騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>6-メイン州:マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 



2007年1月31日




6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています

(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/



レイチェル・ライス



住民たちは、マーズヒルの頂上にある
風力タービンが騒音を出しており、
町当局は誰でも
それについて何かできるのかどうかは
よくわかりません。




月曜日の夜、
山の周りに住む40人以上の住民が、
マーズヒル風力発電所に関する懸念を登録するため、
マーズヒル町議会の会議で
町役場にすし詰めになりました。





町の議員は、群衆の質問に答えるために
約2時間を費やしましたが、
騒音が環境保護省の規制を
上回っているかどうかを示す
健全な分析が行われるまで、
この問題は完全に対処できないと述べた。




誰もが、プロジェクトの開始以来、
人々は騒音がないと言われたことに同意します。


しかし、12月中旬以来、
町と会社の関係者と環境保護部は
騒音の苦情を乗り越えてきました。




2月までに完全に稼動する
28台のタービンシステムである
マーズヒル風力発電所は、
ニューイングランド最大の風力発電事業です。

UPCウインド社のマネジメントの子会社である
バンゴアのEvergreen Wind Power LLCは、
プロジェクトに年間4,500万ドルを費やし、
毎年42メガワットの電力を生み出す予定です。

関係者によれば、現在16台のタービンが
電力網に電力を供給しているという。





この町は、プロジェクトの今後20年間に
約50万ドルの税金を
年間約50万ドル受け取る予定です。

この資金は、町の工場の生産量を
24〜20工場に減らすために使われます。




「町の繁栄を高める努力に感謝している。」と
住民ペリーン・トッド氏は月曜日の夜言った。

トッド氏は最も近い風力タービンから
2,000フィートのマウンテンロードに住んでいます。

しかし、この繁栄の費用は、
無知な形で市民を犠牲にしたり、
最終的にベンチャーが
誤った情報になることを避けてはならない。


※ 2000フィート = 609.6 メートル




トッド氏によると、多くの住民は、
町の管理者と議会が、
彼らの最善の利益を捜し求めないことによって
「人々を失墜させる」と感じていると語った。

彼は、この町は
潜在的な騒音問題に関する情報を含む
プロジェクトの許可申請書の共同申請者であると
指摘した。





「これはレッドフラッグだったはずだ」とトッド氏。




タウンマネージャーの
レイ・メーズロー氏と市議会議員は、
約5インチの厚さの
許可申請書全体を読まなかったと述べた。


メーズロー氏は
申請の要件を満たしているかどうかは
会社の責任であるため、
そして、情報をレビューし、
許可を承認するか拒否するかを決定するのは
DEPの責任であるため
文書全体を読むことが
「プロセスに密接な関係がなかった」と
言いました。





トッド・グラス議会議長は、
「騒音は問題ではないことを1日目から話した」と
群衆に話しました。


「鉄道を走らせようとする限り
あなたはこれらと一緒に暮らす必要があります...
我々がこれまでやったことがありません。」




メーズロー氏は、
DEPの許可申請書には、
「申請者のプロジェクトは、保護された場所に
不当な悪影響を及ぼすことはありません...」としていると
言いました。



ある住人が指摘した実際の人間への影響は、
風力タービンの音を吹き飛ばすために
彼の部屋で扇風機を回さないと
夜間寝ることができないということです。





居住者ウェンディ・トッド氏は
山の周りのどの家庭が
タービンの騒音の影響を受けるかを示す地図を提示した。


地図の周りには18棟の写真がありました。




「数字だけではありません;
私たちは本当の家を持つ本当の人です」と
彼女は涙声で言いました。





エヴァーグリーン社の代理人である
アンディ・パーキンス氏は、
請負業者がDEPの騒音レベル要件が
45デシベル未満であることを示す
最初のテストを行ったことを月曜日の夜に語った。





パーキンス氏は、
当局が「DEPの完全な資金提供」によって
山の周りで包括的な分析を実施すると述べた。

部門は独自の騒音測定も取ります。




パーキンズ氏は、
騒音レベルがDEPの基準値を超えると、
会社は緩和問題に取り組まなければならないと述べた。





「仕様を満たしていない場合は、
仕様に準拠させる必要があります。




町の関係者と住民が音の分析結果を待っている間、
住民は当局に
頻繁に音を目撃するために
山の周りの住宅を訪問するように求めています。





「そこは車を乗り回すよりももっと危機に瀕している」と
ペリーン・トッド氏は語った。

「人々はタワーの影で、
一年のすべての日々、毎時間、毎分を生きています」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-14 : 1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR