騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<51-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>ぜひ⇒51-マサチューセッツ州:計画委員会は、タービン条例改正に反対します…承認された場合、改正案は町の政府に独自の条例から自分自身を免除する「特別扱い」を可能にするであろう…委員会のメンバー,パトリシアH.カーフット | 関連記事リスト |これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 










<51-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>




2015年10月30日





ぜひ!⇒
51-マサチューセッツ州
◇Planning Board opposes turbine bylaw amendment
計画委員会は、タービン条例改正に反対します

(The Enterprise | October 30, 2015 )
http://www.capenews.net/falmouth/news/
planning-board-opposes-turbine-bylaw-amendment/
article_4b9ca109-a952-5ba4-ba0a-55950ef41913.html





By LANNAN M. O’BRIEN





ファルマス計画委員会は、
町が所有する2台の風力タービンを
正当に動かせるようにする
特別なタウンミーティングの条項について、
無期延期を推薦します。



その決定は、その条項に関する公聴会で
居住者からの強い反対に続き、
10月27日火曜日になされました。







その条項は、
自治体の目的のために使用される
町が所有するすべての
風力エネルギー・システムを可能にする
ゾーニング条例の改正を提案しています、
それは、現存するその条例の日付けの時点で、
条例の規定を免除されるために使われて、
(遡及して)
そして、公共利用地区における
権利の問題として作動させます。



それは、ファルマス都市行政委員会により
要求されました。







計画委員会のメンバー
ダグラスC.ブラウンは言ったように
改正が承認された場合、
それは、ゾーニング条例に
挿入されるセクションの最初の条項に
類似しています。



既存の条項(「例外」の下でリストされる)は、
以下の通りに読み取ります:


合法的に存在するどんなWESでも、
本稿の発効日の時点で
準拠するとみなされるものとし、
変更するか、修正するか、移転するか、
さもなければ
第XXXIV条(34)と一致した改善を行うために
本稿の下に
特別な許可を申請することができます。」







ブラウン氏は、提案された声明と
計画委員会によってつくられて、
2009年にタウンミーティングで承認された
現在の条例の規定との主要な違いが
「合法的に」という言葉がと気がつきました。



「それはそれら[ウィンド1とウィンド2]が
所定の位置で合法的であるかどうかを
判断するのは私たち次第ではありません。

我々は、既存の風力タービン用の規定を
作りました。」と彼は言いました。







2台のタービンに関連した問題は、
2009年に、計画委員会が
条例で動き始めた主要な理由であったと、
委員会のメンバーの
ケニスW.メディルースIIは言いました。



彼は、タービンに関連する
継続的な法的状況から
町を解放させるための試みとして
都市行政委員会の条項を見ていると述べました。







ハーベスト氏は、ワラントの条項の
用語の不在について
ブラウン氏のポイントを参照して、
町の風力タービンの「合法的」存在が
確立されていないことを強調しました。






「明らかに、これは、
彼らはそれを提示する前に、
この条項について、
私達に相談したことがありません、
私たち自身の条例について
私達に話を聞いたことはありません
私たちに来ていないし、何も言いません、
こうした方法によって、
正攻法で取り組むのでなく
問題をうまく避けて通る
都市行政委員会の企みです、


[例えば]、

「あなたは、我々がこれを
進めなければならないと思いますか?

それは意味をなしますか?

あなたはどう思います、
住民が考えるようになっていますか?」
ハーベスト氏は語りました。



「一度もそうしたことはありません。

彼らがしたすべては、公聴会であり、
私たちのためにそれを投げました。



それで、わたしは、
書かれている通りのままで、
本稿を支持することができませんでした
。」と、
ハーベスト氏は述べました。







公共の用途地域に関連する
町のゾーニング条例では、
風力エネルギーシステムは、
特別許可で許可される
地方自治体の目的の1つとして
表示されている
と、
委員会のメンバー、
パトリシアH.カーフットは、言いました


— 特別許可を含む
風力エネルギー・システムの
第XXXIV条の必要条件への対象。







委員会は、
他の内規に与える影響に関する情報なしで、
そして、その影響を研究する時間なしで、
修正案を提示したと彼女は言いました。






「それは、嗅覚テストです」と、
カーフットさんは言いました。


「法律問題を回避しようとすること

… そうして、また、
私は問題を抱えることになった。」








フォックス氏が、
メンバーが推薦でさらなる時間を
過ごしたいかどうか尋ねたとき、
ハーベスト氏は
十分に聞いていたと述べました。



その他の条項の内容よりも、
彼はその背後にある哲学に反対していると述べました。



「それは間違っています、
そして、私はその一部になりたくありません。」と、
ハーベスト氏は語りました。








メディルース氏は、
委員会が何の報告もしない場合、
それは、その条項が、
タウンミーティングで討議中のままでいることに
十分なメリットを持っていないという
メッセージを送るだろうと、示唆しました。



しかし、フォックス氏はその後、
条項が後でそれらに戻ることができると
主張しました。






「ボールは、
私たちの裁判所にありません。

ボールは、
都市行政委員会の裁判所にあります。」と、
ハーベスト氏は語りました。


「それは彼らの問題です。」







承認された場合、
改正案は町の政府に
独自の条例から自分自身を免除する
「特別扱い」を可能にするであろうと、
カーフットさんは述べました。



彼女とブラウン氏(計画委員会のメンバー)は、
町がその種類の処置を
与えられてはならないことに同意しました。






ハーベスト氏は、
条項について
無期限の延期を勧める動議を出しました。



票は、満場一致で通りました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=======================

これまでの経緯:


町の廃水処理施設にあるタービンは、
設置以来、論争に悩まされました。

隣人は、騒音とその操作による悪影響について
苦情があり、
町はいくつかの面に関連した訴訟で
ロックされ続けます。



※ Cape Cod Times ( Apr. 1, 2015)より
引用しました。
http://www.capecodtimes.com/article/20150401/NEWS/150409946/


==================



■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2263.html



ぜひ!→   
マサチューセッツ州   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319




マサチューセッツ州
◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353



======================



▼ 2015年2月26日、裁判所は、
町の排水処理施設に建立された
ツインの風力タービンの一つである
『ウィンド1』の2009年の設置について
まちづくり委員と控訴ゾーニング委員会を提訴した
近隣住人の集団に有利な※判決を下しました。


■裁判所の判決(2015年2月26日)
Drummey et al. vs. Falmouth et al. – appeals court order
ドラミー ほか 対 ファルマス ほか、 – 上訴裁判所命令

https://www.wind-watch.org/documents/drummey-et-al-vs-falmouth-et-al-appeals-court-order/




■ダウンロード、オリジナルドキュメント(2015年2月26日)
“TODD DRUMMEY & others vs. TOWN OF FALMOUTH & others”
『トッド・ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか』

http://docs.wind-watch.org/Drummey-v-Falmouth-Appeals-Court-decision.pdf





==========================



※ 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令

■ 裁判官クリストファーJ·ミューズの判決
■ 暫定的差止命令‐2013年11月

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2013/11/
falmouth-superior-ct-21Nov2013.pdf



=======================
■関連記事リスト
=======================


<1-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月10日付け記事

1-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth board labels turbines a ‘nuisance’
ファルマスの委員会は、タービンに『公害』とラベルをつけます

(Cape Cod Times | May 10, 2013)
http://www.capecodtimes.com/article//20130510/NEWS/305100335

■おとしん機械翻訳



------------------

<2-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月14日付け記事

2‐マサチューセッツ州
◇Zoning Board of Appeals declares Wind 1 a nuisance
控訴ゾーニング委員会はウインド1を公害と宣言します

(wickedlocal.com, May 14, 2013)
http://www.wickedlocal.com/falmouth/news/x438179907/
Zoning-Board-of-Appeals-declares-Wind-1-a-nuisance#axzz2TvgdXfkU

■おとしん機械翻訳



---------------------

<3-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年10月21日

ぜひ!→  動画
3-マサチューセッツ州

◇‘Wind turbine syndrome’ blamed for mysterious symptoms in Cape Cod town
「風力タービン症候群」はケープコッドの町の不可解な症状のために非難されました

(abc news | October 21, 2013)
http://abcnews.go.com/Health/
wind-turbine-syndrome-blamed-mysterious-symptoms-cape-cod/story?id=20591168

■おとしん機械翻訳



---------------------

<4-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

このスピーチの編集されたバージョンは、私に代わって、
カート・デブリンによって2013年10月19日、ファルマス会議に提出されました。



サラ・ローリー、Waubra財団 現在CEO、
www.waubrafoundation.org.au
サウスオーストラリアの元地方の一般開業医(主治医)


=========================

2013年10月19日に提出された

ぜひ!→
◇4-Wind turbine noise, adverse health effects, and professional ethics
風力タービン騒音、健康への悪影響、および職業倫理

https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-adverse-health-effects-and-professional-ethics/

Author: Laurie, Sarah
著者:  サラ, ローリー


■おとしん機械翻訳



---------------------

<5-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月23日

ぜひ!→   
5-マサチューセッツ州
   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319

■おとしん機械翻訳



---------------------

<6-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月22日

6-マサチューセッツ州

◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353

■おとしん機械翻訳



---------------------

<7-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月9日

ぜひ!→
7-マサチューセッツ州

◇Turbine ruling prompts new Falmouth lawsuit
タービン判決は、新しいファルマス訴訟を促します

(Cape Cod Times | January 09, 2014)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20140109/NEWS/401090328

■おとしん機械翻訳



---------------------

<8-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月24日付け記事

ぜひ!→
8-マサチューセッツ州 ファルマス   写真

◇A Falmouth veteran battles wind turbines — and health woes
一人の退役軍人がウィンドタービンと戦う-そして健康苦難 

(Boston.com | January 24, 2014)
http://www.bostonglobe.com/lifestyle/2014/01/24/
falmouth-veteran-battles-wind-turbines-and-health-woes/dVF6q3ur3oO4706FRpKPLJ/story.html

■おとしん機械翻訳


---------------------
<15-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

15-マサチューセッツ州/画像
◇Appeals court strikes down Falmouth’s permitting of wind turbine
控訴裁判所は、ファルマスの風力タービンの許可を無効にしました

(The Enterprise|February 26, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
appeals-court-strikes-down-falmouth-s-permitting-of-wind-turbine/
article_4cf2ef60-bdf9-11e4-b458-fb0f80fec1dd.html

■おとしん機械翻訳



-------------------

<16-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

16-マサチューセッツ州
◇Court: Falmouth should have obtained permit before erecting turbine
法廷:ファルマスは、タービンを建てる前に、許可を得るべきでした

(Cape Cod Times | Posted Feb. 26, 2015)
http://www.southcoasttoday.com/article/20150226/NEWS/150229505/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<17-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年3月17日付け記事

17-マサチューセッツ州
◇Falmouth will appeal Wind Turbine 1 ruling
ファルマスは、『風力タービン1』の判決を上訴します

(The Enterprise | March 17, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/falmouth-will-appeal-wind-turbine-ruling/
article_eeedaec4-ccbb-11e4-9098-839c0d78ee5f.html

■おとしん機械翻訳


------------------------

28-マサチューセッツ州/画像
◇Court rules turbines can remain operational
法廷は、タービンが運転を継続できると決定します
(The Enterprise | July 9, 2015)
http://www.capenews.net/
falmouth/news/court-rules-turbines-can-remain-operational/
article_07994fc8-268a-11e5-8749-736bb0991e3b.html

■おとしん機械翻訳




------------------------

<29-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月10日付け記事

29-マサチューセッツ州
◇Wind turbines still operating despite complaints
苦情にもかかわらずまだ動いている風力タービン

(Cape Cod Times | Jul. 10, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150710/NEWS/150719964/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<30-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月12日付け記事

30-マサチューセッツ州
◇Falmouth Selectmen must seek special permit for turbine
ファルマス都市行政委員は、タービンのための特別な許可を求めなければなりません

(capecod.com|June 12, 2015)
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-selectmen-must-seek-special-permit-for-turbine/

■おとしん機械翻訳


---------------------

<34-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年8月21日

34-マサチューセッツ州
◇Zoning board denies cease-and-desist order for turbines
ゾーニング委員会は、タービンの停止命令を拒否

(The Enterprise | August 21, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
zoning-board-denies-cease-and-desist-order-for-turbines/
article_14cd6288-47be-11e5-a968-afa2c7fe3a40.html

■おとしん機械翻訳


------------------

<37-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月17日

ぜひ!⇒
37-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth zoning board orders turbine shutdown
ファルマスゾーニング委員会は、タービン停止を命じます

(Cape Cod Times | Sep. 17, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150917/NEWS/150919396/

■おとしん機械翻訳


-------------------------

<39-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月23日

ぜひ!⇒
39-マサチューセッツ州
◇Cease-and-desist order issued against Falmouth turbine
ファルマス・タービンに対する停止命令

(Cape Cod Times | Sep. 23, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150923/NEWS/150929774

■おとしん機械翻訳


控訴ファルマスゾーニング委員会は、
町に対して停止命令を提出し、
ただちにシャットダウンするよう
『ウィンド1』に命じました、
しかし、
タービンは、少なくとも
中旬10月まで回転し続けることができます。


-----------------------
<42-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月26日

42-マサチューセッツ州
◇Neighbors ask judge to shut down turbine
隣人は、裁判官にタービンを止めるよう頼みます
(Cape Cod Times | Sep. 26, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150926/NEWS/150929584/

■おとしん機械翻訳


控訴ファルマスゾーニング委員会が
一時的に町のツインの風力タービンの1台を
シャットダウンするように投票した一週間後、
構造物の隣人は金曜日に
バーンステーブル高等裁判所に
停止命令の緊急要求を提出しました。


------------------------

<46-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月1日

46-マサチューセッツ州
◇Falmouth turbine issue to go before Town Meeting again
ファルマス・タービン問題は、再びタウンミーティングに先立つことになっています

(CapeCod.com | October 1, 2015 )
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-turbine-issue-to-go-before-town-meeting-again/

■おとしん機械翻訳


町が、タービンが
適切なゾーニングの承認なしで
築かれたとしている裁判所判決のため、
タービンを動かすのを止める必要があると、
この週、
控訴のファルマスゾーニング委員会は
投票しました。



都市行政委員は、
控訴ゾーニング委員会によって
その決定を上訴することに月曜日に決めました。



------------------

<48-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月9日

48-マサチューセッツ州
◇Selectmen will recommend turbine petition article
都市行政委員は、タービン嘆願の条項を推薦します

(The Enterprise | October 9, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
selectmen-will-recommend-turbine-petition-article/article_40e99dfc-770e-5648-9825-73e4571b1d56.html

■おとしん機械翻訳




==================


[タービン訴訟事件のタイムライン]




2009年:

ファルマスの2台の町が所有する
風力タービンで最初のもの
「ウィンド1」の設置が、
廃水処置設備で始まります。





2010年3月:

「ウィンド1」は、稼働になります。




2010年8月:

ニールとエリザベス・アンデルセンは、
町が特別な許可なしで
「ウィンド1」を実行させることによって
条例に違反したという根拠に関して、
町の建築委員のEladioゴアに対して、
行動を求めます。




2010年9月:

建築委員は、アンデルセンの要請を拒みます。




2011年3月:

控訴ファルマスゾーニング委員会は、
ゴアの判決を支持します。




2013年1月と2月:

他の、類似した事件と
アンデルセンの事件を統合した後、
非陪審審理は、
バーンステーブル高等裁判所の判事
ロバートルフォの前に保持されています。





2013年6月:

Rufoは、町の支持を裁定します。





2013年9月:

居住者は、
マサチューセッツ控訴裁判所に
訴えを提出します。






2014年9月: 口頭弁論が持たれます。




2月: 控訴裁判所は、
居住者の支持でRufoと規則を覆します。





3月:

町は、支配している控訴裁判所を
ひっくり返すために、
最高裁判の法廷に
さらに上告事件を審理するチェックを請願します。







※ 以下の記事より引用しました。

26-マサチューセッツ州
◇Falmouth selectmen to meet Monday on turbine future
ファルマス都市行政委員は、タービンのことでこの後の月曜日に会うことになっています

(Cape Cod Times | Jun. 7, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150607/NEWS/150609522/





==================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht





















2015-11-07 : ☆マサチューセッツ州ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<50-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>ぜひ⇒50-マサチューセッツ州:タービン条例改正についての聴問会は、群衆を集めます | 関連記事リスト |これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 









<50-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>




2015年10月22日




ぜひ!⇒
50-マサチューセッツ州
◇Hearing on turbine bylaw amendment draws crowd
タービン条例改正についての聴問会は、群衆を集めます

(The Enterprise | October 22, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
hearing-on-turbine-bylaw-amendment-draws-crowd/
article_da75904a-dda9-54ea-b264-e630f9ecf2a4.html





By LANNAN M. O’BRIEN







ブラックスミス・ショップロードの
『ウィンド1』、『ウィンド2』の
町が所有する2台の風力タービンに関する
特別タウンミーティングの条項の反対派は、
プランニング委員会の前に
自分の位置を守るために
火曜日に公聴会に詰めました。






ファルマス都市行政委員会によって
要請され、
条項は、公的な使用地区で
既存の地方の風力エネルギー・システムの
継続的な活動を許すために、
ゾーニング条例を改正します。






パブリックコメントの前に、
町の弁護士フランクK.ダフィー・ジュニアは、
条例の変更と
タービンに関連する他の最近の決定と
上訴の説明を提供します。



『ウィンド1』は、
ファルマス控訴ゾーニング委員会によって
発行された施行令の結果、
現在は動作不能です。



命令は、タービンに起因する
健康問題について苦情を言っていた
隣接地所有者による要請に応じて出されました。







10月29日木曜日に、ゾーニング委員会は、
隣接地所有者の要請による
『ウィンド2』をシャットダウンし、
『ウィンド1』のための特別許可申請の
町の要求の両方の要求に対処します。

後のタービンは、
特別な許可なしで2010年に築かれました。







「許可の観点からすると、
ファルマスの町は、一種の苦境です。」と、
ダフィー氏(町の弁護士)は語りました。







彼が提案したゾーニング改正は、
2台の風力タービンのような、
自治体のインフラが、
公共の用途地域に存在することが
できるようになると説明しました。



すべてのインフラが
「隣人にとって
最も良いものになるというわけではない」、

一方で、ダフィーさんは
それが存在する場所がなければならないと
言いました。







条項が承認されるかどうかは、
彼によると、
タービンが隣地所有者に
迷惑であるかどうかの問題を
解決することはできません。



隣人が関与する訴訟は継続し、
ゾーニング改正によって
解決されることはありません。








タウンマネージャの
ジュリアンM.ズーゾーは、
タービンの資金調達の詳細を発表しました。



『ウィンド1』は、
町は、20年間にわたり支払われる地方債で
490万ドルを借りて、
520万ドルの費用で設置されました。


町は、再生可能エネルギー証明書
(REC)のために、
マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・
センターとともに
タービンに関連した協定を結んだと、
彼は言いました。








『ウィンド1』のために借りた資金の
合計の支払いは、ほぼ700万ドルに達します。


タービンがシャットダウンされるか、
十分な時間数を稼働させることができないならば、
電力販売収入と
再生可能エネルギークレジットの欠如で、
ズーゾー氏は、町が支払いのために
一般的な税収を使うことを要求されると言いました。



完全かつ恒久的なシャットダウンのコストは
250万ドルを超えるでしょう。







『ウィンド2』の
0パーセントの金利ローンの条件については、
タービンは
「エネルギー効率プロジェクト」として
動き続けなければならないと、
ズーゾー氏は言いました。



それがシャットダウンされた場合、
ローンは消え、
町は2%の金利で、
ほぼ500万ドルを借りることになるでしょう。







約30分のプレゼンテーションで、
アシスタント・タウンマネージャの
ヘザーB.ハーパーは
タービンの歴史と
町と隣地所有者の間の
失敗した調停の詳細を説明しました。



タービンの稼働時間は、
月曜日から土曜日までの
午前7時から午後7時までの時間に、
最終的に3回変更されています。







『ウィンド2』を設置するプロジェクトを
継続することは、ハーパー氏は、
町が、「隣人と町を継続的に関与するために
本物の努力によって妥協する意思を明らかにした。」と
述べました。







8ヵ月の調停プロセスの終わりで、
彼女は、実質的な決議がないと言いました


— しかし、都市行政委員会は、
「愛情深くて思慮深い」反応を続けて、
まだ必要あらば妥協する用意があったと、
ハーパー氏は言いました。







彼女は、タービンを
価値あるコミュニティ資産と言いました。



時間の経過とともに、
彼女は、「コミュニティは
寛容するようになるでしょう。」







聴衆の数人のメンバーは、
提案された条例改正への強い反対を
声に出しました。






ウエストファルマス・ハイウェイの
リンダH. オカガワは、
町が、サイト計画の公的な提供か
プレゼンテーションなしで、
「産業サイズの風力タービンを設置しようと、
情報不足で急ぐこと」を繰り返すことが
許されるかどうかを尋ねました。






彼女は、特別許可プロセスは
『公共の事実調査決定プロセス』であると
主張しました。
町は、それに従うことができませんでした。







「この条項をサポートするなら、
あなたはプロセスを故意に省略させます」と、
彼女は言いました。






フレンズウェイのデボラ・シーガルは
条例を改正しようとする
都市行政委員による努力は、
劣った政府と民主主義を意味すると
言いました。



その夜に聞いたプレゼンテーションは、
タービンについて、うそを含んでいたと、
彼女は言いました。







「うそは積み重なります、
そして、私は、長い間持っているよりも
多くのものを今夜聞きました。」と、
シーガルさんは言いました。






ウェストファルマス、
アンブルサイドドライバの
マルコム・ドナルドは、
条例の変更は『スポットゾーニング』であり、
違法であることを示唆しました。



プランニング委員会の議長
ジェームズ・E・フォックスは、
それはそうでなかったこと、
そして、彼が
異なるワラントの条項を参照していたことを
彼に知らせました。







「我々は、ゾーニングのクラスを
作成していない、そして、
我々は所有地を再ゾーニングしていません。」と、
フォックス氏は言いました。






数人の居住者は、タービンの悪影響
またはゾーニング改正とは無関係な
他の話題についてコメントし始めて、
審理の目的を
思い出さなければなりませんでした。


特別なタウンミーティングの条項に関して、
委員会が新情報を捜していると
フォックス氏は、観衆に繰り返し話しました。





「それは時を改めて別の審理です。」と、
フォックス氏は言いました。





話すことを許可されると、
都市行政委員のサミュエル・H・パターソンは
都市行政委員会がうそをついていたという主張に
反論しました。



彼は、タービンの隣人との相互作用に
自分の回答を守るために始めたことを、
フォックス氏によって思い出しました、
審理は条例の改正についてであることに
なっていました。






審理は閉じられました、
そして、問題は協議の下で引き受けられました。


聴衆の3人のメンバー以外が
去るために立ち上がったので、
大きい作動音のために、
委員会がその残りの課題アイテムを
続けることができるまで、
フォックス氏は休憩を命じました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=======================

これまでの経緯:


町の廃水処理施設にあるタービンは、
設置以来、論争に悩まされました。

隣人は、騒音とその操作による悪影響について
苦情があり、
町はいくつかの面に関連した訴訟で
ロックされ続けます。



※ Cape Cod Times ( Apr. 1, 2015)より
引用しました。
http://www.capecodtimes.com/article/20150401/NEWS/150409946/


==================



■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2263.html



ぜひ!→   
マサチューセッツ州   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319




マサチューセッツ州
◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353



======================



▼ 2015年2月26日、裁判所は、
町の排水処理施設に建立された
ツインの風力タービンの一つである
『ウィンド1』の2009年の設置について
まちづくり委員と控訴ゾーニング委員会を提訴した
近隣住人の集団に有利な※判決を下しました。


■裁判所の判決(2015年2月26日)
Drummey et al. vs. Falmouth et al. – appeals court order
ドラミー ほか 対 ファルマス ほか、 – 上訴裁判所命令

https://www.wind-watch.org/documents/drummey-et-al-vs-falmouth-et-al-appeals-court-order/




■ダウンロード、オリジナルドキュメント(2015年2月26日)
“TODD DRUMMEY & others vs. TOWN OF FALMOUTH & others”
『トッド・ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか』

http://docs.wind-watch.org/Drummey-v-Falmouth-Appeals-Court-decision.pdf





==========================



※ 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令

■ 裁判官クリストファーJ·ミューズの判決
■ 暫定的差止命令‐2013年11月

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2013/11/
falmouth-superior-ct-21Nov2013.pdf



=======================
■関連記事リスト
=======================


<1-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月10日付け記事

1-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth board labels turbines a ‘nuisance’
ファルマスの委員会は、タービンに『公害』とラベルをつけます

(Cape Cod Times | May 10, 2013)
http://www.capecodtimes.com/article//20130510/NEWS/305100335

■おとしん機械翻訳



------------------

<2-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月14日付け記事

2‐マサチューセッツ州
◇Zoning Board of Appeals declares Wind 1 a nuisance
控訴ゾーニング委員会はウインド1を公害と宣言します

(wickedlocal.com, May 14, 2013)
http://www.wickedlocal.com/falmouth/news/x438179907/
Zoning-Board-of-Appeals-declares-Wind-1-a-nuisance#axzz2TvgdXfkU

■おとしん機械翻訳



---------------------

<3-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年10月21日

ぜひ!→  動画
3-マサチューセッツ州

◇‘Wind turbine syndrome’ blamed for mysterious symptoms in Cape Cod town
「風力タービン症候群」はケープコッドの町の不可解な症状のために非難されました

(abc news | October 21, 2013)
http://abcnews.go.com/Health/
wind-turbine-syndrome-blamed-mysterious-symptoms-cape-cod/story?id=20591168

■おとしん機械翻訳



---------------------

<4-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

このスピーチの編集されたバージョンは、私に代わって、
カート・デブリンによって2013年10月19日、ファルマス会議に提出されました。



サラ・ローリー、Waubra財団 現在CEO、
www.waubrafoundation.org.au
サウスオーストラリアの元地方の一般開業医(主治医)


=========================

2013年10月19日に提出された

ぜひ!→
◇4-Wind turbine noise, adverse health effects, and professional ethics
風力タービン騒音、健康への悪影響、および職業倫理

https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-adverse-health-effects-and-professional-ethics/

Author: Laurie, Sarah
著者:  サラ, ローリー


■おとしん機械翻訳



---------------------

<5-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月23日

ぜひ!→   
5-マサチューセッツ州
   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319

■おとしん機械翻訳



---------------------

<6-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月22日

6-マサチューセッツ州

◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353

■おとしん機械翻訳



---------------------

<7-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月9日

ぜひ!→
7-マサチューセッツ州

◇Turbine ruling prompts new Falmouth lawsuit
タービン判決は、新しいファルマス訴訟を促します

(Cape Cod Times | January 09, 2014)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20140109/NEWS/401090328

■おとしん機械翻訳



---------------------

<8-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月24日付け記事

ぜひ!→
8-マサチューセッツ州 ファルマス   写真

◇A Falmouth veteran battles wind turbines — and health woes
一人の退役軍人がウィンドタービンと戦う-そして健康苦難 

(Boston.com | January 24, 2014)
http://www.bostonglobe.com/lifestyle/2014/01/24/
falmouth-veteran-battles-wind-turbines-and-health-woes/dVF6q3ur3oO4706FRpKPLJ/story.html

■おとしん機械翻訳


---------------------
<15-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

15-マサチューセッツ州/画像
◇Appeals court strikes down Falmouth’s permitting of wind turbine
控訴裁判所は、ファルマスの風力タービンの許可を無効にしました

(The Enterprise|February 26, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
appeals-court-strikes-down-falmouth-s-permitting-of-wind-turbine/
article_4cf2ef60-bdf9-11e4-b458-fb0f80fec1dd.html

■おとしん機械翻訳



-------------------

<16-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

16-マサチューセッツ州
◇Court: Falmouth should have obtained permit before erecting turbine
法廷:ファルマスは、タービンを建てる前に、許可を得るべきでした

(Cape Cod Times | Posted Feb. 26, 2015)
http://www.southcoasttoday.com/article/20150226/NEWS/150229505/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<17-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年3月17日付け記事

17-マサチューセッツ州
◇Falmouth will appeal Wind Turbine 1 ruling
ファルマスは、『風力タービン1』の判決を上訴します

(The Enterprise | March 17, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/falmouth-will-appeal-wind-turbine-ruling/
article_eeedaec4-ccbb-11e4-9098-839c0d78ee5f.html

■おとしん機械翻訳


------------------------

<29-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月10日付け記事

29-マサチューセッツ州
◇Wind turbines still operating despite complaints
苦情にもかかわらずまだ動いている風力タービン

(Cape Cod Times | Jul. 10, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150710/NEWS/150719964/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<30-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月12日付け記事

30-マサチューセッツ州
◇Falmouth Selectmen must seek special permit for turbine
ファルマス都市行政委員は、タービンのための特別な許可を求めなければなりません

(capecod.com|June 12, 2015)
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-selectmen-must-seek-special-permit-for-turbine/

■おとしん機械翻訳


---------------------

<34-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年8月21日

34-マサチューセッツ州
◇Zoning board denies cease-and-desist order for turbines
ゾーニング委員会は、タービンの停止命令を拒否

(The Enterprise | August 21, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
zoning-board-denies-cease-and-desist-order-for-turbines/
article_14cd6288-47be-11e5-a968-afa2c7fe3a40.html

■おとしん機械翻訳


------------------

<37-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月17日

ぜひ!⇒
37-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth zoning board orders turbine shutdown
ファルマスゾーニング委員会は、タービン停止を命じます

(Cape Cod Times | Sep. 17, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150917/NEWS/150919396/

■おとしん機械翻訳


-------------------------

<39-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月23日

ぜひ!⇒
39-マサチューセッツ州
◇Cease-and-desist order issued against Falmouth turbine
ファルマス・タービンに対する停止命令

(Cape Cod Times | Sep. 23, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150923/NEWS/150929774

■おとしん機械翻訳


控訴ファルマスゾーニング委員会は、
町に対して停止命令を提出し、
ただちにシャットダウンするよう
『ウィンド1』に命じました、
しかし、
タービンは、少なくとも
中旬10月まで回転し続けることができます。


-----------------------
<42-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月26日

42-マサチューセッツ州
◇Neighbors ask judge to shut down turbine
隣人は、裁判官にタービンを止めるよう頼みます
(Cape Cod Times | Sep. 26, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150926/NEWS/150929584/

■おとしん機械翻訳


控訴ファルマスゾーニング委員会が
一時的に町のツインの風力タービンの1台を
シャットダウンするように投票した一週間後、
構造物の隣人は金曜日に
バーンステーブル高等裁判所に
停止命令の緊急要求を提出しました。


------------------------

<46-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月1日

46-マサチューセッツ州
◇Falmouth turbine issue to go before Town Meeting again
ファルマス・タービン問題は、再びタウンミーティングに先立つことになっています

(CapeCod.com | October 1, 2015 )
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-turbine-issue-to-go-before-town-meeting-again/

■おとしん機械翻訳


町が、タービンが
適切なゾーニングの承認なしで
築かれたとしている裁判所判決のため、
タービンを動かすのを止める必要があると、
この週、
控訴のファルマスゾーニング委員会は
投票しました。



都市行政委員は、
控訴ゾーニング委員会によって
その決定を上訴することに月曜日に決めました。



------------------

<48-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月9日

48-マサチューセッツ州
◇Selectmen will recommend turbine petition article
都市行政委員は、タービン嘆願の条項を推薦します

(The Enterprise | October 9, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
selectmen-will-recommend-turbine-petition-article/article_40e99dfc-770e-5648-9825-73e4571b1d56.html

■おとしん機械翻訳


------------------

<49-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月21日

ぜひ!⇒
49-マサチューセッツ州
◇Filing flub kills town’s turbine appeal
提出の大失敗は、町のタービンの訴えを殺します
(Cape Cod Times | Oct. 21, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20151021/NEWS/151029824/


■おとしん機械翻訳



町役場の書記のオフィスで
訴訟を起こすために鍵となる最終期限を
弁護士が逃したあと、
その風力タービンの1台を
シャットダウンするという停止命令についての
町の訴えは進みません。




==================


[タービン訴訟事件のタイムライン]




2009年:

ファルマスの2台の町が所有する
風力タービンで最初のもの
「ウィンド1」の設置が、
廃水処置設備で始まります。





2010年3月:

「ウィンド1」は、稼働になります。




2010年8月:

ニールとエリザベス・アンデルセンは、
町が特別な許可なしで
「ウィンド1」を実行させることによって
条例に違反したという根拠に関して、
町の建築委員のEladioゴアに対して、
行動を求めます。




2010年9月:

建築委員は、アンデルセンの要請を拒みます。




2011年3月:

控訴ファルマスゾーニング委員会は、
ゴアの判決を支持します。




2013年1月と2月:

他の、類似した事件と
アンデルセンの事件を統合した後、
非陪審審理は、
バーンステーブル高等裁判所の判事
ロバートルフォの前に保持されています。





2013年6月:

Rufoは、町の支持を裁定します。





2013年9月:

居住者は、
マサチューセッツ控訴裁判所に
訴えを提出します。






2014年9月: 口頭弁論が持たれます。




2月: 控訴裁判所は、
居住者の支持でRufoと規則を覆します。





3月:

町は、支配している控訴裁判所を
ひっくり返すために、
最高裁判の法廷に
さらに上告事件を審理するチェックを請願します。







※ 以下の記事より引用しました。

26-マサチューセッツ州
◇Falmouth selectmen to meet Monday on turbine future
ファルマス都市行政委員は、タービンのことでこの後の月曜日に会うことになっています

(Cape Cod Times | Jun. 7, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150607/NEWS/150609522/





==================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht




















2015-11-06 : ☆マサチューセッツ州ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<49-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>まさかの展開です→ぜひ⇒49-マサチューセッツ州:提出の大失敗は、町のタービンの訴えを殺します…私は、もう一つの訴訟がなくなって本当にうれしいです…長年にわたりタービンの訴訟に巻き込まれている隣人の一人、トッド・ドラミー | 関連記事リスト |これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です  










※ まさか!の展開です。
  
  町に特別顧問として雇われたボストンの弁護士が

  訴訟を起こすために鍵となる最終期限を逃したので

  町や行政委員会は、前に進めません。

  被害を訴える住民は、

  すでに 町や委員会と9つの裁判に巻き込まれています。

  今回のことで、少なくとも1つの

  可能性があった訴訟が消えました。

  また、この後の流れも少し変わったように思われます。 
  


  (おとしん)



=======================







<49-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>




2015年10月21日




ぜひ!⇒
49-マサチューセッツ州
◇Filing flub kills town’s turbine appeal
提出の大失敗は、町のタービンの訴えを殺します
(Cape Cod Times | Oct. 21, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20151021/NEWS/151029824/





By Sean F. Driscoll





ファルマス —




町役場の書記のオフィスで
訴訟を起こすために鍵となる最終期限を
弁護士が逃したあと、
その風力タービンの1台を
シャットダウンするという停止命令についての
町の訴えは進みません。







町のための風力タービンの事項に
特別顧問として雇われたボストンの弁護士
ダイアン・ティロットソンは、
特別許可申請が保留されている間、
『ウィンド1』は
稼働を中止しなければならないという
委員会の9月17日裁決に挑戦するため、
最終期限に1週以上先行して、
控訴ゾーニング委員会決定の訴えを
10月2日に州の土地裁判所に提出しました。



しかし、それは同様に
町の書記官マイケル・パーマーの事務所に
提出されていませんでした、

彼は、それを法律もまた要求することを
水曜日に、確認しました。








そのアクションがないと、
その進行は止められましたと、
弁護士は述べました。







「我々は前進することができません」と、
都市行政委員会の議長
ダグ・ジョーンズは言いました。



「我々は、弁護士にその方向を与えたと
確かに思いました。

それは期待外れです。」







タウンマネージャーの
ジュリアン・ズーゾーによって
水曜日の午後送られたニュースリリースは、
別の観点から事態の変化を表しました、
そして、その決定が
彼ら自身のイニシアティブが
都市行政委員によってなされたことを示唆しました。



委員会は、月曜日の夜の
幹部セッションで問題を知らされました。






「『ウィンド1』に関して
停止命令の訴えを提出するという
その決定の更なる考慮と同時に

...町は、
訴えを追求しないことを決定しました、
そして、土地裁判所で
同じことを却下するよう
特別弁護人に指示しました。」と、
ズーゾーは声明で述べています。





委員会は、その決定を支持して
その決定の理論的根拠を含むことなく、
声明を承認したと、
ズーゾーは水曜日に言いました。



・・・・・・


町の弁護士フランク・ダフィーは、
提出の失敗のための説明を提供できませんでした:


「起きてほしくなかった。」




ティロットソン(特別顧問弁護士)は
すぐにコメントを得ることはできませんでした。





町のタービンに関する議論は、
決して解決されません。



控訴ゾーニング委員会は、
認められれば、
タービンの稼働を再開させるであろう
『ウィンド1』の特別許可のために
町の申請で
10月29日に審理を開始する予定です。


マサチューセッツ州控訴裁判所が
タービンが
適切なゾーニングの承認なしで造られたと
2月に決定したあと
タービンがオンにされた5年後に、
町は許可を求めることを余儀なくされました。



州の最高裁判所は、
このケースを見直すのを後で辞退しました。






同じ夜の審理で、委員会は、
『ウィンド2』(2台目のタービン)を
シャットダウンしないという
ゾーニング施行役員の
エラディオー・ゴアの決定の訴えに
耳を傾ける予定です。






町の2台の高さ397フィートのタービンは、
2009年に
ブラックスミス・ショップロードに面した
廃水処置設備で築かれて、
それ以来ずっと論争のもとでした。



隣人は、それらの活動からの健康影響について
苦情を言って、
それらをシャットダウンしようとするために、
いくつかの方法を使いました。






ゾーニングプロセスが終了するまで、
数ヶ月かかることがあります、
町は、『ウィンド1』をシャットダウンしましたが、
残りの1台は稼働し続けます。



町はまた、11月10日の
特別タウンミーティングで
条項を通じて、さかのぼって
ゾーニングプロセスから
タービンを除外しようとしています。







長年にわたり
タービンの訴訟に巻き込まれている
隣人の一人、トッド・ドラミーは、
水曜日のニュースは
自治体や法的ドラマの成長する茂みに、
小さなものではあるが、安堵しましたと、
言いました。





私は、もう一つの訴訟がなくなって
本当にうれしいです。






クリストファー・セニエ、
タービンに関連する9件の進行中の訴訟で
隣人を代理する2人の弁護士の一人は、
判例法が、
控訴ゾーニング委員会を
訴えることに
町役場の書記と法廷の両方に
提出することが必要であることを
はっきりさせたと言いました。






私は上訴裁判所への完璧な失敗が
町をより悪い位置に置くかどうかは
たしかではありませんと、彼は言いました。

私は町のために
恐ろしい問題だったとは思いません。

問題は、フロントとセンターであり、
私は町がそうすることができる最善を
尽くしていると思います。


わたしは、このことを通じて、
すべての裁判を止めて、
終わりにさせる方法を見つけることを
願っています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=======================

これまでの経緯:


町の廃水処理施設にあるタービンは、
設置以来、論争に悩まされました。

隣人は、騒音とその操作による悪影響について
苦情があり、
町はいくつかの面に関連した訴訟で
ロックされ続けます。



※ Cape Cod Times ( Apr. 1, 2015)より
引用しました。
http://www.capecodtimes.com/article/20150401/NEWS/150409946/


==================



■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2263.html



ぜひ!→   
マサチューセッツ州   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319




マサチューセッツ州
◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353



======================



▼ 2015年2月26日、裁判所は、
町の排水処理施設に建立された
ツインの風力タービンの一つである
『ウィンド1』の2009年の設置について
まちづくり委員と控訴ゾーニング委員会を提訴した
近隣住人の集団に有利な※判決を下しました。


■裁判所の判決(2015年2月26日)
Drummey et al. vs. Falmouth et al. – appeals court order
ドラミー ほか 対 ファルマス ほか、 – 上訴裁判所命令

https://www.wind-watch.org/documents/drummey-et-al-vs-falmouth-et-al-appeals-court-order/




■ダウンロード、オリジナルドキュメント(2015年2月26日)
“TODD DRUMMEY & others vs. TOWN OF FALMOUTH & others”
『トッド・ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか』

http://docs.wind-watch.org/Drummey-v-Falmouth-Appeals-Court-decision.pdf





==========================



※ 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令

■ 裁判官クリストファーJ·ミューズの判決
■ 暫定的差止命令‐2013年11月

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2013/11/
falmouth-superior-ct-21Nov2013.pdf



=======================
■関連記事リスト
=======================


<1-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月10日付け記事

1-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth board labels turbines a ‘nuisance’
ファルマスの委員会は、タービンに『公害』とラベルをつけます

(Cape Cod Times | May 10, 2013)
http://www.capecodtimes.com/article//20130510/NEWS/305100335

■おとしん機械翻訳



------------------

<2-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月14日付け記事

2‐マサチューセッツ州
◇Zoning Board of Appeals declares Wind 1 a nuisance
控訴ゾーニング委員会はウインド1を公害と宣言します

(wickedlocal.com, May 14, 2013)
http://www.wickedlocal.com/falmouth/news/x438179907/
Zoning-Board-of-Appeals-declares-Wind-1-a-nuisance#axzz2TvgdXfkU

■おとしん機械翻訳



---------------------

<3-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年10月21日

ぜひ!→  動画
3-マサチューセッツ州

◇‘Wind turbine syndrome’ blamed for mysterious symptoms in Cape Cod town
「風力タービン症候群」はケープコッドの町の不可解な症状のために非難されました

(abc news | October 21, 2013)
http://abcnews.go.com/Health/
wind-turbine-syndrome-blamed-mysterious-symptoms-cape-cod/story?id=20591168

■おとしん機械翻訳



---------------------

<4-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

このスピーチの編集されたバージョンは、私に代わって、
カート・デブリンによって2013年10月19日、ファルマス会議に提出されました。



サラ・ローリー、Waubra財団 現在CEO、
www.waubrafoundation.org.au
サウスオーストラリアの元地方の一般開業医(主治医)


=========================

2013年10月19日に提出された

ぜひ!→
◇4-Wind turbine noise, adverse health effects, and professional ethics
風力タービン騒音、健康への悪影響、および職業倫理

https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-adverse-health-effects-and-professional-ethics/

Author: Laurie, Sarah
著者:  サラ, ローリー


■おとしん機械翻訳



---------------------

<5-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月23日

ぜひ!→   
5-マサチューセッツ州
   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319

■おとしん機械翻訳



---------------------

<6-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月22日

6-マサチューセッツ州

◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353

■おとしん機械翻訳



---------------------

<7-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月9日

ぜひ!→
7-マサチューセッツ州

◇Turbine ruling prompts new Falmouth lawsuit
タービン判決は、新しいファルマス訴訟を促します

(Cape Cod Times | January 09, 2014)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20140109/NEWS/401090328

■おとしん機械翻訳



---------------------

<8-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月24日付け記事

ぜひ!→
8-マサチューセッツ州 ファルマス   写真

◇A Falmouth veteran battles wind turbines — and health woes
一人の退役軍人がウィンドタービンと戦う-そして健康苦難 

(Boston.com | January 24, 2014)
http://www.bostonglobe.com/lifestyle/2014/01/24/
falmouth-veteran-battles-wind-turbines-and-health-woes/dVF6q3ur3oO4706FRpKPLJ/story.html

■おとしん機械翻訳


---------------------
<15-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

15-マサチューセッツ州/画像
◇Appeals court strikes down Falmouth’s permitting of wind turbine
控訴裁判所は、ファルマスの風力タービンの許可を無効にしました

(The Enterprise|February 26, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
appeals-court-strikes-down-falmouth-s-permitting-of-wind-turbine/
article_4cf2ef60-bdf9-11e4-b458-fb0f80fec1dd.html

■おとしん機械翻訳



-------------------

<16-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

16-マサチューセッツ州
◇Court: Falmouth should have obtained permit before erecting turbine
法廷:ファルマスは、タービンを建てる前に、許可を得るべきでした

(Cape Cod Times | Posted Feb. 26, 2015)
http://www.southcoasttoday.com/article/20150226/NEWS/150229505/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<17-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年3月17日付け記事

17-マサチューセッツ州
◇Falmouth will appeal Wind Turbine 1 ruling
ファルマスは、『風力タービン1』の判決を上訴します

(The Enterprise | March 17, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/falmouth-will-appeal-wind-turbine-ruling/
article_eeedaec4-ccbb-11e4-9098-839c0d78ee5f.html

■おとしん機械翻訳


------------------------

28-マサチューセッツ州/画像
◇Court rules turbines can remain operational
法廷は、タービンが運転を継続できると決定します
(The Enterprise | July 9, 2015)
http://www.capenews.net/
falmouth/news/court-rules-turbines-can-remain-operational/
article_07994fc8-268a-11e5-8749-736bb0991e3b.html

■おとしん機械翻訳




------------------------

<29-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月10日付け記事

29-マサチューセッツ州
◇Wind turbines still operating despite complaints
苦情にもかかわらずまだ動いている風力タービン

(Cape Cod Times | Jul. 10, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150710/NEWS/150719964/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<30-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月12日付け記事

30-マサチューセッツ州
◇Falmouth Selectmen must seek special permit for turbine
ファルマス都市行政委員は、タービンのための特別な許可を求めなければなりません

(capecod.com|June 12, 2015)
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-selectmen-must-seek-special-permit-for-turbine/

■おとしん機械翻訳


---------------------

<34-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年8月21日

34-マサチューセッツ州
◇Zoning board denies cease-and-desist order for turbines
ゾーニング委員会は、タービンの停止命令を拒否

(The Enterprise | August 21, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
zoning-board-denies-cease-and-desist-order-for-turbines/
article_14cd6288-47be-11e5-a968-afa2c7fe3a40.html

■おとしん機械翻訳


------------------

<37-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月17日

ぜひ!⇒
37-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth zoning board orders turbine shutdown
ファルマスゾーニング委員会は、タービン停止を命じます

(Cape Cod Times | Sep. 17, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150917/NEWS/150919396/

■おとしん機械翻訳


-------------------------

<39-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月23日

ぜひ!⇒
39-マサチューセッツ州
◇Cease-and-desist order issued against Falmouth turbine
ファルマス・タービンに対する停止命令

(Cape Cod Times | Sep. 23, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150923/NEWS/150929774

■おとしん機械翻訳


控訴ファルマスゾーニング委員会は、
町に対して停止命令を提出し、
ただちにシャットダウンするよう
『ウィンド1』に命じました、
しかし、
タービンは、少なくとも
中旬10月まで回転し続けることができます。


-----------------------
<42-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月26日

42-マサチューセッツ州
◇Neighbors ask judge to shut down turbine
隣人は、裁判官にタービンを止めるよう頼みます
(Cape Cod Times | Sep. 26, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150926/NEWS/150929584/

■おとしん機械翻訳


控訴ファルマスゾーニング委員会が
一時的に町のツインの風力タービンの1台を
シャットダウンするように投票した一週間後、
構造物の隣人は金曜日に
バーンステーブル高等裁判所に
停止命令の緊急要求を提出しました。


------------------------

<46-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月1日

46-マサチューセッツ州
◇Falmouth turbine issue to go before Town Meeting again
ファルマス・タービン問題は、再びタウンミーティングに先立つことになっています

(CapeCod.com | October 1, 2015 )
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-turbine-issue-to-go-before-town-meeting-again/

■おとしん機械翻訳


町が、タービンが
適切なゾーニングの承認なしで
築かれたとしている裁判所判決のため、
タービンを動かすのを止める必要があると、
この週、
控訴のファルマスゾーニング委員会は
投票しました。



都市行政委員は、
控訴ゾーニング委員会によって
その決定を上訴することに月曜日に決めました。



------------------

<48-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月9日

48-マサチューセッツ州
◇Selectmen will recommend turbine petition article
都市行政委員は、タービン嘆願の条項を推薦します

(The Enterprise | October 9, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
selectmen-will-recommend-turbine-petition-article/article_40e99dfc-770e-5648-9825-73e4571b1d56.html

■おとしん機械翻訳




==================


[タービン訴訟事件のタイムライン]




2009年:

ファルマスの2台の町が所有する
風力タービンで最初のもの
「ウィンド1」の設置が、
廃水処置設備で始まります。





2010年3月:

「ウィンド1」は、稼働になります。




2010年8月:

ニールとエリザベス・アンデルセンは、
町が特別な許可なしで
「ウィンド1」を実行させることによって
条例に違反したという根拠に関して、
町の建築委員のEladioゴアに対して、
行動を求めます。




2010年9月:

建築委員は、アンデルセンの要請を拒みます。




2011年3月:

控訴ファルマスゾーニング委員会は、
ゴアの判決を支持します。




2013年1月と2月:

他の、類似した事件と
アンデルセンの事件を統合した後、
非陪審審理は、
バーンステーブル高等裁判所の判事
ロバートルフォの前に保持されています。





2013年6月:

Rufoは、町の支持を裁定します。





2013年9月:

居住者は、
マサチューセッツ控訴裁判所に
訴えを提出します。






2014年9月: 口頭弁論が持たれます。




2月: 控訴裁判所は、
居住者の支持でRufoと規則を覆します。





3月:

町は、支配している控訴裁判所を
ひっくり返すために、
最高裁判の法廷に
さらに上告事件を審理するチェックを請願します。







※ 以下の記事より引用しました。

26-マサチューセッツ州
◇Falmouth selectmen to meet Monday on turbine future
ファルマス都市行政委員は、タービンのことでこの後の月曜日に会うことになっています

(Cape Cod Times | Jun. 7, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150607/NEWS/150609522/





==================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht




















2015-11-06 : ☆マサチューセッツ州ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<48-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>№49で、まさかの展開になります→48-マサチューセッツ州:都市行政委員は、タービン嘆願の条項を推薦します | 関連記事リスト |これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 









※ №49で、まさか!の展開になります。
  
  もう少し、
  
  都市行政委員の動きに関する報道にお付き合いください。



  (おとしん)



=======================



<48-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>




2015年10月9日





48-マサチューセッツ州
◇Selectmen will recommend turbine petition article
都市行政委員は、タービン嘆願の条項を推薦します

(The Enterprise | October 9, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
selectmen-will-recommend-turbine-petition-article/article_40e99dfc-770e-5648-9825-73e4571b1d56.html




By RYAN BRAY





ファルマス都市行政委員会は
特別なタウンミーティングのワラントに関して、
項目2を推薦するために月曜日の夜投票しました。
そして、それは
町の2台の風力タービンの継続的な活動を支持します。



『ファルマス気候アクション・チーム』
のメンバーは、
11月10日の特別なタウン・ミーティングのために、
嘆願の条項を提出しました。







『気候アクション・チーム』のメンバーは、
都市行政委員が9月29日火曜日に
ワラントを確定させたわずか数時間前に、
ワラントに関する条項を得るために、
139名の署名を素早く集めました。






ファルマス都市行政委員会は、
町の風力タービンの
継続的な稼働をサポートしている
特別なタウンミーティングの
ワラントの条項2を推奨することを
月曜日の夜に投票しました。



前の晩、9月28日に、控訴委員会は、
稼働のための特別許可を確保しながら、
都市行政委員会は、
一時的に、
最初のタービン『ウィンド1』の稼働を
止めるという控訴ゾーニング委員会の
命令に従うこと投票しました。



マサチューセッツ控訴裁判所は、
『ウィンド1』が動くためには
特別許可が必要であると2月に決定しました。



2013年5月、町の選挙で投票し、
住民の3分の2が、
タービンを停止することに反対票を投じました
気候アクションチームのメンバーが
町が遵守することを望むという決定。



項目の共同スポンサー
ロナルド・D・ツヴァイクは、
月曜日の夜に、都市行政委員に語りました、
タービンを停止するには、
町は、$ 10M(1000万ドル)の費用であろうと、
と同時に、
それらの稼働によって生成された
電気の損失がさらに1500万ドル。



彼はまた、タービンの近くで暮らす
16人の住民だけが、
これまで、その稼働に関する苦情を
発っしたことを指摘しました。



ツヴァイク氏は、
ブラックスミス・ショップロードで、
タービンに隣接した何軒かの家は
その評価額を超えて販売していると
付け加えました。






「その地域の不動産価値は、強いです」と、
彼は都市行政委員に話しました。






都市行政委員は、
来月の特別タウンミーティングに進む条項を、
推薦することを票決しました。



都市行政委員の
メアリー(パット)フリンは、
条項をサポートすることは、
町の風力エネルギーの委員会の
継続的なサポートと一致しています。






「我々は、再生可能エネルギーへの
長期的なコミットメントを作りました。」と
彼女は言いました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=======================

これまでの経緯:


町の廃水処理施設にあるタービンは、
設置以来、論争に悩まされました。

隣人は、騒音とその操作による悪影響について
苦情があり、
町はいくつかの面に関連した訴訟で
ロックされ続けます。



※ Cape Cod Times ( Apr. 1, 2015)より
引用しました。
http://www.capecodtimes.com/article/20150401/NEWS/150409946/


==================



■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2263.html



ぜひ!→   
マサチューセッツ州   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319




マサチューセッツ州
◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353



======================



▼ 2015年2月26日、裁判所は、
町の排水処理施設に建立された
ツインの風力タービンの一つである
『ウィンド1』の2009年の設置について
まちづくり委員と控訴ゾーニング委員会を提訴した
近隣住人の集団に有利な※判決を下しました。


■裁判所の判決(2015年2月26日)
Drummey et al. vs. Falmouth et al. – appeals court order
ドラミー ほか 対 ファルマス ほか、 – 上訴裁判所命令

https://www.wind-watch.org/documents/drummey-et-al-vs-falmouth-et-al-appeals-court-order/




■ダウンロード、オリジナルドキュメント(2015年2月26日)
“TODD DRUMMEY & others vs. TOWN OF FALMOUTH & others”
『トッド・ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか』

http://docs.wind-watch.org/Drummey-v-Falmouth-Appeals-Court-decision.pdf





==========================



※ 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令

■ 裁判官クリストファーJ·ミューズの判決
■ 暫定的差止命令‐2013年11月

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2013/11/
falmouth-superior-ct-21Nov2013.pdf



=======================
■関連記事リスト
=======================


<1-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月10日付け記事

1-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth board labels turbines a ‘nuisance’
ファルマスの委員会は、タービンに『公害』とラベルをつけます

(Cape Cod Times | May 10, 2013)
http://www.capecodtimes.com/article//20130510/NEWS/305100335

■おとしん機械翻訳



------------------

<2-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月14日付け記事

2‐マサチューセッツ州
◇Zoning Board of Appeals declares Wind 1 a nuisance
控訴ゾーニング委員会はウインド1を公害と宣言します

(wickedlocal.com, May 14, 2013)
http://www.wickedlocal.com/falmouth/news/x438179907/
Zoning-Board-of-Appeals-declares-Wind-1-a-nuisance#axzz2TvgdXfkU

■おとしん機械翻訳



---------------------

<3-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年10月21日

ぜひ!→  動画
3-マサチューセッツ州

◇‘Wind turbine syndrome’ blamed for mysterious symptoms in Cape Cod town
「風力タービン症候群」はケープコッドの町の不可解な症状のために非難されました

(abc news | October 21, 2013)
http://abcnews.go.com/Health/
wind-turbine-syndrome-blamed-mysterious-symptoms-cape-cod/story?id=20591168

■おとしん機械翻訳



---------------------

<4-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

このスピーチの編集されたバージョンは、私に代わって、
カート・デブリンによって2013年10月19日、ファルマス会議に提出されました。



サラ・ローリー、Waubra財団 現在CEO、
www.waubrafoundation.org.au
サウスオーストラリアの元地方の一般開業医(主治医)


=========================

2013年10月19日に提出された

ぜひ!→
◇4-Wind turbine noise, adverse health effects, and professional ethics
風力タービン騒音、健康への悪影響、および職業倫理

https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-adverse-health-effects-and-professional-ethics/

Author: Laurie, Sarah
著者:  サラ, ローリー


■おとしん機械翻訳



---------------------

<5-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月23日

ぜひ!→   
5-マサチューセッツ州
   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319

■おとしん機械翻訳



---------------------

<6-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月22日

6-マサチューセッツ州

◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353

■おとしん機械翻訳



---------------------

<7-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月9日

ぜひ!→
7-マサチューセッツ州

◇Turbine ruling prompts new Falmouth lawsuit
タービン判決は、新しいファルマス訴訟を促します

(Cape Cod Times | January 09, 2014)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20140109/NEWS/401090328

■おとしん機械翻訳



---------------------

<8-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月24日付け記事

ぜひ!→
8-マサチューセッツ州 ファルマス   写真

◇A Falmouth veteran battles wind turbines — and health woes
一人の退役軍人がウィンドタービンと戦う-そして健康苦難 

(Boston.com | January 24, 2014)
http://www.bostonglobe.com/lifestyle/2014/01/24/
falmouth-veteran-battles-wind-turbines-and-health-woes/dVF6q3ur3oO4706FRpKPLJ/story.html

■おとしん機械翻訳


---------------------
<15-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

15-マサチューセッツ州/画像
◇Appeals court strikes down Falmouth’s permitting of wind turbine
控訴裁判所は、ファルマスの風力タービンの許可を無効にしました

(The Enterprise|February 26, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
appeals-court-strikes-down-falmouth-s-permitting-of-wind-turbine/
article_4cf2ef60-bdf9-11e4-b458-fb0f80fec1dd.html

■おとしん機械翻訳



-------------------

<16-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

16-マサチューセッツ州
◇Court: Falmouth should have obtained permit before erecting turbine
法廷:ファルマスは、タービンを建てる前に、許可を得るべきでした

(Cape Cod Times | Posted Feb. 26, 2015)
http://www.southcoasttoday.com/article/20150226/NEWS/150229505/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<17-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年3月17日付け記事

17-マサチューセッツ州
◇Falmouth will appeal Wind Turbine 1 ruling
ファルマスは、『風力タービン1』の判決を上訴します

(The Enterprise | March 17, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/falmouth-will-appeal-wind-turbine-ruling/
article_eeedaec4-ccbb-11e4-9098-839c0d78ee5f.html

■おとしん機械翻訳


------------------------

28-マサチューセッツ州/画像
◇Court rules turbines can remain operational
法廷は、タービンが運転を継続できると決定します
(The Enterprise | July 9, 2015)
http://www.capenews.net/
falmouth/news/court-rules-turbines-can-remain-operational/
article_07994fc8-268a-11e5-8749-736bb0991e3b.html

■おとしん機械翻訳




------------------------

<29-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月10日付け記事

29-マサチューセッツ州
◇Wind turbines still operating despite complaints
苦情にもかかわらずまだ動いている風力タービン

(Cape Cod Times | Jul. 10, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150710/NEWS/150719964/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<30-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月12日付け記事

30-マサチューセッツ州
◇Falmouth Selectmen must seek special permit for turbine
ファルマス都市行政委員は、タービンのための特別な許可を求めなければなりません

(capecod.com|June 12, 2015)
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-selectmen-must-seek-special-permit-for-turbine/

■おとしん機械翻訳



<34-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年8月21日

34-マサチューセッツ州
◇Zoning board denies cease-and-desist order for turbines
ゾーニング委員会は、タービンの停止命令を拒否

(The Enterprise | August 21, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
zoning-board-denies-cease-and-desist-order-for-turbines/
article_14cd6288-47be-11e5-a968-afa2c7fe3a40.html

■おとしん機械翻訳


------------------

<37-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月17日

ぜひ!⇒
37-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth zoning board orders turbine shutdown
ファルマスゾーニング委員会は、タービン停止を命じます

(Cape Cod Times | Sep. 17, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150917/NEWS/150919396/

■おとしん機械翻訳


-------------------------

<39-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月23日

ぜひ!⇒
39-マサチューセッツ州
◇Cease-and-desist order issued against Falmouth turbine
ファルマス・タービンに対する停止命令

(Cape Cod Times | Sep. 23, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150923/NEWS/150929774

■おとしん機械翻訳


控訴ファルマスゾーニング委員会は、
町に対して停止命令を提出し、
ただちにシャットダウンするよう
『ウィンド1』に命じました、
しかし、
タービンは、少なくとも
中旬10月まで回転し続けることができます。


-----------------------
<42-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月26日

42-マサチューセッツ州
◇Neighbors ask judge to shut down turbine
隣人は、裁判官にタービンを止めるよう頼みます
(Cape Cod Times | Sep. 26, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150926/NEWS/150929584/

■おとしん機械翻訳


控訴ファルマスゾーニング委員会が
一時的に町のツインの風力タービンの1台を
シャットダウンするように投票した一週間後、
構造物の隣人は金曜日に
バーンステーブル高等裁判所に
停止命令の緊急要求を提出しました。


------------------------

<44-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月29日

44-マサチューセッツ州
◇Falmouth voters to decide three turbine articles in November
ファルマスの有権者は、11月に3つのタービンの項目を決定することになっています

(The Enterprise | September 30, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
falmouth-voters-to-decide-three-turbine-articles-in-november/
article_4c354bca-6756-11e5-a00e-b3f98d766d14.html

■おとしん機械翻訳


三つの条項は、
11月10日の特別タウンミーティングのための
ワラントに表示されます、
それは、町の2台の風力タービンが、
特別な許可がなくても稼働できることが
承認された場合を含みます。



----------------
<46-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月1日

46-マサチューセッツ州
◇Falmouth turbine issue to go before Town Meeting again
ファルマス・タービン問題は、再びタウンミーティングに先立つことになっています

(CapeCod.com | October 1, 2015 )
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-turbine-issue-to-go-before-town-meeting-again/

■おとしん機械翻訳


町が、タービンが
適切なゾーニングの承認なしで
築かれたとしている裁判所判決のため、
タービンを動かすのを止める必要があると、
この週、
控訴のファルマスゾーニング委員会は
投票しました。



都市行政委員は、
控訴ゾーニング委員会によって
その決定を上訴することに月曜日に決めました。



------------------

<47-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月3日

47-レター、マサチューセッツ州
◇Falmouth getting faulty legal advice on turbine
ファルマスは、タービンについて欠陥のある法的アドバイスを得ます

(capecodtimes.com|2015年10月03日)
http://www.capecodtimes.com/article/20151003/OPINION/151009932

■おとしん機械翻訳



==================


[タービン訴訟事件のタイムライン]




2009年:

ファルマスの2台の町が所有する
風力タービンで最初のもの
「ウィンド1」の設置が、
廃水処置設備で始まります。





2010年3月:

「ウィンド1」は、稼働になります。




2010年8月:

ニールとエリザベス・アンデルセンは、
町が特別な許可なしで
「ウィンド1」を実行させることによって
条例に違反したという根拠に関して、
町の建築委員のEladioゴアに対して、
行動を求めます。




2010年9月:

建築委員は、アンデルセンの要請を拒みます。




2011年3月:

控訴ファルマスゾーニング委員会は、
ゴアの判決を支持します。




2013年1月と2月:

他の、類似した事件と
アンデルセンの事件を統合した後、
非陪審審理は、
バーンステーブル高等裁判所の判事
ロバートルフォの前に保持されています。





2013年6月:

Rufoは、町の支持を裁定します。





2013年9月:

居住者は、
マサチューセッツ控訴裁判所に
訴えを提出します。






2014年9月: 口頭弁論が持たれます。




2月: 控訴裁判所は、
居住者の支持でRufoと規則を覆します。





3月:

町は、支配している控訴裁判所を
ひっくり返すために、
最高裁判の法廷に
さらに上告事件を審理するチェックを請願します。







※ 以下の記事より引用しました。

26-マサチューセッツ州
◇Falmouth selectmen to meet Monday on turbine future
ファルマス都市行政委員は、タービンのことでこの後の月曜日に会うことになっています

(Cape Cod Times | Jun. 7, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150607/NEWS/150609522/





==================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht




















2015-11-05 : ☆マサチューセッツ州ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<47-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>№49で、まさかの展開になります→47-レター、マサチューセッツ州:ファルマスは、タービンについて欠陥のある法的アドバイスを得ます / スポットゾーニングに関する論文:A Spot That Could Be Removed from the Law  | 関連記事リスト |これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 










※ №49で、まさか!の展開になります。
  
  もう少し、
  
  都市行政委員の動きに関する報道にお付き合いください。



  (おとしん)



=======================




<47-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>




2015年10月3日





47-レター、マサチューセッツ州
◇Falmouth getting faulty legal advice on turbine
ファルマスは、タービンについて欠陥のある法的アドバイスを得ます

(capecodtimes.com|2015年10月03日)
http://www.capecodtimes.com/article/20151003/OPINION/151009932





ファルマスの町への
欠陥のある法的アドバイスは、
長時間実行されている
風力タービンの失態を
さらに 最悪な状況に陥らせているようです。






ファルマスが適切なゾーニングを行って、
手順を許すことなく
大きい風力発生プロジェクトを推し進めたとき、
町の法律顧問が役目を怠っていたことは、
現在痛々しいほど明らかです



それがそれ自身の規則の後で
居住者に定期的に従うように嘆願する
同じそれ相当のプロセスを実は続けたならば、
タービンの悪影響についての
近隣の資産のオーナーと一緒の
現在の行き詰まりは
全く避けられたかもしれません。



それは間違いNo.1でした

- 明らかに、フライパンに自治体を置いた大ぼら。







そして、ここに間違い第2号がある:

ファルマス市当局は、
再び11月10日の特別なタウンミーティングで
町所有の風力タービン用ゾーニング条例の
免除を提案することによって、
欠陥のある法的助言に従って再び行動しています。



町のマネージャは、
重大な町の失敗が、
新しいゾーニング条例を可決することによって
簡単に固定されることができると
現在、確信しているように見えます。



残念なことに、それはそんなに単純ではありません。

スポットゾーニングは、米国憲法と矛盾しています。



おそらく、ファルマスの町の弁護士は、
法的トラブルの
さらに別の猛反対に町を押す前に
スポットゾーニングに関する
次の論文で自分自身を理解するのが賢明でしょう:


http://tinyurl.com/q77eqm3.






Courtney Gavin

Orleans





--------------------


PDF

http://tinyurl.com/q77eqm3.

■A Spot That Could Be Removed from the Law - Washington ...




以下でこれとさらなる作品に続いてください:

http://openscholarship.wustl.edu/law_urbanlaw。


法律コモンズの一部を開いてください。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=======================

これまでの経緯:


町の廃水処理施設にあるタービンは、
設置以来、論争に悩まされました。

隣人は、騒音とその操作による悪影響について
苦情があり、
町はいくつかの面に関連した訴訟で
ロックされ続けます。



※ Cape Cod Times ( Apr. 1, 2015)より
引用しました。
http://www.capecodtimes.com/article/20150401/NEWS/150409946/


==================



■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2263.html



ぜひ!→   
マサチューセッツ州   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319




マサチューセッツ州
◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353



======================



▼ 2015年2月26日、裁判所は、
町の排水処理施設に建立された
ツインの風力タービンの一つである
『ウィンド1』の2009年の設置について
まちづくり委員と控訴ゾーニング委員会を提訴した
近隣住人の集団に有利な※判決を下しました。


■裁判所の判決(2015年2月26日)
Drummey et al. vs. Falmouth et al. – appeals court order
ドラミー ほか 対 ファルマス ほか、 – 上訴裁判所命令

https://www.wind-watch.org/documents/drummey-et-al-vs-falmouth-et-al-appeals-court-order/




■ダウンロード、オリジナルドキュメント(2015年2月26日)
“TODD DRUMMEY & others vs. TOWN OF FALMOUTH & others”
『トッド・ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか』

http://docs.wind-watch.org/Drummey-v-Falmouth-Appeals-Court-decision.pdf





==========================



※ 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令

■ 裁判官クリストファーJ·ミューズの判決
■ 暫定的差止命令‐2013年11月

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2013/11/
falmouth-superior-ct-21Nov2013.pdf



=======================
■関連記事リスト
=======================


<1-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月10日付け記事

1-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth board labels turbines a ‘nuisance’
ファルマスの委員会は、タービンに『公害』とラベルをつけます

(Cape Cod Times | May 10, 2013)
http://www.capecodtimes.com/article//20130510/NEWS/305100335

■おとしん機械翻訳



------------------

<2-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年5月14日付け記事

2‐マサチューセッツ州
◇Zoning Board of Appeals declares Wind 1 a nuisance
控訴ゾーニング委員会はウインド1を公害と宣言します

(wickedlocal.com, May 14, 2013)
http://www.wickedlocal.com/falmouth/news/x438179907/
Zoning-Board-of-Appeals-declares-Wind-1-a-nuisance#axzz2TvgdXfkU

■おとしん機械翻訳



---------------------

<3-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年10月21日

ぜひ!→  動画
3-マサチューセッツ州

◇‘Wind turbine syndrome’ blamed for mysterious symptoms in Cape Cod town
「風力タービン症候群」はケープコッドの町の不可解な症状のために非難されました

(abc news | October 21, 2013)
http://abcnews.go.com/Health/
wind-turbine-syndrome-blamed-mysterious-symptoms-cape-cod/story?id=20591168

■おとしん機械翻訳



---------------------

<4-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

このスピーチの編集されたバージョンは、私に代わって、
カート・デブリンによって2013年10月19日、ファルマス会議に提出されました。



サラ・ローリー、Waubra財団 現在CEO、
www.waubrafoundation.org.au
サウスオーストラリアの元地方の一般開業医(主治医)


=========================

2013年10月19日に提出された

ぜひ!→
◇4-Wind turbine noise, adverse health effects, and professional ethics
風力タービン騒音、健康への悪影響、および職業倫理

https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-adverse-health-effects-and-professional-ethics/

Author: Laurie, Sarah
著者:  サラ, ローリー


■おとしん機械翻訳



---------------------

<5-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月23日

ぜひ!→   
5-マサチューセッツ州
   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319

■おとしん機械翻訳



---------------------

<6-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2013年11月22日

6-マサチューセッツ州

◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353

■おとしん機械翻訳



---------------------

<7-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月9日

ぜひ!→
7-マサチューセッツ州

◇Turbine ruling prompts new Falmouth lawsuit
タービン判決は、新しいファルマス訴訟を促します

(Cape Cod Times | January 09, 2014)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20140109/NEWS/401090328

■おとしん機械翻訳



---------------------

<8-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2014年1月24日付け記事

ぜひ!→
8-マサチューセッツ州 ファルマス   写真

◇A Falmouth veteran battles wind turbines — and health woes
一人の退役軍人がウィンドタービンと戦う-そして健康苦難 

(Boston.com | January 24, 2014)
http://www.bostonglobe.com/lifestyle/2014/01/24/
falmouth-veteran-battles-wind-turbines-and-health-woes/dVF6q3ur3oO4706FRpKPLJ/story.html

■おとしん機械翻訳


---------------------
<15-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

15-マサチューセッツ州/画像
◇Appeals court strikes down Falmouth’s permitting of wind turbine
控訴裁判所は、ファルマスの風力タービンの許可を無効にしました

(The Enterprise|February 26, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
appeals-court-strikes-down-falmouth-s-permitting-of-wind-turbine/
article_4cf2ef60-bdf9-11e4-b458-fb0f80fec1dd.html

■おとしん機械翻訳



-------------------

<16-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年2月26日付け記事

16-マサチューセッツ州
◇Court: Falmouth should have obtained permit before erecting turbine
法廷:ファルマスは、タービンを建てる前に、許可を得るべきでした

(Cape Cod Times | Posted Feb. 26, 2015)
http://www.southcoasttoday.com/article/20150226/NEWS/150229505/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<17-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年3月17日付け記事

17-マサチューセッツ州
◇Falmouth will appeal Wind Turbine 1 ruling
ファルマスは、『風力タービン1』の判決を上訴します

(The Enterprise | March 17, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/falmouth-will-appeal-wind-turbine-ruling/
article_eeedaec4-ccbb-11e4-9098-839c0d78ee5f.html

■おとしん機械翻訳


------------------------

28-マサチューセッツ州/画像
◇Court rules turbines can remain operational
法廷は、タービンが運転を継続できると決定します
(The Enterprise | July 9, 2015)
http://www.capenews.net/
falmouth/news/court-rules-turbines-can-remain-operational/
article_07994fc8-268a-11e5-8749-736bb0991e3b.html

■おとしん機械翻訳




------------------------

<29-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月10日付け記事

29-マサチューセッツ州
◇Wind turbines still operating despite complaints
苦情にもかかわらずまだ動いている風力タービン

(Cape Cod Times | Jul. 10, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150710/NEWS/150719964/

■おとしん機械翻訳



------------------------

<30-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年7月12日付け記事

30-マサチューセッツ州
◇Falmouth Selectmen must seek special permit for turbine
ファルマス都市行政委員は、タービンのための特別な許可を求めなければなりません

(capecod.com|June 12, 2015)
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-selectmen-must-seek-special-permit-for-turbine/

■おとしん機械翻訳



<34-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年8月21日

34-マサチューセッツ州
◇Zoning board denies cease-and-desist order for turbines
ゾーニング委員会は、タービンの停止命令を拒否

(The Enterprise | August 21, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
zoning-board-denies-cease-and-desist-order-for-turbines/
article_14cd6288-47be-11e5-a968-afa2c7fe3a40.html

■おとしん機械翻訳



<37-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月17日

ぜひ!⇒
37-マサチューセッツ州/画像
◇Falmouth zoning board orders turbine shutdown
ファルマスゾーニング委員会は、タービン停止を命じます

(Cape Cod Times | Sep. 17, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150917/NEWS/150919396/

■おとしん機械翻訳


-------------------------

<39-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月23日

ぜひ!⇒
39-マサチューセッツ州
◇Cease-and-desist order issued against Falmouth turbine
ファルマス・タービンに対する停止命令

(Cape Cod Times | Sep. 23, 2015 )
http://www.capecodtimes.com/article/20150923/NEWS/150929774

■おとしん機械翻訳


控訴ファルマスゾーニング委員会は、
町に対して停止命令を提出し、
ただちにシャットダウンするよう
『ウィンド1』に命じました、
しかし、
タービンは、少なくとも
中旬10月まで回転し続けることができます。


-----------------------
<42-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月26日

42-マサチューセッツ州
◇Neighbors ask judge to shut down turbine
隣人は、裁判官にタービンを止めるよう頼みます
(Cape Cod Times | Sep. 26, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150926/NEWS/150929584/

■おとしん機械翻訳




控訴ファルマスゾーニング委員会が
一時的に町のツインの風力タービンの1台を
シャットダウンするように投票した一週間後、
構造物の隣人は金曜日に
バーンステーブル高等裁判所に
停止命令の緊急要求を提出しました。


------------------------

<44-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年9月29日

44-マサチューセッツ州
◇Falmouth voters to decide three turbine articles in November
ファルマスの有権者は、11月に3つのタービンの項目を決定することになっています

(The Enterprise | September 30, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
falmouth-voters-to-decide-three-turbine-articles-in-november/
article_4c354bca-6756-11e5-a00e-b3f98d766d14.html

■おとしん機械翻訳


三つの条項は、
11月10日の特別タウンミーティングのための
ワラントに表示されます、
それは、町の2台の風力タービンが、
特別な許可がなくても稼働できることが
承認された場合を含みます。



----------------
<46-☆ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年10月1日

46-マサチューセッツ州
◇Falmouth turbine issue to go before Town Meeting again
ファルマス・タービン問題は、再びタウンミーティングに先立つことになっています

(CapeCod.com | October 1, 2015 )
http://www.capecod.com/newscenter/falmouth-turbine-issue-to-go-before-town-meeting-again/

町が、タービンが
適切なゾーニングの承認なしで
築かれたとしている裁判所判決のため、
タービンを動かすのを止める必要があると、
この週、
控訴のファルマスゾーニング委員会は
投票しました。



都市行政委員は、
控訴ゾーニング委員会によって
その決定を上訴することに月曜日に決めました。




==================


[タービン訴訟事件のタイムライン]




2009年:

ファルマスの2台の町が所有する
風力タービンで最初のもの
「ウィンド1」の設置が、
廃水処置設備で始まります。





2010年3月:

「ウィンド1」は、稼働になります。




2010年8月:

ニールとエリザベス・アンデルセンは、
町が特別な許可なしで
「ウィンド1」を実行させることによって
条例に違反したという根拠に関して、
町の建築委員のEladioゴアに対して、
行動を求めます。




2010年9月:

建築委員は、アンデルセンの要請を拒みます。




2011年3月:

控訴ファルマスゾーニング委員会は、
ゴアの判決を支持します。




2013年1月と2月:

他の、類似した事件と
アンデルセンの事件を統合した後、
非陪審審理は、
バーンステーブル高等裁判所の判事
ロバートルフォの前に保持されています。





2013年6月:

Rufoは、町の支持を裁定します。





2013年9月:

居住者は、
マサチューセッツ控訴裁判所に
訴えを提出します。






2014年9月: 口頭弁論が持たれます。




2月: 控訴裁判所は、
居住者の支持でRufoと規則を覆します。





3月:

町は、支配している控訴裁判所を
ひっくり返すために、
最高裁判の法廷に
さらに上告事件を審理するチェックを請願します。







※ 以下の記事より引用しました。

26-マサチューセッツ州
◇Falmouth selectmen to meet Monday on turbine future
ファルマス都市行政委員は、タービンのことでこの後の月曜日に会うことになっています

(Cape Cod Times | Jun. 7, 2015)
http://www.capecodtimes.com/article/20150607/NEWS/150609522/





==================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht




















2015-11-05 : ☆マサチューセッツ州ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR