騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー>ぜひ⇒オピニオン、アメリカ:アメリカの農村地域は、大手風力を拒絶し続けます…一つの環境を守ろうという名の下に別の環境を破壊することはまったく意味がありません…ボニー・ブレーディー、ロングアイランド商業的漁業協会エグゼクティブディレクター  // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D..












<助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー>




2017年7月17日




ぜひ!⇒
オピニオン、アメリカ
◇Rural America keeps rejecting Big Wind
アメリカの農村地域は、大手風力を拒絶し続けます

(InsideSources | 2017年7月17日)
http://www.insidesources.com/rural-america-keeps-rejecting-big-wind/



By Robert Bryce




大手風力に対する反発は続きます。

実際に、州全体が風力プロジェクトを制限したり
拒否したりしています。





4月、メアリー・フォーリン
(Mary Fallin)オクラホマ州知事は、
大手風力が早期に集めていた
収益性の高い税額控除を早期終了させる法案に
署名しました。

この動きにより、
今後10年間に州は約5億ドルの節約になります。




5月には、テネシー州議会は、2018年7月まで
新しい風力プロジェクトの禁止を可決しました。

州議会議員は、カンバーランド山脈
(Cumberland Mountains)の住民が、
クラブ・オーチャード(Crab Orchard)の町の
近くに建設されていたと思われる
23タービンプロジェクトに激しい反対意見を掲げた後、
行動を起こしました。




6月30日、ノースカロライナ州議会議員は、
18カ月間州の新しい風力発電プロジェクトの開発を
一時停止する措置を通過させました。

この動きは、州の軍事基地に関連する業務が
500フィートと600フィートの高さのタービンによって
妨げられないことを保証するために行われました。




確かに、あなたは「ニューヨークタイムズ」紙で
これについて読むことはありません。

確かに、「タイムズ」紙は、
ニューヨーク西部の3つの郡
- エリー、オルレアン、ナイアガラ - と同様に
イエーツ(Yates)とサマーセット(Somerset)の町で、
オンタリオ州の湖畔に
何十本ものタービンを設置することを目指している
ラウトハウス・ウィンド(Lighthouse Wind)と呼ばれる
200メガワットの提案されたプロジェクトと
戦っているという
事実上のシングルストーリーを発表していません。




土地を食い尽くし、補助金で賄われた
大手風力の※【スプロール現象】に対する農村の抵抗は、
- シエラクラブ、天然資源防衛会議、
グリーンピースといった、
リベラルなメディアの無数の同盟が無限に繰り返す
- 風力エネルギーは「緑」ですという物語には
合いません。


※スプロールげんしょう【スプロール現象】
スプロールsprawlとは〈ぶざまに広がる〉という意味で,
都市が急速に発展し,周辺へ無秩序に市街地が広がる現象をいう。


それにもかかわらず、数字は物語を語る。

2015年以降、
メイン州からカリフォルニア州の約170の政府機関が、
風力プロジェクトを拒否または制限する動きをしています。

今年は、46の政府機関が
大手風力を拒否したり制限したりしています。





反発の原因は何ですか?

シンプル:
農村部の住民は、不動産価値と景観を保護しています。

彼らは、大部分のタービンの上に
赤い点滅するライトを、一晩中、毎晩、
彼らの人生の残りの間、見ることを望んでいません。

また、彼らは有害な騒音にさらされたくない
- 可聴音と聞き取れない音の両方
- それらが生産するもの





反発はとても激しいので
風力大手は風力プロジェクトを
受け入れるように小さな町を訴え始めました。


世界最大の風力エネルギー生産会社である
ネクステラ・エナジー社(NextEra Energy)は、
昨年10月以来、
人口:3,000人の
オクラホマ州ヒントン(Hinton)の町を含む
5つの地方の行政に対して
連邦裁判所と州裁判所に訴訟を起こしました。


ネクステラ社は、小規模なアメリカの裁判所に
あなたの税金で資金を提供しています。

2008年から2015年の間に、
ネクステラ社が連邦税務補助金を78億ドル集め、
その期間に
米国で11番目に助成を受けた企業となったことが、
税金と経済政策研究所の最近の報告で分かりました。




反発は米国に限られていません。

2010年に、風力発電所に反対する
ヨーロッパ・プラットフォームは
20カ国に約400人のメンバーを抱えていました。

今日では、31カ国に約1,275の会員組織があります。

カナダでは、90以上のオンタリオ州の町が
風力プロジェクトに「不本意なホスト」を宣言しています。

2016年、スコットランドの
有名なネス湖の近くにある風力発電プロジェクトは、
観光への潜在的影響のために拒絶されました。




反発はまたオフショアで起こっています。

ニューヨークでは、
ロングアイランド商業的漁業協会と
漁師や鮮魚店のボートが、
東部海岸のイカやホタテ漁業上に
風力発電プロジェクトが建設されるのを防ぐため、
連邦訴訟を起こしました。




一言で言えば、
大手風力は困惑に直面しています:

風力でより大幅に多くの電力を生産するには、
より多くの発電設備が必要です
– そして、農村地域に高さの高いタービン。

しかし、より多くのタービンが建設されるにつれて、
それらのタービンがより高くなる
(最新のデザインは700フィート以上の高さです)
- より多くの人々が反対するであろう。
※ 700フィート = 213.36 メートル

より多くのタービンはまた、
より多くの死んだ野生生物も意味するでしょう。



風力タービンは、
ハクトウワシとゴールデンイーグルを含む
猛禽類の証明された死因です。


昨年、米国地質調査所の2人の科学者が、
風力タービンが現在、
大量のコウモリの死亡原因の最大原因であると
判断しました。

コウモリはワシほど人気がありませんが、
彼らは重要な花粉媒介者で食虫動物です。





ここの落ちは明白です:
気候変動の名の下、
環境保護はひっくり返されました。


人々、風景、野生生物を擁護するのではなく、
私たちの最大の環境グループは、
その3つすべてを無視した
再生可能なスキームを応援しています。





ロングアイランド商業的漁業協会の
熱烈なエグゼクティブディレクター
ボニー・ブレーディー氏(Bonnie Brady)は
最近私に言いました、

「一つの環境を守ろうという名の下に、
別の環境を破壊することはまったく意味がありません。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html


▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者
Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


現在の議論の本質は、
一方で、あなたが裕福な資金による
風力産業を持っていることです




1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい一部抜粋:

因果関係を割り当てるための
生物学的プロセスを知る必要はありません。

そのハードルは、未知の理由のために働く
ほとんどの医薬品を除外するだろう。


親風力団体や他の熱烈な支持者は、
私たちの仕事をやめさせるために
医学のハードルを使用する必要があります。

彼らがあなたに
音響技師の一部である
職務権限を否定させないようにしてください。


ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



2017-10-05 : 助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー>マサチューセッツ州:アクトンのカップルは、クリーンエネルギー交付金で8百万ドル以上を受け取ったとされる詐欺罪で起訴された |カリフォルニア州:21日の皆既日食で太陽光発電ピンチ! カリフォルニアで電力560万キロワット消失  // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D..












<助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー>





2017年8月11日





マサチューセッツ州
◇Acton couple charged with fraud allegedly received more than $8m in clean energy grants
アクトンのカップルは、クリーンエネルギー交付金で8百万ドル以上を受け取ったとされる詐欺罪で起訴された

(The Boston Globe | 2017年8月11日)
https://www.bostonglobe.com/metro/2017/08/11/
acton-couple-charged-with-fraud-allegedly-received-more-than-clean-energy-grants/
OhJLQ9FAlFzCicsSCID3ML/story.html



By Danny McDonald and Martin Finucane, Globe Staff




米国の弁護士事務所によると、
アクトンのカップルは、
大不況に対応して行われた景気刺激策で
連邦政府からクリーンエネルギーの交付金で
5千万ドル以上を騙そうとしたという訴えに直面している。





クリストファーN.コンドロン氏
(Christopher N. Condron)(45歳)と
ジェシカ・メティビアーさん(Jessica Metivier)(41歳)は、
2009年の米国再生・再投資法に基づき、
プログラムから総額800万ドル以上の
助成金を受け取ったと言われています。





彼らは主クレームに関して
政府を欺く陰謀の一つと
通信詐欺の3つのカウントで起訴されたと
検察側は声明で述べていました。



彼らは木曜日に逮捕され、
ボストンの米地方裁判所に出頭した後の
条件で釈放された。

コンドロンの弁護士、
フランシスJ.ディメント氏(Francis J. DiMento)は、
金曜日の午後にはコメントをしていませんでした。

メティビアーさんの弁護士
スコット・ラウア氏(Scott Lauer)は、
「彼女は真剣にこの事件を取り上げ、
彼女は今後の裁判で無罪を主張するつもりだ」と述べた。





伝えられるところでは、このカップルは、
クリーン・エネルギー・プロジェクト
例えば、
風力発電所やごみエネルギーシステムなどの
資金援助に役立つ無償資金供与について
偽の申請書を米国財務省に提出したと言われています。





2009年5月から2013年6月まで、
コンドロン氏とメティビアーさんは、
マサチューセッツ州の4つの会社に代わって
偽の補助金申請書を提出しました:

Acton Bio Energy、Concord Nurseries、
Kansas Green Energy、Ocean Wave Energyなどが
含まれると、検察官は言いました。




各申請で、このカップルは
メティビアーさんが
クリーンエネルギープロジェクトを購入し、
操作させ、または開始したと主張しました。




彼らが申請したプロジェクトの価値は
合計で1億7000万ドルでした。




彼らが主張しているプロジェクトには、
8つのバイオ燃料ガス化システム(8,800万ドル)と
風力発電プロジェクト(8,400万ドル)が
含まれていたという。





検察は、この夫婦は弁護士と
コンドロンの「近い家族」の助けを得たと言いました。

彼らのどちらも起訴で命名されなかった。




風力発電所の場合、起訴によると、
2011年12月30日までに
BarnstableのHyannisセクションにある
58の小型風力タービンの風力発電プロジェクトで
建設を開始したことを発表したと
Ocean Wave Energyは主張しています。



2500万ドル以上の助成金を要求した同社は、
フローティング・バージに乗って
ハイアニスの場所に
2台の風力タービンを設置したと報じた。




Barnstableの計画と開発担当ディレクターの
エリザベス・ジェンキンズ氏
(Elizabeth Jenkins)は、
このようなプロジェクトについて
聞いたことがないと述べました。

「8400万ドルの風力発電所を
どこに置くのか分からない」と
彼女は金曜日に言った。

「このようなプロジェクトに関しては、
申し込みや公開会議、
あるいは
そのレベルまで上がったことはありませんでした。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------------------





<助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー>





2017年8月20日




カリフォルニア州
◇21日の皆既日食で太陽光発電ピンチ! カリフォルニアで電力560万キロワット消失

(Sankei Biz|2017年8月20日)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170820/bsc1708200921003-n1.htm



 米国で21日に観測される見込みの
皆既日食が電力供給の懸念材料になっている。

月が太陽を完全に隠すことで、
太陽光発電の出力が一時的に減少するためだ。

普及が進むカリフォルニア州では
出力が561万キロワット失われるとの試算もある。




 米航空宇宙局(NASA)によると、
皆既日食が始まるのは米西部時間の
21日午前10時(日本時間22日午前2時)すぎ。

西部オレゴン州を皮切りに、
見える場所が少しずつ南東方向に移動する。

約1時間半かけて計14州を通過し、
南部サウスカロライナ州に達する。

米国の広い地域で観測できるのは1979年以来で、
観測地域全体の住民は、
米人口の約6割に相当する約2億人に上るという。




 各地の観測時間は最長2分40秒と短いが、
部分日食も含めると太陽が遮られる時間は
約4時間に及ぶ地域もある。

米国の太陽光発電の出力は計4470万キロワット
(3月末時点)と5年前から約9倍に増えており、
電力供給に大きな影響を与える可能性がある。




 例えば、米企業の試算によると、
カリフォルニア州は出力計1830万キロワットのうち
561万キロワットが一時的に減少する。

日本の標準家庭で契約容量が30アンペアならば、
約187万世帯分に相当する。




 米通信社ブルームバーグは、
「日食で(全米の)太陽光(発電の出力)が
原子炉9基分に当たる900万キロワット以上
減少する」と報じた。

夏場のエアコン使用で電力需要が膨らむ中、
「卸電力価格の急騰を引き起こす可能性がある」とも
指摘している。

日食の間、安定供給を維持するためには、
火力発電など他の電源の出力を上げて
調整する必要がありそうだ。




 一方、日本の太陽光発電の出力は
計3847万キロワット(3月末時点)。

太陽光や風力などの再生可能エネルギーを
決まった値段で買い取る「固定価格買い取り制度」
(FIT)が平成24年7月にスタートし、
急拡大した。



 国立天文台によると、
日本で皆既日食が観測されるのは約18年後だが、
部分日食が約1年5カ月後に迫る。

日本も米国と同様に太陽光発電の出力が
減少する問題が浮上する恐れがあり、
電力の安定供給をいかに確保していくかが問われている。





* 以上、引用しました。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html


▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者
Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


現在の議論の本質は、
一方で、あなたが裕福な資金による
風力産業を持っていることです




1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい一部抜粋:

因果関係を割り当てるための
生物学的プロセスを知る必要はありません。

そのハードルは、未知の理由のために働く
ほとんどの医薬品を除外するだろう。


親風力団体や他の熱烈な支持者は、
私たちの仕事をやめさせるために
医学のハードルを使用する必要があります。

彼らがあなたに
音響技師の一部である
職務権限を否定させないようにしてください。


ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



2017-10-04 : 助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー>ブログ, アイオワ, アメリカ:農村部のアメリカは、アメリカの発電所になりたくありません // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒ファルマスは、裁判所判決の後、2台目の風力タービンをパワーダウンします | WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D..











<助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー>





2017年6月27日





ブログ, アイオワ, アメリカ
◇Rural America doesn’t want to become America’s power plant
農村部のアメリカは、アメリカの発電所になりたくありません
(StopPATH WV | 2017年6月27日)
http://stoppathwv.com/stoppath-wv-blog/rural-america-doesnt-want-to-become-americas-power-plant




Keryn Newman




ある友人が、私に、
都市アメリカが受け入れる必要のある
真実のちょっとした扉を開けてくれた
論説※を送ってくれました。

農村部のアメリカは
あなた方の発電所になりたくありません。

ドナルドトランプは最近アイオワ州にいて、
風力発電に批判的なトランプ主義を出しました。

メディアは、アイオワが風を愛し、
風のエネルギーの36.6%を得ていることを
指摘するために宣伝ポニーに飛び乗りました。

ストーリーは、トランプは
孤独な批判的な声だったということでした
そして、アイオワ州民は
風の利益と雇用を享受して喜んでいて
アメリカの発電所になることは誰も心配していません。

論説によれば、それは違います。

アイオワ州や他の田舎の州では、
産業用風力に深刻な抵抗があります。

私はすでにこれを知っています、
しかし、多くの人はそうではなく、
農村部のアメリカを搾取する拳の上に
お金を手渡す産業によって塗られた
バラ色の絵を信じているのを好みます。






何百年も前の
ウェストバージニアで起こったことと
現在の中西部で起こっていることの違いは何ですか?

たいして違いはありません。

国外の企業は侵略して土地と人を買収し、
企業利益のためにその資産を利用しました。

人々はそれが雇用と税収のための
絶好の機会であると言われ、
単一の産業にそれだけ依存して、
それなしでは生き残ることはできませんでした。

エネルギーは町で唯一のゲームとなり、
政治家や暴利家は、
それが実際に国家を破壊していたにもかかわらず、
いかなる批判も発しませんでした。

そして、それと同じように、
社会はその特定の形態のエネルギーから移動したため、
州のエネルギーはもはや持続可能ではありませんでした。

そして、企業は次の大きなエネルギーの
金の鉱山に進出したので、
州は荒廃するままにされました。

歴史から学ぶことを拒む者は、
それを繰り返すことができます。






風力エネルギーは、税額控除に頼ります。

風力発電所を建設する会社は、
米国納税者の好意による金銭をかき集めています。

政府の援助が停止すると、風力発電所もそうなります。

しかし一方で、
風力エネルギー企業は必然的に、
狂ったように、
新しい税額控除発生機を建設しようとしています。

そして、農村部のアメリカは抵抗します。






ドナルド・トランプは何と言ったのですか?

「風があなたの家や工場を明るくするために
吹くことを願っていません...」

風は断続的な資源です。

一定のスピードで絶えず吹くことはありません。

アイオワ州が風力エネルギーに100%依存していた場合、
家庭や工場の照明は風のように上下するでしょう。

私は、ヨーロッパの国の列車システムが
「100%の風力エネルギー」で走っていると主張した
先週のプロパガンダの爆発を見ました。

真実ではありません。

電子は石炭や風力で作られたものでも同じ色であり、
電気グリッド上で合成されたときには
すべて一緒に混合されます。

さもなければ、
その列車は風の吹き出しに基づいて始動および停止、
減速および加速を行います。

それに直面して、他の形態のエネルギー生成は、
断続的な資源をバックアップして、
安定したエネルギーの流れを提供しなければなりません。

ある時点では、風は地理的な領域で飽和状態に達し、
田舎のアメリカが都市アメリカに比べて
大量の電力を使用していないことを考慮すると、
アイオワは現在飽和状態にある可能性があります。

しかし、税額控除はまだまだ3年間有効であり、
風力発電所の資格があれば、
そのクレジットは10年間引き出すことができます。

最後の大きな風の努力が3年後に築かれたとき、
10年の納税者利益の期限が切れると、
アイオワ州は、修正するには高価すぎる
壊れた風力タービンの墓地に残され、
税額控除なしでは、
それらを置き換えることは意味がありません。

しかし、
アイオワ州が電力を使うことができなくても、
風力産業は今すぐ建設する必要があるため、
企業は輸出したいと考えています。

あなたが知っている次のことは、
輸出用の巨大な送電線を建設しようとしている
カウボーイです。

タービンを運営することは、
土地所有者の全面的な自主的ですが
(土地所有者が土地を借りるために
かなり寛大に支払っていると主張する者もいます)、
カウボーイの送電線は
地主に塔の宿営を強制するために
有名なドメインを使用したいと考えています。

完全な切断がここにあります
- 風力発電所が自主的であれば、
それを可能にするインフラも
自主的でなければなりません。

しかし、そうではありません。

そして、農村部のアメリカは、
大手風力の利益と
他の州の電気消費者の環境ドリームの利益のために、
生産性とライフスタイルを犠牲にすることに反対しています。






この論説は、
バランスのとれた報道の改善を試みています。

これは、都市アメリカが聞くことのない話です。

そしてそれを聞いた少数の人は
風の小道に住んでいる人に、
彼らの産業用風力の批判が真実でない、
あるいはそれを吸い上げるべきである、
あるいは大手風力の批判が
コック兄弟の傀儡であることを伝えます。

アイオワ州民の一人がコメントしたように、
あなたは
一部の尊大な都市に住む環境学者が
化石燃料産業から資金を提供されていると非難するまで、
あなたの反対では効果がなくなっただけです。

ばっちり成功です。





政治家や風力発電の主催者、
そして、利益の小さな部分で
資金を調達している企業を脇に置いて、
大手風力の「支持」は
すべてそこに住んでいない都市環境学者から来ています。

これは、他の誰かの費用で
惑星を救いたい人たちによって、
かなり傲慢に表現されることがよくあります。

彼らは軽蔑的であり、彼らは傲慢であり、
彼ら自身のコミュニティに
エネルギーインフラをホストしたくありません。

ウェストバージニア州の石炭火力を輸入することは、
まさに不格好ですから、次ののお人良しを探しています。

自分のニーズ
(アメリカの農村にはよく知られているもの)の
責任を負うことではなく、
それは、他の誰かが責任を持って
自分の必要に応じて
犠牲になることを要求することです。

彼らがしなければならないことについて
農村のアメリカに指示することは
あまりうまくいっていません。

農村部のアメリカは、
トム・ソーヤーの
柵をペイントすることに簡単に動揺していた
バカな住民ではなく、
彼らはそのように扱われることを嫌います。

そして、彼らは傲慢さが止まるまで、
都市のアメリカに抵抗し続けるでしょう。

みんなが大切、または誰も重要ではない。

彼らがとてもスマートだと思っている人は、
田舎のアメリカを
紐のついた猿のように
コントロールすることができます。

私たちは対等の条件で
協力しなければなければなりません。

あなたが風力エネルギー、
都市アメリカを愛しているなら、
あなた自身の裏庭に置いてください。

農村部のアメリカは
あなた方の発電所になりたくありません。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





論説※

■Trump dings wind power in Iowa.
Critics in media retort that subsidy recipients
like their green-energy subsidies.
http://www.washingtonexaminer.com/
trump-dings-wind-power-in-iowa-critics-in-media-retort-that-subsidy
-recipients-like-their-green-energy-subsidies/article/2626746





----------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

<38-Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2017年6月21日

ぜひ!⇒
38-マサチューセッツ州
◇Falmouth powers down second wind turbine following court ruling
ファルマスは、裁判所判決の後、2台目の風力タービンをパワーダウンします

(The Falmouth Enterprise | 2017年6月21日)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
falmouth-powers-down-second-wind-turbine-following-court-ruling/
article_cb56f470-f72c-54de-b70c-a0a67b7745bf.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4780.html

By Derrick Perkins

ファルマスの都市行政委員会は6月20日火曜日、
バーンスタブル郡高等裁判所の裁判官が
町が所有する電源を不法妨害とみなした後、
論争の的となる
風力タービンの運転停止を命じました。



コーネリアス・J・モリアーティII判事が、
風力タービンの
『ウィンド1』と『ウィンド2』に関する
ファルマスゾーニング委員会の立場を
肯定したことがわかった後
メンバーは、午後6時ごろ、緊急集会で会ったと、
町政担当者のジュリアンM.ズーゾー氏は言いました。

彼らは秘密会で再び会います
— 一般市民に閉鎖された
— 6月26日の月曜日、
町の選択肢について議論するためにと
ズーゾー氏は言いました。


両方のタービンは
— 2015年9月には、法的措置のために
『ウィンド1』はパワーダウンしました
— 訴訟のために避雷針を証明しました。

最初は2009年に立ち上がりました
そして、隣接した資産のオーナーは
まもなく機械を騒音と健康問題の原因として
あげ始めました。



町の排水処理場の近くに位置するこの一組は、
運転開始以来、数多くの会議、見出し、
編集者への手紙と訴訟事件を生み出しています。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


※ 関連記事は、以下の拙ブログカテゴリーをご参照ください。

<☆Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令> 


-------------------------------------------------------

 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html



▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者
Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


現在の議論の本質は、
一方で、あなたが裕福な資金による
風力産業を持っていることです




1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい
ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



2017-07-06 : 助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<再生可能エネルギー>意見, アメリカ:反パイプラインの反環境保護主義者たち…炭素を「地中に」維持するには地上の大部分のものを壊滅させる必要があります‐それは、最低の取引です // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<再生可能エネルギー>




2017年1月4日




意見, アメリカ
◇The anti-pipeline anti-environmentalists
反パイプラインの反環境保護主義者たち

(Investor's Business Daily | 2017年1月4日)
http://www.investors.com/politics/commentary/the-anti-pipeline-anti-environmentalists/



ロバート・ブライス



画像:

2016年12月4日、日曜日、
キャノンボール(Cannon Ball)にある
ダコタアクセス石油パイプライン
(Dakota Access Oil pipeline)を、
米陸軍工兵隊が認可しないと発表された後
Oceti Sakowinキャンプでお祝いに集まる群衆
(AP)


================================




別の日、別のパイプラインが
「keep it in the ground」の活動家によって
抗議されました。






12月8日、ニュージャージー州から
マサチューセッツ州へ
天然ガスを輸送するために設計された
Spectra Energyの
AIMパイプラインの建設を中止しようと、
ハドソン川近くの建設現場で12人が集まった。

「HudsonStand12」と呼んでいる抗議者は
不法侵入罪に問われ逮捕されました、
そして、
ニューヨーク州Cortlandtの当局による逮捕に
抵抗しました。




これらの逮捕は、
これはもちろん、
キーストーンXLパイプライン上のブローハハに続く
ノースダコタ州の
ダコタアクセス石油パイプラインプロジェクトに対する
数カ月の抗議にすぐ続いて来ました。





気候変動活動家は現在、
壊滅的な気候変動を避けるために、
すべての炭化水素を
地中に保たなければならないという主張のために、
全国の石油とガスのパイプラインプロジェクトを
阻止したいと考えています。


同じ活動家たちは、
風と太陽エネルギーだけに頼ることができるので、
私たちは化石燃料を必要としないと
繰り返し主張しています。





しかし、彼らが
私たちのカーボンフットプリントに
執着しているのに対し、
気候変動活動家は、
再生可能エネルギーの
土地利用フットプリントについては
何も示していません。


確かに、
「きれいな」エネルギーに関する汚い真実は、
衝撃的な量の土地が必要であるということです。


マンハッタン研究所の最近の報告書では、
風力と太陽エネルギーを使って、
2050年までに
国内の二酸化炭素排出量を
80%(80×50)削減するには、
約287,700平方マイルの範囲をカバーする必要があります

- テキサス州とウェストバージニア州を
合わせた規模の地域。





シエラ・クラブ、グリーンピースと350.orgの
指導者によって支持された
風、水、太陽のシナリオを含む
過去数年間に発表された3つの脱炭素シナリオを検討し、
土地利用要件を計算しました。

これらの3つのシナリオを平均化すると、
再生可能エネルギーだけで80×50を達成するには、
約1,958ギガワットの風力エネルギー容量と
約2,441ギガワットの太陽エネルギー容量が
必要であることがわかります。





私はその後、エネルギー省のデータを使用して、
風力エネルギーの容量密度、
つまりその全体的な占有面積を計算するために
マスコミ報道を発表しました。

その結果、
風力エネルギーのフットプリントは
1平方メートルあたり3ワット、
つまり131.3平方マイルあたり1ギガワットです。


太陽の容量密度を計算するために、
3つの大規模な
カリフォルニア太陽光発電プロジェクトの
公開データに依存しました。

その結果、ソーラーのフットプリントは
36.3ワット/平方メートル
または1ギガワット/ 10.6平方マイルです。






再生可能エネルギープロジェクトに対する
農村部の反発が高まっているため
これらの土地利用数値は関連性があります。


例えば、ノースダコタ州キャノンボールの
近くに集まって
ダコタアクセスに反対する抗議者に
焦点を絞った国内メディアは、
そこから西に約170マイル離れた
巨大な風力発電プロジェクトの
最近の拒否を無視しました。






11月15日、ビリングス郡の関係者は、
約25,000エーカーをカバーする383メガワットの
風力発電プロジェクトの申請を拒否した。


彼らの懸念の中でも、
テオドール・ルーズベルト国立公園の中には
タービンの一部が見えることを含め、
プロジェクトの視覚的な影響がありました。




ニューヨークでは、3つの州の郡
- エリー、オルレアン、ナイアガラ
- イェーツとサマセットの町は、
ライトハウス・ウィンドと呼ばれる
提案された200メガワットのプロジェクトと
すべて戦っています。


バーモント州では、
およそ160の町と都市が
再生可能エネルギープロジェクトの立地を
より詳細に管理するラトランド決議に署名しています。






再生可能エネルギーはまた野生動物を襲っている。

風力タービンが
大量のワシや他の鳥類を殺しているだけでなく、
米国地質調査所の科学者による最近の研究によると、
現在、風力タービンは
地球の最大のコウモリ殺人鬼です。





何十年もの間、環境主義の中心的な教義は、
農業から都市計画までのすべてにおいて
小さなフットプリントでした。


しかし、現在では、気候変動の名において、
環境主義が頭をそろえました。

人々、景観、野生生物を擁護するのではなく、
私たちの最大の環境団体が、
再生可能エネルギー計画を歓迎しています。






一言で言えば、それを「地中に」維持するには、
地面上のものの大部分を壊滅させる必要があります。

それは、最低の取引です。







著者
ブライス氏は、
マンハッタン研究所のシニア・フェローです。


研究所の最新の報告書は、

『This Land Was Your Land: A Closer Look at 80 by 50』
(この土地はあなたの土地だった:80×50のより詳細な観察)








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-24 : 助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<再生可能エネルギー>ぜひ⇒アメリカ:クリーンな電力を生産することはどんなに厄介なビジネスであるかが判明した // New⇒2016年11月6日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 | New⇒論文:1~3 米国:風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して……A特性は、人間の聴覚の感度に応じてdB の測定値を補正します。これは、低周波騒音と超低周波不可聴音が除外されて「測定」されることになるので200 HZ未満の周波数のために使用すべきではありません…ウィレム・ポスト |電磁波過敏症/日本人の3.0~4.6%に症状…早稲田大応用脳科学研究所の研究グループ |New→エコキュートなど低周波音の健康被害で国を提訴「規制を怠った責任がある」 | エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン |youtube: 風力タービンからのインフラサウンドの重大な危険性についての発表…医学博士ヨハネス・メイヤー | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ)








<再生可能エネルギー>




2016年8月13日



ぜひ!⇒
アメリカ
◇How producing clean power turned out to be a messy business
クリーンな電力を生産することはどんなに厄介なビジネスであるかが判明した

(ニューヨークタイムズ | 2016年8月13日)
http://www.nytimes.com/2016/08/14/business/energy-environment/
how-producing-clean-power-turned-out-to-be-a-messy-business.html?_r=0




By DAVID GELLES




プリンストン(N.J.)の
牧歌的なフィールドの端に、
環境に配慮したオフィスビルが、
最近そのドアを開けました。


プラントは屋根を花づなで飾ります、
リビングの壁は、ロビーのために設計されています
そして、
雨水貯蔵タンクは建物のニーズを満たします。


駐車場には、風力タービン、太陽電池パネルと
電気自動車帯電ステーションがあります。






それは、電気を求める社会の飽くなき要求を
地球を汚染することなく
満たすことができるものの1つ
持続可能な未来の絵です。




同じことは、建物の入居者に対しては言えません
NRGエネルギー社。





国で最大の独立系発電プロデューサー、
NRG社は、公益事業、
企業や個々の家庭に電気を販売しています。


そのようなすべてのワット数を生み出すために、
莫大な量の天然ガス、石炭と石油を燃やします。
そして、国の最大の汚染者の一つである
NRG社を作ります。





それは地球を汚そうとしていません;

それが、NRG社の中にあるビジネスのまさに特徴です。

環境保護庁によると、電力業界は
米国での温室効果ガス排出量の最大の供給源です。

2014年に、NRG社は
国の電力生産者間で第4位の二酸化炭素の排出者でした。





アメリカ人に電気を提供するビジネスは、
1世紀であまり進化していません。

しかし、今日、
気候変動についての成長の懸念、
手頃な風力や太陽光発電、
そして、分散型発電の可能性が
NRG社のような公益事業と発電事業に
彼らの行為をクリーンアップし、
かつ迅速にするよう圧力をかけています。





「私たちの業界は、
私たちが見たこともないような大きな変化でも
切り抜けるつもりです。」と
NRG社の最近就任した最高責任者
マウリシオ・グーティエレズは述べています。

「業界はこれだけのの売上高を
見たことがありません。」





このような変化は特にNRG社にとって激烈でした。
事故や予期せぬ結果のシェア以上に
切り抜けたてきました:

5月に、たとえば、
火災が最先端で重要な塔をノックアウトしたが、
同社が南カリフォルニア砂漠で管理する
太陽光発電所を悩ませました。

住宅用太陽光や電気自動車のための
国家の充電ネットワークの大きな賭けは
進歩的でしたが失速しました。





アメリカ合衆国の
シェールとフラッキングの好況は
天然ガスを安くて豊富にしました。
そして、電気の価格を下げて、
NRG社がかなりまだ依存する電源を製造しました
- 石炭、原子力と再生可能エネルギーを含みます
- 収益性の低い。


投資家は会社に対する信頼を失いました、
NRG社の株は急落し、
そして、その前の最高責任者は即座に首になり
グーティエレズ氏と取り替えられました。





工業先駆者となる状態からほど遠く、
NRG社は教訓的な話になりました。


消費電力の大きい国は、
それが煽られる方法を変更する必要がありますが、
NRG社が示すように、
電源をきれいに移行することは厄介なビジネスです。





「発電事業および公益事業は、炭鉱内のカナリアです。」と
コンサルティング会社
『 Business for Social Responsibility』のCEO、
アロンクレイマーは言いました。


「そして、低炭素エネルギーシステムへの
移行の真っ只中にたくさんの不快なものがあります。」






2つの企業は
チャレンジの正確な同じセットに直面しません。

しかし、いくつかのレベルで、
NRG社を先取している苦境は、
すべての発電事業と公益事業が、
最終的に直面することになるものです:

どのように、少ない温室効果ガスを放出しながら
より多くの電気を作るために。





NRG社は、必ずしも
クリーン・エネルギー支持者ではありませんでした。

最近まで、それはちょうど別の電力生産者で
送電網に電力を供給するために
化石燃料を燃やしていました。






2003年に、それは、その最高経営責任者である
デビッド・クレーンをたたきました。

伝統的なロンドンに拠点を置く電力会社を
以前に経営したクレーン氏は、
NRG社のコアビジネスを拡大し始めました。


彼はテキサス州で家庭や企業に電気を販売している
リライアントエネルギー社、
ならびに、ヒューストンに本拠を置く
ライバルのGenOnエネルギー社を買収しました。

これらの動きは、
NRG社のスケールとその放出を非常に拡大しました。





2006年までに、
クレーン氏は気候危機に応え始めて、
国の最もありそうもない
環境保護主義者の1人になりました。






最初に、彼はささやかな変更を行いました。

NRG社は、風力発電会社を買収しました
それは後に売却しました。

すぐに、しかし、クレーン氏は
風力や太陽光プラントに大規模な投資を行い、
電気自動車充電ステーションの
全国的なネットワークのような
長年暖めてきた企画に大きく費やしました。





外見的には一夜にして、
化石燃料の経営陣は、
再生可能エネルギーのチャンピオンになりました。





彼は、ハブ・アンド・スポーク方式の実用新案を
オンにしたいと思いました
– 家と企業に電気を送っている大きい発電所で
– あべこべに。




その代わりに、クレーン氏のビジョンでは、
ソーラーパネルと風力タービンは、
分散型エネルギー生産の時代を告げて
国をおおいます。

彼は、環境保護を「道徳的な緊急事態」と言いました。

昨年、NRG社は、
2030年までに二酸化炭素排出を半分に切って、
2050年までに90パーセント減らすと言いました。





「リーダーであることは、NRGの運命です」と、
クレーン氏は、新本社の起工式で述べました
「気候変動との戦いに勝利しながら、
より持続可能で豊かな未来を創造します。」






クレーン氏は、当時の精神を導いていました。

12月に、パリの世界的リーダーは、
気候変動と戦うと誓いました。

アメリカ合衆国は、
10年で4分の1以上
温室効果ガス排出を削減すると言いました。


これまでより安い太陽光発電と風力と
省エネ技術を受け入れ始めている消費者と、
これらの目標は手の届く範囲でありえました。





しかし、気候危機は、
単独で、
より多くのテスラで解決されることはありません。


パリで設定した目標を達成する場合は、
NRG社のような大きな電力生産者は
電力生産を増加させながら
排出量を削減する必要があります。


それでクレーン氏は、
実用規模の風力や太陽光プロジェクトの
新世代を構築しながら、
汚い発電所のNRG社の艦隊を
取り替えようとし始めました。






NRG社の二重人格
- 化石燃料の巨人とクリーンエネルギーの先駆者
- 国の両端の2つの比較的新しい施設で
展示されています。





ロサンゼルス国際空港の南の
4本の煙突は、砂の海岸線を中断します。

そこで1950年代からどのような形にせよ
それらはエルセガンド・エネルギー・センターの
一部です、そして、それは
ほぼ450,000世帯の原動力となるのに
十分な電気をもたらします。






一見したところ、
安くて大量の天然ガスを燃やす
ありきたりの発電所です。

しかし、エル・セグンド工場は、
その種の最も洗練された一つです。

2013年にオンラインになった
2つの操作ユニットは、
半世紀前に建設された非効率的な遺物が
置き換えられました。

廃水はリサイクルされます、
放出規制は
酸化窒素と一酸化炭素の生産を最小にします、
そして、燃焼の混合と蒸気タービンは
ガスに由来するエネルギー量を大いに強化します。





そして、おそらく最も批判的なのは、
エルセガンド・エネルギー・センターは、
時折だけ電力を発生させていることです。






ひと世代前に、
それはほとんど絶えず動きました
そして、ロサンゼルスの
巨大なエネルギー需要を供給しました。





しかし、過去数年間で、大電力会社は
- NRG社を含む
- 昼間の電力の増大するシェアを供給して
南カリフォルニアに
巨大な太陽光発電所を建設してきました。





太陽が輝いているときは、
NRG社の新しいハイテクガス火力発電所は、
多くの場合、休止しています
そして、需要が立ち上がる、
あるいは太陽が暗くなった時だけ、
生き生きとします。

その意味では、
エル・セグンドプラントは大躍進です。






しかし、太平洋の非常に美しい海岸で、
このガス火力発電所の改造に
数百万ドルを注ぐ必要があります
これは、まさに
どれくらいの仕事が
まだ行われていないかを示しています。






全国で、スペンサーで、マサチューセッツで、
NRG社は、セントジョセフ大修道院、
トラピスト修道院の敷地内に
コミュニティソーラープロジェクトの
最後の仕上げを入れています。

修道士の宿舎の近くの起伏する緑の丘で、
何百人もの硬い帽子をかぶった労働者が、
何千もの太陽電池パネルを築くのに忙しいです。






これらのパネルから発電した電気は、
既存のグリッド・インフラストラクチャが、
太陽光エネルギーの流入を処理できないため、
要求された新しい送電線の中を流れます。

プロジェクトは
およそ2,000の近くの家の電力となります
そして、それは低くてより信頼できる
電気代を持っていなければなりません。





NRG社の基準では、
ソーラープラントは比較的小さいが、
多くが準備中です。

グリッド上のそのような十分なプラントで、
それらはNRG社が
その野心的な放出縮小目標を達成するのを
助けることができます。





これは、クレーン氏が擁護している
まさに変化の一種です。

が、彼はもはやNRG社の最高責任者でありません。

NRG社の在庫が
年に63パーセント急落した後、
彼は12月に突然解雇されました。






安い天然ガスが
NRG社の石炭火力工場の競争力を低下させ
所得は落ちました、
そして、投資家は
クリーンエネルギーに関する
クレーン氏の関心の的にうんざりさせられました。


NRG社のコアビジネスはお金を失っていたたとしても、
クレーン氏は彼の四半期収支報告の多くを
クリーン発電プロジェクトに関する議論に捧げました。





「我々は、
すべての再生可能エネルギーを信じています」と
グッゲンハイム・パートナーズのアナリスト
Shahriar Pourrezaは述べています。

「しかし、投資家が経営陣に対する信頼を
失ったような会社のメッセージにおいて
このような変化が、ありました。」






NRG社の委員会は新しいリーダーとして、
同社の最高執行責任者(COO)に
グティエレス氏を命名しました。

彼は電気が時々むらがあった
メキシコシティに育ちました。

グティエレス氏は、その後、
彼の家族のエンジニアリング会社に入社
NRG社に参加する前に、
ヒューストンの電力生産者
ダイナジーのために働きました。

それでも、彼は、前任者のように、
環境保全に努めると言います。





彼は赤いテスラを駆動します
ニュージャージー州の
彼のソーラーパネル張りの家庭内の温度を
管理するために
ネストのサーモスタットを使用しています。

グーティエレズさんは
昨年「Laudato Si」(環境に関する回状)を
リリースした
カトリックのフランシス法王から
モチベーションを得ると言います。






「ローマ法王のような精神的なリーダーが
環境の方へ我々の道義的責任を呼びかけられると
それはかなり大きいものです」と、
グーティエレズさんは言いました。

「それは、科学と政策を超越します。」






彼はパリの前に
気候変動と戦うための努力に従事していました。

クレーン氏のC.O.O.として、
彼は、同社が排出削減のための
野心的な目標を採択することを勧告した
NRGタスクフォースを導きました。

グティエレス氏は最近、
これらの目標にコミットしました。

「再生可能エネルギーは、
当社のポートフォリオのための
非常に重要な何かである。」と彼は言いました。

「それは良いビジネスです。」






グティエレス氏は、
トリッキーな綱渡りをしています。

彼は大変な投資家と臆病な委員会を
なだめなければなりません、
そしてそれは、
最も見込みのある手段が
クレーン氏の
クリーンエネルギーベンチャーの
いくらかを抑制します。

しかし、彼はまた、
大きなエネルギー生産者が
気候変動に真剣になっていた環境保護の中で
希望を調達していた最高経営責任者(CEO)の
役目を引き継がなければなりません。

彼は、収益性の高いガスと
石炭資産を管理する必要があります
- まだ会社の発電、売上・利益の大半を占めている
- また、太陽光発電や風力発電に依存する
将来のために備えながら。






アナリストらは、これまでの
グティエレス氏のパフォーマンスに満足しています。

彼は、企業の構造を簡素化し
クレーン氏のサイドプロジェクトの一部と
バランスシートに焦点を当てています。

グティエレス氏が引き継いだので、
NRG株は40%上昇しています。





「古い経営陣とともに、
メッセージにおけるそのような変更がありました
そして、同社が信憑性を失い始めました」と、
Pourrezaさんは言いました。

「マウリシオは正しい方向に
この会社をリードしています。」






しかし、実はNRG社が
その二酸化炭素排出量において
大きな縮小を成し遂げる方法は不明です。

それだけのガスと石炭を燃やしている限り、
温室効果ガスの主要排出国のままです。


がうまくいけば、
炭素回収技術と
実用規模のバッテリーストレージの開発について
グティエレス氏が話す一方で
実用的なソリューションは、
とらえどころのないままです。

「私たちがどのように目的を達すればいいのか
完璧な見通しを持っていますか? いいえ」と
彼は言いました。

「我々は、ロードマップを持っていますか? はい。」






オバマ政権の
電力部門からの温室効果ガス排出量を削減する
署名の努力は、問題を複雑にします
- クリーン電源プラン
- 裁判所で縛られています。

(NRG社はE.P.A.に計画を修正するように
要請した会社の一つでした。
そして、それが電動セクターを
あまりに天然ガスに依存させたと主張しました。)


その計画のあいまいな運命は
すでにフラックス業界への規制に
不確実性を追加しました。






「あなたは、パリで設定された
これらの目標を持っています
あなたは、クリーン電源プランを通って
取得するためのフレームワークを持っています
そして、あなたには
停止と言っている司法機関があります」と
パブリック・サービス・エンタープライズ・グループ、
ニュージャージーユーティリティの
最高経営責任者(CEO)
ラルフIzzoは述べています。

「あなたはその環境で
経済的な意思決定を行うことはできません。」








NRGの大規模再生可能エネルギープロジェクトさえ
– 一日に仮定される設備は、
石炭火力でガス燃料工場に代わります
- 問題に陥っています。


南カリフォルニア砂漠では、
NRG社はIvanpahで
世界最大の太陽熱設備の活動を監督します、
そこで、巨大な塔で
何千もの鏡は太陽を反射させ、
そして、
水はタービンを動かす蒸気に変換されます。

NRG社はブライトエネルギーと
Googleの親会社のアルファベットと一緒に
工場を所有しています。






それが2014年に開いたとき、
クリーン・エネルギーのビーコンとの評判で、
Ivanpahは絶えず悩みました。






当初から、それは
予想より少ない電力を生産しました。

この数年間、
太陽電池パネルのコストは急落しました
Ivanpahの電源が比較的高価になっています。

3月に、ほぼプラントを所有するコンソーシアムは、
ノーザン・カリフォルニアの電力会社の
パシフィック・ガス・アンド・エレクトリックとの
契約を履行しませんでした。







それから5月に、工場の火事は
塔の1つをノックアウトしました。
そして、プロジェクトの生存能力について
新しい質問を起こしました。

NRG社は、先週、
四半期決算を報告したときに
その再生可能エネルギー事業からの収益は、
主にIvanpahの問題の結果
5700万ドルまで
14パーセント下がっていると言いました。






大きなエネルギー会社だけで抑制する、
グリーンエネルギーのリーダーになるための
野心的な計画を立てたのは
今回が初めてではありません。

2000年、BPは
その「石油を超えて」のキャッチフレーズを導入し、
再生可能エネルギーに多額の投資を開始しました。

それは数十億ドルを
風と太陽のプロジェクトに投入して、
炭素回収とバイオ燃料への投資を行いました。






10年の投資の後、BPは主に
再生可能エネルギープログラムを撤回しました。

大部分のそのお金は依然として
石油とガスから来ていました、
そして、同社は太陽および風力資産を
売却し始めました。

それらは、単に
十分に利益をもたらしませんでした。






「10年前に
BPは環境保護運動の寵児の一つであったことを
思い出すのは難しいです」と
管理自然保護のための
グローバルランドのディレクターで
再生可能エネルギーに取り組んだ
BPの元幹部
ジャスティン・アダムズは言いました。

「その期間を通して、
一部の投資家は興味を持っていて、
最もせいぜい相反する感情を持って、
最悪の事態で少しはまったく懐疑的でした」と、
彼は言いました。

「コアビジネスから目をそらして、
再生可能エネルギーのまわりでもてあそび
BPはいったい何をしていましたか?」





NRG社で、グーティエレズ氏は、
クレーン氏が
とても大切な状態に保った
住宅用太陽光や
電気自動車チャージ・プロジェクトから、
すでに後ずさりしました。

これまでのところ、しかし、
NRG社は完全にコースを逆にする兆候はありません。

グーティエレズ氏は
まだコミュニティ太陽エネルギーを押しています、
そして、NRG社は太陽の施設を
ホールフーズのような大企業に提供します。

先週、NRG社は、
より多くの太陽光発電や風力資産を得るために、
ほぼ2億ドルを使いました。






今日、NRG社は
2008年の1パーセント未満から上昇し、
再生可能な資産から
その電気のおよそ9パーセントを生み出します、
そして、その数字は増大しそうです。

業界全体で、発電所の大部分は、
化石燃料でない再生可能エネルギーを使います。






クレーン氏は、夜遅くまで静かになりませんでした。

彼の追放後まもなく
NRG社の従業員への手紙の中で、彼は言いました
「クリーンエネルギー以外
私たちのセクターには成長はありませんでした;

固定回線電話通信の通り道の後の
遅いが、元に戻らない収縮だけ。」

それのすぐ後、彼は、
「私が正しいならば、
なぜ、私は首になりましたか?」というタイトルの
ブログ投稿を書きました。






「この物語の悲しい教訓は、
「市場が今日のための
CEOであることを気にかけるだけで
明日のためのC.E.O.であることが
非常に難しいということです。」と、
社会的責任のためのビジネスの
クレイマー氏は言いました。

「私は誰も彼の展望を本当に疑うと思いません、
しかし、彼はそれを行動に移す
少しの機会も与えられませんでした。」





グティエレス氏は
彼の前任者のビジョンを共有すると言います。

2050年までに、
彼は人々が夜にそれを使用することができる、
日中に生成された太陽光発電を格納する
巨大な電池を想定しています。

クレーン氏が予測するように
分散型エネルギーは、より一般的になります。

炭素回収技術は、
環境に破壊的な燃焼を行う
化石燃料よりはるかに少ない、
グティエレス氏は期待しています。

おそらく、石炭火力発電所は全くなくなります。






「我々は、問題の一部です」と、彼は言いました。

「しかし、我々は解決策の大部分でもあります。」






これは、グリーンエネルギーシステムの
魅力的なビジョン、
環境を損なうことなく
電気に飢える
世界のニーズを満たすことができるものの一つです。


しかし、NRG社はどのようにそこに行きますか
– 特に大胆なステップを受け入れないように見える
投資家と委員会に
– せいぜい漠然としたままです。

今のところ、
グーティエレズ氏は、中央に引っかかります:

まだガスと石炭の数トンを燃やす一方で
太陽光をフィールドに展開しながら
今日の投資家を満足させつつ
よりきれいな未来に到達することを望んで。






「我々は一晩でエネルギー・システムを
変えることができないとすべて認めましょう」と、
クレイマー氏は言いました。

「しかし、我々は、どのように
意味のある前進を始めますか?

2050年までに90パーセントと言うことは
簡単な部分です。

我々は、現在前進を始める必要があります。」








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒
2016年11月6日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2016年11月6日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分




参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!⇒
<1~3 論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
騒音、規則
◇1/3 ~3/3  On Wind Turbine Noise and Air Pressure Pulses
1/3~3/3   風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して

(The Energy Collective|2012年5月7日)
http://www.theenergycollective.com/willem-post/84293/wind-turbine-noise-and-air-pressure-pulses

■おとしん機械翻訳
1/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4182.html
2/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4183.html
3/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4184.html

================
一部抜粋:
================

例えば、21台の風力タービンは、
いろいろな音を発します:

– ナセルの機械騒音

– 最高200mphで空気を切るように進む
 ブレードの後縁騒音(「ブレード・シュッ」)

– 流入乱気流のためのブレードからの
 不規則な、低周波騒音(LFN)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)

– ブレード・タワー通過周波数での
 LFN(低周波騒音)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)とその倍音。


米国政府1987風力タービンの騒音調査:

米国政府は1987年以来、
風力タービンからの超低周波音や
低周波ノイズの健康への悪影響については
知られていました。

それは、研究を依頼するのに十分なほど
心配していました。

以下の研究は、
米国エネルギー省に資金を提供された
契約番号DE-AC02-83CH10093
研究プロジェクトでした。


コロラド州 ゴールデンの
ソーラーエネルギー研究所
N.D.ケリー博士は
以下のタイトルが付いた研究を行いました:

『風車の低周波騒音の放射から
コミュニティのアノイアンス(不快感)
可能性を評価するための提案された評価基準』


注:

「コミュニティのアノイアンス(不快感)」
現在風力タービン症候群と呼ばれています;


「低周波」は、超低周波不可聴音を含みます;

「放射」は、騒音と振動を含みます。 


http://www.windturbinesyndrome.com/wp-content/uploads/2013/07/
1987-Proposed-Metric-Assessing-Potential-Annoyance-NREL-Kelley-searchable-copy.pdf


http://stopthesethings.com/2014/11/03/abandoned-homes-help-understand-wind-turbine-annoyance/




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<論文:電磁過敏症>

2016年08月28日

◇日本人の3.0~4.6%に症状
(河北新報|2016年08月28日)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201608/20160828_13011.html

 北條祥子尚絅学院大名誉教授(環境医学)が代表を務める
早稲田大応用脳科学研究所の研究グループが、
電磁波にさらされると頭痛や皮膚症状などが起こる
「電磁過敏症」について、
日本人の3.0~4.6%が症状を訴えているとの
研究結果をまとめた。


調査を今後も続け、
診断基準や治療法の開発につなげたい考えだ。


 国際学術雑誌「バイオエレクトロマグネティックス」の
最新号に論文が掲載された。

英国では、2万人を対象にした調査で
人口の4%に電磁過敏症の症状が見られるとの報告があり、
日本人も同様の高率で症状を示す人がいる可能性が出てきた。
・・・・・・・
 電磁過敏症は発症の仕組みがよく分かっておらず、
診断基準も定まっていない。

北條名誉教授は
「電化製品のあふれた現代では
誰がいつ発症してもおかしくない。
アレルギーのように患者が急増しないうちに
何らかの予防策を提案できるよう、
さらに調査を進める」と話す。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



==========================

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年7月8日

東京地裁
◇エコキュートなど低周波音の健康被害で国を提訴「規制を怠った責任がある」

(Yahooニュース/弁護士ドットコム| 2016年7月8日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00004875-bengocom-soci

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4094.html

ヒートポンプ給湯機「エコキュート」や
家庭用燃料電池「エネファーム」などが発する
「低周波音」によって健康被害を受けたとして、
全国の男女6人が7月8日、
国に計約1500万円の賠償を求めて、東京地裁に提訴した。


原告の中には、企業や設置業者、近隣住民などを相手に
民事訴訟を起こしている人もいるが、
国にも健康被害を防止する義務があったのにもかかわらず、
規制を怠った責任があるなどと主張している。


・・・・・・・

会見には、原告の男性2人も出席。

Aさんは、隣家のエネファームの音が
「頭の中でなっている気がする」といい、
頭痛や吐き気に悩まされている。


床や壁が共鳴するため、
家の中には逃げ場がほとんどないそうで、
移設費を出すと交渉しても、
隣家と業者が首を縦に振らないという。


一方、Bさんは隣家のエコキュートで、
耳鳴りがひどいという。


妻の方が重症で、給湯利用が多い冬場は
ホテルや子どもの自宅に逃げることもある。

2人はそれぞれ、
「低周波音の問題を知らず、健康被害で苦しむ人や、
お隣を苦しめてしまう人がいる。
問題を多くの人に知ってもらいたい」


「いい機械だとは思うが、実際に苦しんでいる人がいる。
メーカーもそれは分かっているはず。
テストを厳しくやって、
人にもっと優しい姿勢をとっていただきたい」と話した。

.
弁護士ドットコムニュース編集部

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。


==========================


◇エネファームの影響調査エネファームの影響調査
(ロイター|2015年 11月 27日)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/27/idJP2015112701001692


 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は27日、
ガスを使って電気とお湯を供給する家庭用設備
「エネファーム」や「エコウィル」の影響で
不眠などの健康被害が出たとの申し出を受け、
運転音や振動と症状との関連を調査することを決めた。


 エネファームはガスの化学反応で、
エコウィルはガスでエンジンを動かしてそれぞれ発電し、
廃熱を給湯に利用する仕組み。

家庭用コージェネレーション(熱電併給)設備と呼ばれる。



 消費者事故調などによると、
エネファームとエコウィルは
それぞれ10万台以上が販売されている。


事故調などには被害相談が
今年10月までの約4年間で32件寄せられた。


【共同通信】


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



=======================


≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。


 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。

 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。



============================


<論文:有害な健康影響と産業風力タービン>

2010年3月31日

ぜひ!⇒
◇Proposed Case Definition: Adverse Health Effects and Industrial Wind Turbines
提案された症例の定義:有害な健康影響と産業風力タービン

(Society for Wind Vigilance|2010年3月31日)
http://www.windvigilance.com/about-adverse-health-effects/
proposed-case-definition-adverse-health-effects-and-industrial-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html?sp

■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



McMurtry, RY,

Toward a Case Definition of Adverse Health Effects
in the Environs of Industrial Wind Turbines:


Facilitating a Clinical Diagnosis,
Bulletin of Science Technology & Society 2011 31: 316,

DOI: 10.1177/0270467611415075,




======================

人々は産業用風車の稼働と関連して発症した
健康への悪影響が報告されています。


記載された症状は、世界的に一貫しています。


健康への悪影響や
産業風力タービンとその研究に関連した
方法論の問題の複雑さは、
集団と犠牲者の、総合的で体系的、
かつ統合された研究の必要性を示します。



疫学および臨床評価は、
犠牲者の睡眠研究を含むことが必要とされます。



『ソサイエティー・フォー・ウィンド・ビジランス』は、
産業用風力タービンの稼動に関連した症状の
複雑なセットを呈している患者の評価にあたり
臨床医を支援するために、このケースの定義を提案します。



より多くの知識が得られるので、
このケース定義は修正されます。


◾産業用の風力タービン設備の2.0キロ以内の生活

◾産業用風力タービンの起動後3ヶ月までに
ほとんどすぐに発現している
新しいか悪化する症状および/または徴候

◾産業用風力タービン設備のゾーンから
少なくとも5.0キロ、移動したとき
症状および/または徴候の改善

◾2.0キロ以下で
産業用風力タービンに再曝露した時に
徴候/症状の再発


最も一般的な徴候や症状は

◾睡眠障害
◾生活の質の低下
◾ストレスまたは精神的な苦悩
◾内耳の症状
◾頭痛
◾過度の疲労感


それほど一般的ではない

◾動悸
◾高血圧
◾片頭痛
◾認知障害
◾胃腸問題


治療単位:
健康への悪影響は、時間とともに悪化するかもしれません

処置:
産業用の風力タービン設備の環境から
離れること以外、
利用可能な直接的な治療はありません。


他の処置:支持療法あるいは緩和ケア


次の方々に承認されました

ロバート・マクマートリー、Md、FRCS(C)、FAC
マイケルA. Nissenbaum博士
ロイD.ジェフリー博士、FCFP(Can)
クリストファー・ハニング、理学士、MB、BS、MRCS、LRCP、FRCA、Md
ジョン・ハリスン博士
リチャード・ジェイムズ、INCE
デイビッドL.ホワイト、EET、CMBB
ブレット・ホーナーBA、CMA
ベス・ハリントン、BMUS
カルメン・クロー、理学士(薬学)



■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 以下は、ドイツの気候ニュースを英語で掲載されている
  『NoTricksZone』様より、引用しました。

===========================


<インフラサウンド(超低周波不可聴音)と健康被害>

2016年3月4日

ウェブサイト
■『NoTricksZone』 ホーム
http://notrickszone.com/#sthash.uDJ8iGmv.dpbs

ドイツの気候ニュースを英語で
- ピエールL.ゴスランによって
- 以下でより多くを見てください:

=======================


ドイツの医師は、
最初に考えていたよりもひどく、
風力タービンの超低周波不可聴音の危険性は
非常に現実的であると警告します!

- 以下でより多くを見てください:



ぜひ!⇒
ドイツ/動画
◇German Medical Doctors Warn Hazards Of Wind Turbine Infrasound Are Very Real,
Worse Than First Thought!
ドイツの医師は、最初に考えていたよりもひどく、
風力タービンの超低周波不可聴音の危険性は非常に現実的であると警告します!

(NoTricksZone|2016年3月4日)
http://notrickszone.com/2016/03/04/
german-medical-doctors-warn-hazards-of-wind-turbine-infrasound-are-very-real-worse-than-first-thought/
#sthash.7XhzQEzH.gaUGIkFF.dpbs

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3904.html


By P Gosselin


医学博士ヨハネス・メイヤーは、
風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)(1 – 20Hz)の
重大な危険性について発表を行い
次のように述べています:


「過去1年半にかけて登場している
国際的な科学出版物の洪水は
信じられないほどです。」

===================

ぜひ!⇒

動画: youtube

■Dr. med Johannes Mayer Wirkung insbesondere des Infraschalls bei Windkraftanlagen

https://www.youtube.com/watch?v=V5ZkfXbXmzo


======================

プレゼンテーションで、
マイヤーは、
人間の健康に関して
インフラサウンド(超低周波不可聴音)の
危険な影響を確かめている
「120の学術論文」を引用します。



▼偽の主張、超低周波不可聴音は安全です


マイヤーは、
風力タービンで発生する超低周波不可聴音が
人間と野生生物に無害であるという
圧力団体に後援された主張
(不適当な機器で行われた測定に基づく)を
吹き飛ばして、
まさしくその正反対が
どのように真実かについて示している
いくつかの調査を発表します。



7:35で

メイヤーは、観客に伝えます、
5年前、彼もまた、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
音源から1キロか、さらに離れた人のための
実際の要因ではなかったと信じていました。


しかし、その話題についての
新しい文献を研究した後に、
彼は、超低周波不可聴音が
はるかに長い距離でも
人間の健康に関する深刻な要因であると結論しました。




8:20で、

メイヤーは、
医学誌『ランセット』から研究を引用しながら、
超低周波不可聴音がどのように
人間の内耳に作用して、
そして、脳と関わるのか、
そして、それが人間の器官に
深刻な影響を与えるのかを説明します。


「それは、多数の学術論文によって
確認されています。」と、メイヤーは観客に伝えます。


9:15 マイヤーのプレゼンで:


▼インフラサウンド(超低周波不可聴音)の
短期的影響




- 耳の圧力
- 不安な感情
- めまい
- 極度の疲労状態
- 朝の倦怠感
- 呼吸障害


さらに、実験は動物で行われました、
そして、結果は
彼らの生理機能と健康状態への
重大な影響を示します、
そして、それは、ホルモン濃度と
免疫学的パラメータの変化から
肺組織への損害にわたると、
メイヤーは示します。



10:08に、彼は以下を示します:


▼超低周波不可聴音の長期的影響

- 慢性呼吸器疾患
- 高いストレスホルモンのレベルからの
  慢性的なストレスや睡眠障害
- 情緒障害、うつ病、極度の疲労
- 高血圧、心臓病


▼そして、インフラサウンド疾患の症状:

- うつ病
- 過敏性
- 緊張
- 頭痛
- 心身の消耗
- 集中と睡眠障害
- ノイズ鋭敏化(感作性)


こうしたすべては
内耳に作用する一定の低圧力波によって
引き起こされます、
そして、実際にはそうではないときに
それが進行していると勘違いさせて
体をだましています。



インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
身体の自然のバイオリズムを妨害します。



この風力タービンの超低周波不可聴音は
「非常に真剣に受け取られるべき問題」である
という結果をもたらすと、
メイヤーは締めくくりました。



▼妊娠中の女性にとって特に危険


15::50で

欧州の当局さえ、
「彼らは流産や早産のリスクを
高める可能性があるため、
強力な低周波振動を発生することができる活動を
行うべきではありません。」と書いて、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)や
妊娠中の女性を規制する指令を発していることを
メイヤーは、観客に思い出させます。



メイヤーは、インフラサウンドの影響は
人々の頭の中の想像のものではなく、
実際に、非常に現実的であることを強調しています。


それは、
医師によって病気と診断さえされました。



▼「タービンは、見えてさえいけません」

メイヤーは、
非常に現実的な健康の事実を認めることに対する
彼らの拒絶について
風力タービン、ドイツの政府機関を非難します、
そして、すべてに無分別で信奉者の
風力の圧力団体には、それらを伝えます。



彼はイェーナのフリードリヒ・シラー大学の
医療専門家ラインハルト・バーチ博士を引用します(20:35):



「今日の知見のレベルから、
風力タービンは、
住宅地から遠く離して、
より良く配置する必要があります。

それらは、見えてさえいけません。」




21分で、


メイヤーは、インフラサウンドに関する
主要な公表論文を紹介します。

人々の最高40%が
超低周波不可聴音に敏感であること、
そして、風力パークの近くで暮らす
これらの人々の健康が
「この騒音に、かなり、
そして、ひどく影響を受ける(負傷する)」ことを、
ソーンとソルトによる研究※注1)は、示します。


最後に、『Canadian Journal of Rural Medicine 』
(カナダの地方医療ジャーナル)に書かれていている
62の学術論文のカナダのレビュー※注2)
は、
産業用風力タービンが
それらの周辺に住んでいる人々に対して
「健康への悪影響」を持っていると結論づけました。


メイヤーは、
それぞれ4キロと3キロに
風力タービンの建設を制限する、
カナダとニュージーランドの
住宅からの距離に関する規制※注3)
を賞賛します。


========================


※注1)

 ソーンとソルトによる研究

アレックN.ソルト博士のウェブサイト
■Cochlear Fluids Research Laboratory
http://oto2.wustl.edu/cochlea/

Alec N. Salt, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University School of Medicine
St. Louis, Missouri, 63110, USA

アレックN.ソルト博士
耳鼻咽喉学部
ワシントン医科大学
セントルイス、ミズーリ、63110、USA

--------------------




※注2)

(カナダの地方医療ジャーナル)に書かれていている
62の学術論文のカナダのレビュー



[グレイ·ブルースの保健医官のヘーゼル・リン医師の関連記事]

ぜひ!→
オンタリオ州
◇Turbine study points to infrasound
タービン研究は、超低周波音を指します

(Bayshore Broadcasting | June 28, 2014)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=67200

2014-08-05 : 音と健康:2014/01/06~ :

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2643.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2643.html?sp


------------------------


ぜひ!→
オンタリオ州
◇Industrial wind turbine literature review to be published
公表される産業用風力タービンの文献レビュー

(The Meaford Independent | Friday, 23 May 2014)
http://www.themeafordindependent.ca/life-a-leisure/health-a-home/
3851-industrial-wind-turbine-literature-review-to-be-published

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2555.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2555.html?sp

--------------------


※注3)

カナダとニュージーランドの
住宅からの距離に関する規制


※ カナダとニュージーランドの規制距離については
  おとしんは現在未確認です(おとしん)



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp


==============================





2016-09-24 : 助成金、固定価格買取制度、地球温暖化、再生可能エネルギー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR