騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<論文:超低周波不可聴音>ぜひ⇒オーストラリア:主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?…スティーブン・クーパー |関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D..











<論文:超低周波不可聴音>




2017年5月8日




ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/



Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン




独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。




狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。





距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。





(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。





一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…





…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…





Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。





Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。






Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。





Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。





Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...




シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:




・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。


・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。


・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。


・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。





Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア




171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10




Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf




※おとしん:注)
参照文献[5]


5. Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015.



[国立国会図書館サーチより]

風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験
横山 栄,坂本 慎一,辻村 壮平 他

詳細情報
タイトル
風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験
著者
横山 栄
著者
坂本 慎一
著者
辻村 壮平 他
出版年
2014-00
別タイトル
Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise
対象利用者
一般
資料の種別
記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式)
18807658
掲載誌情報(ISSNL形式)
18807658
掲載誌情報(URI形式)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007933587-00
掲載誌名
日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編
掲載ページ
1085-1088
言語(ISO639-2形式)
jpn : 日本語





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




----------------------
関連記事
----------------------

※ 拙ブログ内の検索は日本語タイトルで行ってください
  (おとしん:注)

著者のスティーブン・クーパー氏に関する調査・研究に関しては
以下の拙ブログカテゴリをご参照ください。


オーストラリア
<*ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>


---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html


▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者Christine Legere



Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい一部抜粋:

因果関係を割り当てるための
生物学的プロセスを知る必要はありません。

そのハードルは、未知の理由のために働く
ほとんどの医薬品を除外するだろう。


親風力団体や他の熱烈な支持者は、
私たちの仕事をやめさせるために
医学のハードルを使用する必要があります。

彼らがあなたに
音響技師の一部である
職務権限を否定させないようにしてください。


ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


2017-10-12 : 論文‐超低周波不可聴音 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<論文:超低周波不可聴音>ぜひ⇒追加記事/ドイツ:聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠…ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D..












<論文:超低周波不可聴音>




2017年4月12日




ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/




Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか




本文からの一部抜粋:



(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。

数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。

この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。

しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。

実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。

最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。





一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。

しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。

風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。

そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」

重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。

しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。

例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。

さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。





したがって、我々は、聴力閾値近くのISがまた、
グローバルな脳活動に影響を及ぼし得るかどうか、
および刺激の影響が閾上ISによって
誘導される効果と著しく異なるかどうかという疑問に
対処するように設定した。 ...





地域的同質性分析:
要約すると、すべての参加者によって
明確に認識された長期にわたる閾上IS刺激は、
脳内のどこにも統計的に有意な活性化を
もたらさなかったことが示された。

対照的に、閾値付近の刺激は、
ノートーン条件および閾上条件の両方に比べて、
複数の脳領域におけるより高い局所的接続性をもたらした。 ...





独立コンポーネント分析:
機能的接続性の低下が
- ノートーン条件と比較して
- 感覚運動ネットワークの右扁桃体(rAmyg)に
閾値近くの音を提示して休息状態の間に見出された。

閾値付近のトーンの提示を伴う休息状態のセッションは、
ノートーンの状態と比較したとき、
左実行制御ネットワークの
右上前頭皮質における機能的接続性の増加と関連していた。

さらに、閾値近傍のセッションと比較して、
閾値近傍のセッションについては、
デフォルトモードネットワークにおいて
左小脳の小葉IVおよびVにおける機能的連結性が増加していた。 ...






本研究の結果は以下のようにまとめられる:
参加者の個々の聴力閾値近くに
長時間にわたるIS暴露があった場合、
前帯状皮質(ACC)
およびrAmygの3つの異なる脳領域 – rSTGにおいて、
より高い局所的接続性がもたらされたが、
聴力閾値を超える刺激に対しては観察されなかった。

我々のデータはまた、閾値近くにあるISは
ネットワークレベルでの接続変更に関連し、
IS処理におけるrAmygの役割を強調していることも
示している。

私たちの知る限りでは、この研究は、
閾値に近いISが生理学的効果を生み出すだけでなく、
神経応答は、聴覚処理にとって重要であるだけでなく、
感情的および自律的制御のためにも重要な
脳領域の活性化を必要とすることを示す。

したがって、これらの知見は、
閾値 - (下の) ISが
いくつかの生理学的および心理的健康問題を
引き起こす可能性を反映することを可能にし、
そして、それはこれまで
低周波および非常に低い周波数のスペクトルにおける
騒音曝露の結果であると漫然と考えられていた。 ...






前帯状皮質(ACC)は、
一般的に、認知的な葛藤だけでなく、
感情的な葛藤の監視と解決において
重要な役割を果たすと考えられている。

興味深いことに、
Meneguzzoらによる最近のメタアナリシスはまた
前帯状皮質(ACC)は、
下の‐同様に閾上に提示された刺激の両方に応答して
確実に活性化を示すことを明らかにした。

これは、この脳領域が、
特に感情と認知が葛藤しているときに、
自動の(「前注意」)感情状態と
高次認知プロセスとの間の門戸として機能することを
示唆した。

さらに、著者らは、「葛藤」という用語には、
意識的な意識がない場合の身体生理の予期せぬ摂動も
含まれている可能性があるという事実を明確に示している。

さらに、別の研究では、
脊柱、前頭前野、扁桃体、視床下部
および脳幹との広範な関連を介して、
自律神経制御におけるACCの関与を強調する。

したがって、
閾値付近の刺激に応答するACC活性化は、
刺激の衝突信号の登録として解釈することができ、
解決されない場合は、
自律機能の変更につながる可能性がある。





同様に、扁桃体は感情的処理に
関与していることがよく知られており、
特に恐怖条件付けに関してだけでなく、
ストレスおよび不安に関連した
精神医学的障害の広い文脈においても同様である。

感情的な発声と
嫌悪として経験される無条件の音に反応するだけでなく
臭気物質、味覚、視覚刺激などの異なる様相にわたる
嫌悪感覚刺激に応答する扁桃体の活性化に関して
いくつかの研究が文書化されている。

扁桃体は聴覚処理に関与していることが知られており、
耳鳴りや聴覚過敏を衰弱させる主要な役割を
果たすこともあるため
閾値近くのIS曝露中のrAmyg(右扁桃体)の活性化は、
ISに関するリスク評価にとって特に重要である。

聴覚入力が2つの別々の神経経路、
古典的(毛帯)
および非古典的(毛帯外路)の経路に沿って
処理され得るという、
これはかなり確立された知見である。

古典経路に沿って移動する信号は、
腹側視床核を介して主に聴覚野に中継されるが、
非古典経路に沿って移動するシグナルは、
二次 - および会合皮質への視床下部核の投影として、
一次聴覚野をバイパスしている
そしてまた、
扁桃体のような辺縁系の構造の部分にも適用される。

重要なことに、非古典経路
(しばしば「低経路」と呼ばれる)は、
皮質領域の関与なしに、
扁桃体における刺激の直接的な皮質下処理を可能にする
したがって、臨界値近くのような
「生物学的に意味のある」刺激の潜在的な登録に
重要な役割を果たすかもしれない。

実際、特定の形態の耳鳴りでは、
非古典経路の活性化が意識的な制御なしに
恐怖を媒介し、
網状形成への接続を介して
不眠と覚醒に影響を及ぼすことも示唆されている。
… 興味深いことに、左扁桃体は、特定の刺激
(意識的な恐怖反応に関連する)によって示される
覚醒を解読する一方で、
rAmyg(右偏桃体)は、任意の覚醒刺激によって
自動的に引き起こされる
自律的活性化のグローバルレベルを提供する
(潜在的恐怖 応答)。

特に注目すべきことは、
rAmyg(右偏桃体)は、閾値に近いISに応答して
局所的な接続性が向上したが、
独立成分分析は、ノートーン状態と比較して、
感覚運動ネットワークからの
rAmyg(右偏桃体)の減結合を明らかにした。

エグゼクティブコントロールに関与する領域からの
偏桃体の非干渉化は、
生物が注意を持続することを可能にし、
記憶を支援し、ストレスの余波の中で
認知制御プロセスを潜在的に助ける可能性があると
繰り返し論じられている。

興味深いことに、
rSFG(右上前頭回)の機能的接続性が
閾値付近の刺激の間により高いという事実は、
この主張を実証している。

再び、いくつかの研究は、
rSFG(右上前頭回)およびrAmyg(右扁桃体)が
機能的結合を共有し、
2つの領域間の活性が
負の相関関係にある傾向があることを示している。

したがって、刺激が発生したかどうかを
推測した参加者は、
認知制御ネットワークに対するストレスの影響を
最小限に抑えようと努力して、
影響の徹底的な規制に取り組んでいる可能性がある。






最後に、我々の結果はまた、
(下の)閾上IS刺激に関連する
潜在的な長期健康影響に関する
いくつかの予備的結論を引き出すことを可能にする。

持続的な騒音への暴露は、
カテコールアミンと
コルチゾールのレベルの上昇につながることが、
いくつかの研究で報告されている。

加えて、例えば血圧、呼吸数、脳波パターン
および心拍数などの身体機能の変化は、
閾値以下および閾値近くで
曝露される状況においても文書化されている。

したがって、上記の自律神経反応のいくつかは
実際、ACC(前帯状皮質)
および扁桃体のような脳領域の活性化によって
媒介され得ることを示唆している。

ACC(前帯状皮質)およびrAmyg(右扁桃体)における
局所的なつながりの増加は、
(下の)閾上ISに対する
最初の身体的ストレス応答を反映するだけであるが、
長期間の刺激は自律機能に大きな影響を及ぼし、
最終的には睡眠障害、パニック発作
またはうつ病などの症状を引き起こす可能性があると考えられる。
特に、騒音に対する感受性の増加、
またはISの有害性に関する強い期待が存在する。





Markus Weichenberger,
Martin Bauer,
Robert Kühler,
Johannes Hensel,
Caroline Garcia Forlim,
Albrecht Ihlenfeld,
Bernd Ittermann,
Jürgen Gallinat,
Christian Koch,
and Simone Kühn


Department of Psychiatry and Psychotherapy,
Charité-Universitätsmedizin Berlin;
精神科と精神療法科、
シャリテ - ベルリン医科大学;


Physikalisch-Technische Bundesanstalt,
Braunschweig and Berlin;
ドイツ国立理工学研究所
ブラウンシュヴァイクとベルリン;


and University Clinic Hamburg-Eppendorf,
Clinic and Policlinic for Psychiatry and Psychotherapy,
Hamburg, Germany
そして、大学クリニック・ハンブルグ-エッペンドルフ、
精神医学と精神療法のためのクリニックとポリクリニック、
ハンブルク、ドイツ



全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017.
doi: 10.1371/journal.pone.0174420

PLoS One.
発表されました:2017年4月12日。
doi:10.1371/journal.pone.0174420

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420




Download original document:
“Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound
administered near the hearing threshold – Evidence from fMRI”

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf





※おとしん:注)

※ fMRIとは

エフ‐エム‐アール‐アイ【fMRI】
[unctional magnetic resonance imaging]

《functional magnetic resonance imaging》

MRIの原理を応用して、
脳が機能しているときの
活動部位の血流の変化などを画像化する方法。また、その装置。
機能的核磁気共鳴断層画像。
機能的磁気共鳴断層撮影装置。機能的MRI。


※ 以上、コトバンク様より引用しました(おとしん:注)

コトバンク> デジタル大辞泉> fMRIとは
https://kotobank.jp/word/fMRI-446211#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




=========================================
関連記事:
=========================================



<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html




=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420



Martin Bauer,
Robert Kühler,
Johannes Hensel,
Caroline Garcia Forlim,
Albrecht Ihlenfeld,
Bernd Ittermann,
Jürgen Gallinat,
Christian Koch,
Simone Kühn


全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420



要旨:


本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html


▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者Christine Legere



Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい一部抜粋:

因果関係を割り当てるための
生物学的プロセスを知る必要はありません。

そのハードルは、未知の理由のために働く
ほとんどの医薬品を除外するだろう。


親風力団体や他の熱烈な支持者は、
私たちの仕事をやめさせるために
医学のハードルを使用する必要があります。

彼らがあなたに
音響技師の一部である
職務権限を否定させないようにしてください。


ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


2017-10-10 : 論文‐超低周波不可聴音 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<②/②論文:超低周波不可聴音>②/②医師、ハーブ・クーソンスによるリソース・ドキュメント-ぜひ⇒②/②ウィスコンシン州/動画:風力タービン–人間の健康への影響と関連づけました…製薬業界では、医薬品の製造業者は、市場に薬をリリースする前に、自費で安全性情報を提供する必要があります。FDA(食品医薬品局)と政府の監視機関がこれを規制しています。そして、私は、同じモデルが風力産業にも使用できると考えています |関連記事| 












<②/②論文:超低周波不可聴音>


=====================================================

②/②
Physician Herb Coussons
医師、ハーブ・クーソンスによるリソース・ドキュメント


=====================================================

一部抜粋:

マクファデン博士(McFadden)が
風力立地審議会で話すのを聞きました、
現在、タービンを健康問題に直接つなげる
因果関係の証拠はないことに私は同意しますが、
可聴音やdBCとして測定されるような騒音は
睡眠を妨げることを私は知っています。

そして包括的な文献サポートは、
広範囲にわたる睡眠障害が、
主に高血圧、心臓病、体重増加、糖尿病、
免疫低下、眠りに苦しむ問題、事故率、
そしておそらく学業不振など、
健康に悪影響を及ぼすことを示しています 。





ぜひ!⇒
②/②ウィスコンシン州/動画
■Wind turbine–related impacts to human health
風力タービン–人間の健康への影響と関連づけました  

(2010年6月30日)
https://www.wind-watch.org/documents/wind-turbine-related-impacts-to-human-health/




Author: 
著者: 
Coussons, Herb
クーソンス、ハーブ




ハーブ・クーソンス博士は2010年6月30日に
ウィスコンシン州公共サービス委員会で
風力タービンが
人間の健康に影響を与えることに関して証言しました。






ウィスコンシン州ベタープラン(Better Plan)の
好意による写し:




ニューマーク証人尋問官:

大丈夫です。 宣誓させてください。



ハーブ・クーソンス、公共の証言、宣誓供述書



ニューマーク証人尋問官:

座ってください。
あなたの名前を記入し、
あなたの姓のスペルを述べてください。




クーソンス博士:

ハーブ・クーソンス、C-O-U-S-S-O-N-Sです。




ニューマーク:

私はタイマーを始動するつもりです。
進んでください。




直接的な陳述





クーソンス博士:

私はハーブ・クーソンス、M.Dです。
私は医師です。

私はブラウン郡のライツタウン(Wrightstown)に住んでいます。

私はグリーンベイ(Green Bay)で8年間、
個人開業では15年間、
主に女性の健康とプライマリケアについて
働いてきました。




私はまた、空間識失調に興味があります
- 特別な関心事 -
なぜなら、
私は曲技飛行の商業パイロットだからです。





私は文献を研究し、
風力タービンプロジェクトの影響を受けた住民と
影響を受けていない住民の証言を聞いて、
0.5マイル未満のセットバックが、
主に騒音のために、
近くに住む人々に悪影響を及ぼすことに懸念しています
- 45デシベルを超えて55デシベルに近づいている、
より短い後退範囲での騒音。

※ 0.5マイル = 804.67200 メートル





現在の文献や他の人の証言に基づいて、
40デシベルを上回るレベルであれば、
慢性的な睡眠障害を引き起こすことは、
それらの近くに住む人々の50%までになると
私は信じています。





セットバックを増加させることによって、
距離に亘って騒音は低下し、
これによりこれらの問題の一部が緩和されます。




マクファデン博士(McFadden)が
風力立地審議会で話すのを聞きました、
現在、タービンを健康問題に直接つなげる
因果関係の証拠はないことに私は同意しますが、
可聴音やdBCとして測定されるような騒音は
睡眠を妨げることを私は知っています。




そして包括的な文献サポートは、
広範囲にわたる睡眠障害が、
主に高血圧、心臓病、体重増加、糖尿病、
免疫低下、眠りに苦しむ問題、事故率、
そしておそらく学業不振など、
健康に悪影響を及ぼすことを示しています 。




私は、PSC(公共サービス委員会)、
Siting Council(立地審議会)、
および議会は
本当に因果関係があり、
もしそうなら、それについて何ができるのか
彼らが知ることなく進んでいくつもりであったと思います。




睡眠時無呼吸症候群患者に対して行われたように、
自宅睡眠研究などのサンプル研究は、
風力発電所に現在住んでいる人々の
いくつかの直接の証拠を提供することができます。

風力の患者および対照患者の
両方のラボおよび睡眠データなどの評価も
- 風力の問題に苦しんでいる人や、
 タービンエリアの外に住む人
- 必要な情報を多く提供することができます。




さもなければウィスコンシン、米国、
世界の他の風力発電プロジェクトと同じ実験を
繰り返すことになります。




マクファデン博士が発表したように、
悪影響があるという証拠はないと述べることによって、
私たちは、風力産業界の情報に乏しいメディアに、
安全性についての嘘をつけるライセンスを
与えることにも懸念しています。




ブラウン郡保健委員会の会議で、
州の風力開発業者であるインベナジー社
(Invenergy)は、
ウィスコンシンの研究により、
風力は安全で有益であると述べている。

マクファデン博士の結論と組み合わせると、
産業用風力タービンに対する議論はないようです。

しかし、
彼らの関係を支持する良い裁判はありません、
もしそうなら、
それについて何ができるでしょうか。




文献に基づいて安全性を主張することも
同様に間違っています。

それは誤解を招き、
有益な症例報告よりも有害な影響を示す
症例報告データがより多く存在します。




製薬業界では、医薬品の製造業者は、
市場に薬をリリースする前に、
自費で安全性情報を提供する必要があります。

FDA(食品医薬品局)と政府の監視機関が
これを規制しています。
そして、私は、同じモデルが
風力産業にも使用できると考えています。
これらの研究の一部への出費は
政府機関を打ちのめすかもしれません。




健康問題は私に関係するだけでなく、
風力エネルギーの経済性は意味をなさない。

ヨーロッパ、カナダと現在米国では、
政府の補助金と電力料金の引き上げが、
それを生き残れる産業にする唯一の方法です。

ヨーロッパからの報告は、
補助金のかかる代替エネルギー経路の道を
踏み外さないように米国に注意を促している。





私はそれに同意しないかもしれません、
そして、私は補助金が容認できる費用だと
思うかもしれませんが、
人間の健康は容認できる費用ではありません。




財産権と価値の付近への影響もまた気掛かりです。

私はブラウン郡で40エーカーを所有し、
そこに住んでいます。

私の姉妹と義理の兄弟は、
ブラウン郡南部の市場に家を売りに出し
別の家の販売を保留するまで
オファーの申し出がありました。

風力発電業界に関する話が出てくるとすぐに
[バイヤー]はオファーを撤回し、
過去6ヶ月間に彼らには見通しがありませんでした。




結論として、
ビーチリッジ(Beech Ridge)プロジェクトの
風力産業自体は、
1マイルまでのセットバックが、
音とシャドーフリッカーによる苦情を軽減すると
言いました。

世界保健機関(WHO)は、
健全な睡眠… と健康ストレスについて、
因果連鎖の要素についての十分な証拠をもって、
もっともらしい生物学的モデルが
利用可能であることを示していると述べた。

ありがとうございました。





証人尋問官・ニューマーク:

ありがとう。



コミッショナー・エイザー:

判事、私はいくつかの質問をしたいと思います。
私は通常は行いませんが。




証人尋問官・ニューマーク:

私たちはまだそれを行っていません。




コミッショナー・エイザー:

わかりました。 気にしないでください。




クーソンス博士:

私はそれで構いません。




証人尋問官・ニューマーク:

私は証人にいくつかの質問をしてきましたので、
私は今それを許すことができます。




コミッショナー・エイザー:

私は疫学研究に関して質問があります、
これは私がこれまで多くのことを聞いてきたことですが、
疫学研究には証拠がないという事実があります。




クーソンス博士:そうです。




コミッショナー・エイザー:

少し説明していただけたら
- 私はあえて聞くにはどうすれば?

私は、疫学研究に関して
本質的にレーダーに当たった
何かのために影響を受ける人々が
たくさんいる必要があると思います。




クーソンス博士:

おそらく、必ずしもそうではありません。
私は - そしてあなたもご承知のように
私たちのコミュニティに何千人もの人がいれば、
私がその例を使っていれば - あるいは
フォンド・デュラック地域には
何人が住んでいるのかは分かりませんが、
そこにはその開発があります。

しかし、何千人もの人がいて、
自己報告のコメントや出版物や調査や
そのようなことがあった場合、
15〜35%が自己報告しても
それはまだ疫学的なものではありません。
原因と結果のタイプの範囲までの研究です。




しかし、このような騒音環境に住んでいる人を
どのように盲目的に分類することができるのか、
そのような研究を設計することはほとんど不可能です。

あなたがご存知のように、それは非常に不可能です。

医学的な観点からは、
マクファデン博士と話をした後、
自己報告は私たちが進めなければならない
すべてのものだと感じています。




しかし、私たちが自己報告し、
問題を報告する人々について
自宅で睡眠研究のような
客観的なデータを得ようとすると、
問題を報告しない地域の人々と
同じタイプの研究を行い、
1マイル、4分の1をバックアップすると、
0.5マイル、5マイル、同じ研究を行うと、
騒音や睡眠障害への何らかのリンクを
表示することができます。



心臓発作や、高血圧、体重増加、
糖尿病などを示すには20年かかりますが、
そのための時間はありません。

私たちには、
それを行うための時間や資金、資源がありません。




しかし、私は遠隔地に基づいた
短期的な研究を考えています。
いくつかの自己報告データを持つ客観的なデータは、
- 私は、これらの人々の懸念の一部に
いくつかの妥当性を追加することは
非常に重要だと思います。

そしておそらく小さな数字さえ。

おそらく、各グループに20人または40人。




コミッショナー・エイザー:

素晴らしい。ありがとう。




証人尋問官・ニューマーク:

わかりました。どうもありがとう。




クーソンス博士:

ありがとう。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------
関連記事
---------------------

※ 拙ブログ内の検索は日本語タイトルで行ってください
  (おとしん:注)


<①/②論文:超低周波不可聴音>


=====================================================

①/②
Physician Herb Coussons
医師、ハーブ・クーソンスによるリソース・ドキュメント


=====================================================



ぜひ!⇒
①/② ウィスコンシン州
■Herb Coussons comments to Brown County Board of Supervisors
ブラウン郡監理委員会へのハーブ・クーソンス(Herb Coussons)のコメント
 
(2017年2月15日)
https://www.wind-watch.org/documents/herb-coussons-comments-to-brown-county-board-of-supervisors/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4930.html


Author: 
著者:  Coussons, Herb
クーソンス、ハーブ





ちょっとした背景と
私が話すためにここにいる理由を。

私は2002年からずっとグリーンベイにいました。

私はもともとルイジアナ出身で、
1992年に医学部を修了しましたので、
私は25年間、
実際にプライマリケアに携わってきました。

ここに来る前に、
私は太平洋岸北西部で経験を積みました。
私はアイダホ大学とワシントン州立大学の教員でした。

私はウィスコンシン医科大学の
グリーンベイにある新しい医科大学の教員です。




私は民間のパイロットでもあり、
1992年以来パイロットであり、
航空パイロットを通じてすべての評価を終え、
空間識失調の背後にある科学と
生理学に特別な関心を持っています。

私はまた、
米国のあちこちで教えたり相談を行います。




また、私には利害の対立がなく、
財務的な開示もないと述べたい。

私はここからお金を支払われていませんし、
誰かを代表するために
ここにいるわけでもありません。





これは風力エネルギーであり、
議論の余地がある話題なので、
炭素かグリーンかにかかわらず、
非常に親米的なエネルギーです、
それは本当に重要ではありませんが、
私はこのトピックについていくつかの意見を持っています 。

私は、健康問題へのリンクの背後には
圧倒的な科学があると思っているので
プレゼンテーションを行っています。
特にシャーリー(Shirley)と
さらに南のフォンデュラック
(Fond du Lac)の私たちの地域では
しかし、このシャーリーは委員会に適用されるように、
南ブラウン郡からの苦情を受けて
私はこれらの患者のうち
6人を個人的に見て世話をしました。




症候群と病気の違いを指摘したいと思いますが
(あなたがしたいなら、続けることができます)、
症候群は一見一貫しているものがない状態の
単なる一群のものであり、
それらを一緒に描くものではなく、
なぜ一緒に起こるのかの説明でもあります。

そして、これは、
風力タービン症候群が使われるときに
多くの誤解がある所です。




さて、今私はそれが認識された病気だと思うことを
指摘したいと思いますが、
病気は病理学的または生理学的説明を伴う
特定の障害です。

それで、私たちはこれを振動音響病として
分類しました、
昨年の新しいCMSガイドラインのエンコーディング
(CMS guidelines encoding)では、
振動の影響である新しいコードT75.20があり、
そして、コードがその時リストした特性
超低周波不可聴音からのめまいがあります[T75.23]。

それは診断であり、病気です。





私はあなたのためにいくつかの抄録を印刷しました。
そして、私が思うに
ほとんどのものは、
振動音響病(vibro-acoustic disease)について語っています。

そして、振動音響病は
特に心臓の問題、高血圧症
そして、他の生理学的に証明された知見を引き起こす
軟組織の増殖、
特にコラーゲンおよび線維弾性組織を示すために
現在、剖検で証明されています。

これは風力タービンが孤立した事例ではありません。

これは、低周波騒音への長時間の曝露、
我々がそう呼んでいる
いわゆる超低周波音(infrasound)への曝露の
あらゆる場合に当てはまります。

そしてそれは
低周波騒音から航空学にも適用されます。
そしてそれが
私がこれらの研究をするようになったわけです。

心血管構造の肥厚および潜在的に早期の死を引き起こす。

これらの患者では、染色体損傷および悪性腫瘍の増加と
関連があったことさえあります。

私はこれを風力騒音と結びつける研究が
不十分であることを認めますが、
人と動物の両方の研究で
これらの個体に影響を与える周波数帯は
シャーリー・プロジェクトで測定された同じ周波数です。




2番目のものは、
周波数が0-20Hzの範囲を示しています。

低周波、超低周波音(インフラサウンド)、ILFN、
すべて同じこと。

そして私はそこに詳細には入りません。

あなたはそれを読むことができ、
あなたがそれを望むなら、
私はあなたにこれのコピーを
電子メールで送ることができます。

しかし、それは心エコー検査、脳のMRIであり、
動物とヒトの両方の剖検で組織学的に証明されている。




他の裏づけとなる証拠:
睡眠障害のみで
健康上の問題を引き起こすのに十分です。

そのため、肥満、高血圧、右心不全、
その他の心理的問題が発生するため、
睡眠時無呼吸症候群患者を治療する
CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)があります。




次の1つは、いくつかの風力発電所での
超低周波音放射の
生理学的影響を説明する理論であり、
シャーリー・プロジェクトにおける
私たちの裏庭での測定が含まれています。




次のものはカナダで出版されました:
私はこの研究の結論を指摘します。

風力タービン運転の
この側面へのアプローチを再検討し、
直ちに規制を改訂し、
予防原則に基づいて
保護的公衆衛生措置を実施することは非常に重要です。





そう、疫学。

これはかなりそこに押し出されます。

なぜ疫学研究がないのか、
あるいは、
より多くの研究をする必要があるというのが、
すべての研究の結論です。




したがって、まず第一に、
FDA(アメリカ食品医薬品局)は
健康を変える装置の安全性と有効性について
責任を負います。

それは手術器具、薬品、
あるいはそれに類するものですが、
OSHA(労働安全衛生局)は
人々が暴露される可能性のある環境に
責任があります。

したがって、
FDA(アメリカ食品医薬品局)と
OSHA(労働安全衛生局)の間の
連邦レベルでの紛争や闘争は少しあります。




次に、
IRB(施設内倫理委員会)と呼ばれる機関の
審査委員会があります。

したがって、医学的研究は、
人間の被験者の保護に関する制限を実施する前は
非倫理的でした。

動物実験、モデル、
その他のタイプの研究がありますが、
どんな状況においても、
直接的な因果関係や病気を引き起こすものを
指摘することは非常に困難です。
私はそれを次のスライドで指摘します。




それで、
我々にはどんな研究デザインがあるでしょうか?

症例報告 – 誰かは言います、
これは私を悩ませます。

次に、横断調査 - 私たちは出かけて行って、
ある地域の多くの人々を調査します。

次に、症例対照研究と言うことにします。
– 私たちは、影響を受けた人と
影響を受けていない人を測定するつもりです。

コホート研究(cohort studies)
- 個体群に対する個体群、
異なる地域や異なる州の可能性もあります。

次は無作為化比較研究です、
そして、次に
少数がポイントを証明しない場合には、
実質的な数値を得るための研究集団である
メタ分析です。




さて、我々は風と何がしたいですか?

症例報告、横断調査、症例対照研究、
クロスオーバーを含むコホート研究があるが、
無作為化比較研究はありません。

興味深いのは、風力産業には、
産業資金ではなく、独立しており、
ピアレビューされた
無作為化比較研究もないということです。

したがって、安全性を主張するような
種類のものは、
その反対派、
健康に悪影響を与える人々が
持っていると主張しているように、
その主張に立つ証拠がまったくありません。




私たちは実際に風力のための
無作為化比較研究を見ることはありません。

その理由は、
これらの研究に倫理的な懸念があることです。

潜在的な健康への悪影響があると言うには十分です。

研究は決して行われないでしょう。

これの例は何でしょうか?

一例がありますが、
私は腎臓学ジャーナルからいくらか印刷しました。
これは、いくつかの病気で
無作為化比較研究がない理由を示しています。
この例は喫煙です。

喫煙は健康に有害な影響を及ぼすと
言われますが、
無作為化比較研究はありません、
なし、ゼロです。

しかし、我々は人々に警告し、
私たちはそれに課税し、
それに対して訴訟があり、
たくさんの情報があります
そして、喫煙と肺がんの間に因果関係があることは
一般に認められています。




要約すると、
今私は、健康への悪影響に関する
30年の記録があると思います、
研究によると、超低周波音と低周波騒音は、
睡眠時と生理学的直接リンクの因果関係の両方で
障害を引き起こすことを研究が示しました、
そして、これらを引き起こすことが
判明している低周波騒音の範囲は
風力タービンの開発で測定され、
振動音響病は今や証明された実体であり、
どのような種類の産業紛争にも関連していない
世界の90人以上の専門家と医学研究者が同意し、
その声明に署名しました。

そして今、シャーリー・ウィンドは、
米国で最も研究され、
文書化された工業用風力タービン開発の一つであり、
私たちは私たち自身の裏庭で見ることができる
これらの被災者を抱えています。




結論として、私が見た患者に基づいて、
私たちの住民は、
低周波騒音の非常に現実の危険に
傷ついていると懸念しています。
そのうちの何人かは
今後数年間、あるいは10年で
見られないか、知られていないかもしれません。

これの一例は太陽です。

それはエネルギーの波型であり、
紫外線や赤外線エネルギーが
さまざまな方法で
異なる人々に影響を与えるという意見に
だれも反対しないでしょう。

私は非常に青白いので、
部屋の中の誰よりも
はるかに日焼けする可能性が高いです。

このように、より感受性の高い人がいるが、
それは影響を受けているという事実を否定しません。

そして私は、地元の裏庭の証拠をもって、
委員会と郡が過去5年間に
ここに提示された情報の量によって
責任と過失の両方のリスクを負うことにも懸念しています。






それは約15分です
私はそれをかなり素早く難なく終えたので
ポイントを明確にするために
質問やディスカッションのために
オープンにするつもりです。




ハーブ・クーソンス、

グリーンリーフ、ウィスコンシン州


2017年2月15日






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html


▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者
Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


現在の議論の本質は、
一方で、あなたが裕福な資金による
風力産業を持っていることです




1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい一部抜粋:

因果関係を割り当てるための
生物学的プロセスを知る必要はありません。

そのハードルは、未知の理由のために働く
ほとんどの医薬品を除外するだろう。


親風力団体や他の熱烈な支持者は、
私たちの仕事をやめさせるために
医学のハードルを使用する必要があります。

彼らがあなたに
音響技師の一部である
職務権限を否定させないようにしてください。


ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



2017-09-26 : 論文‐超低周波不可聴音 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<①/②論文:超低周波不可聴音>①/②医師、ハーブ・クーソンスによるリソース・ドキュメント‐ぜひ!⇒①/② ウィスコンシン州:ブラウン郡監理委員会へのハーブ・クーソンス医師のコメント…私たちは実際に風力のための無作為化比較研究を見ることはありません。その理由はこれらの研究に倫理的な懸念があることです。喫煙は健康に有害な影響を及ぼすと言われますが、無作為化比較研究はありません。しかし、我々は人々に警告します~そして、喫煙と肺がんの間に因果関係があることは 一般に認められています  // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.. 














<①/②論文:超低周波不可聴音>


=====================================================

①/②
Physician Herb Coussons
医師、ハーブ・クーソンスによるリソース・ドキュメント


=====================================================

一部抜粋:

私はあなたのためにいくつかの抄録を印刷しました。
そして、私が思うに
ほとんどのものは、
振動音響病(vibro-acoustic disease)について語っています。

そして、振動音響病は
特に心臓の問題、高血圧症
そして、他の生理学的に証明された知見を引き起こす
軟組織の増殖、
特にコラーゲンおよび線維弾性組織を示すために
現在、剖検で証明されています。

これは風力タービンが孤立した事例ではありません。

これは、低周波騒音への長時間の曝露、
我々がそう呼んでいる
いわゆる超低周波音(infrasound)への曝露の
あらゆる場合に当てはまります。

そしてそれは
低周波騒音から航空学にも適用されます。
そしてそれが
私がこれらの研究をするようになったわけです。

心血管構造の肥厚および潜在的に早期の死を引き起こす。

これらの患者では、染色体損傷および悪性腫瘍の増加と
関連があったことさえあります。

私はこれを風力騒音と結びつける研究が
不十分であることを認めますが、
人と動物の両方の研究で
これらの個体に影響を与える周波数帯は
シャーリー・プロジェクトで測定された同じ周波数です。


要約すると、
今私は、健康への悪影響に関する
30年の記録があると思います、
研究によると、超低周波音と低周波騒音は、
睡眠時と生理学的直接リンクの因果関係の両方で
障害を引き起こすことを研究が示しました、
そして、これらを引き起こすことが
判明している低周波騒音の範囲は
風力タービンの開発で測定され、
振動音響病は今や証明された実体であり、
どのような種類の業界紛争にも関連していない
世界の90人以上の専門家と医学研究者が同意し、
その声明に署名しました。



ぜひ!⇒
①/② ウィスコンシン州
■Herb Coussons comments to Brown County Board of Supervisors
ブラウン郡監理委員会へのハーブ・クーソンス(Herb Coussons)のコメント
 
(2017年2月15日)
https://www.wind-watch.org/documents/herb-coussons-comments-to-brown-county-board-of-supervisors/



Author: 
著者:  Coussons, Herb
クーソンス、ハーブ





ちょっとした背景と
私が話すためにここにいる理由を。

私は2002年からずっとグリーンベイにいました。

私はもともとルイジアナ出身で、
1992年に医学部を修了しましたので、
私は25年間、
実際にプライマリケアに携わってきました。

ここに来る前に、
私は太平洋岸北西部で経験を積みました。
私はアイダホ大学とワシントン州立大学の教員でした。

私はウィスコンシン医科大学の
グリーンベイにある新しい医科大学の教員です。




私は民間のパイロットでもあり、
1992年以来パイロットであり、
航空パイロットを通じてすべての評価を終え、
空間識失調の背後にある科学と
生理学に特別な関心を持っています。

私はまた、
米国のあちこちで教えたり相談を行います。




また、私には利害の対立がなく、
財務的な開示もないと述べたい。

私はここからお金を支払われていませんし、
誰かを代表するために
ここにいるわけでもありません。





これは風力エネルギーであり、
議論の余地がある話題なので、
炭素かグリーンかにかかわらず、
非常に親米的なエネルギーです、
それは本当に重要ではありませんが、
私はこのトピックについていくつかの意見を持っています 。

私は、健康問題へのリンクの背後には
圧倒的な科学があると思っているので
プレゼンテーションを行っています。
特にシャーリー(Shirley)と
さらに南のフォンデュラック
(Fond du Lac)の私たちの地域では
しかし、このシャーリーは委員会に適用されるように、
南ブラウン郡からの苦情を受けて
私はこれらの患者のうち
6人を個人的に見て世話をしました。




症候群と病気の違いを指摘したいと思いますが
(あなたがしたいなら、続けることができます)、
症候群は一見一貫しているものがない状態の
単なる一群のものであり、
それらを一緒に描くものではなく、
なぜ一緒に起こるのかの説明でもあります。

そして、これは、
風力タービン症候群が使われるときに
多くの誤解がある所です。




さて、今私はそれが認識された病気だと思うことを
指摘したいと思いますが、
病気は病理学的または生理学的説明を伴う
特定の障害です。

それで、私たちはこれを振動音響病として
分類しました、
昨年の新しいCMSガイドラインのエンコーディング
(CMS guidelines encoding)では、
振動の影響である新しいコードT75.20があり、
そして、コードがその時リストした特性
超低周波不可聴音からのめまいがあります[T75.23]。

それは診断であり、病気です。





私はあなたのためにいくつかの抄録を印刷しました。
そして、私が思うに
ほとんどのものは、
振動音響病(vibro-acoustic disease)について語っています。

そして、振動音響病は
特に心臓の問題、高血圧症
そして、他の生理学的に証明された知見を引き起こす
軟組織の増殖、
特にコラーゲンおよび線維弾性組織を示すために
現在、剖検で証明されています。

これは風力タービンが孤立した事例ではありません。

これは、低周波騒音への長時間の曝露、
我々がそう呼んでいる
いわゆる超低周波音(infrasound)への曝露の
あらゆる場合に当てはまります。

そしてそれは
低周波騒音から航空学にも適用されます。
そしてそれが
私がこれらの研究をするようになったわけです。

心血管構造の肥厚および潜在的に早期の死を引き起こす。

これらの患者では、染色体損傷および悪性腫瘍の増加と
関連があったことさえあります。

私はこれを風力騒音と結びつける研究が
不十分であることを認めますが、
人と動物の両方の研究で
これらの個体に影響を与える周波数帯は
シャーリー・プロジェクトで測定された同じ周波数です。




2番目のものは、
周波数が0-20Hzの範囲を示しています。

低周波、超低周波音(インフラサウンド)、ILFN、
すべて同じこと。

そして私はそこに詳細には入りません。

あなたはそれを読むことができ、
あなたがそれを望むなら、
私はあなたにこれのコピーを
電子メールで送ることができます。

しかし、それは心エコー検査、脳のMRIであり、
動物とヒトの両方の剖検で組織学的に証明されている。




他の裏づけとなる証拠:
睡眠障害のみで
健康上の問題を引き起こすのに十分です。

そのため、肥満、高血圧、右心不全、
その他の心理的問題が発生するため、
睡眠時無呼吸症候群患者を治療する
CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)があります。




次の1つは、いくつかの風力発電所での
超低周波音放射の
生理学的影響を説明する理論であり、
シャーリー・プロジェクトにおける
私たちの裏庭での測定が含まれています。




次のものはカナダで出版されました:
私はこの研究の結論を指摘します。

風力タービン運転の
この側面へのアプローチを再検討し、
直ちに規制を改訂し、
予防原則に基づいて
保護的公衆衛生措置を実施することは非常に重要です。





そう、疫学。

これはかなりそこに押し出されます。

なぜ疫学研究がないのか、
あるいは、
より多くの研究をする必要があるというのが、
すべての研究の結論です。




したがって、まず第一に、
FDA(アメリカ食品医薬品局)は
健康を変える装置の安全性と有効性について
責任を負います。

それは手術器具、薬品、
あるいはそれに類するものですが、
OSHA(労働安全衛生局)は
人々が暴露される可能性のある環境に
責任があります。

したがって、
FDA(アメリカ食品医薬品局)と
OSHA(労働安全衛生局)の間の
連邦レベルでの紛争や闘争は少しあります。




次に、
IRB(施設内倫理委員会)と呼ばれる機関の
審査委員会があります。

したがって、医学的研究は、
人間の被験者の保護に関する制限を実施する前は
非倫理的でした。

動物実験、モデル、
その他のタイプの研究がありますが、
どんな状況においても、
直接的な因果関係や病気を引き起こすものを
指摘することは非常に困難です。
私はそれを次のスライドで指摘します。




それで、
我々にはどんな研究デザインがあるでしょうか?

症例報告 – 誰かが言います、
これが私を悩ませます。

次に、横断調査 - 私たちは出かけて行って、
ある地域の多くの人々を調査します。

次に、症例対照研究と言うことにします。
– 私たちは、影響を受けた人と
影響を受けていない人を測定するつもりです。

コホート研究(cohort studies)
- 個体群に対する個体群、
異なる地域や異なる州の可能性もあります。

次は無作為化比較研究です、
そして、次に
少数がポイントを証明しない場合には、
実質的な数値を得るための研究集団である
メタ分析です。




さて、我々は風と何がしたいですか?

症例報告、横断調査、症例対照研究、
クロスオーバーを含むコホート研究があるが、
無作為化比較研究はありません。

興味深いのは、風力産業には、
産業資金ではなく、
独立した、ピアレビューされた
無作為化比較研究もないということです。

したがって、安全性を主張するような
種類のものは、
その反対派、
健康に悪影響を与える人々が
持っていると主張しているように、
その主張に立つ証拠がまったくありません。




私たちは実際に風力のための
無作為化比較研究を見ることはありません。

その理由は、
これらの研究に倫理的な懸念があることです。

潜在的な健康への悪影響があると言うには十分です。

研究は決して行われないでしょう。

これの例は何でしょうか?

一例がありますが、
私は腎臓学ジャーナルからいくらか印刷しました。
これは、いくつかの病気で
無作為化比較研究がない理由を示しています。
この例は喫煙です。

喫煙は健康に有害な影響を及ぼすと
言われますが、
無作為化比較研究はありません、
なし、ゼロです。

しかし、我々は人々に警告し、
私たちはそれに課税し、
それに対して訴訟があり、
たくさんの情報があります
そして、喫煙と肺がんの間に因果関係があることは
一般に認められています。




要約すると、
今私は、健康への悪影響に関する
30年の記録があると思います、
研究によると、超低周波音と低周波騒音は、
睡眠時と生理学的直接リンクの因果関係の両方で
障害を引き起こすことを研究が示しました、
そして、これらを引き起こすことが
判明している低周波騒音の範囲は
風力タービンの開発で測定され、
振動音響病は今や証明された実体であり、
どのような種類の産業紛争にも関連していない
世界の90人以上の専門家と医学研究者が同意し、
その声明に署名しました。

そして今、シャーリー・ウィンドは、
米国で最も研究され、
文書化された工業用風力タービン開発の一つであり、
私たちは私たち自身の裏庭で見ることができる
これらの被災者を抱えています。




結論として、私が見た患者に基づいて、
私たちの住民は、
低周波騒音の非常に現実の危険に
傷ついていると懸念しています。
そのうちの何人かは
今後数年間、あるいは10年で
見られないか、知られていないかもしれません。

これの一例は太陽です。

それはエネルギーの波型であり、
紫外線や赤外線エネルギーが
さまざまな方法で
異なる人々に影響を与えるという意見に
だれも反対しないでしょう。

私は非常に青白いので、
部屋の中の誰よりも
はるかに日焼けする可能性が高いです。

このように、より感受性の高い人がいるが、
それは影響を受けているという事実を否定しません。

そして私は、地元の裏庭の証拠をもって、
委員会と郡が過去5年間に
ここに提示された情報の量によって
責任と過失の両方のリスクを負うことにも懸念しています。






それは約15分です
私はそれをかなり素早く難なく終えたので
ポイントを明確にするために
質問やディスカッションのために
オープンにするつもりです。




ハーブ・クーソンス、

グリーンリーフ、ウィスコンシン州


2017年2月15日






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html


▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者
Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


現在の議論の本質は、
一方で、あなたが裕福な資金による
風力産業を持っていることです




1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい一部抜粋:

因果関係を割り当てるための
生物学的プロセスを知る必要はありません。

そのハードルは、未知の理由のために働く
ほとんどの医薬品を除外するだろう。


親風力団体や他の熱烈な支持者は、
私たちの仕事をやめさせるために
医学のハードルを使用する必要があります。

彼らがあなたに
音響技師の一部である
職務権限を否定させないようにしてください。


ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



2017-09-25 : 論文‐超低周波不可聴音 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<論文:超低周波不可聴音>Dr.ロバート・マッカニー(Dr. Robert McCunney)に関連する文書-メイン, オンタリオ, バーモント, ウィスコンシン州:■グリーン・マウンテン・パワー社に代わるロバート・マッカニーの証言へのコメント  // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D..













<論文:超低周波不可聴音>


=====================================================

Dr.ロバート・マッカニー
(Dr. Robert McCunney)に関連する文書


=====================================================



メイン, オンタリオ, バーモント, ウィスコンシン州
■Comments on Robert McCunney’s testimony on behalf of Green Mountain Power
グリーン・マウンテン・パワー社に代わるロバート・マッカニーの証言へのコメント

https://www.wind-watch.org/documents/
comments-on-robert-mccunneys-testimony-on-behalf-of-green-mountain-power/



Author: 
著者:  Pierpont, Nina
ピアポント、ニーナ





グリーン・マウンテン・パワー社
(Green Mountain Power)は、
バーモント州ローウェルの
ローウェルマウンテンに
21台の風力タービンを建設する許可を申請しました。

グリーンマウンテンパワー社に代わって
ロバート・マッカニーの反証証言が
2010年11月22日に提出されました

- 証言の要約:マッカニー(McCunney)博士は、
公共サービス局の証人、ケーン氏(Mr. Kane)
アルバニーの証人、ジェームス氏(Mr. James)、
ローウェル・マウンテン・グループ
(Lowell Mountains Group )の証人
ブロムバーク氏(Mr. Blomberg)、
その他の健康と音に関連する影響についての
要求に応答しました。

彼はまた、委員会が承認した
風力プロジェクトの音響基準を支持します。





とりわけ、ピアポイント(Pierpont)は
マッカニー博士が
低周波騒音と超低周波騒音の
相対的な聴覚障害を
繰り返し強調していること
そして、内耳が超低周波音波を
どのようにフィルタリングして、
実際に我々がそれを聞くことはないが、
意識的な聴覚よりも他の生理学的システムへの
神経伝達を否定するという最近の研究を
どのように記述しているかを指摘します。





参照:

Salt A. N.およびHullar、T. E.、

Responses of the ear to low frequency sounds,
infrasound and wind turbines
『低周波音、超低周波音
および風力タービンに対する耳の応答』、

https://www.wind-watch.org/documents/
responses-of-the-ear-to-low-frequency-sounds-infrasound-and-wind-turbines/


Hearing Research、2010年9月1日、268(1-2):12-21;


そしてアレック・ソルト、

Infrasound:
Your ears “hear” it but they don’t tell your brain  
「超低周波音:あなたの耳はそれを『聞きます』、
しかし、それらはあなたの脳のは伝えません」、

https://www.wind-watch.org/documents/
infrasound-your-ears-hear-it-but-they-dont-tell-your-brain/



プレゼンテーション、
2010年10月29日〜31日、
オンタリオ州ピクトンの
Symposium on Adverse Health Effects of Industrial Wind Turbines
産業風力タービンの有害な健康影響に関するシンポジウム

https://www.wind-watch.org/documents/global-wind-industry-and-adverse-health-effects/




彼女はまた
懸念に直面するのではなく、
問題を無視して
個々の可変感度を残酷に却下して、
低音レベルでの風力タービンの不快感が
はるかに大きいという明白な証拠にもかかわらず、
彼は他の「現代風力の」騒音とともに
風力タービンの騒音をどのように溜めるのか
注意します。




参照:
Pedersen、E。およびWaye、K. P.

“Perception and annoyance due to wind turbine noise
–a dose-response relationship”,
「風力タービンのノイズによる知覚と不快感
- 線量 - 応答関係」

米国音響学会誌、
2004 Dec、116(6):3460-70;

https://www.wind-watch.org/documents/perception-of-wind-turbine-noise-two-abstracts/


およびPedersen、E.、

“Human response to wind turbine noise – perception, annoyance and moderating factors
「風力タービンの騒音への人間の反応 - 知覚、不快感および緩和要因」、


Dissertation、2007、
医学部保健医療センター、
GöteborgUniversity Sahlgrenska Institute。
イェーテボリ大学Sahlgrenska研究所。

https://www.wind-watch.org/documents/
human-response-to-wind-turbine-noise-perception-annoyance-and-moderating-factors/





Download original document:
“Comments on Robert McCunney’s testimony
on behalf of Green Mountain Power”
ダウンロード原本:
「グリーン・マウンテン・パワーに代わって
ロバート・マッカニーの証言へのコメント」


https://docs.wind-watch.org/Pierpont-McCunney.pdf





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html


▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者
Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


現在の議論の本質は、
一方で、あなたが裕福な資金による
風力産業を持っていることです




1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい一部抜粋:

因果関係を割り当てるための
生物学的プロセスを知る必要はありません。

そのハードルは、未知の理由のために働く
ほとんどの医薬品を除外するだろう。


親風力団体や他の熱烈な支持者は、
私たちの仕事をやめさせるために
医学のハードルを使用する必要があります。

彼らがあなたに
音響技師の一部である
職務権限を否定させないようにしてください。


ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



2017-09-24 : 論文‐超低周波不可聴音 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR