騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

≪音と健康≫ [風力研究 ー 報告書案] バーモント州:NVDAは報告します: 大きい風車は、放出を抑制するための間違った戦略です | ぜひ→ ノバスコシア州:居住者は、風力タービンが健康と家の価値を害したと言います | <健康調査> スコットランド:風力発電所は、コミュニティを囲む際に、健康問題のクレームの後調査されます…超低周波音と低周波騒音の監視が少しの環境アセスメントにも含まれないことはおかしいです…元陸軍大尉アンドリュー・ビーバーズ |関連記事| 2014年に顕微鏡の下に入る風力発電所の影響 | 風力発電所を禁止する努力中の保健機関 | タービンの急増が、我々の健康に対する静かな脅威の恐れをかきたてて、逆風が吹きます   //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について| ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!  





≪音と健康≫




バーモント州
◇NVDA report: Big wind is wrong strategy to curb emissions
NVDAは報告します: 大きい風車は、放出を抑制するための間違った戦略です

(2014年8月23日、カレドニアン·レコード)
https://www.wind-watch.org/news/2014/08/27/
nvda-report-big-wind-is-wrong-strategy-to-curb-emissions/


ロビン·スミス、スタッフライター



バートン‐
バーモントの論争を引き起こし
北東部英国の送電線に過重負担させる
稜線上の産業に分類される風力タービンについて
温室効果ガスの生産を縮小する改善策があります。



それは、3年間の研究をとった
北東バーモント開発協会のために行われた
風力研究の推薦のうちの1つです。




木曜日に発行される風力調査報告書は
輸送や暖房の燃料への依存を低減することが
明らかに温室効果ガスの排出を削減すると述べました。

バーモント州でその風力発電プロジェクトは
全くはっきりしないでしょう。



報告書を作成したNVDA委員会は
州のユーティリティ·レギュレータが
産業稜線風プロジェクトの資産価値への影響について
考察することを望みます。
また、彼らは、保健所が隣人の健康への影響を
研究することを望みます



・・・・・・


健康への影響については
委員会は、タービンの責任にする健康苦情を持っている
風力プロジェクトの隣人に対する懸念を示しました。




彼らは、公共サービス委員会の州監査機関が
PSBがローウェル風プロジェクトで
いくつかの早めの騒音標準違反のために
現在考慮している騒音の連続モニタリングを
必要とすることを望みます。




PSBは、それらの標準が
バーモント州で働くかどうかも調査しています。



レポートは、保健省に
活発にこれらの健康への懸念を調査するように望んでいます。



・・・・・・


研究とすべての支える資料は、NVDAウェブサイトで利用可能です。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






■The NVDA Wind Study Committee
(ホーム  NVDA)
https://www.wind-watch.org/news/2014/08/27/
nvda-report-big-wind-is-wrong-strategy-to-curb-emissions/



PDF
■Wind Study - Draft Report Attachments
http://www.nvda.net/files/Wind%20Study%20-%20Draft%20Report%20-8-27-14.pdf





------------------------------



ぜひ!→
ノバスコシア州
◇Residents say wind turbines hurt health, home values
居住者は、風力タービンが健康と家の価値を害したと言います

(カンバーランド・ニュース| 2014年9月10日)
http://www.cumberlandnewsnow.com/News/Local/2014-09-10/
article-3864728/Residents-say-wind-turbines-hurt-health,-home-values/1


デイブマシソン



アマースト -
ほとんどの人は、風力エネルギーに賛成していますが
人々が生活したり、働く場所の近くに
建設されている風力発電所には反対です。




「私は、彼らを気の毒に思います。
それが通過するならば、彼らはやられます。」と
マラリン・ラルフさんは言いました。




ラルフさんは
フォートローレンス道路の南西端に住んでいます。

彼女の家は、タントラマー・マーシュの
シュプロット風力発電所の西にあります。



彼女は、アマーストゴルフクラブで
火曜日の夜の会議に出席した120人の中の一人だった。



会議に出席している人々の多くは
現在、ナチュラル・フォーシズ社によって開発中の
アマースト・コミュニティ風力発電所に反対です。
そして、ラルフさんも例外でありません。



それが先に進む場合、風力発電所は
アマーストゴルフクラブの近くの
ジョン·ブラックロードとポンプ場の道の間に構築されます。

それらは、ほぼ正確に二つの道の間に位置し
どんな住宅から少なくとも千メートルになります。



2015年後半までに完了することができる
この建築物に関して
健康と住宅価格へのマイナスの影響を含む
主要な懸念が、会合で提起されました。




統計と研究が会議でテーブルに出されました。
しかし、誰でも知っているように
人々はどんな統計でも選ぶことができます。
そして、研究は彼らのニーズを満たします。



ラルフさんは、統計·研究を超えています。
彼女は個人的に
風力タービンの負の影響を経験していると述べました。



彼女は、風力タービンによる
シャドーフリッカーの話から始めました。


「明滅は、春から秋に起きます。
それは、私たちのパティオドアから入って
ダイニングルームに入ります。

それは、まるで中国の拷問のようです。」と
ラルフさんは言いました。



・・・・・・


彼女はまた、ちらつきやタービンによって
作られた音で眠るのに苦労しています。



「夜、私はブラインドを閉じて、マスクをつけます。
私はよく寝ていません。
私は 、3~4時間は、夜に眠ります。」
と、彼女は言いました。

「今日はクリック、クリック、クリックでした。
そして、冬期は、さらにうるさいです。

それらのうちの一台がシャットダウンしている時に
それを、あなたに伝えることが出来ます。」




彼女と彼女の夫は
もはや彼らの裏庭で見晴らし台を使うことはできません。



「我々はもはや後ろのパティオさえ使いません。
そして、我々は5月から10月まで食事を食べた
見晴らし台を持っています。

そして、現在、我々はそれをほとんど使いません。」



彼女の家は、彼女と夫には大きすぎます。
そして、彼らは近い将来
家を売却する意思 があります。



「我々がそれを売りに出すとき
それは評価された価値よりだいぶ低くなりそうです。

評価額は、268000ドルですが
私たちはそれを取得できることが想像できません。」



スプロットさんは、一定の条件の下で
彼女の家を購入することで合意していましたが
これらの条件が変更されました。

・・・・・・


彼女は、風力に反対ではないと言います。


「他の皆さんのように
私は風力エネルギーに賛成です。
しかし、彼らは山の中にそれを
つけることができたかもしれません。」


火曜の会合で、もう一人
チェリール・ラロークさんは
会合で話すために起き上がりました。



彼女もまた次のように言いました。
彼女は風力発電に反対するのではありません。
しかし風力発電所は
家からさらに離れて建設されることを望んでいます。




彼女は、タントラマー湿原のタービンから
2.1キロメートル離れて生きており
それらの設置以来
人生が、生きている悪夢になったと言います。




彼女は、人口の10パーセントが
低周波音を聞くことができると言います。
そして彼女は
これら10パーセントの中の一人であると言います。




「私たちは低周波音を止めることができません。
それは真直ぐ通り抜けて行きます。」と
ラロークさんが言いました。

「緩衡器がありません。
あるいは、音を緩和するカーテンはありません。」




彼女は、タービンからの音が
夜、1〜3時間に睡眠を減らして
また多くの苦痛を引き起こしていると述べました。


「タービンが私の家に直面した時
私は耳に激痛を持ちました。

私は泣きます。

あなたはこれに値しないので
私はあなたに私のように苦しんで欲しくありません。」と
彼女は言いました。




「私たちは、私たちの家の中で
私たちの家で休息して
私たちの家で健康であるように
私たちの家の中で自由の権利を持っています。


・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------





スコットランド
◇Windfarms investigated after claims of health problems in surrounding communities
風力発電所は、コミュニティを囲む際に、健康問題のクレームの後調査されます

(クーリエ| 2014年8月11日)
http://www.thecourier.co.uk/news/scotland/windfarms-investigated
-after-claims-of-health-problems-in-surrounding-communities-1.517213



キーラン·アンドリュース


テーサイドとファイフの風力発電所は、
それらが人々を病気にしているという恐れについて
スコットランド政府によって調査されました。



外相は、タービンからの視覚的な影響や
ノイズの影響と影のちらつきを調べるために
研究グループClimateXChangeによる調査を委託しました。




ダンファームリン
ダンケルドとアバフェルディの間
パースシャーにあるロクゲリーと
グリフィン近くのリトル・レイスを含む
10カ所が調査されました。



結合されるファイフ地域は
24,000人に近くが住んでいます。



同社のウェブサイト上で、ClimateXChangeは述べました:
「風力発電所の申請は
潜在的な環境影響の評価を含め
厳格な計画プロセスを通過する必要があります。」




「しかし、現在まで、研究は
活動中の計画プロセスと彼らの実際の影響の間
予測される風力発電所の影響を比較するためには
ほとんど行われませんでした。」


「スコットランド政府は、ClimateXChangeに
風力発電所が動いていたら
彼らの計画申請で提出される文書において
開発者によって予測される影響が
経験される影響と一致しているかどうかを見ている
研究プロジェクトを掌理するよう依頼しました。」



記載には、風力発電所の操作上の影響が
フィールド評価とローカル・レジデント調査を通して
測られるとありました。



この秋に公開される予定その結果は
潜在的な影響を測定することに
ウインドファームの開発者に指導する必要性を
スコットランド政府に通知します。
また、これは地域住民や計画当局に伝達しなければなりません。




・・・・・・


レポートは、およそ2,000通のアンケートが
国中の居住者に送られたことを示唆しました。




元陸軍大尉アンドリュー・ビーバーズ氏は
アークヒルウィンドファームが
グラミスの自宅の近くに建設されたことから
睡眠を妨害され、頭痛、めまい、耳鳴り
血圧の上昇に苦しんでいると言います。



・・・・・


「超低周波音と低周波騒音の監視が
少しの環境アセスメントにも含まれないことは
おかしいです。」
と、彼は言いました。



スコットランド政府からの誰も
コメントに利用できませんでした。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------
 関連記事
-----------------




スコットランド
◇Wind farm impact to come under microscope in 2014
2014年に顕微鏡の下に入る風力発電所の影響

(セントラル·ファイフ·タイムズ&スポンサー| 2014年1月2日)
http://www.centralfifetimes.com/news/cowdenbeath/articles/2014/01/02/
483866-wind-farm-impact-to-come-under-microscope-in-2014/



リトル・レイス風力発電所は
それが地域社会にどのような効果を調べるために
2014年にスコットランド政府によって調査されるべきである。



それが周囲のコミュニティに
どんな影響を及ぼすかについて知るために
ほとんどレイス風力発電所は、2014年に
スコットランド政府によって調査されることでありません。



それは、エジンバラ大学の環境機関の
『ClimateXchange』によって行われ
そして、カウデンビース、ロクゲリー
ラムフィナンズとオーチャートゥールが
ターゲットに設定されています。
タービンの14ヶ月の操作から
何かがそこに影響するかどうかを確認するために
チームがその地域に来て調べます。


・・・・・・・


「調査のサイトは、風力発電所の大きさの範囲
位置、人口に対する近接、景観タイプを与えるように
選択されています。」



環境コミュニティグループの
『ロック・オブ・シャイニング・ウォーターズ』の
代表の一人のスティーブン·マレー氏は
次のように述べました。

「問題に答えなければならない。

次に、研究がオープンで
透明なやり方で行われれば
それは助けになるでしょう。

しかし、私たちは
強く開発の拡張に反対しています。」



・・・・・・


「ケネディ再生可能エネルギーは
より広い再生可能エネルギー部門への
研究の重要性を認識している。」


我々は新年に
ClimateXChangeで働くことを楽しみにしています。
そして、我々は、カウデンビース、ロクゲリー
ラムフィナンズとアウクタートゥールで
仕事をするコミュニティが
完全に研究に従事することを望みます。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------




※ 英国スコットランド(フィールド評価と地域住民調査)
  オーストラリア(再生可能エネルギー目標の見直し)
  米国オクラホマ州(タービンブロックのための集団訴訟)などで
  風力発電所に関しての動きに変化が見られます。

  注目していきたいと思います。

  まずは、スコットランドの記事からです。




<スコットランド:オーフス条約と風力発電所(健康被害)①>



スコットランド
◇Health body in bid to ban wind farms
風力発電所を禁止する努力中の保健機関

(スコットランドデイリーメール| 2014年8月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/08/13/health-body-in-bid-to-ban-wind-farms/


レイチェル·ワトソン



大臣が彼らの窮状を無視してきたが
自分達の健康は、タービンの影響を受けていると
主張する人々からの法的措置によって
風力発電所の拡大は、停止することができました。




元保守党党員のストルアン・スティーブンソン氏に
サポートされている圧力団体は
公衆衛生を脅かすと思われる
計画段階のものを含む風力発電所に対する
法的な反対を支持するために設立されました。





スティーヴンソン氏は、多数の計画が
国民が健全な環境で生活する権利があると述べる欧州法の
オーフス条約に違反して渡されたと信じます。




いくつかの科学的研究は、低レベルの騒音を示唆しました

- インフラサウンド(超低周波音) -

巨大なタービンによって放射される
インフラサウンド(超低周波音)によって
近くに住んでいる人の睡眠妨害につながることができます。

しかし、スコットランド政府は
『直接の因果関係』の証拠がないと主張します。





アンガスのアークヒル風力発電所の近くに住んでいる
旧陸軍大尉のアンドリュー・ビーバーズ氏は
彼の健康は、タービンにより悪化していると考えています。

しかし、彼は、多くの人々は、彼のように
法的措置をとる余裕を持つことができないのを恐れます。



彼は、次のように述べました:
「私は頭痛とめまいがありました。
そして、私は睡眠妨害も持ちました。

私は、自分の家の中に
超低周波音の機械を持つことによって
睡眠妨害を証明することができました。」




「多くの人々は
法的措置をとるために費用を都合することができません。」



「余裕がある人は、転居できますが
しかし、大部分の人々は
彼らの不動産価格の下落をとる余裕はありません。
そして、彼らの健康は悪化します。」



計画ガイダンスは
タービンが、住宅から1.2マイルより近くに
構築されないことを示唆していますが
それは法的な要件ではありません。



※ 1.2マイル = 1.9312128 キロメートル 



スコットランド政府は
サウス・エアシャーの
ストライトンからわずか2マイルのところに
各410フィートの高さで、23台のタービンを建設する
スコティッシュパワー計画を通過させました。



スティーヴンソン氏は
ダーソーロッチ 農場の承認が
イギリス連邦競技大会の初日に政府によって
『こっそりと動かされた』と主張します。



彼は、以下のように述べました:

SNP政府の産業の風力タービンへの強迫観念は
地方の民主主義を踏み付けにしました。

実にひどい計画申請への一致した不認可が
慣例的に中央政府に呼びこまれ
中央政府によってひっくり返される。」



エアーシアを拠点とするキャンペーン·グループの
『ウインズ・オブ・ジャスティス』は
人々の健康に関して
風力発電所の影響を認めることに関する
スコットランド政府の怠慢は
オーフス条約に違反すると主張します。


風力発電所と戦っている人々が
法的措置を求めることを考えるのを奨励するために
ウェブサイトが、準備されました。



グループのスポークスマンの
スーザン・クロスウェイトさんは次のように言いました:

「まもなく英国で多くの挑戦があるでしょう。」



エネルギー相のファーガス・ユーイング氏の
スポークスマンは次のように言いました:

「もしも、スティーブンソン氏が
風力発電所への反対を続行したい場合
彼らの所有地の風力発電所から利益を得ている
ホーリールードの彼の保守党の同僚に
彼の注意を集中したいと思うかもしれません。

あるいは、彼の英国の保守党政府の方針は
スコットランドのように
陸上風力発電所の同じレベルを支援しています。」



スコットランドの政府報道官は
『タービンと健康障害の間の
因果関係の明らかな証拠は、ない』のを
国際的な研究の調査が見つけたと言いました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------------------




スコットランド
◇An ill wind blows as the surge of turbines stirs fears of silent danger to our health
タービンの急増が、我々の健康に対する静かな脅威の恐れをかきたてて、逆風が吹きます

(The Sunday Express | August 10, 2014 )
http://www.express.co.uk/news/uk/497525/
An-ill-wind-blows-as-the-surge-of-turbines-stirs-fears-of-silent-danger-to-our-health


By Paula Murray



画像:
風力発電所が彼の家の近くで建設された時から
アンドリュー・ビーバーズ氏は頭痛を患いました
[PAUL REID]



何万ものスコットランド人は
風力発電所に起因する隠れた病気の流行で
苦しんでいるかもしれないと、活動家は警告しました。


スコットランド政府は
最近、全国10拠点でのタービンの
潜在的な悪影響に調査を委託したことを
サンデー・エクスプレスは、明らかにすることができます 。


33,500以上の家族は
これらの10拠点の風力発電所の2マイル以内で暮らしています
- ほんの一部の2,300タービンを表す
- すでに国境の北部に建てた。

※ 2マイル = 3.218688 キロメートル


住民数百人は、現在ホリールード大臣に
近くの風力発電所からの視覚への影響
およびノイズの影響と
シャドウフリッカーに関する報告を求められています。



活動家は、多くの人々が
彼らが超低周波音によって引き起こされる病気を
患っていると理解しないのを恐れます
- それは聞くことができませんが
感じることができる、低周波数の騒音。




そのような人は、元陸軍大尉の
アンドリュー・ビーバーズ氏です。
アークヒルウィンドファームが
アンガスのグラミスの自宅の近くに建設されてから
頭痛、めまい、耳鳴り、血圧の上昇や睡眠障害に
悩まされています。




軍隊を10年近く務めたビーバーズ氏は
当局はこれまでのところ
それは『既知の軍事の尋問の補助と武器』であるにもかかわらず
超低周波音の悪影響を受け入れることを拒否したと述べました。




彼は次のように言いました:
「ホワイトノイズが却下された時、彼らは超低周波音に進みました。

それがあなたに向けられるならば
あなたは脳や体は 振動している と感じることができます。


風力タービンで、それがあなたの身に
ふりかかっていることを理解しません。」




「超低周波音、低周波騒音の監視が
どんな環境アセスメントにも含まれていないことは
まったく正気ではありません。

これは、タービン建設の前後において必須でなければなりません。」



彼は、二つの大きな風力タービンが
2006年から稼動している
『ダンディーにおいて、認められた
不眠症、めまいや頭痛の原因不明の増加』に対する
懸念を引き起こしています。



ビーバーズ氏(59)は
彼が風力発電所との関連性を確信する前の12か月以上
自分の突然の健康問題の
すべての医学的説明が除外されてきたと言いました。



彼は以下のように述べました:
「私はこれらの頭痛やめまいにかかってから
まったく寝ていません。

しかし、私は
いろいろな他のものすべてのせいにしていました。

数回、私は私の犬と家の周りの丘の上を歩いて
本当に悪い浮動性めまい発作にかかりました。」


「私は実際に2、3分の間座らなければなりませんでした。
そして、いったい何が私はよくなかったか
わからないで座っている間に
私は、風がまっすぐにタービンから来ていると気がつきました。」




彼はまた、アークヒル周辺の原野で死んだノウサギの
『信じられないほどの数』を「目撃しています。
そして、それらは、タービンの結果として
『内出血と死』に屈したかもしれないと考えていると
ビーバーズ氏は、言いました。



彼は以下のように付け加えました:
「今度の冬が最後のように
私たちに非常に近い第二の風力発電所を建設する計画による
何かを行っている場合は
私たちは私たちの家を売却し
別の場所に転居しなければならないと思います。」



詳細に見た新しい調査で
10のサイトは、ロクゲリー
ファイフの近くのダンファームリン
ここで、ほとんど23,000世帯が近くにあります。
そして、リトル・レイスのうちの1つを含んでいます。
ここでほぼ9,000世帯があります。


他のものは、サザーランドのアチェイニー
サーソー近くのベイリー、ケイスネス
ダムフリースシーのダルスウィントン
コールドインガム近くのドローンヒル
ベリクシー 、パースシーのグリフィン
イアイルシャイルのヘイジャード・ヒル
レンフルーシーのネイルストン
そして
スチューアートフィールドの近くのウェスト・ノックです。



約2,000のアンケートが
スコットランド政府と再生可能エネルギー産業の間の
緊迫した対立を引き起こしていると理解される動きで
居住者へ送られました。



『風力発電所の影響調査』は
『ClimateXChange』によって管理されていて
プロジェクトに関する情報をオンラインで公表しました。


※ 『ClimateXChange』
http://www.climatexchange.org.uk/



それは以下のように述べます:

「研究は、2つの情報源を使います:
地域住民は、視覚的、騒音やシャドーフリッカーの影響に
どのように経験して反応するのか。

そして、風力発電所が動いているとき
計画ステージの予測された影響は
どのように影響と一致するのか。」




最終報告は、2014年秋に予定されます。

それは、地元住民への風力発電所の影響の管理について
スコットランド政府の再生可能エネルギーに関する立案政策
および、優れた実践へのアプローチに通知するでしょう。」



プロジェクトに関わって請負業者の一つは
ホーアリー音響で
風力発電所からの騒音や振動の測定を専門とする
国際的な会社です。




しかし、風力発電所の撲滅キャンペーン·グループ
ヨーロッパ·プラットフォームのイギリスの広報担当者の
スーザン・クロスワイスさんによると
研究は「運動をチェックしている箱にすぎない」と、言います。



彼女は以下のように付け加えました:
「表面上は、それは正しい方向への一歩のように見えます。
しかし、それを本当に信頼することができますか?

私の問題は、それが十分に独立していないということです。




「私たちのウェブサイトは
耳を傾けていない人の例に満ちています。」


「私たちは、エアーシア、エイレクレオッチとマーク・ヒルの
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所がある
- 60タービン28タービンを。



「私たちは、エアーシアで
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所を持っている、
エイレクレオッチとマーク·ヒル



「私の地域の人々は
彼らは現在気分が前より良くなっているが
しかし、なぜなのかは理解していません。

それは、彼らが送電線の上でメンテナンスをする間
タービンが切られたからかもしれません。」




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht
























  


























2014-09-30 : 音と健康:2014/08/11~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR