騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

太陽光発電で誇大広告=建築業者に措置命令-消費者庁 | 家庭用の太陽光発電で誇大宣伝 消費者庁、再発防止命じる | 太陽光チラシに法違反、消費者庁が三光ホームに措置命令 | “3年でもととれる”太陽光発電で表示違反






◇太陽光発電で誇大広告=建築業者に措置命令-消費者庁
(時事ドットコム, 2012/10/30)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012103001023&g=soc

住宅用太陽光発電システムの導入で得られる利益を誇張して宣伝したとして、
消費者庁は30日、相模原市の建築工事会社「三光ホーム」に対し、
景品表示法違反(有利誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。
 同庁によると、同社は2011年4月ごろから、「月々2万5631円の得」
などとチラシやホームページで余剰電力の売却などで得られるメリットを宣伝。
3年で初期投資を回収できるとうたっていた。

* ここまで引用しました。上記サイトでご確認ください。





◇家庭用の太陽光発電で誇大宣伝 消費者庁、再発防止命じる
(徳島新聞Web, 2012/10/30)
http://www.topics.or.jp/worldNews/worldSociety/2012/10/2012103001002229.html

* 上記サイトでご確認ください。





◇太陽光チラシに法違反、消費者庁が三光ホームに措置命令
(日経ケンプラッツ, 2012年10月31日)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20121031/589529/?bpnet

三光ホーム(相模原市)が配布した太陽光発電システム設置のチラシに対し、
10月30日、消費者庁が景品表示法に基づく措置命令を行った。
チラシに記載している内容について実際とは異なる点などを「一般消費者に
誤認される表示」と指摘し、「景品表示法に違反するものである旨を一般消費者へ
周知徹底すること」などを命令した

全文はケンプラッツでご覧いただけます。
全文閲覧には無料/有料の会員登録が必要です。

* ここまで引用しました。上記サイトでご確認ください。





◇“3年でもととれる”太陽光発電で表示違反
(NHKニュース, 2012年10月30日 )
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121030/k10013128261000.html

「発電した電力を売れば3年で、もとがとれる」などと実際とは異なる表示をして
太陽光発電の機器を販売したとして、消費者庁は神奈川県の住宅メーカーに対して
景品表示法に基づく再発防止を命じました。

命令を受けたのは神奈川県相模原市の住宅メーカー「三光ホーム」です。

* ここまで引用しました。上記サイトでご確認ください。







2012-10-31 : 消費者庁 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR