騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車~拒否>レター、アイオワ州:風力タービンの負の影響…風力タービンのいくつかの欠点は、あなたが信じるほど効率的ではないということです |イングランド /画像:政府の計画検査官によって拒否されたAddinghamの風力タービン計画…グリーンベルトとボルトン大修道院の遺跡 | フランス:歴史的な文化遺産が瀕死の危機 フランス // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 










<風車~拒否>




2017年1月9日




レター、アイオワ州
◇Negative effects of wind turbines
風力タービンの負の影響

(Globe Gazette | 2017年1月9日)
http://globegazette.com/news/opinion/letters_to_the_editor/
letter-negative-effects-of-wind-turbines/
article_6c46eadf-802b-50bf-ae81-4aa38505a47a.html





私の祖先が何百年も前に定住した
州境ラインの近くに住むことは、常に私の夢でした。

そこは、いつも私がくつろいだと感じるところでした。




その土地は平和で、静かで、謙虚でパワフルです。
再生可能資源を私たちに提供する方法は
いろいろありますが、
風力発電所よりも良い方法があります。




私はあなた方に懇願します
風力会社があなたに与えた事実を超えて、
あなたが知りたいと思っているものを超えて
研究すること、
それが土地や私たちの周りの人々に
壊滅的な影響を与えるかもしれないことを認識すること
そして、タービンが地域の中に入ったら
後で被害を取り戻すにはあまりに遅いと理解するために。





風力タービンのいくつかの欠点は、
あなたが信じるほど効率的ではないということです。


それらは、低公害の電力を相殺する
かなりの二酸化炭素排出量を持っています。

風力タービンは火災に遭遇し、
強力な暴風雨にも命を脅かす可能性があります。

風力タービンは人や動物に
いくつかの健康問題を引き起こしています。






「住居や資産の周りに
産業風力タービンを無責任に配置することによって
健康に悪影響を及ぼし、過度の苦難を招いている
ブラウン郡の家族は
ウィスコンシン州から
一時的な緊急移転資金援助の支援」のため
2012年厚生委員会が正式な要請をしました。


いくつかのケースでは、
家族が家を放棄することを選んだほど悪影響が深刻でした。






オハイオ州では、
2014年に州の再生可能電力基準を
2年間延期する法案を可決したので、
風力タービンの
適切な安全対策と安全問題を再評価することができます。






証拠文書は、
人々、景観、観光、不動産価値、野生生物、
公的予算に及ぼす
工業用風力タービンの悪影響について
増大を続けています。






何世代にもわたる我々の美しい田園地方を確保してください。






アマンダ・ジローアード、ノースウッド






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------




<風車~拒否>




2016年10月31日




イングランド /画像
◇Wind turbine plan for Addingham rejected by government planning inspector
政府の計画検査官によって拒否されたAddinghamの風力タービン計画

(Craven Herald|2016年10月31日)
http://www.cravenherald.co.uk/news/
14833458.Wind_turbine_plan_for_Addingham_rejected_by_government_planning_inspector/




レズリー・テート、上級リポーター



画像:

農場の単一の風力タービン


================================



Addinghamの農場に提案された
風力タービンの反対派は、
政府計画検査官が拒絶した後、祝っている。





Chelkerハウス農場向けに計画された
2つの121ft(37m)の高性能タービンは、
昨年8月、ブラッドフォード会議によって
計画の許可を拒否されました。





この決定は、グリーンベルトへの害と
ボルトン修道院での歴史的資産の設定のために、
計画検査官への控訴を支持した。




政府検査官のフィリップ・メジャー
(Philip Major)は、
ボルトン大修道院の
全国的に重要な遺産の資産から
タービンが見えないことを示す
「不十分な証拠」があったという
『Historic England 』に同意しました。





ボルトン大修道院の遺跡で
提案された遺跡を見たメジャー氏は、

「すべてを考慮すると、
私はそれが目に見えて、
資産の文化的意義に関連した景観への侵入のために、
これが環境に有害であると思う」と述べた。




彼は、しかし、
タービンがグレード2にリストされた
コテージ2のSanfittの『全景』であると
付け加えました。




「建物の重要性は、
小さな田舎の住居としての風景との
歴史的関係にあります。

この関係は、伝統的には重要ではないが、
損なわれるだろう」





結論として、メジャー氏は、
グリーンベルトに大きな害を及ぼし、
景観に重大な害を及ぼし、
遺産資産の設定に大きな害を及ぼし、
そのすべてが制度の利益を上回ると述べた。





Low Sanfittの
Holly Flatherは次のように述べています:

「私は、これらのタービンが
田舎の家の環境に侵入しただけでなく、
多くの人々に愛されている
私たちの美しい景観に被害を及ぼすだろうという
検査官の見解に全面的に同意します。





正しい判断が下されたことを嬉しく思います。

これらの2つの風力タービンが
この場所に建てられるのは完全に不適切でした
私はコミュニティに興奮しています
Addingham、Draughton、そしてその先で

- 私たちは美しい田舎を楽しむことができます。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------



<風車~拒否>




2016年11月5日




フランス
◇歴史的な文化遺産が瀕死の危機 フランス

(日テレNEWS24時|2016年11月5日)
http://www.news24.jp/articles/2016/11/05/10345639.html




世界の話題のニュースをお伝えする
グローブナウ。

歴史的な文化遺産が瀕死(ひんし)の危機に。

 

3日付の新聞ル・フィガロによると、
フランスが誇る歴史的建造物の数々がピンチ。

ある大聖堂では、
背後に発電用の風車が建設され、
景観が台無しだと問題になっている。




また、ある教会では、
法が定める断熱材の設置を行ったところ、
風情のないのっぺらぼうな建物に。

 


関連団体などは提言をまとめ、
改善を求めている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-01-15 : 風車~拒否:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<⑤オハイオ州:下院法案483/下院法案190>⑤ブログ、オハイオ州:風に逆らって:オハイオの議員は風力発電に関するより厳しい規則を求めている / 下院法案 483‐概要‐オハイオ州議会 / 下院法案 190‐概要‐オハイオ州議会 // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <③、④オハイオ州:下院法案483/下院法案190>③オハイオ州:オハイオ州の企業は風力発電プロジェクトの地方管理を強化…地元民がセットバックを撤回することに関して投票する前に風力発電所の土地を借りている人々のいずれかが自分自身を投票から拒否していかなければならないと言うために州法を変更したいと思っています…ビル・サイツ州上院議員|④オハイオ州:カシッチ知事の非常に冷たい反応にもかかわらず、オハイオの再生可能エネルギー凍結は、最新法案の下で3年延長される / 下院法案 483‐概要‐オハイオ州議会 / 下院法案 190‐概要‐オハイオ州議会 // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR