騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<①、②オハイオ州:下院法案554>①オハイオ州:議員は、オハイオ州の再生可能エネルギー基準の将来についての議論を再燃させる | ②オハイオ州/画像:オハイオの議員は、効率、再生可能エネルギーのルールを弱めるために再び試みるが、ジョン・カシッチ知事の拒否権の危険を冒す / 下院法案554の概要| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 







<①オハイオ州:下院法案554>



2016年5月11日



①オハイオ州
◇Lawmakers reignite debate on future of Ohio renewable energy standards
議員は、オハイオ州の再生可能エネルギー基準の将来についての議論を再燃させる

(コロンブス・ビジネスファースト | 2016年5月11日)
http://www.bizjournals.com/columbus/news/2016/05/11/
lawmakers-reignite-debate-on-future-of-ohio.html



トム・ノックス、リポーター




オハイオ州議会の両議院は、
州の再生可能エネルギー基準を廃止
または縮小するための法案の
最初の証言を聞く予定です。




ロン・アムスタッツ議員(R-Wooster)は
今週、下院法案554を紹介しました。


これは、水曜日の午後遅くに
審議委員会が予定されていた。

この法案は、
風力発電や太陽光発電のような代替エネルギーや
再生可能エネルギーを利用して
発電量を増加させるための
電気事業者の命令を事実上廃止するものである。


これは、2.5%のシェアとして、
現在の位置で
再生可能エネルギー基準を維持するだろう。




シンシナティ共和党の
ビル・シーツ上院議員は
2週間前に上院法案320を紹介しました。


水曜日の午後、
上院エネルギー・天然資源委員会に先立って
最初の聴聞会を予定していたこの法案は、
さらに3年間基準を凍結するだろう。


サイツ氏は、
コロンバス・ビジネスファーストに語った。

まず、連邦クリーン・パワー・プランで
何が起きるのかを強調する必要がある。




2年前、ジョン・カシッチ知事は、
基準を無期限に凍結するための
最初の法案に署名した。

それ以来、立法委員会は
凍結を不確定にすることを勧告したが、
カシッチ氏は
不確定な凍結を「受け入れがたい」と言いました。





予期せぬことに、
州がどこに立っているのかを知りたいと思っている
公益事業者や
再生可能エネルギー供給者にとっては、
恩恵ではありません。

凍結に反対する環境団体は、
カシッチ知事の
キャンペーントレイルのコメントを
恩恵として見ます。




「カシッチ氏は、凍結の延長は
単に『道の下に缶をけっていて』と
明言している」と、
天然資源保護会議の弁護士、
サム・ウィリアムス氏は声明で述べた。

「法案に署名する機会のない法案について、
時間を無駄にしているのはなぜですか?」




風力エネルギーグループ
『Renewable America』は木曜日、
「消費者が基準の凍結を終わらせるための
コスト削減効果」を示す
新しいレポートを発行する予定です。




サイツ氏は、
何も新しいことが起こらなければ
2017年に再生可能な基準が再開されるため、
すぐに法案を可決したいと考えている。

法案が今通過していないが
今年の秋になると、
3ヶ月間の期間は
再び標準化が再凍結または廃止されるまで
数日または数週間の間で再開する
変わった期間につながる可能性があります。




2008年のエネルギー法案では、
電力会社が再生可能エネルギーを
使用して発電する電力の量を
年間12.5%増やすという要件が含まれていました。

少なくともその半分は太陽光から来るでしょう。




(オハイオ州公益事業委員会の
要件についての詳細を読む)。

■Ohio's renewable energy portfolio standard
オハイオの再生可能エネルギーポートフォリオ基準

(オハイオ州公益事業委員会)
http://www.puco.ohio.gov/puco/index.cfm/industry-information/
industry-topics/ohioe28099s-renewable-and-advanced-energy-portfolio-standard/
#sthash.0JXbKiEg.TgRSrvYw.dpbs






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





====================================
下院法案554の概要
====================================


■House Bill 554‐Summary
下院法案 554‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-554


====================================
上院法案320の概要
====================================


■Senate Bill 320‐Summary
上院法案 320‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-SB-320





--------------------



<②オハイオ州:下院法案554>



2016年11月15日



②オハイオ州/画像
◇Ohio lawmakers try again to weaken efficiency, renewable energy rules but risk Governor John Kasich’s veto
オハイオの議員は、効率、再生可能エネルギーのルールを弱めるために再び試みるが、
ジョン・カシッチ知事の拒否権の危険を冒す

(Cleveland.com| 2016年11月15日)
http://www.cleveland.com/business/index.ssf/2016/11/ohio_lawmakers_try_again_to_we_1.html



By John Funk, The Plain Dealer



画像:

送電線や発電所へのユーティリティアップグレードは、
州のエネルギー効率基準の改正案の下で
「エネルギー効率」に含まれ、
州の目標を達成した電力会社は、
より多くの資金を「節約貯蓄」として集めることができます。

(プレーンディーラーファイル)


=======================================




オハイオ州コロンバス -



オハイオ州の電力会社に、
風力や太陽光などの再生可能エネルギーで
より多くの電力を売却するよう要求する規則や、
より効率的な照明、電化製品、機器に変換して
消費電力を削減するためのルールについて、
ジョン・カシッチ知事とGOP立法指導者の間で
対決が起こっているようです。





すべての議員が
2008年に承認する投票をした元の法律は、
州で売却された全電力の12.5%が
2025年までに風力や太陽光などの
再生可能技術から来ることを要求しました。





総会は、熾烈な立法上の戦いの後、
2014年にその任務を中止または「凍結」した。

しかし、このルールは
1月1日に自動的に復活する予定です。





カシッチ知事はその後、
その凍結を延ばす法律に拒否することを誓った。

大統領選挙戦で、カシッチは数回、
妥当な風力と太陽光発電に賛成し、
拒否権を訴えたと述べた。




ウィリアム・セイツ(Rシシンナティ)上院議員は、
本日、同法の改正版である
上院法案320号を発表したが、
これは厳密には凍結を延長しない。


代わりに、公益事業者が
彼らが遵守していることを
証明しなければならない時間を遅らせます。






知事の事務所からの反応は短く、
そして、慎重に言い表されたが、
はっきりしていました。




「州政府の経済にもたらした利益を維持しながら、
信頼性の高い低コストのエネルギー源の
多様な組み合わせを支える法案を作成するために、
総理と協力する必要性について、
知事は明確になっています」と、
カシッチ知事の広報担当者
エマリー・カルムバッハ氏は述べました。




天然資源保護会議の弁護士であり、
義務を廃止または修正しようとする
反対派のサマンサ・ウィリアムズ氏は、
書き直しは「古いジャンクと同じ」であると
述べている:

省エネルギー基準を削減し、
再生可能エネルギーと効率性を重視し、
基準を欠点や執行不可能な「目標」に変えています。




「オハイオを前進させることは何もしない
成功の見込みのないものの寄せ集めです
… 拒否すべきです。」と彼女は語った。




オハイオ環境審議会のエネルギー政策担当
マネージングディレクターである
トリッシュ・デメテル氏は、
この法律を「薄く不明瞭な凍結延長」と呼んだ。




「オハイオ州のクリーンエネルギーの
未来を真剣に取り戻すためには、
重大な問題を抱えている総会で
カシッチ知事と冷静な頭からの
強力なリーダーシップが必要です。」




サイツ氏によって改訂されたように、
S.B. 320は、
電力会社が2021年まで
再生可能エネルギーの量を増やしたり
購入したりすることを証明する必要はありません。


企業は2010年までに
効率性プログラムを通じて
顧客が消費を削減する方法を報告する予定です。





改訂された法案はまた、
より大規模な顧客が
電力会社が運営する
エネルギー効率プログラムへの参加を
逃れることを可能にする。

州最大の産業による参加は、
2014年以来の選択でした。

法案のこの最新版はまた、
大企業の顧客が脱落するのを許すでしょう。




環境団体は2013年以来、
効率改善による消費電力の最大削減が
産業顧客からのものであると主張しています。

議員が2年前に同意した産業反論は、
大規模な産業運営が自ら効率の向上を望み、
ユーティリティプログラムを
必要としないことであった。




この法案の改正は、
全体的な電力消費を削減する上での
エネルギー効率の役割を軽減することにもなります。




当初の効率は、
2025年までに必要な電力会社が、
2009年の需要と比較して
電力需要を22%削減するのに十分な
エネルギー効率の高い照明、
家電機器を導入するのを支援することを
義務づけました。


サイツ氏の法案は、
17%の需要の削減を必要とするだろう。

そしてそれはその目標を達成するために
2027年までユーティリティを提供します。




この法案はまた、
米国環境保護庁のクリーン・パワー・プラン
(Clean Power Plan)に合意するための
州の計画を立法権限で拡大しようとしている。

カシッチ政権は、米国EPAに提出する前に、
コンプライアンスプログラムの
立法的承認を求める必要があります。




ドナルド・トランプ次期大統領が
この計画を廃止することを
誓ったことを考えると、
クリーン・パワー・プランに関する言葉は
不必要に思えるかもしれない。


米国のDC巡回裁判所で検討中であり、
米国最高裁判所に上る可能性がある。

それは時間がかかることがあります。





火曜日遅く、
上院エネルギー・天然資源委員会が
新法案の審問を開始した。





オハイオ商工会議所の
エネルギー&環境政策担当ディレクター、
ザカリー・Frymier氏は、
効率性の要求には、
ビジネスに多大な費用をかける
公共料金が含まれていると語った。




「2年間の凍結を支援している
エネルギー効率化プログラムの資金提供のために、
2020年までに[費用]が年間5億ドルに
上昇する可能性を示唆する予測がある」と
同氏は証言した。





Frymier氏は、
商工会議所はこの法案の言語を支持し、
商用顧客は委任されたプログラムから身を引き、
自らの効率性計画を「制御」することができると
付け加えた。




ベレアの共和党の
マイケル・ドビージャ議員が議長を務める
下院公共事業委員会
(House Public Utilities Committee)は、
水曜日の並行法案
下院法案554の審理を予定している。





ウースーの共和党の
ロン・アムスタッツ議員は、
同法案を火曜日に書き直しであることを言いました

アムスタッツ氏は
すぐにコメントに達することができなかった。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





====================================
下院法案554の概要
====================================

■House Bill 554‐Summary
下院法案 554‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-554

====================================
上院法案320の概要
====================================

■Senate Bill 320‐Summary
上院法案 320‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-SB-320


--------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-16 : ・オハイオ州:下院法案554/上院法案320 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR