騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<3、4-オハイオ州:オハイオ電源立地委員会vs.シャンペーン郡>3-オハイオ州:シャンペーン郡の風力発電所は、裁判所判決後に前進する |4-オハイオ州:オハイオ最高裁判所は、風力発電所承認への異議申し立てを却下する |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発







<3-オハイオ州:オハイオ電源立地委員会vs.シャンペーン郡>




2016年8月8日




3-オハイオ州
◇Champaign County wind farm to push on after court ruling
シャンペーン郡の風力発電所は、裁判所判決後に前進する

(デイトン・デーリー・ニューズ|2016年8月8日)
http://www.mydaytondailynews.com/business/
champaign-county-wind-farm-push-after-court-ruling/veVgcRlkJbyHI6IwHZcIOJ/





米国控訴裁判所の判決は、
シャンペーン郡の提案された風力発電所に
様々な結果を提供しました
プロジェクトの開発者は懸念を解決し、
それを推進できると彼らは信じていた。





このプロジェクトを担当する
エヴァーパワー・リニューアブルズ社は、
シャンペーン郡に2つの風力発電所を開発し、
100以上のタービンをいくつかの町に設置する予定です。




バッカイ風力発電所は
数年間コミュニティを分割してきました。




提案者たちは、プロジェクトの第2段階だけで、
現地経済に5,500万ドルを追加し、
建設が終わった後で
8~10の常設雇用を創出する可能性があると述べている。

両方の段階で
年間50,000以上の家庭に再生可能エネルギーを提供します。




反対派は、風力発電所が安全リスクを生み出し、
住居に近すぎるだけでなく、
バ​コウモリを危険にさらすと警告した。

プロジェクトの開発者は、
承認プロセスで適切な手順に従わず、
反対派は争ってきた。





開発者は、絶滅のおそれのある
インディアナ・コウモリを保護するための
条件を設定する許可を取得しなければならなかった。

米国魚類野生生物局は2013年に許可を発行したが、
反対派は訴えました。





風力発電所に反対する住民グループの
『ユニオン・ネイバーズ・ユナイテッド』
(United Neighbors United)は、
野生生物サービスが
他の選択肢を検討しなかった、
そして、開発者がコウモリへの影響を
最小限に抑えたと判断する
間違った基準に従ったと主張しました。




裁判所は、連邦機関がエヴァーパワー社が
その影響を最小限に抑えることを示すために
正しい基準を使用したが、
殺されたコウモリの数を減らした他の選択肢を
考慮しなかったと判断した。




エヴァーパワー社の広報担当者、
ジェイソン・ダガー氏は、
風力発電所は実行可能なままであると述べた。




「判決を詳細に検討する予定だが、
裁判所が絶滅危惧種法の許可証発行基準への
遵守を確認したことを喜んでいる」と同氏は述べた。

「明らかに、私たちは
(国家環境手続法)分析の結論に失望していますが、
それがそのうちに解決されることができると予想して、
これがバッカイ風力発電所を進める能力に
影響を及ぼさないことを期待しています。




UNU(『ユニオン・ネイバーズ・ユナイテッド』)を
代表する弁護士は、
月曜日にコメントを得ることができなかった。




インディアナ・コウモリは、
オハイオ州の約25郡にある絶滅危惧種です。




この許可では、プロジェクトの生涯を通じて
死亡または傷害する可能性がある
インディアナの130匹のコウモリ、
または年間約5匹のコウモリの限界が設定されています。

これらの損失を軽減するために、
許可は、Preble郡の冬眠地域近くの
約217エーカーの風力発電所を保護し改善することを
要求しています。




風力発電所は、タービンと衝突するコウモリの数を
最小限に抑えるためにブレードの速度を変えるなど、
地域のコウモリの生体数を保護するように
設計された方法でも改善する必要があります。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------




<4-オハイオ州:オハイオ電源立地委員会vs.シャンペーン郡>




2016年9月7日




4-オハイオ州
◇Ohio Supreme Court strikes down challenge to wind-farm approval
オハイオ最高裁判所は、風力発電所承認への異議申し立てを却下する

(コロンバス・ディスパッチ | 2016年9月7日)
http://www.dispatch.com/content/stories/business/2016/09/07/
ohio-supreme-court-strikes-down-challenge-to-wind-farm-approval.html



By Dan Gearino




オハイオ州最高裁判所は、
シャンペーン郡の風力発電所を
承認する方法についての
州当局の異議申し立てを却下しました。





全員一致の判決で、裁判所は、
バッカイI風力発電所の提案に対する改正を
承認した方法で、
オハイオ電源立地委員会が妥当であると
わかりました。

しかし、プロジェクトの建設が
遅れているという別の懸案が残っています。





風力発電所は、合計135メガワットを生成する
54のタービンを有するであろう。




オハイオ州北西部では、
経済開発リーダーや一部の住民が
プロジェクトや収入を奨励したいと考えている一方、
一部の住民は風力発電所を醜いと見なしたり、
反対意見を持っていることから、
風力発電所は重大な問題となっています。





裁判所への訴えは、シャンペーン郡政府と
郡内の3つの郡区政府によってもたらされた。


地元当局者は、
電源立地委員会が計画の承認に
いくつかの基本的な条件を含んでいないと述べた。

これらの条件の中には、
開発者がプロ​​ジェクトに関連する
道路整備費を支払うという合意がありました。





この件を弁護したシャンペーン郡の副検事
ジェーン・ネイピア氏は、
判決には失望していると述べた。





「これは、裁判所がこれを
オハイオ州電源立地委員会に送り返して
はっきりと示されている不十分を是正する
良い機会でした。」




しかし、州法に関しては、
郡が適切な時期に問題を提起したかどうか、
また、電源立地委員会が提案に
追加の聴聞会を開催する必要が
あるかどうかについての審理がありました。




電源立地委員会は
2010年3月に風力発電所を承認し、
2014年2月に計画の修正を承認しました。





風力発電に反対する居住者のグループである
『ユニオン・ネイバーズ・ユナイテッド』は、
この風力発電所に関する
オハイオ電源立地委員会の決定に対して
別個に控訴している。





風力発電所の開発者である
エヴァーパワー社の関係者は、
判決に満足していると語った。

同氏は、
この訴えと未決のまま残っているものが、
プロジェクトの遅延を招いたと述べた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




=====================
関連記事
=====================

<1-オハイオ州:オハイオ電源立地委員会vs.シャンペーン郡>

2016年4月13日

1-オハイオ州
◇Justices uphold permit for Champaign County wind
裁判官は、シャンペーン郡風力発電所の許可を支持する
(コロンバス・ディスパッチ | 2016年4月13日 )
http://www.dispatch.com/content/stories/local/2016/04/13/court_approves_wind_farm_permit.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4398.html

オハイオ州最高裁判所は、
近隣住民の法的異議を却下し、
シャンペーン郡に52タービンの風力発電所を
建設するための州許可を今日5-2で採択しました。

オハイオ電源立地委員会による
13,500エーカーの賃貸土地の発電施設の承認は、
違法でも不合理でもないと裁判所は判断した。

----------------------------

<2-オハイオ州:オハイオ電源立地委員会vs.シャンペーン郡>

2016年5月8日

2-オハイオ州
◇Champaign Co. wind farm waits as debate over renewable energy widens
シャンペーン社風力発電所は、再生可能エネルギーについての議論が広がるように待ちます
(デイトン・デーリー・ニューズ | 2016年5月8日)
http://www.daytondailynews.com/business/economy/
champaign-wind-farm-waits-debate-over-renewable-energy-widens/EczQSq7t9wQwkMltqzbT1I/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4398.html

プロジェクトに反対のシャンペーン郡の原告と
住民のグループが
プロジェクトに許可を与えるという
州部の決定を上訴したあと、
オハイオ州最高裁判所は
第二段階を前進させるために
この春に5-2を投票で決めました。

Speerschneider氏によれば、
エバーパワー社は
法的な問題が解決されるのを待っているため、
建設が始まる可能性のある予定はないと言いました。


風力発電所は依然として3つの訴訟事件に直面している。

•プロジェクトに反対する住民グループである
『Union Neighbors United』の係争中の訴えは、
オハイオ電源立地委員会と開発者が期限を延長して
タービンの第1段階で建設を開始する際の
適切な手順に従わなかったと主張するものである。

•プロジェクトの第1段階への変更を承認するための
州の決定について、シャンペーン郡当局からの控訴。

•風力発電所のフットプリントで発見された
絶滅のおそれのあるインディアナ/
コウモリを保護するために、
タービンの動作条況を設定する
米国魚類野生動物庁によって発行された
UNU(『ユニオン・ネイバーズ・ユナイテッド』)からの異議申し立て。

UNU(『ユニオン・ネイバーズ・ユナイテッド』)のメンバーの
リッチ・フォッサン氏のような反対派は、
プロジェクトが現実になると
自宅を売却することを検討していると語った。

フォッサン氏は、多くの反対派の主な関心事は、
タービンが住居に近すぎると信じているということだ。

---------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-01-21 : ・オハイオ州:オハイオ電源立地委員会vs.シャンペーン郡 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR