騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<和解⇒⑧ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>⑧ミシガン州:MSUは、業界が不平を言った後、風車の安全ガイドラインを引き下る |関連記事| // 【おとしんからのお知らせ】 |New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発を受ける












<和解⇒⑧ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>




2017年10月9日





⑧ミシガン州
◇MSU pulls down windmill safety guidelines after industry complains
MSUは、業界が不平を言った後、風車の安全ガイドラインを引き下る

(Michigan Capitol Confidential | 2017年10月9日)
https://www.michigancapitolconfidential.com/msu-pulls-down-windmill-safety-guidelines-after-industry-complains



ミシガン州立大学拡張サービスは、
業界の役員およびロビイストが、
その安全基準が
風力発電の開発を妨げると不満を表明した後、
ミシガン州立大学拡張サービスは
風力エネルギー開発のモデルゾーニング条例を
ウェブサイトから取り除きました。





その条例は、
2017年3月に掲載されたパンフレットに
含まれていましたが、
春の後半には取り下げられました。

その後MSUは8月24日に改訂版を掲載した。

そのバージョンの勧告は、
タービンとその塔が
敷地境界線の近くに配置されることを可能にし、
近隣の人々に大きな影響を及ぼす可能性があります。




大学関係者は、
同国最大の風力・太陽エネルギー会社の弁護士に
連絡を受けた後、
ゾーニング勧告の元の版を取り下げました。

4月に風力産業業界団体のウェブサイトに
掲載された記事は、
元々のMSU勧告のいくつかを
「全く実行不可能である」と述べている。




MSUの取り組みは、
開発者が2016年に議会によって課せられた権限に
資金を入れようとしているため、
風力発電開発を目的とした
ミシガン州のコミュニティで紛争が起こっています。

新しい法律は、
電力会社が使用しなければならない
再生可能エネルギーの量を50%増加させます。
それは、ミシガン州では
より多くの風力タービンを意味します。




5月に、ヒューロン郡の有権者は、
ほぼ2対1の投票で
甘すぎる風車ゾーニングの提案を破りました。

イザベラ郡の居住者は、
年間タワーリース収入の1000ドルを
受け取る側に立っている
そして、現在、風力発電所に関連した
寛容なゾーニング改正を検討中である
ゾーニング当局者が関与する利害の衝突について
苦情を申し立てています。




同様の話は、数万エーカーをカバーする
工業用風力発電の開発をターゲットとする
他のコミュニティからも出ています。




3月6日にリリースされた
元のMSUエクステンションサービスのパンフレットは、
スタッフメンバーのカート・シンドラー氏
(Kurt Schindler)によって書かれ、
ブラッド・ノイマン氏(Brad Neumann)によって
また、MSUのスタッフにもレビューされました。

彼らの仕事は、
ミシガン州の風力発電開発の拡大の
主要プレーヤーである
コンシュマーズ・エナジー社
(Consumers Energy)を代表する弁護士の
リチャード・ウィルスン氏
(Richard Wilson)によってレビューされました。




元のバージョンでは、
風力タービンと塔は不動産ラインから
2,500フィートのせとバックが推奨されていました。

改訂版で推奨される対策は、
この距離の半分以下であり、
回転タービンブレードを
近隣住宅に近づける可能性があります。




MSUのスポークスマン、
ジェイソン・コーディ氏(Jason Cody)は
元の文書に引用された例は、
著者の意図であった
ディスカッション・ポイントではなく、
むしろ推薦として
誤解される可能性があると言います。




訂されたパンフレットでは
はるかに大きなタービン運転も可能にします。

延長サービスはもともと、
「音圧レベルは、不動産ライン
または賃貸区画の境界で測定した
40 dB(A)を超えてはならない」ことを推奨しました。

改訂版では、地方自治体が風力発電所を
最大55デシベルで動作させることを提案している。

また、この騒音レベルを
住居から100フィート近くまでできるようにする、
より甘い測定方法を採用しています。




ノイマン氏への5月22日の電子メールで、
公益事業会社のDTEの
再生可能エネルギー開発担当マネージャー
マシュー・ワグナー氏(Matthew Wagner)は、
オリジナルのパンフレットの
ノイズ基準を吹き飛ばしました。




「この問題の質問に照らして、
当社は音響に関する専門家に音響測定を依頼しました」と
ワグナー氏は述べています。

「この文書の音響的側面のみを検討したところ、
MSU拡張文書の内容に
重大な欠陥があることを示しています
- 全体として文書の正当性に疑問を呈している。」



ノイマン氏によると、
MSUの一部は技術的な精度が必要だと信じていた
そしてそれが誤解されていたということで
元の文書はMSUのウェブサイトから削除されました。




4月19日、ノイマン氏とシンドラー氏は、
Greening Michigan Instituteと呼ばれる
MSU Extensionの別の部門で働いている
デイビッド・イワン氏(David Ivan)から
電子メールを受け取りました。

イワン氏は、「私たちが議論した
資格のいくつかを追加する機会がある」まで、
元のバージョンの研究を
ウェブサイトから引き出すように頼んだと発表した。




イワン氏によると、
彼はフロリダ州に本拠を置く弁護士で、
全米最大の風力発電開発会社の
ネクステラ・エナジー社を代表する
パンフレットについて話し合いました。

同社は現在のミシガン州の
風力発電所の拡張に深く関わっています。

イワン氏はノイマン氏に
彼は弁護士に
「我々は確かに彼らの見解に耳を傾けるが、
それは彼らの懸念の一部またはすべてが
編集に組み込まれることを
保証するものではない」と述べたと
電子メールで書きました。




月20日、シンドラーはMSUの同僚に電子メールを送った。

彼は、文書が風産業関係者によって
疑われていることに驚くと言いました。




「実際、私は反風力エネルギーの人々から
聞くことを期待していた」と
シンドラーは電子メールで述べている。

「業界は、サンプルゾーニングの開発に
大きな役割を果たして以来、
私が、聞きたいと思った人ではありません。」




ある地方政府関係者は、元の研究が
業界の圧力のために停止されたと考えている。




「カート氏(Kurt)は2、3週前、
Sanilac郡の市民集会で
このまさしく『条項』を我々に提出しました」と、;
郡の数週間前に、
ブリッジハンプトン郡区のスーパーバイザ
レオ・ソンク氏(Leo Sonck)は書いている。

「彼の「条項」は非常に明確で、
かつては風力エネルギー開発者だけでなく、
誰もが妥当なことをすることと一致していました」





MSUエクステンションサービスは、
「研究成果の実用化を通じて
農場、家庭、および地域社会の問題を
特定し解決する」MSUの一部門です。

議員は、現在の州予算で、
前年度比2%増の2920万ドルの予算を承認した。




この記事で使用された電子メールは、
メーソン郡計画コミッショナー
キャリー・Shineldecker氏
(Cary Shineldecker)によって
MSUに提出された
情報公開の請求に応じて受領されました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





======================
 関連記事
======================

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<①ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2013年4月16日付け

①ミシガン州/画像
◇Lawsuit Alleges Wind Power A Threat To Health And Safety
訴訟は、風力が健康と安全に対する脅威の原動力となると主張します

(Michigan Capitol Confidential | April 16, 2013)
http://www.michigancapitolconfidential.com/18528

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2887.html

---------------------------------------------------

<②ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2012年7月7日付け

ぜひ!→
②ミシガン州
◇Wind Noise Dispute Pits Scientists Against State Officials
風力騒音紛争は、科学者を州当局に対して戦わせる

(Michigan Capitol Confidential |July 7, 2012)
http://www.michigancapitolconfidential.com/17194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2888.html

---------------------------------------------------

<③ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年1月19日

③意見、ミシガン州
◇Lawmakers should expose wind energy cover up
議員は、隠している風力エネルギーを公開する必要があります

(January 19th, 2015 | The Pioneer Newspaper)
http://news.pioneergroup.com/bigrapidsnews/2015/01/19/
lawmakers-expose-wind-energy-cover/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2892.html

-------------------------------------------------

<和解⇒④ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年1月31日付

ぜひ!→
④ブログ、ミシガン州
◇One lawsuit settled, but no truce in wind energy debate
一件の訴訟が解決したが、風力エネルギーの議論に休戦はない

(Michigan Capitol Confidential | Jan. 31, 2015)
http://www.michigancapitolconfidential.com/20951



By Jack Spencer



南ディングトンの
レイク・ウィンズ風力発電所の近隣住民が
その施設が人々を病気にしていると主張した訴訟は、
示談になりました。




ケースの原告の1人
ケアリー・Shineldeckerさんは
和解の詳細を議論することは許されていないが
まだそのような施設の近くで生きる人々が
受けることができる
嫌疑のかかっている負の健康への影響について
話をすることは許されています。





「私がこの和解について異なると思うことは、
和解の詳細は秘密であるが、
私が風力エネルギーに関する問題について
意見を述べることから口をふさがれないということです。」と
シネルデカーさんは言いました。


「私は、我々がここでしたすべてが
コミュニティと居住者を助けたと思います。

あまりにも長い間、
風力エネルギーの支持者は、
その影響に耐えなければならない人々を沈黙させて、
信用を傷つけることができました。」





「我々は、彼らがどのように
ジェリー・パンチ氏と彼のグループを
沈黙させた ※ おとしん:注)
かについてわかりました。」と、
Shineldeckerさんは続けました。




「彼のグループが
風力エネルギー・サポーターが
風力タービンの健康影響について
報告されたかったものを論破した研究に
取り組んでいたとき、
風力エネルギーのサポーターは
彼らを黙らせました。」





2013年4月1日に、
レイク・ウィンズ風力発電所の近くに住んでいた
17人の住民グループは、
- 他の人は後にグループに参加
– メーソン郡巡回裁判所で
コンシューマーズ・エネルギー社に対する
訴訟※ おとしん:注2)
を起こしました。




その訴訟は、
あまりにも住居の近くに設置されたと
原告が主張する風力発電所の
56台の巨大な風力タービンによって
発生するノイズにより
主に、めまい、不眠、頭痛と
他の身体症状を経験していると主張しました。





「我々は、健康影響、財産価値損失と
資産の享受と運用の損失に基づく訴訟を起こしました。」と、
Shineldeckerさんは言いました。




レイク・ウィンズは、
コンシューマーズ・エネルギー社によって
開発された最初の風力プラントです。

2億5000万ドルの施設は、
州の再生可能エネルギー(風)委任を
満たすためのユーティリティの
努力の一環として建設された。

シネルデカーさんと
彼の共同原告により提起された訴訟は、
レイク・ウィンズ・プラントを含む最初の一つでした。

2013年の終わりの前に、
メイソン郡は、
風力発電所は、その騒音条例を
遵守していないと断言していた。


コンシューマーズ・エネルギー社は
その決定について、郡と裁判所で争いました。

それは巡回裁判所で負けました、
そして、このケースは控訴中です。





Shineldeckerさんによると、
居住者の訴訟は、
2014年の晩夏と秋の間に解決されました。




「それはちょうど裁判に行くところでした;
実際、我々は和解に達したと言われた時、
私は、初めて証言するのを待ってる
法廷にいました。」と、
Shineldeckerさんは言いました。

「その文言を考えるために約2ヶ月を要しました;
その後私たちは、
実際には12月17日の週に確定しました。」




「私にとって、
我々は、進んで態度を明確に打ち出すことで
他を助けていました」と、
Shineldeckerさんは付け加えました。

近いうちに、 事実が出てくるはずです。

今から20年
これらの産業用風力タービンを持つ生活の
健康への影響は常識になります。

それはタバコがたどった道※ おとしん:注3)のようになります。


しかし、今、真実を知っている人は少数派です。

AWEA(米国風力エネルギー協会)によって
使用される主張は、
彼らが5年前に言っていたものから変わっていません。


私は、我々の民主主義において、
多くの犠牲が払われた後にのみ
結局は正しいことが勝つと思っています。





Shineldeckerさんは、また
彼が部分で見切り売りしてる
彼の家族の資産が
現在、その評価額の78パーセントで
売却されていると言いました。



コメントする機会を提供した際に
AWEA(米国風力エネルギー協会)の
戦略的コミュニケーションの副局長
デビッド·ワンド氏は、応答しませんでした。

コンシューマーズ・エネルギー社も
同様にコメントを拒否しました。




著者ジャック・スペンサー氏は、
公共政策のための
マッキノーセンター・オンラインニュースレター
『 キャピトル・コンフィデンシャル』の
キャピトル総務スペシャリストです。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------------------------

<和解⇒⑤ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年6月10日

⑤ミシガン州
◇Mason County board approves planning commission wind turbine zoning amendments
メーソン郡委員会は、計画委員会の風力タービンゾーニングの改正を承認する

(Ludington Daily News | 2015年6月10日)
http://www.shorelinemedia.net/ludington_daily_news/news/local/article_4fad2b8a-0fb6-11e5-81e8-8ff427a550bd.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5131.html

聴衆の中の何人かの人々が
郡内の将来の風力タービンの配置に関する
メイソン郡ゾーニング条例の変更を
承認するよう要請するのを聞いた後に、
郡委員会は満場一致でその変更を承認した。

--------------------------------------------

<和解⇒⑥ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2016年2月26日

⑥ミシガン州/動画
◇Neighbor talks about his concern over living near wind turbines
隣人は風力タービン近くに住むことに対する彼の懸念について語る

(wzzm13.com|2016年2月26日)
http://www.wzzm13.com/news/local/neighbor-talks-about-his-concern-over-living-near-wind-turbines/57489244

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5132.html

--------------------------------------------
 
<和解⇒⑦ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2016年11月30日

⑦ミシガン州
◇Mason County wind turbine fails gloss test: Not in compliance with permit, commission says
メーソン郡風力タービンは、光沢テストに失敗します:許可に従っていないと委員会は述べる

(Ludington Daily News | 2016年11月30日)
http://www.shorelinemedia.net/ludington_daily_news/
mason-county-wind-turbine-fails-gloss-test-not-in-compliance/
article_7bb7360e-b725-11e6-b0d5-3fd303c9230f.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5133.html



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



【お知らせ】

・2017年11月26日(日)の懇親会は無事終了しました。
 遠方よりのご参加をありがとうございました。

・ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




New!⇒

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author: Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author: Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-12-22 : ◆和解⇒ミシガン州:レイク・ウィンズ風力発電所訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<和解⇒⑦ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>⑦ミシガン州:メーソン郡風力タービンは、光沢テストに失敗します:許可に従っていないと委員会は述べる |関連記事| // 【おとしんからのお知らせ】 |New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発を受ける












<和解⇒⑦ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>




2016年11月30日





⑦ミシガン州
◇Mason County wind turbine fails gloss test: Not in compliance with permit, commission says
メーソン郡風力タービンは、光沢テストに失敗します:許可に従っていないと委員会は述べる

(Ludington Daily News | 2016年11月30日)
http://www.shorelinemedia.net/ludington_daily_news/
mason-county-wind-turbine-fails-gloss-test-not-in-compliance/
article_7bb7360e-b725-11e6-b0d5-3fd303c9230f.html



By Brooke Kansier, Daily News Staff Write




SCOTTVILLE -

4年間、レイ氏(Ray)の家族は
ブラインドを閉じたり、日よけを下ろしたり
別の部屋に移動したりしています
彼らは窓から出てくる
Lake Winds Energy Parkの
タービン28番から降り注ぐ
強い眩しさで生きているからです。





それは間違っています、
火曜日の夜、
メーソン郡計画委員会の会議の出席者らは、
タービン28号の塗装光沢試験の結果をレビューした。





委員会は合意した。




10月に実施された光沢試験では、
タービンの複数の部分が
合意されたタービンの光沢レベルの
制限に準拠していないことが判明しました。

それはタービンの光沢を鈍らせた
4年間の風化の後です。




「私たちには、条例があります。
これは、明らかに満たしていない一連の基準です。
グロス単位の減少が見られたにもかかわらず、
私は緩和が必要だと思います」と
コミッショナーの
ジャネット・アンデルセン氏
(Janet Andersen)は述べました。

「(居住者は)まだこれに対処しています。
何かをする必要があります。」




このプロジェクトの3年間にわたる討論の後、
春には、委員会は、タービン上部の
塗料サンプルの試験を行うことを選択した。

承認された限界を超えて試験されたサンプル
- 44および36.1光沢単位の高い。




「委員会は今後何をすべきかを決める必要がある」と
レイリー氏は語った。

「私はそれが大きなものだと思う。
あなたはタービンのいずれかのための緩和を
必要としたいのですか?
もしそうなら、どんな部分? 」





水曜日のLudington Daily News、
printまたはeEditionの全文を参照してください。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





======================
 関連記事
======================

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<①ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2013年4月16日付け

①ミシガン州/画像
◇Lawsuit Alleges Wind Power A Threat To Health And Safety
訴訟は、風力が健康と安全に対する脅威の原動力となると主張します

(Michigan Capitol Confidential | April 16, 2013)
http://www.michigancapitolconfidential.com/18528

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2887.html

---------------------------------------------------

<②ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2012年7月7日付け

ぜひ!→
②ミシガン州
◇Wind Noise Dispute Pits Scientists Against State Officials
風力騒音紛争は、科学者を州当局に対して戦わせる

(Michigan Capitol Confidential |July 7, 2012)
http://www.michigancapitolconfidential.com/17194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2888.html

---------------------------------------------------

<③ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年1月19日

③意見、ミシガン州
◇Lawmakers should expose wind energy cover up
議員は、隠している風力エネルギーを公開する必要があります

(January 19th, 2015 | The Pioneer Newspaper)
http://news.pioneergroup.com/bigrapidsnews/2015/01/19/
lawmakers-expose-wind-energy-cover/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2892.html

-------------------------------------------------

<和解⇒④ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年1月31日付

ぜひ!→
④ブログ、ミシガン州
◇One lawsuit settled, but no truce in wind energy debate
一件の訴訟が解決したが、風力エネルギーの議論に休戦はない

(Michigan Capitol Confidential | Jan. 31, 2015)
http://www.michigancapitolconfidential.com/20951



By Jack Spencer



南ディングトンの
レイク・ウィンズ風力発電所の近隣住民が
その施設が人々を病気にしていると主張した訴訟は、
示談になりました。




ケースの原告の1人
ケアリー・Shineldeckerさんは
和解の詳細を議論することは許されていないが
まだそのような施設の近くで生きる人々が
受けることができる
嫌疑のかかっている負の健康への影響について
話をすることは許されています。





「私がこの和解について異なると思うことは、
和解の詳細は秘密であるが、
私が風力エネルギーに関する問題について
意見を述べることから口をふさがれないということです。」と
シネルデカーさんは言いました。


「私は、我々がここでしたすべてが
コミュニティと居住者を助けたと思います。

あまりにも長い間、
風力エネルギーの支持者は、
その影響に耐えなければならない人々を沈黙させて、
信用を傷つけることができました。」





「我々は、彼らがどのように
ジェリー・パンチ氏と彼のグループを
沈黙させた ※ おとしん:注)
かについてわかりました。」と、
Shineldeckerさんは続けました。




「彼のグループが
風力エネルギー・サポーターが
風力タービンの健康影響について
報告されたかったものを論破した研究に
取り組んでいたとき、
風力エネルギーのサポーターは
彼らを黙らせました。」





2013年4月1日に、
レイク・ウィンズ風力発電所の近くに住んでいた
17人の住民グループは、
- 他の人は後にグループに参加
– メーソン郡巡回裁判所で
コンシューマーズ・エネルギー社に対する
訴訟※ おとしん:注2)
を起こしました。




その訴訟は、
あまりにも住居の近くに設置されたと
原告が主張する風力発電所の
56台の巨大な風力タービンによって
発生するノイズにより
主に、めまい、不眠、頭痛と
他の身体症状を経験していると主張しました。





「我々は、健康影響、財産価値損失と
資産の享受と運用の損失に基づく訴訟を起こしました。」と、
Shineldeckerさんは言いました。




レイク・ウィンズは、
コンシューマーズ・エネルギー社によって
開発された最初の風力プラントです。

2億5000万ドルの施設は、
州の再生可能エネルギー(風)委任を
満たすためのユーティリティの
努力の一環として建設された。

シネルデカーさんと
彼の共同原告により提起された訴訟は、
レイク・ウィンズ・プラントを含む最初の一つでした。

2013年の終わりの前に、
メイソン郡は、
風力発電所は、その騒音条例を
遵守していないと断言していた。


コンシューマーズ・エネルギー社は
その決定について、郡と裁判所で争いました。

それは巡回裁判所で負けました、
そして、このケースは控訴中です。





Shineldeckerさんによると、
居住者の訴訟は、
2014年の晩夏と秋の間に解決されました。




「それはちょうど裁判に行くところでした;
実際、我々は和解に達したと言われた時、
私は、初めて証言するのを待ってる
法廷にいました。」と、
Shineldeckerさんは言いました。

「その文言を考えるために約2ヶ月を要しました;
その後私たちは、
実際には12月17日の週に確定しました。」




「私にとって、
我々は、進んで態度を明確に打ち出すことで
他を助けていました」と、
Shineldeckerさんは付け加えました。

近いうちに、 事実が出てくるはずです。

今から20年
これらの産業用風力タービンを持つ生活の
健康への影響は常識になります。

それはタバコがたどった道※ おとしん:注3)のようになります。


しかし、今、真実を知っている人は少数派です。

AWEA(米国風力エネルギー協会)によって
使用される主張は、
彼らが5年前に言っていたものから変わっていません。


私は、我々の民主主義において、
多くの犠牲が払われた後にのみ
結局は正しいことが勝つと思っています。





Shineldeckerさんは、また
彼が部分で見切り売りしてる
彼の家族の資産が
現在、その評価額の78パーセントで
売却されていると言いました。



コメントする機会を提供した際に
AWEA(米国風力エネルギー協会)の
戦略的コミュニケーションの副局長
デビッド·ワンド氏は、応答しませんでした。

コンシューマーズ・エネルギー社も
同様にコメントを拒否しました。




著者ジャック・スペンサー氏は、
公共政策のための
マッキノーセンター・オンラインニュースレター
『 キャピトル・コンフィデンシャル』の
キャピトル総務スペシャリストです。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------------------------

<和解⇒⑤ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年6月10日

⑤ミシガン州
◇Mason County board approves planning commission wind turbine zoning amendments
メーソン郡委員会は、計画委員会の風力タービンゾーニングの改正を承認する

(Ludington Daily News | 2015年6月10日)
http://www.shorelinemedia.net/ludington_daily_news/news/local/article_4fad2b8a-0fb6-11e5-81e8-8ff427a550bd.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5131.html

聴衆の中の何人かの人々が
郡内の将来の風力タービンの配置に関する
メイソン郡ゾーニング条例の変更を
承認するよう要請するのを聞いた後に、
郡委員会は満場一致でその変更を承認した。

--------------------------------------------

<和解⇒⑥ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2016年2月26日

⑥ミシガン州/動画
◇Neighbor talks about his concern over living near wind turbines
隣人は風力タービン近くに住むことに対する彼の懸念について語る

(wzzm13.com|2016年2月26日)
http://www.wzzm13.com/news/local/neighbor-talks-about-his-concern-over-living-near-wind-turbines/57489244

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5132.html


Jon Mills, WZZM




今週、ミシガン州を襲った強い冬の嵐が、
州の東側の風力タービン崩壊の
原因となる可能性があります。




落ちたタービンはミシガンのサム(thumb)で
ピジョン(Pigeon)の近くの
ハーベスト・ワン農場(Harvest One farm )の一部です。

このタービンはキャデラック(Cadillac)の
ウルヴァリン(Wolverine)・エナジーに電力を供給し、
アイオワ州の会社が所有しています。

木曜日、
440フィートの高さの構造物が地面に衝突しました。
※ 440フィート = 134.11200 メートル

ベースの塔の一部だけが立っていました。




誰も崩壊で傷ついていませんでした。

農場を経営している会社は、
全国に47の風力発電所を運営しており、
これがこの種の最初の崩壊だと言います。




ミシガン州では、
風力発電所の建設が論議の的になっています。

それらを置くことに関する
継続的な議論を持っていた分野の1つは、
メーソン郡にあります。




レイク風力エネルギー・パーク
(Lake Winds Energy Park)では、
56の風力タービンを所有し、運営しています。

パーク内のタービンは空中で300フィートです。

回転ブレードの先端は空中で476フィートに達する。

100メガワットのプロジェクトは、
一部はリバートン(Riverton)郡区にあります。





アーニー・キャメロン氏
(Ernie Cameron)の家と仕事場は、
高い風力タービンに囲まれています。




1つの塔は自宅からわずか1,300フィートです。
※ 1300フィート = 396.24 メートル

キャメロン氏は
彼は塔の基盤を作るために使われた
コンクリートと鉄の量に驚いたと言いました
そして、彼は彼の資産の近くの塔のどれもが
地面に落ちることはないと信じています。




今週、州の東側に落ちたが、
そのことについて語ったとき
キャメロン氏は、
それが構築された方法に
何か問題があるかどうか疑問に思っています。




メイソン郡で風が強く吹くと、
ブレードの回転が止まるとキャメロン氏は話す。

「あなたはそれらを見るでしょう、
それらはすべてシャットダウンされます。」




彼が懸念しているのは、
回転ブレードに溜まった氷が、
潜在的に自宅に投げ込まれることだと彼は言った。

「私はそれを見ていないが、
それは私をこわがらせるものです。」





コンシュマーズ・エナジー社(Consumers Energy)は
木曜日の州の東側の事件を認識している。

その風力タービンは、
コンシュマーズ・エナジー社ではなく
アイオワ州の会社が所有していますが、
同社はどのように、
なぜタワーが落ちたのかを聞くことに興味があります。




コンシュマーズ・エナジー社のスポークスマンも、
彼らのシステム上で
何らかのアクションが必要な場合
電気事業業界で起こるどんな事件でも会社側が見直すと
金曜日に言いました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



【お知らせ】

・2017年11月26日(日)の懇親会は無事終了しました。
 遠方よりのご参加をありがとうございました。

・ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




New!⇒

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author: Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author: Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-12-21 : ◆和解⇒ミシガン州:レイク・ウィンズ風力発電所訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<和解⇒⑥ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>⑥ミシガン州/動画:隣人は風力タービン近くに住むことに対する彼の懸念について語る |関連記事| // 【おとしんからのお知らせ】 |New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発を受ける












<和解⇒⑥ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>




2016年2月26日




⑥ミシガン州/動画
◇Neighbor talks about his concern over living near wind turbines
隣人は風力タービン近くに住むことに対する彼の懸念について語る

(wzzm13.com|2016年2月26日)
http://www.wzzm13.com/news/local/neighbor-talks-about-his-concern-over-living-near-wind-turbines/57489244



Jon Mills, WZZM




今週、ミシガン州を襲った強い冬の嵐が、
州の東側の風力タービン崩壊の
原因となる可能性があります。





落ちたタービンはミシガンのサム(thumb)で
ピジョン(Pigeon)の近くの
ハーベスト・ワン農場(Harvest One farm )の一部です。

このタービンはキャデラック(Cadillac)の
ウルヴァリン(Wolverine)・エナジーに電力を供給し、
アイオワ州の会社が所有しています。

木曜日、
440フィートの高さの構造物が地面に衝突しました。
※ 440フィート = 134.11200 メートル

ベースの塔の一部だけが立っていました。




誰も崩壊で傷ついていませんでした。

農場を経営している会社は、
全国に47の風力発電所を運営しており、
これがこの種の最初の崩壊だと言います。




ミシガン州では、
風力発電所の建設が論議の的になっています。

それらを置くことに関する
継続的な議論を持っていた分野の1つは、
メーソン郡にあります。




レイク風力エネルギー・パーク
(Lake Winds Energy Park)では、
56の風力タービンを所有し、運営しています。

パーク内のタービンは空中で300フィートです。

回転ブレードの先端は空中で476フィートに達する。

100メガワットのプロジェクトは、
一部はリバートン(Riverton)郡区にあります。





アーニー・キャメロン氏
(Ernie Cameron)の家と仕事場は、
高い風力タービンに囲まれています。




1つの塔は自宅からわずか1,300フィートです。
※ 1300フィート = 396.24 メートル

キャメロン氏は
彼は塔の基盤を作るために使われた
コンクリートと鉄の量に驚いたと言いました
そして、彼は彼の資産の近くの塔のどれもが
地面に落ちることはないと信じています。




今週、州の東側に落ちたが、
そのことについて語ったとき
キャメロン氏は、
それが構築された方法に
何か問題があるかどうか疑問に思っています。




メイソン郡で風が強く吹くと、
ブレードの回転が止まるとキャメロン氏は話す。

「あなたはそれらを見るでしょう、
それらはすべてシャットダウンされます。」





彼が懸念しているのは、
回転ブレードに溜まった氷が、
潜在的に自宅に投げ込まれることだと彼は言った。

「私はそれを見ていないが、
それは私をこわがらせるものです。」





コンシュマーズ・エナジー社(Consumers Energy)は
木曜日の州の東側の事件を認識している。

その風力タービンは、
コンシュマーズ・エナジー社ではなく
アイオワ州の会社が所有していますが、
同社はどのように、
なぜタワーが落ちたのかを聞くことに興味があります。




コンシュマーズ・エナジー社のスポークスマンも、
彼らのシステム上で
何らかのアクションが必要な場合
電気事業業界で起こるどんな事件でも会社側が見直すと
金曜日に言いました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





======================
 関連記事
======================

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<①ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2013年4月16日付け

①ミシガン州/画像
◇Lawsuit Alleges Wind Power A Threat To Health And Safety
訴訟は、風力が健康と安全に対する脅威の原動力となると主張します

(Michigan Capitol Confidential | April 16, 2013)
http://www.michigancapitolconfidential.com/18528

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2887.html

---------------------------------------------------

<②ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2012年7月7日付け

ぜひ!→
②ミシガン州
◇Wind Noise Dispute Pits Scientists Against State Officials
風力騒音紛争は、科学者を州当局に対して戦わせる

(Michigan Capitol Confidential |July 7, 2012)
http://www.michigancapitolconfidential.com/17194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2888.html

---------------------------------------------------

<③ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年1月19日

③意見、ミシガン州
◇Lawmakers should expose wind energy cover up
議員は、隠している風力エネルギーを公開する必要があります

(January 19th, 2015 | The Pioneer Newspaper)
http://news.pioneergroup.com/bigrapidsnews/2015/01/19/
lawmakers-expose-wind-energy-cover/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2892.html

-------------------------------------------------

<和解⇒④ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年1月31日付

ぜひ!→
④ブログ、ミシガン州
◇One lawsuit settled, but no truce in wind energy debate
一件の訴訟が解決したが、風力エネルギーの議論に休戦はない

(Michigan Capitol Confidential | Jan. 31, 2015)
http://www.michigancapitolconfidential.com/20951



By Jack Spencer



南ディングトンの
レイク・ウィンズ風力発電所の近隣住民が
その施設が人々を病気にしていると主張した訴訟は、
示談になりました。




ケースの原告の1人
ケアリー・Shineldeckerさんは
和解の詳細を議論することは許されていないが
まだそのような施設の近くで生きる人々が
受けることができる
嫌疑のかかっている負の健康への影響について
話をすることは許されています。





「私がこの和解について異なると思うことは、
和解の詳細は秘密であるが、
私が風力エネルギーに関する問題について
意見を述べることから口をふさがれないということです。」と
シネルデカーさんは言いました。


「私は、我々がここでしたすべてが
コミュニティと居住者を助けたと思います。

あまりにも長い間、
風力エネルギーの支持者は、
その影響に耐えなければならない人々を沈黙させて、
信用を傷つけることができました。」





「我々は、彼らがどのように
ジェリー・パンチ氏と彼のグループを
沈黙させた ※ おとしん:注)
かについてわかりました。」と、
Shineldeckerさんは続けました。




「彼のグループが
風力エネルギー・サポーターが
風力タービンの健康影響について
報告されたかったものを論破した研究に
取り組んでいたとき、
風力エネルギーのサポーターは
彼らを黙らせました。」





2013年4月1日に、
レイク・ウィンズ風力発電所の近くに住んでいた
17人の住民グループは、
- 他の人は後にグループに参加
– メーソン郡巡回裁判所で
コンシューマーズ・エネルギー社に対する
訴訟※ おとしん:注2)
を起こしました。




その訴訟は、
あまりにも住居の近くに設置されたと
原告が主張する風力発電所の
56台の巨大な風力タービンによって
発生するノイズにより
主に、めまい、不眠、頭痛と
他の身体症状を経験していると主張しました。





「我々は、健康影響、財産価値損失と
資産の享受と運用の損失に基づく訴訟を起こしました。」と、
Shineldeckerさんは言いました。




レイク・ウィンズは、
コンシューマーズ・エネルギー社によって
開発された最初の風力プラントです。

2億5000万ドルの施設は、
州の再生可能エネルギー(風)委任を
満たすためのユーティリティの
努力の一環として建設された。

シネルデカーさんと
彼の共同原告により提起された訴訟は、
レイク・ウィンズ・プラントを含む最初の一つでした。

2013年の終わりの前に、
メイソン郡は、
風力発電所は、その騒音条例を
遵守していないと断言していた。


コンシューマーズ・エネルギー社は
その決定について、郡と裁判所で争いました。

それは巡回裁判所で負けました、
そして、このケースは控訴中です。





Shineldeckerさんによると、
居住者の訴訟は、
2014年の晩夏と秋の間に解決されました。




「それはちょうど裁判に行くところでした;
実際、我々は和解に達したと言われた時、
私は、初めて証言するのを待ってる
法廷にいました。」と、
Shineldeckerさんは言いました。

「その文言を考えるために約2ヶ月を要しました;
その後私たちは、
実際には12月17日の週に確定しました。」




「私にとって、
我々は、進んで態度を明確に打ち出すことで
他を助けていました」と、
Shineldeckerさんは付け加えました。

近いうちに、 事実が出てくるはずです。

今から20年
これらの産業用風力タービンを持つ生活の
健康への影響は常識になります。

それはタバコがたどった道※ おとしん:注3)のようになります。


しかし、今、真実を知っている人は少数派です。

AWEA(米国風力エネルギー協会)によって
使用される主張は、
彼らが5年前に言っていたものから変わっていません。


私は、我々の民主主義において、
多くの犠牲が払われた後にのみ
結局は正しいことが勝つと思っています。





Shineldeckerさんは、また
彼が部分で見切り売りしてる
彼の家族の資産が
現在、その評価額の78パーセントで
売却されていると言いました。



コメントする機会を提供した際に
AWEA(米国風力エネルギー協会)の
戦略的コミュニケーションの副局長
デビッド·ワンド氏は、応答しませんでした。

コンシューマーズ・エネルギー社も
同様にコメントを拒否しました。




著者ジャック・スペンサー氏は、
公共政策のための
マッキノーセンター・オンラインニュースレター
『 キャピトル・コンフィデンシャル』の
キャピトル総務スペシャリストです。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------------------------

<和解⇒⑤ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年6月10日

⑤ミシガン州
◇Mason County board approves planning commission wind turbine zoning amendments
メーソン郡委員会は、計画委員会の風力タービンゾーニングの改正を承認する

(Ludington Daily News | 2015年6月10日)
http://www.shorelinemedia.net/ludington_daily_news/news/local/article_4fad2b8a-0fb6-11e5-81e8-8ff427a550bd.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5131.html

聴衆の中の何人かの人々が
郡内の将来の風力タービンの配置に関する
メイソン郡ゾーニング条例の変更を
承認するよう要請するのを聞いた後に、
郡委員会は満場一致でその変更を承認した。




「改訂を承認していただきありがとうございます。
それはかなりの作業でした。」と、
現行のレイク風力エネルギー・パーク
(Lake Winds Energy Park)のゾーン内に住んでいる
エヴリン・Bergaila氏
(Evelyn Bergaila)は投票後に委員会に言いました。

委員会がこの改正案に取り組んでいる間、
彼女は過去1年間の
これまでのすべての計画委員会の会議に出席していた。




「彼らは、この規制について本当に懸命に働いていた」と、
Bergaila氏は火曜の夜の投票の前に理事会に語った。




Bergaila氏はまた、委員会に、
規制がそれよりも
さらに厳しいものであることを望みましたが、
ゾーニング条例は、将来変更される可能性がある
生きた文書であるとも述べた。




計画委員会が行った大きな変更の1つは、
風力タービンの基盤と近くの建物の間の
敷地境界線との後退距離を増やすことです。




旧セットバック距離はタービンの高さの2倍です。




条例の改正により、
基盤から敷地境界線までの高さの4倍に、
そして、人間の占有を目的とした既存の建物から
高さの3倍に変更されました。





水曜日のLudington Daily Newsの印刷物と
eEditionsで全文を読んでください。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



【お知らせ】

・2017年11月26日(日)の懇親会は無事終了しました。
 遠方よりのご参加をありがとうございました。

・ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




New!⇒

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author: Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author: Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-12-20 : ◆和解⇒ミシガン州:レイク・ウィンズ風力発電所訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<和解⇒⑤ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>⑤ミシガン州:メーソン郡委員会は、計画委員会の風力タービンゾーニングの改正を承認する |関連記事| // 【おとしんからのお知らせ】 |New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発を受ける













<和解⇒⑤ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>




2015年6月10日





⑤ミシガン州
◇Mason County board approves planning commission wind turbine zoning amendments
メーソン郡委員会は、計画委員会の風力タービンゾーニングの改正を承認する

(Ludington Daily News | 2015年6月10日)
http://www.shorelinemedia.net/ludington_daily_news/news/local/article_4fad2b8a-0fb6-11e5-81e8-8ff427a550bd.html




聴衆の中の何人かの人々が
郡内の将来の風力タービンの配置に関する
メイソン郡ゾーニング条例の変更を
承認するよう要請するのを聞いた後に、
郡委員会は満場一致でその変更を承認した。




「改訂を承認していただきありがとうございます。
それはかなりの作業でした。」と、
現行のレイク風力エネルギー・パーク
(Lake Winds Energy Park)のゾーン内に住んでいる
エヴリン・Bergaila氏
(Evelyn Bergaila)は投票後に委員会に言いました。

委員会がこの改正案に取り組んでいる間、
彼女は過去1年間の
これまでのすべての計画委員会の会議に出席していた。




「彼らは、この規制について本当に懸命に働いていた」と、
Bergaila氏は火曜の夜の投票の前に理事会に語った。




Bergaila氏はまた、委員会に、
規制がそれよりも
さらに厳しいものであることを望みましたが、
ゾーニング条例は、将来変更される可能性がある
生きた文書であるとも述べた。




計画委員会が行った大きな変更の1つは、
風力タービンの基盤と近くの建物の間の
敷地境界線との後退距離を増やすことです。




旧セットバック距離はタービンの高さの2倍です。




条例の改正により、
基盤から敷地境界線までの高さの4倍に、
そして、人間の占有を目的とした既存の建物から
高さの3倍に変更されました。





水曜日のLudington Daily Newsの印刷物と
eEditionsで全文を読んでください。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





======================
 関連記事
======================

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<①ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2013年4月16日付け

①ミシガン州/画像
◇Lawsuit Alleges Wind Power A Threat To Health And Safety
訴訟は、風力が健康と安全に対する脅威の原動力となると主張します

(Michigan Capitol Confidential | April 16, 2013)
http://www.michigancapitolconfidential.com/18528

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2887.html


--------------------


<③ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年1月19日

③意見、ミシガン州
◇Lawmakers should expose wind energy cover up
議員は、隠している風力エネルギーを公開する必要があります

(January 19th, 2015 | The Pioneer Newspaper)
http://news.pioneergroup.com/bigrapidsnews/2015/01/19/
lawmakers-expose-wind-energy-cover/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2892.html


------------------
   関連記事
------------------

■Recommended Update of Sample Zoning for Wind Energy Systems
推奨する風力エネルギー・システムのためのゾーニングサンプル最新版

http://www.oem.msu.edu/userfiles/file/Resources/WindandHealthReport.pdf


ぜひ!⇒
■Group recommends stricter noise levels for Michigan wind farms
グループは、ミシガン風力発電所のためにより厳しい騒音レベルを推薦します

(ミシガン州立大学 | June 30, 2011)
http://msutoday.msu.edu/news/2011/group-recommends-stricter-noise-levels-for-michigan-wind-farms/



-----------------------------------


※ おとしん:注3)
■タバコがたどった道


ぜひ!⇒
◇Is Big Wind the new Big Tobacco?
ビッグ・ウィンドは、新しいビッグ・タバコですか?

(windturbinesyndrome.com | Feb 17, 2014)
http://www.windturbinesyndrome.com/2014/is-big-wind-the-new-big-tobacco/#content

Curt Devlin, Guest Editor

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2431.html



産業用風力タービン (IWT’s) が重大な健康への悪影響を
引き起こすという増大する証拠に直面して、
風力産業とタバコ産業の間の比較は常に、より明白になっています。


正当な懸念を捨てて、
タービンや健康問題との間のリンクを完全否定する
大手風力産業の引き延ばし戦術は、
大手タバコ会社の脚本をそっくりまねたように見えます。




彼らは同様に、利益を損傷せずに、
引き起こす害を認識する簡単な方法がない場合は特に、
おそらくこのパターンは、汚れた産業の標準的なふるまいです。

これらの類似性にもかかわらず、
これらの2つの産業とそれらが引き起こす問題、
およびそれらがどのようにそれらを引き起こすかとの間の
基本的な違いがあります。

それがつくる荒廃について
ビックウィンドに責任があると見ている誰でも、
同様に慎重にこれらの違いに注意を払わなければなりません。
転ばぬ先の杖。



タバコの製造業者は、化学的に、その製品の中毒性の特性を
向上していることが知られる前は、
彼らはしばしば喫煙者は禁煙という選択肢を持っていたと主張しました。


彼らは、喫煙者によってなされる個人の選択に対して
責任を負うことができないと主張しました。
真実でも真実でなくても、
喫煙者がいつでも逃れることができたという考えは
世論についての強力な説得でした。


対照的に、工業的規模の風力タービンが、
あなたの近所でスピンし始めると、誰もが逃れる機会がありません。


風力産業は特別の風力プロジェクトを受理するために
投票が得られたことを指摘するのが常に速い
- しかし、産業タービンがどんなに危険かは決して言及されません、
誰も伝えられなかったという事実。


いずれにしても、有権者の大半は、
少数派に害を課す権利を持っているというひねくれた考え方は
民主主義よりもファシズムに多く属しています。



喫煙と肺ガンや血管疾患などの、
より悪質な健康への影響との間で科学的なリンクを作ることは、
これらの病気の性質と
どのように研究していくかの方法のために、
長い、ゆっくりとしたプロセスでした。

風力タービンおよびその最も直接的な健康への影響との間のリンクは、
しかしながら、異なる方法論を用いることにより、
はるかに直接的かつ迅速に確立することができます。


有害な健康影響へのリンクがどうのように作成されるのかは、
調査する価値がある違いです。



▼ リンクを作ること



衆目が健康に有害なものとして喫煙の方を最初に向いたとき、
タバコ産業は喫煙と病気との直接の因果関係を「証明した」
大規模な横断的研究がなかったという事実を示して、自己弁護しようとしました。


健康被害とその影響の因果関係を作ることは、難しくコストがかかり、
かつ時間がかかる場合があります。
これらの障害の結果として、ビッグ·タバコは、
何十年も批判を寄せ付けないままにすることができました。

また、、横断的研究は、どのような場合に提供するように
設計されていないほとんど絶対の確実性を主張する戦略は、
ビッグ·タバコに、それが大規模なPRキャンペーンを開始して、
法的保護のために攻撃的に政策担当者に働きかける必要があった時間を提供しました。

一方、公共の反対の市政にもかかわらず、ビッグ·タバコは、
その製品が本当にどれくらい危険で習慣性があったかについて、
十分によくわかっていました。





たばこ税は、一世紀以上の州および連邦政府の
歳入の主力となっているという事実は、
それが産業を保護するために簡単に議員を説得しました。


同様に、タービンの健康影響については、
議論の余地のない確実性のため、ビッグ・ウィンドのコールは、
風力の生産税控除(PTC)を拡張するという壮大なロビー活動のために
数年を買いました。米国の金融維持の唯一の供給源。

対照的に、しかしながら、PTCはまさに大企業への政府補助金になります。
同様の補助金は、他の多くの国々で同様に存在します。

経済学的に言えば、風力タービンは同様に
納税者と地方税納付者の企業の浪費でした。

タバコとは異なり、風力エネルギーは単純に自律的な産業ではありません。

今、PTCは最終的に米国で放棄された今、
風力産業はすでに危険な製品の市場として、
発展途上国に向かって探しています
— その国内市場が縮み始めたとき、まさにタバコ産業がした通りです。





横断的研究は、優れた遅延戦術ですが、
健康への影響のすべての形態を研究するためには等しく適していません。


それらは、例えば喫煙者対非喫煙者のように
彼らを異なるようにする一つの変数に基づく人々の
2つのグループを比較するように設計されています。

このような研究は、実際に厳密な科学的な意味での
因果関係を決定することに向いていないが、
それらは相関関係として知られている強力かつ説得力のある
統計的なリンクを提供することができます。

我々は今、例えば、喫煙は肺がんや血管疾患と
非常に高く相関するということを知っています
- たとえ、「どのように」それが病的状態を引き起こすのかに関して、
我々がまだ完全には詳細の多くを理解しなくても‥‥。




非喫煙者から喫煙者を分離することは、十分に簡単に見えるので、
一見すると、喫煙は、横断的研究のための良い候補であると思われます。

やがて、しかし、研究者たちは、それが間接喫煙の複雑な要因により
容易ではないことを理解しました。

多くの「非喫煙者」は、実際にオフィス、
バーやレストランなどの公共の場所や、家庭で受動喫煙を大量に吸入しました。

法律が人前で喫煙を禁止するために可決されるまで、
多くのいわゆる非喫煙者は
毎日相当なタバコの煙を受動的に吸入していました。

研究者は、タバコの煙に極度にさらされた被験者をふるい落とすことで、
間接喫煙をコントロールし始めた後は、
喫煙と疾病率との間のリンクが浮き彫りになりました。




しかしながら、タービンによって引き起こされたような健康問題は
横断的研究法を用いて研究するのがさらに難しい。
曝露される人々と、曝露されない人々を分離することがほとんどできないので


このような不眠などの健康への悪影響に風力タービンを接続する
横断的研究は、いくつかのケースで行われてきたが、
これらは、より弱いリンク(Nissenbaum、2012)を生じる傾向がある。

問題は、受動喫煙のそれに似ています。
タービンによって引き起こされる被害の大部分は、
それらが発する低周波ノイズと超低周波ノイズに由来します。

この組み合わせは、時々、超低周波音と低周波ノイズ、又はILFNと呼ばれます。


広範な研究は、それが悪影響を全身に生じるので、
ILFNが広い範囲にわたる健康への影響を
引き起こす可能性があることを示しています

— 耳のみではない。


多くの間接喫煙と同じように、従って、問題はILFNはどこにでもあるということです。

ほぼ全員が、常にそれにさらされています、
なぜなら、低周波ノイズの少なくともいくつかの形態は、
タービン以外に非常に多くの天然および人工の発生源によって生成されるからです。


かなり強烈な低周波ノイズは、自動車、バス、列車、飛行機、
トラックの中に発見することができる。

また、工業用エアコンプレッサー、いくつかの電気モーター、
このような大規模なHVAC(暖房、換気、空調)ファン、
工業用空気スクラバーなどの産業機器の多くの形態により生成される。

実際に、住居用の家は、低周波ノイズの猛攻撃から避難できる
数少ない場所の一つでした
— 風力産業が住宅地に移動開始するまでは。


これらの住宅の場合は、全く猶予はありません。

さらに悪いことに、多くの住宅の構造は、実際に屋内でより強くILFNを増幅します。

研究者が、ILFN曝露が完全にない一団の人々を見つけることは、ほとんど不可能です。

研究者がそれを呼ぶとともに、この対照群なしで、
曝露されるグループと、曝露されていない人々との間で
どのように横断面を比較することができますか?


▼ 救助へのケース・シリーズ・クロスオーバー研究


幸運にも、このような状況で合理的に正確な比較をなすための
他の完全に有効で、よく受け入れられた方法論があります。

そのような1つの方法論は、ケース・シリーズ・クロスオーバー研究、
あるいは単にクロスオーバー研究と呼ばれます。

この方法論は、広く公衆衛生、集団生物学、職業上、
およびこのような環境の研究に長年使用されています。

ケアと厳格さで実施する場合は、クロスオーバー研究では、
識別するために他の方法では困難な、
有害な健康への影響とソースの間の接続を識別することができます。



クロスオーバー研究では、時間をかけて比較を行うための
非常にエレガントかつ強力な技術です。

横断的研究のような被験者の2つのグループを比較する代わりに
クロスオーバー研究は、異なる時間、または位相で
自分自身を実験で各被験者と比較します。

タービンノイズの場合、例えば、被験体は、
風力タービンへの曝露の前と最中と曝露後に自分自身と比較することができる。



これは、正確に、集団生物学のMDと博士課程でもある
ニーナ・ピアポント博士が、
彼女の本「ウィンド・タービン・シンドローム」で報告される
画期的な研究でケース・クロスオーバー・テクニックを選んだ理由です:

自然な実験(2009)に関するレポート。
彼女のレポートの非臨床の章では、彼女は以下のように書きました:



最初に、これを呼ぶために、
風力タービンはいずれにしても問題を関連させました、
私は比較しました、
人々が曝露されなかった時、それらがどのようだったか
曝露の間はどうのようだったか、
また、私は、タービンの近くで暮らす前と、暮らした後に、
曝露していないそれが意味することを明示しました。


私の被験者はすべて、タービンがそれらの家の近くでオンライン化した後、
それらの問題がすぐにスタートするのを見ました。
また、彼らがタービンから離れていた時、
すべては、彼らの問題が去るのを見ました。
[著者の強調](ピアポント、2009年)。


この証拠があれば、あなたはどんな結論を出すでしょうか?
また、タービンが彼らの家の近くで回転し始めるとき、
直接、新しい症状を経験した人々は、彼らがタービンから逃れたとき、
これらの同じ症状が消えたということをすぐに発見しました。


彼らは、まったく自分達だけで、
ピアポントがしたのと同じ結論に、素早く達しました。

彼らにとって、それは、彼らの健康問題の原因を確認するために
『ウィンドタービン・シンドローム』を読み取る必要はありませんでした;

それは、初めから明らかでした。

実際、直接影響を受けるそれらの多くは、
彼らが、どんなタービンから遠く離れてでも、
避難の場所を見つけるために家を捨てることによって、
意思表示をしたことを、実際には、そう確信しています。

科学と常識は、タービンの近くで生きている危険性について同じ結論に達しました。


これは、喫煙者のそれと非常に異なる経験です。

過去には、喫煙者自身は、彼らの毎日の習慣が
彼らの健康を損ねているとしばしば思っていませんでした。

実際、メディアは、喫煙が健康で、魅力的であると言って
彼らを絶えず安心させていました。

風力タービン症候群とは異なり、喫煙によるがんや心臓病の進行は、
被害者は多くの場合、手遅れになるまで気づかないほど遅く、知覚できません。

あなたは喫煙者が、「私は長い間煙草を吸っていました、
そして、それはまったく私を悩ましていません。」と言うのを
どれくらい、聞きましたか?



▼ 発生の瞬間を特定する


すべての疾病あるいは症状が、クロスオーバー・アプローチを使って
調査することができるというわけではありません。

たとえば、2つの重要な理由で、肺がんと心臓病のような病気は、
このように調査されることができません。

1番目に、これらの病気は、科学がそれらがいつ最初に
始まったかについて確実に決定することができないほど徐々に、
そして、わずかに生じます。

厳格なクロスオーバー研究は、症状や状態が開始したときに、
医療研究者が一瞬、発生の瞬間と呼んでいるものを
特定することができなければならない。

この瞬間は、いくつかの精度で決定することができない限り、
クロスオーバー研究では、特定の時間に特定のソースに
有害な健康影響をリンクすることはできません。



第2に、肺癌と心臓病のようないくつかの条件は多くの場合不可逆です。

単にあなたが喫煙を止めるというだけの理由で、肺癌は例えば、消えません。

喫煙者が喫煙をやめる場合、
単にそれが消えないというだけの理由で
癌を引き起こさないと主張することは不合理でしょう。




クロスオーバー研究は、喫煙による健康への影響を
研究するためには効果的ではないでしょう。

対照的に、タービンの曝露が止まるとき、
風力タービンと関連した最も初期の健康効果の多くは
速くおさまるか、完全に消えます。

これは、クロスオーバー方法論は、
風力タービン騒音曝露と、
その症状の関係を調査するための、優れた選択肢となります。





正確にその問題の原因を決定するために、
数十年間も、科学が風力タービン症候群の症状を
研究する必要はないことを理解することが重要です。


正確に制御された比較が、
ケース・クロスオーバー・アプローチを使ってなされるとき、
産業用風力タービン騒音とその最も即座の
有害な健康影響の関連は明白で非常に説得力があります。


2年前の2013年にマサチューセッツ州メシアの
フェアヘーブンの密集した住宅地区に、
2台の1.5Mwのタービンが据え付けられたとき、
居住者の何人かはほとんどすぐに睡眠障害、
激しい頭痛とめまいを経験し始めました。

風力プロジェクトの提案者は、
近くのストップアンドショップの裏の
大きなHVACファンによって、
それらが引き起こされたことを提案することにより、
これらの問題のための非難をそらそうとしました。

 そのような説明に関するトラブルは、
HVACファンが苦情をほとんど生成せずに、
数年間そこに作動していたということです。

発生源との間の時間の近さを強調することで
そして発生率、ケースクロスオーバーデータの瞬間に
症状が真犯人に対して説得力のある証拠を確立し、
明確に、問題の真の原因を区別することができます。


- 以前は閑静な住宅地の近くに産業用タービンの導入。



この直感的に明白な事実にもかかわらず、
直接的な影響を感じていないマサチューセッツ州フェアヘーブン、
ファルマス、およびシチュエート、このような町で、
多くの隣人が、彼らは完全に安全であると信じています。

風力の擁護団体は、
これをタービンが問題でないという証拠としてしばしばあげます。

最良の利用可能な科学的根拠は示唆します、
しかしながら、それらが影響されないと思う人々は
1つの、非常に悪い- 恐らく致命的な間違いを作っています。




▼ 結局、誰でも影響を受けます


不気味なほどに、低周波ノイズへの長期曝露による健康への影響に
焦点を当てた研究は、非常に長期的な喫煙の研究のように、
それは最終的には不可逆的な、時には致命的な、
衰弱させる疾患をもたらすことを実証しました。





実際、強烈な低周波数ノイズへの長期の曝露は、
喫煙に起因する例えばガンと心臓病などに類似した
慢性疾患との関連がありました。

ビッグ·タバコのように、これらの病気の初期が
しばしば無症状なので、ビッグ・ウィンドが
これらの調査結果について否定的でいることは簡単です。


あなたは、喫煙者の虚勢でやや歪曲されたエコーを聞くことができます:
「私は、大きなタービンの近くで何年も暮らしています。
そして、私は本当に元気だと感じます!
それは私を悩ましません。」




風力産業は、騒音のエネルギーが人間の耳に
衝撃を与えるだけであるという一般の誤解に飛びつきました。

インフラサウンド(超低周波音)が聞くことができない場合は、
あなたに害を与えません、そうですよね?


この危険な誤解は、セントルイスのワシントン大学医学部
(ミズーリ州)の耳鼻咽喉科医、アレック・ソルト博士の
仕事によってきっぱり否定されています。


聴覚の閾値を下回る音の周波数は、
内耳(前庭器官)に直接的な影響を及ぼして、
信号が聴力センター以外の脳の領域に送られる原因になることを、
ソルトは証明しました。

(ソルト、インフラサウンドと風力タービンおよび耳の応答、2010)

彼はこれらの信号が、最も大きな可聴ノイズを
レベル4Xに上げることを示しました。
そして、人間を超低周波音にとても敏感にしました。

(ソルト、タービンは、危険となりうる 2013)。




1980年から、今までの30年以上にわたり、、
人間と動物の両方にILFNの長期的な健康への影響を研究している
ポルトガルの2人の研究者、
ヌーノカステロ·ブランコ、MD、とマリアナ·アルベス·ペレイラ博士は、
強烈な低周波音と振動が、振動音響疾患またはVADと総称される、
全身に、非常に破壊的な影響を及ぼすことを実証し始めました。

肥厚した心臓の構造の剖検所見は、
航空機技術者の人口に関する心エコー検査的な研究につながりました。

すべては、心膜を厚くしました。
また、多数がさらに厚くなった心臓弁を示しました。
(Marciniak et al., 1999).

LFNに暴露された個人間の心膜肥厚は、解剖学的に、
VAD患者の心膜断片の光学顕微鏡ならびに
電子顕微鏡的研究によって確認されている。

(他の理由で受けられる心臓バイパス手術の間に、
患者の告知に基づく同意で集められる)
(カステロブランコら、1999A、2001、2003A、B;。カステロ·ブランコ、2004)。





それらの被験者の140人はすべて、
職場での低周波音や振動に長時間曝露した後、
彼らの心臓とその周辺の組織の危険な、時には致命的な
肥厚の兆しを見せました、


- 風力タービンによって絶えず生成された同じ種類の音と振動。

残念ながら、この肥厚は、生命を脅かす被害者のために、
ほとんど、あるいはまったく警告になることができません。

「全140人の患者で観察される、
多モード誘発電位の遅れ(内在性ものを含む)は、
漸進性神経学的悪化と初期の老化現象の症状です。」
この点に注意して、この同じ研究も、
被験者の100%が、何らかの認知障害で苦しんだと報告します。

(カステローブランコ, 2004).

言い換えると、ILFNへの十分な曝露の後、実質的に、誰でも影響を受けます。




すべての被験者の中の、早期老化の発見が十分に妨害していなかった場合、
さらに、それらはそれらがたばこを吸ったとしても
吸わなかったとしても、
被験者の半分以上が気管支炎になったということがわかりました。

半数以上が、頭痛、鼻出血、
およびめまいや回転性めまいなどのバランスの問題を生じました。
- ピアポントによって報告された、
多くの風力タービンシンドロームと同じ特徴と症状の。





このポルトガルの研究の職業パターンの曝露は、
クロスオーバーのデータを収集するための優れた方法です。
これは注目に値します。

たとえば、レポートは、技術者が帰宅したとき、
これらの症状の多くがおさまったか、消えたことを強調します。

最悪の結果が根を下ろす前に、彼らが発生源から
やむを得ず逃げる場合、皮肉にも、
ほとんどの初期症状の影響を受けている者は、幸運なものかもしれません。





カステロ·ブランコとアウベス·ペレイラも
技術者の間で遅発性てんかんの22例を発見しました。

(カステロ·ブランコ, 2004).

てんかんのこの形式は約10歳以後はめったに生じないので、
成人の間の1または2の事例は、十分に憂慮すべきことです。


22例は、一般的なポルトガルの人口の発生に対して、
驚くべき20倍の増加を表わします。





このチームはまた、直接、電子顕微鏡で
組織サンプル中の正常細胞の破壊を観察することができました。

どうやら、低周波振動の生体力学的な力は、
健康な細胞を何回も圧搾した後、水風船のように破裂させる可能性があります。

その他の点では、全身にわたる正常細胞の異常な破壊は
同様に様々な自己免疫疾患の前兆になりえます。




要するに、ポルトガルからの研究が、
ILFNへの暴露は、人間の体全体に影響を持っていることを確認します。

曝露がより大きいほど、病的状態はより厳しいです。





あなたが産業的な大きさのタービンが、
航空機技術者の間で見つけるのと同じ健康影響を
発生することができるかどうか疑問に思っているならば、
アルベス-ペレイラとカステロ-ブランコは、
ILFNの彼らの研究をそのようなタービンの近くで生きている
家族と馬まで、その後広げました。
(アルベス-ペレイラ, 2006).

彼らは、このような超音波心臓検査や脳幹聴覚誘発電位などの
同様の技術を使用していました。

予想通り、彼らは航空機の技術者の
彼らの独創的な研究で見いだされたものと
非常に類似した健康への影響を発見しました


人は誰かがILFNの豊富な労働環境で日中を過ごすとき、
病気がどれくらい速く起こるかについて想像することができるだけです。
そして、産業風力タービンの近くの複合体から来ている
低周波騒音と振動の集中砲火の夜に帰宅するだけです。





ビッグ・ウィンドとビッグ・タバコからの長期の病的状態が
慎重に考慮されるとき、2つの産業は共通して
どちらでも認めたいと思うより多くのものを持つように見えます。

風力タービンは、人々は非常に病気になることを示す
臨床および音響研究の専門家からの害があるという証拠が
増えているにもかかわらず、
風力発電業界のますます絶望的な拒否をあなたが検討するとき、
- 大手たばこ会社の、喫煙が健康にとって
悲惨であるという証拠に対する反応の鏡像を無視するのは難しい





参考資料



* 参考資料は、上記サイトでリンクしています。
  ご確認ください。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


-------------------------------------------------

<和解⇒④ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年1月31日付

ぜひ!→
④ブログ、ミシガン州
◇One lawsuit settled, but no truce in wind energy debate
一件の訴訟が解決したが、風力エネルギーの議論に休戦はない

(Michigan Capitol Confidential | Jan. 31, 2015)
http://www.michigancapitolconfidential.com/20951



By Jack Spencer



南ディングトンの
レイク・ウィンズ風力発電所の近隣住民が
その施設が人々を病気にしていると主張した訴訟は、
示談になりました。




ケースの原告の1人
ケアリー・シネルデカーさんは
和解の詳細を議論することは許されていないが
まだそのような施設の近くで生きる人々が
受けることができる
嫌疑のかかっている負の健康への影響について
話をすることは許されています。





「私がこの和解について異なると思うことは、
和解の詳細は秘密であるが、
私が風力エネルギーに関する問題について
意見を述べることから口をふさがれないということです。」と
シネルデカーさんは言いました。


「私は、我々がここでしたすべてが
コミュニティと居住者を助けたと思います。

あまりにも長い間、
風力エネルギーの支持者は、
その影響に耐えなければならない人々を沈黙させて、
信用を傷つけることができました。」





「我々は、彼らがどのように
ジェリー・パンチ氏と彼のグループを
沈黙させた ※ おとしん:注)
かについてわかりました。」と、
Shineldeckerさんは続けました。




「彼のグループが
風力エネルギー・サポーターが
風力タービンの健康影響について
報告されたかったものを論破した研究に
取り組んでいたとき、
風力エネルギーのサポーターは
彼らを黙らせました。」





2013年4月1日に、
レイク・ウィンズ風力発電所の近くに住んでいた
17人の住民グループは、
- 他の人は後にグループに参加
– メーソン郡巡回裁判所で
コンシューマーズ・エネルギー社に対する
訴訟※ おとしん:注2)
を起こしました。




その訴訟は、
あまりにも住居の近くに設置されたと
原告が主張する風力発電所の
56台の巨大な風力タービンによって
発生するノイズにより
主に、めまい、不眠、頭痛と
他の身体症状を経験していると主張しました。





「我々は、健康影響、財産価値損失と
資産の享受と運用の損失に基づく訴訟を起こしました。」と、
シネルデカーさんは言いました。




レイク・ウィンズは、
コンシューマーズ・エネルギー社によって
開発された最初の風力プラントです。

2億5000万ドルの施設は、
州の再生可能エネルギー(風)委任を
満たすためのユーティリティの
努力の一環として建設された。

シネルデカーさんと
彼の共同原告により提起された訴訟は、
レイク・ウィンズ・プラントを含む最初の一つでした。

2013年の終わりの前に、
メイソン郡は、
風力発電所は、その騒音条例を
遵守していないと断言していた。


コンシューマーズ・エネルギー社は
その決定について、郡と裁判所で争いました。

それは巡回裁判所で負けました、
そして、このケースは控訴中です。





シネルデカーさんによると、
居住者の訴訟は、
2014年の晩夏と秋の間に解決されました。




「それはちょうど裁判に行くところでした;
実際、我々は和解に達したと言われた時、
私は、初めて証言するのを待ってる
法廷にいました。」と、
シネルデカーさんは言いました。

「その文言を考えるために約2ヶ月を要しました;
その後私たちは、
実際には12月17日の週に確定しました。」




「私にとって、
我々は、進んで態度を明確に打ち出すことで
他を助けていました」と、
シネルデカーさんは付け加えました。

近いうちに、 事実が出てくるはずです。

今から20年
これらの産業用風力タービンを持つ生活の
健康への影響は常識になります。

それはタバコがたどった道※ おとしん:注3)のようになります。


しかし、今、真実を知っている人は少数派です。

AWEA(米国風力エネルギー協会)によって
使用される主張は、
彼らが5年前に言っていたものから変わっていません。


私は、我々の民主主義において、
多くの犠牲が払われた後にのみ
結局は正しいことが勝つと思っています。





シネルデカーさんは、また
彼が部分で見切り売りしてる
彼の家族の資産が
現在、その評価額の78パーセントで
売却されていると言いました。



コメントする機会を提供した際に
AWEA(米国風力エネルギー協会)の
戦略的コミュニケーションの副局長
デビッド·ワンド氏は、応答しませんでした。

コンシューマーズ・エネルギー社も
同様にコメントを拒否しました。




著者ジャック・スペンサー氏は、
公共政策のための
マッキノーセンター・オンラインニュースレター
『 キャピトル・コンフィデンシャル』の
キャピトル総務スペシャリストです。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



【お知らせ】

・2017年11月26日(日)の懇親会は無事終了しました。
 遠方よりのご参加をありがとうございました。

・ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




New!⇒

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author: Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author: Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-12-19 : ◆和解⇒ミシガン州:レイク・ウィンズ風力発電所訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<和解⇒④ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>2015年1月31日付 ぜひ→④ブログ、ミシガン州:一件の訴訟が解決したが、風力エネルギーの議論に休戦はない…私は、我々の民主主義において、多くの犠牲が払われた後にのみ結局は正しいことが勝つと思っています…ケアリー・シネルデカー(原告) |関連記事| ①、②、③ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟 / ぜひ→ビッグ・ウィンドは、新しいビッグ・タバコですか?…正当な懸念を捨てて、タービンや健康問題との間のリンクを完全否定する大手風力産業の引き延ばし戦術は、大手タバコ会社の脚本をそっくりまねたように見えます…カートデブリン(編集者) // おとしんからのお知らせ:2015年3月22日に懇親会を行います / NEW→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 






<和解⇒④ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>



2015年1月31日付

ぜひ!→
④ブログ、ミシガン州
◇One lawsuit settled, but no truce in wind energy debate
一件の訴訟が解決したが、風力エネルギーの議論に休戦はない

(Michigan Capitol Confidential | Jan. 31, 2015)
http://www.michigancapitolconfidential.com/20951



By Jack Spencer



南ディングトンの
レイク・ウィンズ風力発電所の近隣住民が
その施設が人々を病気にしていると主張した訴訟は、
示談になりました。




ケースの原告の1人
ケアリー・シネルデカーさんは
和解の詳細を議論することは許されていないが
まだそのような施設の近くで生きる人々が
受けることができる
嫌疑のかかっている負の健康への影響について
話をすることは許されています。





「私がこの和解について異なると思うことは、
和解の詳細は秘密であるが、
私が風力エネルギーに関する問題について
意見を述べることから口をふさがれないということです。」と
シネルデカーさんは言いました。


「私は、我々がここでしたすべてが
コミュニティと居住者を助けたと思います。

あまりにも長い間、
風力エネルギーの支持者は、
その影響に耐えなければならない人々を沈黙させて、
信用を傷つけることができました。」





「我々は、彼らがどのように
ジェリー・パンチ氏と彼のグループを
沈黙させた ※ おとしん:注)
かについてわかりました。」と、
シネルデカーさんは続けました。




「彼のグループが
風力エネルギー・サポーターが
風力タービンの健康影響について
報告されたかったものを論破した研究に
取り組んでいたとき、
風力エネルギーのサポーターは
彼らを黙らせました。」





2013年4月1日に、
レイク・ウィンズ風力発電所の近くに住んでいた
17人の住民グループは、
- 他の人は後にグループに参加
– メーソン郡巡回裁判所で
コンシューマーズ・エネルギー社に対する
訴訟※ おとしん:注2)
を起こしました。




その訴訟は、
あまりにも住居の近くに設置されたと
原告が主張する風力発電所の
56台の巨大な風力タービンによって
発生するノイズにより
主に、めまい、不眠、頭痛と
他の身体症状を経験していると主張しました。





「我々は、健康影響、財産価値損失と
資産の享受と運用の損失に基づく訴訟を起こしました。」と、
シネルデカーさんは言いました。




レイク・ウィンズは、
コンシューマーズ・エネルギー社によって
開発された最初の風力プラントです。

2億5000万ドルの施設は、
州の再生可能エネルギー(風)委任を
満たすためのユーティリティの
努力の一環として建設された。

シネルデカーさんと
彼の共同原告により提起された訴訟は、
レイク・ウィンズ・プラントを含む最初の一つでした。

2013年の終わりの前に、
メイソン郡は、
風力発電所は、その騒音条例を
遵守していないと断言していた。


コンシューマーズ・エネルギー社は
その決定について、郡と裁判所で争いました。

それは巡回裁判所で負けました、
そして、このケースは控訴中です。





シネルデカーさんによると、
居住者の訴訟は、
2014年の晩夏と秋の間に解決されました。




「それはちょうど裁判に行くところでした;
実際、我々は和解に達したと言われた時、
私は、初めて証言するのを待ってる
法廷にいました。」と、
シネルデカーさんは言いました。

「その文言を考えるために約2ヶ月を要しました;
その後私たちは、
実際には12月17日の週に確定しました。」




「私にとって、
我々は、進んで態度を明確に打ち出すことで
他を助けていました」と、
シネルデカーさんは付け加えました。

近いうちに、 事実が出てくるはずです。

今から20年
これらの産業用風力タービンを持つ生活の
健康への影響は常識になります。

それはタバコがたどった道※ おとしん:注3)のようになります。


しかし、今、真実を知っている人は少数派です。

AWEA(米国風力エネルギー協会)によって
使用される主張は、
彼らが5年前に言っていたものから変わっていません。


私は、我々の民主主義において、
多くの犠牲が払われた後にのみ
結局は正しいことが勝つと思っています。





シネルデカーさんは、また
彼が部分で見切り売りしてる
彼の家族の資産が
現在、その評価額の78パーセントで
売却されていると言いました。



コメントする機会を提供した際に
AWEA(米国風力エネルギー協会)の
戦略的コミュニケーションの副局長
デビッド·ワンド氏は、応答しませんでした。

コンシューマーズ・エネルギー社も
同様にコメントを拒否しました。




著者ジャック・スペンサー氏は、
公共政策のための
マッキノーセンター・オンラインニュースレター
『 キャピトル・コンフィデンシャル』の
キャピトル総務スペシャリストです。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




※ おとしん:注1) 

■Wind Noise Dispute Pits Scientists Against State Officials
風力騒音紛争は、科学者を州当局に対して戦わせる


ぜひ!→
②ミシガン州
◇Wind Noise Dispute Pits Scientists Against State Officials
風力騒音紛争は、科学者を州当局に対して戦わせる

(Michigan Capitol Confidential |July 7, 2012)
http://www.michigancapitolconfidential.com/17194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2888.html


----------------


※ おとしん:注2)  

<①ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2013年4月16日付け

①ミシガン州/画像
◇Lawsuit Alleges Wind Power A Threat To Health And Safety
訴訟は、風力が健康と安全に対する脅威の原動力となると主張します

(Michigan Capitol Confidential | April 16, 2013)
http://www.michigancapitolconfidential.com/18528

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2887.html


--------------------


<③ミシガン州レイク・ウィンズ風力発電所訴訟>

2015年1月19日

③意見、ミシガン州
◇Lawmakers should expose wind energy cover up
議員は、隠している風力エネルギーを公開する必要があります

(January 19th, 2015 | The Pioneer Newspaper)
http://news.pioneergroup.com/bigrapidsnews/2015/01/19/
lawmakers-expose-wind-energy-cover/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2892.html


------------------
   関連記事
------------------

■Recommended Update of Sample Zoning for Wind Energy Systems
推奨する風力エネルギー・システムのためのゾーニングサンプル最新版

http://www.oem.msu.edu/userfiles/file/Resources/WindandHealthReport.pdf


ぜひ!⇒
■Group recommends stricter noise levels for Michigan wind farms
グループは、ミシガン風力発電所のためにより厳しい騒音レベルを推薦します

(ミシガン州立大学 | June 30, 2011)
http://msutoday.msu.edu/news/2011/group-recommends-stricter-noise-levels-for-michigan-wind-farms/



-----------------------------------


※ おとしん:注3)
■タバコがたどった道


ぜひ!⇒
◇Is Big Wind the new Big Tobacco?
ビッグ・ウィンドは、新しいビッグ・タバコですか?

(windturbinesyndrome.com | Feb 17, 2014)
http://www.windturbinesyndrome.com/2014/is-big-wind-the-new-big-tobacco/#content

Curt Devlin, Guest Editor

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2431.html



産業用風力タービン (IWT’s) が重大な健康への悪影響を
引き起こすという増大する証拠に直面して、
風力産業とタバコ産業の間の比較は常に、より明白になっています。


正当な懸念を捨てて、
タービンや健康問題との間のリンクを完全否定する
大手風力産業の引き延ばし戦術は、
大手タバコ会社の脚本をそっくりまねたように見えます。




彼らは同様に、利益を損傷せずに、
引き起こす害を認識する簡単な方法がない場合は特に、
おそらくこのパターンは、汚れた産業の標準的なふるまいです。

これらの類似性にもかかわらず、
これらの2つの産業とそれらが引き起こす問題、
およびそれらがどのようにそれらを引き起こすかとの間の
基本的な違いがあります。

それがつくる荒廃について
ビックウィンドに責任があると見ている誰でも、
同様に慎重にこれらの違いに注意を払わなければなりません。
転ばぬ先の杖。



タバコの製造業者は、化学的に、その製品の中毒性の特性を
向上していることが知られる前は、
彼らはしばしば喫煙者は禁煙という選択肢を持っていたと主張しました。


彼らは、喫煙者によってなされる個人の選択に対して
責任を負うことができないと主張しました。
真実でも真実でなくても、
喫煙者がいつでも逃れることができたという考えは
世論についての強力な説得でした。


対照的に、工業的規模の風力タービンが、
あなたの近所でスピンし始めると、誰もが逃れる機会がありません。


風力産業は特別の風力プロジェクトを受理するために
投票が得られたことを指摘するのが常に速い
- しかし、産業タービンがどんなに危険かは決して言及されません、
誰も伝えられなかったという事実。


いずれにしても、有権者の大半は、
少数派に害を課す権利を持っているというひねくれた考え方は
民主主義よりもファシズムに多く属しています。



喫煙と肺ガンや血管疾患などの、
より悪質な健康への影響との間で科学的なリンクを作ることは、
これらの病気の性質と
どのように研究していくかの方法のために、
長い、ゆっくりとしたプロセスでした。

風力タービンおよびその最も直接的な健康への影響との間のリンクは、
しかしながら、異なる方法論を用いることにより、
はるかに直接的かつ迅速に確立することができます。


有害な健康影響へのリンクがどうのように作成されるのかは、
調査する価値がある違いです。



▼ リンクを作ること



衆目が健康に有害なものとして喫煙の方を最初に向いたとき、
タバコ産業は喫煙と病気との直接の因果関係を「証明した」
大規模な横断的研究がなかったという事実を示して、自己弁護しようとしました。


健康被害とその影響の因果関係を作ることは、難しくコストがかかり、
かつ時間がかかる場合があります。
これらの障害の結果として、ビッグ·タバコは、
何十年も批判を寄せ付けないままにすることができました。

また、、横断的研究は、どのような場合に提供するように
設計されていないほとんど絶対の確実性を主張する戦略は、
ビッグ·タバコに、それが大規模なPRキャンペーンを開始して、
法的保護のために攻撃的に政策担当者に働きかける必要があった時間を提供しました。

一方、公共の反対の市政にもかかわらず、ビッグ·タバコは、
その製品が本当にどれくらい危険で習慣性があったかについて、
十分によくわかっていました。





たばこ税は、一世紀以上の州および連邦政府の
歳入の主力となっているという事実は、
それが産業を保護するために簡単に議員を説得しました。


同様に、タービンの健康影響については、
議論の余地のない確実性のため、ビッグ・ウィンドのコールは、
風力の生産税控除(PTC)を拡張するという壮大なロビー活動のために
数年を買いました。米国の金融維持の唯一の供給源。

対照的に、しかしながら、PTCはまさに大企業への政府補助金になります。
同様の補助金は、他の多くの国々で同様に存在します。

経済学的に言えば、風力タービンは同様に
納税者と地方税納付者の企業の浪費でした。

タバコとは異なり、風力エネルギーは単純に自律的な産業ではありません。

今、PTCは最終的に米国で放棄された今、
風力産業はすでに危険な製品の市場として、
発展途上国に向かって探しています
— その国内市場が縮み始めたとき、まさにタバコ産業がした通りです。





横断的研究は、優れた遅延戦術ですが、
健康への影響のすべての形態を研究するためには等しく適していません。


それらは、例えば喫煙者対非喫煙者のように
彼らを異なるようにする一つの変数に基づく人々の
2つのグループを比較するように設計されています。

このような研究は、実際に厳密な科学的な意味での
因果関係を決定することに向いていないが、
それらは相関関係として知られている強力かつ説得力のある
統計的なリンクを提供することができます。

我々は今、例えば、喫煙は肺がんや血管疾患と
非常に高く相関するということを知っています
- たとえ、「どのように」それが病的状態を引き起こすのかに関して、
我々がまだ完全には詳細の多くを理解しなくても‥‥。




非喫煙者から喫煙者を分離することは、十分に簡単に見えるので、
一見すると、喫煙は、横断的研究のための良い候補であると思われます。

やがて、しかし、研究者たちは、それが間接喫煙の複雑な要因により
容易ではないことを理解しました。

多くの「非喫煙者」は、実際にオフィス、
バーやレストランなどの公共の場所や、家庭で受動喫煙を大量に吸入しました。

法律が人前で喫煙を禁止するために可決されるまで、
多くのいわゆる非喫煙者は
毎日相当なタバコの煙を受動的に吸入していました。

研究者は、タバコの煙に極度にさらされた被験者をふるい落とすことで、
間接喫煙をコントロールし始めた後は、
喫煙と疾病率との間のリンクが浮き彫りになりました。




しかしながら、タービンによって引き起こされたような健康問題は
横断的研究法を用いて研究するのがさらに難しい。
曝露される人々と、曝露されない人々を分離することがほとんどできないので


このような不眠などの健康への悪影響に風力タービンを接続する
横断的研究は、いくつかのケースで行われてきたが、
これらは、より弱いリンク(Nissenbaum、2012)を生じる傾向がある。

問題は、受動喫煙のそれに似ています。
タービンによって引き起こされる被害の大部分は、
それらが発する低周波ノイズと超低周波ノイズに由来します。

この組み合わせは、時々、超低周波音と低周波ノイズ、又はILFNと呼ばれます。


広範な研究は、それが悪影響を全身に生じるので、
ILFNが広い範囲にわたる健康への影響を
引き起こす可能性があることを示しています

— 耳のみではない。


多くの間接喫煙と同じように、従って、問題はILFNはどこにでもあるということです。

ほぼ全員が、常にそれにさらされています、
なぜなら、低周波ノイズの少なくともいくつかの形態は、
タービン以外に非常に多くの天然および人工の発生源によって生成されるからです。


かなり強烈な低周波ノイズは、自動車、バス、列車、飛行機、
トラックの中に発見することができる。

また、工業用エアコンプレッサー、いくつかの電気モーター、
このような大規模なHVAC(暖房、換気、空調)ファン、
工業用空気スクラバーなどの産業機器の多くの形態により生成される。

実際に、住居用の家は、低周波ノイズの猛攻撃から避難できる
数少ない場所の一つでした
— 風力産業が住宅地に移動開始するまでは。


これらの住宅の場合は、全く猶予はありません。

さらに悪いことに、多くの住宅の構造は、実際に屋内でより強くILFNを増幅します。

研究者が、ILFN曝露が完全にない一団の人々を見つけることは、ほとんど不可能です。

研究者がそれを呼ぶとともに、この対照群なしで、
曝露されるグループと、曝露されていない人々との間で
どのように横断面を比較することができますか?


▼ 救助へのケース・シリーズ・クロスオーバー研究


幸運にも、このような状況で合理的に正確な比較をなすための
他の完全に有効で、よく受け入れられた方法論があります。

そのような1つの方法論は、ケース・シリーズ・クロスオーバー研究、
あるいは単にクロスオーバー研究と呼ばれます。

この方法論は、広く公衆衛生、集団生物学、職業上、
およびこのような環境の研究に長年使用されています。

ケアと厳格さで実施する場合は、クロスオーバー研究では、
識別するために他の方法では困難な、
有害な健康への影響とソースの間の接続を識別することができます。



クロスオーバー研究では、時間をかけて比較を行うための
非常にエレガントかつ強力な技術です。

横断的研究のような被験者の2つのグループを比較する代わりに
クロスオーバー研究は、異なる時間、または位相で
自分自身を実験で各被験者と比較します。

タービンノイズの場合、例えば、被験体は、
風力タービンへの曝露の前と最中と曝露後に自分自身と比較することができる。



これは、正確に、集団生物学のMDと博士課程でもある
ニーナ・ピアポント博士が、
彼女の本「ウィンド・タービン・シンドローム」で報告される
画期的な研究でケース・クロスオーバー・テクニックを選んだ理由です:

自然な実験(2009)に関するレポート。
彼女のレポートの非臨床の章では、彼女は以下のように書きました:



最初に、これを呼ぶために、
風力タービンはいずれにしても問題を関連させました、
私は比較しました、
人々が曝露されなかった時、それらがどのようだったか
曝露の間はどうのようだったか、
また、私は、タービンの近くで暮らす前と、暮らした後に、
曝露していないそれが意味することを明示しました。


私の被験者はすべて、タービンがそれらの家の近くでオンライン化した後、
それらの問題がすぐにスタートするのを見ました。
また、彼らがタービンから離れていた時、
すべては、彼らの問題が去るのを見ました。
[著者の強調](ピアポント、2009年)。


この証拠があれば、あなたはどんな結論を出すでしょうか?
また、タービンが彼らの家の近くで回転し始めるとき、
直接、新しい症状を経験した人々は、彼らがタービンから逃れたとき、
これらの同じ症状が消えたということをすぐに発見しました。


彼らは、まったく自分達だけで、
ピアポントがしたのと同じ結論に、素早く達しました。

彼らにとって、それは、彼らの健康問題の原因を確認するために
『ウィンドタービン・シンドローム』を読み取る必要はありませんでした;

それは、初めから明らかでした。

実際、直接影響を受けるそれらの多くは、
彼らが、どんなタービンから遠く離れてでも、
避難の場所を見つけるために家を捨てることによって、
意思表示をしたことを、実際には、そう確信しています。

科学と常識は、タービンの近くで生きている危険性について同じ結論に達しました。


これは、喫煙者のそれと非常に異なる経験です。

過去には、喫煙者自身は、彼らの毎日の習慣が
彼らの健康を損ねているとしばしば思っていませんでした。

実際、メディアは、喫煙が健康で、魅力的であると言って
彼らを絶えず安心させていました。

風力タービン症候群とは異なり、喫煙によるがんや心臓病の進行は、
被害者は多くの場合、手遅れになるまで気づかないほど遅く、知覚できません。

あなたは喫煙者が、「私は長い間煙草を吸っていました、
そして、それはまったく私を悩ましていません。」と言うのを
どれくらい、聞きましたか?



▼ 発生の瞬間を特定する


すべての疾病あるいは症状が、クロスオーバー・アプローチを使って
調査することができるというわけではありません。

たとえば、2つの重要な理由で、肺がんと心臓病のような病気は、
このように調査されることができません。

1番目に、これらの病気は、科学がそれらがいつ最初に
始まったかについて確実に決定することができないほど徐々に、
そして、わずかに生じます。

厳格なクロスオーバー研究は、症状や状態が開始したときに、
医療研究者が一瞬、発生の瞬間と呼んでいるものを
特定することができなければならない。

この瞬間は、いくつかの精度で決定することができない限り、
クロスオーバー研究では、特定の時間に特定のソースに
有害な健康影響をリンクすることはできません。



第2に、肺癌と心臓病のようないくつかの条件は多くの場合不可逆です。

単にあなたが喫煙を止めるというだけの理由で、肺癌は例えば、消えません。

喫煙者が喫煙をやめる場合、
単にそれが消えないというだけの理由で
癌を引き起こさないと主張することは不合理でしょう。




クロスオーバー研究は、喫煙による健康への影響を
研究するためには効果的ではないでしょう。

対照的に、タービンの曝露が止まるとき、
風力タービンと関連した最も初期の健康効果の多くは
速くおさまるか、完全に消えます。

これは、クロスオーバー方法論は、
風力タービン騒音曝露と、
その症状の関係を調査するための、優れた選択肢となります。





正確にその問題の原因を決定するために、
数十年間も、科学が風力タービン症候群の症状を
研究する必要はないことを理解することが重要です。


正確に制御された比較が、
ケース・クロスオーバー・アプローチを使ってなされるとき、
産業用風力タービン騒音とその最も即座の
有害な健康影響の関連は明白で非常に説得力があります。


2年前の2013年にマサチューセッツ州メシアの
フェアヘーブンの密集した住宅地区に、
2台の1.5Mwのタービンが据え付けられたとき、
居住者の何人かはほとんどすぐに睡眠障害、
激しい頭痛とめまいを経験し始めました。

風力プロジェクトの提案者は、
近くのストップアンドショップの裏の
大きなHVACファンによって、
それらが引き起こされたことを提案することにより、
これらの問題のための非難をそらそうとしました。

 そのような説明に関するトラブルは、
HVACファンが苦情をほとんど生成せずに、
数年間そこに作動していたということです。

発生源との間の時間の近さを強調することで
そして発生率、ケースクロスオーバーデータの瞬間に
症状が真犯人に対して説得力のある証拠を確立し、
明確に、問題の真の原因を区別することができます。


- 以前は閑静な住宅地の近くに産業用タービンの導入。



この直感的に明白な事実にもかかわらず、
直接的な影響を感じていないマサチューセッツ州フェアヘーブン、
ファルマス、およびシチュエート、このような町で、
多くの隣人が、彼らは完全に安全であると信じています。

風力の擁護団体は、
これをタービンが問題でないという証拠としてしばしばあげます。

最良の利用可能な科学的根拠は示唆します、
しかしながら、それらが影響されないと思う人々は
1つの、非常に悪い- 恐らく致命的な間違いを作っています。




▼ 結局、誰でも影響を受けます


不気味なほどに、低周波ノイズへの長期曝露による健康への影響に
焦点を当てた研究は、非常に長期的な喫煙の研究のように、
それは最終的には不可逆的な、時には致命的な、
衰弱させる疾患をもたらすことを実証しました。





実際、強烈な低周波数ノイズへの長期の曝露は、
喫煙に起因する例えばガンと心臓病などに類似した
慢性疾患との関連がありました。

ビッグ·タバコのように、これらの病気の初期が
しばしば無症状なので、ビッグ・ウィンドが
これらの調査結果について否定的でいることは簡単です。


あなたは、喫煙者の虚勢でやや歪曲されたエコーを聞くことができます:
「私は、大きなタービンの近くで何年も暮らしています。
そして、私は本当に元気だと感じます!
それは私を悩ましません。」




風力産業は、騒音のエネルギーが人間の耳に
衝撃を与えるだけであるという一般の誤解に飛びつきました。

インフラサウンド(超低周波音)が聞くことができない場合は、
あなたに害を与えません、そうですよね?


この危険な誤解は、セントルイスのワシントン大学医学部
(ミズーリ州)の耳鼻咽喉科医、アレック・ソルト博士の
仕事によってきっぱり否定されています。


聴覚の閾値を下回る音の周波数は、
内耳(前庭器官)に直接的な影響を及ぼして、
信号が聴力センター以外の脳の領域に送られる原因になることを、
ソルトは証明しました。

(ソルト、インフラサウンドと風力タービンおよび耳の応答、2010)

彼はこれらの信号が、最も大きな可聴ノイズを
レベル4Xに上げることを示しました。
そして、人間を超低周波音にとても敏感にしました。

(ソルト、タービンは、危険となりうる 2013)。




1980年から、今までの30年以上にわたり、、
人間と動物の両方にILFNの長期的な健康への影響を研究している
ポルトガルの2人の研究者、
ヌーノカステロ·ブランコ、MD、とマリアナ·アルベス·ペレイラ博士は、
強烈な低周波音と振動が、振動音響疾患またはVADと総称される、
全身に、非常に破壊的な影響を及ぼすことを実証し始めました。

肥厚した心臓の構造の剖検所見は、
航空機技術者の人口に関する心エコー検査的な研究につながりました。

すべては、心膜を厚くしました。
また、多数がさらに厚くなった心臓弁を示しました。
(Marciniak et al., 1999).

LFNに暴露された個人間の心膜肥厚は、解剖学的に、
VAD患者の心膜断片の光学顕微鏡ならびに
電子顕微鏡的研究によって確認されている。

(他の理由で受けられる心臓バイパス手術の間に、
患者の告知に基づく同意で集められる)
(カステロブランコら、1999A、2001、2003A、B;。カステロ·ブランコ、2004)。





それらの被験者の140人はすべて、
職場での低周波音や振動に長時間曝露した後、
彼らの心臓とその周辺の組織の危険な、時には致命的な
肥厚の兆しを見せました、


- 風力タービンによって絶えず生成された同じ種類の音と振動。

残念ながら、この肥厚は、生命を脅かす被害者のために、
ほとんど、あるいはまったく警告になることができません。

「全140人の患者で観察される、
多モード誘発電位の遅れ(内在性ものを含む)は、
漸進性神経学的悪化と初期の老化現象の症状です。」
この点に注意して、この同じ研究も、
被験者の100%が、何らかの認知障害で苦しんだと報告します。

(カステローブランコ, 2004).

言い換えると、ILFNへの十分な曝露の後、実質的に、誰でも影響を受けます。




すべての被験者の中の、早期老化の発見が十分に妨害していなかった場合、
さらに、それらはそれらがたばこを吸ったとしても
吸わなかったとしても、
被験者の半分以上が気管支炎になったということがわかりました。

半数以上が、頭痛、鼻出血、
およびめまいや回転性めまいなどのバランスの問題を生じました。
- ピアポントによって報告された、
多くの風力タービンシンドロームと同じ特徴と症状の。





このポルトガルの研究の職業パターンの曝露は、
クロスオーバーのデータを収集するための優れた方法です。
これは注目に値します。

たとえば、レポートは、技術者が帰宅したとき、
これらの症状の多くがおさまったか、消えたことを強調します。

最悪の結果が根を下ろす前に、彼らが発生源から
やむを得ず逃げる場合、皮肉にも、
ほとんどの初期症状の影響を受けている者は、幸運なものかもしれません。





カステロ·ブランコとアウベス·ペレイラも
技術者の間で遅発性てんかんの22例を発見しました。

(カステロ·ブランコ, 2004).

てんかんのこの形式は約10歳以後はめったに生じないので、
成人の間の1または2の事例は、十分に憂慮すべきことです。


22例は、一般的なポルトガルの人口の発生に対して、
驚くべき20倍の増加を表わします。





このチームはまた、直接、電子顕微鏡で
組織サンプル中の正常細胞の破壊を観察することができました。

どうやら、低周波振動の生体力学的な力は、
健康な細胞を何回も圧搾した後、水風船のように破裂させる可能性があります。

その他の点では、全身にわたる正常細胞の異常な破壊は
同様に様々な自己免疫疾患の前兆になりえます。




要するに、ポルトガルからの研究が、
ILFNへの暴露は、人間の体全体に影響を持っていることを確認します。

曝露がより大きいほど、病的状態はより厳しいです。





あなたが産業的な大きさのタービンが、
航空機技術者の間で見つけるのと同じ健康影響を
発生することができるかどうか疑問に思っているならば、
アルベス-ペレイラとカステロ-ブランコは、
ILFNの彼らの研究をそのようなタービンの近くで生きている
家族と馬まで、その後広げました。
(アルベス-ペレイラ, 2006).

彼らは、このような超音波心臓検査や脳幹聴覚誘発電位などの
同様の技術を使用していました。

予想通り、彼らは航空機の技術者の
彼らの独創的な研究で見いだされたものと
非常に類似した健康への影響を発見しました


人は誰かがILFNの豊富な労働環境で日中を過ごすとき、
病気がどれくらい速く起こるかについて想像することができるだけです。
そして、産業風力タービンの近くの複合体から来ている
低周波騒音と振動の集中砲火の夜に帰宅するだけです。





ビッグ・ウィンドとビッグ・タバコからの長期の病的状態が
慎重に考慮されるとき、2つの産業は共通して
どちらでも認めたいと思うより多くのものを持つように見えます。

風力タービンは、人々は非常に病気になることを示す
臨床および音響研究の専門家からの害があるという証拠が
増えているにもかかわらず、
風力発電業界のますます絶望的な拒否をあなたが検討するとき、
- 大手たばこ会社の、喫煙が健康にとって
悲惨であるという証拠に対する反応の鏡像を無視するのは難しい





参考資料



* 参考資料は、上記サイトでリンクしています。
  ご確認ください。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■




NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




============================
new⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht



























2015-02-12 : ◆和解⇒ミシガン州:レイク・ウィンズ風力発電所訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR