騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<31-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>31-マサチューセッツ州:トロイズ・テーク:和解させる地方の失望の四連勝単式を調停すること…私は、和解が可能であると思っています。それは容易ではないだろう、それが高価になるだろうが、それは可能です…Troy Clarkson  |これまでの経緯 |ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました / NEW⇒ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 | 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です










<31-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>





これまでの経緯:


町の廃水処理施設にあるタービンは、
設置以来、論争に悩まされました。

隣人は、騒音とその操作による悪影響について
苦情があり、
町はいくつかの面に関連した訴訟で
ロックされ続けます。



※ Cape Cod Times ( Apr. 1, 2015)より
引用しました。
http://www.capecodtimes.com/article/20150401/NEWS/150409946/


==================




[タービン訴訟事件のタイムライン]




2009年:

ファルマスの2台の町が所有する
風力タービンで最初のもの
「ウィンド1」の設置が、
廃水処置設備で始まります。





2010年3月:

「ウィンド1」は、稼働になります。




2010年8月:

ニールとエリザベス・アンデルセンは、
町が特別な許可なしで
「ウィンド1」を実行させることによって
条例に違反したという根拠に関して、
町の建築委員のEladioゴアに対して、
行動を求めます。




2010年9月:

建築委員は、アンデルセンの要請を拒みます。




2011年3月:

控訴ファルマスゾーニング委員会は、
ゴアの判決を支持します。




2013年1月と2月:

他の、類似した事件と
アンデルセンの事件を統合した後、
非陪審審理は、
バーンステーブル高等裁判所の判事
ロバートルフォの前に保持されています。





2013年6月:

Rufoは、町の支持を裁定します。





2013年9月:

居住者は、
マサチューセッツ控訴裁判所に
訴えを提出します。






2014年9月: 口頭弁論が持たれます。




2月: 控訴裁判所は、
居住者の支持でRufoと規則を覆します。





3月:

町は、支配している控訴裁判所を
ひっくり返すために、
最高裁判の法廷に
さらに上告事件を審理するチェックを請願します。








※ 以下の記事より引用しました。

26-マサチューセッツ州
◇Falmouth selectmen to meet Monday on turbine future
ファルマス都市行政委員は、タービンのことでこの後の月曜日に会うことになっています
(Cape Cod Times | Jun. 7, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150607/NEWS/150609522/





==================





2015年6月12日付け記事




31-マサチューセッツ州
◇Troy’s Take: Reconciling the superfecta of local letdowns
トロイズ・テーク:和解させる地方の失望の四連勝単式を調停すること

(The Enterprise | June 12, 2015)
http://www.capenews.net/columns/
troy-s-take-reconciling-the-superfecta-of-local-letdowns/
article_84d55ca4-110c-11e5-93a0-1b824cc0274d.html




Troy Clarkson




マサチューセッツ州最高裁判所の拒否、
私たちの連邦で最高の法廷、
adjudicatoryフォーラム、
ファルマスの風力タービンに関連した
事件を聞くために、
効果的にマシンが建立されたプロセスを
介しての適性の質問の司法審査を終了し、
影響を受ける隣人の勝利ではなかったです。

これは喜ぶべきものではありませんでした。







町に、それ自身の規則に束縛されるという
メッセージを送るというSJCの決定は、
単にこれでした:

驚くべき5年の悲しみの判決と
この問題がなってしまったという
信任の危機。





街にはダンスがなかったです
— 隣人の多くが、
まだ、有害な影響なしで
多くの時間を外で過ごすことができないので。

計画された陽気な賑わいはありません。

原告からの「やった! 」はありません
— 市民、我々の隣人


・・・・・・



本当に、そして、
ああ、これは、祝うという決定ではありません。






「今度は何?」




現在、彼らは正しく始めることができます。

現在、彼らは、大きく開いたままだった
空洞のある傷を癒やし始めることができます
— 巨大でまだ増え続ける訴訟費用から、
情け容赦ない憤りから
— 話によれば人々にとって、
しかし、人々に対して
残念なことに、人々によって、
そして、それが始まった公共政策の失敗から
資金を供給します、
善意の、財政的に、そして、
環境的に持続可能な努力、
しかし、壮大な失望と財政的な災害として
段階的に縮小しませんでした。







一年前、
マス・クリーンエネルギーセンター(CEC)が
鼻を問題に突き刺して、
町にひも付きで
これらのすごい機械の法廷命令による
シャットダウンによる
高まる損害を救済する金を提供したとき、
私は以下の考えを提供しました:







「町は今、これらの意味された
金儲けマシンで、
毎年お金を失っていることは、明白です。

町がこの不運なプロジェクトに関連した
その訴訟事件で、
明らかに苦しい戦いに直面していることも、
明白です。

実際、CECの自身のレポートは、
次のように考えます、
『見通しは、町が財政的に
成し遂げることができる結果のために、
せいぜい不確かです。』



町が自暴自棄から行っていて、
短期財政的な増加のために
将来の財政的な破滅の危険を冒す用意があることは、
明白になっています。

それは決して良い考えでなくて、
取引が隣人と納税者の
継続した苦しみを含むとき
最も疑いなく恐ろしい考えです。

マサチューセッツCECからの
この利益の受領は、
その最も単純な用語では、
町がさらにこの問題の解決を遅らせて、
将来の委員会に解決策を押し付けることです。

我々自身のゾーニング委員会は、
これらのタービンを迷惑と宣言しました。


我々の都市行政委員は意見が異なり、
ZBAを訴えています。

若干の意思決定権限を
彼らに売ることによって
MassCECをテーブルに加えることは、
すでに痛々しいほど複雑な難問を
混乱させるだけです。」


これらの点は、おそらくそれ以上に、
今日でも本当です。

ローカルな失望の
この嘆かわしい超連勝単式への
SJCのスマックダウンの上の杭は、
町の信憑性について
最終的な棺の釘である場合があります。







国民の信頼、国民の信認、
および公的説明責任の
どんな一口でも維持するために
続行する唯一の方法があります:




和解させる




町はタービンを解体することによって
隣人と和解することができます。


町は、今は毎年、
数十万ドルも損失を出血している傷口を閉じて、
タービンを支持する人も含め
納税者を和解させることができます。


その他の訴訟事件を終了して、
弁護士のための
金を儲けることを除いて何も達成していない、
拮抗的で確実に弱くて
難攻不落の法的措置から逃げることによって、
町は訴えのそれ自身のゾーニング委員会を含む
訴訟当事者とその流れを
仲直りさせることができます。






私は、和解が可能であると思っています。

それは容易ではないだろう、
それが高価になるだろうが、それは可能です。


SJCへの町の不成功の嘆願書の訴訟当事者の1人、
マーク・クールは、
「市民権は、価値ある贈り物です」と、
今週、指摘しました。

多くの場合、
他の市民に重要な教訓を教えている働き。

私は、我々のコミュニティが
新しいレッスンを計算して、
それにより恵まれていると思っています。」






町に対する訴訟の敵の1人
- 市役所との戦いに成功しました
— にもかかわらず、
彼のコミュニティを信じて、
レッスンが町の間違いを通して、
そして、彼の痛みを通して
学ぶべき教訓があると考えています。

我々が市庁舎に
同じように入ることができるときに
和解が開始されます。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






=======================


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2263.html



ぜひ!→   
マサチューセッツ州   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319




マサチューセッツ州
◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353



======================



▼ 2015年2月26日、裁判所は、
町の排水処理施設に建立された
ツインの風力タービンの一つである
『ウィンド1』の2009年の設置について
まちづくり委員と控訴ゾーニング委員会を提訴した
近隣住人の集団に有利な※判決を下しました。

■裁判所の判決(2015年2月26日)
Drummey et al. vs. Falmouth et al. – appeals court order
ドラミー ほか 対 ファルマス ほか、 – 上訴裁判所命令

https://www.wind-watch.org/documents/drummey-et-al-vs-falmouth-et-al-appeals-court-order/




■ダウンロード、オリジナルドキュメント(2015年2月26日)
“TODD DRUMMEY & others vs. TOWN OF FALMOUTH & others”
『トッド・ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか』

http://docs.wind-watch.org/Drummey-v-Falmouth-Appeals-Court-decision.pdf





==========================



※ 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令

■ 裁判官クリストファーJ·ミューズの判決
■ 暫定的差止命令‐2013年11月

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2013/11/
falmouth-superior-ct-21Nov2013.pdf



=======================



■関連記事リスト

※ 作成中





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





-------------


盛会を持って終了しました。

遠方よりのご参加をありがとうございました。

厳しい状況が続きますが、頑張りましょう。

2015年7月5日 午後6時
おとしん 若林

---------------------

New!⇒
岡田先生がご出席されます。

ふるってご参加ください。




2015年7月5日 懇親会が決定しました


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)



場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



==================================


※ 終了しました!

遠方よりのご参加を、ありがとうございました。

次回は、7月5日です。



おとしん 若林


--------------------------

 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



============================


ぜひ!⇒
1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht






















2015-07-31 : ☆マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR