騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<可決⇒⑤、⑥ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>⑤ネブラスカ州:サバンナ、スカルクリーク郡区は風力タービンの規則を承認…ヨーロッパ諸国は風力発電の経験が豊富でセットバック距離が大きい‐例えばドイツは1,000メートルのセットバックを作り出しています…ダン・シュミット |⑥ネブラスカ州:リチャードソンとオーククリーク郡区は風力タービンの規則を承認 |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発







<可決⇒⑤ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年9月17日





⑤ネブラスカ州
◇Savannah, Skull Creek townships approve wind turbine regulations
サバンナ、スカルクリーク郡区は風力タービンの規則を承認

(The Banner-Press|2015年9月17日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
richardson-and-oak-creek-townships-approve-wind-turbine-regulations/
article_99764771-d6ed-5c0b-bc59-347f70ec4154.html



ラリー・パース | The Banner-Press



ネクストエラ社代表:

セットバックは、
地域の風力エネルギー開発を排除します





さらに2つのバトラー郡の郡区の有権者は、
風力タービンの開発を制限する規則を制定しています。





火曜日の夜、
サバンナとスカルクリーク郡区の有権者は、
昨年春に風力発電計画が発表されたときに
組織された懸念する市民団体である
『ボヘミアンアルプス・ウィンド・ウォッチャー』によって
策定された安全規則を圧倒的に支持しました。





ベルウッドでは、
約30人のサバンナの有権者が
ベルウッド・コミュニティ・ホールに集まりました。

その後、ブルーノでは、
約50人のスカル・クリークの有権者が
ブルーノ・ファイヤーホールに詰めかけて
同じことをしました。

9月8日、デイビッド・シティを取り囲む
フランクリン郡区が規則を承認しました。





この規則はまた、
水曜日に集うように設定された
リチャードソンとオーククリーク郡区、
木曜日の夜にアビーに集う
リンウッド郡区でも提案されました。




議論の最中に、規則が裁判所で
疑問を呈されるという可能性があります。


フランクリン郡区の弁護士、
ジム・エグル氏は、
郡区はゾーニング規則を
可決できないという意見を述べた。




2つの規則が可決されました。

一つは郡区の地下に
高電圧の送電線を設置することを禁止しています。

もう1つは、風力発電開発や
郡区道に関連していない物件からの
1,640フィートのセットバックの要求で、
夜間にタービンで発生する騒音も制限されています。


※ 1640フィート = 499.87200 メートル




サバンナの有権者は、
そのセットバック規則に改正案を追加した。


この決定は、風力発電所開発者に
風力発電所を運転する前に
郡区道を元の状態に戻すことを要
求することであった(19-2)。




ブルーノでは、
NextEra Energy Resourcesの代表
リサ・サリバン氏(Lisa Sullivan)が、
同社の厳格な安全ガイドラインについて語った。

彼女は、より安全な規制が必要であると言った
人々の主張に対抗しようとした。




風力エネルギーの世界最大の開発者である
ネクストエラ社は、
北部と東バトラー郡と西サンダース郡に
112台の風力タービンを建設することを
提案しています。

同社はこれまでに
約12の財産権を取得しています。





サリバン氏によると、
風力開発者はすでに、
タービンを、家庭、灌漑ピボット、空港、
電気通信塔に近接して建設することが
できないため、
タービンの建設には限られた領域しか
持っていないという。

他の制限要因には、ワシの巣の位置や
他の野生生物への影響が考えられます。





サリバン氏は、1,640フィートの地点で
「この地域の風力発電開発を
廃止するであろう」と述べた。


※ 1640フィート = 499.87200 メートル




ネクストエラ社のプロジェクトはまた、
地方政府の財産​​に年間90万ドルの
財産税収入をもたらす可能性があると
彼女は言った。

資金は、学校や道路などの
公共のニーズを改善するのに役立ちます。




ネクストエラ社を代表する
オマハの弁護士のダビド・レビ氏は、
収益の影響はプロジェクト全体に及ぶため、
サンダース郡とバトラー郡に
分割されることを明らかにしました。





風力発電所のメンバーである
ブルース・ボステルマン氏は
ウェブスター郡のネクストエラ社の
コットンウッド・プロジェクトに言及して、
同社が気象レーダーサイトから
2マイル以内にタービンを建て、
その干渉が
人々を暴風雨の危険にさらす可能性があると
指摘した。

タービンは2マイル以上離れて
建設されるべきだと彼は言った。


※ 2マイル = 3.218688 キロメートル

 


レヴィ氏は、レーダー基地の運営者である
国立海洋大気局
(National Oceanic and Atmospheric Administration)が
タワーを承認し、
それらからの干渉を受けていなかったと
ボステルマン氏のコメントに反論した。




「レーダーサイトを運営している人々は
まったく問題はなかった」とレビー氏は語った。




スカルクリーク居住者のジム・Rerucha氏は、
隣人に風力タービンが
何十年にもわたって
存在すると考えてもらうよう促した。




「もしこれらのタービンが入ってくれば、
それらはここにいます(長期間)」と、
税収が入るかもしれないと説明したが、
農家は作物に農薬散布機を使用できず、
狩猟などの他の活動が
悪影響を受ける可能性があります。





「彼らはここにいるが、変化はない」と
彼は言った。
「これらの風力発電所が来ると、
あなたは終わりです。」




電力業界のエンジニアとしての
35年の経験を語ったJジャン・BBostelman氏は、
安全規制は最悪のタービン故障のシナリオに
基づいている必要があると述べました。





ドワイトのダン・シュミット氏は、
この規制を支持すると述べた。

彼は、ヨーロッパ諸国は
風力発電の経験が豊富で、
セットバック距離が大きいと述べた。





例えば、ドイツは
地方自治体の規制で
設定されている距離の約2倍の
1,000メートルのセットバックを作り出しています。






▽規則:


渡された規制の概要を以下に示します。


•郡区の中の町道、
通行権の与えられた通路と溝を含む町の資産の地下に
高電圧(480ボルトより大きい)送電線の設置の禁止。



•各タービンは、プロジェクトに関連付けられていない
所有者の敷地境界線から
1,640フィート以上離れていなければなりません。
各タービンはどの町道からも
1,640フィート以上離れていなければなりません。

※ 1640フィート = 499.87200 メートル


•規制はまた、タービンが午前7時から午後10時の間に
発生する騒音の量を制限し、
午後10時から午前7時の間の制限を下げます。
この制限は、建設前の騒音調査によって設定されます。



•また、タービンは、照明や干渉の問題を含む
連邦航空の要件を満たさなければなりません。
代替照明が許可されている場合は、
ストロボ照明を避ける必要があります。



•タワー支持台間の距離は、
最大ローターのサイズで計算された
最低限ローター直径の5倍の間隔でなければなりません。



•各タワーには、廃止の1年以内に除去と修復を保証するために、
タービンおよび関連するすべての支援基盤の除去手段、手順、
および債券またはそれに準ずる強制力のある資源について
概説する廃棄計画がなければならない。






ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー 

https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------




<可決⇒⑥ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年9月17日





⑥ネブラスカ州
◇Richardson and Oak Creek townships approve wind turbine regulations
リチャードソンとオーククリーク郡区は風力タービンの規則を承認

(The Banner-Press|2015年9月17日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
richardson-and-oak-creek-townships-approve-wind-turbine-regulations/
article_99764771-d6ed-5c0b-bc59-347f70ec4154.html




By Larry Peirce The Banner-Press




リチャードソンとオーククリーク郡区は、
風力タービンの開発に関連する安全規制を
大いに歓迎しました。

彼らの動きは、サバンナ、スカル・クリーク、
フランクリン郡区の有権者の例に続きました。





ドワイトでの水曜日の夜に、
リチャードソン郡区委員会は、
登録された有権者の69人が出席して
ドワイト消防館に集まりました。




その後、ブライナードでの
オーククリーク郡区の会合では、
117人の有権者と、
議事録を見たり、
見守ったりする20人ほどの人が、
米国在郷軍人協会ホールを満たしました。

リチャードソン郡区はバトラー郡の南東にあり、
オーククリークは北に隣接しています。




どちらの町でも、少数の人々だけが
規制を施行することに反対しました。





ブレインナードでは、
3つの異なる決定について
114-3、114-1および113-1の投票の発表に伴い
大きな歓声が寄せられました。




2つの規制が可決されました:
1つ目は、郡区の資産の地下で
高電圧の送電線の配置を禁止する。


もう1つは、風力発電所開発と関連していない
どんな資産からでも、そのうえ、郡区道からも
1,640フィートのセットバックの措置が必要で、
夜間にタービンで発生する騒音も制限されています。





別の措置が採択され、
郡区に規制を制定する権限が与えられました。


議論の最中に、
規制が裁判所で疑問を呈される可能性があります。





オマハの弁護士のダビド・レビ氏
NextEra Energy Resourcesの
プロジェクトマネージャである
リサ・サリヴァン氏も出席しました。

両方の会合で、レヴィー氏は、
州法の下で、郡区にゾーニング規則を
制定する権限がないという議論をしました。





郡区に助言していたリンカーンの弁護士の
グレッグ・バートン氏は、
州法では町の財産と道路へのアクセスについて
措置を取ることを
排除するものではないと反論しました。

両者は、この問題が郡区レベルの会議で
解決されないことに同意しました。





この規制は、昨年春に予定されていた
風力発電計画が策定された際に組織された
懸念された市民グループである
『ボヘミアンアルプス・ウィンドウォッチャー』によって
策定されました。




ネクストエラ社と協力している
土地代理店のヴェラ・マティス氏は、
ネクストエラ社の契約の下のセットバックは
タービン製造業者が推奨するものを
上回っていると言いました。

彼女はまた、ネクストエラ社と協力している
土地所有者との契約には、
土地所有者の利益のための廃止計画や
その他の保護手段が含まれているとも述べています。



マティス氏はまた、
土地所有者は、風力タービンのために
支払われる不動産税の長期的な利益が、
この地域の納税者全員の税金を引き下げていると
考えなければならないとも述べています。




「本当にぜひあなたは来て、
私たちの契約を見直し、
この法律に投票しないことを検討すべきです。」と
マティス氏は語った。



ネクストエラ・エネルギー・リソース社は、
北部および東部のバトラー郡で
最大112の風力タービンの複合体を建設することを
目指しています。





▽規則:



渡された規制の概要を以下に示します。


•郡区の中の町道、
通行権の与えられた通路と溝を含む町の資産の地下に
高電圧(480ボルトより大きい)送電線の設置の禁止。


•各タービンは、プロジェクトに関連付けられていない
所有者の敷地境界線から
1,640フィート以上離れていなければなりません。
各タービンはどの町道からも
1,640フィート以上離れていなければなりません。
※ 1640フィート = 499.87200 メートル


•規制はまた、タービンが午前7時から午後10時の間に
発生する騒音の量を制限し、
午後10時から午前7時の間の制限を下げます。
この制限は、建設前の騒音調査によって設定されます。


•また、タービンは、照明や干渉の問題を含む
連邦航空の要件を満たさなければなりません。
代替照明が許可されている場合は、
ストロボ照明を避ける必要があります。


•タワー支持台間の距離は、
最大ローターのサイズで計算された
最低限ローター直径の5倍の間隔でなければなりません。


•各タワーには、廃止の1年以内に除去と修復を保証するために、
タービンおよび関連するすべての支援基盤の除去手段、手順、
および債券またはそれに準ずる強制力のある資源について
概説する廃棄計画がなければならない。




ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー 

https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------
関連記事
-----------------------

<可決⇒①ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年3月2日

①ネブラスカ州
◇Wind farm developer turns attention to Butler County
風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める

(columbusnewsteam.com |2015年3月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/03/03/wind-farm-developer-turns-attention-to-butler-county/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

------------------------------

<可決⇒②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年4月20日

ぜひ!⇒
②ネブラスカ州
◇Wind farm opponents organize
風力発電所の反対派は組織化する

(The Banner-Press |2015年4月20日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/wind-farm-opponents-organize/
article_63e2aaaf-1c8e-5bdc-b985-d19a6db4d76e.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755

------------------------------------

<可決⇒③ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月10日

③ネブラスカ州
◇Butler County township passes wind turbine regulations
バトラー郡の郡区は、風力タービン規則を可決します
(The Columbus Telegram|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/news/local/
butler-county-township-passes-wind-turbine-regulations/
article_9f37ff4e-881a-5a66-aa3f-5c036163dade.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4441.html

------------------------------------

<可決⇒④ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月10日

④ネブラスカ州
◇Franklin Township approves wind turbine limits
フランクリン郡区は風力タービンの制限を承認
(The Banner Press|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/banner-press/franklin-township-approves-wind-turbine-limits/
article_9c323412-c2ba-59dd-bef1-84de0c992c45.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4441.html

-------------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html






2017-02-07 : ■可決⇒ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR