騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<14-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>14-コロラド州:風力タービンと野生動物  | 論文:Barotrauma(気圧外傷)は、風力タービンでのコウモリの死の重要な原因です…カルガリー大学 エリン・F・バールワルド 他 |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<14-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>



2016年7月7日




14-コロラド州
◇Wind turbines and wildlife
風力タービンと野生動物

(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.13(問題番号2016年7月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/02/wind-turbines-and-wildlife/



リンジー・ハリソン



アンマリー・マクラフリン氏は、
2015年10月より前に
コロラド州カルハンにある36エーカーの敷地が
プレーリードッグで満ちていたと言いました。

しかし、ゴールデン・ウエスト・
ウィンド・エナジー・センターが
昨年10月に全面的に稼動したときに
その全てが変わりました。




カルハンにある
ゴールデン・ウエスト・ウィンド・エナジー・センターは、
145 453フィートの高さの
工業用風力タービンと
29マイルの地上送電線で構成されています
- すべてネクステラ・エナジー・リソーシズ
(NextEra Energy Resources)が所有しています。




マクラフリン氏は、
「このあたりでプレーリードッグは、
非常に豊富でした。」と言いました。

「おそらく私たちの資産に200匹いたでしょう。
彼らがタービンをオンにしたとき、
翌朝、
プレーリー・ドッグは完全に消えてしまった。」





さらに、マクラフリン氏によると、
彼女と彼女の家族が愛していた
コヨーテやオオカミがなくなったという。

この地域には捕食者はいないと彼女は言った。





その代わりに彼女の資産には
現在ワタオウサギとジャックラビットが
はびこっていると、マクラフリン氏は言いました。

「私はここの小さな生態系で
何が起こったのか見てきました。
そして一晩で、すべてが変わりました」と
彼女は言った。





野生動物の擁護者のための
ロッキーとプレーンズの
プログラムコーディネーターである
スティーブ・フォレスト氏は、
30年前からプレーリー・ドッグを研究しており、
コロラド東部での出入りは
共通しており、
多くの場合ペストが原因だと言います。


いつでも変動する一定レベルの
ペストがあります;

そして、しばらくして、
コロニーを一掃する大流行があると、
彼は言いました。




最近では、コロラド州バカ郡で、
2015年春の早い時期に
疫病の大規模な集団発生がありましたが、
フォレスト氏によると、
発生はどこでも起こる可能性があります。

それが起こると、リス、マウス、ラット、
およびプレーリー・ドッグのような
様々な種のげっ歯類が著しく影響を受けると
彼は述べた。




「そのような疫病の発生が起こると、
これらのげっ歯類は非常に感受性が高く
次々と死んでしまうのですが、
ウサギやコヨーテのような他の種は
それをうまく扱います。」とフォレスト氏は言った。

雨の多い春が起きたことが加わって
東部の平原は、
結局最後には
ウサギのための理想的な餌や隠れ場所となる
背の高い草や雑草になったと、彼は言った。

プレーリー・ドッグが去ったために
ウサギが入ってきた可能性が高いと彼は言った。




フォレスト氏は、
「プレーリー・ドッグが去ったために、
アナフクロウが去りました」と話した。

フクロウが
プレーリードッグを捕食しているので、
それは驚くべきことではないと彼は言った。

コヨーテが去ったのは
プレーリードッグが去ったためだけでなく、
タービンや送電線の建設や
メンテナンスに関連した
人為活動が増加した可能性が高いと
フォレストは言いました。




風力発電所そのものは、
おそらくプレーリードッグのコロニーを
完全に失う原因ではないと彼は言った。

プレーリードッグはかなり丈夫で、
騒音や風車の開発の活動に
ひどく悩まされることはないと彼は言った。




フォレスト氏は、
再生可能エネルギーと野生生物への影響を
研究するグループを持っていますが、
キジオライチョウのような危険にさらされた種に
もっと広く焦点を当てているため、
プレーリー・ドッグやコヨーテのような動物への
風力タービンの影響については研究していません。

さらに、カルハンの前述の動物パターンに
似ている苦情は知らないと述べた。





プレーリー・ドッグが
風車の影響を直接受けるかどうかは不明ですが、
研究によって
他の種が影響を受けていることが示されています。


2009年の北米鳥類保全イニシアチブ報告書
「鳥の状態(The State of the Birds)」によれば
提案された風力エネルギーの開発と
様々な種の集団が重なり始めているので
生物学的に重要な影響の可能性は
依然として紛らわしい。


「エネルギー開発は、
生息地の喪失、生息地の質の低下、
直接的な死亡率および混乱を含む
北米の鳥類に重大な悪影響を及ぼしている」と
報告書は述べている。





そして、
エリン・F・バールワルド、
ジェヌビエーブH. D'Amours、
ブランドンJ.クルーグと
ロバートM.バークレイによる
2008年に「Current Biology」誌に
掲載された論文※おとしん:注)
によると、
気圧外傷は、
肺のような内部の空気を含む構造物に対する
組織損傷であり、
急激な圧力変化
または過度の圧力変化によって引き起こされます。




以下は、この論文で引用されています:




「減圧の仮説は、
動くタービンブレード近くの
急速な空気減少によって引き起こされる
気圧外傷によって
コウモリが殺されると提唱します。


気圧外傷は、風力エネルギー施設で発見された
高い割合のコウモリの死因であると
我々はここに最初の証拠を報告します。



我々は、コウモリの死亡数の90%が、
気圧外傷と一致した内部出血を伴い、
タービンブレードとの直接接触は
死亡数の約半分しか占めていないことを発見しました。」






マクラフリン氏は、
めまいの発作や腫れたリンパ節を含めて、
タービン以外の何ものにも属さないという
肉体的な影響を感じていると語った。


「私は、このため引っ越しを深刻に考えています。」と
彼女は語った。

「これがこのような生態系に影響を与えた場合、
それは私たちにどんな影響を及ぼしていますか?」





======================================

※ おとしん:注)

エリン・F・バールワルド、
ジェヌビエーブH. D'Amours、
ブランドンJ.クルーグと
ロバートM.バークレイによる
2008年に「Current Biology」誌に
掲載された論文


======================================

<論文-超低周波不可聴音>

2008年8月26日

■Barotrauma is a significant cause of bat fatalities at wind turbines
Barotrauma(気圧外傷)は、風力タービンでのコウモリの死の重要な原因です

(Current Biology Volume 18, Issue 16, pR695–R696|2008年8月26日)
http://www.cell.com/current-biology/abstract/
S0960-9822(08)00751-3?_returnURL=http%3A%2F%2
Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS0960982208007513%3Fshowall%3Dtrue


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4385.html


「Current Biology」

Volume 18, Issue 16, pR695–R696, 26 August 2008



Erin F. Baerwald
emailPress enter key to Email the author,
Genevieve H. D'Amours, Brandon J. Klug,
Robert M.R. Barclay

Department of Biological Sciences,
University of Calgary, Calgary, AB Canada T2N 1N4

Open Archive

DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.cub.2008.06.029


----------------------------


「Current Biology」

第18巻、第16号、pR695-R696、2008年8月26日


エリン・F・バールワルド
emailPressキーを入力して著者に電子メールを送る、
ジェヌビエーブH. D'Amours、ブランドンJ.クルーグ
ロバートM.バークレイ


生物学科、
カルガリー大学、カルガリー、ABカナダT2N 1N4

オープン・アーカイブ

DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.cub.2008.06.029


=========================
要約
=========================


世界中のいくつかの風力エネルギー施設での
鳥の死亡事故は
数十年にわたり文書化されているが、
そのような施設での打撃死亡件数
- 主に秋の移動中に移動する種を含む
- 比較的最近になって増加している[1,2]。


エコーを採るコウモリが動く物体を
静止した物体よりも良好に検出することを考えると、
それらの比較的高い死亡率は複雑であり、
多数の説明が提案されている[1]。


減圧の仮説は、
動翼の近くで急速な空気圧低下によって
引き起こされる気圧外傷によって
コウモリが殺されることを提案している[1,4,5]。


圧負荷は、急速または過度の圧力変化によって
引き起こされる空気含有構造体への組織損傷を伴う。


肺の気圧外傷は、
呼気によって適応されていない
肺の空気の膨張による肺の損傷である。


気圧外傷が、
風力エネルギー施設で発見された
高い割合のコウモリの死因であると
我々はここに最初の証拠を報告します。


私たちは、コウモリの死亡数の90%が
気圧外傷と一致する内部出血を伴い、
タービンブレードとの直接接触は
死亡数の約半分しか占めていないことを発見した。


タービンブレードでの
空気圧の変化は検出できない危険性があり、
高いコウモリの死亡率を説明するのに役立ちます。


コウモリの死亡数よりも
鳥の数が少ない理由の1つは、
鳥類の独特な呼吸器の解剖学的構造が
哺乳動物のものよりも
気圧変動の影響を受けにくいことである。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------
関連記事
-----------------

<1-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月2日

1-コロラド州/動画ニュース
◇Wind farm lawsuit dismissed
風力発電所の訴訟は却下されます

(KKTV | 2015年9月2日)
http://www.kktv.com/home/headlines/Wind-Farm-Lawsuit-Dismissed-324032841.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html?sp

エルパソ郡政委員に対する訴訟は終わりました。
それは水曜日に却下されました。


元はといえば 、近隣住民は
送電線は地下になるだろうと言われました。


多くの議論、および公聴会の後、
郡政委員は、説明で、
地上にそれらを設置するという
ネクストラ社に許可することを同意しました。


3月に、数人の他の隣人は、
「エルパソ郡財産権連合」として、
彼らが変化を承認することによって
権力を濫用したと言って
郡政委員に対する訴訟を起こしました。

水曜日に、その訴訟は却下されました。


---------------------------

<2-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月

ぜひ!⇒
2-コロラド州
◇Wind farm and health issues
風力発電所と健康問題

(ニューファルコンヘラルド | Volume No. 12, Issue No. 9 | 2015年9月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=09&PrintDay=05&Year=2015
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/05/wind-farm-and-health-issues/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html?sp

リンジー・ハリソン


8月26日エルパソ郡のプレスリリースによると、
カルハンにおける
ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ社の
風力発電プロジェクトでの建設が
完成に近づいています。

「風力タービン・タワーをサポートする
全部で145のコンクリートの基礎が、
今、完成しました …

そして、電気工事が完了しないままで
承認された145代のタービンのうち
120台は今、完全に建設されています。」


プレスリリースには
電気工事が終了するまで、
タービンは機能しませんが
風で動くことができると述べています、
それはまた、タービンはすでに
風力発電所の設置エリアに住んでいる
住民の健康への懸念を引き起こしています。


匿名を希望する1人の居住者は、
彼女が、頭痛とともに、吐き気がし始めたので、
タービンが動いていたということを
すぐにわかったと言いました。

「私は北に100台のタービン、
西に25台、
南西に20台のタービンを持っています。」と
彼女は言いました。

「風が北から吹いてきたとき、
私は、めまいや吐き気を感じ目が覚めました。」


彼女はまた
彼女の動物の様子がおかしかったと述べました。

「私のロバと馬は厩に戻りたがり続けた」と
彼女は言いました。

「彼らは、一日中納屋を出たがりませんでした。」


コロラド州ボールダーの居住者で
音響の調査者で
アメリカ音響学会のメンバーの
ロバート・ランドは、
頭痛と吐き気の原因が
風力タービンに直接関連があると言いました。

それは、超低周波不可聴音と
低い周波数ノイズに関係があると、彼は言いました。


2月20日にhttp://wiseenergy.orgで発表された
音響エンジニアの
リチャード・ジェイムズによって
書かれた論文によると、
「超低周波不可聴音は
我々が聞くのに慣れている高周波音と同様に
低い音響エネルギー、音圧です。

超低周波不可聴音が異なるのは
それが遠雷、
または最大のパイプオルガン・トーンの
深い低音の響きの下、
音響周波数スペクトルの
最下端にあるということです。


「超低周波数のトーンの周波数が
より低い周波数へ移るにつれて:

5Hz、2Hz、1Hzとより低くなると、
音は別々の圧力脈動として知覚されやすいです…。

中、高周波数音とは異なり、
超低周波不可聴音(インフラサウンド)は、
一般の建築材料によってブロックされません。

このように、それは、
多くの場合、
家の外よりも
静かな住宅内部で問題になります。」


ランドは、別々の圧力脈動は
「ドーン、ドーン、ドーン」のようであると
言いました、
窓を下げた車に乗っているとき、
人々は時々経験します。

「私は、より多くの研究を行うための
根拠を提供することができる
人間生理学に関する論争に提供できる
音響的現象を測定しようとしてきました。」と
ランドは言いました。


「私の音響の仕事は、
実際に設計していて、計画していました。

それが私に起こったので
それら(風力タービン)が
人々に何をするかについてわかっているので、
私はより多くの医学研究を必要としません。」


2月4日に
アメリカ音響学会誌に受け入れられた論文によると、
身体は、内耳に
例えば、音響圧力パルスのような
外力を受ける場合

- しかし、その圧力に関連付ける視覚的な
インプットはありません

- 感覚の混乱が生じます。

その不調和は、乗り物酔いのように感じられ、
それは船酔いと同程度に感じられます。


風力エネルギー産業は
人口のおよそ3分の1が
これらの圧力脈動が誘発する
乗り物酔いの影響に
基本的に免疫があるので、
一つには、この現象が存在しないと
何十年も主張してきたと、ランドは言いました。

同様に、人口の約3分の1が
乗り物酔いに容易になりやすいように思われると
彼は言いました。

「これに影響を受けない約3分の1は、
それを決して理解せず、
あなたが何について話しているのか
知ることができません」と、ランドは言いました。


アレック・ソルト博士によって書かれた
2011年3月2日
『Bulletin of Science, Technology & Society 』に
掲載された論文によると:

「風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は
高レベルの可聴音と同様に
有害になりそうにありません。」


しかし、ソルトはまた
その多くのレポートは、
「一般的に慢性的な睡眠障害を含む
あり余る程の症状で
風力タービンの近くに住む個人は
病気になると、強く示唆しています。

風力タービンによって生じる
インフラサウンドのレベルが、
聞こえるにはあまりにも低レベルであるという理由で
このようなレポートが
却下されているという事実は
既知の耳の生理学を
全く無視するように思われます。」と述べています。


▼Dirty electricity concerns
汚い電気の懸念


彼女の家からおよそ1マイルに位置する場所に
風力タービンをもつCalhanの住民
レベッカ・リーバスは、
考慮する他の重大な健康懸念があると言いました。

「私の夫は2007年に心臓切開手術を受け、
僧帽弁を交換しました」と彼女は言いました。

「それは現在、金属弁です、
彼は金属探知器またはどんなものも
通過することはできません。」

リバスは言いました、
夫の心臓専門医は、
風力タービンに近い彼らの居住地に留まることは
彼の人生でロシアンルーレットをプレイするようだと
彼に告げました。


理由は、風力タービンは、
音波や圧力波だけでなく
電磁波も発するからですと、リバスは言いました。


『 Bulletin of Science, Technology & Society 』
2011年9月30日に
オンラインで発表された論文によると、
「電磁波は、電気の
風力エネルギーの変換によって生成されます。

この変換は悪い電力品質につながる
高周波数過渡電流と高調波を生成します… .

また、汚れた電気として知られている
劣った電力の質に関与する高周波過渡変動は、
ワイヤーに沿って流れて、
高感度電子機器に損害を与えて、
人間と動物の健康に悪影響を与えます。」


リーバスは、電磁波が彼女の夫に
心房細動へもたらすことができると
助言されたと言いました。

米国心臓協会によると、
AFibは、血液凝固、脳卒中、心不全
および他の心臓関連の合併症を
引き起こすことができる
静止時振戦または不整脈です。


「夫の心電図がフラットになって
(彼の心停止)
彼の鼓動を復調させようとする医師を
私は5回、見てきました。」とリバスは言いました。

「私の夫の命が危なくなっているので、
私は発言しなければなりません。」


▼Brown County, Wisconsin
ブラウン郡、ウィスコンシン

ウィスコンシン州ブラウン郡の住民もまた、
デュークエナジー社が所有する
シャーリー風力発電所が建設中だったときに
発言することを決めました。


バーバラ・バンデン・ブーガート、
『責任ある風力エネルギーのための
ブラウン郡市民』の副代表は、
風力タービンの危険性について
ウィスコンシン州ブラウン郡保健委員会の前で
ケースを提示する
SCREWの他のメンバーと協力しました。


バンデン・ブーガートは、
プレゼンテーションは、以下を含む
証拠のいろいろな部分を含むと言いました:

健康や産業用風力タービンに関する21の査読論文;

資産価値に関する風力タービンの影響の分析;

風力発電所の近くの住民からの個人的な話;

そして、タービンから放射された
超低周波不可聴音や低周波ノイズが検出された
シャーリー風力発電所の近くの家で行われた)研究。


10月14日のブラウン郡保健委員会の
議事録によると、
委員会は、ウィスコンシン州ブラウン郡
グレンモアの町の
シャーリー風力プロジェクトの
産業用風力タービンは、
潜在的に人間の健康に有害な
超低周波不可聴音/低周波騒音と
ヒトの健康に有害な可能性のある
他の放射にさらされているすべての人々
(居住者、労働者、訪問客と敏感な通行人)にとって
ヒトの健康に有害なもの
(ヒューマン・ヘルス・ハザード)だと宣言することを
4-0の票差で決めました。


「彼ら(デューク・エナジー社)は、
私たちの地区だけで6台と、
我々の町と2つの他の隣接したものの範囲内で
100台のタービンを設置する予定になっていました」と、
バンデン・ブーガートは言いました。

「我々はそうすることができたあらゆる方法で
激しく、速く、そして、大きく戦いました、
そして、風力発電所を閉鎖することに成功しました。」


「風力発電所は、人々を病気にしています、
そして、風力エネルギー産業は、
1979年以降それを知っていました。

彼らは、何十年も知っていました、
そして、人々に通知する代わりに、
彼らは注意を聞き取れる騒音に変えていました。

この業界は不潔で、汚くて、不正で、
人々に対して故意に犯罪を犯しています。」


エルパソ郡財産権連合のメンバー、
ローラ・ウィルソンは、
バンデン・ブーガートは、
BCCRが自分の保健委員会に提示した
すべての情報を私たちと共有したと言いました;

そして、8月26日に、
ウィルソンと他の心配する11人の住民は
エルパソ郡公衆衛生委員会の会議に出席しました。


「私は彼らにすべての情報を与えて、
彼らに私が知っていたすべてを話しました、
そして、彼らは総じて冷淡に私を見ました。」と
ウィルソンは言いました。

「我々全員が証言する間、
彼らはなんと昼食を取っていました。」


ニューファルコンヘラルド5月号の
「Wind farm goes to roads」の記事によると
2月5日の会合でBOCCは、
「それが(ゴールデンウエスト風力発電所)
プロジェクトを承認したときに
その管轄を超えた」ことを理由に、
EPCPRCは
郡政委員および
ネクストエラ社のエルパソ郡委員会に対する
訴訟を保留中にします。


審問日はまだ設定されていません。

係争中の訴訟のため、
EPC公衆衛生は、NFHのインタビューを拒否しました。


ネクストエラ社プロジェクト・マネージャ
デイビッド・ギルもまた、
インタビューを断ったが、
ブラウン郡保健委員会の宣言について、
この文を使用して
NFH(ニューファルコンヘラルド)にメールを送ってきました:

「私は、宣言を知りません。」


2月5日のBOCC会議で
ネクストエラ社の代わりに証言した
クリス・オルソンもまた、
インタビューを拒否しました、
しかし、彼は次のように述べたメールを
送ってきました、
彼は「休暇中でした」


Intrinsik社のウェブサイトによると、
Intrinsik社戦略開発担当副社長のオルソンは、
はエネルギー・セクターに関連した
環境保健問題の権威者と考えられていて、
危険コミュニケーション・サポートを
風力タービン・プロジェクトに提供しました。

オルソンは、カナダ王立軍事大学で
環境科学の博士号を持っています。


ウィルソンは、
財産権連合が、係争中の訴訟で
弁護士の料金を払うために
より多くの資金を集めることを希望していると
言いました;

彼女と他の連合メンバーは、戦い続けるつもりです。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------------

<3-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月9日

3-コロラド州
◇Complaint against wind farm dismissed
風力発電所に対する苦情は却下された

(The Colorado Springs Independent|2015年9月9日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/complaint-against-calhan-wind-farm-dismissed/Content?oid=3331336

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3883.html?sp


長年にわたって挑戦の集中砲火に耐えた後に、
カルハン地域の風力発電所は、
年末までにたぶん運用しています。


多くの場合、
それは苦闘する経済にとっての利益と呼びました。


その他の人には、景観の損失から、
ノイズに、健康影響、
資産価値の低下まですべてを恐れていました。


訴訟は先週、
すべての当事者の合意で却下され、
すべての当事者は、
自身の訴訟費用を支払いました。


郡スポークスマン・デイブ・ローズは
その決定は、
風力発電所への法的な異議を終了すると言いますが、
一部の隣人は苦情を提出し続けます。


---------------------------

<4-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

4-コロラド州
◇El Paso County wind farm vandalized, Sheriff’s Office says
エルパソ郡の風力発電所は恋に破壊されたと、保安官事務所は述べています

(コロラド・スプリングスガゼット|2015年10月29日)
http://gazette.com/el-paso-county-wind-farm-vandalized-sheriffs-office-says/article/1562194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp


------------------------

<5-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

5-コロラド州
◇Shooting at windmills
風車を撃つこと

(The Colorado Springs Independent|2015年10月29日)
http://www.csindy.com/IndyBlog/archives/2015/10/29/shooting-at-windmills

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp


------------------------

<6-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月30日

6-コロラド州
◇Calhan residents looking for answers following damaged wind turbine
損害を受けた風力タービンの後、答えを探しているカルハンの居住者

(krdo.com|2015年10月30日)
http://www.krdo.com/news/calhan-residents-looking-for-answers-following-damaged-wind-turbine/36171182

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html?sp

------------------------

<7-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年11月4日

ぜひ!⇒
7-コロラド/ニュース動画
◇El Paso County to study infrasound levels near wind farm
エルパソ郡は、風力発電所の近くで超低周波不可聴音レベルを研究します

(KOAA5 |2015年11月4日)
http://www.koaa.com/story/30429286/el-paso-county-to-study-infrasound-levels-near-wind-farm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html?sp

「保安官事務所は、
超低周波不可聴音を測定する機器を持っていません、
それは、通常の測定とは違った種類です。」と、
彼女は言いました。


それで、レースンは、
議員が器材を得るために
風力会社とともに動いている
そして、科学者は、
カルハンのあちこちで
超低周波不可聴音レベルを
測定する必要があると言いました。



「同社は、その器材の支払いを
するかもしれません」と、レースンは言いました。


「研究は、独立しています、
そして、本当に私たちに
超低周波不可聴音についての事実を
与えていることを我々は確認したいです、
そして、そう、
どんなにその器材が得られても、
我々は入念に見ているつもりです。」


しかし、研究のどんな一部であっても
会社が支払いをするというアイデアは、
郡政委員会の会議で、
一部の居住者にとって納得し難いものでした。



------------------------

<8-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年3月3日

ぜひ!⇒8-コロラド州
◇Wind farm and property values: continued
風力発電所と資産価値:継続する

(ニューファルコンヘラルド | ボリュームNo.13,Issue No.3|2016年3月3日)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=03&PrintDay=05&Year=2016
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/05/wind-farm-and-property-values-continued/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html?sp


2月16日、エルパソ郡査定者の
スティーブ・スクリエカーは、
カルハンの
ゴールデンウエスト風力発電所プロジェクトの近くで、
家と不動産販売で集めたデータに関して、
レポートをエルパソ郡の郡政委員会に提出しました。


------------------------

<9-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月

ぜひ!!⇒
9-コロラド州
◇Shadow flicker adds to wind farm health issues
シャドーフリッカーは、風力発電所の健康問題を増加させる

(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 12, Issue No.4 |2016年4月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11207

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html?sp

コロラド州カルハンの
ゴールデン・ウェスト・風力エネルギーセンターは、
145台の高さ453フィートの
産業風力タービンから成って、
2015年10月に完全に稼動中になりました。

それ以来、風力発電プロジェクトの
騒音範囲内に住んでいる住民は、
タービンからの身体的
および心理的影響を報告しています。

2015年9月発行の
『ニューファルコン・ヘラルド』によると
問題は、フラフラして吐き気がすると
感じることから
汚い電気の可能性に対する懸念、
電磁波が心房細動または
不整脈を引き起こすことにわたります。

2011年9月30日に
『 Bulletin of Science, Technology & Society』の
オンラインで発表される記事によると、
風力タービンの近くに住む人口の特定の部分は
病気の症状を経験します。

「その症状は、おそらく
騒音、超低周波不可聴音(インフラサウンド)、
汚い電気、接地電流とシャドーフリッカーの
組み合わせによって引き起こされます。」と
記事は述べています。


------------------------

<10-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年の過去記事から:
風力開発が承認されるまでの経緯

2015年1月21日

10-コロラド州
◇In Peyton and Falcon, anger over changes to an energy project is blowing in the wind
ペイトンとファルコンで、エネルギープロジェクトの変更についての怒りは風に吹かれています

(コロラド・スプリングス・インデペンデント | 2015年1月21日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/
in-peyton-and-falcon-anger-over-changes-to-an-energy-project-is-blowing-in-the-wind/
Content?oid=2991188

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html?sp

ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ、
国で最大の風力発電事業は、
デンバーとコロラドに多くを提供している会社
エクセルエナジーの電気を生成するために
250メガワットの風力発電所は承認されました。

十数人の住民は、
道路の損傷に野生生物への影響に、
騒音から妨げられる景観まで
すべての懸念を上げ、
それが承認された郡の会議で
プロジェクトに対して語りました。


------------------------

<11-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月17日

ぜひ!⇒
11-コロラド州/動画
◇Some neighbors claim El Paso County wind farm is making them sick
何人かの隣人は、エルパソ郡風力発電所が彼らを病気にしていると主張します

(コロラド・スプリングスガゼット | 2016年4月17日)
http://gazette.com/some-neighbors-claim-el-paso-county-wind-farm-is-making-them-sick/article/1574322

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4028.html


▼カルハンの懸念

風力発電所からの負の影響の
ネクストエラ社を非難するエルパソ郡の住民は、
タービンの、
インフラサウンドとして知られている
聞こえない低周波音波で
彼らは頭痛、吐き気やめまいにかかりました
そして、風車の近くで発生する現象は
シャドウフリッカーと呼びました。

カルハン事務所の保安官代理もまた、
卵を産まない鶏、
逃げる犬と少なくとも1匹の馬の死を
居住者がタービンのせいにすると言いました。

議員のレイ・ゲルハルトは、
人々が
井戸水が地下配線から通電を受ける可能性があり、
その地下水が枯渇し、
危険な陥没穴につながるのを恐れてると言いました。

それらの懸念と
危殆化された資産価値の恐れは、
昨年、郡に対する
却下された訴訟につながりました。


------------------------

<12-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年5月5日

ぜひ!⇒
12-コロラド州
◇Wind turbines = animal deaths and deformities?
風力タービン=動物の死と欠陥?


(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 13, Issue No. 5, 16年5月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/05/07/wind-turbines-animal-deaths-and-deformities/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3977.html


145台の高さ453フィートの
産業風力タービンから成る
コロラド州カルハンの
ゴールデンウエスト風力エネルギー・センターは
2015年10月から完全に稼働中でした。

風力発電プロジェクトの
影響が及ぶ範囲内に住んでいる住民は、
タービンからの身体的および心理的悪影響を
報告していました。

その懸念は今
タービンが、地域の動物にもたらす
疑わしい影響に変わりました。


※ 453フィート = 138.0744 メートル


2015年9月発行の
『ニューファルコン・ヘラルド』の問題によると、
人間に対する影響は、
電磁波が不整脈または心房細動を引き起こすために、
そして、
汚れた電気による
めまいと吐き気の可能性に対する懸念にわたります。

家畜もまた、
世界的な報告に基づく重大な危険にあります

2014年6月7日に
『ネイチャー』のウェブサイトの
世界会議で発表された記事によると、
1,600フィート未満離れて
4台の産業風力タービンが設置された後、
1,600匹のミンクの子が早産だったとき、
デンマークのミンク飼育場は
大きな打撃を被りました。

「多くはは異常な状態でした、
そして、ほとんどは出産時に
すでに死亡していていました」と、
記事にあります。

眼球の欠如が、最も一般的な異常でした。

獣医師は、可能性のある原因として
食品やウイルスを除外しました。

昨年から農場で異なる唯一のものは
わずか328メートル離れての
4台の風力タービンの設置でした。」

----------------------

<13-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

ぜひ!⇒
13-コロラド州
◇Wind farm: another stillborn foal
風力発電所:もう一つの死産の子馬
(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.12(発行番号2016年7月7日))
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11447

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4228.html

風力発電所の範囲内に住んでいた
一人の女性は、
彼女の馬が死産の子馬を生んだと言いました。

獣医師は、
馬の早産と死の原因を特定できませんでした。

マクラフリンは、これまで雌馬は
9ヵ月で流産したことはなかったと言いました;
それらは、6ヵ月で一般的に流産します。

さらに、この特定の牝馬は、
合併症なしで、
過去6年間に妊娠が成功したことがあったと
彼女は言いました。

「馬の典型的妊娠期間は、11ヵ月です」と、
彼女は言いました。

「9ヵ月に赤ちゃんを失うことは、全くまれです。」

彼女の馬の全部の出産シーズンは
珍しいとされている、しかし、と
マクラフリンは言いました。

雌馬は、出産する準備をした
典型的な兆候を全く与えませんでした。

死産の子馬が、完全に作られました;
嚢が破裂することはありませんでしたし、
赤ちゃんが時間通りに健康に
産まれてくるはずだったすべての兆候の
胎盤は明るい赤だったと、彼女は言いました。

「何かがその妊娠を終わらせました。」と
マクラフリン氏は述べています。

この出産シーズンと最後の
唯一の違いは、
風力発電所が稼働しているということであると
彼女は言いました。


「私は、6年の間この資産で暮らしました、
そして、私はこれまでのわたしの人生で
死産の子馬または若駒を
持ったことはありませんでした。」と、
彼女は言いました。

「彼らがタービンを設置し、
それらを稼働した後、
このようになった最初のものでした。
タービンは我々の全生態系を変えました。」

----------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-10 : ぜひ⇒コロラド州:エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR