騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

オピニオン、米国:風力は法に照らし処罰されます | ワイオミング州:デュークエナジーは、風力発電所でワシの死について有罪を認めます | ワイオミング州:風力エネルギー会社は、鳥の死で100万ドルを支払うことになっています | ワイオミング州:初めての風力発電所による鳥類の死亡に対する有罪答弁 | 米国:2012年に風力発電施設で60万のコウモリが殺されたと、研究は述べています | 英国:高空飛行の鳥は風力タービンの衝突の危険があると、BTOの報告書は述べている                                 







オピニオン、米国
◇Wind power is brought to justice
風力は法に照らし処罰されます

(The Wall Street Journal | Nov. 28, 2013)
http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304465604579218260583305226


By Robert Bryce


保護された鳥を殺すことに対するデューク·エナジーの有罪答弁は、
再生可能エネルギーのための不吉な兆候です


司法省はデュークエナジーの子会社は、ワイオミング州にある同社の
風力発電プロジェクトの2つで、連邦政府によって保護された鳥やイヌワシを
殺すために100万ドルを支払うことに同意したと、先週後半発表しました。

有罪答弁は、法の支配の長く期限切れになっている勝利と
自然エネルギーが流行から消えて行くかもしれないというサインでした。


司法省が声明文に記したように、このケースが渡り鳥条約法違反のため、
風力発電会社に対して提起されたのは初めてです。

1918年の法律は、1,000以上の異なる種のどんな鳥でも殺すことを連邦犯罪とします。
過去数十年にわたり、風力産業は事実上の免除を享受している間、
連邦当局は鳥を殺すために石油とガス会社に対する何百もの訴訟を起こしました。
14羽のイヌワシと149羽の他の保護された鳥を殺すためのデュークに対する
刑事告発をさせることで、司法省は執行上の法的な二重基準を終了しました。



・・・・・・・・・


巨大な風力タービンで風光明媚な田園地帯を台無しに対する国民の反発もあります。
怒りは、イギリスからウィスコンシン州に及びます。
昨年、ほんの一例を挙げれば、ハーキマー郡、ニューヨークで約5ダースの土地所有者は、
不毛の風力発電事業の所有者に対して訴訟を提起しました。
彼らの多くの苦情が減少した資産価値と過度のノイズが含まれていました。

ニュース報道から判断すると、郊外と地方の居住者は、
彼らの近所に高さ130メートルの風車は欲しくはありません。
彼らはまた、タービンが生産する一定のノイズや、
タービンの赤信号の執拗なきらめきを、一晩中、毎晩、望んでいません。


・・・・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------------------------




ワイオミング州
◇Duke Energy pleads guilty over eagle deaths at wind farms
デュークエナジーは、風力発電所でワシの死について有罪を認めます

(NPR news, November 23, 2013)
http://minnesota.publicradio.org/features/npr.php?id=246878172


by Eyder Peralta, NPR


司法省との和解では、デューク·エナジー再生可能エネルギーは、
ワイオミング州での風力エネルギー施設の2つで、
14羽のイヌワシや149羽の他の渡り鳥が死亡で有罪を認めました。


・・・・・・・

そのプレス・リリースでは、デュークは、USFWSがワシを殺す危険を
減らすためのガイドラインを公表する前に、2つのサイトが開発されたと述べました。
同社も、鳥に危険を減らそうとするための新しい処置をその時とっていると述べました。


それらの1つは、ワシが近付くと、ワシを見つけて、タービンを停止する
レーダー・システムを含みます。

・・・・・・・・

APは、より多くの施行が続く可能性があることを報告します:


「それが何十万もの鳥を殺している場合、風エネルギーはグリーンではありません。」
適切に位置するウインド・ファームを支援する、アメリカの鳥管理委員会の代表
ジョージ・フェニックは言いました。
「不幸な現実は、この場合に見られました、法の目に余る違反が蔓延しているということです。」


「旅客ジェット機の翼長と同じくらい広くローターを回すことで、
風力発電所は30階建ての建物と同じくらい高いタービンの一群です。
ブレードはゆっくり動くように見えるけれども、
それらは先端で毎時170mまでの速度に達することができます。
そして、竜巻のような渦をつくります。
それらは地面の食物を求めて調べていて上をが見ないので、イーグルスは特に弱いです。
それらは手遅れになるまで、ブレードに気づくことに失敗します。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




----------------------------------





ワイオミング州
◇Wind energy company to pay $1 million in bird deaths
風力エネルギー会社は、鳥の死で100万ドルを支払うことになっています

(The New York Times | November 22, 2013)
http://www.nytimes.com/2013/11/23/us/
wind-energy-company-to-pay-1-million-in-bird-deaths.html?_r=0


By EMMA G. FITZSIMMONS


デュークエナジーは、金曜日に、保護された鳥の死のために風力会社に対して
司法省の初の刑事事件の一部として罰金で100万ドルを払うことに同意しました。


デュークエナジー・リニューエイブルズの子会社は、
渡り鳥条約法(渡り鳥を保護する連邦法)を犯すことで、
金曜日に、ワイオミング州のフェダーラル地方裁判所で罪を認めました。
同社は、2009年以降、ワイオミング州の2つの風力プロジェクトで
14羽のイヌワシと多数の他の鳥を殺すことの責任を負いました。



死は裁判所の文書によれば、176台の風力タービンがあるワイオミングの
2つのデュークのサイトで、2009年と2013年の間に起こりました。

・・・・・・・・・

渡り鳥条約法は、1918年に制定されました。 それは鳥の1,000以上の種を
保護することを目的として、そのような鳥の殺害を連邦違反とします。
イヌワシは絶滅危惧種ではありませんが、それは1962年以降連邦によって保護されていました。


これは風力タービン会社に対する事件での法律の最初の施行ですが、
魚類野生動物庁は風力発電設備に関する18の鳥の死亡事例を調査していると
AP通信社が報告しました。



・・・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------------------------------




ワイオミング州
◇Guilty plea in bird deaths at wind farms a first
初めての風力発電所による鳥類の死亡に対する有罪答弁

(Globe Gazette, November 23, 2013)
http://globegazette.com/news/national/guilty-plea-in-bird-deaths
-at-wind-farms-a-first/article_ebf34196-6527-5bb9-8d64-a13972f5d991.html

By DINA CAPPIELLO


・・・・・・・

デューク·エナジーとデュークエナジー再生可能エネルギー社に対する訴訟は、
風力エネルギー会社に対して渡り鳥条約法に基づき起訴された第一号でした。
オバマ政権は汚染なしの風力発電を擁護しています、そして
鳥を溺れさせたり感電死させたことで
石油会社と電力会社に対して同じ法律を使用しています。


「この司法取引では、デュークエナジー再生可能エネルギーは、
それが前もって鳥類の死にたぶん終わるということを知っていて
これらの風力発電プロジェクトを造ったと認めています。」
と、
司法省の環境および天然資源部門のための補助司法長官の
ロバートG.ドレーは、声明で言いました。

・・・・・・・・・・・

2009年には、エクソンモービルは、有罪を認めたと5つの州で85羽の鳥を
殺すために60万ドル支払いました。BPの石油会社は、2010年の湾岸の
原油流出事故の際に、渡り鳥が死亡し、害を与えたために1億ドルの罰金を科されました。
石炭発電所を運営するパシフィコープは、2009年に送電線とその変電所で
232羽のイーグルを感電死させたことに1050万ドル以上を払いました。


・・・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



-------------------------------------------




米国
◇600,000 bats killed at wind energy facilities in 2012, study says
2012年に風力発電施設で60万のコウモリが殺されたと、研究は述べています

(Los Angeles Times | November 8, 2013)
http://www.latimes.com/science/sciencenow/la-sci-sn-600000-bats-killed-at-
wind-energy-facilities-in-2012-study-says-20131108,0,1587861.story#axzz2m8ZPBYO0


By Monte Morin


新たな研究によると、60万匹を超えるコウモリがアパラチア山脈の狩りの中で
最も高い集中と共に、アメリカ中で風エネルギー・タービンによって昨年殺されました。


ジャーナルバイオサイエンスで金曜日発表された論文では、
コロラド大学の生物学者マーク·ヘイズは、何匹のコウモリが毎年、
ジェネレーター・プロペラによって打たれ死んだか推測するために
風力発電機の下に見つかった死んでいるバットの記録および統計分析を使用しました。

・・・・・・・・

そして、コウモリが通常、アメリカの市民に愛されない間、
コウモリは2つの非常に価値あるサービスを実行します:
彼らは莫大な量の飛ぶ昆虫を食べます、
そして、彼らは桃とアボカドのような収穫にために授粉するのを手伝います。


これらの理由から、ヘイズは、生物学者がコウモリの個体数に対する流れと
風力エネルギー生成の将来の効果を調査し続けることが重要であると言いました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------




英国
◇High-flying birds at risk of wind turbine collision, says BTO report
高空飛行の鳥は風力タービンの衝突の危険があると、BTOの報告書は述べている

(Eastern Daily Press | November 7, 2013)
http://www.edp24.co.uk/news/environment/
high_flying_birds_at_risk_of_wind_turbine_collision_says_bto_report_1_2977077


Andrew Fitchett, Reporter


鳥類学トラストによる新しい研究は、高空飛行の鳥が
洋上風力タービンとの衝突のリスクが高いことが示されている。



英国鳥類保護協会(BTO)は、ほとんどの海鳥が海面の近くで飛ぶことを示す
30を超える研究からのデータを照合しました。
しかし、典型的にはより高く飛ぶいくらかはタービンからのより大きな危険があるでしょう。


ツノメドリとキョクアジサシを含む多くの種が海面のちょうど5メーター上を飛びます、
その一方でカモメのような他のものは20メーターで飛んでいます。

・・・・・・・

その研究は、多くの小さなものに対立するものとして、
海の上に、もっと高いタービンを建造するか、
大きなタービンの建造を少なくするかが、
鳥の衝突の数を減らすかもしれないことを示唆します。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。









2013-11-30 : 海外/風力発電:2013/04/15~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR