騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<④オハイオ州:下院法案554/上院法案320>④オハイオ州:風力発電所が失速、オハイオ州でエネルギー論議が続く中、太陽光発電が拡大 / 下院法案 554‐概要 / オハイオの再生可能エネルギーポートフォリオ基準 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<④オハイオ州:下院法案554/上院法案320>



2017年1月8日



④オハイオ州
◇Wind farms stall, solar grows as energy debate continues in Ohio
風力発電所が失速、オハイオ州でエネルギー論議が続く中、太陽光発電が拡大

(スプリングフィールド・ニュース-サン/デイトン・デーリー・ニューズ | 2017年1月8日)
http://www.springfieldnewssun.com/news/local/
wind-farms-stall-solar-grows-energy-debate-continues-ohio/
rLiBAV5mjYBF0mWP0k9w9I/



マット・サンクティスによって-スタッフライター



代替エネルギー擁護派は、、
州のクリーンエネルギー基準を弱める
最近の法案を拒否し、
州全体の投資と雇用が増加すると主張した
オハイオ州知事ジョン・カシッチ
(John Kasich)の最近の決定を歓迎しました。





しかし、提案されたシャンペーン郡の
風力発電所に関する長い法廷闘争に従事する
住民を含む反対派は、
法律が繰り返し問題にシフトし、
戦いを続けることを期待していると
述べました。





議論はオハイオ議会法案554に集中しており、
議員は昨年末に通過し、
今後2年間は
州の代替エネルギー需要をオプションにしました。

しかしカシチ知事はそれを拒否した。

これは、州の古いエネルギー基準が
今や元の位置に戻ることを意味する。





シャンペーン郡の住民のグループは、
そこのいくつかの郡区に
何百ものタービンを必要とするプロジェクトである
バッカイ風力発電所に反対している。

風力発電所の近くに住む
テリー・リッテンハウス氏は、
カシッヒ知事の拒否権にもかかわらず、
義務に関する議論は終わっていないと彼は言った。





「私は立法プロセスを
そして今日は何が起きるのかは
今から6ヶ月後ではないということを学びました」と、
彼は言いました。

「風は変わります。
新しい政党が発動するので、見ていきます。
私は心配していません。
私は必ずしも義務が留まるとは思っていない」




リッテンハウス氏と他の反対派は、
風力発電所が
プロジェクトのフットプリントの中で
家にあまりに近いと主張しました。

彼らは財産権、風車からの騒音、
タービンのブレ^ドが回転するときの
陰影について懸念を提起している。






しかし、風力発電所の開発者は、
住民への影響を最小限に抑えるために
州政府関係者と協力し、
プロジェクトがシャンペーン郡に
新たな収入をもたらすと主張している。





義務が履行されているにもかかわらず、
風の議論の両岸では、
その業界における真の戦いは、
家や財産からのセットバックを乗り越えているという。




ファーストソーラーのグローバル製造担当
シニアバイスプレジデントの
マイク・コラレウスキー氏によると、
カシッチの決定は
州への投資を増やすだろうと語った。

同社のペリズバーグ、オハイオ州工場は、
米国最大の太陽電池パネル製造施設の1つです。




「カシッヒ州知事の決定は、
オハイオ州がますます競争が激しく、
現地で製造された
実用規模の太陽光発電プロジェクトを活用して、
毎年より多くの需要を顧客に提供することに
役立ちます」とコラレウスキー氏は述べています。




▼議論は成長します




議論の余地のある委任は、
2008年にオハイオの議員によって承認された。

彼らは州のエネルギーの4分の1を2025年までに
代替エネルギー源から供給することを要求しており、
その半分は風力や太陽光などの
再生可能エネルギー源からのものである。





この法律はまた、
効率的な家電を購入するために
顧客にリベートを提供するなど、
電力会社にエネルギー効率を奨励することも
求めていました。





支持者は、
オハイオ州を競争力のあるものにし、
自然エネルギー産業に
新たな雇用と投資を誘致するためには、
義務が重要であると述べている。

反対派は、それらは不必要であり、
消費者のための
より高いコストにつながる可能性があると主張した。





議員たちは、
委員会がその有効性を研究している間、
法律を2年間凍結した。


昨年末の議員は、凍結を延長し、
オハイオ州下院法案554の一部として
オプションにすることに賛成しました。


しかし、この要求は、
カシッヒ知事の拒否権の後、今年も有効になるだろう。





拒否権は、
一部の地方議員を含む共和党議員を怒らせた。





ビル・サイツ州議員(R-Cincinnati)は
凍結を延長する法案の主導的支持者であった。


彼は、カシッヒ知事は、
義務の再開を許可することにより、
再生可能エネルギー産業において
「沿岸のエリート集団」をなだめることを
望んでいたと、主張した。




サイツ氏によると、
企業は再生可能エネルギー源から
エネルギーを購入しなければならないため、
コストが上昇するという。




サイツ氏は、
「資本家が消費者が購入しない商品を作ったとき、
売上高を得るために製品の価格や品質を改善する」と
話した。

「社会主義者が消費者が購入しない製品を作るとき、
政府は人々がそれを購入しなければならないことを
強制する。

それは簡単です。
私は資本主義者なので、私は義務を好まない。」




州議員ニーニョ・ビターレ(R-アーバナ)は、
義務を再発効させる決定と
オハイオ下院議員や上院議員のほかのメンバーは、
年末にコロンブスに留まり、
カシッヒ知事の拒否権を無効にすることを
望んでいないと批判した 。




「私はコロンバスに戻り、
自由市場への賛成投票と
義務の廃止を喜んだだろう...
しかし、これは、共和党の知事と
行動を拒否するオハイオ州下院の
共和党大多数のために起こることはないだろう
彼らが行うと
オハイオの有権者に話したことを
行動することを拒否している」と
ビターレ氏は
フェイスブックの長いポストで語った。




しかし、オハイオ州では、
過去2年間に義務を凍結することで、
新しいハイテク企業を
州に引き込むことに不利な立場に置かれ、
新たな事業や雇用を誘発するための州の努力を
不必要に鈍らせるだろうと、カシッチ氏は語った。

同氏は、オハイオ州が2009年以来、
主に州のエネルギー効率基準のおかげで、
エネルギー効率への投資のために
10億ドルを節約したと主張する
中西部エネルギー同盟の調査を引用した。




ワールプール、ネッスル、
ナショナル・ワイルドライフ・ファンデーションを含む
いくつかの環境団体と企業は、
カシッチ知事の拒否権を賞賛した。






2015年に
環境オハイオ州環境保護団体からの報告では、
クラーク郡の凍結コストは約3000万ドルであったが、
2025年には
約2900万ドルの費用がかかると主張している。

この凍結が延長されれば、
デイトンのメトロエリアは、
2025年までに2億5100万ドルの電力節減を見逃すだろう、
それは、1年間に約175,000世帯に
電力を供給するのに十分な電力であると主張した。




「オハイオ州の労働者は、
近年の経済的利益から一歩後退する余裕はないが、
オハイオ州のエネルギー生産オプションを
任意に制限することは、
州の近・長期経済競争力に対する
自発的な損害につながります。」と
カシッチ知事は声明で述べた。

「したがって、この拒否権は公供の利益になる。」




▼太陽光の料金は、風力よりよい




グリーンエネルギーオハイオの
エグゼクティブディレクターである
ビル・スプラトリー氏(Bill Spratley)は、
この指令は、
太陽光および風力企業の
オハイオ州への誘致に効果的であると述べています。




しかし、凍結が発効して以来、
両方の産業が停滞していると彼は言った。

同組織は、州全体で
持続可能なエネルギー政策を推進しています。




しかし、ソーラー産業は、
オハイオ州で新しい風力発電所を見つけるのを
難しくしていると主張している
厳しい現場規制に直面している風力産業よりも
優れている。





ソーラーエネルギー産業協会
(Solar Energy Industry Association)によると
オハイオ州は、
今後5年間に約482メガワットの
太陽電池容量を導入することが期待されています。




「太陽光は抑制されているが、
それは直接停止されていない」と、
スプラトリー氏は述べた。

「オハイオ州では、
(義務)が凍結されていないか、
または停止されていると、
より多くの太陽光が存在すると我々は考えている。

私たちが
オハイオ州全体のレベルにあると考える理由は、
再生可能な投資には親しみがなく、
本当に再生可能なポートフォリオの凍結の
最大の影響であったという評判を得ました。




業界団体によると、
米国の太陽エネルギーシステムの価格は
2010年に比べ66%低下した。




風力と太陽光のコストが着実に低下していると
再生可能主張者たちは主張しているが、
控えめなバッカイ・Instituteは
最近の政策概要で、
義務によって
消費者のコストが上昇する可能性があると述べた。




「必然的に、再生可能エネルギー源の義務化は
消費者の小売価格上昇を意味する
- 誰が最終的に法案を履行するのか
- 新しい再生可能資源を導入することは、
既存の発電所を稼動させることよりも
費用がかかるため。」と、報告書にあります。




スプリングフィールドのOhio Solar Electricの
オーナーであるジェームズ・グローバー氏は、
スプリングフィールド-クラーク職業技術センターと
オハイオ・グローバーズ・マンションに
ソーラーパネルを設置しました。

グローバー氏は、法律が施行されれば、
短期的には彼のビジネスに
大きな影響を与えるとは考えていないが、
長期的にはオハイオ州にとってはより良いと
言いました。




「再生可能エネルギーコミュニティにとっては
少し利益になるだろう」とグローバー氏は語った。

「設置コストは絶えず低下しており、
その多くが見られています。

おそらく、より多くの企業が
オハイオ州に来て運営することを奨励するでしょう。





スプラトリー氏
(グリーンエネルギー・オハイオの
エグゼクティブディレクター)はまた、
施設のエネルギーを供給するために
Leffel Laneのキャンパスに
7百万ドルの太陽光発電設備を設置した
SpringfieldのAssurantを含む、
太陽エネルギーへの取り組みを強化した
いくつかの主要事業を挙げました。

ウォルマートのような国内企業も、
今後数年間に
太陽光エネルギーへの重要な約束をしています。




「太陽と風はある意味では
従来のエネルギーとなっている」と
スプラトリー氏は語った。

「人々はまだ代替エネルギーと呼んでいるが、
現実は経済がシフトしている」





▼闘いは続くことができる




一方、オハイオ州の新しい風力プロジェクトは
停滞しています。

米国風力エネルギー協会
(Wind Energy Association)によれば、
現状では2つの商業用風力発電所しか稼動していません。




風力連合のための東アジア政策担当ディレクター、
アンドリュー・ゴン氏は、
カシッヒ知事の拒否権は
オハイオ州が新たな投資に開放されているという
メッセージを送ると、言います。

しかし、風力発電プロジェクトは、
最近、住居からさらに遠くに配置される
タービンの厳格なセットバック要件を承認し、
他の資産が維持されている限り、
引き続き遅れるだろうと彼は述べた。





オハイオ州はすでに風力産業の恩恵を受けており、
今後もそうすることができると同氏は述べた。

しかし、彼はセットバックの要件に対する戦いを
予測しました。




「オハイオ州では、
停滞の改革に取り組む機会を最大限にするためにも、
どちらかの大きな機会があります。」




提案されたシャンペーン郡の
風力発電所の開発者である
エヴァーパワー社にはコメントできませんでした。




しかし、リッテンハウス氏
(風力発電所の近くの住民)は
シャンペーン郡では、
可能性の高い風力発電所の近くに住む住民を
保護するために
厳しい基準が必要であると主張しました。


彼は、約10年にわたる戦いが
敵対的買収に繋がると予想して、
十分な地元の反対があったと主張した。

リッテンハウス氏は、
セットバックの必要性を軽減するための
さらなる変化を恐れていると述べた。




「セットバックのルール変更は、
風力タービンが私有地を侵害している状況に
私たちを戻すだろう」と
リッテンハウス氏は語った。

「議会がすべての住宅所有者の
財産権の側にあることが、私の心からの希望です。」





いくつかの風力発電プロジェクトは
地域社会には適していないと
スプラトリー氏
(グリーンエネルギーオハイオの
エグゼクティブディレクター)は述べており、
これらの決定は
一般的に地方レベルのコミュニティメンバーからの
インプットで行われるべきだと述べている。




「これは非常に現地での決定であり、
私はそれを現地で行うべきだと思う」と
スプラトリー氏は述べた。





彼はまた、オハイオ州における
セットバックに対する紛争は終わっていないと
予測した。

しかし、一般的には、
州が再生可能な凍結を維持していても、
オハイオ州のコミュニティや企業で
プロジェクトが進展すると主張した。




「技術を止めることはできないし、
立法府の勅許者が
それをやめようとしているとは思わない」と
スプラトリー氏は語った。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





====================================
下院法案554の概要
====================================

■House Bill 554‐Summary
下院法案 554‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-554

====================================
上院法案320の概要
====================================

■Senate Bill 320‐Summary
上院法案 320‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-SB-320



-----------------------
関連記事
-----------------------

<①オハイオ州:下院法案554/上院法案320>

2016年5月11日

①オハイオ州
◇Lawmakers reignite debate on future of Ohio renewable energy standards
議員は、オハイオ州の再生可能エネルギー基準の将来についての議論を再燃させる

(コロンブス・ビジネスファースト | 2016年5月11日)
http://www.bizjournals.com/columbus/news/2016/05/11/
lawmakers-reignite-debate-on-future-of-ohio.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4394.html

オハイオ州議会の両議院は、
州の再生可能エネルギー基準を廃止
または縮小するための法案の
最初の証言を聞く予定です

===========================

■Ohio's renewable energy portfolio standard
オハイオの再生可能エネルギーポートフォリオ基準

(オハイオ州公益事業委員会)
http://www.puco.ohio.gov/puco/index.cfm/industry-information/
industry-topics/ohioe28099s-renewable-and-advanced-energy-portfolio-standard/
#sthash.0JXbKiEg.TgRSrvYw.dpbs


====================================
下院法案554の概要
====================================

■House Bill 554‐Summary
下院法案 554‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-554

====================================
上院法案320の概要
====================================

■Senate Bill 320‐Summary
上院法案 320‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-SB-320

-------------------------

<②オハイオ州:下院法案554/上院法案320>

2016年11月15日

②オハイオ州/画像
◇Ohio lawmakers try again to weaken efficiency, renewable energy rules but risk Governor John Kasich’s veto
オハイオの議員は、効率、再生可能エネルギーのルールを弱めるために再び試みるが、
ジョン・カシッチ知事の拒否権の危険を冒す

(Cleveland.com| 2016年11月15日)
http://www.cleveland.com/business/index.ssf/2016/11/ohio_lawmakers_try_again_to_we_1.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4394.html

オハイオ州の電力会社に、
風力や太陽光などの再生可能エネルギーで
より多くの電力を売却するよう要求する規則や、
より効率的な照明、電化製品、機器に変換して
消費電力を削減するためのルールについて、
ジョン・カシッチ知事とGOP立法指導者の間で
対決が起こっているようです。

----------------------------------

<③オハイオ州:下院法案554/上院法案320>

2016年12月27日

③オハイオ州
◇Ohio Gov. John Kasich vetoes renewable energy freeze
オハイオのジョン・カシッチ知事は、再生可能エネルギー凍結を拒否します
(Cleveland.com|2016年12月27日)
http://www.cleveland.com/metro/index.ssf/2016/12/ohio_gov_john_kasich_vetoes_re.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4395.html

オハイオ州のジョン・カシッチ知事は、
投資家所有の公益企業が
再生可能エネルギーへの投資を
さらに2年間は避けることを許可した法案を
火曜日に拒否した。

--------------------------


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-18 : ・オハイオ州:下院法案554/上院法案320 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR