騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

イングランド:居住者は、風力発電会社の甘味料を拒否 | デンマーク:ドンは、デンマークの陸上プロジェクトを売却します | 日本:日本の高コストの再生可能エネルギーは、補助金の影響を抑制します | スペイン:スペインの低迷はグリーンエネルギーのための災難 | スコットランド:使われなくなった風力発電所をはぎ取ると'環境に害を与えるでしょう' | スコットランド:古い風力発電所の基礎'は田舎に残される可能性があります' | イングランド:フォレスト・オブ・ボウランド風力発電所としての『安心』は、拒否されます | イングランド:口論する、フェン・ウインド・ファーム変電所: 居住者は『ショックを受けます』 | ウェールズ:風車に反対した村 | アイルランド:新しい風力発電所の図面に対する異論                              








イングランド
◇Residents reject wind farm firm’s sweetener
居住者は、風力発電会社の甘味料を拒否

(This is Cornwall.co.uk, June 25, 2013)
https://www.wind-watch.org/news/2013/06/25/residents-reject-wind-farm-firms-sweetener/

Western Morning News

彼らの家の近くで200フィート(61m)のタービンの計画を「甘くする」ようになっている
現金申し込みを満場一致で拒絶したあと、地方のコミュニティは嫌われる風力発電所のための
テストケースになることができました。

北デボンの一団の10人の居住者は開発者One Power Wind Renewablesから
£5,670の誘因をまるく拒絶しました。そして、現金のえさを「賄賂」と言いました。

ケースは将来の風力プロジェクトの先例を作ることができて、計画を妨害するために
コミュニティにより多くの力を手渡す政府の最近の動きをテストすることができました。



・・・・・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------------------





デンマーク
◇Dong sells off Danish onshore projects
ドンは、デンマークの陸上プロジェクトを販売します

(25 June 2013, Windpower Monthly)
http://www.windpowermonthly.com/article/1187538/dong-sells-off-danish-onshore-projects


by Shaun Campbell


デンマーク:陸上から洋上へのドンエネルギーの焦点のシフトが、それはデンマークでの
陸上風力発電ビジネスを販売していることを発表し、今日の重要な一歩を踏み出しました。

デンマークのエネルギー会社SEおよびPFA年金基金は、約80のサイトにわたって
196MWの設備容量の合計で272の風力タービンに1億200万ユーロを払っています。

ウィンドパワー・インテリジェンスによると、ほとんどの風車が2MWを上回っていて、
大部分のプロジェクトは、2-5MWの範囲にあります。

風車は、16年の平均の運用上の実績を持っています。
しかし、販売は、開発の初期段階にまだある23MWの風力発電所を含んでいます。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




----------------------------------------------





日本
◇Japan’s high-cost renewable energy curbs subsidy impact
日本の高コストの再生可能エネルギーは、補助金の影響を抑制します

(Bloomberg, 24 June 2013)
http://www.bloomberg.com/news/2013-06-24/
japan-s-high-cost-renewable-energy-curbs-subsidy-impact.html


By Chisaki Watanabe


日本は、ドイツとスウェーデンのものより3倍寛大なクリーンエネルギーの誘因を
十分に利用するためにソーラーパネルと風力タービンを設置するコストを
削減しなければならない、と億万長者孫正義氏によって設立されたエネルギー財団の
関係者は述べています。

高いコストは2011年3月の地震と原発事故後に日本でのクリーンエネルギーの
より広い取り込みに対する最大の障害の一つであると、孫氏の日本自然エネルギー財団の
取締役会長とスウェーデンのエネルギー庁の元ディレクターのトーマスKabergerは述べています。


・・・・・・・・


「私たちはコストを下げることに成功しなければなりません」とKabergerが言いました。
「なぜ太陽光発電の設置は日本においてドイツでの3倍のコストがかからなければならないか
説明するのは難しい。」

太陽光発電装置に関する国際エネルギー機関の報告書によれば、
2011年のドイツの3.5ドル(1ワット当たり1ワット当たり2.5ドルから)と比較して、
日本の設置されたシステム価格は1ワット当たり6.5ドルでした。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------------





スペイン
◇Spanish downturn a disaster for green energy
スペインの低迷はグリーンエネルギーのための災難

(The Local.es, 23 June 2013)
http://www.thelocal.es/20130623/spanish-downturn-a-disaster-for-green-energy


スペインの風力タービン・メーカーは労働者を解雇しています、そして、
緊縮政策が長く保護されたグリーン・エネルギー・セクターを悩まして、
太陽電池パネルを設置した農民は破滅に直面しています。


更なるカットが、この夏予想されます。

クリーン・エネルギー生産者への国庫補助金は、平均して近年12~40パーセント
すでに下落したと、業界アナリストは言います。

スペインのメディアによれば、彼らは、7月中旬に予想される新しいエネルギー・セクター改革で、
もう10-20パーセント下落する可能性があります。

「過去5年に再生可能エネルギーに与えられた罰は、総計60億ユーロ以上(80億ドル)
までになります」とセルジオ·オットー、ビジネスグループ再生可能エネルギー財団の
事務局長は語りました。

「風力タービン産業だけで、我々は20,000の仕事を失いました、そして、
太陽エネルギー・セクターにおいて、それは多分もっと多いでしょう」と、彼は言いました。

問題の中心に、スペインのエネルギー市場(電気をもたらすためのコストと
消費者に負担する価格間のギャップをカバーするために補助金によって確立される)の
260億ドル以上の赤字があります。

「私たちは、この赤字のための主な犯人として、まだ再生可能エネルギーを選抜しています」
とオットー氏は訴えました。

過去十年間の中頃に、経済が高い伸びを楽しんでいた時、スペインは、
グリーン・エネルギーおよび提供される「かなり寛大な」補助金の価格にキャップを置いたと
カルロス・ガルシア・スアレス(IEビジネススクールのセクターのエキスパート)は言いました。

国庫補助は投資者の欲求を押し上げて、スペインを産業の世界のリーダーにして、
風力および後での太陽エネルギーで「ブーム」に結びついた、とスアレスが言いました。

「補助金を下がってもらうだけでなくしなさい、しかし、新しいプロジェクトは
はっきりと禁止されました。そして、それはかなり異常です」と、彼は言いました。


・・・・・・・・・


風力タービンの投資家は、もはや見通しは魅力的であると考えていない、
ヘイッキWillstedtメサ、風力タービン関連AEEにおけるエネルギー政策のディレクター言いました。



・・・・・・・・・




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







----------------------------------------






スコットランド
◇Ripping out disused wind farms ‘will harm environment’
使われなくなった風力発電所をはぎ取ると'環境に害を与えるでしょう'

(Scotsman.com, 25/06/2013)
http://www.scotsman.com/news/environment/
ripping-out-disused-wind-farms-will-harm-environment-1-2974651


By ILONA AMOS

今日発表された新しい報告書によると、その運用年数の終わりに
陸上風力発電所インフラを分解し削除することは、適所にそれを残すより
環境に有害である可能性があります。

政府機関スコットランド自然遺産(SNH)の委託により研究は、
風力発電所が廃止されたときに元の状態にサイトを復元することの利点と欠点に焦点を当てています。

レポートには、鉄筋コンクリートタービン基礎のような構造物の除去が
場所に残すよりも有害な影響があるかもしれないことを示唆しています。

報告書によると:
「もとの場所に残される鉄筋コンクリートに関連した比較的低環境のリスクがあります。

「そして、一緒に関連付けられている二酸化炭素排出量と騒音、地盤の乱れや
コスト(掘削/破壊/加工/輸送)は、原位置にそのようなコンクリートを入れたままにしておくより
大きな環境影響をつくるかもしれません。」


・・・・・・・・・・


「新しいタービンの開発者は、やっかいものを回す前に廃炉および復元の
完全なコストのための現金を入金する必要があります。」

スコットランドの再生可能エネルギーの上級の政策マネージャーのジョス・ブラマイアは
以下のように述べました: 「我々は、陸上風力発電所の修復と廃棄することの
この新しいガイダンスが、陸上風プロジェクトを展開して、掌理する産業の努力の
重要な情報源の働きをすることを望みます。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------------------------------------






スコットランド
◇Old wind farms bases ‘could be left in countryside’
古い風力発電所の基礎'は田舎に残される可能性があります'

(The Telegraph ,  25 Jun 2013)
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/scotland/
10142126/Old-wind-farms-bases-could-be-left-in-countryside.html

By Simon Johnson, Scottish Political Editor


スコットランドの地方は彼らの運用年数の終わりに分解されたウインド・ファームの
コンクリートの基礎で散らかっていることに直面する、と主要研究が警告しました。

スコットランドの国家遺産(SNH)によって委任された研究で、鉄筋コンクリートを削除すると
それらがある基礎を取去るより多くの環境被害を引き起こすかもしれないことが分かりました。

構造が表土ですっかり覆われることができて、「比較的低い」環境リスクを
もたらすことができるが、レポートはいくつかが「酸化と以降の染色/汚染」に
影響されやすい場合があると警告しました。

古いタービンを取り外す方法を詳述して、ベースを取り除く油圧ブレーカーまたは
爆薬に加えて、112ページのレポートには、この必須のクレーン、エクスカベータ、
ダンプとダンプカーと書かれていました。

調査には、風力発電所会社がこれらが分解するにはあまりに有害であると思われるならば、
クレーンが安定性のために築かれるアクセス・トラック、ケーブルとパッドを残すことに
決めることもできるとありました。



・・・・・・・・・・



カレン·テイラー、SNHの再生可能エネルギーやアドバイスオフィサーは、言いました:
「報告書は、将来の風力発電所の開発者が念頭に置いて廃止とそれらを構築するのに役立ちます。
彼らはそれを削除する方法を知ることは、彼らはそれを構築する方法を通知するのに役立ちます。」

スコットランドのRenewablesは、ガイダンスが「重要な情報源」の働きをすると、
風力発電会社を代表して、言いました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------




イングランド
◇‘Relief’ as Forest of Bowland wind farm is refused
フォレスト・オブ・ボウランド風力発電所としての『安心』は、拒否されます

(lep.co.uk, 26 June 2013)
http://www.lep.co.uk/news/local/
relief-as-forest-of-bowland-wind-farm-is-refused-1-5797827

Lancashire Evening


フォレスト・オブ・ボウランドで10台の風力タービン用の計画は却下されました。


ランカスター議会は、Claughtonと聖霊降臨祭の荒野(ケイトンの東)で
タービンのためにコミュニティWindpower社から第3のアプリケーションを
満場一致で拒否しました。

最初のアプリケーションは、20台のタービンのために、そして、最後に計画が
10のために提唱される前に、13のためにありました。



・・・・・・・・・・



モアカムとLunesdaleの議員デビッド·モリスは、開発反対運動をして、
彼は決定を喜んでいると語った。

彼は次のように言いました:
「地域コミュニティーはこの開発に反対しました。また、私は風力発電所に対して
キャンペーンすることによりその反対を反映しました。

「Claughtonムーアは美しい場所です。また、10台の風力タービンが、
私の見解によれば、この美しい地方を破壊するでしょう。」

その適用は月曜の夜に会議の実行委員会によって下げられました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------






イングランド
◇Bicker Fen wind farm substation: Residents ‘shocked’
口論する、フェン・ウインド・ファーム変電所: 居住者は『ショックを受けます』

(BBC News ,  26 June 2013)
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-lincolnshire-23053263


居住者は、彼らが彼らの村に30のサッカー場の大きさの変電所を建設する計画で、
ショックを受けていると言います。

RWE Npower Renewablesはトリトン・ノルで250台以上の洋上風力タービンを
計画しているが、変電所を陸上に建設することへの反対に直面しました。

同社は、ボストンの近くのSouth Forty Foot DrainのそばにBicker Fen で
好ましいサイトを選んだと言いました。


近く住んでいる人々は、プロジェクトが住宅価格を引き下げるだろうと述べました。
RWEは、何百もの仕事を創出すると言いました。

ボストン自治区議会で Bicker・フェンを代表する議員アーロンスペンサーは、言いました:

「それがそれらのための最悪のシナリオであるので、私は、地方のエリアの
居住者を代表して非常に失望します。」



・・・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------




ウェールズ
◇Villages in opposition to turbines
風車に反対した村

(thisissouthwales, June 26, 2013)
http://www.thisissouthwales.co.uk/story-19395171-detail/story.html#axzz2XcfiyidC

Carmarthen Journal


コミュニティ風力タービンの計画は、カーディガンの近くの2つの村で、反対を引きつけました。
Ferwigと近くのGwbertの村の一部の人々は開発に反対です。
そして、それが彼らの家の価値を下げて、景色に傷跡を残すと主張します。

プロジェクトの背後のAwelの度/フェアウィンドは、エネルギーとそのエリアを備えた
300の地方の家庭に提供するだろう、風車からの任意の純益から利益を得るでしょう。


・・・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------




アイルランド
◇Objection to plan for new windfarm
新しい風力発電所の図面に対する異論

(Bray People, June 26, 2013 )


MYLES BUCHANAN


Wicklow郡TourismはWicklow海岸沖で大きな沖合風力発電所開発に反対して、
そのうえ市民に金曜日にプロジェクトのPublic Consultation最終期限前に
彼らの異議を申し出る(6月28日)よう訴えます。

その開発はキシュの145台のタービンから成り、アイリッシュ海、ダブリンの沖合の10km
およびウィックローの銀行をぶつぶつ言うでしょう。

その適用は、タービンがそれぞれ海面からダブリンのリバティーホールより3倍高い
羽根先端まで高さ160m以内になるだろうということを提案します。



・・・・・・・・




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







2013-06-29 : 海外/風力発電:2013/04/15~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR