騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

≪☆デンマーク:風力タービンによる健康影響調査≫ぜひ⇒デンマーク、ドイツ:(4/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?   |関連記事|デンマーク:人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか?/風車は、彼の人生を毒殺/現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます  // おとしんからのお知らせ:2015年3月22日に懇親会を行います / New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました / 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です







≪☆デンマーク:風力タービンによる健康影響調査≫

(1/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2950.html

(2/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2951.html

(3/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳

(4/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳



======================================


(4/4) (一部抜粋)


(ドイツでは・・・)
具体的には、汚染防止法で規定されている
音の測定のタイプは、
低い周波数の影響は屋内を完全に無視します。


一方、連邦環境庁は、
問題に関するより多くの光を当てるための
フォローアップ調査を発表しました。





私たちが、現在信じるものは何ですか?

一方で、連邦環境事務所は、
さらに超低周波音の健康影響を調査することを要求します。

他方、UBA長官のKrautzbergerは
エネルギー転移が損なわれないように、
風力タービンと住宅開発の間の
より大きな最小距離に対して助言する必要があります。



制限から、測定の方法は、
現在デンマークでだけでなく、
ドイツの政府専門家によって疑問視されています。




風力タービンからの排出量は
「ノイズに関する技術説明書」(TAノイズ)によって
測定します。

しかし、この規定の下では、
常に屋外でのみ、測定が行われます。


専門家は以下を見つけます:

屋内については、多くの場合、低い周波数の効果を高める。

建物は100ヘルツ以下でちょうど振動を警戒します、
大きい窓によって、それらは
ほとんど妨害されずに透過することができます。





================================



デンマーク、ドイツ
◇Macht der Infraschall von Windkraftanlagen krank?
(4/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?

(Wetzel Wirtschaftsredakteur 02.03.15)
http://www.welt.de/wirtschaft/energie/article137970641/
Macht-der-Infraschall-von-Windkraftanlagen-krank.html



Von Daniel
ダニエル・ウェッツェル 経済エディタ




(3/4)「風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?」の続き。

■おとしん機械翻訳





▼連邦環境事務所の矛盾しているメッセージ




トリッキーな努力。

バイエルンの州政府は、すでに、
風力タービンの高さの10倍が
住宅からの最小距離としての地位を確立しています。




しばしば200メートルの高さの風力タービンで、
住宅は、半径2000メートルの付近に
立っていないかもしれません。

この要件は、任意の医学的
または科学的な証拠に基づくものではありません:


最少の距離は、政治的理由のために
明らかにバイエルン州の政府によって自由に選ばれました。


しかし、この「10Hの規則」の批判者は、
国でまだ風力タービンのかなりの数に適合する
どんな機会も現在この版でわかりません。




したがって、連邦環境庁(UBA)は、
バイエルンの例に従うことに対して、他の州に警告します。


ドイツの住宅から2キロの標準距離が
はっきり出されると
風力タービンは
わずか36ギガワットの総容量を持つだけになります。


エネルギー革命は終わるだろう。




UBA長官のマリアKrautzbergerは
国に、助言しました。
したがって、彼らは
「過度の後退距離規制による妥協のミスが
エネルギー革命の重要な柱としての
風力エネルギーの拡大を支配するべきではありません。」




しかし、連邦環境庁は、
超低周波音放射の健康リスクの証拠について
緊急に研究が必要で、
真剣に解釈されるべきであると
別の研究で指摘していることは、奇妙なことです。




しかし、安全な科学的な知識は、まだ未定です。

しかし、証明している
「大部分が低周波数域の音に集中することがあっても
低レベルで、
かなり精神的健康に影響を与える可能性があります。」と
連邦環境庁に代わって
ヴッパータール大学によって作成された
「インフラサウンドの影響に関する事前調査」で、
述べています。




「風力タービンからの最も頻繁な原因のノイズ」は
市民からの登録済みの苦情の場合に含まれています。

具体的には、汚染防止法で規定されている
音の測定のタイプは、
低い周波数の影響は屋内を完全に無視します。


一方、連邦環境庁は、
問題に関するより多くの光を当てるための
フォローアップ調査を発表しました。





私たちが、現在信じるものは何ですか?

一方で、連邦環境事務所は、
さらに超低周波音の健康影響を調査することを要求します。

他方、UBA長官のKrautzbergerは
エネルギー転移が損なわれないように、
風力タービンと住宅開発の間の
より大きな最小距離に対して助言する必要があります。






▼説明的な力のない現在の制限価格



現在適用される風力タービン用放射ガイドラインは、
もはや十分でないという事実、
その中で、UBAの超低周波音研究は、
間違いなく去ります。

風力タービンは、より高く、より強力になっているので、
ノイズの排出量が再評価される必要があり、
超低周波域は、責任あるUBA研究を率いる
音響の専門家
デトレフ・Krahé氏を要求する必要があります。


「風力タービンの増加する高さと、
ローターブレードは、
より変動する風のプロフィールを切断しました。」




したがって、
「小型風力タービンのための放射と伝搬モデルは、
現代の、大規模なシステムにも
適用できることを前提としていません。」



・・・・・・・

制限から、測定の方法は、
現在デンマークでだけでなく、
ドイツの政府専門家によって疑問視されています。




風力タービンからの排出量は
「ノイズに関する技術説明書」(TAノイズ)によって
測定します。

しかし、この規定の下では、
常に屋外でのみ、測定が行われます。


専門家は以下を見つけます:

屋内については、多くの場合、低い周波数の効果を高める。

建物は100ヘルツ以下でちょうど振動を警戒します、
大きい窓によって、それらは
ほとんど妨害されずに透過することができます。





▼いらいらさせる経験



TAノイズの別の欠点:
それは音圧レベルは、人間の耳のラウドネス知覚が
複製される方法で測定しなければならないと規定している。


:これは一般的に主要な迷惑と認識されている
甲高い音のような原則の高いピッチの
加重デシベルで測定された重み付け、
いわゆる、A評価(Dezibel-Aで測られる)は
しっかりした状況を重くします。


風力タービンから発せられる
特別に低い周波数は、
このタイプの測定で無視されます。




TAノイズはまた、他の測定値と
低周波数の参照で決定が行われなければならない。

:これらの追加の測定は、
ドイツ工業規格の仕様書に従って実施される。


・・・・・・・



超低周波音の犠牲者だと考える人々にとって、
問題はこれらのいらいらさせる経験を意味します:


・・・・・・・




▼デンマークの風力発電は、海上に進みます



したがって、どの方向が
まだ議論を壊すことができたかは、不明です。

・・・・・・・


少なくとも、それは
気候変動対策のより高い福祉についてあります。




航空機騒音または交通騒音が
地元の居住者の健康に影響を及ぼすという事実は、
明白にまた、あります。

しかし、そのため
誰も飛行や車のトラフィックを禁止しないでしょう。




・・・・・・


一方で、ドイツエネルコンの大型タービンメーカー
アウリッヒから、
彼らはより少ない空力騒音を発するように、
ローター・シートの後方端部が
変更されている技術をテストします。


これらのいわゆる「トレーリングエッジセレーション」(TES)は、
将来的には風力タービンの標準機能である可能性があります。

世界のすべての苦情を提供するのに
十分な技術かどうかはまだ不明である。





デンマーク人はジレンマから抜け出す方法を発見しました。

地方では、ほんのわずかの新しいプラントしか来ないと、
風力産業協会の代表、ジャンHyllebergは思います。

しかし、成長が海上で起こります。






北海とバルト海の2つの新しい大型の風力発電所では、
50%のマークは、2020年までに
グリーンエネルギーのシェアをスキップされます。


・・・・・・・



ドイツはこのエコモデルに従うことを望んでいません。

・・・・・・


連邦政府は、国の風力発電の
35,000メガワット以上がすでに存在している間、
2020年に北海とバルト海で
6500メガワットを許可したいと考えています。



このように、ドイツで7倍以上の風力発電が
陸上および海上でインストールされる
– 超低周波音が多分ほんの少しのカモメだけを
そこで妨げるだろうが。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





==================
 関連記事
==================


ぜひ⇒
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2355.html



ぜひ!→
デンマーク
◇Bliver folk syge af støj fra vindmøller?
人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか?

(DR dk | 16. Jan. 2014)
http://www.dr.dk/Nyheder/Viden/Miljoe/2014/01/15235232.htm


Af Hanne Kokkegård


風力タービン騒音および心血管障害を研究する、デンマークの癌協会


風力タービンからのノイズの研究のための170万を与える、
3つの省では近所の人の健康上の問題を提供します。
研究では、レジスタの数によって行われる。
写真: Jan Djenner © Scanpix


数週間以内に、癌協会は、風力タービンの騒音の影響に関する主要な研究を開始しました。


- 私たちは、風力タービンからの騒音は、
人々に心血管疾患のリスクの増加を示しかどうかを調査する必要があります、
シニアメッテソレンセンは、プロジェクトについて述べています。

・・・・・・・・・・


---------------------


ぜひ!→
デンマーク  動画
◇Vindmøller forpestede hans liv
風車は、彼の人生を毒殺

(TV SYD | 16-01-14)
http://www.tvsyd.dk/artikel/228425:Vindmoeller-forpestede-hans-liv


af Jørgen Nygaard


農業のステーン・ Vildbækは、16年前に彼の所有地の近くで
建設された2つの風力タービンによって、
彼の健康がどのように影響を受けたか国会の環境委員会に説明しました


・・・・・・・・・・


-----------------------------


デンマーク
◇Nu skal det undersøges om vindmøller er usunde
現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます

(jv.dk | 10. jan. 2014)
http://www.jv.dk/artikel/1662519:Aabenraa--Nu-skal-det-undersoeges-om-vindmoeller-er-usunde


Af Bente Staugaard


アーベンラー:風力タービンの近くに住んでいるとき、
他の人がそれに気づくことがなくても、一部の人々は、大きな不快感を経験します。
今、癌協会の研究者は研究しています。


・・・・・・・・・

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■




※ 今週です!


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



============================================
New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました
============================================




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。






============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht































2015-03-20 : デンマーク:風力タービンによる健康影響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪☆デンマーク:風力タービンによる健康影響調査≫ぜひ⇒デンマーク、ドイツ:(3/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?…病気を引き起こしている風力タービンからの超低周波音? — 超低周波音に起因する健康影響に対する懸念から、少しの新しい風力タービンも、デンマークで造られていません。政府調査は進行中です。対照的に、ドイツ当局は、問題を軽く扱います |関連記事|デンマーク:人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか?/風車は、彼の人生を毒殺/現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます  // おとしんからのお知らせ:2015年3月22日に懇親会を行います / New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました / 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 







≪☆デンマーク:風力タービンによる健康影響調査≫



(1/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2950.html

(2/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2951.html

(3/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳

(4/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳




=================================

(3/4)(一部抜粋)



再生可能エネルギー産業の多くは、
石炭や原子力発電所からの健康リスクを挙げて
迅速なエネルギー遷移を正当化しました。

今、彼らも、
健康被害の原因であるとの疑いに
対処する必要があります。





==============================




デンマーク、ドイツ
◇Macht der Infraschall von Windkraftanlagen krank?
(3/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?

(Wetzel Wirtschaftsredakteur 02.03.15)
http://www.welt.de/wirtschaft/energie/article137970641/
Macht-der-Infraschall-von-Windkraftanlagen-krank.html



Von Daniel
ダニエル・ウェッツェル 経済エディタ




(2/4)「風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?」の続き。

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2951.html





▼ドイツ当局は量った



尊大な病人としての風力発電の反対派:

風力タービン疾患の存在の証拠が
今まで薄かったため、
ドイツ当局は、この見解に傾斜します。

実際、ニュージーランド調査者の実験は、
低周波音の曝露は
被験者の不快感による「逆プラセボ効果」、
いわゆる『ノセボ効果』であるという疑いを
暗示しました。





実験では、そのような参加者も、
明らかに実験室で超低周波音源に
暴露された症状を感じると主張しました。

身体的な原因は与えられなかったが、
健康問題への予想は、不快感につながりました。





鼻出血、耳鳴り、頭痛、不眠、めまい、動悸:

アメリカの著者ニーナ・ピアポントは、
タイトル「風力タービン症候群」の本で
初めて2009年にそのような症状を解説しました。

しかし、風力発電の対戦相手の下で
世界中で広範囲にわたる300ページの大冊が
科学的な最小限の主張のためには
十分ではありません。



「すでに、医学調査を伴うことなく
23の電話に基づいただけの
単に12の主要な症状で
新しい臨床像を開発するアプローチは、
大胆に思われます」と
環境、測定のための自然保護の国家研究所
バーデン·ヴュルテンベルクは述べています。


バーデン·ヴュルテンベルク州当局の結論:

「風力タービン症候群は存在しません。」





環境、健康と食品安全のためのバイエルン州政府は、
低周波音の安全性を説明します:


「住宅からの通常の距離の
風力タービンによって生成された超低周波騒音は、
聴覚と知覚限界以下である。」と、それは述べています。

従って、「今日の科学の状態から
風力タービンは、人の幸福と健康と、
有害な影響を一致させません。」




人が聞くことができないものは、
当局の評価によっても、有害なはずがありません。






▼ドイツの風力発電所の難民




実際には、
世界中で発表された健康問題の大きい数を
心身の想像力とノセボ効果で説明できるならば、
それは、珍しいだろう。

インターネット上では、
運命「風力難民」の報告は、
国営カナダの放送局が
YouTubeの広範囲に及ぶマニュアルの
「風のラッシュ」について説明します。




また、ドイツの風力発電所の開発者と
住民間の衝突は増加しています。




風力ステートのナンバーワンは、
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で、
455台のロータータワーが昨年再建されました。

風がタービンからの環境のために州政府によると、
「苦情の数は、
統計学的に完全に取り込まれていない」が
同期間中に、当局は
ノイズ放射による約60の苦情を受けました。





=====================



画像:


ドイツの地図であらわす
州ごとの風量タービンの図表。




======================



ドイツの風力発電の犠牲者には、
例えば、Dörpumのシュレスヴィヒ·ホルシュタイン、
4人の従業員を持つ保健センターで変換された
古い水車小屋で仕事をしている
ピーテルとHeimke Hogeveenがいます。


チームのディールは、理学療法、マッサージ、
スポーツリハビリと予防スポーツが含まれています。




家から500メートル離れたエネルコンE82-ミルは
ハブ高140メートルで構築されたため、
しかし、スポーツにも非常に積極的なカップルは、
パフォーマンスの低下、めまいや不眠など
劇的な身体的な苦情を訴えている。





Hogeveensは
屋根の下の彼女のベッドルームをあきらめて、
地下室に新しいものを準備しました。





不快がそこで減少しなかったとき、
彼らは台所の床をこじ開けて、
それの下で
石膏ボードの使用を含む地下室を開発しました。
そして、再び睡眠を見つけることができる
「音の死角」を構築しました。





▼ドイツの風力エネルギー協会は、慎重な表現



それは、少し役に立ちました。

「私は、3時に今夜、再び起きました」と、
Heimke Hogeveenは言いました。




「東の風です。」

Hogeveensは、超低周波音がそこに到達して
彼女がダウンしたと考えている。


「我々は、ボイラーに似ています。」と
Heimke Hogeveenは述べています。




彼らは、彼らの17歳の息子を
フレンスブルクの寄宿学校に行かせました。


最後に、男の子がしばしば苦しんだ鼻血は、
そこで止まりました。

現在、ピーターHogeveenは、
彼が風力タービンの事業者に対して
意図的な傷害の刑事責任について
訴えを提出するかどうか、彼の弁護士と調べています。





このような健康被害の報告について、
ドイツの風力エネルギー協会は、
用心して自己を表現して、
南ドイツ地域の当局の研究に言及するだけです。

それにもかかわらず、
業界では「非常に深刻」に
超低周波音についての議論をします。





正当な理由で。

苦情が名称を与えられることがわかるならば、
問題は結果の後に生じるであろう。

住宅からの最小距離を設定することだけで
それは十分ですか?

もしそうなら、どのように、もっと大きく
彼らがすることができますか?

再生可能エネルギー産業の多くは、
石炭や原子力発電所からの健康リスクを挙げて
迅速なエネルギー遷移を正当化しました。


今、彼らも、
健康被害の原因であるとの疑いに
対処する必要があります。





(4/4)「風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?」
に続く。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






==================
 関連記事
==================


ぜひ⇒
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2355.html



ぜひ!→
デンマーク
◇Bliver folk syge af støj fra vindmøller?
人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか?

(DR dk | 16. Jan. 2014)
http://www.dr.dk/Nyheder/Viden/Miljoe/2014/01/15235232.htm


Af Hanne Kokkegård


風力タービン騒音および心血管障害を研究する、デンマークの癌協会


風力タービンからのノイズの研究のための170万を与える、
3つの省では近所の人の健康上の問題を提供します。
研究では、レジスタの数によって行われる。
写真: Jan Djenner © Scanpix


数週間以内に、癌協会は、風力タービンの騒音の影響に関する主要な研究を開始しました。


- 私たちは、風力タービンからの騒音は、
人々に心血管疾患のリスクの増加を示しかどうかを調査する必要があります、
シニアメッテソレンセンは、プロジェクトについて述べています。

・・・・・・・・・・


---------------------


ぜひ!→
デンマーク  動画
◇Vindmøller forpestede hans liv
風車は、彼の人生を毒殺

(TV SYD | 16-01-14)
http://www.tvsyd.dk/artikel/228425:Vindmoeller-forpestede-hans-liv


af Jørgen Nygaard


農業のステーン・ Vildbækは、16年前に彼の所有地の近くで
建設された2つの風力タービンによって、
彼の健康がどのように影響を受けたか国会の環境委員会に説明しました


・・・・・・・・・・


-----------------------------


デンマーク
◇Nu skal det undersøges om vindmøller er usunde
現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます

(jv.dk | 10. jan. 2014)
http://www.jv.dk/artikel/1662519:Aabenraa--Nu-skal-det-undersoeges-om-vindmoeller-er-usunde


Af Bente Staugaard


アーベンラー:風力タービンの近くに住んでいるとき、
他の人がそれに気づくことがなくても、一部の人々は、大きな不快感を経験します。
今、癌協会の研究者は研究しています。


・・・・・・・・・

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■




※ 今週です!


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



============================================
New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました
============================================




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。






============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht






























2015-03-19 : デンマーク:風力タービンによる健康影響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪☆デンマーク:風力タービンによる健康影響調査≫ぜひ⇒デンマーク、ドイツ:(2/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?…何十万もの人々が、常に不明な起源の慢性の健康問題から、デンマークで苦しみます…匿名希望のコペンハーゲン大学の研究員  |関連記事|デンマーク:人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか?/風車は、彼の人生を毒殺/現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます  // おとしんからのお知らせ:2015年3月22日に懇親会を行います / New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました / 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です




≪☆デンマーク:風力タービンによる健康影響調査≫

(1/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2950.html

(2/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2951.html

(3/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳

(4/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳



======================================


(2/4) (一部抜粋)




その後、デンマークのメディアは
ユトランドのオレセン氏の
死んだミンクの写真を公表しました。




風力発電の反対派は、
無意識の実地試験の結果として動物の運命を引用しました:


低周波による聞こえない音

ロータブレードは、空気を圧縮しながら
風力タービンのタワーを越えて
掃引するときはいつでも、それが生じる。

20ヘルツ未満の振動は、
動物のためにだけでなく、人々のためにも有害です。





================================




デンマーク、ドイツ
◇Macht der Infraschall von Windkraftanlagen krank?
(2/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?

(Wetzel Wirtschaftsredakteur 02.03.15)
http://www.welt.de/wirtschaft/energie/article137970641/
Macht-der-Infraschall-von-Windkraftanlagen-krank.html



Von Daniel
ダニエル・ウェッツェル 経済エディタ




(1/4)「風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?」の続き。
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2950.html



▼「胸の振動」



オレセン氏のミンク農場の250キロ東
ジーランド島のホルベックの自治体でも、
風力発電のトラブルがあります。


ポスターに抗議する前に、
植物栽培家ボイエ・イェンセン(67)は
家族、友人と従業員の横に並びます。

今日のために会社は
多年生植物の販売を予定している。

至る所から、買い手は来ます、
安価な植物の植木鉢や多年草を、
そのステーションワゴンのトランクに載せています。




イェンセン氏は四十年で
この多年生植物園を築いてきましたが、
今、彼は禁止されました。

ついに14人の従業員への支払い不能です、
そして、イェンセン氏によると、
彼のフィールドの後ろにある風力タービンに責任があります。

イェンセン氏は、彼の会社のそばに
直接、風力タービンを建設する
ホルベックの自治体の計画と長い間、戦ってきました。




=====================



画像3:

Foto: Daniel Wetzel


潅木の庭師、ボイエイェンセン氏(67)は、
彼の会社をあきらめなければならなかった。

すぐ会社のそばに
風力タービンが建設されて動いた時から、
会社の労働者は深刻な健康問題について苦情を言いました。




==========================





2週間後、イェンセン氏は、彼自身も不眠症で苦しんだ。

夜に、「胸の振動」を感じたと、彼は言います。

「私は、起床後すでに疲れ果てました。」

何人かの彼の庭師が、頭痛や月経の問題に苦しみました、
しかし、イェンセン氏の本当の悪夢は、
わずか数ヶ月後に開始しました。





▼植物育種家は、その労働者を実行する




・・・・・・・

その後、デンマークのメディアは
ユトランドのオレセン氏の
死んだミンクの写真を公表しました。




風力発電の反対派は、
無意識の実地試験の結果として動物の運命を引用しました:


低周波による聞こえない音

ロータブレードは、空気を圧縮しながら
風力タービンのタワーを越えて
掃引するときはいつでも、それが生じる。

20ヘルツ未満の振動は、
動物のためにだけでなく、人々のためにも有害です。





風力発電の反対派、
stilhed.eu、wcfn.org、windwahn.de
またはvernunftkraft.deのウェブサイトで、
科学出版の数十を参照してください。


自然保護の理由のために風力タービンを拒絶する
国際組織、『世界自然保護協議会』は、
「風力タービン症候群」の存在を示す
増大する文書を無視するデンマークの政府を
公開状で訴えました。






こういうことは、イェンセン氏の
潅木市場向け菜園にパニックをトリガしました。

5人の従業員は、無断で彼女達の仕事をやめました。

イェンセン氏は、
会社を維持する方法がわからなかった。

彼はゆっくり縮んだチームと
市場向け菜園を解決したかった。

「私の良心は、より多くの私のスタッフを
健康上のリスクにさらすことに合意できなかった」と彼は言う。

しかし、銀行は計画を受け入れず、
クレジットラインを終了しませんでした。

イェンセン氏は、債務超過を発表しなければなりませんでした。




▼前環境担当大臣は、風力タービンの反対派を代表します



・・・・・


1例外を除いて:
反風力発電所の数が急激に増加したので
政府は2013年末に
風力タービンの可能性健康被害に関する研究を発表しました。





============================


画像4:

Foto: Daniel Wetzel

「私は、年をとった所有者です」:
ボイエ・イェンセン氏は、
一方彼の古い会社のオペレーティングは
禁止になりました




=========================




本研究の割り当ては、遠大な結果をもたらす。

多くの自治体では、
デンマークの法定計画権限が
風力エネルギー・プロジェクトの計画を
氷でおおいます。

2017年に風力発電所の危険性についての研究の
結果が与えられるとき、狼狽する市民を考慮して、
彼らは再び新しい風力パークだけを認めたいと考えています。

デンマークの風力発電所の反対派が
最初の大成功として
展開上の事実上のモラトリアム。


・・・・・・・




▼ガンの研究者は、風力発電のリスクを検討している




・・・・・・・

ここではいくつかの250の研究者は、
デンマークがん協会の研究センターのコアを形成する。





そのうちの一人は、メッテソレンセン、
環境医師は、環境疫学が専門です。

今まで、彼女は、
交通騒音と大気汚染の健康影響を調査しました。

2014年の初めから、風力タービンから
有害な超低周波音が放射するかどうか、
デンマーク政府の命令によって決定されます。




ソレンセンと風力タービンプロジェクトを率いる
アスラクHarboポールセンは、
本研究は一意であると考えています


「これまでのところ、健康への影響は
利害関係者とのインタビューに基づいてだけで
テストされた。」と、ポールセン氏は述べています。

「我々は、しかし、客観的なデータに基づきます。」




▼ドイツ当局から



データは、デンマークの名物です。

住民がそれほど広範囲に当局で測定されて、
登録される他のいかなる国も、ありません。


科学者たちは、さらには個々の医療の調査結果を含む
データのプールへのアクセスを持っている。

同時に、公式統計は、1980年に建設された
各風力タービンのデータを知っている。




「我々は、アコースティックエミッションの
システムの中で
影響を受けている人たちを選択して、
近隣の地域住民との健康データを比較します。」と
ポールセン氏は述べています。


百万の市民を中心に
研究は風力タービンのすぐ近くに
推定10,000から15,000人の犠牲者に焦点を当てた後、
分析の焦点に落ちます。





人口統計と風力タービン統計が互いの上に置かれるならば、
研究者は就眠障害が
より頻繁にここで扱われるかどうかにかかわらず、
心臓の病気のより高い部分が
風力発電所の近くにあるかどうか、
そして、抗うつ薬が
より頻繁に処方されるかどうか知ることができます。


登録済みの健康上の問題の場合は、
「我々は80パーセントの確信を持って
およそ20%増える疾患のリスクを
決めることができます」と、ポールセン氏は述べています。





▼健康上の問題は、単なる想像?



しかし、彼らの高い科学的な主張にもかかわらず、
デンマークの研究では、
風力発電所の反対派と擁護団体との紛争を
取り除くことはできません。

でも、風力タービンの近傍であれば、
より高い疾病率が決定されるであろうが、
症状は身体的な医療の原因だったか、
単に心身の理由を持っていたのかどうかを
誰も伝えることができなかった。





「何十万もの人々が、
常に不明な起源の慢性の健康問題から、
デンマークで苦しみます」と、
名前を記載することを望んでいない
コペンハーゲン大学の研究員は言う。


「それは単に非常に目に見える風力タービンの
存在への苦情の原因は自明と思われる。」



・・・・・・・



緑の社会的主流に逆らった利己的な動機から
個人として感覚と戦うために
ちょうどそれは、順応的にむしろ生きている
平均的な市民を高い精神的圧力の下に置きます。


・・・・・・・




(3/4)「風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?」
に続く。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





==================
 関連記事
==================


ぜひ⇒
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2355.html



ぜひ!→
デンマーク
◇Bliver folk syge af støj fra vindmøller?
人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか?

(DR dk | 16. Jan. 2014)
http://www.dr.dk/Nyheder/Viden/Miljoe/2014/01/15235232.htm


Af Hanne Kokkegård


風力タービン騒音および心血管障害を研究する、デンマークの癌協会


風力タービンからのノイズの研究のための170万を与える、
3つの省では近所の人の健康上の問題を提供します。
研究では、レジスタの数によって行われる。
写真: Jan Djenner © Scanpix


数週間以内に、癌協会は、風力タービンの騒音の影響に関する主要な研究を開始しました。


- 私たちは、風力タービンからの騒音は、
人々に心血管疾患のリスクの増加を示しかどうかを調査する必要があります、
シニアメッテソレンセンは、プロジェクトについて述べています。

・・・・・・・・・・


---------------------


ぜひ!→
デンマーク  動画
◇Vindmøller forpestede hans liv
風車は、彼の人生を毒殺

(TV SYD | 16-01-14)
http://www.tvsyd.dk/artikel/228425:Vindmoeller-forpestede-hans-liv


af Jørgen Nygaard


農業のステーン・ Vildbækは、16年前に彼の所有地の近くで
建設された2つの風力タービンによって、
彼の健康がどのように影響を受けたか国会の環境委員会に説明しました


・・・・・・・・・・


-----------------------------


デンマーク
◇Nu skal det undersøges om vindmøller er usunde
現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます

(jv.dk | 10. jan. 2014)
http://www.jv.dk/artikel/1662519:Aabenraa--Nu-skal-det-undersoeges-om-vindmoeller-er-usunde


Af Bente Staugaard


アーベンラー:風力タービンの近くに住んでいるとき、
他の人がそれに気づくことがなくても、一部の人々は、大きな不快感を経験します。
今、癌協会の研究者は研究しています。


・・・・・・・・・

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■




※ 今週です!


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



============================================
New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました
============================================




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。






============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht






























2015-03-18 : デンマーク:風力タービンによる健康影響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪☆デンマーク:風力タービンによる健康影響調査≫ぜひ⇒デンマーク、ドイツ:(1/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?…病気を引き起こしている風力タービンからの超低周波音? — 超低周波音に起因する健康影響に対する懸念から、少しの新しい風力タービンも、デンマークで造られていません。政府調査は進行中です。対照的に、ドイツ当局は、問題を軽く扱います |関連記事|デンマーク:人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか?/風車は、彼の人生を毒殺/現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます  // おとしんからのお知らせ:2015年3月22日に懇親会を行います / New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました / 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 


≪☆デンマーク:風力タービンによる健康影響調査≫


(1/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2950.html

(2/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2951.html

(3/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳

(4/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?
■おとしん機械翻訳



ぜひ!⇒
デンマーク、ドイツ
◇Macht der Infraschall von Windkraftanlagen krank?
(1/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?

(Wetzel Wirtschaftsredakteur 02.03.15)
http://www.welt.de/wirtschaft/energie/article137970641/
Macht-der-Infraschall-von-Windkraftanlagen-krank.html



Von Daniel
ダニエル・ウェッツェル 経済エディタ


画像1:

Foto: Getty Images

・・・・・・

デンマークの風力タービンからの
健康への有害ノイズの排出量の報告は
既に拡大のペースが劇的な鈍化につながっている



======================



(英語による要約…原文はドイツ語)


[病気を引き起こしている風力タービンからの超低周波音?

— 超低周波音に起因する健康影響に対する懸念から、
少しの新しい風力タービンも、
デンマークで造られていません。

政府調査は進行中です。

対照的に、ドイツ当局は、問題を軽く扱います。]



============================






最初のテストで、動物は悲鳴を上げるようになった。

「それらのケージで、甲高い金切り声を上げ、
相互に噛み始めました。」と
Kajバンク氏は言いました。





明け方に彼の獣医は、自治体のヘルニングで呼び出され、
警察はオレセン氏のファームの背後の
新たな風力タービンをオフにできるようにすると、
すでに半ダース動物はケージに死んで横たわっていた。


100匹以上は、彼らが死ななければならなかったほど
深い傷を相互に自分自身に加えました。





2013年12月6日の夜に
オレセン氏のミンクファームの事件は起きました。


とても生態学上正しい位置に置かれた
デンマーク人の多くは、いらいらさせました。




タービンは、動物を悩ます可聴下の
振動を発生させて、
また、多分人々の健康に荷重を与えるでしょうか?






▼デンマークの州の停滞は、突然です




jütländischenのミンク飼育者の運命は、
全国的に見出しになって
コペンハーゲンで議会にさえ提示されました。


そして、それ以来、エネルギー・ターンには、
デンマークの風力発電業界の協会の最高経営責任者の
ヤン・Hylleberg氏が認めているような問題があります:

「超低周波音に起因する健康問題への
政府の調査が終了するまで
デンマークの自治体の大半が
氷の上に新しい風力発電所の計画を築いた。」




Vildbjerg事件の後の最初の年の2014年に、
全国の67メガワットの合計容量を持つ
唯一の新しい風車がグリッドに接続されている。

その前年には、694メガワットがありました。




・・・・・・・

風力タービンは、この国では回りません。

タービン、ブレード及び
鉄塔のローカルメーカーは警戒している。


彼らは現在、かつてないレベルの飛行を経験している:

1766年の風力タービンは、
これまで以上に、ドイツで昨年再建された。


今年は、できるだけ多くが追加されます。

ブームはすぐに終わるだろうか?




一方、風力発電プロジェクトのフロントに対して
500以上の市民が取り組みを行う。


リスクのある風力タービンからのノイズ放射が
地元の居住者の健康を危険にさらしたために、
彼らはしばしばますますドイツ許可証当局を訴えます。

今デンマークで優勢する恐怖は
すぐにドイツに波及することができます。





▼風力発電の開発はデンマークの社会を分割




風力発電の世界的リーダーの電力消費量の
40%のシェアを持つ小さな隣の国。

野心的なエネルギー政策は、
遠い国の国境を越えて放射する。




完全に、デンマークは
ほとんど「地球へのプレゼント」です。
そして、彼女がHelle Thorning-シュミット首相に
2013年に彼女の
「地球へのプレゼント」価格を手渡したとき、
保護グループWWFであるとわかります。


・・・・・


現在、稼働している風力発電所に対して
200以上の市民の取り組みがあります。
そして、これは、ヨーロッパで
最も高い電気料金のためだけではありません。




デンマークの新聞 『Jyllandsポステン』は
近くに風力タービンが建設されたため、
子供たちの健康への心配から
彼らの家をあきらめた家族の報告書を発表した。




タブロイド紙『Ekstra BLADET』は
風車の形で読者に中指を保持している
農家の全ページの漫画を示しています。
タイトル:『Vindmoller hat altid ret』
:風車の事業者は常に正しいです。

さらに風力発電の拡大の是非をめぐる論争は、
デンマークの社会を分割します。






▼西風で常に、動物は致命的に噛みます




オレセンのKajバンク氏は
ブロンドの身長2メートルの大きな男性です。


「私は今から2年後に
この農場があるだろうとは思わない」と彼は言います。


・・・・・・



オレセン氏は、呼吸困難、頭痛や胸の圧迫感を訴えました。

・・・・・・

苦情が風力タービンの音響波から来ることを、
付与されたために彼は保持している。

また、動物はそれに反応しました。





オレセン氏は、細長い、フラットな厩舎で
25000匹のミンクを取得しています。

「私の倫理は、私は動物が良好であることを
毎晩行うということです」と彼は言う。

しかし、動物にとって、それはもはやうまくいきません。

西風で常に、メスは致命的な彼女の若い動物を噛みます。

他の生まれたばかりの子供たちは、奇形があります。

オレセン氏は、風力タービンの音、
人間には聞こえない低周波は、
動物がクレイジーになると考えています。





彼の裁判所の後ろの4台のローターの塔は
ちょうど家から561メートルです。

デンマークでは、
風力タービンの4倍の高さが、
住宅からの最小距離として規定されている。


ここでは、彼はまだかろうじて保っていられました。

距離は、動物の厩舎だけに有効ではありません。

風車は、ミンクのおりから320メートル離れています。





最初の繁殖期の後、ミンクの雌は
およそ500、4500の流産と死産がありました。

彼は彼の小屋のツールの薄暗い廊下を通過しながら、
「通常、自然流産の平均は20ぐらいだ。」と
オレセン氏は言います。


最後に、彼は2メートルの冷凍庫を開きます:

その中に、およそ2000匹の
親指サイズの死んだミンクの子供が入っています。





==============================




画像2:

ミンク飼育者

Foto: Daniel Wetzel

完全に死んだミンクの子供が入った急速冷凍冷蔵庫をもつ
オレセンのミンク飼育者Kajバンク氏。

ブリーダーは、近くの風力タービンの
超低周波音が彼の動物を攻撃的にすると考えています。

ローターが回るので、
動物は相互に咬傷を加え、
生まれたばかりの子供たちは
平均以上の奇形の数を持っていることを明らかにします





=====================




※ (2/4)「風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?」
   に続く。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





==================
 関連記事
==================


ぜひ⇒
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2355.html



ぜひ!→
デンマーク
◇Bliver folk syge af støj fra vindmøller?
人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか?

(DR dk | 16. Jan. 2014)
http://www.dr.dk/Nyheder/Viden/Miljoe/2014/01/15235232.htm


Af Hanne Kokkegård


風力タービン騒音および心血管障害を研究する、デンマークの癌協会


風力タービンからのノイズの研究のための170万を与える、
3つの省では近所の人の健康上の問題を提供します。
研究では、レジスタの数によって行われる。
写真: Jan Djenner © Scanpix


数週間以内に、癌協会は、風力タービンの騒音の影響に関する主要な研究を開始しました。


- 私たちは、風力タービンからの騒音は、
人々に心血管疾患のリスクの増加を示しかどうかを調査する必要があります、
シニアメッテソレンセンは、プロジェクトについて述べています。

・・・・・・・・・・


---------------------


ぜひ!→
デンマーク  動画
◇Vindmøller forpestede hans liv
風車は、彼の人生を毒殺

(TV SYD | 16-01-14)
http://www.tvsyd.dk/artikel/228425:Vindmoeller-forpestede-hans-liv


af Jørgen Nygaard


農業のステーン・ Vildbækは、16年前に彼の所有地の近くで
建設された2つの風力タービンによって、
彼の健康がどのように影響を受けたか国会の環境委員会に説明しました


・・・・・・・・・・


-----------------------------


デンマーク
◇Nu skal det undersøges om vindmøller er usunde
現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます

(jv.dk | 10. jan. 2014)
http://www.jv.dk/artikel/1662519:Aabenraa--Nu-skal-det-undersoeges-om-vindmoeller-er-usunde


Af Bente Staugaard


アーベンラー:風力タービンの近くに住んでいるとき、
他の人がそれに気づくことがなくても、一部の人々は、大きな不快感を経験します。
今、癌協会の研究者は研究しています。


・・・・・・・・・

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■




※ 今週です!


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



============================================
New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました
============================================




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。






============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht






























2015-03-17 : デンマーク:風力タービンによる健康影響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪☆デンマーク:風力タービンによる健康影響調査≫  ぜひ→ デンマーク:人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか? 風力タービン騒音および心血管障害を研究する、デンマークの癌協会 | ぜひ→ デンマーク:風車は、彼の人生を毒殺 | デンマーク:現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます | ぜひ→ 動画-ハワイ州:カフクの居住者は風力タービン会合で熱を帯びる | ハワイ州:人と風力タービンの間にスペースを加える、同社は述べました | オランダ:アルメールのより多くの「補助金工場」に対するPVV(保守政党)                  




ぜひ!→
デンマーク
◇Bliver folk syge af støj fra vindmøller?
人々は、風力タービンの騒音から病気になっていますか?

(DR dk | 16. Jan. 2014)
http://www.dr.dk/Nyheder/Viden/Miljoe/2014/01/15235232.htm


Af Hanne Kokkegård


風力タービン騒音および心血管障害を研究する、デンマークの癌協会


風力タービンからのノイズの研究のための170万を与える、
3つの省では近所の人の健康上の問題を提供します。
研究では、レジスタの数によって行われる。
写真: Jan Djenner © Scanpix


数週間以内に、癌協会は、風力タービンの騒音の影響に関する主要な研究を開始しました。


- 私たちは、風力タービンからの騒音は、
人々に心血管疾患のリスクの増加を示しかどうかを調査する必要があります、
シニアメッテソレンセンは、プロジェクトについて述べています。


一緒に環境、気候、エネルギー·住宅省と保健省は、プロジェクトへのDKK170万。



▼ 研究は、記録に基づいている


クリスマス直前、研究の方法は承認され、おそらくプロジェクトがさらに拡張されます。


読む  風力の相手に追い風が必要です



▼デンマークはレコードを持つユニークです

風力タービン逆風が風下に向けるもの  も参照して



▼ロードノイズストレス

読み込み  最大の風力発電所を構築する方法



▼レジストリの調査はすべてのキャプチャ



▼さて併合試験で

デンマークは風騒音を調べ、唯一の国である。
世界の他の多くの場所での風力発電の対戦相手があるため。


カナダでは、当局が行う生物学的研究
測定ノイズ、睡眠、ストレスホルモンと風力タービンの近くに住む約2000人の血圧を。


メッテソレンセンによれば、レジストリ研究および生物学的マーカーを測定し、
風力タービンからのノイズと比較する研究は、よくお互いを補完する。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


* 文字は、上記サイトからリンクしています。







---------------------------------------





ぜひ!→
デンマーク  動画
◇Vindmøller forpestede hans liv
風車は、彼の人生を毒殺

(TV SYD | 16-01-14)
http://www.tvsyd.dk/artikel/228425:Vindmoeller-forpestede-hans-liv


af Jørgen Nygaard


農業のステーン・ Vildbækは、16年前に彼の所有地の近くで
建設された2つの風力タービンによって、
彼の健康がどのように影響を受けたか国会の環境委員会に説明しました




- 私たちは、風力タービンの間に住んでいたとき、睡眠障害を持っていました、
彼はテレビSOUTHに語りました。
私はいつもライザーを持っていますが、早朝に起床する悩みを持つようになりました。
私が、風車を得たというだけの理由で、私の睡眠が破壊されました


・・・・・・・・・・・


- 今、私たちはすぐに真剣にそれをする必要があります、彼はテレビSOUTHに言いました。
風予告を変更する必要があります。
我々は、人々に非常に近い風力タービンを持ち続けることはできません。


・・・・・・・・・・・


風車番号2が、1997年に登場したので、
タービンからの騒音は途方もなくVildbækを悩ませ始めました。


- あなたが、庭で待機しているトラクターや車を持っているかのように
風車から、低周波音が作成されます。


スティーンVildbækは、睡眠障害は、
心房細動や高血圧などの身体症状の数の原因となると考えています



・・・・・・・・・


- アクセス権を提供するものであっても自治体 - -
私は実際に風力産業と他のすべてのことを考えて真剣にこれを持って、
今我々はそれがここにこれを適切に調査していると言うべきである、
ハンス·クリスチャン·シュミット氏は述べています。


調査は進行中である。しかし、それは多くの人が文句を言うことのストレスを調査しません。


・・・・・・・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






---------------------------------------------






デンマーク
◇Nu skal det undersøges om vindmøller er usunde
現在、風力タービンの健康への悪影響を調べます

(jv.dk | 10. jan. 2014)
http://www.jv.dk/artikel/1662519:Aabenraa--Nu-skal-det-undersoeges-om-vindmoeller-er-usunde


Af Bente Staugaard


アーベンラー:風力タービンの近くに住んでいるとき、
他の人がそれに気づくことがなくても、一部の人々は、大きな不快感を経験します。
今、癌協会の研究者は研究しています。



・・・・・・・・・


全ての情報の相関関係は、結局、風力タービンにあまりにも近くに滞在すると有害か
どれだけ離れているかについて、いくつかの光を当てることができるはずです。


これは、研究中の、特に心血管疾患であるが、
研究はまた、他の疾患は、風力タービンによってトリガすることができるかどうかに
ノーと言うことができる。


研究は遅れて2015年に完成される予定である。



・・・・・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------------------





ぜひ!→
ハワイ州   動画
◇Kahuku residents generate heat at wind turbine meeting
カフクの居住者は風力タービン会合で熱を帯びる

(HawaiiNewsNow | Jan 16, 2014 )
http://www.hawaiinewsnow.com/story/24467219/resident-generate-heat-at-wind-turbine-meeting


By Ben Gutierrez


会合は風力発電に関係していたかもしれない。
しかし、それらのエリアで提案された別のウインド・ファーム・プロジェクトに
懐疑的なカフクの居住者から白熱した議論が同様にありました。


ほぼ100人のカフクの居住者が水曜日の夜、
会合のためにカフク・コミュニティーセンターは込み合いました。
それはナー・プア・マキャニー設備用に提案されている
15台の風力タービンの健康影響に集中しました。


その議論を開始する前に、州の下院議員リチャード・フェイル
(R-ハレイワ、ワイアルア、ライエ、カフク)によって呼び出された会議で、
ハワイアン·エレクトリック·カンパニーを望んでいた住民から発生する欲求不満がありました。


「これはあなたのものではなく我々の会合です。
「これは我々の会合である」と1人の居住者がフェイル氏に伝えました。


「したがって、我々はそのとき会合を終了するべきであるか。
私のオフィースに中継された問題は」・・・フェイル氏は言いました。


「我々の会合。我々の会合」と居住者は答えました。


施設は、既に完了した取引であることを懸念していた人もいました。


「プロジェクト設計は、すでにされました」と、
ケント・フォノイモアナ(カフク・コミュニティ協会のメンバー)は言いました。
「コミュニティ援助活動は、現在、行われていますか?」


15台の風力タービンを建築する予定の会社
カリフォルニアのチャンプリンGEIホーディングスは、
風力タービンの健康への影響に関する認識された専門家の
ロバートMcCunney博士を、連れてきました。
彼は、騒音があるかもしれないと言いました。また、それはうるさいかもしれません。


「一部の人々は風力タービンの音に悩まされるかもしれません、
しかし、これは病気でありません。」と、
ハーバード・メディカル・スクール医者は集会で話しました。
「風力タービン雑音からの懸念の主な原因は、それの変動する性質です。」



居住者はそれらの調査結果について懐疑的でした。
そして、タービンが家にあまりに近いと言いました。
チャンプリンGEIは、それが最も近い家からおよそ2,000フィートへ、
最も近い風力タービンをすでに動かしたと言いました。


※ 2000フィート = 609.6 メートル


他の研究を引用した人は、少しでは十分ではありません。


「このマニュアルの別の箇所において、
大型風力発電所が、住宅からの適切な後退距離は、
1と4分の1マイルでなければならないことを示唆しています。」と、
発電所についての本を持ってきた居住者アラン·ロイドは言いました。


※ 1と4分の1マイル = 2.01168 キロメートル


その会社は、風力エネルギー・プロジェクトについて議論するために
より多くの会を、今後持つことを計画すると言いました。
しかし、応答から判断して、
風力発電所は、カフクの住民のための押し売りかもしれません。


「国は、我々のために何かする必要があります、はい。
そして、はい、我々はクリーン・エネルギーを必要とします」と、
カフク居住者キャンディ・グリーンは言いました。
「しかし、人々の家、学校、企業と人の生命から、これらの地獄を取り去ってください。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------------------





ハワイ州
◇Add space between people and wind turbines, firm told   
人と風力タービンの間にスペースを加える、同社は述べました

(Honolulu Star-Advertiser | Jan 17, 2014)
http://www.staradvertiser.com/s?action=login&f=y


By Alan Yonan Jr.


家と学校への提案された風エネルギー・プロジェクトの接近について
関心を持っているカフク・エリア居住者は、
コミュニティーから風力タービンを、
更に遠くに移してくれるように開発者に依頼しています。




最も接近しているものは、カフク区から約2,100フィートである
提案されたタービンの設置が、
風力タービンの健康影響について、地域居住者に説明するために
水曜日の夜開催される会議で、議論を支配しました。

※ 約2100フィート = 640.08 メートル

チャンプリンウィンドパワーLLCは、ナ·プア・マカニと呼ばれる
2相のプロジェクトに、15台の風力タービンを設置することを提案しています。
プロジェクトは2011年の第一の風力LLCによって完成した
12台のタービンの風力プロジェクトに隣接するでしょう。


チャンプリンのプロジェクトの第一段階の8台のタービンの位置は、
カフクのモーカー村から、
2,100フィート(10分の4マイル)から5,300フィート(1マイル)にわたります。

※ 2100フィート = 640.08 メートル
※ 5300フィート = 1.61544 キロメートル 



チャンプリン風力発電の社長のマイクCutbirthは、
計画の初期のバージョンの、コミュニティーの2,100フィートより
さらに接近していたタービンのいくつかのものを再配置することに
昨年会社が合意したと言いました。


※ 2100フィート = 640.08 メートル 


彼は、その土地が連邦政府によって所有されるので、
山の方へそれ以上タービンを押すことが難しいと言いました。
そして、連邦政府は、軍事教練のためにそれを使います。


約80人が、職業·環境医学を専門とするハーバード大学医学部の医師
ロバート・ムカニーによるプレゼンテーションを聞くために
カフクコミュニティセンターをすし詰めにしました



ハワイへの旅費はチャンプリンによって払われたムカニー氏は、
主題の研究の彼のチェックが風力タービンの騒音が
聴力損失または他の健康への悪影響の危険性をもたらさないと結論したと、
出席者にそれらを言いました。



調査が、人々が風力タービン騒音の変動している性質が
「うるさい」とわかることを示したが、
それだけでは、健康問題を構成しないと、ムカニー氏は言いました。



ムカニー氏の保証にもかかわらず、彼らが、
チャンプリンの提案された風力発電所の既存の最初の風力プロジェクトへの追加が
カフクのモーカー村が、三方を風力タービンで囲まれることを意味する
という事実で不快だったと、話を聞いた人々の多くは言いました。


「私たちは、はい、クリーンエネルギーを必要としています。
しかし、人々の家庭、学校、企業、人の生命から
(タービン)それらの地獄を取り去ってください。」と、
地域の居住者キャンディグリーンは言いました。



マリア・フィーギャルは、提案された風力発電プロジェクトに
住民が経験しているストレスや不安を割引してはならないと述べました。


「あなたは、不快感要因に言及しました。
私は、ちょうどタービンについて話していると、すでに頭痛がします」と、彼女は言いました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------------------------







オランダ
◇PVV tegen meer ‘subsidiemolens’ in Almere
アルメールのより多くの「補助金工場」に対するPVV(保守政党)
(dichtbij.nl | 14 januari 2014)
http://www.dichtbij.nl/almere/regionaal-nieuws/artikel/3328843/
pvv-tegen-meer-subsidiemolens-in-almere-.aspx


Door Mirjam van Putten 、dichtbijredacteur


アルメール - 「風車の振動、騒音、これらの不条理を製造するために
使用される材料のために人間や動物に有害である。」
と、アルメールPVVは書いています。
当事者は、したがって、削除する運動を必要とします。ゾーニングの風車。


アルメールのグループによると、地球温暖化に疑いはありません。
風車は、人間の健康のためにも悪いパーティーのより多くの風車を構築に応じている。
当事者はそのために対抗する運動を必要とします。


・・・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


















 






2014-01-26 : デンマーク:風力タービンによる健康影響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR