騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<13-スコットランド:風力発電所の健康調査>ぜひ⇒13-プレスリリース、スコットランド/画像:風力タービンの騒音セミナーのレビューと更新…犠牲者に耳を傾けて、信じなければなりません。公衆衛生局は、総合診療医(GP)とコンサルタントが、存在しない「原因」を探す時間とお金を無駄にしないで適切な治療を提供できるように、風力タービン症候群、振動音響病、および関連するすべての症状を認める必要があります…メルヴィン・グロブナー(INWG代表) |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発













<13-スコットランド:風力発電所の健康調査>




2017年9月22日




ぜひ!⇒
13-プレスリリース、スコットランド/画像
◇Wind turbine noise seminar review and update
風力タービンの騒音セミナーのレビューと更新

(Independent Noise Working Group |2017年9月22日) 
https://www.wind-watch.org/news/2017/09/29/wind-turbine-noise-seminar-review-and-update/




プレゼンテーション:

・Melvin Grosvenor, Independent Noise Working Group (INWG)
 メルヴィン・グロブナー、独立騒音ワーキンググループ(INWG)

・M Patrick Dugast, LCF Acoustique Expert, Acoustique et Vibrations
 M パトリック・ドゥギャス、LCF Acoustique Expert, Acoustique et Vibrations

・Dr John Yelland MA DPhil (Oxon) MInstP FIET MIOA AMASA
 Dr ジョン・イェランド MA DPhil (オックスフォード大学) MInstP FIET MIOA AMASA

・Professor Mariana Alves Pereira, PhD
 マリアナ・アルヴェス・ペレイラ教授、PhD




画像:

講演者は左から右へ:
Dr ジョン・イェランド、メルヴィン・グロブナー、
マリアナ・アルヴェス・ペレイラ教授、M パトリック・ドゥギャス


===============================================




『INWG』と
影響を受けたコミュニティを代表する
メルヴィン・グロブナー氏は
英国政府から、
ビジネスエネルギー・産業戦略省(DBEIS)
スコットランド政府、
エネルギー・気候変動局(ECCD)
エアーシアおよびアラン地域のNHS(国民医療サービス)(NHS A&A)
スコットランド健康保護局からの
関係する住民への最近の対応に含まれる
中継された公式の回答は、
広く次のように結論づけていると伝えました。

「風力タービンで発生する低周波騒音や
超低周波音に起因する健康への影響の証拠はない」





これらの複合的な回答は、
報告書と研究を引用しました、
それは、
音響学研究所(IoA)Bulletin 2009より引用された
(ECCD)からの書状の中の抜粋を含みます、
そして、それは
名前付き音響学者によって共著されています。





影響を受けた住民は、
たらいまわしにされ、また戻ってきました:
NHS A&A
(エアーシアおよびアラン地域の国民医療サービス)が
提供するアドバイスを受けてGP(総合診療医)に相談し、
GP(総合診療医)の対応が
「風力タービン症候群」を診断するための
ガイドラインや医療基準を
ほとんどまたはまったく持っていないと主張します。






さらに、NHS A&Aは、
ノースエアシャーカウンシル(NAC)の
環境健康アセスメントを指し、
彼らは、SSEのハンターストンタービンの場合、
計画条件によって設定された騒音限度内で作動しており、
SSEは現在のガイダンスに適合する
低周波監視を実施していると結論づけています。




イェランド博士とアルヴェス・ペレイラ教授の
両者の証言は
配備された機器が
超低周波音の影響の証拠を
見つけるために必要とされる
より低い周波数範囲で記録するように
設計されていないため、
現在の低周波&超低周波音監視が
目的に合わないことを示しました。





ハンターストン事件※は、
他の多くの風力タービンの苦情を示すものであり、
そこで、被害に遭った住民は、
合意された騒音放射の計画条件
またはコンプライアンスの監視を通じて、
計画条件の違反をチェックする解決策が見つけられません。

※ ハンターストン事件については 
  以下の拙ブログカテゴリをご参照ください。
<♪スコットランド:ハンターストン洋上風力テストサイト騒音問題>



超低周波音とLFN(低周波騒音)に起因する
居住者の健康被害に対する
NAC Environmental Health(NAC 環境衛生)の最新の対応は
以下のように述べました:

「私は、今後もあなたの健康に関連する問題を、
環境衛生ではなく、
あなたのGP(総合診療医) / NHS(国民医療サービス)に向けて
指導するように要請します。

環境衛生は法的な有害行為になる
過剰な騒音の苦情のみを調査する。」と述べた。





ジョン・イェランド博士のプレゼンテーションでは、
経験豊富なフランスの音響技師パトリック・ドゥギャス氏と
マリアナ・アルベス・ペレイラ教授の訪問で、
数多くの影響を受けた人々に対して
適切な保護を提供することに
重大な失敗があるという証拠を提供しました
そして、それは
子供や場合によっては様々な種の動物が含まれています。






アルベス・ペレイラ教授は、
1980年代から、
有害な超低周波音の放射は、
風力タービンだけでなく、
他の工業的な供給源およびプロセス、
すなわち石炭採掘
および穀物乾燥機などによっても伝播されるという
研究の詳細な発表を行いました。






この証拠は、
メルヴィン・グロブナー氏の
プレゼンテーションに掲載されている
単一のタービンであろうが
大規模な風力発電所であろうが
風力タービンの近くに住む住民に害を与えないように
十分に保護するよう任されている
すべての公的機関によって信頼されている情報源と
ガイダンスに反しています。






イェランド博士はまた、、
被害に遭った住民は単に幻想的な「ノセボ効果」
または他の「非音響的要因」に起因することがある
風力タービンの光景に悩まされるので
彼らは単に不平を言っているとする
独立騒音ワーキンググループ(INWG)と
他の人たちによって示された
重要な懸念を指摘しました。




Q&Aセッションでは、
観客の何人かのメンバーが、
すでに家を放棄しなければならなかった人を含めて、
彼らの経験を伝えました。





タービンの電源が切られているか、
または患者が
その地域の影響エリアから離れている場合にのみ、
彼らが苦しんでいる深刻な健康への影響からの
一時的中断があることが報告されています。





しかし、戻ってきた被災住民は、
更なる曝露を受けると、
苦しみが強くなり、改善に時間がかかります。

長時間連続して被ばくすると、
被害者が家から定期的に逃げるケースがあります。






アルベス・ペレイラ教授もまた、
この長期間の曝露は、
より広い範囲の症状によって証明される
漸増被害に関連しているという証拠を提示しました。
それらは、平衡感覚障害、吐き気、協調運動障害、
耳の圧力、頭部または胸部の鼓動、
尿失禁および腸閉塞、鼻出血(大量の鼻血)、
重度の咳および胸部愁訴の増加を含むことが
報告されている。





メルヴィン・グロブナー氏は、
この深刻な問題は
「不都合なことを隠すことはできず、
既存の犠牲者の信頼を得る
真に独立した、
透明かつ信頼できる研究が緊急に必要である。」と
述べました。




「犠牲者に耳を傾けて、信じなければなりません。

公衆衛生局は、総合診療医(GP)とコンサルタントが
存在しない「原因」を探す時間とお金を無駄にしないで
適切な治療を提供できるように、
風力タービン症候群、振動音響病
および関連するすべての症状を認める必要があります。」





「風力タービンから家までの
安全な離間距離に関する新しいガイダンスが
長いこと延び延びになっています。

誰も『コラレタルダメージ(巻き添えの民間犠牲者)』として
扱われるべきではありません。」






ハンターストン(Hunterston)の住民の場合には、
NHS A&Aによって実施された
非常に限られた時間制限のある調査の行使が、
(スコットランド健康保護局の位置声明と共に)
めまいと吐き気の症例の増加を主に探すことが、
著しく損なわれたことは、
セミナーで提示された説得力のある証拠によって
また明らかです。




マリアナ・アルベス・ペレイラ(博士)教授は、
「超低周波音と低周波騒音が
病気の原因として
広く認知されていることを知ることを
奨励しています。」と述べています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)




<①スコットランド/風力発電所の健康調査>

①スコットランド
◇An ill wind blows as the surge of turbines stirs fears of silent danger to our health
タービンの急増が、我々の健康に対する静かな脅威の恐れをかきたてて、逆風が吹きます

(The Sunday Express | August 10, 2014 )
http://www.express.co.uk/news/uk/497525/
An-ill-wind-blows-as-the-surge-of-turbines-stirs-fears-of-silent-danger-to-our-health

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2971.html

By Paula Murray

画像:
風力発電所が彼の家の近くで建設された時から
アンドリュー・ビーバーズ氏は頭痛を患いました
[PAUL REID]


==================

何万ものスコットランド人は
風力発電所に起因する隠れた病気の流行で
苦しんでいるかもしれないと、活動家は警告しました。

スコットランド政府は
最近、全国10拠点でのタービンの
潜在的な悪影響に調査を委託したことを
サンデー・エクスプレスは、明らかにすることができます 。


33,500以上の家族は
これらの10拠点の風力発電所の2マイル以内で暮らしています
- ほんの一部の2,300タービンを表す
- すでに国境の北部に建てた。

※ 2マイル = 3.218688 キロメートル

住民数百人は、現在ホリールード大臣に
近くの風力発電所からの視覚への影響
およびノイズの影響と
シャドウフリッカーに関する報告を求められています。


活動家は、多くの人々が
彼らが超低周波音によって引き起こされる病気を
患っていると理解しないのを恐れます
- それは聞くことができませんが
感じることができる、低周波数の騒音。


そのような人は、元陸軍大尉の
アンドリュー・ビーバーズ氏です。
アークヒルウィンドファームが
アンガスのグラミスの自宅の近くに建設されてから
頭痛、めまい、耳鳴り、血圧の上昇や睡眠障害に
悩まされています。


軍隊を10年近く務めたビーバーズ氏は
当局はこれまでのところ
それは『既知の軍事の尋問の補助と武器』であるにもかかわらず
超低周波音の悪影響を受け入れることを拒否したと述べました。


彼は次のように言いました:
「ホワイトノイズが却下された時、彼らは超低周波音に進みました。
それがあなたに向けられるならば
あなたは脳や体は 振動している と感じることができます。

風力タービンで、それがあなたの身に
ふりかかっていることを理解しません。」


「超低周波音、低周波騒音の監視が
どんな環境アセスメントにも含まれていないことは
まったく正気ではありません。
これは、タービン建設の前後において必須でなければなりません。」


彼は、二つの大きな風力タービンが
2006年から稼動している
『ダンディーにおいて、認められた
不眠症、めまいや頭痛の原因不明の増加』に対する
懸念を引き起こしています。


ビーバーズ氏(59)は
彼が風力発電所との関連性を確信する前の12か月以上
自分の突然の健康問題の
すべての医学的説明が除外されてきたと言いました。


彼は以下のように述べました:
「私はこれらの頭痛やめまいにかかってから
まったく寝ていません。
しかし、私は
いろいろな他のものすべてのせいにしていました。
数回、私は私の犬と家の周りの丘の上を歩いて
本当に悪い浮動性めまい発作にかかりました。」

「私は実際に2、3分の間座らなければなりませんでした。
そして、いったい何が私はよくなかったか
わからないで座っている間に
私は、風がまっすぐにタービンから来ていると気がつきました。」


彼はまた、アークヒル周辺の原野で死んだノウサギの
『信じられないほどの数』を「目撃しています。
そして、それらは、タービンの結果として
『内出血と死』に屈したかもしれないと考えていると
ビーバーズ氏は、言いました。


彼は以下のように付け加えました:
「今度の冬が最後のように
私たちに非常に近い第二の風力発電所を建設する計画による
何かを行っている場合は
私たちは私たちの家を売却し
別の場所に転居しなければならないと思います。」

詳細に見た新しい調査で
10のサイトは、ロクゲリー
ファイフの近くのダンファームリン
ここで、ほとんど23,000世帯が近くにあります。
そして、リトル・レイスのうちの1つを含んでいます。
ここでほぼ9,000世帯があります。

他のものは、サザーランドのアチェイニー
サーソー近くのベイリー、ケイスネス
ダムフリースシーのダルスウィントン
コールドインガム近くのドローンヒル
ベリクシー 、パースシーのグリフィン
イアイルシャイルのヘイジャード・ヒル
レンフルーシーのネイルストン
そして
スチューアートフィールドの近くのウェスト・ノックです。

約2,000のアンケートが
スコットランド政府と再生可能エネルギー産業の間の
緊迫した対立を引き起こしていると理解される動きで
居住者へ送られました。

『風力発電所の影響調査』は
『ClimateXChange』によって管理されていて
プロジェクトに関する情報をオンラインで公表しました。


※ 『ClimateXChange』
http://www.climatexchange.org.uk/

それは以下のように述べます:

「研究は、2つの情報源を使います:
地域住民は、視覚的、騒音やシャドーフリッカーの影響に
どのように経験して反応するのか。

そして、風力発電所が動いているとき
計画ステージの予測された影響は
どのように影響と一致するのか。」


最終報告は、2014年秋に予定されます。
それは、地元住民への風力発電所の影響の管理について
スコットランド政府の再生可能エネルギーに関する立案政策
および、優れた実践へのアプローチに通知するでしょう。」

プロジェクトに関わって請負業者の一つは
ホーアリー音響で
風力発電所からの騒音や振動の測定を専門とする
国際的な会社です。


しかし、風力発電所の撲滅キャンペーン·グループ
ヨーロッパ·プラットフォームのイギリスの広報担当者の
スーザン・クロスワイスさんによると
研究は「運動をチェックしている箱にすぎない」と、言います。

彼女は以下のように付け加えました:
「表面上は、それは正しい方向への一歩のように見えます。
しかし、それを本当に信頼することができますか?
私の問題は、それが十分に独立していないということです。

「私たちのウェブサイトは
耳を傾けていない人の例に満ちています。」

「私たちは、エアーシア、エイレクレオッチとマーク・ヒルの
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所がある
- 60タービン28タービンを。

「私たちは、エアーシアで
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所を持っている、
エイレクレオッチとマーク·ヒル

「私の地域の人々は
彼らは現在気分が前より良くなっているが
しかし、なぜなのかは理解していません。
それは、彼らが送電線の上でメンテナンスをする間
タービンが切られたからかもしれません。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

------------------------------------------------

2②スコットランド
◇Wind farm battles set for court
風力発電所の戦いは法廷に設定

(Times | Published 10 August 2014)
http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/news/uk_news/scotland/article1445171.ece

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2972.html

--------------------------

ぜひ!⇒
③スコットランド
◇Health body in bid to ban wind farms
風力発電所を禁止する努力中の保健機関

(スコットランドデイリーメール| 2014年8月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/08/13/health-body-in-bid-to-ban-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2973.html

---------------------------------

ぜひ!⇒
④スコットランド
◇Windfarms investigated after claims of health problems in surrounding communities
コミュニティーを囲む際に健康問題のクレームの後に調査された風力発電所

(The Courier | 11 August 2014)
http://www.thecourier.co.uk/news/scotland/
windfarms-investigated-after-claims-of-health-problems-in-surrounding-communities-1.517213

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2975.html

-----------------------

⑤スコットランド
◇Protesters fight wind farms on grounds of health
抗議者は、健康の理由で風力発電所と戦います

(The Herald | 11 August 2014)
http://www.heraldscotland.com/news/home-news/
protesters-fight-wind-farms-on-grounds-of-health.24996516

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2976.html

--------------------

ぜひ!⇒
⑥スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm noise complaint being investigated
調査されているアークヒル風力発電所の騒音苦情

(The Courier|18 February 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/angus-the-mearns/
ark-hill-windfarm-noise-complaint-being-investigated-1.840347

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2977.html

-----------------------

<⑦スコットランド/風力発電所の健康調査>

ぜひ!⇒
⑦スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm facing possible breach of planning control
計画制御の違反の可能性に直面しているアークヒル風力発電所

(ザ・クリア | 5 March 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/
angus-the-mearns/ark-hill-windfarm-facing-possible-breach-of-planning-control-1.846884

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2978.html

------------------------------------------

<⑧スコットランド/風力発電所の健康調査>

2015年4月22日

ぜひ!⇒
スコットランド
◇Hunterston’s third turbine to be biggest yet
ハンチントン第三のタービンは、まだ最大である
(ラーグス&ミルポート・ウィークリー・ニュース | 22 Apr 2015)
http://www.largsandmillportnews.com/news/largs/articles/2015/04/22/
530215-hunterstons-third-turbine-to-be-biggest-yet/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3043.html

---------------------------------------------

<9-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2013年7月15日

ぜひ!⇒
9-スコットランド、U.K.
◇Report on the Health Impacts of Wind Farms
風力発電所の健康への影響に関する報告

https://www.wind-watch.org/documents/report-on-the-health-impacts-of-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5034.html

----------------------------------------

<10-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2015年7月2日

10-スコットランド
◇Call for revamp of windfarm noise rules
風力騒音規則の改正を求める

(The Herald | 2015年7月2日)
http://www.heraldscotland.com/news/13415339.Call_for_revamp_of_windfarm_noise_rules/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5035.html

----------------------------------------

<11-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2015年9月9日

11-スコットランド
◇Windfarm survey shows people turning away from turbines
風力発電所調査は、タービンに背を向けている人々を示す

(The Press and Journal | 2015年9月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/09/windfarm-survey-shows-people-turning-away-from-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5035.html

------------------------------------------

<12-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2017年9月17日

12-スコットランド/画像
◇Turbine noise summit
タービン騒音サミット

(Largs and Millport Weekly News | 2017年9月17日)
http://www.largsandmillportnews.com/news/fairlie/15530333.Turbine_noise_summit/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5037.html



Calum Corral



画像:

グラスゴーで風力タービン騒音に関するイベントが開催される


===============================================



9月22日金曜日午後7時、
グラスゴーのアーガイル・ストリートにある
ラディソン・ブルで、
「風力タービン騒音」に関するセミナーが開催されます。





世界的に有名な研究者で医師である
マリアナ・アルヴェス・ペレイラ教授
(Mariana Alves-Pereira)が基調講演者であり、
オーストラリアなどの学者が参加します。

風力産業も代表団を送り出しています。





先週の「News」に登場したように。
ノース・エアシャー(North Ayrshire)計画委員会は、
ハンターストン(Hunterston)のタービン施設の
SSEの2年間の延長に反対しました。
その理由は、「計画方針に反している」ためであり、
その周辺の設計および規模に不適切であるためです。




SSEがスコットランドの閣僚に訴えた結果、
ノース・エアシャー評議会は
もはや申請を決定できなくなり、
その問題は来月
スコットランドの閣僚によって決定されます。




フェアリー(Fairlie)コミュニティ評議会の
リタ・ホームズ議長(Rita Holmes)は、
来週の金曜日のイベントに
地元住民に出席するよう促している。

「スコットランドの政府リポーターが
ハンターストン(Hunterston)を訪問する
6日前に行われており、10月13日までに決定を下す。

これは反風力エネルギーイベントではなく、
コミュニティ、地方自治体、公衆衛生当局、
風力発電開発者が
風力タービンの超低周波騒音と低周波騒音について
学ぶ機会を提供することを目的としています。





英国独立騒音ワーキンググループ(INWG)の
メルヴィン・グロブナー氏(Melvin Grosvenor)は、
独立系音響学者である
ジョン・イェランド博士(John Yelland)の
「風力タービンがどのように超低周波音を作り出すか」を
紹介します。

両者は今年初めに
フェアリービレッジホールで
風力タービンの騒音について話をしました。




チケットはwww.eventbrite.co.ukから入手できます。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-17 : ぜひ⇒♪スコットランド:風力発電所の健康調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<12-スコットランド:風力発電所の健康調査>12-スコットランド/画像:タービン騒音サミット…これは反風力エネルギーイベントではなく、コミュニティ、地方自治体、公衆衛生当局、風力発電開発者が風力タービンの超低周波騒音と低周波騒音について学ぶ機会を提供することを目的としています~基調講演者はアルヴェス・ペレイラ教授(医師)で風力産業も代表団を送り出しています |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<12-スコットランド:風力発電所の健康調査>





2017年9月17日




12-スコットランド/画像
◇Turbine noise summit
タービン騒音サミット

(Largs and Millport Weekly News | 2017年9月17日)
http://www.largsandmillportnews.com/news/fairlie/15530333.Turbine_noise_summit/



Calum Corral



画像:

グラスゴーで風力タービン騒音に関するイベントが開催される


===============================================



9月22日金曜日午後7時、
グラスゴーのアーガイル・ストリートにある
ラディソン・ブルで、
「風力タービン騒音」に関するセミナーが開催されます。





世界的に有名な研究者で医師である
マリアナ・アルヴェス・ペレイラ教授
(Mariana Alves-Pereira)が基調講演者であり、
オーストラリアなどの学者が参加します。

風力産業も代表団を送り出しています。





先週の「News」に登場したように。
ノース・エアシャー(North Ayrshire)計画委員会は、
ハンターストン(Hunterston)タービン施設の
SSEの2年間の延長に反対しました。※

その理由は、「計画方針に反している」ためであり、
その周辺の設計および規模に不適切であるためです。

※ ハンターストンに関しては 
   以下の拙ブログカテゴリを参照してください。

<♪スコットランド:ハンターストン洋上風力テストサイト騒音問題>



SSEがスコットランドの閣僚に訴えた結果、
ノース・エアシャー評議会は
もはや申請を決定できなくなり、
その問題は来月
スコットランドの閣僚によって決定されます。




フェアリー(Fairlie)コミュニティ評議会の
リタ・ホームズ議長(Rita Holmes)は、
来週の金曜日のイベントに
地元住民に出席するよう促している。

「スコットランドの政府リポーターが
ハンターストン(Hunterston)を訪問する
6日前に行われており、10月13日までに決定を下す。

これは反風力エネルギーイベントではなく、
コミュニティ、地方自治体、公衆衛生当局、
風力発電開発者が
風力タービンの超低周波騒音と低周波騒音について
学ぶ機会を提供することを目的としています。





英国独立騒音ワーキンググループ(INWG)の
メルヴィン・グロブナー氏(Melvin Grosvenor)は、
独立系音響学者である
ジョン・イェランド博士(John Yelland)の
「風力タービンがどのように超低周波音を作り出すか」を
紹介します。

両者は今年初めに
フェアリービレッジホールで
風力タービンの騒音について話をしました。




チケットはwww.eventbrite.co.ukから入手できます。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)




<①スコットランド/風力発電所の健康調査>

①スコットランド
◇An ill wind blows as the surge of turbines stirs fears of silent danger to our health
タービンの急増が、我々の健康に対する静かな脅威の恐れをかきたてて、逆風が吹きます

(The Sunday Express | August 10, 2014 )
http://www.express.co.uk/news/uk/497525/
An-ill-wind-blows-as-the-surge-of-turbines-stirs-fears-of-silent-danger-to-our-health

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2971.html

By Paula Murray

画像:
風力発電所が彼の家の近くで建設された時から
アンドリュー・ビーバーズ氏は頭痛を患いました
[PAUL REID]


==================

何万ものスコットランド人は
風力発電所に起因する隠れた病気の流行で
苦しんでいるかもしれないと、活動家は警告しました。

スコットランド政府は
最近、全国10拠点でのタービンの
潜在的な悪影響に調査を委託したことを
サンデー・エクスプレスは、明らかにすることができます 。


33,500以上の家族は
これらの10拠点の風力発電所の2マイル以内で暮らしています
- ほんの一部の2,300タービンを表す
- すでに国境の北部に建てた。

※ 2マイル = 3.218688 キロメートル

住民数百人は、現在ホリールード大臣に
近くの風力発電所からの視覚への影響
およびノイズの影響と
シャドウフリッカーに関する報告を求められています。


活動家は、多くの人々が
彼らが超低周波音によって引き起こされる病気を
患っていると理解しないのを恐れます
- それは聞くことができませんが
感じることができる、低周波数の騒音。


そのような人は、元陸軍大尉の
アンドリュー・ビーバーズ氏です。
アークヒルウィンドファームが
アンガスのグラミスの自宅の近くに建設されてから
頭痛、めまい、耳鳴り、血圧の上昇や睡眠障害に
悩まされています。


軍隊を10年近く務めたビーバーズ氏は
当局はこれまでのところ
それは『既知の軍事の尋問の補助と武器』であるにもかかわらず
超低周波音の悪影響を受け入れることを拒否したと述べました。


彼は次のように言いました:
「ホワイトノイズが却下された時、彼らは超低周波音に進みました。
それがあなたに向けられるならば
あなたは脳や体は 振動している と感じることができます。

風力タービンで、それがあなたの身に
ふりかかっていることを理解しません。」


「超低周波音、低周波騒音の監視が
どんな環境アセスメントにも含まれていないことは
まったく正気ではありません。
これは、タービン建設の前後において必須でなければなりません。」


彼は、二つの大きな風力タービンが
2006年から稼動している
『ダンディーにおいて、認められた
不眠症、めまいや頭痛の原因不明の増加』に対する
懸念を引き起こしています。


ビーバーズ氏(59)は
彼が風力発電所との関連性を確信する前の12か月以上
自分の突然の健康問題の
すべての医学的説明が除外されてきたと言いました。


彼は以下のように述べました:
「私はこれらの頭痛やめまいにかかってから
まったく寝ていません。
しかし、私は
いろいろな他のものすべてのせいにしていました。
数回、私は私の犬と家の周りの丘の上を歩いて
本当に悪い浮動性めまい発作にかかりました。」

「私は実際に2、3分の間座らなければなりませんでした。
そして、いったい何が私はよくなかったか
わからないで座っている間に
私は、風がまっすぐにタービンから来ていると気がつきました。」


彼はまた、アークヒル周辺の原野で死んだノウサギの
『信じられないほどの数』を「目撃しています。
そして、それらは、タービンの結果として
『内出血と死』に屈したかもしれないと考えていると
ビーバーズ氏は、言いました。


彼は以下のように付け加えました:
「今度の冬が最後のように
私たちに非常に近い第二の風力発電所を建設する計画による
何かを行っている場合は
私たちは私たちの家を売却し
別の場所に転居しなければならないと思います。」

詳細に見た新しい調査で
10のサイトは、ロクゲリー
ファイフの近くのダンファームリン
ここで、ほとんど23,000世帯が近くにあります。
そして、リトル・レイスのうちの1つを含んでいます。
ここでほぼ9,000世帯があります。

他のものは、サザーランドのアチェイニー
サーソー近くのベイリー、ケイスネス
ダムフリースシーのダルスウィントン
コールドインガム近くのドローンヒル
ベリクシー 、パースシーのグリフィン
イアイルシャイルのヘイジャード・ヒル
レンフルーシーのネイルストン
そして
スチューアートフィールドの近くのウェスト・ノックです。

約2,000のアンケートが
スコットランド政府と再生可能エネルギー産業の間の
緊迫した対立を引き起こしていると理解される動きで
居住者へ送られました。

『風力発電所の影響調査』は
『ClimateXChange』によって管理されていて
プロジェクトに関する情報をオンラインで公表しました。


※ 『ClimateXChange』
http://www.climatexchange.org.uk/

それは以下のように述べます:

「研究は、2つの情報源を使います:
地域住民は、視覚的、騒音やシャドーフリッカーの影響に
どのように経験して反応するのか。

そして、風力発電所が動いているとき
計画ステージの予測された影響は
どのように影響と一致するのか。」


最終報告は、2014年秋に予定されます。
それは、地元住民への風力発電所の影響の管理について
スコットランド政府の再生可能エネルギーに関する立案政策
および、優れた実践へのアプローチに通知するでしょう。」

プロジェクトに関わって請負業者の一つは
ホーアリー音響で
風力発電所からの騒音や振動の測定を専門とする
国際的な会社です。


しかし、風力発電所の撲滅キャンペーン·グループ
ヨーロッパ·プラットフォームのイギリスの広報担当者の
スーザン・クロスワイスさんによると
研究は「運動をチェックしている箱にすぎない」と、言います。

彼女は以下のように付け加えました:
「表面上は、それは正しい方向への一歩のように見えます。
しかし、それを本当に信頼することができますか?
私の問題は、それが十分に独立していないということです。

「私たちのウェブサイトは
耳を傾けていない人の例に満ちています。」

「私たちは、エアーシア、エイレクレオッチとマーク・ヒルの
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所がある
- 60タービン28タービンを。

「私たちは、エアーシアで
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所を持っている、
エイレクレオッチとマーク·ヒル

「私の地域の人々は
彼らは現在気分が前より良くなっているが
しかし、なぜなのかは理解していません。
それは、彼らが送電線の上でメンテナンスをする間
タービンが切られたからかもしれません。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

------------------------------------------------

2②スコットランド
◇Wind farm battles set for court
風力発電所の戦いは法廷に設定

(Times | Published 10 August 2014)
http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/news/uk_news/scotland/article1445171.ece

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2972.html

--------------------------

ぜひ!⇒
③スコットランド
◇Health body in bid to ban wind farms
風力発電所を禁止する努力中の保健機関

(スコットランドデイリーメール| 2014年8月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/08/13/health-body-in-bid-to-ban-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2973.html

---------------------------------

ぜひ!⇒
④スコットランド
◇Windfarms investigated after claims of health problems in surrounding communities
コミュニティーを囲む際に健康問題のクレームの後に調査された風力発電所

(The Courier | 11 August 2014)
http://www.thecourier.co.uk/news/scotland/
windfarms-investigated-after-claims-of-health-problems-in-surrounding-communities-1.517213

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2975.html

-----------------------

⑤スコットランド
◇Protesters fight wind farms on grounds of health
抗議者は、健康の理由で風力発電所と戦います

(The Herald | 11 August 2014)
http://www.heraldscotland.com/news/home-news/
protesters-fight-wind-farms-on-grounds-of-health.24996516

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2976.html

--------------------

ぜひ!⇒
⑥スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm noise complaint being investigated
調査されているアークヒル風力発電所の騒音苦情

(The Courier|18 February 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/angus-the-mearns/
ark-hill-windfarm-noise-complaint-being-investigated-1.840347

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2977.html

-----------------------

<⑦スコットランド/風力発電所の健康調査>

ぜひ!⇒
⑦スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm facing possible breach of planning control
計画制御の違反の可能性に直面しているアークヒル風力発電所

(ザ・クリア | 5 March 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/
angus-the-mearns/ark-hill-windfarm-facing-possible-breach-of-planning-control-1.846884

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2978.html

------------------------------------------

<⑧スコットランド/風力発電所の健康調査>

2015年4月22日

ぜひ!⇒
スコットランド
◇Hunterston’s third turbine to be biggest yet
ハンチントン第三のタービンは、まだ最大である
(ラーグス&ミルポート・ウィークリー・ニュース | 22 Apr 2015)
http://www.largsandmillportnews.com/news/largs/articles/2015/04/22/
530215-hunterstons-third-turbine-to-be-biggest-yet/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3043.html

---------------------------------------------

<9-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2013年7月15日

ぜひ!⇒
9-スコットランド、U.K.
◇Report on the Health Impacts of Wind Farms
風力発電所の健康への影響に関する報告

https://www.wind-watch.org/documents/report-on-the-health-impacts-of-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5034.html

----------------------------------------

<10-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2015年7月2日

10-スコットランド
◇Call for revamp of windfarm noise rules
風力騒音規則の改正を求める

(The Herald | 2015年7月2日)
http://www.heraldscotland.com/news/13415339.Call_for_revamp_of_windfarm_noise_rules/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5035.html

----------------------------------------

<11-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2015年9月9日

11-スコットランド
◇Windfarm survey shows people turning away from turbines
風力発電所調査は、タービンに背を向けている人々を示す

(The Press and Journal | 2015年9月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/09/windfarm-survey-shows-people-turning-away-from-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5035.html


---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-16 : ぜひ⇒♪スコットランド:風力発電所の健康調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<11-スコットランド:風力発電所の健康調査>11-スコットランド:風力発電所調査は、タービンに背を向けている人々を示す |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<11-スコットランド:風力発電所の健康調査>





2015年9月9日




11-スコットランド
◇Windfarm survey shows people turning away from turbines
風力発電所調査は、タービンに背を向けている人々を示す

(The Press and Journal | 2015年9月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/09/windfarm-survey-shows-people-turning-away-from-turbines/



By Jane Candlish




約500人がStag調査に回答しました、
それは、風力発電施設の宿泊施設への影響、
ハイランドの魅力、緩衝地帯の影響について質問しました。




スコットランドの登山評議会、
スコットランドのランブラーズと同様に、
グループのウェブサイトで共有されました。




大多数の回答者は、風力発電施設の存在が、
ハイランドとネス湖に滞在するかどうかの決定に
影響を与えると語った。





風力発電所が見える宿泊施設を
選ぶかどうか尋ねられたとき、
491人の回答者のうち387人(79%)が
そうしないと答えた。




また、492人の回答者のうち402人(82%)が、
風力発電所はハイランドの観光客にとって
魅力的でないと考えていると答えています。





また、原生地のエリアには
風力発電所が禁止される緩衝地帯を
設けるべきであるという提案に対する
重要な支持もありました。




ある回答者は、次のように述べました:

「すでに足が遠のき、他の場所に行く傾向がある。

ハイランズで秋休みを過ごしたり、
ホテルに滞在したりなどする代わりに
湖水地方に行きます。」




もう1人は以下のように言いました:

「私はイングランドの反対側に住んでいますが、
私たちはスコットランド訪問を愛しました。
しかし、これ以上はありません
- その場所はタービンによって台無しにされています。」




そして別の人は次のように言いました:

「はい、私は影響を受ける地域には戻りません。

私はハイランドを1年に約4回訪れました。
私は2015年5月以来そこにいませんでした
- 主に私が風力発電所のために
地域に関する気分が変わったために、
人々や地域社会が彼らの環境や
訪問者を気遣うことについて
信頼できるように感じていないからです。」




『VisitScotland』は
2011年に独立した調査を依頼しました。




それは、英国の回答者の80%と
スコットランドの回答者の83%が、
風力発電所の影響を受けない場所を
訪問するという決定をしたことを示しました。




半数以上(52%)が
田園風景を損なった風車には反対しました、
そして、43%が人気のある観光地で
風力発電所を見たくないと答えました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)




<①スコットランド/風力発電所の健康調査>

①スコットランド
◇An ill wind blows as the surge of turbines stirs fears of silent danger to our health
タービンの急増が、我々の健康に対する静かな脅威の恐れをかきたてて、逆風が吹きます

(The Sunday Express | August 10, 2014 )
http://www.express.co.uk/news/uk/497525/
An-ill-wind-blows-as-the-surge-of-turbines-stirs-fears-of-silent-danger-to-our-health

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2971.html

By Paula Murray

画像:
風力発電所が彼の家の近くで建設された時から
アンドリュー・ビーバーズ氏は頭痛を患いました
[PAUL REID]


==================

何万ものスコットランド人は
風力発電所に起因する隠れた病気の流行で
苦しんでいるかもしれないと、活動家は警告しました。

スコットランド政府は
最近、全国10拠点でのタービンの
潜在的な悪影響に調査を委託したことを
サンデー・エクスプレスは、明らかにすることができます 。


33,500以上の家族は
これらの10拠点の風力発電所の2マイル以内で暮らしています
- ほんの一部の2,300タービンを表す
- すでに国境の北部に建てた。

※ 2マイル = 3.218688 キロメートル

住民数百人は、現在ホリールード大臣に
近くの風力発電所からの視覚への影響
およびノイズの影響と
シャドウフリッカーに関する報告を求められています。


活動家は、多くの人々が
彼らが超低周波音によって引き起こされる病気を
患っていると理解しないのを恐れます
- それは聞くことができませんが
感じることができる、低周波数の騒音。


そのような人は、元陸軍大尉の
アンドリュー・ビーバーズ氏です。
アークヒルウィンドファームが
アンガスのグラミスの自宅の近くに建設されてから
頭痛、めまい、耳鳴り、血圧の上昇や睡眠障害に
悩まされています。


軍隊を10年近く務めたビーバーズ氏は
当局はこれまでのところ
それは『既知の軍事の尋問の補助と武器』であるにもかかわらず
超低周波音の悪影響を受け入れることを拒否したと述べました。


彼は次のように言いました:
「ホワイトノイズが却下された時、彼らは超低周波音に進みました。
それがあなたに向けられるならば
あなたは脳や体は 振動している と感じることができます。

風力タービンで、それがあなたの身に
ふりかかっていることを理解しません。」


「超低周波音、低周波騒音の監視が
どんな環境アセスメントにも含まれていないことは
まったく正気ではありません。
これは、タービン建設の前後において必須でなければなりません。」


彼は、二つの大きな風力タービンが
2006年から稼動している
『ダンディーにおいて、認められた
不眠症、めまいや頭痛の原因不明の増加』に対する
懸念を引き起こしています。


ビーバーズ氏(59)は
彼が風力発電所との関連性を確信する前の12か月以上
自分の突然の健康問題の
すべての医学的説明が除外されてきたと言いました。


彼は以下のように述べました:
「私はこれらの頭痛やめまいにかかってから
まったく寝ていません。
しかし、私は
いろいろな他のものすべてのせいにしていました。
数回、私は私の犬と家の周りの丘の上を歩いて
本当に悪い浮動性めまい発作にかかりました。」

「私は実際に2、3分の間座らなければなりませんでした。
そして、いったい何が私はよくなかったか
わからないで座っている間に
私は、風がまっすぐにタービンから来ていると気がつきました。」


彼はまた、アークヒル周辺の原野で死んだノウサギの
『信じられないほどの数』を「目撃しています。
そして、それらは、タービンの結果として
『内出血と死』に屈したかもしれないと考えていると
ビーバーズ氏は、言いました。


彼は以下のように付け加えました:
「今度の冬が最後のように
私たちに非常に近い第二の風力発電所を建設する計画による
何かを行っている場合は
私たちは私たちの家を売却し
別の場所に転居しなければならないと思います。」

詳細に見た新しい調査で
10のサイトは、ロクゲリー
ファイフの近くのダンファームリン
ここで、ほとんど23,000世帯が近くにあります。
そして、リトル・レイスのうちの1つを含んでいます。
ここでほぼ9,000世帯があります。

他のものは、サザーランドのアチェイニー
サーソー近くのベイリー、ケイスネス
ダムフリースシーのダルスウィントン
コールドインガム近くのドローンヒル
ベリクシー 、パースシーのグリフィン
イアイルシャイルのヘイジャード・ヒル
レンフルーシーのネイルストン
そして
スチューアートフィールドの近くのウェスト・ノックです。

約2,000のアンケートが
スコットランド政府と再生可能エネルギー産業の間の
緊迫した対立を引き起こしていると理解される動きで
居住者へ送られました。

『風力発電所の影響調査』は
『ClimateXChange』によって管理されていて
プロジェクトに関する情報をオンラインで公表しました。


※ 『ClimateXChange』
http://www.climatexchange.org.uk/

それは以下のように述べます:

「研究は、2つの情報源を使います:
地域住民は、視覚的、騒音やシャドーフリッカーの影響に
どのように経験して反応するのか。

そして、風力発電所が動いているとき
計画ステージの予測された影響は
どのように影響と一致するのか。」


最終報告は、2014年秋に予定されます。
それは、地元住民への風力発電所の影響の管理について
スコットランド政府の再生可能エネルギーに関する立案政策
および、優れた実践へのアプローチに通知するでしょう。」

プロジェクトに関わって請負業者の一つは
ホーアリー音響で
風力発電所からの騒音や振動の測定を専門とする
国際的な会社です。


しかし、風力発電所の撲滅キャンペーン·グループ
ヨーロッパ·プラットフォームのイギリスの広報担当者の
スーザン・クロスワイスさんによると
研究は「運動をチェックしている箱にすぎない」と、言います。

彼女は以下のように付け加えました:
「表面上は、それは正しい方向への一歩のように見えます。
しかし、それを本当に信頼することができますか?
私の問題は、それが十分に独立していないということです。

「私たちのウェブサイトは
耳を傾けていない人の例に満ちています。」

「私たちは、エアーシア、エイレクレオッチとマーク・ヒルの
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所がある
- 60タービン28タービンを。

「私たちは、エアーシアで
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所を持っている、
エイレクレオッチとマーク·ヒル

「私の地域の人々は
彼らは現在気分が前より良くなっているが
しかし、なぜなのかは理解していません。
それは、彼らが送電線の上でメンテナンスをする間
タービンが切られたからかもしれません。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

------------------------------------------------

2②スコットランド
◇Wind farm battles set for court
風力発電所の戦いは法廷に設定

(Times | Published 10 August 2014)
http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/news/uk_news/scotland/article1445171.ece

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2972.html

--------------------------

ぜひ!⇒
③スコットランド
◇Health body in bid to ban wind farms
風力発電所を禁止する努力中の保健機関

(スコットランドデイリーメール| 2014年8月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/08/13/health-body-in-bid-to-ban-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2973.html

---------------------------------

ぜひ!⇒
④スコットランド
◇Windfarms investigated after claims of health problems in surrounding communities
コミュニティーを囲む際に健康問題のクレームの後に調査された風力発電所

(The Courier | 11 August 2014)
http://www.thecourier.co.uk/news/scotland/
windfarms-investigated-after-claims-of-health-problems-in-surrounding-communities-1.517213

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2975.html

-----------------------

⑤スコットランド
◇Protesters fight wind farms on grounds of health
抗議者は、健康の理由で風力発電所と戦います

(The Herald | 11 August 2014)
http://www.heraldscotland.com/news/home-news/
protesters-fight-wind-farms-on-grounds-of-health.24996516

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2976.html

--------------------

ぜひ!⇒
⑥スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm noise complaint being investigated
調査されているアークヒル風力発電所の騒音苦情

(The Courier|18 February 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/angus-the-mearns/
ark-hill-windfarm-noise-complaint-being-investigated-1.840347

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2977.html

-----------------------

<⑦スコットランド/風力発電所の健康調査>

ぜひ!⇒
⑦スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm facing possible breach of planning control
計画制御の違反の可能性に直面しているアークヒル風力発電所

(ザ・クリア | 5 March 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/
angus-the-mearns/ark-hill-windfarm-facing-possible-breach-of-planning-control-1.846884

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2978.html

------------------------------------------

<⑧スコットランド/風力発電所の健康調査>

2015年4月22日

ぜひ!⇒
スコットランド
◇Hunterston’s third turbine to be biggest yet
ハンチントン第三のタービンは、まだ最大である
(ラーグス&ミルポート・ウィークリー・ニュース | 22 Apr 2015)
http://www.largsandmillportnews.com/news/largs/articles/2015/04/22/
530215-hunterstons-third-turbine-to-be-biggest-yet/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3043.html

---------------------------------------------

<9-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2013年7月15日

ぜひ!⇒
9-スコットランド、U.K.
◇Report on the Health Impacts of Wind Farms
風力発電所の健康への影響に関する報告

https://www.wind-watch.org/documents/report-on-the-health-impacts-of-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5034.html

----------------------------------------

<10-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2015年7月2日

10-スコットランド
◇Call for revamp of windfarm noise rules
風力騒音規則の改正を求める
(The Herald | 2015年7月2日)
http://www.heraldscotland.com/news/13415339.Call_for_revamp_of_windfarm_noise_rules/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5035.html

Jody Harrison, Reporter



専門家は、現在のモデリングのシステムが
市民の期待を裏切っていると言って、
陸上風力発電所によって発生する
騒音の量を予測するために使用された方法の
改正を求めている。





スコットランドの10の場所での
タービンの視覚的および聴覚的影響に関する研究は、
騒音問題を特定するために
もっと注意を払わなければならず、
近くに住む人々へのその影響に
さらに配慮すべきであると述べている。





シンクタンクの『ClimateXChange』が
実施した報告書は、
風力発電の予測される影響を
タービンが稼働した後の状況と比較した最初のものです。





スコットランドの風力再生可能エネルギーサイトは
現行の計画規制を満たしていたが、
将来の開発が将来一貫性を確保するためには、
これらの見直しが必要であると示唆しました。




報告書によって提起された問題の中には、
いくつかの評価と公的関与活動が、
運営する風力発電所の影響について
住民に適切な準備をしていないこと、
開発者の計画申請で提出された文書で予測された影響が、
完了したプロジェクトの現実と
必ずしも一致しないことを示しています。





『ClimateXChange』のプロジェクトマネージャー
ラグネ・ロー氏(Ragne Low)は次のように述べています。

 「この調査が計画プロセスに関連する問題に
焦点を当てているので、
我々は、提案された風力発電所の
予測される影響を測定する際の
改善された実践にその結果が役立つこと
そして、これを意思決定者や
影響を受ける可能性のある人に
伝えることに役立つと、確信しています。」




彼は、ガイダンスやグッドプラクティスの
いくつかの可能性のある改善点を指摘しており、
そのうちのいくつかはすでに実施されていると指摘した。





風力エネルギー政策の改革を推進している
『Scotland Against Spin』のスポークスマン、
リンダ・ホルート氏(Linda Holt)は、
次のように述べました。

「この研究は、風力発電所の近くに住む人々の
経験を心に刻み込む世界で最初のものです。

あまりにも長い間、
風力発電所に苦情を言う人々は
『ニンビー(地元での建設反対派)』として退けられました。





「勧告は、風力発電所の近隣住民への
潜在的な悪影響に対処するための計画システムが
不完全であることを示しており、
スコットランド政府に
それらを実施する時間を無駄にしないことを
我々は促します。」





スコットランド・リニューアブルの広報担当者は、
風力発電プランナーが利用できるガイダンスの
高い標準を強調していると語った。




スコットランド政府のスポークスマンは、
この調査によると、
計画にはすでに改善が加えられており、
それは、厳格であり、
風力発電所の適切な立地を保証していると言います。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-15 : ぜひ⇒♪スコットランド:風力発電所の健康調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<10-スコットランド:風力発電所の健康調査>10-スコットランド:風力騒音規則の改正を求める…スコットランドの10の場所でのタービンの視覚的および聴覚的影響に関する研究は、騒音問題を特定するためにもっと注意を払わなければならず、近くに住む人々へのその影響にさらに配慮すべきである |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<10-スコットランド:風力発電所の健康調査>



2015年7月2日




10-スコットランド
◇Call for revamp of windfarm noise rules
風力騒音規則の改正を求める

(The Herald | 2015年7月2日)
http://www.heraldscotland.com/news/13415339.Call_for_revamp_of_windfarm_noise_rules/



Jody Harrison, Reporter



専門家は、現在のモデリングのシステムが
市民の期待を裏切っていると言って、
陸上風力発電所によって発生する
騒音の量を予測するために使用された方法の
改正を求めている。





スコットランドの10の場所での
タービンの視覚的および聴覚的影響に関する研究は、
騒音問題を特定するために
もっと注意を払わなければならず、
近くに住む人々へのその影響に
さらに配慮すべきであると述べている。





シンクタンクの『ClimateXChange』が
実施した報告書は、
風力発電の予測される影響を
タービンが稼働した後の状況と比較した最初のものです。





スコットランドの風力再生可能エネルギーサイトは
現行の計画規制を満たしていたが、
将来の開発が将来一貫性を確保するためには、
これらの見直しが必要であると示唆しました。




報告書によって提起された問題の中には、
いくつかの評価と公的関与活動が、
運営する風力発電所の影響について
住民に適切な準備をしていないこと、
開発者の計画申請で提出された文書で予測された影響が、
完了したプロジェクトの現実と
必ずしも一致しないことを示しています。





『ClimateXChange』のプロジェクトマネージャー
ラグネ・ロー氏(Ragne Low)は次のように述べています。

 「この調査が計画プロセスに関連する問題に
焦点を当てているので、
我々は、提案された風力発電所の
予測される影響を測定する際の
改善された実践にその結果が役立つこと
そして、これを意思決定者や
影響を受ける可能性のある人に
伝えることに役立つと、確信しています。」




彼は、ガイダンスやグッドプラクティスの
いくつかの可能性のある改善点を指摘しており、
そのうちのいくつかはすでに実施されていると指摘した。





風力エネルギー政策の改革を推進している
『Scotland Against Spin』のスポークスマン、
リンダ・ホルート氏(Linda Holt)は、
次のように述べました。

「この研究は、風力発電所の近くに住む人々の
経験を心に刻み込む世界で最初のものです。

あまりにも長い間、
風力発電所に苦情を言う人々は
『ニンビー(地元での建設反対派)』として退けられました。





「勧告は、風力発電所の近隣住民への
潜在的な悪影響に対処するための計画システムが
不完全であることを示しており、
スコットランド政府に
それらを実施する時間を無駄にしないことを
我々は促します。」





スコットランド・リニューアブルの広報担当者は、
風力発電プランナーが利用できるガイダンスの
高い標準を強調していると語った。




スコットランド政府のスポークスマンは、
この調査によると、
計画にはすでに改善が加えられており、
それは、厳格であり、
風力発電所の適切な立地を保証していると言います。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)




<①スコットランド/風力発電所の健康調査>

①スコットランド
◇An ill wind blows as the surge of turbines stirs fears of silent danger to our health
タービンの急増が、我々の健康に対する静かな脅威の恐れをかきたてて、逆風が吹きます

(The Sunday Express | August 10, 2014 )
http://www.express.co.uk/news/uk/497525/
An-ill-wind-blows-as-the-surge-of-turbines-stirs-fears-of-silent-danger-to-our-health

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2971.html

By Paula Murray

画像:
風力発電所が彼の家の近くで建設された時から
アンドリュー・ビーバーズ氏は頭痛を患いました
[PAUL REID]


==================

何万ものスコットランド人は
風力発電所に起因する隠れた病気の流行で
苦しんでいるかもしれないと、活動家は警告しました。

スコットランド政府は
最近、全国10拠点でのタービンの
潜在的な悪影響に調査を委託したことを
サンデー・エクスプレスは、明らかにすることができます 。


33,500以上の家族は
これらの10拠点の風力発電所の2マイル以内で暮らしています
- ほんの一部の2,300タービンを表す
- すでに国境の北部に建てた。

※ 2マイル = 3.218688 キロメートル

住民数百人は、現在ホリールード大臣に
近くの風力発電所からの視覚への影響
およびノイズの影響と
シャドウフリッカーに関する報告を求められています。


活動家は、多くの人々が
彼らが超低周波音によって引き起こされる病気を
患っていると理解しないのを恐れます
- それは聞くことができませんが
感じることができる、低周波数の騒音。


そのような人は、元陸軍大尉の
アンドリュー・ビーバーズ氏です。
アークヒルウィンドファームが
アンガスのグラミスの自宅の近くに建設されてから
頭痛、めまい、耳鳴り、血圧の上昇や睡眠障害に
悩まされています。


軍隊を10年近く務めたビーバーズ氏は
当局はこれまでのところ
それは『既知の軍事の尋問の補助と武器』であるにもかかわらず
超低周波音の悪影響を受け入れることを拒否したと述べました。


彼は次のように言いました:
「ホワイトノイズが却下された時、彼らは超低周波音に進みました。
それがあなたに向けられるならば
あなたは脳や体は 振動している と感じることができます。

風力タービンで、それがあなたの身に
ふりかかっていることを理解しません。」


「超低周波音、低周波騒音の監視が
どんな環境アセスメントにも含まれていないことは
まったく正気ではありません。
これは、タービン建設の前後において必須でなければなりません。」


彼は、二つの大きな風力タービンが
2006年から稼動している
『ダンディーにおいて、認められた
不眠症、めまいや頭痛の原因不明の増加』に対する
懸念を引き起こしています。


ビーバーズ氏(59)は
彼が風力発電所との関連性を確信する前の12か月以上
自分の突然の健康問題の
すべての医学的説明が除外されてきたと言いました。


彼は以下のように述べました:
「私はこれらの頭痛やめまいにかかってから
まったく寝ていません。
しかし、私は
いろいろな他のものすべてのせいにしていました。
数回、私は私の犬と家の周りの丘の上を歩いて
本当に悪い浮動性めまい発作にかかりました。」

「私は実際に2、3分の間座らなければなりませんでした。
そして、いったい何が私はよくなかったか
わからないで座っている間に
私は、風がまっすぐにタービンから来ていると気がつきました。」


彼はまた、アークヒル周辺の原野で死んだノウサギの
『信じられないほどの数』を「目撃しています。
そして、それらは、タービンの結果として
『内出血と死』に屈したかもしれないと考えていると
ビーバーズ氏は、言いました。


彼は以下のように付け加えました:
「今度の冬が最後のように
私たちに非常に近い第二の風力発電所を建設する計画による
何かを行っている場合は
私たちは私たちの家を売却し
別の場所に転居しなければならないと思います。」

詳細に見た新しい調査で
10のサイトは、ロクゲリー
ファイフの近くのダンファームリン
ここで、ほとんど23,000世帯が近くにあります。
そして、リトル・レイスのうちの1つを含んでいます。
ここでほぼ9,000世帯があります。

他のものは、サザーランドのアチェイニー
サーソー近くのベイリー、ケイスネス
ダムフリースシーのダルスウィントン
コールドインガム近くのドローンヒル
ベリクシー 、パースシーのグリフィン
イアイルシャイルのヘイジャード・ヒル
レンフルーシーのネイルストン
そして
スチューアートフィールドの近くのウェスト・ノックです。

約2,000のアンケートが
スコットランド政府と再生可能エネルギー産業の間の
緊迫した対立を引き起こしていると理解される動きで
居住者へ送られました。

『風力発電所の影響調査』は
『ClimateXChange』によって管理されていて
プロジェクトに関する情報をオンラインで公表しました。


※ 『ClimateXChange』
http://www.climatexchange.org.uk/

それは以下のように述べます:

「研究は、2つの情報源を使います:
地域住民は、視覚的、騒音やシャドーフリッカーの影響に
どのように経験して反応するのか。

そして、風力発電所が動いているとき
計画ステージの予測された影響は
どのように影響と一致するのか。」


最終報告は、2014年秋に予定されます。
それは、地元住民への風力発電所の影響の管理について
スコットランド政府の再生可能エネルギーに関する立案政策
および、優れた実践へのアプローチに通知するでしょう。」

プロジェクトに関わって請負業者の一つは
ホーアリー音響で
風力発電所からの騒音や振動の測定を専門とする
国際的な会社です。


しかし、風力発電所の撲滅キャンペーン·グループ
ヨーロッパ·プラットフォームのイギリスの広報担当者の
スーザン・クロスワイスさんによると
研究は「運動をチェックしている箱にすぎない」と、言います。

彼女は以下のように付け加えました:
「表面上は、それは正しい方向への一歩のように見えます。
しかし、それを本当に信頼することができますか?
私の問題は、それが十分に独立していないということです。

「私たちのウェブサイトは
耳を傾けていない人の例に満ちています。」

「私たちは、エアーシア、エイレクレオッチとマーク・ヒルの
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所がある
- 60タービン28タービンを。

「私たちは、エアーシアで
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所を持っている、
エイレクレオッチとマーク·ヒル

「私の地域の人々は
彼らは現在気分が前より良くなっているが
しかし、なぜなのかは理解していません。
それは、彼らが送電線の上でメンテナンスをする間
タービンが切られたからかもしれません。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

------------------------------------------------

2②スコットランド
◇Wind farm battles set for court
風力発電所の戦いは法廷に設定

(Times | Published 10 August 2014)
http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/news/uk_news/scotland/article1445171.ece

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2972.html

--------------------------

ぜひ!⇒
③スコットランド
◇Health body in bid to ban wind farms
風力発電所を禁止する努力中の保健機関

(スコットランドデイリーメール| 2014年8月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/08/13/health-body-in-bid-to-ban-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2973.html

---------------------------------

ぜひ!⇒
④スコットランド
◇Windfarms investigated after claims of health problems in surrounding communities
コミュニティーを囲む際に健康問題のクレームの後に調査された風力発電所

(The Courier | 11 August 2014)
http://www.thecourier.co.uk/news/scotland/
windfarms-investigated-after-claims-of-health-problems-in-surrounding-communities-1.517213

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2975.html

-----------------------

⑤スコットランド
◇Protesters fight wind farms on grounds of health
抗議者は、健康の理由で風力発電所と戦います

(The Herald | 11 August 2014)
http://www.heraldscotland.com/news/home-news/
protesters-fight-wind-farms-on-grounds-of-health.24996516

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2976.html

--------------------

ぜひ!⇒
⑥スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm noise complaint being investigated
調査されているアークヒル風力発電所の騒音苦情

(The Courier|18 February 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/angus-the-mearns/
ark-hill-windfarm-noise-complaint-being-investigated-1.840347

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2977.html

-----------------------

<⑦スコットランド/風力発電所の健康調査>

ぜひ!⇒
⑦スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm facing possible breach of planning control
計画制御の違反の可能性に直面しているアークヒル風力発電所

(ザ・クリア | 5 March 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/
angus-the-mearns/ark-hill-windfarm-facing-possible-breach-of-planning-control-1.846884

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2978.html

------------------------------------------

<⑧スコットランド/風力発電所の健康調査>

2015年4月22日

ぜひ!⇒
スコットランド
◇Hunterston’s third turbine to be biggest yet
ハンチントン第三のタービンは、まだ最大である
(ラーグス&ミルポート・ウィークリー・ニュース | 22 Apr 2015)
http://www.largsandmillportnews.com/news/largs/articles/2015/04/22/
530215-hunterstons-third-turbine-to-be-biggest-yet/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3043.html

---------------------------------------------

<9-スコットランド:風力発電所の健康調査>

2013年7月15日

ぜひ!⇒
9-スコットランド、U.K.
◇Report on the Health Impacts of Wind Farms
風力発電所の健康への影響に関する報告

https://www.wind-watch.org/documents/report-on-the-health-impacts-of-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5034.html


Author: Dr Sarah Taylor
Director of Public Health & Planning NHS Shetland 15th July 2013
著者:Dr サラ・テイラー
国民医療[保健]サービスシェトランドのディレクター 
2013年7月15日




「低周波騒音が人に与える主な影響は
アノイアンス(不快感、いらだたしさ, 迷惑)であると
一般に認められています。

不快感は、重大な健康影響として認識され、
ストレス、睡眠障害、
および日常生活への干渉を伴う人々に関連している。

風力発電所に関連する騒音レベルが
用量関連反応で
不快感を引き起こすという証拠が増えています。

...一連の症状は、近くに住む人々の
風力タービンの騒音に起因するものであり、
これらは一般的な環境騒音曝露に関連するものであり、
しばしばストレス症状としても記述される。





頭痛、過敏症、集中困難、疲労、めまい、不安、
睡眠障害を含み、しばしば迷惑に関連して記述される。

...風力タービンからの低レベルの騒音は、
他の騒音源と同様のレベルよりも
迷惑になることが多いことが認識されています。

風力発電所からの苦情の一般的な原因は、
低周波騒音に関連するものではなく、
特に夜間の空力騒音の可聴モジュレーションに
関連していると考えている人もいます。

また、風力タービンの騒音の低周波騒音成分を
知覚する人がいることや、
夜間や大型風力タービンの方が重要であるという
証拠もあります。

...風力発電所からの騒音の感知された影響が
本質的に生理学的
または心理学的なものであるかどうかに関わらず、
睡眠障害によって健康に悪影響を及ぼし、
生活の質を低下させ、
時にはストレス関連症状につながる
不快感の原因となると考えられます。


...結論:

風力タービンは、
健康に影響を及ぼすいくつかの影響を
引き起こすことが知られています:
適切なセットバック距離によって
最小限に抑えられたアイス・スローや
構造的な故障によるリスク;
不快感、睡眠障害、
および一部の人々のストレスの症状のもとである
騒音とシャドウフリッカー。

現在の緩和策は、
風力発電所が原因の不快感に完全には対応しておらず、
その結果は周辺に住む多くの人々の
苦痛や健康を害する原因となっています。





Download original document: “Report on the Health Impacts of Wind Farms”
ダウンロード原本:『風力発電所の健康への影響に関する報告』


https://docs.wind-watch.org/Health_Impacts_Wind_Farms-NHS_Shetland.pdf



抄録

風力発電所の健康への影響の証拠には
多数のレビューがあり、
様々な範囲と深さの
独立した科学者や専門家のパネル、
そして支持者や反対者から業界を含む
風力発電開発に至るまで、
そして、政府機関から国際的に入手可能である
さまざまな範囲と深さの文献レビューがあります。



限られた量の元々の科学的研究、
疫学的野外研究、
観察および測定研究、
そして、正式な科学文献と
非公式の公的メディアの両方からの
多数のケーススタディがあります。




個々の風力発電所の開発には、
地域の状況に合わせて
研究結果を適用するための健康影響評価が
いくつかあります。
 


このレポートは、
現時点までに出版された証拠と文献を引き出し、
抄録と結論は、一般読者が理解しやすく
理解できる形式でまとめようとしています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-14 : ぜひ⇒♪スコットランド:風力発電所の健康調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<9-スコットランド:風力発電所の健康調査>ぜひ⇒9-スコットランド、U.K.:風力発電所の健康への影響に関する報告 著者:Dr サラ・テイラー(国民医療[保健]サービスシェトランドのディレクター) / “Report on the Health Impacts of Wind Farms”…現在の緩和策は、風力発電所が原因の不快感に完全には対応しておらず、その結果は周辺に住む多くの人々の苦痛や健康を害する原因となっています |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<9-スコットランド:風力発電所の健康調査>




2013年7月15日




ぜひ!⇒
9-スコットランド、U.K.
◇Report on the Health Impacts of Wind Farms
風力発電所の健康への影響に関する報告

https://www.wind-watch.org/documents/report-on-the-health-impacts-of-wind-farms/


Author: Dr Sarah Taylor
Director of Public Health & Planning NHS Shetland 15th July 2013
著者:Dr サラ・テイラー
国民医療[保健]サービスシェトランドのディレクター 
2013年7月15日




「低周波騒音が人に与える主な影響は
アノイアンス(不快感、いらだたしさ, 迷惑)であると
一般に認められています。

不快感は、重大な健康影響として認識され、
ストレス、睡眠障害、
および日常生活への干渉を伴う人々に関連している。

風力発電所に関連する騒音レベルが
用量関連反応で
不快感を引き起こすという証拠が増えています。

...一連の症状は、近くに住む人々の
風力タービンの騒音に起因するものであり、
これらは一般的な環境騒音曝露に関連するものであり、
しばしばストレス症状としても記述される。





頭痛、過敏症、集中困難、疲労、めまい、不安、
睡眠障害を含み、しばしば不快感に関連して記述される。

...風力タービンからの低レベルの騒音は、
他の騒音源と同様のレベルよりも
迷惑になることが多いことが認識されています。

風力発電所からの苦情の一般的な原因は、
低周波騒音に関連するものではなく、
特に夜間の空力騒音の可聴モジュレーションに
関連していると考えている人もいます。

また、風力タービンの騒音の低周波騒音成分を
知覚する人がいることや、
夜間や大型風力タービンの方が重要であるという
証拠もあります。

...風力発電所からの騒音の感知された影響が
本質的に生理学的
または心理学的なものであるかどうかに関わらず、
睡眠障害によって健康に悪影響を及ぼし、
生活の質を低下させ、
時にはストレス関連症状につながる
不快感の原因となると考えられます。


...結論:

風力タービンは、
健康に影響を及ぼすいくつかの影響を
引き起こすことが知られています:
適切なセットバック距離によって
最小限に抑えられたアイス・スローや
構造的な故障によるリスク;
不快感、睡眠障害、
および一部の人々のストレスの症状のもとである
騒音とシャドウフリッカー。

現在の緩和策は、
風力発電所が原因の不快感に完全には対応しておらず、
その結果は周辺に住む多くの人々の
苦痛や健康を害する原因となっています。





Download original document: “Report on the Health Impacts of Wind Farms”
ダウンロード原本:『風力発電所の健康への影響に関する報告』

https://docs.wind-watch.org/Health_Impacts_Wind_Farms-NHS_Shetland.pdf



抄録

風力発電所の健康への影響の証拠には
多数のレビューがあり、
様々な範囲と深さの
独立した科学者や専門家のパネル、
そして支持者や反対者から業界を含む
風力発電開発に至るまで、
そして、政府機関から国際的に入手可能である
さまざまな範囲と深さの文献レビューがあります。



限られた量の元々の科学的研究、
疫学的野外研究、
観察および測定研究、
そして、正式な科学文献と
非公式の公的メディアの両方からの
多数のケーススタディがあります。




個々の風力発電所の開発には、
地域の状況に合わせて
研究結果を適用するための健康影響評価が
いくつかあります。
 


このレポートは、
現時点までに出版された証拠と文献を引き出し、
抄録と結論は、一般読者が理解しやすく
理解できる形式でまとめようとしています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)




<①スコットランド/風力発電所の健康調査>

①スコットランド
◇An ill wind blows as the surge of turbines stirs fears of silent danger to our health
タービンの急増が、我々の健康に対する静かな脅威の恐れをかきたてて、逆風が吹きます

(The Sunday Express | August 10, 2014 )
http://www.express.co.uk/news/uk/497525/
An-ill-wind-blows-as-the-surge-of-turbines-stirs-fears-of-silent-danger-to-our-health

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2971.html

By Paula Murray

画像:
風力発電所が彼の家の近くで建設された時から
アンドリュー・ビーバーズ氏は頭痛を患いました
[PAUL REID]


==================

何万ものスコットランド人は
風力発電所に起因する隠れた病気の流行で
苦しんでいるかもしれないと、活動家は警告しました。

スコットランド政府は
最近、全国10拠点でのタービンの
潜在的な悪影響に調査を委託したことを
サンデー・エクスプレスは、明らかにすることができます 。


33,500以上の家族は
これらの10拠点の風力発電所の2マイル以内で暮らしています
- ほんの一部の2,300タービンを表す
- すでに国境の北部に建てた。

※ 2マイル = 3.218688 キロメートル

住民数百人は、現在ホリールード大臣に
近くの風力発電所からの視覚への影響
およびノイズの影響と
シャドウフリッカーに関する報告を求められています。


活動家は、多くの人々が
彼らが超低周波音によって引き起こされる病気を
患っていると理解しないのを恐れます
- それは聞くことができませんが
感じることができる、低周波数の騒音。


そのような人は、元陸軍大尉の
アンドリュー・ビーバーズ氏です。
アークヒルウィンドファームが
アンガスのグラミスの自宅の近くに建設されてから
頭痛、めまい、耳鳴り、血圧の上昇や睡眠障害に
悩まされています。


軍隊を10年近く務めたビーバーズ氏は
当局はこれまでのところ
それは『既知の軍事の尋問の補助と武器』であるにもかかわらず
超低周波音の悪影響を受け入れることを拒否したと述べました。


彼は次のように言いました:
「ホワイトノイズが却下された時、彼らは超低周波音に進みました。
それがあなたに向けられるならば
あなたは脳や体は 振動している と感じることができます。

風力タービンで、それがあなたの身に
ふりかかっていることを理解しません。」


「超低周波音、低周波騒音の監視が
どんな環境アセスメントにも含まれていないことは
まったく正気ではありません。
これは、タービン建設の前後において必須でなければなりません。」


彼は、二つの大きな風力タービンが
2006年から稼動している
『ダンディーにおいて、認められた
不眠症、めまいや頭痛の原因不明の増加』に対する
懸念を引き起こしています。


ビーバーズ氏(59)は
彼が風力発電所との関連性を確信する前の12か月以上
自分の突然の健康問題の
すべての医学的説明が除外されてきたと言いました。


彼は以下のように述べました:
「私はこれらの頭痛やめまいにかかってから
まったく寝ていません。
しかし、私は
いろいろな他のものすべてのせいにしていました。
数回、私は私の犬と家の周りの丘の上を歩いて
本当に悪い浮動性めまい発作にかかりました。」

「私は実際に2、3分の間座らなければなりませんでした。
そして、いったい何が私はよくなかったか
わからないで座っている間に
私は、風がまっすぐにタービンから来ていると気がつきました。」


彼はまた、アークヒル周辺の原野で死んだノウサギの
『信じられないほどの数』を「目撃しています。
そして、それらは、タービンの結果として
『内出血と死』に屈したかもしれないと考えていると
ビーバーズ氏は、言いました。


彼は以下のように付け加えました:
「今度の冬が最後のように
私たちに非常に近い第二の風力発電所を建設する計画による
何かを行っている場合は
私たちは私たちの家を売却し
別の場所に転居しなければならないと思います。」

詳細に見た新しい調査で
10のサイトは、ロクゲリー
ファイフの近くのダンファームリン
ここで、ほとんど23,000世帯が近くにあります。
そして、リトル・レイスのうちの1つを含んでいます。
ここでほぼ9,000世帯があります。

他のものは、サザーランドのアチェイニー
サーソー近くのベイリー、ケイスネス
ダムフリースシーのダルスウィントン
コールドインガム近くのドローンヒル
ベリクシー 、パースシーのグリフィン
イアイルシャイルのヘイジャード・ヒル
レンフルーシーのネイルストン
そして
スチューアートフィールドの近くのウェスト・ノックです。

約2,000のアンケートが
スコットランド政府と再生可能エネルギー産業の間の
緊迫した対立を引き起こしていると理解される動きで
居住者へ送られました。

『風力発電所の影響調査』は
『ClimateXChange』によって管理されていて
プロジェクトに関する情報をオンラインで公表しました。


※ 『ClimateXChange』
http://www.climatexchange.org.uk/

それは以下のように述べます:

「研究は、2つの情報源を使います:
地域住民は、視覚的、騒音やシャドーフリッカーの影響に
どのように経験して反応するのか。

そして、風力発電所が動いているとき
計画ステージの予測された影響は
どのように影響と一致するのか。」




最終報告は、2014年秋に予定されます。

それは、地元住民への風力発電所の影響の管理について
スコットランド政府の再生可能エネルギーに関する立案政策
および、優れた実践へのアプローチに通知するでしょう。」



プロジェクトに関わって請負業者の一つは
ホーアリー音響で
風力発電所からの騒音や振動の測定を専門とする
国際的な会社です。




しかし、風力発電所の撲滅キャンペーン·グループ
ヨーロッパ·プラットフォームのイギリスの広報担当者の
スーザン・クロスワイスさんによると
研究は「運動をチェックしている箱にすぎない」と、言います。



彼女は以下のように付け加えました:
「表面上は、それは正しい方向への一歩のように見えます。
しかし、それを本当に信頼することができますか?

私の問題は、それが十分に独立していないということです。




「私たちのウェブサイトは
耳を傾けていない人の例に満ちています。」


「私たちは、エアーシア、エイレクレオッチとマーク・ヒルの
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所がある
- 60タービン28タービンを。



「私たちは、エアーシアで
私たちに近い2つの非常に大規模な風力発電所を持っている、
エイレクレオッチとマーク·ヒル



「私の地域の人々は
彼らは現在気分が前より良くなっているが
しかし、なぜなのかは理解していません。

それは、彼らが送電線の上でメンテナンスをする間
タービンが切られたからかもしれません。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

------------------------------------------------

2②スコットランド
◇Wind farm battles set for court
風力発電所の戦いは法廷に設定

(Times | Published 10 August 2014)
http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/news/uk_news/scotland/article1445171.ece

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2972.html

--------------------------

ぜひ!⇒
③スコットランド
◇Health body in bid to ban wind farms
風力発電所を禁止する努力中の保健機関

(スコットランドデイリーメール| 2014年8月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/08/13/health-body-in-bid-to-ban-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2973.html

---------------------------------

ぜひ!⇒
④スコットランド
◇Windfarms investigated after claims of health problems in surrounding communities
コミュニティーを囲む際に健康問題のクレームの後に調査された風力発電所

(The Courier | 11 August 2014)
http://www.thecourier.co.uk/news/scotland/
windfarms-investigated-after-claims-of-health-problems-in-surrounding-communities-1.517213

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2975.html

-----------------------

⑤スコットランド
◇Protesters fight wind farms on grounds of health
抗議者は、健康の理由で風力発電所と戦います

(The Herald | 11 August 2014)
http://www.heraldscotland.com/news/home-news/
protesters-fight-wind-farms-on-grounds-of-health.24996516

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2976.html

--------------------

ぜひ!⇒
⑥スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm noise complaint being investigated
調査されているアークヒル風力発電所の騒音苦情

(The Courier|18 February 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/angus-the-mearns/
ark-hill-windfarm-noise-complaint-being-investigated-1.840347

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2977.html

-----------------------

<⑦スコットランド/風力発電所の健康調査>

ぜひ!⇒
⑦スコットランド/画像
◇Ark Hill windfarm facing possible breach of planning control
計画制御の違反の可能性に直面しているアークヒル風力発電所

(ザ・クリア | 5 March 2015)
http://www.thecourier.co.uk/news/local/
angus-the-mearns/ark-hill-windfarm-facing-possible-breach-of-planning-control-1.846884

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2978.html

------------------------------------------

<⑧スコットランド/風力発電所の健康調査>

2015年4月22日

ぜひ!⇒
スコットランド
◇Hunterston’s third turbine to be biggest yet
ハンチントン第三のタービンは、まだ最大である
(ラーグス&ミルポート・ウィークリー・ニュース | 22 Apr 2015)
http://www.largsandmillportnews.com/news/largs/articles/2015/04/22/
530215-hunterstons-third-turbine-to-be-biggest-yet/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3043.html


サイトのために計画される第3が
まだ最高の220メートルであると
詳細がわかってきて、
健康への懸念が
ハンチントンのタービンに関して上がりました。

先端まで193メートルに達する既存の2台は、
シーメンスと三菱によって建設されました、
しかし、2番目のタービンは
数ヵ月前に設置されたことにもかかわらず
まだ動き始めていません。


現在、保守党議員トム·マーシャル氏は、
超低周波音の影響に関する
完全かつ率直な議論を呼びかけています
— 風力タービンでもたらされると言われている
低周波数騒音
— 3番目に許可が与えられる前に。


彼は以下のように述べました:
「インフラサウンド(超低周波不可聴音)の
全体の問題がしっかりと議論されることは、重要です
- 私は、タービン騒音に影響を受けていると主張する
フェアリーの一部の住民を信じています。」

「計画担当者は委任された権限に基づいて
第三のタービンの申請に対処します
- しかし、それは前の2つとは異なるサイズなので、
正式な計画申請をする必要があります。」


「それから、市民がそれについて
コメントする機会があるでしょう。
現時点では、それは、
ようすを見るための申請の審査です。
インフラサウンド(超低周波不可超音)の
全体の問題が
しっかりと議論されることは重要です
。」


NAV-OVグループ(ノース·エアシャーは
私たちの村を破壊しました)の
議長であるデビッド·テルフォード氏は、
3番目の8MWのタービンのために、
ノースエアシャー議会への
スコットランド開発公社の申請についても
意見を述べました。

彼は、近隣のコミュニティに対する
インフラサウンド(超低周波不可聴音)の
影響に対する懸念も引き起こしました。


彼は、村が、実質的に、
プロジェクトのための「モルモット」とされていると
言いました。


風力タービン騒音に関する国際会議が
グラスゴーで行われて
、恐怖が生じます。
※ おとしん注:1

木曜日まで実行する会議の目的は、
会って、問題と解決策を議論する
風力発電所の騒音や発生に関心のある人のためです。

しかし、ノース·エアシャー議会の
環境衛生部門は、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は
有意な脅威が存在しないような
低い周波数であったと言って、
健康上の懸念を却下しました。


一方、三菱は、
彼らの『SeaAngel』タービンを
市場に出すことに関して
計画を打ち切ったことが
業界の出版物で明らかにされました

- 2台目のタービン - 商品として。
※ おとしん注:2

※ おとしん注:1

風力タービン騒音に関する国際会議が
グラスゴーで行われて


■International Conferences on Wind Turbine Noise
風力タービンの騒音に関する国際会議


‐隔年開催され、
風車騒音​​に関する国際会議のINCEヨーロッパシリーズ‐
http://windturbinenoise.eu/



はじめに

風力タービンの騒音に関する国際会議のシリーズは、
2005年に始まり、隔年で行われる。

デンバー米国で開催された成功した2013年の会議の後、
私たちは2015風力タービンノイズ会議をお知らせいたします。
Author: Dr Sarah Taylor
Director of Public Health & Planning NHS Shetland 15th July 2013
著者:Dr サラ・テイラー
国民医療[保健]サービスシェトランドのディレクター 
2013年7月15日




「低周波騒音が人に与える主な影響は
アノイアンス(不快感、いらだたしさ, 迷惑)であると
一般に認められています。

不快感は、重大な健康影響として認識され、
ストレス、睡眠障害、
および日常生活への干渉を伴う人々に関連している。

風力発電所に関連する騒音レベルが
用量関連反応で
不快感を引き起こすという証拠が増えています。

...一連の症状は、近くに住む人々の
風力タービンの騒音に起因するものであり、
これらは一般的な環境騒音曝露に関連するものであり、
しばしばストレス症状としても記述される。





頭痛、過敏症、集中困難、疲労、めまい、不安、
睡眠障害を含み、しばしば迷惑に関連して記述される。

...風力タービンからの低レベルの騒音は、
他の騒音源と同様のレベルよりも
迷惑になることが多いことが認識されています。

風力発電所からの苦情の一般的な原因は、
低周波騒音に関連するものではなく、
特に夜間の空力騒音の可聴モジュレーションに
関連していると考えている人もいます。

また、風力タービンの騒音の低周波騒音成分を
知覚する人がいることや、
夜間や大型風力タービンの方が重要であるという
証拠もあります。

...風力発電所からの騒音の感知された影響が
本質的に生理学的
または心理学的なものであるかどうかに関わらず、
睡眠障害によって健康に悪影響を及ぼし、
生活の質を低下させ、
時にはストレス関連症状につながる
不快感の原因となると考えられます。


...結論:

風力タービンは、
健康に影響を及ぼすいくつかの影響を
引き起こすことが知られています:
適切なセットバック距離によって
最小限に抑えられたアイス・スローや
構造的な故障によるリスク;
不快感、睡眠障害、
および一部の人々のストレスの症状のもとである
騒音とシャドウフリッカー。

現在の緩和策は、
風力発電所が原因の不快感に完全には対応しておらず、
その結果は周辺に住む多くの人々の
苦痛や健康を害する原因となっています。





Download original document: “Report on the Health Impacts of Wind Farms”
ダウンロード原本:『風力発電所の健康への影響に関する報告』


https://docs.wind-watch.org/Health_Impacts_Wind_Farms-NHS_Shetland.pdf



抄録

風力発電所の健康への影響の証拠には
多数のレビューがあり、
様々な範囲と深さの
独立した科学者や専門家のパネル、
そして支持者や反対者から業界を含む
風力発電開発に至るまで、
そして、政府機関から国際的に入手可能である
さまざまな範囲と深さの文献レビューがあります。



限られた量の元々の科学的研究、
疫学的野外研究、
観察および測定研究、
そして、正式な科学文献と
非公式の公的メディアの両方からの
多数のケーススタディがあります。




個々の風力発電所の開発には、
地域の状況に合わせて
研究結果を適用するための健康影響評価が
いくつかあります。
 


このレポートは、
現時点までに出版された証拠と文献を引き出し、
抄録と結論は、一般読者が理解しやすく
理解できる形式でまとめようとしています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





・・・・・

学者、産業、コンサルタントなど
- 私たちは、背景の広い範囲で、
世界各国からの代表を歓迎します。

INCEヨーロッパ
・・・・・

次回の会議は、次のとおりです。

風力タービンNOISE 2015

日付:2015年4月20日月曜日~23日木曜日

会場:ラディソンSASホテル、グラスゴー、スコットランド


※ 右側メニュー 『プログラム』より抜粋

4月20日月曜日  「オープニング」、「サウンド伝搬1」、「同2」、「同3」

4月21日火曜日  「健康影響とアノイアンス」、「規制1」、
         
         「受信環境」  
         Modelling of house filter for wind turbine noise
         風力タービン雑音のための住宅フィルタのモデリング
         ‐Tachibana‐

         「ト-ナルノイズ」    
  Assessment of tonal components contained in wind turbine noise
  in immission areas
          ミッション領域の風力タービン騒音に含まれるトーン成分の評価    
          ‐Kobayashi‐

4月22日水曜日 「空力騒音源1」、「同2」、「同3」、「小型タービン」、  

4月23日木曜日   
「振幅変調1」、「振幅変調2」、
          
「振幅変調3」
          Subjective experiments on the auditory impression of the
          amplitude modulation sound contained in wind turbine noise
          風力タービンノイズに含まれる
          振幅変調音の聴覚印象に関する主観的実験
          ‐Yokoyama‐
        
          「会議終了」


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


======================

■日本騒音制御工学会 国際会議のサイトより
6th International Conference on Wind Turbine Noise

(WIND TURBINE NOISE 2015)
http://www.ince-j.or.jp/02/page/02_k.html

* Call for Papers (WTN2015)
http://www.ince-j.or.jp/02/page/doc/WTN15_CallForPapersFlyer_PRINT.pdf

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-13 : ぜひ⇒♪スコットランド:風力発電所の健康調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR