騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒5-メイン州:マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 



2007年1月26日




ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/



レイチェル・ライス



ウェンディさんとペリン・トッド氏は、
作業員が裏庭の近くに
風力発電所を建て始めるときに、
マーズヒル・マウンテンの景色が
どうなるかを知っていました。




山の北側に新しく建てた自宅が
爆破のために揺れたとき、
彼らは自分自身を支えました。





しかし、彼らに衝撃を与えたもの
- それらと一緒に暮らすことを
期待すべきではありませんと
彼らが今週言ったもの
- それはノイズです。





「彼らはタワーナンバー9をオンにし、
すぐに十分な騒音を出すと
『ああ、なんてことだ、
そんなこと有り得ない』」と
ウェンディ・トッドは言った。




「それは風速と方向に左右されますが、
それを説明する最善の方法は、
あなたが外に出て、
飛行機があると考えて見上げることです。

それは高域のジェット、
高低の轟音のようなものですが、
風車では、ある種の断続的な
「〜フォフォップ ... フォフォップ ... フォフォップ」
ノイズがあります。





これは、タービンの3つのブレードが
毎分10回転から22回転まで回転するにつれて、
2秒ごとに1つの「フォフォップ」となる。


それは十分にうるさいです、
トッド氏は自宅の外で
携帯電話を持ち歩くことができ、
通話の相手側の人が
はっきりとその音を聞くことができると
言いました。





たとえタワーナンバー9が
騒音の苦情を受けて閉鎖されたとしても、
山の近くに住む何人かの地元住民は
2月中旬に28台の風力タービンが
回転を開始したときに
彼らが聞くものについて心配すると言いました。

現在、16台のタービンが運転されている。




マーズヒル風力発電所は、
ニューイングランドで最大の風力発電事業です。

同社関係者は、当初から、
タワーからの騒音は問題ではないと言いました。





UPCウィンドマネジメントの子会社である
バンゴアの
エバーグリーン・ウィンド・パワーLLCは、
年間約4200万メガワットの発電量が見込まれています。

同社の広報担当者は、
木曜日に、
電力がどこで売られているのかを
明らかにすることはできないと発表した。





「これは競争の激しい機密情報で、
私たちは自由に共有することはできません」と、
リック・タイラー氏は電子メールで述べています。

タイラー氏によれば、
バンゴア・デイリー・ニューズが
騒音問題を含めて
同社に提出したその他の書面による質問は、
木曜日の夕方までには答えられなかった。




このプロジェクトは昨年春から開始されて以来、
建設がどのように野生生物を追い払っているか
そしてタワーが
いかに山の表面を変えているかについて
地元の懸念がありました
しかし、今までは
騒音についてあまり心配していませんでした。





町の関係者は、数週間前に
風車が最初に始動したときに
「騒音問題」が発生したことを確認しました。

環境保護部の関係者は、
地方事務所は、
プロジェクトに関連する騒音についての
正式な苦情を6件受けていると述べた。





▼タワーの下に住むこと



月曜日、マウンテンロードの上の尾根を
覆っているピカピカの金属のタワーから
太陽が輝きました。

メルルとキャロル・カウパースウェイト氏の家の中には、
何人かの地元住民が集まって
タービンとその懸念について語っていました。




カウパースウェイト氏、トッド夫妻、
ウェンディ・トッドの両親である
ウォレスとエラ・ボイド氏は、
野生動物を聞いたことがないと指摘した
- フクロウ、クマ、コヨーテ
- 以前と同じように。


そして、
山の下でさざ波を立てる小川があります。




「ナンバー9を増やすと、
我々はもうそれ[小川]のせせらぎを聞くことが
できないことを心配します」と、
ウェンディ・トッド氏は言いました。




キャロル・カウパースウェイト氏は、
特にマウンテンロードに沿って
山の近くに住む人々は、
彼らは孤独を好きなので、
平和と静寂を渇望していると指摘しました。





「ある夜、なぜ炉が止まらないのか
不思議に思っていたが、
その後
私はそれがそうではなく
外の風車だったのがわかった」と
メルル・カウパースウェイト氏は語った。

彼は特に風力タービンについて
悲観的だと感じています。





「私たちにとって唯一のことは、
私たちが年を取っていることであり、
それは我々が
耳が遠くなっていることを意味する」と彼は語った。





夫婦は、これまでに聞いた騒音が、
アノイアンス(不快感)や
フラストレーションを超えていることに同意した。





「私たちの睡眠パターンは
既に中断されています」と
ペリン・トッド氏は述べています。

「それは少数の[タービン]が動いているだけです。
私たちは、すべてが稼働すれば
睡眠パターンは悪化すると考えています。」






地元住民はまず風力発電所の騒音を聞いて、
試験段階の一部であるかどうか、
あるいは
タービンがいつも鳴るかどうかを
知りたいと思って、会社側に電話をしました。


2003年に
リソース・システム・エンジニアリング社
(Resource Systems Engineering Inc.)が実施した
騒音レベル解析では、
山周辺の数十の住宅の騒音レベルが
DEPによって設定された限界を
超える可能性があることがわかりました。





分析の特性は、保護された居住地
またはDEPガイドラインに基づく
静かなエリアのいずれかとしてリストされています。

保護された居住地では、
「人間の耳の聴覚反応」は、
日中は60デシベル、
夜間に50デシベルを超えることはできません。

静かなエリアでは、
制限は日中は55デシベル、
夜間は45デシベルに低下します。





RSEの関係者は、
提案された35台のタービンが
95%の能力で稼動すると、
44箇所の物件が45デシベル以上の音を聞き、
18箇所が55デシベル以上のレベルを聞くと
予測しました。





その情報の一部は、
マーズヒル風力発電所の許可申請に
含まれていました。

この申請は、
会社とマーズヒルの町がDEPに提出しました。


RSE社の騒音解析に関する付表では、
「風力タービンは
風が吹いているときにのみ動作し、
発生する騒音は風に起因する背景騒音によって
マスクされることが多い」と述べている。




プロジェクトからの音は、
「プロジェクトの北にある
いくつかの住居では
騒音基準を超えている可能性がある」と
指摘しています
しかし、より多くの詳細分析が
騒音標準が満たされることを示す場合にのみ
あるいは、
影響を受ける可能性のある財産によって
地役権または賃貸借契約が取得された場合は
それらの地域のタービンの場所が使われると、
それは指摘します。




トッド家、ボイド家とカウパースウェイト家は、
誰も地役権または賃貸借契約について
近づいてきていないと言います。

彼らが知っている限り、
隣人の誰も接近してきていません。





彼らはまた、近隣住民の誰もが、
マーズヒル町役場で
何ヶ月も一般に公開されていることを
後で知ったが、
許可申請の音分析や騒音情報について
何も知らなかったと述べた。





政府関係者は、
近くの住民がタービンの騒音レベルを
知っているかどうか、
あるいは今、その懸念に対処するために
何かをやろうとしているかどうかについて、
会社が行った取り組みについての
問い合わせには答えなかった。





先週、山の周りの約15人の住民が集まり、
文書とそれについて何をしたいかについて
話し合った。

彼らはマーズヒル町役場に懸念を表明し、
質問に答えを出してもらうことに決めました。

ペリーン・トッド氏による、
風力発電所の騒音に関する議会議員への要求は、
議会の1月29日の議題の第1項目である。





▼回答より多くの質問



マーズヒルのタウンマネージャー
レイ・メーズロー氏は木曜日、
彼は騒音問題について
多くの回答を得られていないと述べた。

彼は、エバーグリーン社が町に、
タービンがほとんど騒音を起こさないと
言ったことを確認しました。


それは、彼がタワーの直下に立ったときに
経験したことです。



メーズロー氏はまた、
町の役人が風力発電所の許可申請書に
署名しなければならないことを確認しました。

関係者が騒音情報を見たかどうかは分かっていない。



「彼らがそれを見たかどうかわからないが、
それは許可証に入っていた。」と
メーズロー氏は語った。

「自分を含めて誰もが
許可証のすべての部分を読んでいるわけではない。」




しかし、プロジェクトの町の承認は、
メイン州の法律に基づく騒音基準を含む、
州と連邦の環境許可要件を満たす会社の能力に
左右されていると指摘した。


同社は、風力発電所を
メイン州の騒音基準内に保つことが
求められると述べた。




「彼らが許可の騒音レベルの要件を
満たしていない場合、
会社はそれを修正するために何かをしていますか?

DEPは、会社が許可によって
騒音レベルの要件を満たすことができると
信じていました。

「もしそれらが満たしていなければ
何らかの執行措置が取られなければならない」





メーズロー氏は、
騒音レベルの測定が行われるまで、
会社が許可要件を満たしているかどうかを
知る方法がないと述べました。

その努力は現在、会社の請負業者と
DEPの両方によって行われています。




DEPの地域担当ディレクター、
ニック・アーチャー氏は、木曜日、
プレスク・アイル(Presque Isle)の事務所から、
苦情の捜査が行われていると述べた。



アーチャー氏は、
「同社と苦情のある人たちと協力して、
騒音の基準を守り、
それを満たす必要がある場所を探し出す」と語った。




この作業は今後数ヶ月にわたって行われると
彼は述べた。




「彼らが許可証のパラメータの範囲内で
稼働しているなら、それは限界ですが、
しかし、我々はまだそこから遠く離れている」と
アーチャー氏は語った。

彼らがそうでない場合、
電力会社は問題をコンプライアンスに
持ち込む機会を得るでしょう。

それは、私たちが受け取るすべての苦情を
処理するのと同じ方法です。




地元住民は測定結果を待っていますが、
すべてのタービンが回転する日が
すぐに近づいていることをよく知っています。




「代替エネルギーには何もない。
住宅生活を犠牲にしている場合、
人々は事実を知る必要があります」と
ペリーン・トッド氏は述べています。

「人々の生活や夢に
あまり影響を与えない場所に置かなければならない」





AP通信
この話に貢献しました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です
(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-13 : 1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR