騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<18-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>18-メイン州:新しいメイン州の法律は、工業用風力発電所を早急に取去ることができます…[法律は] 2段階の許可プロセスを作成するので、投資家にとっては二重の危機に似ています |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました  | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<18-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>




2016年1月1日




18-メイン州
◇New Maine law can take industrial wind sites off fast track
新しいメイン州の法律は、工業用風力発電所を早急に取去ることができます

(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2016年1月1日)
https://bangordailynews.com/2016/01/01/politics/
new-maine-law-can-take-industrial-wind-sites-off-fast-track/




By Nick Sambides Jr., BDN Staff




画像:

Molunkus郡区のアレン(Allen)(左)と
モリー・シュトラウブ(Mollie Straub)氏は、
1月1日より有効な新しい法律を利用して、
産業風力発電施設の立地への
一般市民の関心を高めることを望んでいます。

Contributed photo


==============================================



MOLUNKUS郡区、メイン –



アレンとモリー・シュトラウブ氏らは、
(AllenとMollie Straub)
非自治的領域に建設される可能性のある
風力発電プロジェクトの州の見直しを
早急に進めることを
風力発電開発者に認めてはならないと考えている。




非自治的領域のSouth Molunkus Roadに住む
引退した夫婦は、
嘆願署名がそのようなプロジェクトの
環境レビューを
ファーストトラックリストから削除することを
可能にする新しい州法を
最初に採用することを希望している

‐嘆願書が問題にされないならば
法律は1月1日に実施されるが、
6ヵ月の制限時間があります。



「代替エネルギーや
風力発電に反対しているわけではないが、
不適切な風力タービンの設置に反対している」と
アレン・ストラウド氏は火曜日に述べた。





「適切な配置は距離以上のものです。

「音を吸収する木のような特徴、
または音を弱める湖、優勢な風、
薄いちらつきを引き起こす
太陽の住居に関連したタービンの配置は、
これらのすべてがそこに入ります。」




法律では、メイン州土地利用計画委員会の
管轄区域内の規制整合性を改善する法律
※おとしん:注1)
により、
許可された風力許可区域は、
区域内の特定の登録区域の有権者の
少なくとも10%最近の知事の選挙は、
ラリー・ダンフィー議員(I-Embden)が、
同法案を共催したことを明らかにした。

ゾーンは主に州のほぼ半分をカバーしており、
主にメイン州の西部と北部の
ほとんどの地域の農村部にあります。




ダンフィー氏の現行法改正では、
メイン州の土地利用計画委員会が
請願書を検証した後、
風力開発者は改築許可証を求め、
通常の申請プロセスに従う必要があると
同氏は述べている。





ダンフィー氏は、
人々が請願書を提出する予定であることを
喜んでいると言いました
- 彼は先週34から35件の質問を数えました
『Maine Renewable Energy Association』の
エグゼクティブディレクターである
ジェレミー・ペイン氏(Jeremy Payne)は、
メインの風力発電に
潜在的な投資家が少なくとも1人いることを
恐れていると述べました。




「人々は聞く必要がある。
彼らは産業界や地主や開発者としてではなく、
構成員として聞かれる必要がある」と
ダンフィー氏は火曜日に語った。

「これらの非自治的領域に住む多くの人々は、
特定の理由でそうしています。

彼らの大半が自分のエリアに
風車を持ちたいと思っているなら、
彼らはそうすべきです。

彼らがそうしないならば、
彼らはすべきではありません。」




ペイン氏は、
投資家が新法を嫌っているため、
おそらく建設されない
潜在的な1億4000万ドルのプロジェクトを
知っていると言いました。

彼は、新しい法律では、
ゾーニングとプロジェクト承認のために
2段階の冗長な承認プロセスを作成すると述べた。





「近いうちに、あるプロジェクトが
メインから進んだと思う」と、
その組織はメインの再生可能電力生産者、
サプライヤー、サポーターの
非営利団体である
renewablemaine.orgと呼ばれていますと
ペイン氏は語った。

彼は開発者を特定することを断った。





「[法律は] 2段階の許可プロセスを作成するので、
投資家にとっては二重の危機に似ています。

それは投資家のために多くの不確実性を生む」と
ペイン氏は付け加えた。





この改正案は現在、
メイン州風力エネルギー法※おとしん:注2)
一部となっています。

工業規模の電力生産を促進するために
2008年4月、当時の知事の
ジョン・バルダッチによって署名された
この法律は
景観に影響を与えるための特別な規定で
開発者がメイン州環境保護省
現在はメイン州土地利用計画委員会からの
許可を取得する必要があります。





しかし、改正前には、
グリッドスケールの風力エネルギー開発を
風速の許容範囲内で許可された用途として定義し、
そのプロセス内の公聴会とリゾーニングを
効果的に排除したとダンフィ氏は述べた。





「迅速風力法では、
公聴会の権利が削除されたので、
市民は本質的に自らのコミュニティで
何が起こったのかについて無価値でした。


それは設計上のものだと思う」と
ダンフィ氏は言った


そして、それを
「非常に劣った法律」と呼びました。





メイン州土地利用計画委員会によって
提供されるプロセスの概要によれば、
ファーストトラックリストからの
プロジェクトの除去は、
2つの条件の下で覆される可能性がある。

議会の風力エネルギー開発の目標を
達成するためのメイン州の能力に
不当に悪影響を及ぼすと判断された場合や、
メイン州土地利用計画委員会の
包括的な土地利用計画と矛盾している場合、
除去要求は却下することができます。




この改正案は、1月1日から6月30日まで、
すべての請願書を
メイン州土地利用計画委員会に提出する必要があります。


取消し申請の審査請求は、
メイン州土地利用計画委員会が
ウェブサイト上で
請願書を受領した旨の通知をしてから
45日以内に行わなければなりません。




シュトラウブ夫妻(Straubs)が
改正案を最初に利用する人ではないかもしれない。


先週、メイン州土地利用計画委員会は、
30のプランテーションと郡区での
請願プロセスについて
約30件の問い合わせを受けていた


- 強い応答、とニコラス・リブセイ
(Nicholas Livesay)
メイン州土地利用計画委員会の
エグゼクティブ・ディレクターは言った。




「私は、嘆願書を回覧している多くの人々が、
風力発電プロジェクトの開発を妨げることに
興味があるか、
または地域の難易度を高めることを
望んでいると考えている。」と、
リブセイ氏は火曜日に言いました。

「商業開発に従事したい州の非自治的領域の
多くの地域では、
リゾーニングがしばしば必要とされています。」





シュトラウブ夫妻は、
1月の『First Wind』の24億ドルの購入を完了した
SunEdison社が、
その地域に試験塔を設置したことを知っていると語った。


風力発電所が実現可能かどうかを
塔が測るとすれば、
これは許可申請の可能性のある前例です。





SunEdison社のスポークスマン
John Lamontagne氏は、
同社がそのエリアに
タワーを持っているかどうかは確認しません。




「我々は、北部のメイン州を含む、
州の周りの多くの場所で
可能な風力発電プロジェクトを模索している。

我々は、ニューイングランドで
クリーンなエネルギーを提供し、
地域に大きな経済的利益をもたらしている
居住性の良いプロジェクトを建設した実績を
誇りに思っています」と、
Lamontagne氏は電子メールで述べています。




議会は、風車の迅速な承認プロセスを
再検討すべきだと、ダンフィーは述べた。

この法律は、風力発電の有効性、
州にもたらす産業と雇用、
環境への影響についての多数の前提をもっています。

議会は、法律の影響を評価しなかった場合、
却下されるだろう、と彼は言った。




シュトラウブ夫妻は28日、
メイン州土地利用計画委員会に
28件の申請書を提出する予定だと述べた。





一方、ペイン氏は、
2014年の直近の知事選挙の際に、
申立を出した人々が投票に登録され、
適切な地域に住むことを確実にするためのプロセスに
細心の注意を払っていると述べた。




彼の組織は、
2014年に有権者を登録していない申請が
出るかもしれない少なくとも2つの分野を
認識している、と彼は言った。




「これらの請願の正当性と
それに署名した登録有権者が
法律と一貫していることを確認したい」と
ペイン氏は述べた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




文中のリンク先

※おとしん:注1)

メイン州土地利用計画委員会の
管轄区域内の規制整合性を改善する法律


■127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

□ LD 828
http://www.mainelegislature.org/legis/bills/display_ps.asp?ld=828&PID=1456&snum=127


--------------------------------------

※おとしん:注2)

メイン州風力エネルギー法


■Title 35-A, Chapter 34: THE MAINE WIND ENERGY ACT
http://www.mainelegislature.org/legis/statutes/35-A/title35-Ach34sec0.html


--------------------------------------

※おとしん:注3)

メイン州土地利用計画委員会によって
提供されるプロセスの概要


メイン州政府から以下のPDFを開くか保存します
http://www.maine.gov/dacf/lupc/projects/wind_expedited_area/WindExpeditedAreaRemoval_Overview2015Final.pdf






--------------------------
関連記事
--------------------------



※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

----------------------------------------------------

<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2013年3月28日

ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<10-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

ぜひ!⇒
10-ブログ、メイン州
◇LD 1147 testimony: “An Act To Protect Maine’s Scenic Character”
LD 1147の証言:「メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法」

(Citizens' Task Force on Wind Power - Maine | 2014年1月13日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/ld-1147-testimony-an-act-to-protect-maine-s-scenic-character

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4577.html

--------------------------------------------

<11-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年3月27日

11-メイン州/動画
◇Maine Legislature rejects wind energy bills
メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します

(wabi.tv |2014年3月27日)
http://wabi.tv/2014/03/27/maine-legislature-rejects-wind-energy-bills/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

---------------------------------------------

<12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年1月19日

12-レター、メイン州
◇A fresh breeze
疾風

(Mount Desert Islander | 2015年1月19日)
http://www.mdislander.com/opinions/letters-to-the-editor/fresh-breeze

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

--------------------------------------------

<13-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月4日

ぜひ!⇒
13-メイン州
◇Maine governor: Wind power is too expensive
メイン州知事:風力は、あまりに高価です

(seacoastonline.com|2015年4月4日)
http://www.seacoastonline.com/article/20150404/NEWS/150409587/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

---------------------------------------------- 

<14-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月28日

14-手紙、メイン州
◇Mainers’ rights
メイン州民の権利

(Bangor Daily News|2015年4月28日)
https://bangordailynews.com/2015/04/28/opinion/letters/
wednesday-april-29-2015-lepages-earth-day-letter-tsarnaevs-punishment-wind-power-act/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

----------------------------------------------

<15-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月18日

ぜひ!⇒
15-メイン州
◇Maine’s contentious wind energy act
メイン州の論争の多い風力エネルギー法

(The Maine Woods – Spring 2015 - Forest Ecology Network )
PDF
www.forestecologynetwork.org/.../TMW_spring_2015_lores....

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4580.html

----------------------------------------------

<16-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月22日

16-メイン州
◇Lawmakers pass bill to let some Maine residents pull out of wind permitting areas
議員は、一部のメインの住民が風力を許している地域から引き抜くために、法案を可決します

(ポートランド・プレス・ヘラルド | 2015年6月22日)
http://www.pressherald.com/2015/06/22/
lawmakers-pass-bill-to-let-some-maine-residents-ask-out-of-wind-permiting-areas/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

---------------------------------------------

<17-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年7月1日

17-メイン州/法案828
◇Legislature and LePage agree: rural residents given right to question wind turbines
議会とルパージュ(州知事)は同意します:地方住民に風力タービンに関する発問権が与えられる

(Pine Tree Watchdog | 2015年7月1日)
http://pinetreewatchdog.org/
legislature-and-lepage-agree-rural-residents-given-right-to-question-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html


By Naomi Schalit



AUGUSTA オーガスタ –



数年の努力を経て、
州の農村部『Unorganized Territories(UT)』
(非自治的領域)の市民団体が、
コミュニティの大規模な工業用風力タービンの
設置場所を拡大する法律を制定するための戦いに
勝利しました。





月曜日、ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
議会によって彼に送られた
ほとんどすべての法案を拒否する中で、
彼の政権が今年初めに導入されて以来
支えているL.D.828に署名しました。





その法案は、
特定のUTプランテーションや郡区の市民が、
州の他の地域よりも、速く、合理化された
タービンの許可を得ている州の
『風力促進ゾーン』からの撤去申請を認めています。





ここ数年、法案を可決しようと努力してきた
ハイランドプランテーション居住者の
アラン・ミシュカ(Alan Michka)氏は、
「われわれは声をすこし取り戻しました」と語った。





ミシュカ氏と他の指導者は、
立法改革を支持するグループの中に
風力発電の多くの反対派がいたが、
風力発電に反対していないと述べた。

むしろ、彼らは地域社会の開発に
踏み込む権利を回復したかっただけです。





「メイン州の市民は、
彼らが住んでいる地域の未来を
デザインするにあたって発言権を持つ能力が必要だ」と
レキシントン郡区の
カレン・ベッシー・ピース氏は公聴会で証言した。




風力産業と同盟関係の環境団体は、
州の野心的な
風力発電開発の目標を損なうだろうと言って、
過去の立法上のセッションの変化に対して
うまくロビー活動を行った。

しかし、
市民の立場に立っての立法支援が増えたため、
風力産業は妥協案に合意した。





風力発電業界のチーフロビイスト、
ジェレミー・ペイン氏(Jeremy Payne)は
次のように述べています。

「最終的には、
最善の道は私たちが一緒になることです。」




この法律は、
州の2008年の風力エネルギー法の一部を
事実上取り消し、
世代の州の土地利用法の
最も重要な変更の1つを構成しています。


この法律(2008年メイン州風力エネルギー法)は、
メイン州のUnorganized Territories
(非自治的領域)の大部分を
Expedited Wind Zone(風力促進ゾーン)に置き、
風力タービンに必要な区域再編成への
市民の声を排除しました。





どのUTコミュニティがゾーン内にあり、
どのゾーンに属していないかを明らかにした
法律の部分は、
当時のジョン・バルダッチ政権によって指名された
風力開発特別委員会によって秘密裏に交渉された。
それには、UTの住民からの意見はなく、審議の記録もない。
この法律は満場一致で可決されました。




これらの決定から居住者を除外することは、
彼らの多く、および法律の他の批評家が、
住民が農村地域の産業発展のために
発言権を行使することを拒否する
非民主的な動きと見なされるようになった。




この法に先立ち、UTに風車を建てたい開発者は
大きな障害に直面していました:ゾーニングの取得。


再ゾーニングは、時間のかかる、
市民からの正式な情報が含まれていた
困難で不確かなプロセスでした。





この法律は、産業風力タービンを
風力促進ゾーンでの許可された用途として指定しています。

それはゾーニングすることを意味しませんでした、
そして、正式な情報は地域居住者から求められません。




「2008年に施行された法律により、
工業用風力発電所の開発における声を
効果的に抑制する法律が廃止された」と、
(R-エムデン)議員、
4月に法案を提出した
ラリー・ダンフィ(Larry Dunphy)議員は証言した。




そしてこの法律は、
風力タービンが迅速な風力発電地帯から
自分自身を取り除きたくない地域社会のための
仕組みを持っていませんでした。




「これは、風力エネルギー法における
現実的かつ目立たない省略であった」と、
ルパージュ知事のエネルギー・アドバイザーの
パトリック・ウッドコック氏は述べた。




月曜日にルパージュ知事によって
署名された法案は、
そのゾーンの住民が州の土地利用計画委員会に
郡区とプランテーションをゾーンから
撤去するよう嘆願することを許可する。


それらが除去されていれば、
再ゾーニング要件が有効に戻ります。

この法案は、風力促進ゾーンの
風力タービンプロジェクトのための
リゾーニング要件を直接的には回復しないであろう。




ミシュカ氏は、
3年間の法案通過を試みた結果、
風力タービンの立地時に
直接的な発言を得るためには、
2段階のプロセスを経なければならないため、
最終的な法案は必要以上に少ないと認めています。




「我々は多くを追い払いたいと望んでいた車ではないが、
それは4つの車輪を持ちました
そして、我々はそれが走行できるかどうかを
見なければならない。」と、ミシュカ氏は言いました。




ペイン氏は法案の様々な版の長年にわたる反対者ですが、
通った法案について妥協していた。




「最終的には、開発者に確実性を提供し、
聞きたい人には機会を提供します」とペイン氏は言います。




ペイン氏は、彼の業界がその通過を阻止するために
懸命に働いていたことを認めた
– だが、彼らの位置を変えました。





「1ヵ月前まではかなり離れていたと思う」とペイン氏は語った。

「ここ数週間で物事が始まりました。」




協力すること、とペイン氏は言った、
風力産業とその味方が気づくにつれて
それが起きました、」
変更を求めている住民はあきらめないため
「今から1年後に同じ場所に戻ってくる可能性がある」




ミシュカ氏は、彼と彼の味方が
法律家に地域社会への影響を教える作業を含む、
今回の成功の理由を挙げています。

もうひとつの大きな理由:「今回はロビイストがいた」






======================================

おとしん:注)

月曜日、ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
議会によって彼に送られた
ほとんどすべての法案を拒否する中で、
彼の政権が今年初めに導入されて以来
支えているL.D.828に署名しました。

その法案は、
特定のUTプランテーションや郡区の市民が、
州の他の地域よりも、速く、合理化された
タービンの許可を得ている州の
『風力促進ゾーン』からの撤去申請を認めています。




■L.D. 828(法案828)

□127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

http://legislature.maine.gov/legis/bills/display_ps.asp?paper=HP0562&snum=127&PID=1456





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-02 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR