騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>ぜひ⇒15-オーストラリア:風力発電所の影響に関する寝室研究…室内の音量レベルは絶えずモニターされ、全体的に風力タービン症候群(WTS)と称される各々の人の睡眠の質、血圧、心拍数、神経認知機能と他の症状を監視します |これまでの経緯 / 前アボット政権の風力発電への対応/タービンの上院調査の最終報告書/原題:政府、風力発電への出資禁止を命令 // New⇒2016年6月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました / 終了しました⇒2月27日/集会:スマートメーターは要らない! 健康影響、プライバシー侵害を考える  | エネファームの影響調査エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ)







<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>





2016年3月22日






ぜひ!⇒
15-オーストラリア
◇Bedroom study on wind farm impacts
風力発電所の影響に関する寝室研究

(news.com| 2016年3月22日)
http://www.news.com.au/national/breaking-news/
bedroom-study-on-wind-farm-impacts/news-story/0e337cda995dc85fb2d2d67d6da641bd





Margaret Scheikowski,AAP




大勢の人は、6ヵ月の間
彼らのベッドルームで
新しい風力発電所健康研究の一部として、
「聞こえない音」にさらされます。




その他の人は、専用の実験室での
3日間の期間にわたって
タービン、大きな交通騒音と
静寂から放射する超低周波不可聴音にさらされます。





インフラサウンド(超低周波不可聴音))は
人間が聞くことができない
非常に低い音の周波数の波を指します。






二つの研究は、
クリーンエネルギー源は、
健康上の問題を
引き起こすかどうかを発見するために
シドニーの
ウールコック医学研究研究所によって主導されます。





「彼らの健康が損なわれていることを
確信している多くの居住者と、
それが彼らの想像力で
すべて空想であると確信する他の人と、
これは熱く討議された領域です」と、
主任研究者、
呼吸器内科医ガイマークス教授は述べています。





オーストラリアは、
およそ2000台のタービンを収容している
75以上の風力発電所があります。






最初の研究において、
40人は、異なる週末に学会の研究所で
超低周波不可聴音、沈黙と交通騒音にさらされます。






住居の研究に
120のNSW(ニューサウスウエールズ州)の
世帯が関係します。

そして、それは
特注装置を6ヵ月の間
彼らのベッドルームに取り付けておきます。




参加者は、彼らの装置が
彼らを超低周波不可聴音にさらすかどうか、
または、彼らが
超低周波不可聴音をリリースしない
見せかけの装置を持っているかどうかわかりません。






「彼らはベッドサイドのテーブルと
ほぼ同じサイズのボックスを受け取ります。」と
調査者のナサニエル・マーシャル准教授は
AAPに話しました。





一人の音響エンジニアは、
研究に使用するため
ビクトリア州の
ケープブリッジウォーターの風力発電所から
放射された音波を記録しています※。






室内の音量レベルは絶えずモニターされます、
そして、複数のテストは
全体的に風力タービン症候群(WTS)と称される
各々の人の睡眠の質、血圧、心拍数、
神経認知機能と他の症状を監視するために動きます。






多くの研究者や他の人が
病気は全く精神的であると主張する一方で、
風力発電所の近くに住む一部の人々は
彼らのWTS(風力タービン症候群)は
風力タービンで発生する
超低周波不可聴音(インフラサウンド)に起因すると言います。






国立保健医療研究委員会は、
試験を実行させるために、
5年間で学会に194万ドルを与えました。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




※ 一人の音響エンジニアは、
研究に使用するため
ビクトリア州の
ケープブリッジウォーターの風力発電所から
放射された音波を記録しています。


上記については
ブログカテゴリ
<ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
参照してください。





======================
これまでの経緯
======================


※ オーストラリアの与党自由党は2015年9月14日、
  首都キャンベラで党首選を行い、
  党首のアボット首相が、
  通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
  ターンブル氏に敗れました。



  風車の健康被害に
  大変な理解を示されていたアボット首相から
  ターンブル首相へ変わり、
  風車と健康問題への影響が心配されます。


  ・前アボット政権の風車と健康問題の歩みについては

  ブログカテゴリ
  ≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫


  ・風車による健康被害はないと声明を出した
   オーストラリア医師会へ、
  これまで風車による健康被害を研究・発信された
  たくさんの医師を含む専門家の方々による公開書簡は
 
  ブログカテゴリ
  <オーストラリア医師会への公開書簡>


  ・2015年、風力発電会社パシフィック·ハイドロ社は
  彼らの家を放棄し、
  法的措置を検討することを計画している
  何人かの住民と、
  ビクトリア州ケープブリッジウォーターの風力発電所の
  近隣住民に可能性のある影響に関する調査を
  音響の専門家スティーブン·クーパー氏と共に行いました。

  クーパー氏は、その調査で
  被害と風車の稼働との関連性を見つけました。
  その後、パシフィック·ハイドロ社は風力発電所を売却しました。

  その一連の流れについては    
  
  ブログカテゴリ
  <ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
  参照してください。


  ・新ターンブル政権と風車については

   当該ブログカテゴリ
  <オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>で
  展開しています。




----------------------
  関連記事
----------------------





2015年9月14日



◇豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ
(産経ニュース|2015.9.14)
http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html




 【シンガポール=吉村英輝】

オーストラリアの与党自由党は14日、
首都キャンベラで党首選を行い、
党首のアボット首相が、
通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
ターンブル氏に敗れた。


地元メディアによると、投票結果は54対44。

ターンブル氏はアボット氏に代わり首相に就任する。




ターンブル氏は14日、
「国が必要とする経済政策を進める指導力がなかった」と
アボット氏を批判して党首選を行うよう要求し、
通信相を辞任。




これを受け、アボット氏は
「混乱をとめねばならない」として、
党首選を14日夜に実施した。





アボット氏に対する不信任を示唆した
ビショップ外相が務める副党首ポストについても
選挙が行われたが、
圧倒的な支持を得て
副党首にとどまることが決まった。





アボット氏を支持した党幹部も多く、
ターンブル氏は大幅な人事刷新で
新内閣を発足させる見通し。





ターンブル氏は
2008年9月から自由党党首を務めた。

09年12月の党首選で
アボット氏に小差で敗れたが、国民の間では人気が高い。



支持率が低迷するアボット首相に
党首交代を求める動きは、今年2月に続き2度目。

このときは党首選に至らず
アボット氏が続投を決めたが、
この際に約束した
半年間での党勢立て直しが進んでいないとし、
党内からも批判が出ていた。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




============================================
オーストラリアの
再生可能エネルギー・ターゲット制度
(Renewal Energy Target、RET)について
============================================



◇再生可能エネルギーの見直しは 投資家を神経質に
(日豪プレス|2015年5月6日)
http://nichigopress.jp/account/taxacc/95717/



アーンスト・アンド・ヤング 税務ディレクター
ジャパン・ビジネス・サービス 
裕子カーンズ




オーストラリア政府は近年、
再生可能エネルギー・ターゲット制度
(Renewal Energy Target、RET)を見直しました。

これによって、
投資家の信頼喪失という結果につながり、
立法リスクがいかに税政策に
影響を及ぼし得るかを浮き彫りにしました。

ほかの諸国は
ここからどのような教訓を引き出せるでしょうか?

今月号ではEYオセアニア地区の
電力セクター税務リーダーである
ポール・ラクソンの見解を以下にご紹介します。


・・・・・・・


RET見直しを受け、
総額150億米ドルの
大規模再生可能エネルギー・プロジェクトが
一時中断となり、
過去18カ月間資金調達もほとんどまとまりませんでした。

世界最大の集光型PV太陽光発電所
(ビクトリア州、ミルデューラに100MW規模)の
建設計画も、卸売価格の低さと
RETの見通し不透明性から、中止されました。


・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





===================
  関連記事
===================





※ タービンの上院調査の最終報告書

■Select Committee on Wind Turbines
風力タービン特別委員会ーオーストラリア

http://www.aph.gov.au/select_windturbines


■最終報告書ーオーストラリア
http://www.aph.gov.au/Parliamentary_Business/Committees/Senate/Wind_Turbines/Wind_Turbines/Final_Report


======================

2015年6月15日
Australia Senate Select Committee on Wind Turbines
風力タービンの上院特別委員会



■ダウンロード原本:
「風力タービンの上院特別委員会:中間報告」

http://www.aph.gov.au/ Parliamentary_Business/Committees/
Senate/Wind_Turbines/Wind_Tur .... d_farms_human_health_0.pdf



===================

■ソース

Clean Energy Finance Corporation directed by Government to stop funding wind farms
http://www.abc.net.au/news/2015-07-12/government-lobbies-for-cefc-to-stop-wind-farm-funding/6613590

(原題:政府、風力発電への出資禁止を命令)





==================
関連記事
==================

<オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月30日

1-オーストラリア
◇Support for wind energy growing
風力エネルギーの成長に対するサポート

(The Courier | Sept. 30, 2015)
http://www.thecourier.com.au/story/3392480/support-for-wind-energy-growing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

マルコム・ターンブルが
1週間前にリーダーシップを引き継いで、
新しい風力発電所は現在、
クリーンエネルギー政策金融公庫からの
資金提供の対象となることが表示されます。

その動きは、前トニー・アボット首相の下で、
100億ドルの会社が
風力プロジェクトに
投資することができなかったという
7月の政府の論争の的となる命令と異なります。

しかし、ナショナル・コーディネーター
『オーストラリア・ウィンド・アライアンス』
アンドリュー・ブレイは、
再生可能エネルギー目標に関しては
非常に肯定的なコメントと共に
変化は、業界の信頼性を高めたと述べました。


-----------------------

2015年10月1日

2-オーストラリア/動画/画像
◇Scientist who likened wind industry to Hitler floated as potential Turnbull government adviser
ヒトラーに風力産業をなぞらえた科学者は、潜在的なターンブル政府の顧問として浮きました

(The Sydney Morning Herald | October 1, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/political-news/
scientist-who-likened-wind-industry-to-hitler-shapes-as-potential-turnbull-government-adviser-20150930-gjyijg.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

デイビッド・レヨンフジェルム上院議員は、
風力タービンが人間の健康に悪影響を及ぼすと
強く思っている
ニュージーランドに拠点を置く
科学的なコンサルタントの
ブルース・ラップリーを含む
何人かの候補を提案しました。

ラップリー博士の立場は、
風力発電所が
直接健康問題を引き起こすことについて
信頼性や一貫性のある証拠が
存在しないという
国立保健医療研究評議会による調査結果と
対立しています。

---------------------
2015年10月9日

3-オーストラリア
◇Turnbull government appoints Australia’s first wind farm commissioner
ターンバル政権は、オーストラリア初の風力発電所委員を任命します

(The Age | October 9, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/
political-news/turnbull-government-appoints-australias
-first-wind-farm-commissioner-20151009-gk560t.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3474.html

オーストラリア初の風力発電所の委員は、
3年間の役割を引き受けるために、
テレコミュニケーション・ウォッチドッグの
元会長、アンドリュー・ダイアーが、
ターンブル政権によって任命されました。

通信産業オンブズマンの前議長であるだけでなく、
ダイアー氏は、以前USに拠点を置く
ブライトソース・エナジーの責任者でもありました。
そして、それは
太陽熱のテクノロジーを開発します。

彼は、現在いくつかの委員会を務め、
モナッシュ大学の副総長の
プロフェッショナル・フェローです。

ダイアー氏は、過去に数回、
再生可能エネルギーについて書きました。

2011年に彼は、
クリーンエネルギーのための
全国ブロードバンド株式会社と
同等のものを提案し、
また、クリーンエネルギー・ファイナンス・
コーポレーション及び
再生可能エネルギーのための
他の政府融資や助成金制度のアイデアを
好意的に書いています。

これに応答して、
クリーン・エネルギー会議のヘッドの
ケーン・ソーントンは、
ダイアー師の指名を歓迎して、
この指名が、
産業が「過去2、3年の間、
少数の連邦上院議員によって擁護された
風力発電所に関する陰謀説のいくらかを
吹き飛ばすのを助ける」と予想すると
言いました。

---------------------
2015年10月11日

ぜひ!⇒
4-オーストラリア
◇Wind farm watchdog’s powers ‘not enough’ for crossbench senators
風力発電所の監視の権限は、無所属上院議員の要求を満たさない

(The Australian | 10 October 2015)
http://www.wind-watch.org/news/2015/10/11/wind-farm-watchdogs-powers-not-enough-for-crossbench-senators/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html

グラハム・ロイド

連邦政府は、風力タービン騒音と
健康を監視するために設けられる
科学的な委員会の勢力に関して
無所属上院議員への関与から
「手を引いた」として訴えられました。

オーストラリアの再生可能エネルギー産業は、
苦情を処理するために
昨日、任命された新しい風力発電所の委員と
独立した科学委員会と協力し、
健康上の懸念や
低周波ノイズの監視に関するアドバイスを
提供することを約束しました。

環境大臣グレッグ・ハントは、
今年始め長い上院委員会調査の後
政府と無所属上院議員の間で
協定を履行すると言いました。

しかし、委員会に所属した
上院議員デビッド・レヨンフジェルムは、
政府が再生可能エネルギー目標の
法案の通過を確実にするために作られた
その約束に達しなかったと言いました。

「ハント氏は彼の約束を破りました、
無所属議員が、
将来的に彼の事業のいずれかを
信じることができるかどうか、難しいです。」

---------------------

<5-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月12日

5-オーストラリア/画像
◇Just a lot of hot air? First Wind Farm Commissioner appointed
すべて無意味? 最初の風力発電所委員は任命されます

(Government News|October 12, 2015)
http://www.governmentnews.com.au/2015/10/just-a-lot-of-hot-air-first-wind-farm-commissioner-appointed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3477.html


電気通信事業オンブズマン委員会の
元会長のアンドリュー・ダイアーの
3年間の指名は、
今年8月に報告された
風力タービンの上院委員会調査の後、
政府と合意した無所属上院議員を
なだめるように作られました。

これはまた、
国の再生可能エネルギー目標の下で
電力用天然林木材の燃焼を含ませるという
アンチ風力発電の無所属議員との契約の一部でした

しかし、新しく任命されたダイアー氏は、
気候変動懐疑論者ではなく、
あるいは再生可能エネルギーの反対派ではありません。

委員の任命に伴い、
政府は、ノイズの測定に
アドバイスを提供することを含む
可能なタービンの健康や環境への影響の
研究を行うために、
RMIT特任教授ジョン・デイビーが率いる
科学委員会を、形成しています。

委員会は、「科学と健康と環境に関する
低周波騒音と超低周波不可聴音を含む
風力タービンからの音の
潜在的影響のモニタリング」を改善することの
責任を負いました。

しかし、鎮められるどころか、
無所属上院議員は、
委員会の調査権が
あまりにも弱すぎることを訴えて、
彼らは、最初の契約を破ったと
環境大臣グレッグハントを非難しています。

ダイアー氏には、新しい風力発電所の建設
または現在の発電所の活動を削減する権限がありません。

-----------------------------
<6-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

ぜひ⇒
6-オーストラリア
◇NSW health minister says concerned about impact of wind farms
NSW州の厚生相は、風力発電所の影響について懸念を述べる

(Reneweconomy.com|16 October 2015)
http://reneweconomy.com.au/2015/nsw-health-minister-says-concerned-about-impact-of-wind-farms-97503

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3478.html

新型の連邦連立と
数多くの同情的な州政府から出てきている
大規模な再生可能エネルギーについての
心強い議論にもかかわらず、
オーストラリアの風力産業は、
決して危険を脱していません。

『ヤストリビューン』からの報告によると、
会議に出席したおおよそ150人のうち、
大半は風力発電所の設立に反対していました、
そして、ゴーワドはそれらの内の一人でした

「健康上の問題を持つ何人かの人々がいます

… それは明らかに心因性ではありません。」と、
ゴーワドは言いました。

「それらは景観へのインパクトや
地価に関して直接的な影響を持っています。」

------------------

<7-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

7-オーストラリア
◇Wind turbines continue to create noise
風力タービンは、騒音をつくり続けます

(Yass Tribune | Oct. 16, 2015)
http://www.yasstribune.com.au/story/3425114/wind-turbines-continue-to-create-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3510.html


-----------------------------

<8-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月19日

8-オーストラリア
◇Assistant Health Minister Pru Goward says wind turbines must be probed over ‘pressure waves’
副厚生相プルー・ゴーワドは、風力タービンは『圧力波』について徹底調査されなければならないと言います

( The Sydney Morning Herald | October 19, 2015 )
http://www.smh.com.au/environment/
assistant-health-minister-pru-goward-says-wind-turbines-must-be-probed-over-pressure-waves-20151019-gkck5s.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html


副厚生相のプルー・ゴーワドは、
ベアード政権内の分裂を引き起こしました
そして、風力発電所の近くに住む住民の
健康影響への徹底的な調査要求のために
厳しい非難を浴びました。

ゴーワドさんは、
フェアファックス・メディア・タービンの
ブレードから生じた圧力波が、
5キロ離れた場所で暮らす人々の
「頭蓋骨で鳴り響く」と、
月曜日にさらに踏み込みました。

保健省は、しかし、
「オーストラリア有数の健康研究機関」の
国立保健医療研究評議会に
仕事をするように指示して、
ゴーワドさんのコメントから
間隔を置こうとしました。

-----------------------------

<9-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月29日

9-オーストラリア
◇NSW Department of Planning rejects wind farm’s application for Tarago project
NSW州計画省は、ターラゴープロジェクトへの風力発電所の申請を拒否します

(The Canberra Times | October 29, 2015 )
http://www.canberratimes.com.au/act-news/
nsw-department-of-planning-rejects-wind-farms-application-for-tarago-project-20151028-gklgqi.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3512.html


-----------------------------

<10-オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月25日

10-オーストラリア
◇Winds of change blow as Turnbull government shifts towards renewable energy
変化の風が吹いて、ターンブル政権は再生可能エネルギーの方にシフトします

(news.com.au | 2015年9月25日 )
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/25/
winds-of-change-blow-as-turnbull-government-shifts-towards-renewable-energy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3855.html

--------------------

<11-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月11日

ぜひ!⇒
11-プレス・リリース 、オーストラリア
◇Hidden documents reveal expert advice on health dangers from wind farms ignored
隠された文書は、無視された健康の危険性に関する専門家のアドバイスを明らかにする
(風力エネルギー・クイーンズランド/Friends against wind|2015年12月11日)
http://en.friends-against-wind.org/news/wind-energy-queensland-media-release

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3865.html

「専門家の報告書は、
提案されたクイーンズランド州政府風力発電コード
(バージョン2)が
住民の健康と福祉を保護しないこと、
そして、
環境価値を保護しないことを明らかにしました。

「RTIの下で得られた文書は、
これらの懸念が
企画部または計画担当大臣に伝えられなかったことを
明らかにします。」

----------------------
<12-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月14日

12-オーストラリア
◇Federal Government lifts Tony Abbott’s wind farm investment ban
連邦政府は、トニー・アボットの風力発電所への投資の禁止を解きます
(ABCニュース|2015年12月14日)
http://www.abc.net.au/news/2015-12-13/abbots-wind-farm-investment-ban-lifted/7024164


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3866.html


連邦政府は、
最初に元首相トニー・アボットが導入した
風力発電所への投資の禁止を解除しました。


※ 再生可能エネルギー 政策支援について

■オーストラリア貿易促進庁
オーストレード
再生可能エネルギー 政策支援
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/Buy-from-Australia/Industry-Information/CE-Policy-Support

-----------------------------

<13-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア
◇China state firms seen boosting green energy investment in Australia
中国の国有企業がオーストラリアの自然エネルギーへの投資を促進しているのが見られます
(news.yahoo.com/ロイター|2016年3月22日)
http://news.yahoo.com/china-state-firms-seen-boosting-green-energy-investment-064523878--finance.html


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3868.html


「中国企業は、常に我々の法の支配、
我々の為替リスクと安定した経済を好みます。

彼らは、再生可能エネルギーが好きで、
彼らはまた、ポールとワイヤーも好きです、
なぜなら、
収益は規制によって支えられているからです。」


* 詳細な記事が『Americaforce』様のサイトで公開されています。

ぜひ!⇒
■中国国営企業がオーストラリアで自然エネルギーに投資
(Americaforce|2016年03月23日 )
http://www.americaforce.com/archives/57064857.html


-----------------------------

<14-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
14-オーストラリア
◇Studies to investigate wind turbine syndrome
研究は、風力タービン症候群を調査します
(AJP | 2016年3月22日)
https://ajp.com.au/news/studies-investigate-wind-turbine-syndrome/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3869.html


国立保健医療研究委員会は、
ヒトの健康に対する風力発電所の影響の
根拠に基づく理解を豊かにするために
330万ドルとなっている2つの補助金を与えました。

サウスオーストラリア・フリンダーズ大学の
NHMRC(国立保健医療研究委員会)資金による研究は、、
風力発電所の騒音と影響、
例えば不快感と
減少した睡眠と生活の質の関係を調査します。

ニューサウスウェールズ大学での研究は、
風力発電所の近くに住む人々の
健康に影響を与える可能性について
より広範な社会的、環境的状況を調査します。

シドニーのウールコック医学研究研究所からの
二回目の調査の研究者は、
2つの試験を実行する予定です、
1つは実験質で、もう一つは住宅内で、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を調査します
― タービンから放射される不可聴音
― ここに与える。

■Woolcock Institute of Medical Research
ウールコック医学研究研究所
http://woolcock.org.au/

-----------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New⇒
2016年6月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2016年6月19日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30時
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




=====================


終了しました⇒

【このメールは拡散歓迎です】


催しのご案内

集会:スマートメーターは要らない! 健康影響、プライバシー侵害を考える
日時 2016年2月27日(土)13時45分~16時半(開場13時15分)
場所 文京シビックセンター4階シルバーホール

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


内容・報告者(敬称略)

 「スマートメーターとは何か、その問題点」 網代太郎(電磁波問題市民研究会事務局)
 「スマートメーターの電磁波測定結果」 鮎川哲也(電磁波問題市民研究会事務局)
 「スマートメーターによる健康被害を受けて」 東麻衣子(アナログメーターの存続を望む会)
 「スマートメーターを設置した東電との闘い」 渡邊幸之助(電磁波問題市民研究会会員)

主催 電磁波問題市民研究会
協賛 NPO法人市民科学研究室
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
資料代  1000円
問い合わせ 大久保(電話047-406-6608) またはメールで


■開催趣旨
 国は全ての電気メーターを2020年代の早い時期までに
スマートメーターへ交換する方針です。

 ほとんどのスマートメーターは
電波(電磁波)によって通信します。
携帯電話からの電波など、
国の基準を下回る強さの電波を浴び続けることで、
がんになるかもしれないと
「国際がん研究機関」は表明しています。


米国などでは、スマートメーターによる
健康被害の訴えが多く出ています。


 また、30分ごとの電気使用量データが
知られることはプライバシーの侵害であり、
この情報が漏れたら空き巣などの犯罪にも
巻き込まれかねません。

 電力自由化により小売業者を変更する場合は
「スマートメーターの設置が必要」と説明されます。

しかし、小売業者変更のために
スマートメーターが必要になる技術的な理由はなく、
政策上の理由から小売業者変更に乗じて押し付けているだけです。

 スマートメーターとは何か、
そして、その問題点を考えてみませんか?

 改善した電磁波過敏症が
スマートメーター設置後に悪化した東さんが、
大阪からお越しくださる予定です。


お誘い合わせのうえ、ご参加ください。


■お願い

 当日は電磁波・化学物質過敏症の方々が参加されます。
会場内および周辺では
携帯電話等の電波が出る装置の電源をオフにしてください。


 また、以下はお控えください。

・香りが強い化粧品・香水等の使用
・香りが強い洗剤・柔軟剤を使った衣服の着用
・防虫剤のにおいが強い衣服の着用



案内チラシ
http://dennjiha.org/160227.pdf






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



◇エネファームの影響調査エネファームの影響調査
(ロイター|2015年 11月 27日)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/27/idJP2015112701001692

 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は27日、
ガスを使って電気とお湯を供給する家庭用設備
「エネファーム」や「エコウィル」の影響で
不眠などの健康被害が出たとの申し出を受け、
運転音や振動と症状との関連を調査することを決めた。


 エネファームはガスの化学反応で、
エコウィルはガスでエンジンを動かしてそれぞれ発電し、
廃熱を給湯に利用する仕組み。

家庭用コージェネレーション(熱電併給)設備と呼ばれる。



 消費者事故調などによると、
エネファームとエコウィルは
それぞれ10万台以上が販売されている。


事故調などには被害相談が
今年10月までの約4年間で32件寄せられた。


【共同通信】


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



=======================


≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。


 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。

 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。



============================


<論文:有害な健康影響と産業風力タービン>

2010年3月31日

ぜひ!⇒
◇Proposed Case Definition: Adverse Health Effects and Industrial Wind Turbines
提案された症例の定義:有害な健康影響と産業風力タービン

(Society for Wind Vigilance|2010年3月31日)
http://www.windvigilance.com/about-adverse-health-effects/
proposed-case-definition-adverse-health-effects-and-industrial-wind-turbines

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html?sp


■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



McMurtry, RY,

Toward a Case Definition of Adverse Health Effects
in the Environs of Industrial Wind Turbines:


Facilitating a Clinical Diagnosis,
Bulletin of Science Technology & Society 2011 31: 316,

DOI: 10.1177/0270467611415075,




======================

人々は産業用風車の稼働と関連して発症した
健康への悪影響が報告されています。


記載された症状は、世界的に一貫しています。


健康への悪影響や
産業風力タービンとその研究に関連した
方法論の問題の複雑さは、
集団と犠牲者の、総合的で体系的、
かつ統合された研究の必要性を示します。



疫学および臨床評価は、
犠牲者の睡眠研究を含むことが必要とされます。



『ソサイエティー・フォー・ウィンド・ビジランス』は、
産業用風力タービンの稼動に関連した症状の
複雑なセットを呈している患者の評価にあたり
臨床医を支援するために、このケースの定義を提案します。



より多くの知識が得られるので、
このケース定義は修正されます。


◾産業用の風力タービン設備の2.0キロ以内の生活

◾産業用風力タービンの起動後3ヶ月までに
ほとんどすぐに発現している
新しいか悪化する症状および/または徴候

◾産業用風力タービン設備のゾーンから
少なくとも5.0キロ、移動したとき
症状および/または徴候の改善

◾2.0キロ以下で
産業用風力タービンに再曝露した時に
徴候/症状の再発


最も一般的な徴候や症状は

◾睡眠障害
◾生活の質の低下
◾ストレスまたは精神的な苦悩
◾内耳の症状
◾頭痛
◾過度の疲労感


それほど一般的ではない

◾動悸
◾高血圧
◾片頭痛
◾認知障害
◾胃腸問題


治療単位:
健康への悪影響は、時間とともに悪化するかもしれません

処置:
産業用の風力タービン設備の環境から
離れること以外、
利用可能な直接的な治療はありません。


他の処置:支持療法あるいは緩和ケア


次の方々に承認されました

ロバート・マクマートリー、Md、FRCS(C)、FAC
マイケルA. Nissenbaum博士
ロイD.ジェフリー博士、FCFP(Can)
クリストファー・ハニング、理学士、MB、BS、MRCS、LRCP、FRCA、Md
ジョン・ハリスン博士
リチャード・ジェイムズ、INCE
デイビッドL.ホワイト、EET、CMBB
ブレット・ホーナーBA、CMA
ベス・ハリントン、BMUS
カルメン・クロー、理学士(薬学)



■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp



-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp





2016-03-31 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR