騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<発効⇒㉚、㉛ミシガン州ヒューロン郡バッド・アックス:一時停止と条例の変更>㉚ミシガン州:郡は、風力条例のOKで、2年の仕事を終えます |ぜひ⇒郡は、新しい風力条例を採用します…何人かの反対派は新しい規則が住民を保護するのに十分には行き届かないと言いますが、風力エネルギー開発者にとっては条例があまりにも制限的であると主張しています|関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<発効⇒㉚ミシガン州ヒューロン郡バッド・アックス:一時停止と条例の変更>




2015年11月11日




㉚ミシガン州
◇County ends two-year task with OK of wind ordinance
郡は、風力条例のOKで、2年の仕事を終えます

(ヒューロン・デイリー・トリビューン | 2015年11月11日)
http://www.michigansthumb.com/news/article_4dd52ba0-886f-11e5-b3e0-e321dc9c3198.html




クリス・オールドリッジ(トリビューン・スタッフライター)




バッド・アックス(BAD AX) -



同日、知事は、
ミシガンの道路を修復する計画を法律に締結し、
議会で長時間の議論を終わらせると、
地元の合意に達しました。


ヒューロン郡には、
風力タービンを統治するための新しい、
より厳格でより定義されたルールブックがあります。





火曜日に6-1の投票で承認された
16ページの風力エネルギー条例は、
2年近くの努力を確定しています。






11月27日より、
16の郡区域で顕著な変更が行われました:





•不動産、公共道路および送電線からの
風力タービンのセットバックを増加させる

•ヒューロン湖とサギノー湾の海岸線から
3マイル以内にタービンが設置されないようにする

•タービンの高さを499フィートに制限する

•シャドウフリッカーを管理する





委員会議長のジョン・ニュージェント氏は、
「これは私がこの委員会でした
最も難しい投票の一つになるだろう」と述べた。




「私が信じている条例には欠陥があり、
弱点があるが、本当に良い強みがあります。」




コミッショナーとプランナーの小委員会、
郡の弁護士、ビルとゾーニングディレクターと
住民がこのプロセスを開始し、
昨年5月に初めて会合を開いた。

彼らはこの夏、郡プランナーに提出した。

このプロセスを通じて、住民はより厳しい規制を求めた。

他の人は、火曜日に承認された変更は
十分であると述べている一方で
2010年の条例が適切であり、
更新が必要ではないと指摘した人もいます。





投票に先立ち、ニュージェント氏は
完璧な条例ではありませんが、
2010年版よりはるかに優れていますと述べました。




コミッショナーのロン・ヴュルブル氏は、
これは正しい方向への一歩だと述べたが、
条例には今後の調整が必要になるかもしれない。




当局が言う風力タービンに対する
最小の正式な苦情は
建築とゾーニング事務所が問題でないことを
そこで示す郡のもので提出されました、
しかし、ヴュルブル氏はあると言います。

そして、「公式の問題」がないので、
風力タービンに問題はないとのそれは間違いだと
彼は言った。





「風力タービン以外にも多くのことが起こっている」
ヒューロン郡のヴュルブル氏は言いました。





新しい条例を作成する際には、
議論の大半が風力タービンの音の規制、
試験、測定に調整されていました
- 現在、条例の最大かつ最も詳細なセクションです。





反対票を投じる前に、サミ・クーリー委員は、
ファサードから50フィートのタービンの
音響企業のサウンドテストの勧告に強く反対した;


それは、居住者の所有地の境界線から
とられなければならないと、彼は言いました。






16の郡区で新しい風力エネルギープロジェクトを
妨げる一時停止は、
2010年の条例を見直すために
郡のプランナーに6ヶ月のクッションを与えました。

それは最近期限が切れました。




郡の建築とゾーニングディレクターの
ジェフ・スミス氏は、
以前、トリビューンに対し、
条例はそこで最高のものだと信じていました。




「それはプロジェクトに影響を与えますが、
まだ合理的であり、郡内のすべての人を守ります。
我々は、責任ある開発が欲しい。
そして一貫性がある 。」と彼は語った。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------




<発効⇒㉛ミシガン州ヒューロン郡バートアックス:一時停止と条例の変更>




ミシガン州ヒューロン郡は、
2015年11月27日に
長年の懸案事項であった
変更された風力条例を発行しました。

拙ブログカテゴリ
<◎ミシガン州ヒューロン郡バートアックス:一時停止と条例の変更>は、
これで終了し
ミシガン州ヒューロン郡に関する
これ以降の記事は、新たなカテゴリ
<ミシガン州:ヒューロン郡の風力問題と条例>でまとめます。

(注:おとしん)






2015年11月12日




ぜひ!⇒
㉛ミシガン州
◇County adopts new wind ordinance
郡は、新しい風力条例を採用します

(ヒューロンカウンティー・ビュー | 2015年11月12日)
http://huroncountyview.mihomepaper.com/news/2015-11-12/
Front_Page/County_adopts_new_wind_ordinance.html



By Kelly Krager, Editor



ヒューロン郡は、ヒューロン郡委員会が
火曜日に取った行動の後、
11月27日に更新された風力エネルギー条例を発効する。





何人かの反対派は、
新しい規則が住民を保護するのに
十分には行き届かないと言いますが、
風力エネルギー開発者にとっては
条例があまりにも制限的であると主張しています。





コミッショナーは、
ヒューロン郡立法委員会によって推薦された
変更を加えることなく、
条例を採択するために6-1に投票しました。

議員サミ・コウリ氏は反対票を投じ、
条例は住居ではなく
敷地境界線で
音響テストを義務づけなければならないと
言いました。





計画委員会は
ヒューロン郡エキスポ・センターで
11月4日に公聴会の後、
コミッショナーに条例を送るために、
7-2を可決しました。

計画委員のバーニー・Creguer氏と
ジョエル・ウェーバー氏が反対票を投じた。




委員会議長のジョン・ニュージェント氏は、
この決定は、委員長として
最も困難だったと述べたが、
風力エネルギーゾーニング委員会と計画委員会は、
住民の保護と開発許可のバランスが取れていると
考えている。




彼は、すべての風力開発者が条例の策定に協力し、
いくつかの譲歩を行ったが、
一部の住民は潜在的な健康への影響について
懸念していると述べた。





「私は、一方、再生可能エネルギーが
将来の重要な面であるということを
知っているという事実のバランスを
とらなければなりません」と、彼は言いました。
そして
彼は地球温暖化が真の脅威だと考えていると
付け加えた。




しかし、同時に、私たちはできる限り
多くの人々の近くに住む人々を
守らなければならないことを知っており、
一部の人々は今日、私たちが何を決定しても
否定的な影響を受けることを知っています。


「それは完璧な条例ではありませんが、
私たちが始めたものよりもはるかに優れています。」





投票に先立って、ニュージェント氏は
住民によって提起された多くの質問を列挙した。

1人は、参加者と非参加者の両方に対して、
シャドウフリッカーが年間30時間に
制限されていることを指摘し、
なぜ非参加者が
より大きな保護を受けないのかについて尋ねました。





郡の建設とゾーニングディレクターの
ジェフ・スミス氏は、
小委員会と計画委員会は
時間数を討議することに
多くの時間を費やしたことを言います、
現在の条例には、
まったくシャドウフリッカー規則がありません。

彼は、郡はシャドウフリッカーに関する
ごく少数の苦情を受けており、
開発者は郡区域内のすべての問題に
対処していると述べた。





改正条例は、ビンガム、ブルームフィールド、
ブルックフィールド、ドワイト、フェアヘイブン、
ゴア、グラント、ヒューム、リンカーン、
マッキンリー、ルビコン、セベワイン、
シェリダン、シャーマン、シーゲルと
ウィンザーを含む16の郡のゾーンの
郡区にある風力タービンに影響を与えます。





過去1年間に
ヒューロン郡の風力エネルギー関連会議で
定期的に務めていたミード郡区の住民
サリー・ケイン氏は、
この条例は非参加者にとって不公正であると信じ、
1,640フィート40デシベルレベル
風力エネルギーのリースをしていない人たちを
保護するためのシャドウフリッカーの
許容範囲がゼロであると言います。

彼女はまた、郡の苦情解決政策が
住民に対して
より敏感である必要があると感じている。





スミス氏はこれまで、
郡区域内に設置されたタービンに関する
郡に提出されたすべての苦情が処理されたと
述べている。





Elktonのリチャード・クルーン氏は、
ヒューロン郡に
非常に多くのタービンがある理由は、
条例がとても緩和しているからだと
彼は言った。





「風力開発者は、
基本的には自分たちが望むものを
自分たちがやりたいことをすることができます。

その結果、私たちは非常に人口が集中しています。

そこに健康問題があります。

私たちは私たちの近所にそれらを持っています。

...もしあなたがそれを信じていれば、
彼らは世界中で問題を抱えているので、
この開発を抑制するためにすることは何でも
私たちは本当に感謝しました。

私たちは分かち合えました。」と彼は語った。




条例は、低周波音に対処しなければならないと
彼は付け加えた。


基準ができるまで
プランナーは排除することを決めました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------
   関連記事
---------------------

<㉕ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>

2015年10月9日

ぜひ!⇒
㉕ミシガン州
◇Doctor’s letter says turbines could harm his Elkton patient
医師の手紙はタービンは彼のエルクトンの患者に害を及ぼす可能性があると述べます
(Huron Daily Tribune | October 9, 2015)
http://www.michigansthumb.com/news/local/article_2e13372a-6e7b-11e5-93ba-af9181a3e129.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3496.html

By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer

ヒューロン郡 —

チャンドラーの居住者は、
彼女の家から4分の1マイル
構築する予定の
風力タービンにさらされる場合、
「非常に方向感覚を失わせて、
彼女に潜在的に有害」だろうという懸念を
確認している郡に、
医師の診断書を送りました。

※ 4分の1マイル = 402.33600 メートル

デブとロン・ルースによって送られた手紙は、
ベイシティの耳鼻咽喉科の専門家からの
添付ファイルが含まれています。


『トリビューン』は、
ベイカーのオフィスに連絡しましたが、
彼が来週まで外出していると言いました。



ベイカーの署名は、
エルクトンの患者、
デブラルースに関する、
郡の建築とゾーニングオフィスに
9月30日に受け取られた手紙に表示されます。



ルースは、
両耳にメニエール病を持っていること、
「非常に少ない聴覚機能」が
彼女に残されていること、
そして、「どちらの耳の中にも
本質的にバランス機能はありません。」と、
ベイカーは書いています。


メニエール病は、
高度のめまいを引き起こす内耳の障害と
耳鳴りと呼ばれている耳の轟音です
- 国立衛生研究所によると、
難聴の一般的な原因。

科学者たちは、病気の原因がわからず、
治療法はありません。



「彼女は、観覧車や風車など
視覚的刺激にさらされると、
それは非常に方向感覚を失わせて、
彼女に潜在的に有害であろう
『視覚めまい』と呼ばれる(れた)
視覚的めまいが起きます。


彼女は、この問題に関して
彼女に代わって話すように私に頼みました。

そして、私は彼女の懸念が
合理的で有効であると思います」と、
手紙は述べています。



郡の建物とゾーニングディレクターの
ジェフ・スミスは、
医療専門家からの
そのような手紙を見たのは
それが初めてであると言いました。



ディケンズに関しては、
彼は、5つの風力プロジェクトの
真ん中で暮らしていると学生に話しました。


「10年前、我々はミシガンに
何も持っていませんでした、
そして、それはちょっと悲しいです。
我々を我々が現在いるところに
連れて行くには
若干の政治的な力が必要でした。」



それから、彼は地元の開発について話しました。


「来週、私はしばらくの間、ミシガン州で
最後の風力発電プロジェクトになる
可能性がある
(DTEエナジー)Pinnebogプロジェクトのために
ゾーニングを通過させるつもりです。」と、
彼は言いました。



チャンドラー、
オリバーとコルファックスの町の指導者たちは、
DTEが構築したい30台のタービンを歓迎しています。


開発者は、最初にミード郷に照準がありましたが、
住民は5月の住民投票で、
プロジェクトに反対票を投じました。



大学の再生可能エネルギープログラムの学生は、
ディケンズに
その「論争」を詳しく述べるよう頼みました。



「私たちはヒューロン郡で起きたすべてを
目撃しているヒューロン郡トリビューンの
レポーターが部屋にいるということを
わかっています。」と、ディケンズは切り出しました、
そして、休止しました。


「国家プッシュが、再生可能エネルギー
特に風力に対してあります。

それは、彼らには彼ら自身のエネルギーがあるので、
再生可能エネルギーが好きでない人々によって
資金を供給されます。

そして、それは、
私がミシガン州で見ているものです。」



ディケンズは続けました
そして、「この全国組織の
きちんとしたアンチ風力支部」をつくった
レンアウェイ郡でプロジェクトをあげました
— それは、匿名のままです。」



「昨年、彼らはミード郡区にいました」と、
彼は言いました。


「彼らは開発と
そこで戦うことに成功しました。
彼らの目で、彼らは成功していました。
その開発は、今は私の郡区へ移動しました。」



「私はそれを
ガンまたは真菌と呼びたくありません、
しかし、それは成長します」と、
彼は組織について言いました。
「彼らは変化を恐れています。」



西部ヒューロン郡の
アップルブロッサム風力プロジェクトと
ルビコン郷ビッグタートル風力発電の
拡大を数えて、
ディケンズは、ミシガン州の
パイプライン内の他のものを
知っていないと述べました。



「彼らは東ミシシッピに、
最大のタービンを入れることになるだろう、
私がしんじています。」と、
ディケンズは言いました。


「この技術は、
十年前は前代未聞でした。」



ディケンズはまた、
ベイカーカレッジの教師です。
前風力の開発者である彼は
風力エネルギーを次のように
見ると言います
「科学を教える隠れた方法
...(学生を)だましながら、
「高度な科学」を学せる。」



州のエネルギー政策に関しては、
ディケンズによると、
それらは最悪の事態に変わることができます、
それは、
本当に知識がない人々に基づいています
。」



「我々は、彼らを納得させなければなりません」と、
EDF再生可能エネルギーの運用管理者、
ケン・ウェラーは、
期限切れになっている2008年の委任を
「強化する」ことをサポートすると言いました。


・・・・・・・

他のパネリストは、
彼らが風力エネルギーの利点を
議会に知らせて、教育したいと言いました。



「それは、仕事を創出しています;
それは働いています」と、
Ventower副社長の
スコットVicianaは述べています。


Vicianaは、理想的な雇用は、
2年間の溶接証明書や学位を持つものであると
生徒たちに語りました。



アメリカ風力エネルギー協会が
本日発表した複数の統計では、
エネルギー省の
2015年「風ビジョン」報告書の部門に
従っている場合、
ミシガン州の風力エネルギーは、
2030年に州の電力の約7%を供給できます:


• 1160万ドル: 2020年までの年間の資産税収入の量

• 760万ドル: 2030年までの地主への年間総支払い

36億ドル: 2050年までミシガン州消費者のための電気代節約



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------

<㉘ミシガン州ヒューロン郡バッド・アックス:一時停止と条例の変更>2015年10月14日

ぜひ!⇒
㉘ミシガン州
◇DTE changes turbine plan to accommodate patient
DTEは、患者に対応するためにタービン計画を変更します

(Huron Daily Tribune | October 14, 2015 )
http://www.michigansthumb.com/news/local/article_ddcc8556-726b-11e5-9e41-17c293a14469.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3503.html

By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer

ヒューロン郡 —
DTEエナジーは、
それが方向感覚を失わせて、
彼女の健康に有害な可能性があると
その医師が述べる居住者の近くに
風力タービンを構築しないと、言います。


そのユーティリティの決定は、
チャンドラーに在住するデブ・ルースからの
手紙を、郡が受け取った後、
2週間以内に来ます。


彼女は、DTEの最新の
ピネボグ・プロジェクトのために計画された
風力タービンが
彼女の家から四分の一マイルに建設される場合、
それは浮動性めまい発作を
誘発することができると言いました。

※ 四分の一マイル = 402.33600 メートル


ルースは、
両耳にメニエール病を持っていて
どちらの耳もバランス機能なしで
彼女は生きていると書いた、
ベイシティの
耳鼻咽喉科の専門医からの手紙を添付しました。


メニエール病は、重度の回転性めまいと
耳鳴りと呼ばれる
耳で轟音を引き起こす疾患です
- 国立衛生研究所によると、難聴の一般的な原因。
病気について、
知られている確かな原因も治療も、ありません。



「彼女は、観覧車や風車など
視覚的刺激にさらされると、
それは非常に方向感覚を失わせて、
彼女に潜在的に有害であろう
『視覚めまい』と呼ばれる(れた)
視覚的めまいが起きます。


彼女は、この問題に関して
彼女に代わって話すように私に頼みました。
そして、私は彼女の懸念が
合理的で有効であると思います」と、
手紙は述べています。



先週、DTEが
まだタービンを造る予定かどうか、
スポークスマンは、
確認することができませんでした。



金曜日に、記事が公開された後、
DTEは、『トゥーデーズ・エディッション』に
載った、エディタへの手紙を
公開要求するため
『トリビューン』に連絡を取りました。


「提案されたピネボグ・プロジェクトの
計画が進むにつれて、
我々は問題のタービンと
いくつかの建設上の課題を特定しました。


これらの課題を踏まえ、
この居住者の懸念と同様に、
我々は提案されたピネボグ・ウィンドパークの
レイアウトから
このタービンを取り外すことに決めました
」と、
手紙は述べます。


ロン・ルースは、
金曜日にトリビューンに連絡しました。


彼は記事を見て感謝していると言いました、
そして、DTEは彼に電話をして、
彼らはタービンを建設することを
計画していないと述べました。


チャンドラー郡区を含む、
郡の行政責任者の
リッチ・スウォーツェンドルーバーは、
DTE地域のマネージャーの
ロン・クリスから電話をもらいました。


クリスは、ユーティリティは、
いくつかの再設計を行なったし、
ルースの家の近くに
タービンを持ち出さないと言ったと、
スウォーツェンドルーバーは述べました。


「だから、うまくいけば
ルース夫人のための
健康上の問題は回避されます。」と、
スウォーツェンドルーバーは
火曜日の理事会で語りました。


DTEユーティリティは、最近、
チャンドラー、オリバーと
コルファックス郡区で
30台タービンを構築するためにゴーサインを得ました。

当初の計画は
大多数を近隣のミード郡区に置きました;
しかし、ルース夫人の友人の
ミードの居住者リタ・パルシュによって
引き起こされた住民投票で、
住民は郡区委員会の決定を覆して、
プロジェクトに反対票を投じました。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

-----------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-20 : 発効⇒◆ミシガン州:ヒューロン郡バッド・アックス/一時停止と条例の変更 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<㉙ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>㉙ミシガン州:…改正された条例は、レビューのための公聴会のかなり前に郡のウェブサイトや郡の建物内v) |関連記事| ぜひ⇒㉕ミシガン州:医師の手紙はタービンは彼のエルクトンの患者に害を及ぼす可能性があると述べます  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です に掲載されます(ジェフ・スミス、ビルとゾーニングディレクター)  










<㉙ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>



2015年10月15日





㉙ミシガン州
◇Public hearing planned on wind turbine rules
公聴会は、風力タービンの規則上で計画されます

(Huron County View | 2015-10-15)
http://huroncountyview.mihomepaper.com/news/2015-10-15/Front_Page/Public_hearing_planned_on_wind_turbine_rules.html




By Kelly Krager, Editor





ヒューロン郡 —



1年以上の事実の収集と議論の後、
ヒューロン郡計画委員会は、
地域社会に提案された風車条例の変更を
提示する用意があります。






委員会の次回の定期的な
スケジュールされた会議の前に
公聴会は、
11月4日午後7時に予定されています。






コミュニティの
話題に対する高水準の関心のために、
会議は、例えば巡回裁判所
または郡のエキスポ・センターのような
より大きな会場で、たぶん行われます。





計画委員会は、10月7日に
委員会の最後の定期的な会議中に
提案された条例改正に
大多数の最後の仕上げを作りました。







提案された変更は以下を含みます:





• 住居や他の占有建物、道路、電力線から
  タービンとの後退距離を増やします。






• 建設前と建設後の
 詳細なサウンド・レベルのテストを必要とします。






• シャドーフリッカーを1年につき30時間に制限すること。





• サギノー湾とヒューロン湖の海岸線から
  3マイルの後退距離を確立すること。


※ 3マイル = 4.828032 キロメートル





• タービンが使用停止されたときに
  タワーの基部の土壌修復の深さを
  3フィートから4フィートに増加させます。
 

  ※ 3フィート = 0.9144 メートル 
  ※ 4フィート = 1.2192 メートル 





• タービンの高さを499フィートに制限すること。

 ※ 499フィート = 152.0952 メートル




公聴会の後、計画委員会は、
提案された条例改訂を承認するか、
更なる議論のためにそれを見送ることかどうかを、
投票したいと考えています。







変更が郡プランナーによって承認された後、
委員会はそれらを採用するかどうか投票します。







新しい風力開発に対する
6ヵ月間の郡の一時停止が
公聴会日付の前に終了する用意が整っていて、
プランナーは、
彼らがプロセスができるだけ早く
完了することを望むことを示しました。







条例は、ヒューロン郡によって
ゾーンに分けられる
16の郡区だけに影響を及ぼします。







条例改正は、
ヒューロン郡委員会と計画委員会の、
地域社会の健康、安全、福祉に持っていると
助言するかもしれない
影響タービンを研究することに任命された
風力エネルギーゾーニング委員会による
長時間の考慮の結果です。



風力エネルギー委員会の要請で、
郡は条例の技術的側面を支援するために
グランド・ラピドズベースト・
コンサルティング会社の
『アコースティックス・バイ・ディザイン』を
雇いました。







ABD(『アコースティックス・バイ・
ディザイン』)の音響専門家は
郡の中で昼と夜の騒音テストを実施し、
条例改訂を手伝って、
提案された変更を説明するために、
行政委員会と計画委員会との共同会議に
出席しました。







ヒューロン郡
ビルとゾーニングディレクターの
ジェフ・スミスは
改正された条例は、
レビューのための公聴会のかなり前に
コミュニティメンバーに十分な時間を与えるために、
郡のウェブサイトや
郡の建物内に掲載されますと述べました。



スミスはまた、
郡の建物内の部屋番号102の彼のオフィスで
利用可能なコピーを印刷しました、
そして、彼は
それを要求した人にはデジタルコピーを送信します。



提案されたゾーニング条例改正の
PDFファイルを要請する場合は、
smithj@ー----で
スミスに電子メールを送るか、
ー-------に電話してください。





※ 電子メールアドレス、電話番号は
  省略しました。
  詳細は、上記サイトでご確認ください。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






---------------------
   関連記事
---------------------



<㉘ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>



2015年10月14日





ぜひ!⇒
㉘ミシガン州
◇DTE changes turbine plan to accommodate patient
DTEは、患者に対応するためにタービン計画を変更します

(Huron Daily Tribune | October 14, 2015 )
http://www.michigansthumb.com/news/local/article_ddcc8556-726b-11e5-9e41-17c293a14469.html




By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer




ヒューロン郡 —



DTEエナジーは、
それが方向感覚を失わせて、
彼女の健康に有害な可能性があると
その医師が述べる居住者の近くに
風力タービンを構築しないと、言います。






そのユーティリティの決定は、
チャンドラーに在住するデブ・ルースからの
手紙を、郡が受け取った後、
2週間以内に来ます。



彼女は、DTEの最新の
ピネボグ・プロジェクトのために計画された
風力タービンが
彼女の家から四分の一マイルに建設される場合、
それは浮動性めまい発作を
誘発することができると言いました。


※ 四分の一マイル = 402.33600 メートル





ルースは、
両耳にメニエール病を持っていて
どちらの耳もバランス機能なしで
彼女は生きていると書いた、
ベイシティの
耳鼻咽喉科の専門医からの手紙を添付しました。



メニエール病は、重度の回転性めまいと
耳鳴りと呼ばれる
耳で轟音を引き起こす疾患です

- 国立衛生研究所によると、難聴の一般的な原因。

病気について、
知られている確かな原因も治療も、ありません。







「彼女は、観覧車や風車など
視覚的刺激にさらされると、
それは非常に方向感覚を失わせて、
彼女に潜在的に有害であろう
『視覚めまい』と呼ばれる(れた)
視覚的めまいが起きます。



彼女は、この問題に関して
彼女に代わって話すように私に頼みました。

そして、私は彼女の懸念が
合理的で有効であると思います」と、
手紙は述べています。







先週、DTEが
まだタービンを造る予定かどうか、
スポークスマンは、
確認することができませんでした。







金曜日に、記事が公開された後、
DTEは、『トゥーデーズ・エディッション』に
載った、エディタへの手紙を
公開要求するため
『トリビューン』に連絡を取りました。







「提案されたピネボグ・プロジェクトの
計画が進むにつれて、
我々は問題のタービンと
いくつかの建設上の課題を特定しました。



これらの課題を踏まえ、
この居住者の懸念と同様に、
我々は提案されたピネボグ・ウィンドパークの
レイアウトから
このタービンを取り外すことに決めました
」と、
手紙は述べます。







ロン・ルースは、
金曜日にトリビューンに連絡しました。



彼は記事を見て感謝していると言いました、
そして、DTEは彼に電話をして、
彼らはタービンを建設することを
計画していないと述べました。







チャンドラー郡区を含む、
郡の行政責任者の
リッチ・スウォーツェンドルーバーは、
DTE地域のマネージャーの
ロン・クリスから電話をもらいました。



クリスは、ユーティリティは、
いくつかの再設計を行なったし、
ルースの家の近くに
タービンを持ち出さないと言ったと、
スウォーツェンドルーバーは述べました。







「だから、うまくいけば
ルース夫人のための
健康上の問題は回避されます。」と、
スウォーツェンドルーバーは
火曜日の理事会で語りました。



DTEユーティリティは、最近、
チャンドラー、オリバーと
コルファックス郡区で
30台タービンを構築するためにゴーサインを得ました。


当初の計画は
大多数を近隣のミード郡区に置きました;

しかし、ルース夫人の友人の
ミードの居住者リタ・パルシュによって
引き起こされた住民投票で、
住民は郡区委員会の決定を覆して、
プロジェクトに反対票を投じました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






---------------------
   関連記事
---------------------


<㉕ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>


2015年10月9日


ぜひ!⇒
㉕ミシガン州
◇Doctor’s letter says turbines could harm his Elkton patient
医師の手紙はタービンは彼のエルクトンの患者に害を及ぼす可能性があると述べます
(Huron Daily Tribune | October 9, 2015)
http://www.michigansthumb.com/news/local/article_2e13372a-6e7b-11e5-93ba-af9181a3e129.html

■おとしん機械翻訳




By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer





ヒューロン郡 —




チャンドラーの居住者は、
彼女の家から4分の1マイル
構築する予定の
風力タービンにさらされる場合、
「非常に方向感覚を失わせて、
彼女に潜在的に有害」だろうという懸念を
確認している郡に、
医師の診断書を送りました。


※ 4分の1マイル = 402.33600 メートル





デブとロン・ルースによって送られた手紙は、
ベイシティの耳鼻咽喉科の専門家からの
添付ファイルが含まれています。



『トリビューン』は、
ベイカーのオフィスに連絡しましたが、
彼が来週まで外出していると言いました。



ベイカーの署名は、
エルクトンの患者、
デブラルースに関する、
郡の建築とゾーニングオフィスに
9月30日に受け取られた手紙に表示されます。






ルースは、
両耳にメニエール病を持っていること、
「非常に少ない聴覚機能」が
彼女に残されていること、
そして、「どちらの耳の中にも
本質的にバランス機能はありません。」と、
ベイカーは書いています。



メニエール病は、
高度のめまいを引き起こす内耳の障害と
耳鳴りと呼ばれている耳の轟音です

- 国立衛生研究所によると、
難聴の一般的な原因。


科学者たちは、病気の原因がわからず、
治療法はありません。






「彼女は、観覧車や風車など
視覚的刺激にさらされると、
それは非常に方向感覚を失わせて、
彼女に潜在的に有害であろう
『視覚めまい』と呼ばれる(れた)
視覚的めまいが起きます。



彼女は、この問題に関して
彼女に代わって話すように私に頼みました。


そして、私は彼女の懸念が
合理的で有効であると思います」と、
手紙は述べています。







郡の建物とゾーニングディレクターの
ジェフ・スミスは、
医療専門家からの
そのような手紙を見たのは
それが初めてであると言いました。







ディケンズに関しては、
彼は、5つの風力プロジェクトの
真ん中で暮らしていると学生に話しました。



「10年前、我々はミシガンに
何も持っていませんでした、
そして、それはちょっと悲しいです。

我々を我々が現在いるところに
連れて行くには
若干の政治的な力が必要でした。」







それから、彼は地元の開発について話しました。






「来週、私はしばらくの間、ミシガン州で
最後の風力発電プロジェクトになる
可能性がある
(DTEエナジー)Pinnebogプロジェクトのために
ゾーニングを通過させるつもりです。」と、
彼は言いました。







チャンドラー、
オリバーとコルファックスの町の指導者たちは、
DTEが構築したい30台のタービンを歓迎しています。



開発者は、最初にミード郷に照準がありましたが、
住民は5月の住民投票で、
プロジェクトに反対票を投じました。








大学の再生可能エネルギープログラムの学生は、
ディケンズに
その「論争」を詳しく述べるよう頼みました。







「私たちはヒューロン郡で起きたすべてを
目撃しているヒューロン郡トリビューンの
レポーターが部屋にいるということを
わかっています。」と、ディケンズは切り出しました、
そして、休止しました。



「国家プッシュが、再生可能エネルギー
特に風力に対してあります。


それは、彼らには彼ら自身のエネルギーがあるので、
再生可能エネルギーが好きでない人々によって
資金を供給されます。


そして、それは、
私がミシガン州で見ているものです。」







ディケンズは続けました

そして、「この全国組織の
きちんとしたアンチ風力支部」をつくった
レンアウェイ郡でプロジェクトをあげました

— それは、匿名のままです。」







「昨年、彼らはミード郡区にいました」と、
彼は言いました。



「彼らは開発と
そこで戦うことに成功しました。

彼らの目で、彼らは成功していました。

その開発は、今は私の郡区へ移動しました。」







「私はそれを
ガンまたは真菌と呼びたくありません、
しかし、それは成長します」と、
彼は組織について言いました。

「彼らは変化を恐れています。」







西部ヒューロン郡の
アップルブロッサム風力プロジェクトと
ルビコン郷ビッグタートル風力発電の
拡大を数えて、
ディケンズは、ミシガン州の
パイプライン内の他のものを
知っていないと述べました。






「彼らは東ミシシッピに、
最大のタービンを入れることになるだろう、
私がしんじています。」と、
ディケンズは言いました。



「この技術は、
十年前は前代未聞でした。」







ディケンズはまた、
ベイカーカレッジの教師です。

前風力の開発者である彼は
風力エネルギーを次のように
見ると言います
「科学を教える隠れた方法

...(学生を)だましながら、

「高度な科学」を学せる。」







州のエネルギー政策に関しては、
ディケンズによると、
それらは最悪の事態に変わることができます、
それは、
本当に知識がない人々に基づいています
。」







「我々は、彼らを納得させなければなりません」と、
EDF再生可能エネルギーの運用管理者、
ケン・ウェラーは、
期限切れになっている2008年の委任を
「強化する」ことをサポートすると言いました。



・・・・・・・



他のパネリストは、
彼らが風力エネルギーの利点を
議会に知らせて、教育したいと言いました。






「それは、仕事を創出しています;
それは働いています」と、
Ventower副社長の
スコットVicianaは述べています。





Vicianaは、理想的な雇用は、
2年間の溶接証明書や学位を持つものであると
生徒たちに語りました。






アメリカ風力エネルギー協会が
本日発表した複数の統計では、
エネルギー省の
2015年「風ビジョン」報告書の部門に
従っている場合、
ミシガン州の風力エネルギーは、
2030年に州の電力の約7%を供給できます:





• 1160万ドル: 2020年までの年間の資産税収入の量



• 760万ドル: 2030年までの地主への年間総支払い



36億ドル: 2050年までミシガン州消費者のための電気代節約







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht


































2015-10-30 : 発効⇒◆ミシガン州:ヒューロン郡バッド・アックス/一時停止と条例の変更 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<㉘ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>ぜひ⇒㉘ミシガン州:DTEは、患者に対応するためにタービン計画を変更します…この居住者の懸念と同様に、我々は提案されたピネボグ・ウィンドパークのレイアウトからこのタービンを取り外すことに決めました(DTE) |関連記事| ぜひ⇒㉕ミシガン州:医師の手紙はタービンは彼のエルクトンの患者に害を及ぼす可能性があると述べます  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 










<㉘ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>



2015年10月14日





ぜひ!⇒
㉘ミシガン州
◇DTE changes turbine plan to accommodate patient
DTEは、患者に対応するためにタービン計画を変更します

(Huron Daily Tribune | October 14, 2015 )
http://www.michigansthumb.com/news/local/article_ddcc8556-726b-11e5-9e41-17c293a14469.html




By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer




ヒューロン郡 —



DTEエナジーは、
それが方向感覚を失わせて、
彼女の健康に有害な可能性があると
その医師が述べる居住者の近くに
風力タービンを構築しないと、言います。






そのユーティリティの決定は、
チャンドラーに在住するデブ・ルースからの
手紙を、郡が受け取った後、
2週間以内に来ます。



彼女は、DTEの最新の
ピネボグ・プロジェクトのために計画された
風力タービンが
彼女の家から四分の一マイルに建設される場合、
それは浮動性めまい発作を
誘発することができると言いました。


※ 四分の一マイル = 402.33600 メートル





ルースは、
両耳にメニエール病を持っていて
どちらの耳もバランス機能なしで
彼女は生きていると書いた、
ベイシティの
耳鼻咽喉科の専門医からの手紙を添付しました。



メニエール病は、重度の回転性めまいと
耳鳴りと呼ばれる
耳で轟音を引き起こす疾患です

- 国立衛生研究所によると、難聴の一般的な原因。

病気について、
知られている確かな原因も治療も、ありません。







「彼女は、観覧車や風車など
視覚的刺激にさらされると、
それは非常に方向感覚を失わせて、
彼女に潜在的に有害であろう
『視覚めまい』と呼ばれる(れた)
視覚的めまいが起きます。



彼女は、この問題に関して
彼女に代わって話すように私に頼みました。

そして、私は彼女の懸念が
合理的で有効であると思います」と、
手紙は述べています。







先週、DTEが
まだタービンを造る予定かどうか、
スポークスマンは、
確認することができませんでした。







金曜日に、記事が公開された後、
DTEは、『トゥーデーズ・エディッション』に
載った、エディタへの手紙を
公開要求するため
『トリビューン』に連絡を取りました。







「提案されたピネボグ・プロジェクトの
計画が進むにつれて、
我々は問題のタービンと
いくつかの建設上の課題を特定しました。



これらの課題を踏まえ、
この居住者の懸念と同様に、
我々は提案されたピネボグ・ウィンドパークの
レイアウトから
このタービンを取り外すことに決めました
」と、
手紙は述べます。







ロン・ルースは、
金曜日にトリビューンに連絡しました。



彼は記事を見て感謝していると言いました、
そして、DTEは彼に電話をして、
彼らはタービンを建設することを
計画していないと述べました。







チャンドラー郡区を含む、
郡の行政責任者の
リッチ・スウォーツェンドルーバーは、
DTE地域のマネージャーの
ロン・クリスから電話をもらいました。



クリスは、ユーティリティは、
いくつかの再設計を行なったし、
ルースの家の近くに
タービンを持ち出さないと言ったと、
スウォーツェンドルーバーは述べました。







「だから、うまくいけば
ルース夫人のための
健康上の問題は回避されます。」と、
スウォーツェンドルーバーは
火曜日の理事会で語りました。



DTEユーティリティは、最近、
チャンドラー、オリバーと
コルファックス郡区で
30台タービンを構築するためにゴーサインを得ました。


当初の計画は
大多数を近隣のミード郡区に置きました;

しかし、ルース夫人の友人の
ミードの居住者リタ・パルシュによって
引き起こされた住民投票で、
住民は郡区委員会の決定を覆して、
プロジェクトに反対票を投じました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






---------------------
   関連記事
---------------------


<㉕ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>


2015年10月9日


ぜひ!⇒
㉕ミシガン州
◇Doctor’s letter says turbines could harm his Elkton patient
医師の手紙はタービンは彼のエルクトンの患者に害を及ぼす可能性があると述べます
(Huron Daily Tribune | October 9, 2015)
http://www.michigansthumb.com/news/local/article_2e13372a-6e7b-11e5-93ba-af9181a3e129.html

■おとしん機械翻訳




By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer





ヒューロン郡 —




チャンドラーの居住者は、
彼女の家から4分の1マイル
構築する予定の
風力タービンにさらされる場合、
「非常に方向感覚を失わせて、
彼女に潜在的に有害」だろうという懸念を
確認している郡に、
医師の診断書を送りました。


※ 4分の1マイル = 402.33600 メートル





デブとロン・ルースによって送られた手紙は、
ベイシティの耳鼻咽喉科の専門家からの
添付ファイルが含まれています。



『トリビューン』は、
ベイカーのオフィスに連絡しましたが、
彼が来週まで外出していると言いました。



ベイカーの署名は、
エルクトンの患者、
デブラルースに関する、
郡の建築とゾーニングオフィスに
9月30日に受け取られた手紙に表示されます。






ルースは、
両耳にメニエール病を持っていること、
「非常に少ない聴覚機能」が
彼女に残されていること、
そして、「どちらの耳の中にも
本質的にバランス機能はありません。」と、
ベイカーは書いています。



メニエール病は、
高度のめまいを引き起こす内耳の障害と
耳鳴りと呼ばれている耳の轟音です

- 国立衛生研究所によると、
難聴の一般的な原因。


科学者たちは、病気の原因がわからず、
治療法はありません。






「彼女は、観覧車や風車など
視覚的刺激にさらされると、
それは非常に方向感覚を失わせて、
彼女に潜在的に有害であろう
『視覚めまい』と呼ばれる(れた)
視覚的めまいが起きます。



彼女は、この問題に関して
彼女に代わって話すように私に頼みました。


そして、私は彼女の懸念が
合理的で有効であると思います」と、
手紙は述べています。







郡の建物とゾーニングディレクターの
ジェフ・スミスは、
医療専門家からの
そのような手紙を見たのは
それが初めてであると言いました。







ディケンズに関しては、
彼は、5つの風力プロジェクトの
真ん中で暮らしていると学生に話しました。



「10年前、我々はミシガンに
何も持っていませんでした、
そして、それはちょっと悲しいです。

我々を我々が現在いるところに
連れて行くには
若干の政治的な力が必要でした。」







それから、彼は地元の開発について話しました。






「来週、私はしばらくの間、ミシガン州で
最後の風力発電プロジェクトになる
可能性がある
(DTEエナジー)Pinnebogプロジェクトのために
ゾーニングを通過させるつもりです。」と、
彼は言いました。







チャンドラー、
オリバーとコルファックスの町の指導者たちは、
DTEが構築したい30台のタービンを歓迎しています。



開発者は、最初にミード郷に照準がありましたが、
住民は5月の住民投票で、
プロジェクトに反対票を投じました。








大学の再生可能エネルギープログラムの学生は、
ディケンズに
その「論争」を詳しく述べるよう頼みました。







「私たちはヒューロン郡で起きたすべてを
目撃しているヒューロン郡トリビューンの
レポーターが部屋にいるということを
わかっています。」と、ディケンズは切り出しました、
そして、休止しました。



「国家プッシュが、再生可能エネルギー
特に風力に対してあります。


それは、彼らには彼ら自身のエネルギーがあるので、
再生可能エネルギーが好きでない人々によって
資金を供給されます。


そして、それは、
私がミシガン州で見ているものです。」







ディケンズは続けました

そして、「この全国組織の
きちんとしたアンチ風力支部」をつくった
レンアウェイ郡でプロジェクトをあげました

— それは、匿名のままです。」







「昨年、彼らはミード郡区にいました」と、
彼は言いました。



「彼らは開発と
そこで戦うことに成功しました。

彼らの目で、彼らは成功していました。

その開発は、今は私の郡区へ移動しました。」







「私はそれを
ガンまたは真菌と呼びたくありません、
しかし、それは成長します」と、
彼は組織について言いました。

「彼らは変化を恐れています。」







西部ヒューロン郡の
アップルブロッサム風力プロジェクトと
ルビコン郷ビッグタートル風力発電の
拡大を数えて、
ディケンズは、ミシガン州の
パイプライン内の他のものを
知っていないと述べました。






「彼らは東ミシシッピに、
最大のタービンを入れることになるだろう、
私がしんじています。」と、
ディケンズは言いました。



「この技術は、
十年前は前代未聞でした。」







ディケンズはまた、
ベイカーカレッジの教師です。

前風力の開発者である彼は
風力エネルギーを次のように
見ると言います
「科学を教える隠れた方法

...(学生を)だましながら、

「高度な科学」を学せる。」







州のエネルギー政策に関しては、
ディケンズによると、
それらは最悪の事態に変わることができます、
それは、
本当に知識がない人々に基づいています
。」







「我々は、彼らを納得させなければなりません」と、
EDF再生可能エネルギーの運用管理者、
ケン・ウェラーは、
期限切れになっている2008年の委任を
「強化する」ことをサポートすると言いました。



・・・・・・・



他のパネリストは、
彼らが風力エネルギーの利点を
議会に知らせて、教育したいと言いました。






「それは、仕事を創出しています;
それは働いています」と、
Ventower副社長の
スコットVicianaは述べています。





Vicianaは、理想的な雇用は、
2年間の溶接証明書や学位を持つものであると
生徒たちに語りました。






アメリカ風力エネルギー協会が
本日発表した複数の統計では、
エネルギー省の
2015年「風ビジョン」報告書の部門に
従っている場合、
ミシガン州の風力エネルギーは、
2030年に州の電力の約7%を供給できます:





• 1160万ドル: 2020年までの年間の資産税収入の量



• 760万ドル: 2030年までの地主への年間総支払い



36億ドル: 2050年までミシガン州消費者のための電気代節約







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht

































2015-10-30 : 発効⇒◆ミシガン州:ヒューロン郡バッド・アックス/一時停止と条例の変更 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<㉗ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>㉗ミシガン州:開発者は、現在の風力発電プロジェクトの概要を説明 |関連記事| ⑤ミシガン州:より厳しい郡風力エネルギー規則ほぼ完璧に近い  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 











<㉗ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>



2015年10月13日





㉗ミシガン州
◇Developers outline their current wind projects
開発者は、現在の風力発電プロジェクトの概要を説明
(Huron Daily Tribune | October 13, 2015 )
http://www.michigansthumb.com/news/local/article_f6d9f08c-719f-11e5-ae37-cfca2bde98b2.html




By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer





バートアックス—




風力エネルギーの開発者は、
最近、郡のプランナーに
現在のプロジェクトの状態について
最新情報を与えました。


彼らが言ったものの概要は、ここにあります:





▼ディアフィールドの風力:

コロラド州ベースのRESアメリカは
郡の北と北東部分で
開発者が郡で保証した第2の公園、
72台のタービンを造り始めました。



RESは、来年末までには
150メガワット・プロジェクトを終える予定です。






プロジェクトの詳細:




•郡当局は2011年に
開発のためのプロジェクト領域に
24,000以上エーカー以上が適したと
みなしました





• およそ220人の地主は
参加することに同意しました






•72台のヴェスタスタービンは
RESに応じて、
50,000から60,000世帯に
電力を供給することになります






•キャデラックを拠点とする
ウルヴァリン電力協同組合は、
電力購入者です






•タービンは、地面からブレードの先端まで
492フィートに立つことになります


※ 492フィート = 149.9616 メートル 



•タービンの2100フィート以内の
すべての土地所有者は、
RESによると、
風力タービンをを持っていようがいまいが
支払いを受け取ることになります


※ 2100フィート = 640.08 メートル



▼ビッグタートル:


トラバースシティを拠点とする
ヘリテージエナジーは
現在、ルビコン郷で
10台のタービンを持つビッグタートル風力発電所に
タービンを15台追加したいと考えています。






開発者が、
他のは具体化しなかったので、
電力購入者を探しているが、
来年末までに、
15台のタービンが追加されることに
まだ自信を持っていると、言います。






▼プロジェクトの詳細:



• 郡当局は、2年前、
最初の10台のタービンのための
5000万ドルのプロジェクトに賛成しました





•15ガメサタービンは、2メガワットで
それぞれは、ルビコンと
ブルームフィールド郡区の
フィリオンとKinde道路の間、
現在10タービンのサイトの北西で
計画されています





•拡張は、約3840エーカーをカバーします





• 25台のタービンは、50メガワットに貢献します





▼ピネボグ:

DTEエネルギーは、チャンドラー、
オリバーとコールファックス郡区で、
非公式に『ピネボグ風力プロジェクト』と呼ばれる、
30台のタービンを造るために、
条件つきの承認を与えられました。



オリバー郡区プランニング議長の
ブリオンディケンズによると、
DTEは、構築するために設定されています
そして、プランナーが今週ゾーニングを検討します。






ミネソタを拠点とするジェロニモエネルギーは、
建設は来年から始まる、
西部ヒューロン郡の約30タービンを計画しています。



コンスーマーズエネルギーは、
最近、アップルブロッサム風力プロジェクトから
100メガワット、電力を購入すると発表しました。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







---------------------
   関連記事
---------------------


<⑤ミシガン州ヒューロン郡/一時停止と条例の変更>

ぜひ!⇒
⑤ミシガン州
◇Stricter county wind energy rules nearly complete
より厳しい郡風力エネルギー規則ほぼ完璧に近い

(Huron Daily Tribune | April 17, 2015 )
http://www.michigansthumb.com/news/local/
article_7055b2f0-e4f8-11e4-8d61-eb16be3e91db.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3053.html


By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer


バートアックス -


風力タービンは、
郡の風力条例に提案された変更の下で
より手ごわい規制に直面するでしょう。





委員会の議長で郡の行政責任者の
デビッド・パーラスキー氏によると、
1年以上の作業の後、変更を起草している委員会は、
「99.6パーセント」完了しました。





委員会は、将来の風力プロジェクトを
よりよく管理して、居住者に保護を提供しようとします。


彼らは、時代遅れで欠損条例であると、
一部の役人が言うものを、
更新し、追加するために毎週会いました。

メンバーは、郡の委員やプランナーが含まれます;
郡の弁護士と建築とゾーニングディレクター;住民。





火曜日に、パーラスキー氏は変更のいくつかを概説しました。




一つは、
サッカーのフィールドよりも大きくすることで
風力発電プロジェクトに参加しない住宅からの
風力タービンのセットバックを延長します。


もう一つは、
サギノー湾とレイク・ヒューロンの海岸線から
3マイルのセットバックを追加します。


その他の措置は、
一日の特定の時間に日光を遮る
タービンブレードに起因する現象である
シャドウフリッカーに制限をかけることになります。

※ 3マイル = 4.828032 キロメートル 




パーラスキー氏は、四から五ページが、
風力タービンの騒音に対処するために
追加されていると述べました。


郡は、昨年、騒音試験を実施するために
グランドラピッズ音響会社に
20,000ドル以上を支払うことに合意しました。

結果は、タービンの音のレベルが
わずかに許容限度を超えたkとを示しましたが、
より大きいで交通騒音が、
結果を歪めている可能性があります。





同社は、委員会が新しい規則を立案するのを援助しました。

すべての開発者が
より厳密なメトリックを使用して、
音の測定を行うために
同じ方法に従うように、彼らは呼びかけています。





シャドーフリッカーの問題も、新しい規制に影響を与えました。

少なくとも四世帯の住民は
自分の家の壁に投げかけられる一定の影を引用し、
郡に正式な苦情を提出しました。

彼らが風力地区の、そして、
オプトアウトする能力の一部でありえるならば、
当局者はまた、住民への通知を開始すると
パーラスキー氏は言いました。




大多数のヒューロン郡で
新しい風力プロジェクトを禁止する
最高6ヵ月間の風力エネルギー開発の現在の一時停止は、
条例の更新にかかっています。


当局は、改訂が完了して、承認されたら、
一時停止を引き上げられることができたと言います。

パーラスキー氏は、
計画委員会は、審査のため、
最終的なコピーを受信するとしています。





提案された変更              2010年の条例



海岸線から3マイル           規制されていません


3マイル = 4.828032 キロメートル 




所有地のセットバック:

非参加の住宅から1640フィート;     1,320 フィート;

※                       ※
1640フィート = 499.87200 メートル   1320フィート = 402.33600 メートル


所有地の境界線から1,340       規制されていません

※                  
1340フィート = 408.43200 メートル



シャドーフリッカー:最大10時間/年   規制されていません
非参加の住宅用




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。








□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht
























2015-10-29 : 発効⇒◆ミシガン州:ヒューロン郡バッド・アックス/一時停止と条例の変更 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<㉖ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>㉖ミシガン州:公聴会は、新しい風力タービン・ガイドラインに設定されます |関連記事| ⑤ミシガン州:より厳しい郡風力エネルギー規則ほぼ完璧に近い  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 









<㉖ミシガン州ヒューロン郡バートアックス/一時停止と条例の変更>




2015年10月13日





㉖ミシガン州
◇Public hearing set for new wind turbine guidelines
公聴会は、新しい風力タービン・ガイドラインに設定されます

(Huron Daily Tribune | October 13, 2015)
http://www.michigansthumb.com/news/local/article_7631d9ee-71a0-11e5-a2fa-9be4b4c35980.html




By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer




バートアックス -



いくつかの変更の審理中、
郡プランナーは、
ヒューロン郡で風力タービンについて
提案された新しい規則を
市民が参照するための準備ができています。






公聴会は、おそらく
ヒューロン郡巡回法廷や
エキスポセンターのような、
より大きな会場で、
11月4日午後7時に開催されるように
設定されています。







新規則は、郡のゾーニングの管轄の下、
16のタウンシップに
風力タービンを構築するために
提案されました:






• プロパティ、公共道路や電力線から
増加する風力タービンのセットバック





• タービンがヒューロン湖と
サギノー湾の海岸線から
3マイル以内に設置されるのを防止


※ 3マイル = 4.828032 キロメートル



• 音の規制のための長期間の方法を設定




• タービンの高さを499フィートに制限

※ 499フィート = 152.0952 メートル



• シャドーフリッカーを規制する





審理の後、プランナーは、
郡の行政責任者に対する勧告をするか、
決定をテーブルに出すことになっています。



16の郡区で、
新しい風力エネルギー・プロジェクトを
防いでいる一時停止が終了したあと、
11月4日の審理は来ます。







プランナーは、風力の開発者に雇われた
音響コンサルタントと、
独立した音響会社と協力して、
最初の草案以来、
いくつかの変更を行いました



- 最大のセクションの大部分は、
音についてです。







彼らは、意味論によって異なる
- 測定のための技術的な修正に
- 「音」にタービン「ノイズ」の
参照を変更します。







ジェフ・スミス、
郡の建物とゾーニングのディレクターは、
新しいルールの草案条例は、
郡の建物のウェブサイトに掲載する予定だといいます。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







---------------------
   関連記事
---------------------


<⑤ミシガン州ヒューロン郡/一時停止と条例の変更>

ぜひ!⇒
⑤ミシガン州
◇Stricter county wind energy rules nearly complete
より厳しい郡風力エネルギー規則ほぼ完璧に近い

(Huron Daily Tribune | April 17, 2015 )
http://www.michigansthumb.com/news/local/
article_7055b2f0-e4f8-11e4-8d61-eb16be3e91db.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3053.html


By Chris Aldridge, Tribune Staff Writer


バートアックス -


風力タービンは、
郡の風力条例に提案された変更の下で
より手ごわい規制に直面するでしょう。





委員会の議長で郡の行政責任者の
デビッド・パーラスキー氏によると、
1年以上の作業の後、変更を起草している委員会は、
「99.6パーセント」完了しました。





委員会は、将来の風力プロジェクトを
よりよく管理して、居住者に保護を提供しようとします。


彼らは、時代遅れで欠損条例であると、
一部の役人が言うものを、
更新し、追加するために毎週会いました。

メンバーは、郡の委員やプランナーが含まれます;
郡の弁護士と建築とゾーニングディレクター;住民。





火曜日に、パーラスキー氏は変更のいくつかを概説しました。




一つは、
サッカーのフィールドよりも大きくすることで
風力発電プロジェクトに参加しない住宅からの
風力タービンのセットバックを延長します。


もう一つは、
サギノー湾とレイク・ヒューロンの海岸線から
3マイルのセットバックを追加します。


その他の措置は、
一日の特定の時間に日光を遮る
タービンブレードに起因する現象である
シャドウフリッカーに制限をかけることになります。

※ 3マイル = 4.828032 キロメートル 




パーラスキー氏は、四から五ページが、
風力タービンの騒音に対処するために
追加されていると述べました。


郡は、昨年、騒音試験を実施するために
グランドラピッズ音響会社に
20,000ドル以上を支払うことに合意しました。

結果は、タービンの音のレベルが
わずかに許容限度を超えたkとを示しましたが、
より大きいで交通騒音が、
結果を歪めている可能性があります。





同社は、委員会が新しい規則を立案するのを援助しました。

すべての開発者が
より厳密なメトリックを使用して、
音の測定を行うために
同じ方法に従うように、彼らは呼びかけています。





シャドーフリッカーの問題も、新しい規制に影響を与えました。

少なくとも四世帯の住民は
自分の家の壁に投げかけられる一定の影を引用し、
郡に正式な苦情を提出しました。

彼らが風力地区の、そして、
オプトアウトする能力の一部でありえるならば、
当局者はまた、住民への通知を開始すると
パーラスキー氏は言いました。




大多数のヒューロン郡で
新しい風力プロジェクトを禁止する
最高6ヵ月間の風力エネルギー開発の現在の一時停止は、
条例の更新にかかっています。


当局は、改訂が完了して、承認されたら、
一時停止を引き上げられることができたと言います。

パーラスキー氏は、
計画委員会は、審査のため、
最終的なコピーを受信するとしています。





提案された変更              2010年の条例



海岸線から3マイル           規制されていません


3マイル = 4.828032 キロメートル 




所有地のセットバック:

非参加の住宅から1640フィート;     1,320 フィート;

※                       ※
1640フィート = 499.87200 メートル   1320フィート = 402.33600 メートル


所有地の境界線から1,340       規制されていません

※                  
1340フィート = 408.43200 メートル



シャドーフリッカー:最大10時間/年   規制されていません
非参加の住宅用




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。








□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht
























2015-10-28 : 発効⇒◆ミシガン州:ヒューロン郡バッド・アックス/一時停止と条例の変更 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR