騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ…45デシベルは平均的な会話のレベルであまりうるさいと思えないかもしれないが、人が夜に寝て、部屋で普通の会話が続いているなら人は眠るのが難しいでしょう…キャロル・カウパーズウェイト |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 



2007年2月7日



ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ

(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/



マーズヒルのアルーストック郡の町では、
もうすぐ28台の風力タービンが発電を開始します。

しかし、商業運転が始まる前から、
風車はかなりの論争を巻き起こしています。





最大の問題はノイズです。




「それはワンプ(=ドスン)、ドスン、ドスン、ドスン」
「または小型飛行機が家の上で空中停止ようなものだ」


カナダの国境近くの山の東側に住んでいる
キャロル・カウパーズウェイトさんは言った。




ある種の気象条件の下で、
カウパーズウェイトさんは
家の中でタービンからの騒音を、
低い会話のレベルくらいで
聞くことができると言った。


この家は、
タービンから約2,500フィートに位置します
- タービンからかなり下で
- プロジェクトのタービンは
マーズヒルの上にあります。

※ 2500フィート = 762 メートル 



山の周りの他の不動産所有者の調査は、
驚くべき結果を示しています。

山の北側に住んでいるいくつかのケースでは
最も近いタービンから
ほんの1300フィートほどしか離れていない人々は、
家の中で機械を聞くことができないと言いました。

※ 1300フィート = 396.24 メートル





風力発電機から遠いところに住んでいるが、
山の東側にいる人たちは、
屋内にいるときに
騒音をはっきりと聞くことができると言います。





見かけ上の騒音レベルの変動
- そしてそれはどのように迷惑なのか
- 3つの同様のサイズの風力タービンが
フリーダムのビーバーリッジに建てられた場合、
何が起こるかを予測することは
容易ではないかもしれないことを示唆している。




リチャード・フレッチャー氏は
12歳の時からマーズヒルに住んでいました。

彼は今77歳なので、
町の名前の由来となった山の上の冬を
たくさん見てきました。

「見知らぬ人がここにやって来て
人生を変えられることに
ちょっとうんざりします。」と彼は言った。




マーズヒルは、
近くのカナダの国境に平行して南北に走ります。

タービンの連なりは、
北側の低地から始まり、山頂を越えて続きます。




フレッチャー氏の家は
最寄りのタービンから約1,500フィート離れており、
彼は窓を見ると
十数個のユニットを見ることができます。

※ 1500フィート = 457.2 メートル
 



フレッチャーはこの眺めが好きではありません。

「それらに反対していないほとんどの人は、
それらからかなり離れたところに住んでいます」と
彼は言いました。




フレッチャー氏は、
気圧や風向きなど気象条件によっては、
ナイアガラの滝のようなものから
穏やかなシューッ(whoosh)にわたるものまで、
彼の家の騒音はさまざまです。

彼はこれまで自宅の音を聞いたことがありませんが、
早朝にタービンのブレードを照らしている
日の出のストロボ影響が
目を引くことができると述べました。





フレッチャーの隣人である
バーニー・スティッキー氏(Bernie Stickney)は、
最も近いタービンから約1,300フィート離れています。

スティッキー氏はまた、
彼の家の中で風車を聞いたことがないと
彼は言います
そして、外のノイズは、
通過するトレーラートラックほど
騒々しくありません。

「それは天候によるところが大きいと思う。」と
スティッキー氏は言った。

※ 1300フィート = 396.24 メートル




フレッチャー氏とスティッキー氏の両方にとって、
マーズヒルの景観の変化は
受け入れるのが最も難しいことでした。

しかし、山の東側の人にとって、
この問題は美観以上のものです。




カウパーズウェイトさんは
約12の家が丘のその側(東側)にあると言いました。

一般的に、彼らは北側の家屋よりも
タービンから離れていますが、
機械は標高がはるかに高いです。

また、風はしばしば東側の家に向かって吹くと
彼女は言った。





その組み合わせは騒音問題を悪化させると
彼女語った。





「私たちの隣人の一人は下がったところにいます
騒音は常に4〜5デシベル大きくなっています」と
彼女は言いました。


「彼らは夜間にファンを使用して
音をマスクする必要があります。」


カウパーズウェイトさんは、
このプロジェクトは
まだ完全には稼働していないと述べた。

先週、彼女は次のように言いました
19台のタービンはある場所で動いていたが、
それらは小規模なグループによってテストされています。


完成したプロジェクトがどのように聞こえても、
カウパーズウェイトさんは言いました。
彼女と彼女の夫は決めました
引っ越すには余りにも年を取っています。

「私たちが次に移る場所は墓地だと決めた」と
彼女は言いました。





マーズヒルの町は、
プロジェクトの承認を求めて、
開発者、バンゴアの
エバーグリーンウィンドパワーLLC
(Evergreen Wind Power LLC)が共同申請者でした。

地方レベルでは、
風力発電所の徹底的な見直しを強制する条例はなかった。

それは、州の立地法の下で
メイン州環境保護局を主な監督の対象としただけでした。





DEPの騒音基準は、
フリーダムの町の
商業開発審査条例の騒音基準よりも緩いです。


ウォルド郡の町では、
開発の対象となる財産の境界線で
プロジェクトが55デシベルを超えないようにし、
近くの住宅では45デシベルを超えないように命じています。




州では、
プロジェクトが存在する地域に応じて、
州はプロジェクトの敷地境界線で75デシベル、
昼間は55-70デシベル、
夜間は45-60デシベルが許されます。





CESのアンディ・プライス氏は、
マーズヒルプロジェクトの委託を受けた騒音調査では、
それが閾値を超える可能性が高いと指摘した。

「確かに、彼らの音響調査によると、
[プロジェクト]が44軒の家では45デシベル、
18軒の家では55デシベルを超えるだろうということが
明らかになりました。


「それは大きな驚きではありません」




対照的に、
ビーバーリッジで行われた騒音調査によれば、
このプロジェクトは
「1年中いつでも、どの住居でも
45デシベルを超えることはない」とプライス氏は言った。





カウパーズウェイトさんは、
45デシベルは平均的な会話のレベルであると
述べています。

それはあまりうるさく思えないかもしれないと
彼女は言った、
「しかし、人が夜に寝て、
部屋で普通の会話が続いているなら、
人は眠るのが難しいでしょう。」





先週、マーズヒルプロジェクトを審査した
DEP職員から得られず、
他の職員は『VillageSoup』からの電話を返さなかった。

DEP関係者は、『Bangor Daily News』に、
地方事務所は騒音に関するいくつかの苦情を受け、
調査を開始したと語った。





町当局が
マーズヒル風力発電所の開発者に示した支援は、
山の周りに住む人々の一部を苛立たせます。

カウパーズウェイトさんは、
税制上の便益は最小限であり、
教育に対する州の資金援助の損失によって
実質的に相殺される可能性があると述べた。





何人かの住民は、
町に背信行為をされたと感じ、
彼らはなぜそのような変更を
マーズヒルにもたらすことが許されたのか疑問を呈した。


「私たちは山の完璧な眺望を持っていました。」 と
スティックニー氏は言った。

「それらは眺望を台無しにして
このあたりの生き方を損なってしまった。 」




カウパーズウェイトさんは、
ビーバーリッジプロジェクトが建設されれば、
住民はフリーダムで何が起こるかを
心配するべきだと述べた。

「もしあなたが
その山の周りに住んでいる誰かがいれば、
私が持っているすべてのものでそれと戦うつもりです。」





ベルファストに拠点を置く
コピーエディタAndy Kekacsには、
―――――または
電子メール――――――でアクセスできます。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-15 : ♯1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR