騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<ミステリアス・ハム:レズリービル・ハム>オンタリオ州:住民はレズリービル・ハムに騒然とする…それは工業的なハム(ブーンという低い持続音)です。それは私には発電機のように聞こえます…ロビン・ブルゴーヌ(住民)  |オンタリオ州/画像:レズリービル・ハムの発生源を調査すること…レズリービル・ハムは大きな変圧器や大きなスイッチヤードのような電気的ノイズは60ヘルツと129ヘルツでピークとなり、かなり容易に特定できる…コリン・ノヴァク博士  // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<ミステリアス・ハム:レズリービル・ハム>




2016年1月6日




オンタリオ州
◇Neighbours a-buzz over The Leslieville Hum
住民はレズリービル・ハムに騒然とする

(insidetoronto.com|2016年1月6日)
http://www.insidetoronto.com/news-story/6221222-neighbours-a-buzz-over-the-leslieville-hum/



By Joanna Lavoie、Beach Mirror



地域居住者は、低周波音のもとを捜します




画像:

Photo/COURTESY

クイーンストリートのレズリービル BIAベンチ。
レズリービルの住民の多くは
その
レズリービル・ハムと呼ばれている
近所の持続的なハミング・サウンドに
苦情を訴えています。


==================================



不可解な、脈動するハミング・サウンドは、
イーストエンドの住民の一部を悩ませている。



「レズリービル・ハム」と呼ばれる未確認の音は、
低周波の工業的
または電気的なノイズのタイプといえます。




そして、それがどこから来たのか
誰も分からないようです。




何人かの隣人は何ヶ月も
ハム(ブーンという低い持続音)を聞いています;
その他
- リバーデール在住のマイケル・Jursic氏のように
- 何年も聞いてきました。



それはちょうど4年です。
私が最初にその騒音に気づいたのは、
ガス会社が2011年に
新しいラインを導入したときです」

Carlawとリヴァーデール通りの近くに
15年間住んでいたJursic氏は言った。



「(音)は絶対に言い表せません。
それは聴覚の閾値以下です。
遠く離れたディーゼルエンジンのように聞こえます。」



Jursic氏は、
彼が実際は感じることができるものと
述べた騒音は、
彼の生活の質に大きな影響を与えていると語った。




「私は泣いていました。
私は眠ることができなかったし、
働くこともできなかった」と話した。




Jursic氏は
深い音が彼の聴覚、
特に高周波音を妨げていると彼は言った。




「何かが25ヘルツ以下の騒音である
超低周波不可聴音を引き起こしています。


象はこの種の音を作り、
シロナガスクジラもまた
同様に通信すると思われています。」と言った
Jursic氏は
夏の間はあまり音が聞こえないと話しました。




「私はその話題について多くの研究をしました。」



自宅で働く
ジェラード・グリーンウッドの居住者の
ロビン・ブルゴーヌ氏も、
ハム(ブーンという低い持続音)を聞いていて、
夕方にはもっと目立つと言いました。



「私は、実は少し現在
それを聞くことができます」と、
彼女は最近の電話インタビューの間に
言いました。



「それは工業的なハム(ブーンという低い持続音)です。
それは私には発電機のように聞こえます。」と
ブルゴーヌ氏は言った。


彼女は約1年間その騒音を聞いていると語った。



「私はまだ働いて、夜は眠ることができますが
都市ストレスの度を深めます。」



クイーン・ストリート・イーストと
コックスウェル・アベニューの近くに住み、
自宅で仕事をしている
10年間、エースとエンドに住んでいる
リー・エルドマン氏もまた、
1年ほど前に
「不気味な低周波のハム
(ブーンという低い持続音)」を聞き始めました。




「音源を見つけようと家を捜しました」と、
「神経に障る」音と呼んだ
エルドマン氏は語った。




彼女は、自分がおかしくなったのか
本当に地域社会の問題であったのかと
疑問に思って
エルドマン氏は最近、
地域の他の人が同じことを
経験しているかどうかを知るために
ソーシャルメディアをし始めました。




コックスウェル氏が
クイーンストリート・イーストの近くにある
カール・アベニューの
大雑把に仕切られた地域に住んでいる多くの隣人は、
彼らの話を分かち合うために
「私はレズリーギリアン」の
Facebookのグループの投稿で
仲間入りした彼らの話を分かち合いました。





コメントした人の中には、
夜間により多くの騒音を聞いた人もいれば、
屋外でも音がはっきりしていると
言う人もいます。




それは耳鳴りのような
ある種の病状になるかどうか疑問に思います:

5人のおよそ1人に影響を及ぼす騒音または耳鳴。



ブルゴーヌ氏のように、
エルドマン氏は、夜間に、
そして通常は家の中だけで
遍在する騒音をより多く聞く傾向があると
言いますが、
低周波騒音を遮っている
ラッシュアワー騒音のおかげだと言います。




「ある夜はそれをまったく聞くことはできません;
それは永遠に続く数夜 」と彼女は言った。


「意味や理由がないようだが、
私はそれを把握しようとしています。」



昨年遅く、
エルドマン氏はこの問題について
ビーチ-イースト・ヨーク市議会議員の
メアリーマーガレット・マクマホン氏の
事務所に電子メールを送った。

Ward 32代理のスタッフは、
311番に連絡してレポートを提出し、
その後、
彼女にフォローアップすると答えました。




「私は実際には何も知りません
(この騒音について)
同市の公共事業とインフラ委員会
(Public Works and Infrastructure Committee)に
位置するマクマホン氏は今週始めに言いました。
そして、彼女のオフィスがそれについて
本当に多くを聞いていないと述べた。




「それは面白い。
それは間違いなく興味深いことです。
そして、それについてより多くを聞くなら
私はコミュニティと分かち合います。」




Ward 30トロントダンフォースの議員
ポーラ・フレッチャー氏は、
ハミングする音を知っていて、
同僚のように、どう判断するか
あまりよく分かっていないと言いました。




「それは奇妙だがまだ謎です。」と
彼女は言いました。
ハムの音源である可能性があることを
推測したくありません。



「ポイントを突き止めるのは簡単だとは思いません。

これは不明です。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------------------



<音と健康:レズリービル・ハム>




2016年1月7日




オンタリオ州/画像
◇Exploring the origin of The Leslieville Hum
レズリービル・ハムの発生源を調査すること

(insidetoronto.com|2016年1月7日)
http://www.insidetoronto.com/news-story/6223291-exploring-the-origin-of-the-leslieville-hum/



高度に工業化されたポートランド区域は、
低周波騒音の音源となる可能性がある





Beach Mirror
By Joanna Lavoie




画像:

トロントポートランド

File photo

同市の東端にある880エーカーの
トロントのポートランドのおよそ715エーカーは、
ドン川からの洪水の危険があり、
適切に洪水から保護されるまでは開発できないと
推定されています。


==================================



いわゆる「レズリービル・ハム」の発生源を
突き止めようとすると、
非常に興味をそそる課題になることがあります。



低周波の工業的または電気的なタイプの音として
説明されている問題の未確認の騒音は、
コクスウェルがクイーンストリートイースト周辺の
Carlaw Avenueに大まかに区分けされた地域に
住む人々によって聞かれました 。



一部の地域の住民は、
約1年間不思議で脈動的な騒音を聞いていると
報告しており、
他の住民は4年以上長い間聞いていると
報告している。


一部の地域居住者は、
およそ1年(4年間の、または、より長くさえ他)の間
不可解な、脈動騒音を聞くと報告しました。





誰もそれがどこから来たのか、
どのように止めることができるのかは分かりません。





ウィンザーの機械・自動車・材料工学科教授である
コリン・ノヴァク博士は、
insidetoronto.comに掲載された最近の記事から
レズリービル・ハムについて聞いているだけだが、
その原因は近くの産業用途に関連している
可能性が高いと考えている。


「(トロント)ウォーターフロント沿いには
多くの産業がある」と水曜日の午後に述べた。





大学院生のチームと共に、
ノバク氏 - 騒音振動と心理音響学の専門家:

知覚と音と音質の科学
- 2010年頃から数千人ではないにしても、
ウィンザーの住民の生活の質に影響を与えた
同様の低周波のハム音源を調べ、
手助けすることに深く関わっていました。





トロントのビリー・ビショップ空港での
音量の監視にも携わっているノバク氏は、
「音が存在し、空中であることを確認できた。





音響ビームフォーミング技術を使用して、
ノバク氏と彼のチームはウィンザーの音を
「撮影」することに成功し、
ミシガン州リージュルージュのツーク島にある
米国のスチール工場の特殊炉の
特殊プロセスの一部として起きた可能性が高いと
結論づけることができました 。





トロントのイーストエンドには、
同じ手順の多くが当てはまると述べた。




ノバク氏は、レズリービル・ハムの
起源を見つけることは、
それが実際に存在すると
判断することから始めると述べた。




「まず、スペクトラムアナライザを使って
測定する必要があります。」





「周波数スペクトラムは、
音源の可能性を狭めるようにするだろう」





レズリービル・ハムは、
大きな変圧器や
大きなスイッチヤードのような電気的ノイズは、
60ヘルツと129ヘルツでピークとなり、
かなり容易に特定できると述べています。





ハムの音源が地下から来たと考えられるならば、
地震のエネルギーを測定する装置を使って、
地面の下または上からの音の速度を
決定することができると彼は語った。





最新情報については、
www.insidetoronto.comをご覧ください。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html








2017-01-11 : ミステリアス・ハム(不可解な低周波騒音) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
更新日:2017年1月12日 | New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました| 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法 «  ホーム  » <14-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>14-コロラド州:風力タービンと野生動物  | 論文:Barotrauma(気圧外傷)は、風力タービンでのコウモリの死の重要な原因です…カルガリー大学 エリン・F・バールワルド 他 |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR