騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

≪30、31-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫30-アイルランド:『我々は、裏庭に風力タービンが欲しくありません』…あなたの裏庭に高さ600フィート(182m)の構造物があると想像してください |ぜひ⇒31-アイルランド/画像:コミュニティは、風力タービンのパワーバトルに勝つために立ち向かう…企業は 同意を得て住宅から500m に設置できるが、適切な協議を怠ると後退距離が1kmになる可能性|ワロニア事件における欧州司法裁判所判決…戦略的環境評価の実施を要求~風力に関するすべてのステークホルダーとのパブリックコンサルテーションを必要とする |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 | New⇒論文:1~3 米国:風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して……A特性は、人間の聴覚の感度に応じてdB の測定値を補正します。これは、低周波騒音と超低周波不可聴音が除外されて「測定」されることになるので200 HZ未満の周波数のために使用すべきではありません…ウィレム・ポスト |電磁波過敏症/日本人の3.0~4.6%に症状…早稲田大応用脳科学研究所の研究グループ |New→エコキュートなど低周波音の健康被害で国を提訴「規制を怠った責任がある」 | エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン |youtube: 風力タービンからのインフラサウンドの重大な危険性についての発表…医学博士ヨハネス・メイヤー | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ)










≪30-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫




2016年11月17日





30-アイルランド
◇‘We don’t want wind turbines in our back yard’
『我々は、裏庭に風力タービンが欲しくありません』

(オファリー・インディペンデント | 2016年11月17日)
http://www.offalyindependent.ie/news/roundup/articles/2016/11/17/
4130288-we-dont-want-wind-turbines-in-our-back-yard/




Cloncreenの住宅所有者は、
彼と彼の隣人が170mの風力タービンを
"彼らの裏庭に建てる"という見通しについて
心配していると言います。





先月、Bord na Monaは、
Bord PleanalaにCloncreen Bogで
22の別々の
170m風力管を開発する許可を申請しました。


準国家機関は、
風力発電所のレイアウトは、
政府の草案風力エネルギーガイドライン
セットバックと騒音の設定を参考にして
作成されたと述べています。


また、
タービンは家屋から700mより近くに建てられない、
そして、「村のコア」から2km以上近くに
タービンは存在しないとしている。





Bord na Monaによると、
同社のウェブサイトでは、
建設フェーズでは120人が雇用され、
風力発電所が建設されると
6〜8の長期的かつ質の高い技術的仕事を
支援すると述べている。

また、地元のコミュニティは、
開発から得られる料金収入の恩恵を受けると
述べています。





風力発電所が前進するなら、
Cloncreenの住人ポール・ケリーは、
自宅は最寄りのタービンから703m離れていると言います。





『オファリー・インディペンデント』との話しで
彼と彼の隣人は、
風力発電所が彼らの生活に与える影響を
心配していると語った。






「それらについてはあまり知らないとはいえ
誰もが健康への影響を心配しています。

それはまた、圧倒的なサイズです。

600フィートの高さより少し小さい。

それらは絶対的に大規模な構造です。

私の家に一番近いものは703mです、
そして、182の家が1.7km以内にあります。」


※ 600フィート = 182.88 メートル 



「あなたの裏庭に高さ600フィートの構造物があると
想像してください。

それは景観を完全に破壊するでしょう。

視覚的な影響は大きいでしょう。

彼らは、ミッドランドを
アイルランドの風の首都にしたいと思っていますが、
それは地元住民にとってまったく不公平です。」

※ 600フィート = 182.88 メートル





最近設立された
『Cloncreen反風力発電所
コミュニティ・エンゲージメントグループ』の
メンバーであるケリー氏は、
彼と彼の隣人はBord na Monaによって設立された
コミュニティフォーラムに参加していたが、
ますます失望して不満を募らせたと言いました。






「誰も私たちの懸念に耳を傾けませんでした。

私たちは基本的に1年間無視されました。

私は20年前に自分の土地を買って家を建てました。

私は60種類の条件に従わなければなりませんでしたが、
今誰かが来て、
後の裏庭にタービンを建てています。






『オファリー・インディペンデント』は
Bord na Monaに連絡したが、
執筆時点では返事はありませんでした。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------



≪31-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫




2016年11月27日





31-アイルランド/画像
◇Communities set to win power battle over wind turbines
コミュニティは、風力タービンのパワーバトルに勝つために立ち向かう

(サンデー・タイムズ | 2016年11月27日)
http://www.thetimes.co.uk/edition/ireland/communities-set-to-win-power-battle-over-wind-turbines-q97vh9b98




スティーブン・オブライエン、, political editor




画像:

ほとんどのコミュニティは、
風力発電施設の立地について強い意見を持っています

LEAH FARRELL/ROLLINGNEWS.IE


=========================




地元のコミュニティと協議していない
風力発電所の開発者は、
エネルギー大臣のデニス・ナッテンによって
考案された新しい計画の下で、
家から最大1kmにタービンを建設することを
余儀なくされる可能性があります。





ナッテン大臣は、
住宅と計画の大臣であるサイモン・カブニーと
風力発電の規制を見直しており、
風力エネルギー会社が
その開発の近くに住む住民と交流することを
望んでいます。



有意義な方法で関与する企業は
同意を得て、住宅から500m近いところに
タービンを設置することができます、
しかし、適切な協議を怠ると
後退距離が倍になる可能性があります。






広報担当者は、
「大臣は、利益の提供と
実際の地域社会の関与を望んでいる」と述べた。

利益には、風力発電所の株式、
またはコミュニティのための他の形の報酬が
含まれます。

「彼は、シャドーフリッカーの除去と
世界で最も現代的な健全な規制の導入を
望んでいる」と彼女は言った。





ナッテン氏,カブニー氏と彼らの当局は、
しかしながら
コミュニティ協議の要件が
開発に関して
少数派の利益に拒否権を与えないことを
確実にすることを切望しています。

両大臣は、今年末までに
新しい風力エネルギーガイドラインを
作成することを目的として、
クリスマス前に
内閣に共同メモを持参する予定です。





「最近、ベルギーのワロニアで
訴訟事件が起きました。
これは、彼らが発効する前に規制に関する協議を
さらに進めなければならないことを意味している」と
ナッテン氏の広報担当者は語った。


「私たちの焦点は、地域社会を保護する
公正なバランスを得ようとすることにあります。」






閣僚は、労働党の前任者である
アレックス・ホワイトやアラン・ケリーよりも
風力タービンの後退距離の問題に
合意することに
かなり近いと考えられています。





2014年から2016年にかけて行われた
ホワイト・エネルギー大臣は、
500メートルの後退距離を支持すると報告され、
一方、環境大臣であるケリーは1.5キロを望んでいた。






政府は、アイルランドで発電される
電力の40%が2020年までに
再生可能エネルギー源から供給されることを
確実にすることを約束している。

しかし、既存の電力網のインフラには、
風力発電のさらなる量を処理する前に、
拡張と近代化が必要です。





ワロニア事件における欧州司法裁判所判決※は、
新しい規則の影響について
戦略的環境評価を実施することを要求しており、
このプロセスは風力エネルギー部門の
すべてのステークホルダーとの
パブリックコンサルテーションを
必要とすることを含みます。





このプロセスは、新しい業界標準の採用に
さらに6〜9カ月を追加する可能性があります、
しかし、閣議後、
パブリックコンサルテーションを
開始するための指針案が公表される予定です。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





==============================



※ ワロニア事件における欧州司法裁判所判決



<風車と裁判/EC司法裁判所~EC指令2001/42/EC>


2016年10月27日


ぜひ!⇒
ベルギー, ヨーロッパ, プレス・リリース
◇Important ruling from the European Court of Justice
EC司法裁判所からの重要な判決

(Friends against wind|2016年10月27日)
http://en.friends-against-wind.org/justice/important-ecj-ruling

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4286.html




Patrice d’Oultremont, Vent de Raison (ワロン、ベルギー)





欧州指令2001/48/CEによって
適切に一般市民に知らせて
問題についての意見を求めずに
ワロン政府(ワロン、ベルギー)は
ワロン地域における風力発電所の配備を
かなり容易にすることを目的とする
『norme sectorielle(業界標準)』をつくって、
それを不当に行ったという判決を
2016年10月27日に
EC司法裁判所(ECJ)は出しました。






欧州議会の指令2001/42/ECの、
そして、特定の計画と
プログラムの環境に対する影響の評価に関する
2001年6月27日の会議の
第2(a)条および第3条(2)(a)は
このような問題になっている議事のように
行政の同意が
そのような設備の設置と運用のために
付与されたときに
遵守しなければならない
風力タービンの設置上のさまざまな規定を含む
主要な手続きにおいて
その指令の意味の範囲内で
調整命令が『計画とプログラム』の概念の範囲内に
入ることを意味する
監督上の命令の意味として
解釈されなければなりません。






ECJの判決は、加盟国全土で
すべての同様の法規にすぐに適用可能で
これは、
陸上風力発電所に反対する人のための大成功です。






追加情報については、
ECJのウェブサイトにアクセスしてください
そして、『case C-290/15』を探します
(d’Oultremont et al. vs Walloon Government):

http://curia.europa.eu/juris/liste.jsf?num=C-290/15






ECJの判決の重要性を考慮すると、
皆さん一人一人が自分の国に
できるだけ広く情報を伝えることが
適切かもしれません。
(フランスとオランダ政府と欧州委員会は、
市民の原告に対して
ワロン政府に加わっていたことに注意してください)





よろしく




Patrice d’Oultremont
Vent de Raison (Wallonia, Belgium)

http://www.ventderaison.com/






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






----------------------
  関連記事
----------------------


≪1-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

ぜひ!⇒
1-アイルランド
◇Doctors call for reduction in turbine noise
医師はタービンノイズの低減を求める

(Irish Examiner | March 12, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/
doctors-call-for-reductionin-turbine-noise-317947.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

By Conall Ó Fátharta, Irish Examiner Reporter

優れた医師は、風力タービンの
騒音レベルを低減することを政府に求めている

- 世界保健機関(WHO)のガイドラインが
推奨する4倍であると、彼らは主張した。


アイルランドの医師環境協会もまた、
500メートルのセットバック距離は十分ではない、
それは少なくとも
1500メートルに増加させる必要があると述べました
[1.5kmは、ほぼ1mi]。


クイーンズ大学のアラン·エバンス客員研究教授と
ウォーターフォード地域病院教授で
リード臨床コンサルタントのグラハム·ロバーツ氏は
現在の騒音レベルと、
家から風力タービンまでの距離の両方に
懸念を表明しました。


環境大臣アラン·ケリーは現在、
風力エネルギー計画のガイドラインを見直していて、
公衆衛生の利益のために
綿密に検査されるべきその両方の問題を
グループに要求しています。


その関連付けは、
WHOによって推奨されているように
30デシベルの最大騒音レベルの導入と
そして、暮らしている家からのセットバックの距離を
現在の500メートルから
少なくとも1500メートルに呼びかけています。


エヴァンス教授は、
アイルランドの風力タービンの建設は
「人間の居住地に
あまりにも近くで認可されている」と述べました。


「その、衝動的な侵入的で、侵入的で、
時には絶え間ない性質のため
風力タービンによって発生する騒音が
特に睡眠を妨げそうである。」と彼は言いました。

「若者と高齢者は特に危険にさらされています。
睡眠不足である子供たちは肥満になりそうです。
そして、それは成人期に
彼らの糖尿病と心臓病の素因になります。
記憶は、睡眠中に補強されるので
彼らはまた、学習障害も示します。」

エヴァンス教授は、睡眠不足の成人は
特に、心臓発作、心不全と脳卒中、
そして、認知機能障害および精神的な問題の
疾病の範囲の危険にさらされていると、言いました。


クイーンズの公衆衛生のためのセンターに所属する
エヴァンス教授は、
政府は、国民に向けて注意義務を行使し、
リスボン条約に謳われている
「予防原則」を行使すべきであると述べました。


「発達する国際的なコンセンサスに基づき、
それは、少なくとも1500mまで
タービンのセットバックを上げることによって、
これを達成することができます。」と、
エヴァンス教授は言いました。

2013年12月に、環境省は、声明において、
2006年の風力エネルギー開発ガイドラインの
騒音、セットバックの距離と
シャドウフリッカーの側面について
草案の改訂を発表したと言いました。

これらの案の改訂を提案:

•今後の風力エネルギー開発のための
より厳格な40デシベルの昼夜騒音リミットの設定。

•アメニティの考慮のために、
風力タービンと最寄りの住居の間に500メートルの必須の最小後退距離。

•風力タービンと近隣の住居の間のシャドーフリッカーの完全な排除。

公開協議プロセスは、
ガイドラインの改正案について開始され
2014年2月21日まで実行されました。
部門は、この期間中に
市民団体やメンバーから7500の提出物を受けました。

この事に関して、アカウントは
「最終的なガイドラインを作る際に
公開協議への広範囲な応答をする必要があります。」と
部門は、声明の中で述べました。

「しかしながら、
2006年風力エネルギー開発ガイドラインの改訂は、
近い将来に完成され、
その法案に提起された
多くの問題に対処することは部門の意図するものです。」

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

-----------------------

ぜひ!⇒
2-アイルランド/画像
◇War on power stations: Stop blight of pylons and turbines from ruining the countryside
発電所との戦い: 鉄塔とタービンの荒廃から田園地方を滅ぼすのを止めてください

(アイリッシュ・ミラー | 19 March 2015)
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/
war-power-stations-stop-blight-5360788

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

今日、『アイリッシュ・ミラー』は、
巨大な高圧線用鉄塔と
風力タービンの荒廃から
私たちの田園地帯を保存するための
キャンペーンを開始します。

-----------------

3-アイルランド
◇Moratorium on new wind farms passed
新しい風力発電所の一時停止は、通過しました

(Waterford News & Star | May 20, 2015)
http://www.waterford-news.ie/2015/05/20/147152/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3205.html
-------------------------

4-アイルランド
◇Proposal to keep wind turbines 700m from homes
家から700mで風力タービンを維持するという提案

(Irish Examiner | May 25, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/
proposal-to-keep-wind-turbines-700m-from-homes-332644.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3205.html

---------------------------

ぜひ!⇒
5-オピニオン、アイルランド/画像
◇There’s a definite change in the air when it comes to the location of wind farms
風力発電所の場所に関しては、空中の明確な変化があります

(Irish Independent | 28/05/2015)
http://www.independent.ie/opinion/comment/theres-a-definite-change-
in-the-air-when-it-comes-to-the-location-of-wind-farms-31258754.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3206.html

---------------------

6-アイルランド/画像
◇Put giant turbines further from homes – TDs
家からより遠くに巨大なタービンを置く – TDs

(Irish Independent | 29/05/2015 )
http://www.independent.ie/irish-news/politics/
put-giant-turbines-further-from-homes-tds-31262612.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3215.html

--------------------------

7-アイルランド
◇Windfarm guidelines ‘blocked’ claim Laois awareness group
風力発電所のガイドラインは、ラオイズの啓発グループの要求を「ブロックしました」
(Express | 14 July 2015 )
http://www.leinsterexpress.ie/news/local-news/
windfarm-guidelines-blocked-claim-laois-awareness-group-1-6848577

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3236.html

--------------------------

8-アイルランド
◇‘Compelling public issues’ over turbine」
タービンに関する「強制的な公共の問題」
(Irish Examiner | July 23, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/compelling-public-issues-over-turbine-344012.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3295.html

-----------------------

9-アイルランド
◇More wind turbines would be ‘madness’, says energy expert
より多くの風力タービンは、『狂気』であると、エネルギーの専門家は言います
(The Irish Times | Jul 22, 2015)
http://www.irishtimes.com/news/politics/
more-wind-turbines-would-be-madness-says-energy-expert-1.2294038

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3295.html

Elaine Edwards

アンソニー・ホワイト博士は、
アイルランドが間違った方法で
再生可能エネルギーの目標を
達成しようとしていると言います

2020年までに
アイルランドの電気の40パーセントを
更新可能エネルギー源から生み出す目標を
達成することは、
国中で、あと200の風力発電所を必要とすると、
エネルギー・スペシャリストの
アンソニー・ホワイト博士は言いました。

コンサルティングBWエネルギーの責任者、
ホワイト博士は、
アイルランドのまわりで、
より多くの風力タービンを造ることは
「狂気」であると、
MacGillサマースクールで話しました。

------------------------

10-アイルランド
◇‘I won’t let my dream of life in the unspoilt Irish countryside be destroyed’: Dad’s pledge against pylons
「私は自然のままのアイルランドの田舎での生活の私の夢を破壊させません':鉄塔に対するお父さんの誓約
(Irish Mirror | 29 June 2015 )
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/i-wont-dream-life-unspoilt-5965651

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3536.html

------------------------
≪11-①アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年8月4日

ぜひ!⇒
11-①アイルランド/画像
◇Jockey Paul Carberry: Wind farms will put our lives in danger
ジョッキー・ポール・カーベリー: 風力発電所は、我々の命を危険な状態にします
(アイリッシュ・ミラー | 4 August 2015 )
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/jockey-paul-carberry-wind-farms-6186522

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3537.html

チャンピオン・ジョッキーの
ポールCarberryは、
彼の厩舎のそばの
巨大な風力発電所の計画が
ライダーにとって
危険を意味する方法だと警告しました。

「馬は危険のための自然なレーダーを持っており、
捕食者に常に目を光らせています。

彼らのビジョンへの突然の影は、
彼らを警戒させます、」

エレメントパワーという会社は、
彼がトレーニング中の
120頭以上の素晴らしい馬を持っている
ノエルの厩舎の近くに
3つのクラスタの€€2億4000万の開発で
46台の巨大なタービンを構築したいと考えています。

--------------------------

≪11-②アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年7月18日

11-②アイルランド/画像
◇Top horse racing trainer Noel Meade warns wind turbines will kill a horse or a jockey
最高の競馬トレーナー・ノエル・ミードは、風力タービンが馬またはジョッキーを殺すと警告します
(アイリッシュミラー | 18 July 2015)
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/top-horse-racing-trainer-noel-6088762

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3539.html

アイルランドの最高のホース・トレーナーの1人は、
風力発電所と発電鉄塔から田園地方を救うための
『アイリッシュ・デーリー・ミラー』の
キャンペーンに加わりました。

彼は警告しました:

「ジョッキーは、これらの巨大なタービンで
殺される可能性があります。
169メートル - それらの高さを見てください。
これらのいまわしいもの大きさ。」

「馬は簡単に怖がります、
ジョッキーとともに飛び出せば、
どんなに優れた騎手であっても、
全能の神は彼を停止させられません。」

------------------------

12-プレスリリース、アイルランド
◇Raheenlea windfarm: local residents slam zero communication
Raheenlea風力発電所: 地元の居住者は、コミュニケーション・ゼロをたたきつける
(Ballycoog Area Residents Group)
https://www.wind-watch.org/news/2015/08/26/
raheenlea-windfarm-local-residents-slam-zero-communication/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3540.html

地域住民チャーリーカバナーは
インフラサウンドと地面振動が
世界中の風力タービン開発の
有名な結果であると知られていて、
そして自閉症またはてんかんの問題が
悪影響を受ける個人について、
多くの十分に実証例があることを
指摘しました。

計画プロセスの一部として
コミュニティの個人の健康の状態の
ベースライン調査が行われたかどうか、
または、生徒に、
そのような問題があったかどうか確認するために
地元の学校とともに
コンタクトがなされたかどうか尋ねられたとき、
ギャラガーさんは
どちらの仕事も引き受けられなかったと言いました。

彼はまだそのような研究を行うために、
プロジェクトの運用段階の開始までの
時間があることを認めました、
そして、それを行うことができるかどうかを
確認すると約束しました。

------------------------
ぜひ!⇒
13-アイルランド
◇Wind protest at ploughing
耕作で風力の抗議
(Leinster Express | 18 September 2015)
http://www.leinsterexpress.ie/news/local-news/wind-protest-at-ploughing-1-6957728

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3540.html

「最も長い協議期間は、
これまでにできるだけ多くの
風力の申請が通じるのを
許可するようになっていました(現在27ヵ月)」と
『ピ-プル・オーバー・ウィンド』は主張します。

グループは、1年前、
アラン・ケリー環境担当大臣に、
彼らの懸念を置きました。

「彼は、この4月に
再びガイドラインは
数週間以内に公開されることを約束しました。
企業の議会工作の後に、
彼らが失速したことについて確実な情報があります。」と、
フィングルトンさんは言いました。

------------------------

14-アイルランド
◇New wind farm guidelines ‘imminent’
「差し迫った」新しい風力発電ガイドライン
(RTÉ News | 20 September 2015)
http://www.rte.ie/news/2015/0920/729100-windfarms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3542.html

------------------------
ぜひ!⇒
15-アイルランド/画像
◇No wind turbines within 600 metres of homes as Cabinet clash over proposals
内閣は提案と衝突して住居から600メートル以内に風力タービンはありません
(アイリッシュインディペンデント | 22/09/2015)
http://www.independent.ie/irish-news/
no-wind-turbines-within-600-metres-of-homes-as-cabinet-clash-over-proposals-31547415.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3544.html

新しい規則は、どんな個人の住居からでも
タービンのために600メートルの
いわゆる『セットバック距離』を強います

– そしてそれは
現在のガイドラインで述べられている
500mから増加です。

ケリー氏とコフィー氏は、
地方自治体に
後退距離に対して責任を与えることを
受け入れると思われます。

------------------------

16-アイルランド/画像
◇Locals facing eviction after losing windfarm appeal
風力発電所の訴えを失った後に立ち退きに直面している地方住民
(Irish Examiner | September 23, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/locals-facing-eviction-after-losing-windfarm-appeal-355324.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3545.html

------------------------
ぜひ!⇒
17-オピニオン、アイルランド/画像
◇Families forced to move out of homes due to industrial monster wind turbines
一家は、産業用モンスター風力タービンのために家から出て行くことを強制されます
(アイリッシュ・ミラー | 2015年10月9日)
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/health-news/families-forced-move-out-homes-6598685

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3546.html

巨大なタービンは、それらの近くに住む人々が
眠ることができないほど大きな音を立てます。

この低い周波数ノイズへの長引く曝露は、
不眠症、頭痛、鼻血、不安といった
正常に機能するための
一般的なことができないことを引き起こします。


子供たちは、特に弱いです。

自分の家から1.6キロ
タービンが建設された直後に、
1つのCo コルクの一家は、
朝食時に眠りに落ちる自分の子供に気づきました。


これはすぐに深刻な頭痛と鼻血で
病院に殺到することになりました。

この一家は、彼らの家から
引っ越しすることを余儀なくされました。


ありがたいことに、一度安全な距離を離れて、
彼らは最終的に完全に健康に戻りました。

風力の開発者は責任を否定して、
法的措置に直面しています。

アラン・ケリーは環境大臣です、
そして、適当なガイドラインが
我々を保護するために実施されていることを
確認することは彼の部門の職務です。

しかし、風力発電産業は残酷なビジネスであり、
問題を無視するように政府を強制しています。

労働相アレックス・ホワイトは、
確かに助けていません。

国中の家族が家を出なければならないほど
病気になっている
この恐ろしい状況を防ぐのを助ける
どんな案でも、
彼らが効果的に妨害したように、
彼はガイドラインを発表しないために
風力産業によってかなり働きかけられました。


しかし、反対派は、現実的代案として
石炭からバイオエネルギーへ、
Coクレアの
『Moneypoint発電所』を改造するという
完全にコストを見積もられて評価された計画を指さします。

これが行われた場合は、
風力発電所からの電力を運ぶために
田園地方を田園地方を通って
曲がりくねってそびえる鉄塔に
アップグレードする
大規模な送電網の必要はないでしょう。

あなたの次のESB法案を見て、
PSOの賦課金を参照してください
- それのほとんどが風力の開発者のためのものです。

Moneypointを変換することは、
すべてのタービンや鉄塔のための
政府の計画原価の10分の1で行うことができます。

信じられないことに
ホワイト氏は、
彼らもこの代替を見たことがないと認めています。


彼らの家から引っ越さなければならない
家族の悲劇の他に、
我々全員は、
莫大な電気価格を払わなければなりません。


「自然で、きれいな」イメージはその程度
– それは広報指導者によって大量生産される
マーケティング・スローガンであることがわかります。

何のために?

経済に無利益、環境に無利益、
普通の働く人々に無利益なのは間違いないです。



この政府が、これらの風力発電所と鉄塔を
国の隅々にもたらしている
行進の恐怖に、停止を命じる時が来ました。

私たちの風景に繰り広げられている戦争を
停止するときです。

それが起こるまで、どこにも安全はありません。

------------------------

≪18-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年10月17日

18-アイルランド
◇Government to call in expert as ministers row over turbines
政府は、タービンを巡る閣僚の騒動で専門家を呼び出します
(Irish Independent | 17/10/2015)
http://www.independent.ie/irish-news/news/
government-to-call-in-expert-as-ministers-row-over-turbines-34116905.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3547.html

------------------------

≪19-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年10月28日

19-アイルランド
◇Turbines whipping up a storm as TDs begin to feel force of ‘rural power’
下院議員が『地方のパワー』の力を感じ始めて、嵐をかき立てているタービン
(Irish Independent | 28/10/2015)
http://www.independent.ie/irish-news/news/
turbines-whipping-up-a-storm-as-tds-begin-to-feel-force-of-rural-power-34147996.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3549.html


多くのデータがありました、
しかし、その部屋の注意を
本当にひいたのは
ドロシーとマイケル・キーンの話でした。

彼らは、2004年に理想の家へ引っ越しました。

「それは美しい丘に面していました、
私たちの横には古代のリング砦がありました。」と
ドロシーは言いました。

彼らは、タービンを建設する計画の
許可があったことは知っていました、
「しかし、最悪なのは、
我々が一生の残りの間
それらを見なければならないということが
起きるだろうと、その程度に思っていました。」

しかし、タービンが2011年に造られたあと、
「それらが回転を始めるとすぐに、
我々は騒音の大きい問題を抱えていると
理解しました」。

キーン家は、彼らが眠ること、
集中と低いエネルギー準位に関する問題が
生じたことに気がつきました、
そして、両方とも「耳と胸の圧力」を
経験しました。



最終的に2013年1月に、
彼らは、医療の助けを求めました。

「医師が我々に与えることができた
唯一のアドバイスは
我々の家を出て、
自分でその問題から距離を取ることでした。

彼はメイヨー出身でした、
そして、風力発電所の
騒音に起因する問題を知っていたと
言いました。

「我々は打ちのめされました。」


その年の残りを最後まで頑張って
更なる医師の診断を求めた後に、
彼らは2013年12月に引っ越して行きました。


------------------------
20-アイルランド
◇1,000m wind farm distance sought
1,000mの風力発電所の距離が求められます
(Bray People | 07/11/2015)
http://www.independent.ie/regionals/braypeople/news/1000m-wind-farm-distance-sought-34166490.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3550.html


風力発電所は、
住居から少なくとも千メートル
離れなければならないという提案が
市議シェイカレンによって提出された後に、
『草案ウィックロー郡開発計画2016-2022
イン・ウィックロー郡チェンバーズ』に関する
議論の中のホットな話題でした。


「私たちは、都会に近くに
商業的な風力タービンを配置することを
検討することはありません、
しかし、私たちは地方の家の近くに
進んでそれらを置いています、
そして、私に関する限り、
これは受け入れがたいです。


風力タービンについて
深刻な健康上の懸念があること、
これは、メディアで最近
文書で十分に裏付けられています。」


市議パット・ケネディは提案を支持して、
1,000メートルが『現実的な距離』であると
言いました。

------------------------
21-アイルランド
◇Environment Minister admits ‘tension’ within government over wind turbine plans
環境大臣は風力タービン計画について政府内での「緊張」を認めている
(アイリッシュ・インディペンデント | 2015年12月3日)
http://www.independent.ie/irish-news/politics/
environment-minister-admits-tension-within-government-over-wind-turbine-plans-34257133.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4334.html

ダブリン-RathdownのためのTDの
ホワイト氏は、
より多くの陸上風力タービンの開発が
強く支持されなければならないことを
強く主張しています。

労働党TDは、
過度に厳格な計画ガイドラインは、
アイルランドが
EUの再生可能エネルギー目標を喪失し、
巨額の罰金を科せられると警告している。

風力タービンの問題は、木曜日にダイルで
「指導者の質問」を支配し、
激しい口論につながった。

------------------------

22-アイルランド/画像
◇Kelly’s plans will end wind farms, warns Labour colleague White
ケリーの計画は風力発電所を終了させると、ホワイトは労働党の同僚に警告
(アイリッシュ・インディペンデント | 2016年2月2日)
http://www.independent.ie/irish-news/election-2016/rightcol/
kellys-plans-will-end-wind-farms-warns-labour-colleague-white-34415608.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4334.html

内閣と党の同僚の
アレックス・ホワイトによると、
アラン・ケリー氏の
風力タービンと町と村間の距離を伸ばす計画は、
「陸上風力の終了」をもたらすだろう。

------------------------

23-アイルランド
◇White bids to end row with Kelly on turbines
タービンに関するケリーとの口論を終えるためのホワイト氏の試み
(businesspost.ie|2016年2月7日)
https://www.businesspost.ie/politics/white-bids-to-end-row-with-kelly-on-turbines-302649

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4334.html

------------------------

24-アイルランド
◇Council on collision course with government over wind farm guidelines
風力発電のガイドラインについての政府との衝突過程に関する議会
(ウェストミーズ・エグザミナー | 2016年5月24日)
http://www.westmeathexaminer.ie/news/roundup/articles/2016/05/24/4120272-/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html


環境大臣、サイモン・カブニーは
今週、風力発電のガイドラインに関する
郡の開発計画の改正について
ウェストミーズ議会に厳しい警告を出しました。

このバリエーションでは、
風力エネルギー開発の外で
30dbの夜間騒音制限が必要です。

これは、夜間の騒音制限が43dbの
現在の2006年のガイドラインに反するものです。

------------------------

25-アイルランド
◇Westmeath council set to challenge Coveney directive on wind turbines
風力タービンのカブニーの指令に挑戦する準備をするウェストミーズ議会
(アイリッシュタイムズ|2016年6月14日)
https://www.irishtimes.com/news/social-affairs/
westmeath-council-set-to-challenge-coveney-directive-on-wind-turbines-1.2683492

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html

------------------------

≪26-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年6月18日

ぜひ!⇒
26-手紙、アイルランド
◇Wind turbines need to be a minimum of 2km from houses
風力タービンは家から最低2km必要です

(サザン・スター|2016年6月18日)
http://www.southernstar.ie/news/roundup/articles/2016/06/18/
4121742-letter-wind-turbines-need--to-be-a-minimum-of--2km-from-houses/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html


風力タービン騒音の危険からの
アイルランドの地方居住者の公衆衛生の保護は、
長い時代遅れの
風力エネルギー開発ガイドライン2006に該当します;

1996年9月に
英国貿易産業省が発行したETSU-R-97
「風力発電所からの騒音の評価とアセスメント」に
基づいている。


アイルランドのガイドラインが
発行されてから10年が経過しています。
風力タービンのサイズは急激に増加しており、
その間に低周波騒音と超低周波音の
公衆衛生上の危険性に関する
国際的な知識は十分に研究され、
査読され、公表されている。

未知は、もはや信用できません。


2013年12月に、住宅、環境と地方自治省は、
パブリック・コンサルテーションのために
人々の家から500mの後退距離を保証する
ガイドラインの「目標変更」を提案した。

彼らは7,300件の提出物を受け取りましたが、
そのほとんどは
その距離は完全に不十分であり、
国際的なベストプラクティスよりも
はるかに少ないと指摘しました。


当時の政府は、問題を先送りにして
2年以上何もしなかった。

国民の不安は、6ヶ月以内に
改訂された風力開発ガイドラインを
公表することを新政権に強いました。

大臣は、5月に、
「ガイドラインの改訂は、
公的協議プロセスと
最善の国際慣行により通知される」と確認した。


しかし、2013年11月に提出された
提案書を告知した「最善の国際慣行」は、
それ以来ずっと
大きく強力な技術に追い越されました;

今日の条件では、
500メートルは悲惨なほど不十分で、
将来的に公衆衛生上の問題につながることが
保証されています。


ドイツでは、バイエルン州憲法裁判所は、
2014年以降実施されている
先端までの高さの10倍の
州のセットバックルールを支持し、
ポーランド国立公衆衛生研究所は
最低2kmのセットバックを推奨しています。


アイルランドの再生可能エネルギー行動計画は、
すでに欧州委員会と
アイルランドで受け入れられている発見である
UNECEによる
適切なパブリック・コンサルテーションが
不十分であることが判明している。

大臣の意図は次のとおりです。
「私の部署は、
通信、エネルギー、天然資源省と協力して
ガイドラインの作業を進めていきます。」


大臣が今回のガイドラインの作業を進める
唯一の方法は
欧州諸国が実施する
国際的なベストプラクティスを反映した
新鮮なガイドラインを直ちに発行することであり、
公衆が公正かつ透明な方法で
その問題が処理されたという自信を
得ることができるように
パブリック・コンサルテーションを繰り返し、
施行する法律を制定することです。


独立したメンバーの
大きな偶発事態を抱えている
新しいアイルランド政府は、
今や、本当にその地方の市民の
健康利益を心に持っていることを
透過的に示す機会があります。

あるいは、閉鎖された扉の中の
過去と同じ、
『相変わらずの』考え方の政治に
戻ることができます。

結果はまだわかりません。


敬具

Nigel de Haas,
ナイジェル・デ・ハース、

Inchincurka,
Dunmanway.


------------------------

27-アイルランド
◇Wind turbine setback distance up for review
風力タービンの後退距離の検討が議題になる

(Indo Farming | 2016年7月12日)
http://www.independent.ie/business/farming/
wind-turbine-setback-distance-up-for-review-34873989.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html


住宅からの
風力タービンの後退距離に関する
継続的な紛争は、
仲裁へ行くことになっていると、
今週確認されました。

訴訟は、全国的に後退距離を標準化する
最後の政府による試みに対して、
無所属のドニゴール議員
ジョン・キャンベルによってとられました。

ドニゴール郡議会が
風力タービンを住宅の1km以内に
建てることはできないと規定した。
郡の開発計画のガイドラインを導入する努力を
環境省が却下した後、
キャンベル氏は法廷訴訟を起こしました。

この判決は、6月21日に高等裁判所で審理されたが、
聴聞会が始まる前に和解しました。
両者は独立検査官の判決を待つことに同意した。

カブニー大臣の代わりに出された声明では、
風力タービンの後退距離に関する
国家計画ガイドラインが
依然として適用されていると主張している。


無所属のTD
ロスコモンのマイケル・フィッツモーリス氏は
この事件は
「議員のために読む価値がある」と述べ、
それぞれの地方自治体や議会で
後退距離を規制する権限を持つことができると
述べました。

「私は、政府が住宅から1キロ離れた距離に
同意することができると確信している」と
彼は言いました。

しかし、アイリッシュ風力エネルギー協会
(IWEA)のブレンダン・Heneghanは、
風力タービンの後退距離に関する
現在のガイドラインが引き続き有効であり、
最良の国際慣行を満たしていると主張した。

------------------------

28-アイルランド
◇Sinn Fein TD introduces Bill to regulate wind turbines
シンフェイン党 TD、風力タービンを規制する法案を発表

(ラインスター・エクスプレス | 2016年7月20日)
http://www.leinsterexpress.ie/news/home/211589/
sinn-fein-td-introduces-bill-to-regulate-wind-turbines.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4338.html

地域社会の共同所有に関する規定


通信、エネルギー、天然資源の
シンフェイン党スポークスマン、
ブライアンスタンレーTDは
今日(7月20日)
風力タービンを規制する法案を発表しました。
風力タービン規制法案2016。


------------------------

≪29-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年11月3日

29-アイルランド/画像
◇750m wind turbine setback mooted
750mの風力タービンのセットバックが議題にのぼる

(ラインスター・リーダー | 2016年11月3日)
http://www.leinsterleader.ie/news/home/222359/750m-wind-turbine-setback-mooted.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4338.html


キルデアのアンチ風力発電所の運動家は、
政府が
新しい風力エネルギーガイドラインで
現在の距離よりわずか250mほど多い
家から750mのタービンの後退距離を
明らかにすると考えています。

「これは法外で、
地方のアイルランドの居住者に対する侮辱です」と、
KEAGのスポークスマン
シーラ・オブライエンは断言しました。

「我々は環境大臣に
開発者と一緒に走るのではなく、
アイルランドの農民の立場に立って、
ポーランドと南部ドイツのバイエルンを含む
他の国々で行われたように、
はるかに大きなセットバックを与えるように
頼んでいます。」


------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!⇒
<1~3 論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
騒音、規則
◇1/3 ~3/3  On Wind Turbine Noise and Air Pressure Pulses
1/3~3/3   風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して

(The Energy Collective|2012年5月7日)
http://www.theenergycollective.com/willem-post/84293/wind-turbine-noise-and-air-pressure-pulses

■おとしん機械翻訳
1/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4182.html
2/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4183.html
3/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4184.html

================
一部抜粋:
================

例えば、21台の風力タービンは、
いろいろな音を発します:

– ナセルの機械騒音

– 最高200mphで空気を切るように進む
 ブレードの後縁騒音(「ブレード・シュッ」)

– 流入乱気流のためのブレードからの
 不規則な、低周波騒音(LFN)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)

– ブレード・タワー通過周波数での
 LFN(低周波騒音)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)とその倍音。


米国政府1987風力タービンの騒音調査:

米国政府は1987年以来、
風力タービンからの超低周波音や
低周波ノイズの健康への悪影響については
知られていました。

それは、研究を依頼するのに十分なほど
心配していました。

以下の研究は、
米国エネルギー省に資金を提供された
契約番号DE-AC02-83CH10093
研究プロジェクトでした。


コロラド州 ゴールデンの
ソーラーエネルギー研究所
N.D.ケリー博士は
以下のタイトルが付いた研究を行いました:

『風車の低周波騒音の放射から
コミュニティのアノイアンス(不快感)
可能性を評価するための提案された評価基準』


注:

「コミュニティのアノイアンス(不快感)」
現在風力タービン症候群と呼ばれています;


「低周波」は、超低周波不可聴音を含みます;

「放射」は、騒音と振動を含みます。 


http://www.windturbinesyndrome.com/wp-content/uploads/2013/07/
1987-Proposed-Metric-Assessing-Potential-Annoyance-NREL-Kelley-searchable-copy.pdf


http://stopthesethings.com/2014/11/03/abandoned-homes-help-understand-wind-turbine-annoyance/




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<論文:電磁過敏症>

2016年08月28日

◇日本人の3.0~4.6%に症状
(河北新報|2016年08月28日)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201608/20160828_13011.html

 北條祥子尚絅学院大名誉教授(環境医学)が代表を務める
早稲田大応用脳科学研究所の研究グループが、
電磁波にさらされると頭痛や皮膚症状などが起こる
「電磁過敏症」について、
日本人の3.0~4.6%が症状を訴えているとの
研究結果をまとめた。


調査を今後も続け、
診断基準や治療法の開発につなげたい考えだ。


 国際学術雑誌「バイオエレクトロマグネティックス」の
最新号に論文が掲載された。

英国では、2万人を対象にした調査で
人口の4%に電磁過敏症の症状が見られるとの報告があり、
日本人も同様の高率で症状を示す人がいる可能性が出てきた。
・・・・・・・
 電磁過敏症は発症の仕組みがよく分かっておらず、
診断基準も定まっていない。

北條名誉教授は
「電化製品のあふれた現代では
誰がいつ発症してもおかしくない。
アレルギーのように患者が急増しないうちに
何らかの予防策を提案できるよう、
さらに調査を進める」と話す。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



==========================

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年7月8日

東京地裁
◇エコキュートなど低周波音の健康被害で国を提訴「規制を怠った責任がある」

(Yahooニュース/弁護士ドットコム| 2016年7月8日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00004875-bengocom-soci

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4094.html

ヒートポンプ給湯機「エコキュート」や
家庭用燃料電池「エネファーム」などが発する
「低周波音」によって健康被害を受けたとして、
全国の男女6人が7月8日、
国に計約1500万円の賠償を求めて、東京地裁に提訴した。


原告の中には、企業や設置業者、近隣住民などを相手に
民事訴訟を起こしている人もいるが、
国にも健康被害を防止する義務があったのにもかかわらず、
規制を怠った責任があるなどと主張している。


・・・・・・・

会見には、原告の男性2人も出席。

Aさんは、隣家のエネファームの音が
「頭の中でなっている気がする」といい、
頭痛や吐き気に悩まされている。


床や壁が共鳴するため、
家の中には逃げ場がほとんどないそうで、
移設費を出すと交渉しても、
隣家と業者が首を縦に振らないという。


一方、Bさんは隣家のエコキュートで、
耳鳴りがひどいという。


妻の方が重症で、給湯利用が多い冬場は
ホテルや子どもの自宅に逃げることもある。

2人はそれぞれ、
「低周波音の問題を知らず、健康被害で苦しむ人や、
お隣を苦しめてしまう人がいる。
問題を多くの人に知ってもらいたい」


「いい機械だとは思うが、実際に苦しんでいる人がいる。
メーカーもそれは分かっているはず。
テストを厳しくやって、
人にもっと優しい姿勢をとっていただきたい」と話した。

.
弁護士ドットコムニュース編集部

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。


==========================


◇エネファームの影響調査エネファームの影響調査
(ロイター|2015年 11月 27日)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/27/idJP2015112701001692


 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は27日、
ガスを使って電気とお湯を供給する家庭用設備
「エネファーム」や「エコウィル」の影響で
不眠などの健康被害が出たとの申し出を受け、
運転音や振動と症状との関連を調査することを決めた。


 エネファームはガスの化学反応で、
エコウィルはガスでエンジンを動かしてそれぞれ発電し、
廃熱を給湯に利用する仕組み。

家庭用コージェネレーション(熱電併給)設備と呼ばれる。



 消費者事故調などによると、
エネファームとエコウィルは
それぞれ10万台以上が販売されている。


事故調などには被害相談が
今年10月までの約4年間で32件寄せられた。


【共同通信】


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



=======================


≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。


 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。

 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。



============================


<論文:有害な健康影響と産業風力タービン>

2010年3月31日

ぜひ!⇒
◇Proposed Case Definition: Adverse Health Effects and Industrial Wind Turbines
提案された症例の定義:有害な健康影響と産業風力タービン

(Society for Wind Vigilance|2010年3月31日)
http://www.windvigilance.com/about-adverse-health-effects/
proposed-case-definition-adverse-health-effects-and-industrial-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html?sp

■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



McMurtry, RY,

Toward a Case Definition of Adverse Health Effects
in the Environs of Industrial Wind Turbines:


Facilitating a Clinical Diagnosis,
Bulletin of Science Technology & Society 2011 31: 316,

DOI: 10.1177/0270467611415075,




======================

人々は産業用風車の稼働と関連して発症した
健康への悪影響が報告されています。


記載された症状は、世界的に一貫しています。


健康への悪影響や
産業風力タービンとその研究に関連した
方法論の問題の複雑さは、
集団と犠牲者の、総合的で体系的、
かつ統合された研究の必要性を示します。



疫学および臨床評価は、
犠牲者の睡眠研究を含むことが必要とされます。



『ソサイエティー・フォー・ウィンド・ビジランス』は、
産業用風力タービンの稼動に関連した症状の
複雑なセットを呈している患者の評価にあたり
臨床医を支援するために、このケースの定義を提案します。



より多くの知識が得られるので、
このケース定義は修正されます。


◾産業用の風力タービン設備の2.0キロ以内の生活

◾産業用風力タービンの起動後3ヶ月までに
ほとんどすぐに発現している
新しいか悪化する症状および/または徴候

◾産業用風力タービン設備のゾーンから
少なくとも5.0キロ、移動したとき
症状および/または徴候の改善

◾2.0キロ以下で
産業用風力タービンに再曝露した時に
徴候/症状の再発


最も一般的な徴候や症状は

◾睡眠障害
◾生活の質の低下
◾ストレスまたは精神的な苦悩
◾内耳の症状
◾頭痛
◾過度の疲労感


それほど一般的ではない

◾動悸
◾高血圧
◾片頭痛
◾認知障害
◾胃腸問題


治療単位:
健康への悪影響は、時間とともに悪化するかもしれません

処置:
産業用の風力タービン設備の環境から
離れること以外、
利用可能な直接的な治療はありません。


他の処置:支持療法あるいは緩和ケア


次の方々に承認されました

ロバート・マクマートリー、Md、FRCS(C)、FAC
マイケルA. Nissenbaum博士
ロイD.ジェフリー博士、FCFP(Can)
クリストファー・ハニング、理学士、MB、BS、MRCS、LRCP、FRCA、Md
ジョン・ハリスン博士
リチャード・ジェイムズ、INCE
デイビッドL.ホワイト、EET、CMBB
ブレット・ホーナーBA、CMA
ベス・ハリントン、BMUS
カルメン・クロー、理学士(薬学)



■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 以下は、ドイツの気候ニュースを英語で掲載されている
  『NoTricksZone』様より、引用しました。

===========================


<インフラサウンド(超低周波不可聴音)と健康被害>

2016年3月4日

ウェブサイト
■『NoTricksZone』 ホーム
http://notrickszone.com/#sthash.uDJ8iGmv.dpbs

ドイツの気候ニュースを英語で
- ピエールL.ゴスランによって
- 以下でより多くを見てください:

=======================


ドイツの医師は、
最初に考えていたよりもひどく、
風力タービンの超低周波不可聴音の危険性は
非常に現実的であると警告します!

- 以下でより多くを見てください:



ぜひ!⇒
ドイツ/動画
◇German Medical Doctors Warn Hazards Of Wind Turbine Infrasound Are Very Real,
Worse Than First Thought!
ドイツの医師は、最初に考えていたよりもひどく、
風力タービンの超低周波不可聴音の危険性は非常に現実的であると警告します!

(NoTricksZone|2016年3月4日)
http://notrickszone.com/2016/03/04/
german-medical-doctors-warn-hazards-of-wind-turbine-infrasound-are-very-real-worse-than-first-thought/
#sthash.7XhzQEzH.gaUGIkFF.dpbs

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3904.html


By P Gosselin


医学博士ヨハネス・メイヤーは、
風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)(1 – 20Hz)の
重大な危険性について発表を行い
次のように述べています:


「過去1年半にかけて登場している
国際的な科学出版物の洪水は
信じられないほどです。」

===================

ぜひ!⇒

動画: youtube

■Dr. med Johannes Mayer Wirkung insbesondere des Infraschalls bei Windkraftanlagen

https://www.youtube.com/watch?v=V5ZkfXbXmzo


======================

プレゼンテーションで、
マイヤーは、
人間の健康に関して
インフラサウンド(超低周波不可聴音)の
危険な影響を確かめている
「120の学術論文」を引用します。



▼偽の主張、超低周波不可聴音は安全です


マイヤーは、
風力タービンで発生する超低周波不可聴音が
人間と野生生物に無害であるという
圧力団体に後援された主張
(不適当な機器で行われた測定に基づく)を
吹き飛ばして、
まさしくその正反対が
どのように真実かについて示している
いくつかの調査を発表します。



7:35で

メイヤーは、観客に伝えます、
5年前、彼もまた、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
音源から1キロか、さらに離れた人のための
実際の要因ではなかったと信じていました。


しかし、その話題についての
新しい文献を研究した後に、
彼は、超低周波不可聴音が
はるかに長い距離でも
人間の健康に関する深刻な要因であると結論しました。




8:20で、

メイヤーは、
医学誌『ランセット』から研究を引用しながら、
超低周波不可聴音がどのように
人間の内耳に作用して、
そして、脳と関わるのか、
そして、それが人間の器官に
深刻な影響を与えるのかを説明します。


「それは、多数の学術論文によって
確認されています。」と、メイヤーは観客に伝えます。


9:15 マイヤーのプレゼンで:


▼インフラサウンド(超低周波不可聴音)の
短期的影響




- 耳の圧力
- 不安な感情
- めまい
- 極度の疲労状態
- 朝の倦怠感
- 呼吸障害


さらに、実験は動物で行われました、
そして、結果は
彼らの生理機能と健康状態への
重大な影響を示します、
そして、それは、ホルモン濃度と
免疫学的パラメータの変化から
肺組織への損害にわたると、
メイヤーは示します。



10:08に、彼は以下を示します:


▼超低周波不可聴音の長期的影響

- 慢性呼吸器疾患
- 高いストレスホルモンのレベルからの
  慢性的なストレスや睡眠障害
- 情緒障害、うつ病、極度の疲労
- 高血圧、心臓病


▼そして、インフラサウンド疾患の症状:

- うつ病
- 過敏性
- 緊張
- 頭痛
- 心身の消耗
- 集中と睡眠障害
- ノイズ鋭敏化(感作性)


こうしたすべては
内耳に作用する一定の低圧力波によって
引き起こされます、
そして、実際にはそうではないときに
それが進行していると勘違いさせて
体をだましています。



インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
身体の自然のバイオリズムを妨害します。



この風力タービンの超低周波不可聴音は
「非常に真剣に受け取られるべき問題」である
という結果をもたらすと、
メイヤーは締めくくりました。



▼妊娠中の女性にとって特に危険


15::50で

欧州の当局さえ、
「彼らは流産や早産のリスクを
高める可能性があるため、
強力な低周波振動を発生することができる活動を
行うべきではありません。」と書いて、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)や
妊娠中の女性を規制する指令を発していることを
メイヤーは、観客に思い出させます。



メイヤーは、インフラサウンドの影響は
人々の頭の中の想像のものではなく、
実際に、非常に現実的であることを強調しています。


それは、
医師によって病気と診断さえされました。



▼「タービンは、見えてさえいけません」

メイヤーは、
非常に現実的な健康の事実を認めることに対する
彼らの拒絶について
風力タービン、ドイツの政府機関を非難します、
そして、すべてに無分別で信奉者の
風力の圧力団体には、それらを伝えます。



彼はイェーナのフリードリヒ・シラー大学の
医療専門家ラインハルト・バーチ博士を引用します(20:35):



「今日の知見のレベルから、
風力タービンは、
住宅地から遠く離して、
より良く配置する必要があります。

それらは、見えてさえいけません。」




21分で、


メイヤーは、インフラサウンドに関する
主要な公表論文を紹介します。

人々の最高40%が
超低周波不可聴音に敏感であること、
そして、風力パークの近くで暮らす
これらの人々の健康が
「この騒音に、かなり、
そして、ひどく影響を受ける(負傷する)」ことを、
ソーンとソルトによる研究※注1)は、示します。


最後に、『Canadian Journal of Rural Medicine 』
(カナダの地方医療ジャーナル)に書かれていている
62の学術論文のカナダのレビュー※注2)
は、
産業用風力タービンが
それらの周辺に住んでいる人々に対して
「健康への悪影響」を持っていると結論づけました。


メイヤーは、
それぞれ4キロと3キロに
風力タービンの建設を制限する、
カナダとニュージーランドの
住宅からの距離に関する規制※注3)
を賞賛します。


========================


※注1)

 ソーンとソルトによる研究

アレックN.ソルト博士のウェブサイト
■Cochlear Fluids Research Laboratory
http://oto2.wustl.edu/cochlea/

Alec N. Salt, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University School of Medicine
St. Louis, Missouri, 63110, USA

アレックN.ソルト博士
耳鼻咽喉学部
ワシントン医科大学
セントルイス、ミズーリ、63110、USA

--------------------




※注2)

(カナダの地方医療ジャーナル)に書かれていている
62の学術論文のカナダのレビュー



[グレイ·ブルースの保健医官のヘーゼル・リン医師の関連記事]

ぜひ!→
オンタリオ州
◇Turbine study points to infrasound
タービン研究は、超低周波音を指します

(Bayshore Broadcasting | June 28, 2014)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=67200

2014-08-05 : 音と健康:2014/01/06~ :

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2643.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2643.html?sp


------------------------


ぜひ!→
オンタリオ州
◇Industrial wind turbine literature review to be published
公表される産業用風力タービンの文献レビュー

(The Meaford Independent | Friday, 23 May 2014)
http://www.themeafordindependent.ca/life-a-leisure/health-a-home/
3851-industrial-wind-turbine-literature-review-to-be-published

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2555.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2555.html?sp

--------------------


※注3)

カナダとニュージーランドの
住宅からの距離に関する規制


※ カナダとニュージーランドの規制距離については
  おとしんは現在未確認です(おとしん)



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp


==============================

2016-12-08 : 〼アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<☆1、2、3-マサチューセッツ州:フェアヘーブン・ウィンドと健康問題>これまでの経緯 |1-マサチューセッツ州:町に風力が迫る |2-マサチューセッツ州:風力タービンは、タウンミーティングの議論の可能性を提案する |3-マサチューセッツ州:フェアヘーブン・グループは、風車に反対します  // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 | New⇒論文:1~3 米国:風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して……A特性は、人間の聴覚の感度に応じてdB の測定値を補正します。これは、低周波騒音と超低周波不可聴音が除外されて「測定」されることになるので200 HZ未満の周波数のために使用すべきではありません…ウィレム・ポスト |電磁波過敏症/日本人の3.0~4.6%に症状…早稲田大応用脳科学研究所の研究グループ |New→エコキュートなど低周波音の健康被害で国を提訴「規制を怠った責任がある」 | エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン |youtube: 風力タービンからのインフラサウンドの重大な危険性についての発表…医学博士ヨハネス・メイヤー | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ)    «  ホーム  » ≪28、29-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫28-アイルランド:シンフェイン党 TD、風力タービンを規制する法案を発表…「風力タービン規制法案2016」 |29-アイルランド/画像:750mの風力タービンのセットバックが議題にのぼる…これは法外で地方のアイルランドの居住者に対する侮辱です…シーラ・オブライエン(KEAGのスポークスマン) |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 | New⇒論文:1~3 米国:風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して……A特性は、人間の聴覚の感度に応じてdB の測定値を補正します。これは、低周波騒音と超低周波不可聴音が除外されて「測定」されることになるので200 HZ未満の周波数のために使用すべきではありません…ウィレム・ポスト |電磁波過敏症/日本人の3.0~4.6%に症状…早稲田大応用脳科学研究所の研究グループ |New→エコキュートなど低周波音の健康被害で国を提訴「規制を怠った責任がある」 | エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン |youtube: 風力タービンからのインフラサウンドの重大な危険性についての発表…医学博士ヨハネス・メイヤー | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ)
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR