騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

ぜひ→  <23 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>  23 オーストリア、レター:AMAのポジションステートメントへの3通の手紙・・・あなたが、あなたの理論を証明するまでは産業用風力タービンは事実であり、人の健康に有害な証拠です・・・マリー・ステイモーズ/風力発電所でのAMA声明 - 汚職への公式調査の必要性・・・ジョージ・パーパダープロス  |  エコニュースによるAMA声明の解説~ AMA(オーストラリア医師会)は、風力発電所が健康に影響を与えないと言います     //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!      







<音と健康~オーストラリア医師会>






≪The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014≫
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明



◇Wind Farms and Health - 2014
風力発電所と健康 - 2014

(Australian Medical Association | 18/03/2014 )
https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014



※ PDF
AMA Position Statement - Wind Farms and Health 2014
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明

上記サイトでリンクしています。



ご確認ください。



上記、オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明が論争の的になっています。

ナショナル・ウィンド・ウォッチで公開中の
世界中から送られた公開書簡を、
順次、機械翻訳したいと思います。



⑦~⑪は、医師の方の手紙です。

ぜひ最後までお読みください。






※ 機械翻訳で読みにくいです。

機械翻訳文中にあるリンク先は
ナショナル・ウィンド・ウォッチの記事からリンクしています。

ぜひ、ナショナル・ウィンド・ウォッチのサイトでご確認ください。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




AMAは、情報と公開討論を
現代のオーストラリア人の精神の安寧に対する脅威と
とらえるように見えます。
 

風力産業は、メガ機械のこれらの大きな部分が
超低周波音と低い周波数ノイズの主要で
独特の発生源であることをよく知っているように見えます



風力タービンが引き起こすことがありえる危害は
1980年代にNASA科学者によって解説されました。


コミュニティが分割され、めちゃくちゃにされて
他の場所で報告された同じ音の拷問を受けています。


   -  ジョージ・パーパダープロス -




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






23 オーストラリア、レター
◇Three more letters on the Aust. Med. Assoc. position statement
AMAのポジションステートメントへの3通の手紙

https://www.wind-watch.org/news/2014/03/24/
three-more-letters-on-the-aust-med-assoc-position-statement/





親愛なるハンブルトン博士、ドッブ教授とAMAのメンバー




我々は、風力発電地帯と健康2014に関するあなたのステートメントを読み
AMAなどの高い地位をもつ医学組織が
明らかな個人の相談なしに
反偽薬(ノセボ効果)で「苦しむ」と
人々を診断することが適当であると考えたことで
驚きと落胆が残されています。





この文を書いた人のへ私達の質問です;

どのくらい多くの影響を受けた人と家族に
あなたが実際に話をする時間をとりましたか?





私たちの家や職場(つまり農場)の隣に構築されると予定されている
提案されたウインド・ファームを持っている者として
私たちは、私たちがそれに関して
どのように感じるかについての考慮なしで
私たちにまもなく押しつけられる
負の影響(可能な健康影響、低下した資産価値など)に関心があります。





我々は、このシナリオに耐えている人々に直接会うために
東部へ旅行する努力をしました。

そして、そこで彼らが毎日我慢していなければならない破壊と拷問を見て
悲しみとショックを受けました。

苦しみを止めるために何かすることができる
運営と権威機関によって示されている行動と思いやりの欠如は
大いに我々に関係します。







私たちは、彼らは今、結果を受け入れている
風力発電を支持していた人々に会いました。





ドッブ教授、数年前に私たちの非常に具合の悪い家族を診て下さった。

あなたの同情と愛情は大変な時期を通して我々を助けました。




我々は常にあなたにとても感謝しており、賞賛していました。

現在あなたの同情への訴えと
とても悪影響を受けている人々と話して
苦しみを終わらせるのを助ける時間を
政府が最後に、必要である研究をするのを支援するよう
正常なことをしてとなされた声明を撤回してください。






敬具


ネイレル&アラン・グドル







(((( o ))))







スティーヴ・ハンブルトン博士、AMAの理事長
そして
ジェフ・ドッブ教授、AMA副理事長
そして、
AMA連邦議会の議員:







私たちが知っている
そしてより重要なことは、おそらく、無知の知だとすると
医療専門職の人が
産業用風力タービンの課題をサポートする開発者や
政府をバックアップすることができると信じて
ステートメントを作ることはおそらく不可能でしょう。


これは、外観上は、もしそうでなければ、
実際、あなたが風力タービンに関して
AMA ステートメントを通してしたことです。





私は、あなたのステートメントが多少当惑させていると分かりました。


あなたの専門知識の分野は
人間の健康それとも超低周波音と低周波音の測定ですか?





医学分野の人が、
産業用風力タービンが人間の健康に悪影響がないと
適当な証明なしで、風力技術をサポートし続けることは考えらません。



選択的な沈黙によって
および産業の風力タービンが人の健康に危害がないと
わき出る疑問を越えて証明するための
資金調達の分配を要求しないことによって
あなた方は、この破壊的な技術を支援します。






風力タービン技術は、比較的、安価だと『みなされる』(非常に曖昧な単語)。
そして、その「利用可能な」オーストラリアで国際的な証拠は
超低周波音と低周波音について注意を支持しません。
それがどうしたというのか, かまわないではないか。




唯一の考慮事項は
犠牲者がいるということでなければなりません
しかし、答えがありません
そして、いわゆる利用できる情報は不十分です。





あなたが「利用できる」証拠に頼るので
私は、あなたが
あなた自身の研究をしなかったと推測しなければなりません

そして、あなたは、故意に、または、それ以外は
人々にはなぜ健康問題があるかについて答えませんでした


そして、犠牲者がいます。

あなたは、断固として悪影響が産業風力タービンのため
人類にないと述べるよりはむしろ
「かもしれないことを」という言葉を使います。






あなたの曖昧さとあなたのためらいがちなことは
いっそう、人類(世界中の)が負の影響が
人間の健康にないということを証明するために
これを最後に必要な処置をとる代わりに
世界的な問題に背を向ける医療専門家を心配する理由です。





健康への影響がないという
あなたの「理論」を証明するために適切な研究を行うのではなく
あなたはそれが集団ヒステリーか想像または
交感神経や心身の問題だと発言しました。






あなたが、あなたの理論を証明するまでは
産業用風力タービンは事実であり
人の健康に有害な証拠です。






理論を証明するまで
貴社は声明を取り消さなければなりません

そして、単に反対の研究の不足のため
産業用風力タービンが人間に有害でないとする証明
または理由がないと、言わなければなりません






私はもう一度言います。

あなた方は、産業用風力タービンは
ヒトの健康への悪影響がないことを合理的な疑いを超えて証明するまで
心から、あなたの文を取り消すようにと。





私の上記のコメントは、以下のAMA声明を受けています。





ありがとう。




マリー・ステイモーズ

Quincy, MA 02171
USA
March 24, 2014





(((( o ))))






Subject: FW:

風力発電所でのAMA声明 - 汚職への公式調査の必要性




To: トニー・アボット閣下 、MP

首相

Parliament House
CANBERRA ACT 2600



Cc: 連邦上院議員と下院議員


RE:風力発電所でのAMA声明 - 汚職への公式調査の必要性





親愛なる首相




はじめに、私は最近、風力発電所や健康への影響への研究を発表し
オーストラリアの農村部のためのケアと懸念を示して頂いたことに
お礼を述べたいと思います

- 明らかに最近のNHMRCドラフト・インフォメーション・ペーパーで
識別される研究のギャップで義務付けられたポジション:

風力発電所と人間の健康に関する証拠。





私は、風力産業、医療専門職のメンバー間の
広範囲にわたるなれあいを
残念なことに、暗示する2つの文書を
あなたの注意を引くように示すために、あなたに手紙を書いています:

https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014

and

https://ama.com.au/media/no-evidence-wind-farms-harm-health-ama





両方のAMAポジションステートメントは
現実を検査しない抽象的な立場を反映しています。


著者は、彼らが全体で
シドニー大学のサイモン・チャップマン教授の意見と
「研究」による同期であることを明らかにします

しかし、ヒトおよび動物の健康に害の事例報告の豊富さと
衰えることなく続く、論争の嫌になるほどの継続と
重要な査読出版された文献を無視しています。




万一、任意の開業医が
AMAのポジションステートメントを真面目に受けとめて
その推薦を実行すれば
それらは、臨床観察の無視を示さなければならないでしょう

それらの患者のうちの誰でも伝える
ウインド・ファームの近くで生きていること
また風力タービンについて不平を言うこと
症状を関連づけた、それらはデマ飛ばしの犠牲者である
そして、恐らく、行動に対し当局へ出来事を報告します。


AMAは、情報と公開討論を
現代のオーストラリア人の精神の安寧に対する脅威と
とらえるように見えます。


AMAの第1の目標は、それ自身のうち1人のように見える:

サラ・ローリー(ウォーブラー財団のCEO)。





私は十分過ぎると思います。

多くの人に表示されたブラインドエコファシストの狂信は
これまでに明らかです。


腐敗、精神錯乱および愚鈍の特許の色は
学界や専門家の最高上層部の中で明らかになってきています。





風力産業は、メガ機械のこれらの大きな部分が
超低周波音と低い周波数ノイズの主要で
独特の発生源であることをよく知っているように見えます


– それらは、大気の空気のブレンダー
乱気流のもととローカルの小気候への混乱でもあります。




風力タービンが引き起こすことがありえる危害は
1980年代にNASA科学者によって解説されました。



AMAへのサラ・ローリーによる反応は
非常に包括的で、ケースを明白にします:


http://waubrafoundation.org.au/resources/open-letter-ama-their-position-statement-wind-farms-health-2014/




私は、なぜ私たちが
1980年代に明白な後部だったものを
それほど苦しんで再発見しているかについて
王立委員会(あるいは少なくとも、何らかの議会質問)を求めて
検討することを強くお勧めします。


その結果、数十億ドルが浪費されています。

コミュニティが分割され、めちゃくちゃにされて
他の場所で報告された同じ音の拷問を受けています。



最も幸運の少ない地方の居住者の何人かは
運動することに彼らの人生のほぼ20年を費やしました。


また、これがすべて起こっている間
数人の抜け目がない学者や専門家が
風力産業が増殖し続けるように
混乱が継続することを保証する仕事をしている一方
政府省庁および当局は
混乱し方向感覚を喪失して、敗残者のように現在まで傍観しています。






よろしく、




ジョージ・パーパダープロス


Yass NSW
23 March 2014






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






=====================================






◇AMA says wind farms do not impact health
AMAは、風力発電所が健康に影響を与えないと言います

(econews.com | March 18, 2014)
http://econews.com.au/news-to-sustain-our-world/
ama-says-wind-farms-do-not-impact-health/




By David Twomey




オーストラリア医師会(AMA)は、
風力発電所は、それらの近くに住む人々の健康に
悪影響を与えるという確かな証拠がないと言います。





オーストラリアで医学プロを代表している主要な団体の
AMA(オーストラリア医師会)は、
風力発電所についての基本方針表明を公開しました。

そして、そのスタンスが信用できるオーストラリアと
国際研究に基づくと述べました。





副会長ジェフリー・ドッブ教授は、
風力発電所の近くで生きている人々は、
過度に悩んでいるか、誤って無関係な健康問題を
風力タービン騒音のものであると考えているかもしれないと述べました。





「オーストラリアの近代的な風力発電所で生成された
超低周波音と低周波音は、
既知の健康への影響が発生したレベル以下である。」と、
ドッブ教授は声明で述べています。



「そして、可聴値以下の超低周波音が、
健康効果を引き起こす可能性があるという
認められた生理的メカニズムはありません。」




ドッブ教授は、風力発電所についての不安を減らす
より良いコミュニティの約束の必要があると言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」
と彼が言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か、
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」






「想定された『健康パニック』を報告すること
または風力発電所の開発に関する誤報を広めることは、
高められた不安に関与するかもしれません。」




「風力発電所の開発規制は、
その影響と利点に関する証拠によって完全に導かれる必要があります。」




「プロセスの始まりの、コミュニティ協議と約束は、
誤報、不安とコミュニティ分割を最小にするために重要です。」




「公衆衛生の観点から、風力タービンでの発電が、
温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産を
必要としない点に注意することは重要です。

そして、その全て
(温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産)は
重大な直接的および間接的な健康影響を持つことができます。」と
ドッブ教授は言いました。




しかし、反風力発電所ロビー団体ウォーブラ財団の
最高経営責任者(CEO)サラ·ローリーは、
低周波音の影響を受けた人々から、毎日、連絡を受けたと
ABCニュースに語りました。




「症状を引き起こしているのが、すべてデマ飛ばしであるという
この仮説はまったく納得がいきません。」
と彼女は言いました。



ローリーさんは、
風力発電所の近くに住む人々の睡眠パターンや血圧について
より多くの研究が必要だと述べました。







The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014 is at
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明は

以下のサイトで公開されています

https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






※ 公開書簡の機械翻訳は、明日以降に続きます






-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht
























2014-05-31 : *オーストラリア医師会への公開書簡①~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR