騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

ぜひ→ <音と健康> 世界中の人々によって聞かれた不可解なハム(低いうなり音)は調査されます 







ぜひ!→
◇Mysterious hum heard by people around the world investigated
世界中の人々によって聞かれた不可解なハム(低いうなり音)は調査されます

(Digital Journal, Jul 28, 2013)
http://digitaljournal.com/article/355370


By JohnThomas Didymus


ハム、低周波音、一定したうなり音と地響きのような轟音は、
ニューメキシコ州タオス、およびカナダのバンクーバーから
英国のブリストルとオーストラリアのシドニーまで世界中の場所で報告されています。
不可解な現象は、現在調査の対象です。


研究者は、何がハム(低いうなり音)を引き起こすかについて、
何十年も調査していました。 小さな一部の地元の住民だけが
音によって妨害される理由は、ミステリーのままです。
ハフィントン・ポストによると、
英国の音響の専門家のジェフ・レブンソル氏による2003年の調査で、
調査される場所の居住者のおよそ2パーセントが音を報告しました、
そして、ほとんどが55~70歳の女性であったことが明らかになりました。



レポートには、ハム(低いうなり音)を報告する人々を
最初に文書化された例は、1950年代だったと述べています。

ほとんどの患者は、以前に異常な音を聞いたことがなかった人々でしたが、
突然、彼らは常に近くでアイドリングディーゼルエンジンに似ている
ゴーゴーという低周波音にさいなまれていたことがわかりました。


被害者は大部分が「ヒアラーズ」、「ハマーズ」と呼ばれ、
騒音を屋内で聞きます、そして、それは夜により大きくなる傾向があります。

大部分のケースは、地方と郊外の地方で報告されます。
ハムが混雑した都市環境の安定したビートであるという明らかな提案を促した事実。


BBCは、69才の女性ケイティ・ジャックさんのケースを報告します。
そして、その人はリーズの郊外に住んでいます。
近所の大部分の人々は音が聞こえませんが、
彼女は気がかりで気が散って妨害すると、うなっている音を解説します。
彼女は、2年前のハムを聞き始めた時から、平和を楽しむのをやめました、
そして、それが彼女の睡眠を妨げると言いました。


彼女はBBCに話ました:
それは、一種の拷問です; 時々、あなたは本当に叫びたいです。
それはリズムを持ちます-それは上下します。
それは遠くでほとんどディーゼル車のアイドリングのように聞こえます、
そして、あなたは誰かにエンジンを切るよう頼みに行きたいです
-そして、あなたはそうすることができません。」



彼女は以下のように付け加えました:
「それは、夜に最悪です。
私はバックグラウンドでこの振動する音を聞くので、寝つくのは難しいです。
そして、あなたは寝ることができないとき、それが何かについてわかっています、
そして、あなたは寝返りをうち、あなたはますます動揺します。」


彼女は家ですべての電気器具をオフにして、耳せんを使って音を除いてみました、
しかし、彼女は騒音を聞き続けます。

差し迫った環境でその発生源を追う努力が失敗したあと、
彼女はそれが近くの空港からであったと確信するようになりました。
しかし、空港当局は、エンジンは空港で一晩中動かしたままにしていないと言いました。


医療検査は、一部の内科患者が苦しむ鳴り響く騒音である耳鳴りを否定しました。


ケーティーのような「ヒアラーズ」は、騒音が被害者の頭にあると考える
かれらの親類や友達によって見捨てられる傾向があります。

何人かは、頭痛、吐き気、めまい、鼻血および不眠症を訴えるかもしれないが、
調査は、「聞き手」は正常な聴力を持っていることを示しました。
BBCによると、英国での自殺のケースは、ハム(低いうなり音)にリンクしました。


ケイティはハムが「頭」の中にあるという見方に応じます。
そして、苦悩のなかで言います:
「人々はあなたは幻聴が聞こえていなければならないと仮定します、
しかし、私はクラッカーではありません。
私は、人々にどのように、これをわかってもらえるのか、わかりません。
しかし、これは私の頭の中にありません。
まるで何かがお宅にあるように、それは当然です、
そして、オフに切り替えたいと、
しかし、あなたはそうすることができません。 それは、常に、そこにあります。」



ハムが最初に報告された地域の1つは、1970年代の英国のブリストルでした、
そこで、それは有名になり「ブリストル・ハム」と呼ばれました。
新聞の調査では、800人が、交通騒音や24時間シフトで稼働していたプラントの
地元の工場であると思われている一定の音を聞くと報告することが明らかになりました。


ケースはまたチェシャー、コーンウォール、グロスターシャー、ロンドン、
シュロップシャー州、サフォークとウィルトシャーで報告されました。


第2の主な報告書は1991年に、ニューメキシコ州タオスからありました。
そこでは、何人かの居住者は、ロスアラモス国立研究所、
ニューメキシコ大学およびサンディア国立研究所のエキスパートが、
確かな結論なしで調査した、低レベルの低周波騒音を報告しました。



第三の注目すべきケースは、オーストラリアのシドニーのボンダイにありました。
多くの住民は何年も一定のブンブンいう音を聞くと報告したと、
デイリー·テレグラフが報じています。ノイズの発生源は何年も前から検討されています。


居住者は報告しました:
「それは、このあたりの人々をおかしくします
— あなたがすることができるすべては、それを遮るために音楽をかけることです。
一部の人々は、ファンをつけたままにします。」


専門家は、可能な発生源としてローカルの下水処理場や交通を提案しましたが、
どちらも除外されていいます。


そのエリアのもう一人の居住者のロビンソンさんは次のように言いました:
「私はそれを聞きませんでした。しかし、かれらが私にそれを指示したので、
私はそれが信じられないほどにうるさいので、それを聞かないようにしています。」
彼女は次のように付け加えました:
「何人かの人々は、彼らが終始それを聞き、他のものがそれを聞いていない、と言います。
それはその周波数レベルにあります、必ずしも誰もがそれを聞くとは限りません。
私はそれがこのあたりの人々をおかしくするということを知っています、
あなたがすることができるすべてはそれを遮るために音楽をかけることです。
一部の人々は、ファンをつけたままにします。」


2003年には、米国のインディアナ・シティの
地方自治体が後援する研究者は、いわゆるココモ・ハムを調査して、
それをダイムラー・クライスラー工場を含む2つの工場までたどりました。
ノイズを制御するために対策が実施された後にも、
不思議なことに、何人かの住民はハムを訴え続けました。



何がハムの原因ですか?



調査者が抱く最初の疑いは、騒音が「聞き手」の頭にあるということです。
グローバルな普及に基づいた可能な説明は、
それが特別の混乱に関連した耳鳴りの形式でありうるということです。
しかしながら、繰り返されたテストは、騒音が耳鳴りの形式であることを示していません。


低周波騒音の被害者協会によると、より多くのケースでは、
ほとんどの患者は、50歳以上の女性であることが報告されています。



騒音の発生源または原因についての推測に関して顕著であることは、
大部分の研究者がそれが本当で、「ヒアラーズ」の頭にないと信じていることです。
さらに、彼らは、それが集団ヒステリー、心気症あるいは信号を発する外国の宇宙船か
宇宙ビジターに関する空想の産物のいくつかの形式ではないと信じます。


調査者は、多数の可能性がある源を提案しました:
ガス管、セントラル・ヒーティング・システム、送電線、携帯電話マスト、
風力発電所と核廃棄物
ハフィントン・ポストの報道)。


何人かの調査者は、それが何人かの人々にのみ聞き取れる
低周波の電磁放射の結果かもしれないことを示唆しました。



騒音の可能性が高い発生源に同意できない専門家は、政府の隠ぺいから、
人間と連絡をとることを試みる外国人まで及ぶ通常の噂および陰謀説を巻き起こしました。


BBCは、ケンブリッジのアデンブルーオーク病院の聴覚科学専門家の
デイビッド・バギューリー博士が理論を退けたと報告します。
彼は以下のように述べました:
「人々は、若干の強く構成された、時々変な理論を出します。」


彼は、ケースのおよそ3分の1では、
ハムが機械的または電気的な発生源に由来したと言いました。
BBCは、彼が以下のように言ったと報告します:
「それは、妨害を引き起こしていて、スイッチを切ることができる
近くの工場の重機、冷蔵庫または産業用送風機である場合があります。」



しかし、ほとんどの場合、調査者は騒音を外部の発生源まで追うことができませんでした。


バギューリー氏は現象を説明するために、彼自身の理論を持っています。
彼は、「ヒアラーズ」は、その環境内の特定の周波数に
「過剰に敏感」になった個体であることを示唆しました。
彼は、被害者が何らかの形で、
敏感すぎる彼らのシステムに結びつくバックグラウンド・ノイズ
または音に固執するようになったと説明しました。



エキスパートによれば、誰でも、異なる状況の下の異なる音への感度を
コントロールするのを支援する内部ボリュームコントロールをしています。
「試験結果の電話を待つテーブルのそばに座っていれば、飛び上がります。
ティーンエイジャーがパーティーから帰ってくるのを待っているときは
- ドア中の鍵音は実際に大きく思えます。
あなたの内部で増感されています。」


彼は、感度を誘因する最初の信号の後に、「それは悪循環になると述べました。」
より多くの人々が騒音に焦点を当て、彼らが得るより多くの不安や恐怖、
より身体が音を増幅することで応答し、それがさらに動揺させそして苦痛を引き起こします。」


問題に対処し、被害者の苦しみを軽減するために採用した措置は、
ホワイトノイズのマシンの使用を含みます。
他の専門家は、認知行動療法を勧めます。


調査者は、ミステリーがどれくらいで解かれるかについて、よくわかりません。
レブンソル氏はBBCに言いました:
「それは40年間のミステリーであったので、それはより長く多くかかるでしょう。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



* 文中の文字は、元記事でリンクしています。
  上記サイトでご確認ください。




















2013-12-31 : ミステリアス・ハム(不可解な低周波騒音) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR