騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

≪③、④ 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫ぜひ⇒③イングランド/画像:風車が彼女の息子を失明させる可能性があったので、母は新しい風力発電所をブロックする戦いに勝利 |④イングランド/画像:西ノーフォークの風力タービンの提案が拒絶された後、エネルギー会社は、訴えないよう迫られる |関連記事|≪①、② 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫   // おとしんからのお知らせ:2015年3月22日に懇親会を行います / ⇒お願い:2月26日に、低周波音被害についてのコメントを投稿された○○様へ / 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 









≪③ 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫



③イングランド/画像
◇Mother wins battle to block new wind farm because the windmills could ‘make her son go blind’
風車が彼女の息子を失明させる可能性があったので、母は新しい風力発電所をブロックする戦いに勝利

(SWNS|February 3, 2015)
http://swns.com/news/mother-blocks-wind-farm-plans
-because-the-windmills-could-make-her-son-go-blind-64357/



画像:

彼らの庭にいるカレン・ロビンソンさんと
彼女の息子ロニー・ロビンソン(9)さん




議員がそれを拒絶したあと、
それが彼女の視力障害をもった息子を
失明させることができるのを恐れたので、
提案された風力発電所に反対した母は
彼女の戦いに勝ちました。





ロニー·ロビンソンさん(9歳)は、
原発先天緑内障を持って生まれたため
視力が限られているし、
彼の目は光の条件の変化に対応できません。




開発者は、彼らの目の前の
ノーフォークClenchwartonと
Terringtonセントクレメント間に
陸上で高さ127メートルの9台風力タービンを設置したかった。



彼のおかあさんカレンは、
タービンからの『シャドーフリッカー』が
ロニーの方向感覚を失わせることができると言いました
– そして、彼の頭へのほんの小さな打撃でも、
彼のわずかな視力を失わせる可能性がありました。




彼女はまた、
彼の聴力は、彼の視力の不足を補うために
特別に敏感で、
そのサイトに、タービンや
増大した交通のノイズによって
悩ませられることも恐れました 。




しかし、西ノーフォークの議員は
タービンの高さと、
それが近隣住民及ぼす影響に基づいて
月曜日の夜に計画を断りました。




カレンは以下のように述べました:
「我々は心から、うれしいです、
しかし、私は今のところ短い勝利としてそれを見ています。」




「彼らが訴えるというあらゆる可能性があるように、
これは最初の決定だけです。

しかし、私は、プランナーが
人々の味方をしたことがうれしいです。」




他の3人の子供を持つカレンと夫ピーター(47)は、
彼らの息子のために、特別に5年前、
ハートフォードシャー州のノーフォークから
Clenchwartonに引っ越しました。



カレンとピーター(煙突掃除人)は、
計画についてとても心配して
彼らは、協議会に
プロジェクトに対するいくつかの異議を提出しました。




彼の状態を治療するため
15回の手術を受けたロニーも、
オンガーヒル開発に反対する書簡を送りました。




彼は書きました:
「私は幸せな環境でここに住んでいます、
そしてこの開発が進むと
そのようにすることができそうではありません。」




「どうぞ、私を美しく、
安全な環境において成長させてください、
私が、別々に(原文ママ)
視覚障害者の子供として持っている
ほんの少しの楽しみを楽しませてください。」





ノーフォーク郡議員
アレクサンドラ・ケンプは、
計画委員会の決定に同意しました。




彼女は以下のように述べました:
「これらは巨大です。
それらは地域を浸して、適切でありません。」




北西ノーフォーク議員の
ヘンリー・ベリングハムは、
会社に決定を上訴しないよう迫りました
– それが「お金の浪費」になるので。



・・・・・



コリオリエネルギー社のプロジェクトマネージャー
キャス・イボットソンさんは、言いました:
「この計画は、承認のために推奨されていたので
我々は失望しています。」


・・・・・・


「私たちが今できること、
私たちの選択肢を検討している。

まだ我々は上訴するかどうか決めていない。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------------





≪④ 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫




④イングランド/画像
◇Energy company urged not to appeal, after west Norfolk wind turbine proposal turned down
西ノーフォークの風力タービンの提案が拒絶された後、エネルギー会社は、訴えないよう迫られる

(Eastern Daily Press | February 3, 2015)
http://www.edp24.co.uk/news/politics/energy_company_urged_not_to_appeal
_after_west_norfolk_wind_turbine_proposal_turned_down_1_3940593


David Bale and Louise Hepburn



画像:

提案された風力タービン・サイトの1つの近く
テリングトン・セントクレメントの近くの
Rhoon通りの電信柱の看板

『ここにタービンは、いらない』

Picture: Matthew Usher.




西ノーフォークの
9台の風力タービンの提案が絶たれたエネルギー会社は、
地元の議員によって訴えないよう迫られました。



・・・・・・


しかし、議員は、景観に対する影響と
危害を上回っていない利益を理由に
コリオリ・エネルギーによって提出された申請を
13-2で拒否しました。



・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================================
 関連記事
======================================



≪① 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫


ぜひ!→
①イングランド/画像
◇West Norfolk mother tells of blindness fears for son over wind farm scheme
西ノーフォークの母は、風力発電所計画による息子の失明への恐怖について話します

(Lynn News | 30 January 2015)
http://www.lynnnews.co.uk/news/local/latest-local-news/
west-norfolk-mother-tells-of-blindness-fears-for-son-over-wind-farm-scheme-1-6550924

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2929.html



-----------------------------



≪② 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫



②イングランド
◇Planners refuse Ongarhill wind farm
プランナーは、オンガーヒル風力発電所を拒否します

(Fenland Citizen | 02 February 2015)
http://www.fenlandcitizen.co.uk/news/latest-news/
planners-refuse-ongarhill-wind-farm-1-6556197


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2930.html






□■□■□■□■□■□■□■□■□■




NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==========================


⇒お願い:

2月26日に、
低周波音被害についてのコメントを投稿された○○様へ



コメントの投稿をありがとうございます。

このまま、こちらで承認するとコメントが公開されます。

コメントの内容から、公開するかどうか迷っています。



1.被害のご相談の場合

下記、メールアドレスまで、ご連絡いただければ幸甚です。

<メールアドレス>

otosin2011@gmail.com

おとしんアップキープ 若林健一


※ または、コメント欄に○○様のメールアドレスを付けて
   再投稿してください。こちらから、ご返信します。
   非公開を厳守します。
   宜しくお願いします。


2.コメントの公開を希望される場合

投稿された氏名が、実名でしたら
仮名、匿名等で、もう一度コメント欄から投稿してください。

あるいは、このままで公開を希望される場合は
その旨、コメント欄から再投稿してください。

宜しくお願いします。


おとしんアップキープ 若林健一



============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht





























2015-03-05 : ▼議員による申請拒否⇒イングランド:西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪② 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫②イングランド:プランナーは、オンガーヒル風力発電所を拒否します…彼らが正しい決定をしたことに本当に満足しています…ロニー母親、カレン·ロビンソン |関連記事:①西ノーフォークの母は、風力発電所計画による息子の失明への恐怖について話します // おとしんからのお知らせ:2015年3月22日に懇親会を行います / ⇒お願い:2月26日に、低周波音被害についてのコメントを投稿された○○様へ / 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です







≪② 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫




②イングランド
◇Planners refuse Ongarhill wind farm
プランナーは、オンガーヒル風力発電所を拒否します

(Fenland Citizen | 02 February 2015)
http://www.fenlandcitizen.co.uk/news/latest-news/
planners-refuse-ongarhill-wind-farm-1-6556197




画像:

Clenchwartonホールの庭にいる
現在の見解を示すカレン・ロビンソンさんと
彼女の息子ロニー・ロビンソン(9)。
カレン・ロビンソン(現在の見解を示す)。
プランナーは、
オンガーヒル風力発電所を拒否します。





プランナーが、
論争の的となる風力発電所を
建設したいという申し込みを投げ出したあと、
活動家は祝っています。





昨日、西ノーフォーク議会の計画委員会は、
オンガーヒルで9台のタービンを設置するための
ファルク再生可能エネルギー・ウィンド社の
入札を承認する役員会の勧告に反対票を投じた。





話した人々の間で、
母親のカレン·ロビンソンさんは
計画が承認された場合には、
彼女の9歳の息子ロニーは失明する可能性があると
先週のリンニュースに語った。




彼女は、委員会で
一次先天性緑内障により
ロニーが、一方の目でほとんど他に
事実上どの視力も持っていないと言った。

タービンからの明滅は
ロニーを見当識障害の危険に
さらされているままにすることができます、
そして、彼の頭への最もわずかな打撃は
彼が彼のすべての残りの視力を失うことを
意味することができました。





ミーティングの後に話している
ロビンソンさんは、以下のように言いました;


「彼らが正しい決定をしたことに本当に満足しています。」




会議で正々堂々と意見を述べた
もう一人の活動家のゲリー·ライダー氏は
次のように言った;


「私は素晴らしいと感じます。

これは3年半に近づき、
私は、実際、私達がそれをしたと信じることができません。」





開発者コリオリエネルギー・キャスイボットソンの
プロジェクトマネージャーは、
プロジェクトが、最初のコミュニティ協議の後、
再設計されて、
23,500トンの二酸化炭素の排出を
救うことができたと会議で話しました。




ウェスト・ノーフォークの議員
ピーター・カズンズが
タービンが、RAFホルビーチで地面を爆撃する
戦闘機パイロットの通過に
影響を与えるという懸念を検討する間、
テリングトン・セントクレメントの
ジャネットデントンさんは
その申請に賛成して意見を述べました。



彼は、プーチンの「好戦性」と
そして、英国空域の最近のロシアの侵略について
議論しました。




リンの遺産地域と野生動物にもたらす
127メートルタービンの影響が
自治区の議員シーラ·ヤングと
レズリーBambridgeによって提起された。



ノーフォーク郡の議員
アレクサンドラ・ケンプは、以下のように述べました:

「これらは巨大です。
それらは地域を浸して、適切ではありません。」




委員アブリル・ライトは、
9,800世帯の電力を発生させることができる
タービンの影響に関して、
リンの歴史地域についての懸念を表明しました。




彼女は以下のように述べました:
「これは、少しの電気を少しの家に提供して、
地域に住んでいる人々に
最大の混乱を引き起こしそうです。」



・・・・・・


合計13人の議員は、拒否を支持して投票をしました。



西ノーフォークの議員
ヘンリー・ベリングハムは、会議の決定に満足しました。



彼は以下のように述べました:
「我々はすでにウォッシュにおいて
ノーフォークとリンカンシャー海岸に沿って
1000台以上の風力発電所を持っているときに
私たちの美しい田園地帯に
陸上風力発電所の小さな群れを設置することは
絶対に意味がありません。」




「それらは、失望させる低レベルの
エネルギーを生み出すけれども、
私達の美しい環境に
莫大な損害をもたらす事実を否定することができない。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------
関連記事
--------------------



≪① 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫





ぜひ!→
①イングランド/画像
◇West Norfolk mother tells of blindness fears for son over wind farm scheme
西ノーフォークの母は、風力発電所計画による息子の失明への恐怖について話します

(Lynn News | 30 January 2015)
http://www.lynnnews.co.uk/news/local/latest-local-news/
west-norfolk-mother-tells-of-blindness-fears-for-son-over-wind-farm-scheme-1-6550924


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2929.html



画像:

現在の見解を示す
Clenchwartonホールの庭で
カレン·ロビンソンさんと
彼女の息子ロニー·ロビンソン(9)さん。

ANL-150129-112536009





母親は、
論争の風力発電所が構築される場合
彼女は、引っ越しする必要がある
‐ あるいは、
彼女の9歳の息子が
失明する危険性があると述べます。





ロニー・ロビンソンさんの目は
変化する光条件に対応できない
一次性先天性緑内障で
深刻な視力障害に苦しんでいます。





来週、ウェスト・ノーフォーク議会の
計画委員会によって討議されることになっている
オンガーヒル風力発電所の開発者は、
すべての許可に付された条件と
タービン自体の技術が
住民に影響を与える影のちらつきを防止すると言います。





しかし、ロニーの母のカレンさんは、
計画が進むならば、彼の視力を救うために、
クレンチウォートンの
ホール通りの家を出なければならないと
医者によって警告されたと言います。



彼女は、どんな明滅でも
ロニーは混乱させられて
彼の頭を強打する危険に
さらされているままにすると言いました。




最もわずかなノックでも、
彼のすべての残りの視力を失うことを
意味するかもしれません。




5年前、ハートフォードシアから
この地域へ引っ越したロビンソンさんは言いました:


「我々がここにやってきたすべての理由は、
道路から離れていたこと
そして、彼が安全に暮らせるからでした。



「彼らがタービンを
そこに置きたいからといって
なぜ、我々が苦しまなければならないのか?

我々は、
より楽しい人生のためにここに来ました。」





3ヵ月以内の生態学的な改善計画のための
法的協定の完成を前提として、
先週発表された計画報告は、
議員が風力発電所の案に賛成するよう勧めました。





しかし、反対派は、
それらが地域住民や野生生物に
容認できない影響を与えるであろうと
主張することに不満を抱いています。




月曜日の計画会議に取り組むであろう
ロビンソンさんは
彼の目の問題が原因で
彼はより敏感な聴覚に依存しているとして
タービンのノイズが
ロニーに影響を与えることも恐れています。




しかし、開発者コリオリ・エネルギー社の
プロジェクト・マネージャの
カテーテル・イボットソン氏は、
彼らがロビンソンさんの懸念を彼女と協議して、
真摯に受け止めていたと昨日言いました。



彼女は以下のように述べました:
「実証された技術は、
適切な時にタービンのスイッチを切り、
所有地で、または1年あたり
それがそう違った形ですることができる
少数の時間のためのグラウンドに存在する
どのような影のちらつきでも防止するために存在します。」




「議会は、これを確実にするために
どんな建築許可にでも計画条件が付けられると提唱しました。」





「ノイズの点では、自分自身のために
風力発電所を訪れたことのある人は、
静かなタービンが稼働していることがわかるでしょう。」

しかしながら、国のノイズ制限は住民を守るために存在する。





議会は、Ongarhill風力発電所は、
さらに厳しい制限で稼働しなければならないと
この場合提唱しました、
そして、我々はそうすることに同意しました。

再び、これは、計画条件によって保護されるでしょう。」





月曜日の計画委員会はリン市役所で
午前10時から始まります。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■




NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==========================


⇒お願い:

2月26日に、
低周波音被害についてのコメントを投稿された○○様へ



コメントの投稿をありがとうございます。

このまま、こちらで承認するとコメントが公開されます。

コメントの内容から、公開するかどうか迷っています。



1.被害のご相談の場合

下記、メールアドレスまで、ご連絡いただければ幸甚です。

<メールアドレス>

otosin2011@gmail.com

おとしんアップキープ 若林健一


※ または、コメント欄に○○様のメールアドレスを付けて
   再投稿してください。こちらから、ご返信します。
   非公開を厳守します。
   宜しくお願いします。


2.コメントの公開を希望される場合

投稿された氏名が、実名でしたら
仮名、匿名等で、もう一度コメント欄から投稿してください。

あるいは、このままで公開を希望される場合は
その旨、コメント欄から再投稿してください。

宜しくお願いします。


おとしんアップキープ 若林健一



============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht

























2015-03-04 : ▼議員による申請拒否⇒イングランド:西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪① 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫ぜひ⇒①イングランド/画像:西ノーフォークの母は、風力発電所計画による息子の失明への恐怖について話します // おとしんからのお知らせ:2015年3月22日に懇親会を行います / 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 







≪① 西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画≫





ぜひ!→
①イングランド/画像
◇West Norfolk mother tells of blindness fears for son over wind farm scheme
西ノーフォークの母は、風力発電所計画による息子の失明への恐怖について話します

(Lynn News | 30 January 2015)
http://www.lynnnews.co.uk/news/local/latest-local-news/
west-norfolk-mother-tells-of-blindness-fears-for-son-over-wind-farm-scheme-1-6550924



画像:

現在の見解を示す
Clenchwartonホールの庭で
カレン·ロビンソンさんと
彼女の息子ロニー·ロビンソン(9)さん。

ANL-150129-112536009





母親は、
論争の風力発電所が構築される場合
彼女は、引っ越しする必要がある
‐ あるいは、
彼女の9歳の息子が
失明する危険性があると述べます。





ロニー・ロビンソンさんの目は
変化する光条件に対応できない
一次性先天性緑内障で
深刻な視力障害に苦しんでいます。





来週、ウェスト・ノーフォーク議会の
計画委員会によって討議されることになっている
オンガーヒル風力発電所の開発者は、
すべての許可に付された条件と
タービン自体の技術が
住民に影響を与える影のちらつきを防止すると言います。





しかし、ロニーの母のカレンさんは、
計画が進むならば、彼の視力を救うために、
クレンチウォートンの
ホール通りの家を出なければならないと
医者によって警告されたと言います。



彼女は、どんな明滅でも
ロニーは混乱させられて
彼の頭を強打する危険に
さらされているままにすると言いました。




最もわずかなノックでも、
彼のすべての残りの視力を失うことを
意味するかもしれません。




5年前、ハートフォードシアから
この地域へ引っ越したロビンソンさんは言いました:

「我々がここにやってきたすべての理由は、
道路から離れていたこと
そして、彼が安全に暮らせるからでした。



「彼らがタービンを
そこに置きたいからといって
なぜ、我々が苦しまなければならないのか?

我々は、
より楽しい人生のためにここに来ました。」





3ヵ月以内の生態学的な改善計画のための
法的協定の完成を前提として、
先週発表された計画報告は、
議員が風力発電所の案に賛成するよう勧めました。





しかし、反対派は、
それらが地域住民や野生生物に
容認できない影響を与えるであろうと
主張することに不満を抱いています。




月曜日の計画会議に取り組むであろう
ロビンソンさんは
彼の目の問題が原因で
彼はより敏感な聴覚に依存しているとして
タービンのノイズが
ロニーに影響を与えることも恐れています。




しかし、開発者コリオリ・エネルギー社の
プロジェクト・マネージャの
カテーテル・イボットソン氏は、
彼らがロビンソンさんの懸念を彼女と協議して、
真摯に受け止めていたと昨日言いました。



彼女は以下のように述べました:
「実証された技術は、
適切な時にタービンのスイッチを切り、
所有地で、または1年あたり
それがそう違った形ですることができる
少数の時間のためのグラウンドに存在する
どのような影のちらつきでも防止するために存在します。」




「議会は、これを確実にするために
どんな建築許可にでも計画条件が付けられると提唱しました。」





「ノイズの点では、自分自身のために
風力発電所を訪れたことのある人は、
静かなタービンが稼働していることがわかるでしょう。」

しかしながら、国のノイズ制限は住民を守るために存在する。





議会は、Ongarhill風力発電所は、
さらに厳しい制限で稼働しなければならないと
この場合提唱しました、
そして、我々はそうすることに同意しました。

再び、これは、計画条件によって保護されるでしょう。」





月曜日の計画委員会はリン市役所で
午前10時から始まります。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■




NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht

















2015-03-03 : ▼議員による申請拒否⇒イングランド:西ノーフォーク、オンガーヒル風力発電所計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR