Wind Energy Systems 
 風力エネルギーシステムのコンポーネント

6.How Much Will it Cost Me to Purchase a Wind Turbine? 
 風力タービンを購入するにはどうすればいいのか?

7.Choosing an Appropriate Wind Turbine Size 
 適切な風力タービンのサイズの選択







8.Being Neighbourly 善隣




多くの人々は、風景、景色、歴史、
そして平和と近隣の静寂を保つ必要性を強く感じています。

あなたの隣人と
風力タービンを建設する計画について話し合ってください。

あなたの隣人の未知の人に対する自然な恐怖を理解し、
懸念に対応する準備をしてください。




風力タービンについて
提起された懸念のいくつかは真実ではない。

風力タービンは、
多くの人々が信じるように、鳥にとって危険です。

ガラスの引き戸は
小さな風車よりも鳥にとって危険です。

風力タービンはまた、
ラジオやテレビの受信を妨げる可能性が非常に低い。

モダンなタービンには、大きくても小さくても、
ファイバーグラスまたは木製のブレードがあります。

これらの材料は、
ラジオやテレビなどの電磁波を通過させます。






9.Wind Turbine Noise 
 風力タービン騒音





風力タービン騒音に関する
あなたの隣人の懸念は重要です。

風力タービンのサイズにかかわらず、
タービンの騒音が他の人を悩ませる
可能性は常に存在します。

風力タービンが
騒音規制に違反するほどの音を
出さないとしても、
それが生み出す騒音は他の人には
依然として不快感を与える可能性があります。

風力タービンを建設する前に、
風力タービンが作ることができる
騒音の種類に慣れてください:




•空力騒音は、タービンのブレードの上
およびそれを通過する空気の流れによって
発生することがあります。

このようなノイズは、
ロータの速度と共に増加する傾向がある。

ブレードノイズの場合、
ブレードの先端の速度を下げると
ノイズレベルが低くなります。

特に懸念されるのは、
風力タービンブレードと大気乱流との相互作用であり、
それによって
特徴的な「whooshing(シュッ)」音が発生する。




•機械的なノイズは、
風力タービンのコンポーネントによっても
生成されることがあります。

通常の摩耗や裂傷、部品設計の不備、
予防保全の欠如は、
機械的な騒音の発生に影響を及ぼす要因になります。





10.How Loud Might a Wind Turbine Be?
 風力タービンはどのくらいうるさいのか?





典型的な風力タービンは、250mの距離で、
約45dB(A)(デシベル)の音圧レベルを生成する。

図12に示すように、
この音量は家庭やオフィスで発生する
背景騒音レベルを下回ります。

ほとんどの小型風力タービンは、
実際には、住居用エアコンよりも騒音が少ない。





11.Maintenance 
 メンテナンス

12.Safety Concerns 
 安全に関する懸念

13.Information has been Condensed from the Following Sources 
 情報は以下の情報源から要約されている






14.Resources 
 リソース




再生可能な風力エネルギーに関するインターネットリソース情報

•アトランティック風力テストサイト
•カナダ風力エネルギー協会
•カナダ再生可能エネルギー協会
•カナダの再生可能エネルギーネットワーク
•ウィスコンシン州のエネルギーセンター(米国)
•ホームパワーマガジン(米国)
•国立風力技術センター
•風力エネルギーウィークリー(米国)



・・・・・・・・





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-01-16 : 騒音調査、報告書 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR