騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<⑤オハイオ州:下院法案554/上院法案320>ぜひ⇒⑤オピニオン、オハイオ州:サイツ:クリーン・エネルギー義務付けに対する申し立て / 下院法案 554‐概要 / オハイオの再生可能エネルギーポートフォリオ基準 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<⑤オハイオ州:下院法案554/上院法案320>



2017年1月9日



ぜひ!⇒
⑤オピニオン、オハイオ州
◇Seitz: The case against clean energy mandates
サイツ:クリーン・エネルギー義務付けに対する申し立て

(シンシナティ・エンクワイヤラー|2017年1月9日)
http://www.cincinnati.com/story/opinion/contributors/2017/01/09/
seitz-case-against-clean-energy-mandates/96155432/




ビル・サイツ (Bill Seitz)




シンシナティ大学の
ジョー・トーマイン教授に対する
私の尊敬は深いですが、
私は彼からのエネルギー政策の教訓は
必要ありません。




私は真に自由市場がないことに同意しますが、
オハイオの発電市場は今や規制されていません。

オハイオ州が
豊富に恵まれている天然ガスは、
石炭、原子力、
風力および太陽光を排除するための
好ましい電力燃料として価格を設定している。

オハイオ州の電気事業者は、
生成側の政府支援の独占権をもはや享受しません。

しかし、州法では、
電気事業者は、絶え間なく増加する量の
特定の「クリーンエネルギー」燃料を購入して、
自由競争を歪ませなければならないことを
義務付けている。

2014年の法律のおかげで、
2008年以来、
オハイオ州の法律で守られている
再生可能エネルギー効率の要件のため、
消費者の電気料金は9%増加したのを
私たちは知っています。





私はまた、
化石燃料と再生可能資源の両方が
政府補助金を受けていることに同意します。

しかし、
ジョン・カシッチ知事が拒否した法案は、
そのような補助金を削減
または廃止したものは何もない。


事実、法案の一部は、
オハイオ州が低所得住宅の
エネルギー効率を高めるために費やした費用を
大幅に増加させた。

むしろ、法案は、
電気会社が特定の目標を達成するか、
重い罰金に直面するという命令を緩和しようとした。


化石燃料が助成されたということは、
政府が石炭、石油、ガスを
買わなければならないと
決して命じなかったことを忘れることです。

なぜ、再生可能エネルギーの主張者は、
電力会社が自社の製品を購入し、
高いコストを無防備な納税者に引き渡すという
命令を求めていますか?




トーマイン氏が、
40以上の州がこれらの命令を持っていると
主張することは不正確です。

事実、国会議員総会の2016年の報告書によると、
わずか29である。

重要なことに、オハイオの隣の3つの州
ケンタッキー州、インディアナ州、
ウェストバージニア州の3つには義務がありません。

3つの州すべてにおいて、
電気料金はオハイオ州よりも低い。

カシッチ知事が拒否した法案は、
2年間オハイオの義務を終わらせただけだった。

その間、義務は目標になるだろう。

たとえこれらの義務が
自由競争市場に近づくものよりも
社会主義中央政府の計画のほうを
高めるものであるとしても、
それは確かに
「オハイオ州のクリーンエネルギー基準」を
剥奪しなかった。





化石燃料の補助金が
太陽、風、エネルギーの効率に恵まれていると
主張するとき
良き教授もまた間違っている。

2015年の議会報告では、
エネルギー情報局
(US Energy Information Administration)は、
「再生可能エネルギー(バイオ燃料を除く)は、
2013年度にすべての電力関連補助金と
支援の72%を受けたが、
発電総額の13%を占めている」と述べた。

億万長者の投資家ウォーレン・バフェット氏は、
補助金だけが
風力発電所への彼の投資の原因であると説明しました:


「彼らは税額控除がなければ理にかなっていない」




連邦の再生可能エネルギー税補助金の贅沢な性質は、
州のクリーンエネルギー義務を主張することを
過度にしている。

私の家に29のソーラーパネルを設置したとき、
アンクルサムは総費用の30%の税額控除を
延長しました。

私はデュークが日のささないときに
電力を買う以上に
私は晴れた日に余剰電力をデュークに売り戻す。

そのような政府の大きな恩恵を受けて、
なぜクリーンエネルギー層の環境設定を
政府の義務によって
高コストの電力で
すべての地方税納付者を犠牲にするのでしょうか?





最後に、次期大統領と
彼の内閣を軽んじる人々にもかかわらず、
トランプ・エネルギー政策は、以下に基づきます:





•キーストーンとダコタのパイプラインを承認し、
追加の探査を許可するなどの手段により、
エネルギーの独立性に対する障壁を排除する。


•オハイオEPA理事長の議会の証言によると、
オハイオの電気料金を
2025年までに39%上昇させるとされていた、
クリーン・パワー・プランのような
米国EPA規制の改訂または廃止






そのような戦略には、
権限や助成金を伴わない一方で、
「クリーンエネルギーの競争相手」が
可能な限り、
そのメリット(価格、信頼性、環境属性)を
競うことを同時に可能にする。

それは、
今日の再生可能エネルギー事業を支えている
トップダウンの政府の義務と補助金のつながりよりも、
自由市場の資本主義計画のように聞こえる
カシッチ知事と民主党は
喜んでそれに包まれているが
そこから「トランプのトロイカ」が
私たちを救うかもしれない。





著者
州議員ビル・サイツ氏(Bill Seitz)はグリーン郡区の居住者です。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






====================================
下院法案554の概要
====================================

■House Bill 554‐Summary
下院法案 554‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-554

====================================
上院法案320の概要
====================================

■Senate Bill 320‐Summary
上院法案 320‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-SB-320




-----------------------
関連記事
-----------------------

<①オハイオ州:下院法案554/上院法案320>

2016年5月11日

①オハイオ州
◇Lawmakers reignite debate on future of Ohio renewable energy standards
議員は、オハイオ州の再生可能エネルギー基準の将来についての議論を再燃させる

(コロンブス・ビジネスファースト | 2016年5月11日)
http://www.bizjournals.com/columbus/news/2016/05/11/
lawmakers-reignite-debate-on-future-of-ohio.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4394.html

オハイオ州議会の両議院は、
州の再生可能エネルギー基準を廃止
または縮小するための法案の
最初の証言を聞く予定です

===========================

■Ohio's renewable energy portfolio standard
オハイオの再生可能エネルギーポートフォリオ基準

(オハイオ州公益事業委員会)
http://www.puco.ohio.gov/puco/index.cfm/industry-information/
industry-topics/ohioe28099s-renewable-and-advanced-energy-portfolio-standard/
#sthash.0JXbKiEg.TgRSrvYw.dpbs


====================================
下院法案554の概要
====================================

■House Bill 554‐Summary
下院法案 554‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-554

====================================
上院法案320の概要
====================================

■Senate Bill 320‐Summary
上院法案 320‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-SB-320

-------------------------

<②オハイオ州:下院法案554/上院法案320>

2016年11月15日

②オハイオ州/画像
◇Ohio lawmakers try again to weaken efficiency, renewable energy rules but risk Governor John Kasich’s veto
オハイオの議員は、効率、再生可能エネルギーのルールを弱めるために再び試みるが、
ジョン・カシッチ知事の拒否権の危険を冒す

(Cleveland.com| 2016年11月15日)
http://www.cleveland.com/business/index.ssf/2016/11/ohio_lawmakers_try_again_to_we_1.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4394.html

オハイオ州の電力会社に、
風力や太陽光などの再生可能エネルギーで
より多くの電力を売却するよう要求する規則や、
より効率的な照明、電化製品、機器に変換して
消費電力を削減するためのルールについて、
ジョン・カシッチ知事とGOP立法指導者の間で
対決が起こっているようです。

----------------------------------

<③オハイオ州:下院法案554/上院法案320>

2016年12月27日

③オハイオ州
◇Ohio Gov. John Kasich vetoes renewable energy freeze
オハイオのジョン・カシッチ知事は、再生可能エネルギー凍結を拒否します
(Cleveland.com|2016年12月27日)
http://www.cleveland.com/metro/index.ssf/2016/12/ohio_gov_john_kasich_vetoes_re.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4395.html

オハイオ州のジョン・カシッチ知事は、
投資家所有の公益企業が
再生可能エネルギーへの投資を
さらに2年間は避けることを許可した法案を
火曜日に拒否した。

--------------------------
<④オハイオ州:下院法案554/上院法案320>

2017年1月8日

④オハイオ州
◇Wind farms stall, solar grows as energy debate continues in Ohio
風力発電所が失速、オハイオ州でエネルギー論議が続く中、太陽光発電が拡大

(スプリングフィールド・ニュース-サン/デイトン・デーリー・ニューズ | 2017年1月8日)
http://www.springfieldnewssun.com/news/local/
wind-farms-stall-solar-grows-energy-debate-continues-ohio/
rLiBAV5mjYBF0mWP0k9w9I/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4396.html


代替エネルギー擁護派は、、
州のクリーンエネルギー基準を弱める
最近の法案を拒否し、
州全体の投資と雇用が増加すると主張した
オハイオ州知事ジョン・カシッチ
(John Kasich)の最近の決定を歓迎しました。

しかし、提案されたシャンペーン郡の
風力発電所に関する長い法廷闘争に従事する
住民を含む反対派は、
法律が繰り返し問題にシフトし、
戦いを続けることを期待していると
述べました。

議論はオハイオ議会法案554に集中しており、
議員は昨年末に通過し、
今後2年間は
州の代替エネルギー需要をオプションにしました。

しかしカシチ知事はそれを拒否した。

これは、州の古いエネルギー基準が
今や元の位置に戻ることを意味する。

シャンペーン郡の住民のグループは、
そこのいくつかの郡区に
何百ものタービンを必要とするプロジェクトである
バッカイ風力発電所に反対している。

風力発電所の近くに住む
テリー・リッテンハウス氏は、
カシッヒ知事の拒否権にもかかわらず、
義務に関する議論は終わっていないと彼は言った。

-------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-19 : ・オハイオ州:下院法案554/上院法案320 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR