騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<⑤オハイオ州:下院法案483/下院法案190>⑤ブログ、オハイオ州:風に逆らって:オハイオの議員は風力発電に関するより厳しい規則を求めている / 下院法案 483‐概要‐オハイオ州議会 / 下院法案 190‐概要‐オハイオ州議会 // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発







<⑤オハイオ州:下院法案483/下院法案190>



2016年11月14日



⑤ブログ、オハイオ州
◇Against the wind: Ohio lawmaker pushes for stricter rules on wind development
風に逆らって:オハイオの議員は風力発電に関するより厳しい規則を求めている

(ミッドウエスト・エネルギー・ニュース | 2016年11月14日)
http://midwestenergynews.com/2016/11/14/
against-the-wind-ohio-lawmaker-pushes-for-stricter-rules-on-wind-development/



Kathiann M. Kowalski



業界の専門家が
すでに州で禁止されているとしている
新しい商業的な風力発電所のセットバックや
その他の規定を実施する際に
風力タービンの不動産ラインの
セットバックを3倍にする
重要な役割を果たしたオハイオの議員は、
監査機関が厳しい規則を採用することを望みます。





ビル・サイツ州議会議員(R・シンシナティ)は、
「風力発電は、セットバック、健康、
安全の要件を満たすために、
隣人の非居住財産を借りたり盗んだりすることなく
発展させることができなければ
彼らはすべて開発してはいけません。」と
議決権のないメンバーであるサイツ氏は
10月31日に、オハイオ電源立地委員会に
提出されたコメントで主張している。






提案された規則は、
各風力タービンが隣接する不動産ラインから
4分の1マイルになることを義務付けている
オハイオ州の法案483号での
セットバック規定を実施することを目指している。

提案された規則はまた、
音やいわゆるフリッカー効果のために
不動産ラインでの測定を必要とし、
塚の鳥の監視や、
研究と技術報告を追加しました。


※ 4分の1マイル = 402,33600 メートル



反対派は、
この規則は安全性や健康に基づいているとは
言いません。




米国風力エネルギー協会の
アンドリュー・ゴーン氏(Andrew Gohn)は
次のように述べています。
「HB483は、セットバックの面では、
オハイオ州の風力エネルギーの禁止として
機能します。」





▼ゾーンアウト



この条項は、
州から新しい風力プロジェクトを
効果的に一掃し、
新しい風力プロジェクトの見通しを抹消し、
クリーン・エネルギーの進歩を傷つけると
オハイオ環境評議会のために
電源立地委員会に提出されたコメントの中で
述べています。



HB 483が発効する前に、
オハイオ州の風力発電所のタービンに
必要な不動産ラインは、
約550フィート(タービンの高さの110%)でした。


※ 550フィート = 167.64 メートル



ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)は、
「所有地の境界線への
タービン高さの110パーセントは、
私たちが一般的に見ているものだ」と語った。

「これは、タービンに問題が発生した場合の
安全基準に近いものです。」




それを超えると、
HB 483年以前の法律は、
隣接する不動産の
「最も近い、居住可能な居住構造」の外壁に
1,125フィートの後退を要求しました。

※ 1125フィート = 342.9 メートル


そのような要求は、安全基準ではなく、
「既存の占有されている構造物との距離が
離れているという、
よき隣人方針の部類のようなものだ。」と
ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)は言いました。






新しいセットバック条件は、
2014年の大規模な予算審査法案に
最後に追加されたものです。


サイツ氏はオハイオ上院に関する
10分未満の議論の間、
その供給を証明するただ一人の議員でした。





「オハイオ州の法案483号で
急いで制定されたように、
法律が可決されたときには公表された議論はなく、
後退距離が必要かどうかの分析はなかった」と、
レプラ氏は語った。




業界の専門家によれば、2014年の変更の結果、
ほとんどの新規かつ以前に計画された
風力発電所は儲からなくなっています。

例えば、50タービン風力発電所のための
以前に計画されたプロジェクトの1つは、
7つのタービンを有することができ、
他のものは75から3になったであろう。




ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)は、
サイツ氏の安全衛生に関する電源設置委員会への
コメントで述べたように、
「懸念事項のいずれかを
バックアップする科学は実際にはない」と述べた。

「風力タービンとの近接による弊害がないことを
発見した20以上の査読済みの研究があります」と
彼は付け加えました。




サイツ氏(米国風力エネルギー協会)の厳格な基準と
安全性に関する懸念事項のリストは
「虚偽であり、データの源泉として
アンチ風力のウェブサイトに大きく依存している」と
Leppla氏は述べている。

さらに、彼が指摘している情報の多くは、
米国外の場所から来ており、
その多くは
非常に保守的なエネルギー政策を持っています。




例えば、石炭への公約が発表されたことを受けて、
ポーランドの保守的な政府は
今年初めに
タービン高さの10倍の敷地境界線を採用しました。

議員は、オハイオ州と同様に、
業界団体や環境団体からの委員会での
聴聞会や証言を許可していない、
珍しい立法手続きの新たな要件をクリアしました。





サイツ氏によって提出された資料に
記載されているいくつかの声明は、
風力エネルギーの規制に
実際には従事していない人々が
文脈から取り除かれたものであったと
ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)は付け加えた。




▼開発の停滞




「2014年まで、オハイオ州は
新しい風力エネルギープロジェクトへの投資で
何百万ドルを投資していました。

その結果、オハイオ州の大気質が改善され、
新しい雇用が創出され、
地方自治体は事業を支援するために
新たな収入が出始めた」と述べた。





これらの投資は、
オハイオ州の再生可能エネルギー基準に関する
現在の凍結につながった議論の最中に中断しました。

州のソーラー産業は幾分拡大し続けているが、
新しい州内の風力設備は、
下院法案 483の後にほとんど止まりました。




この条項は効果的に
「新しい風力開発に関する一時停止」をもたらしたと
Leppla氏は述べた。





サイツ氏は、
この声明を「役に立たない」と呼び、
「2014年のセットバック法が変わる前に
証明された約12の風力発電所がある」と指摘した。

これらのプロジェクトは、
古い法律のもとで建設される可能性があると
彼は指摘する。





ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)によると、
この例外は大体幻想です。





「彼らがタービンのレイアウトや
プロジェクト計画に
何らかの微妙な変更を加えたとしても、
そのプロジェクトが開発段階を経ている間に
日常的に公正に行うのであれば、
彼らは新しい法令の対象外に活用する能力を
持っていない」と、説明されています。




例えば、最初の前進命令の後の
プロジェクトの設備更新は、
タービン位置のマイナーシフトを
必要とする可能性がありますが、
これは例外ではありません。

開発者は
これらの調整を行う必要があると
ゴーン氏は述べた。




面倒さにもかかわらず、
Amazonはハーディン郡で
189メガワットの風力発電所を開発するために
エヴァーパワー社と協力すると10月31日に発表した。


このサイトは、下院法案 483の通過前に
既に電源設置委員会から証明書を与えられていました。





また、法律が可決されて以来、
事前証明書のない陸上の風力発電所は承認されていません。





「オハイオ州は、
オハイオ州のクリーンエネルギー政策への攻撃や
過度に制限的なセットバックの結果、
何十億ドルもの投資を失っている」と述べた。

「これらの政策が修正されるまで、
オハイオ州では雇用が減少し、
投資は減少し、空気は汚れていきます。」





2015年に導入された法案は、
地元の郡に、
もし望むならば、以前のセットバックに戻す能力を与え、
AWEA(米国風力エネルギー協会)は
その法律を支持すると、ゴーン氏は述べた。





しかし、共和党がスポンサーとなっている
HB 190は委員会で開催されており、
サイツ氏は
この法案について否定的な発言をしている。





「風力発電所の開発者がオハイオを見ると、
明らかに敵対的な方針がわかります」と、
Leppla氏は語った。

「これはどんな事業者でも
営業したい風潮ではありません。」




ゴーン氏の見解では、
風力エネルギーコストが下がり、
天然ガスや他の燃料からの電気が受ける
価格変動の影響を受けないため、
顧客にとって、それは残念です。




その再生可能エネルギー標準に関する
州の現在の凍結がそうするように、
ゴーン氏は、HB 483と提案された規則は、
他の産業が事業を行っている場所にも
影響を与えていると述べている。




ちょうど先月、
オハイオ州で約2万5000人を雇用している
9つの企業が
州の議員にクリーンエネルギー基準を
復活させるよう求めた。

何十もの企業が
電力の100%再生可能エネルギーへの移行を
約束しています。




風力エネルギーの開発を
取り戻すことができないと、
オハイオ州は事業の継続
または拡大の場所を決定する際に、
企業の配慮から除外される可能性があるという。




「それは、州の経済発展に
実質的なカスケード的な影響を
与えることができる。」と彼は指摘した。




オハイオ環境審議会は
RE-AMPのメンバーであり、
Midwest Energy Newsを出版しています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=============================
下院法案 483の概要
=============================

■House Bill 483‐Summary
下院法案 483‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-483


=============================
下院法案 190の概要
=============================

■House Bill 190‐Summary
下院法案 190‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-190


--------------------


===================
関連記事
===================

<①オハイオ州:下院法案483>

2014年6月16日

①オハイオ州
◇Gov. John Kasich to act on proposal critics claim could kill Ohio’s wind energy industry
批判家の主張に応じるジョン・カシチ知事がオハイオ州の風力エネルギー産業を殺す可能性がある
(cleveland.com|2014年6月16日)
http://www.cleveland.com/open/index.ssf/2014/06/gov_john_kasich_to_act_on_prop.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4389.html

ジョン・カシチ知事が月曜日に
幅広い予算審査法案に
署名する準備を進めている中、
風力エネルギーの主張者は
オハイオ州の新しい風力発電所を
効果的にブロックすると主張している。

ハウスビル483の下で、
風力タービンは少なくとも
1,300フィート程度でなければなりません
- ブレードの長さに応じて
- 敷地境界線から。

現行の法律では、
タービンは構造物から約1,300フィート、
隣接する敷地境界線から約550フィートの
ところにあることが要求されている。

※ 1300フィート = 396.24 メートル 
※ 550フィート = 167.64 メートル

この法案の立法支持者は、
所有者が近隣のタービンからの騒音、
影、またはアイス・スローによって
妨害されないことを保証すると言います。

しかし、米国風力エネルギー協会を代表する
Dayna・バイルト・ペイン氏は、
この制限により、
州に風力エネルギーを計画的に投入するには、
利益を生むために必要な規模で
タービンを建設することが不可能になるため
州内の風力エネルギーの
計画投資額25億ドルを殺すだろうと言います。


=============================
下院法案 483の概要
=============================

■House Bill 483‐Summary
下院法案 483‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-483


--------------------

<②オハイオ州:下院法案483>

2015年6月4日

②オハイオ州
◇Area counties pushing for easing of wind turbine law
風力タービン法の緩和を求めているエリアの郡
(The Blade | 2015年6月4日)
http://www.toledoblade.com/local/2015/06/04/
Area-counties-pushing-for-easing-of-wind-turbine-law.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4389.html


個別の問題はあるものの、
厳しいセットバック規則は
オハイオ州の総会で可決され、
オハイオ州の2年間の電力会社の
再生可能エネルギー義務の凍結と並行して
ジョン・カシッチ知事によって
法律に署名されました。

オハイオ州は、電力会社に
再生可能エネルギーへの投資を要求していた
規則を取り消す最初の国家となった。


=============================
下院法案 483の概要
=============================

■House Bill 483‐Summary
下院法案 483‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-483

--------------------


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-15 : ・オハイオ州:下院法案483/下院法案190 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR