騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<①オハイオ州:下院法案483/下院法案190>①オハイオ州:批判家の主張に応じるジョン・カシチ知事がオハイオ州の風力エネルギー産業を殺す可能性がある |②オハイオ州:風力タービン法の緩和を求めているエリアの郡…個別の問題はあるものの、厳しいセットバック規則はジョン・カシッチ知事によって法律に署名されました。オハイオ州は、電力会社に再生可能エネルギーへの投資を要求していた規則を取り消す最初の州となった / 下院法案 483の概要‐オハイオ州議会 // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<①オハイオ州:下院法案483/下院法案190>



2014年6月16日



①オハイオ州
◇Gov. John Kasich to act on proposal critics claim could kill Ohio’s wind energy industry
批判家の主張に応じるジョン・カシチ知事がオハイオ州の風力エネルギー産業を殺す可能性がある

(cleveland.com|2014年6月16日)
http://www.cleveland.com/open/index.ssf/2014/06/gov_john_kasich_to_act_on_prop.html



ジェレミー・ペルザー, Northeast Ohio Media Group



オハイオ州コロラド州、


ジョン・カシチ知事が月曜日に
幅広い予算審査法案に
署名する準備を進めている中、
風力エネルギーの主張者は
オハイオ州の新しい風力発電所を
効果的にブロックすると主張している。





ハウスビル483の下で、
風力タービンは少なくとも
1,300フィート程度でなければなりません
- ブレードの長さに応じて
- 敷地境界線から。

現行の法律では、
タービンは構造物から約1,300フィート
隣接する敷地境界線から約550フィート
ところにあることが要求されている。

※ 1300フィート = 396.24 メートル 
※ 550フィート = 167.64 メートル




この法案の立法支持者は、
所有者が近隣のタービンからの騒音、
影、またはアイス・スロー
(羽根に着いた氷を投げ飛ばすこと)によって
妨害されないことを保証すると言います。





しかし、米国風力エネルギー協会を代表する
Dayna・バイルト・ペイン氏は、
この制限により、
州に風力エネルギーを計画的に投入するには、
利益を生むために必要な規模で
タービンを建設することが不可能になるため
州内の風力エネルギーの
計画投資額25億ドルを殺すだろうと言います。






例えば、提案された変更が
すでに実施されている場合、
ポールディングとヴァン・ウェート郡の
ブルークリーク風力発電所の
152台のタービンのうち12台だけが承認されると
彼女は言いました。





この法案は、
オハイオ州の再生可能エネルギー基準に関する
2年間の凍結を受けており、
2025年までに電力の25%を
再生可能エネルギーと
先進技術エネルギー源から得ることができる。





風力エネルギーの提供に加えて、
下院法案 483には、
収入と中小企業のための1年間の減税拡大が含まれています。





法案の下で、今年承認された9%の所得税減税は、
10%減額されるだろう。




もう1つの変更は、
小規模企業およびパススルー企業が、
現在の法律の50%の控除から、
2014年に収入の75%を25万ドルまで控除することを
可能にするものです。




この削減は、収入が増え、
州の支出が予想を下回ったことが原因です。




カシッチ氏は、月曜日の午後、
コロンブス郊外のグローブシティにあるフードバンクで、
HB 483の調印式を開催する。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




=============================
下院法案 483の概要
=============================


■House Bill 483‐Summary
下院法案 483‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-483






--------------------


<②オハイオ州:下院法案483/下院法案190>




個別の問題はあるものの、
厳しいセットバック規則は
オハイオ州の総会で可決され、
オハイオ州の2年間の電力会社の
再生可能エネルギー義務の凍結と並行して
ジョン・カシッチ知事によって
法律に署名されました。

オハイオ州は、電力会社に
再生可能エネルギーへの投資を要求していた
規則を取り消す最初の州となった





2015年6月4日



②オハイオ州
◇Area counties pushing for easing of wind turbine law
風力タービン法の緩和を求めているエリアの郡

(The Blade | 2015年6月4日)
http://www.toledoblade.com/local/2015/06/04/
Area-counties-pushing-for-easing-of-wind-turbine-law.html



By Tom Henry, Blade Staff Writer




水曜日の記者会見に参加した
ヴァン・ヴェルト氏と
パトナム郡の3人のスピーカーによると、
オハイオ州の北西部の農村部は、
州の議員が巨大風力タービンの後退規制を緩和し
郡が彼ら自身の運命を決定するのを許すならば
大きな勝者になるだろう。





ヴァン・ウェート・エリアの
商工会議所会長兼最高経営責任者(CEO)の
スーザン・モンロー氏(Susan Munroe)は、
152ータービンのブルークリーク風力発電所が
この郡を
「オハイオの風力発電所の首都」にしたと語った。





隣接するポールディング郡に
数基のタービンを含む6億ドルのプロジェクトは、
2011年に建設されたときに
オハイオ州最大の単独投資でした。

しかし、2014年に施行されたセットバック規則が
その当時にあったとすれば、
タービンは十数台しか建設されていないだろう。





エネルギーと環境のOSUのオフィスによれば、
ブルークリーク風力発電所は
オハイオ州立大学の電力所要量の25%を
メインキャンパスに提供します。




これにより、
OSUは数百万ドルの節約になるとマンロー氏は語った。




ブルークリーク風力発電所の開発者、
Iberdrola Renewablesは、
ドッグクリーク風力発電所と呼ばれる
プロジェクトで50台以上の風力タービンを
建設するために
ヴァンヴェルト郡に2億ドルを投資する予定です。

同様に、パトナム郡に
保留する3億ドルのプロジェクト計画もある。




オハイオ州の総会で
郡が以前のセットバック要件に戻ることを
許さない限り、いずれも起こり得ないと述べた。


ティム・ブラウン(R.、ボウリング・グリーン)と
トニー・バークリー(R.、Payne)州議会議員は、
下院法案190号と呼ばれる
共同出資の法律を行うことを提案している。




2014年の法律では、
敷地境界線から
少なくとも1,300フィートの後退が必要で、
これは従来法の540フィートの約2倍です。

米国風力エネルギー協会
および風力産業界の他の主張者は、
この法律は、
オハイオ州で最も早く成長するエネルギー生産の
一つである風力エネルギーに関連する
多くの潜在的なプロジェクトのための契約破りだと
述べている。


※ 1300フィート = 396.24 メートル 
※ 540フィート = 164.59200 メートル





ヴァン・ウェート郡東部の
Lincolnview学校地区の管理者である
ジェフ・スナイダー氏は、
ブルークリーク風力発電所から
年間40万ドルの税収を追加することで、
地区内のコンピュータとタブレットを
ほぼすべての学生に購入し、
より強力な科学、技術、工学、
数学のプログラムを備えている
新しい経済のための準備を整えることができると
述べました。




地区は現在、建物の近代化と
土地所有者の税負担の軽減を検討しています。




「地区として、それは私たちと学生のための
ゲームチェンジャーです」と
スナイダー氏は言いました。




パットナム郡のコミッショナーの
ジョン・ラブ氏は、
郡がより制限的な法律から免除する権利を
得ることを望んで、
郡は「傍観して待っている」と述べた。




「おそらく1ヶ月は開発者なしでは
私にこの状況を尋ねることはない」とラブ氏は語った。

「私は地元の主導権の考えが大好きです。」




下院法案190はまた、
2010年に作成されたメガワットの固定税率を
さらに5年間延長します。

風力産業は、個人所有の財産税を払う代わりに、
それをサポートしています。



最近Amazonがオハイオ州中部に
11億ドルの施設を建設する計画を発表したことで、
オハイオ州は、
再生可能エネルギーで動力を得たいと考えている
エネルギー集約型データセンターのための
潜在的ホットスポットとなったと
再生可能エネルギーを専門とする
ディキンソン・ライトの弁護士の
テレンス・オドンネル氏は語った。





マンロー氏によると、
地方のヴァン・ウェート郡は、
主要メーカーや
データセンターを求める能力を備えている。




そうすることは
「我々がこれらの会社を誘おうとして、
ヴァン・ウェート郡に競争力と引き金を与えます」と、
彼女は言いました。




個別の問題はあるものの、
厳しいセットバック規則は
オハイオ州の総会で可決され、
オハイオ州の2年間の電力会社の
再生可能エネルギー義務の凍結と並行して
ジョン・カシッチ知事によって
法律に署名されました。


オハイオ州は、電力会社に
再生可能エネルギーへの投資を要求していた
規則を取り消す最初の州となった。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=============================
下院法案 483の概要
=============================


■House Bill 483‐Summary
下院法案 483‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-483





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-13 : ・オハイオ州:下院法案483/下院法案190 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR