騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<42-オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>ぜひ⇒42-オーストラリア/画像:ケープブリッジウォーター風力発電所は、隣人の得にならない…ウェアさんは、人々が聞くことはできないが、 自分のような人々に影響を与える音である 「タービン・シグネチャー音」に対して 「騒音感作された」と考えています |関連記事|// 【お知らせ】 | 決定しました⇒おとしんの,懇親会/2018年8月5日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)











<42-オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>



2018年1月9日



ぜひ!⇒
42-オーストラリア/画像
◇Cape Bridgewater wind farm blows no good for neighbour
ケープブリッジウォーター風力発電所は、隣人の得にならない

(The Standard | 2018年1月9日)
http://www.standard.net.au/story/5158831/neighbour-says-cape-bridgewater-wind-farm-not-good/



Everard Himmelreich



画像:

健康への懸念:ポートランド近郊の
ケープブリッジウォーター風力発電所の
タービンの前の彼女の裏庭にいるメリッサ・ウェアさん。

写真:モーガン・ハンコック

====================================



風力発電所は南西部に
大きな経済的利益をもたらすと予想されているが、
メリッサ・ウェアさん(Melissa Ware)は、
それらが彼女に
健康と経済の問題をもたらしただけだと言います。





ウェアさんは、彼女のバックフェンスから
わずか550メートルの場所に
風力タービンを持っている
ケープブリッジウォーター風力発電所からの影響のため、
彼女は彼女のケープブリッジウォーターの家から
出るように医学的に勧められていたと言いました。





ウェアさんは、
風力発電所は彼女の睡眠を妨げ、
彼女に高血圧、頭痛と吐き気で苦しませたと言いました。




彼女の夫と息子の健康にも悪影響を与えていたと
彼女は言った。




ウェアさんは
彼女の健康上の問題が
彼女をジーロング(Geelong)に引っ越しさせ
ケープブリッジウォーターの所在地での
メンテナンス訪問についての時間を制限させたと
言いました。



彼女は、風力発電所に隣接する隣人は、
騒音や視覚的な影響を
財政的に補償される必要があるという
Member for Western Victoria
(西ビクトリアのメンバー)の
ジェームズパーセル氏(James Purcell)の
提案に反対します。



彼女は、パーセル氏の提案は、
彼女が家を出ることを余儀なくされた
騒音と振動の問題を変えないと語った。





ウェアさんは、
ナショナルウインドファーム委員の
アンドリュー・ダイアー氏(Andrew Dyer)に、
補償を受けるよりもむしろ
彼女が家に帰ることができるような変更を
試みようとしていると話しました。


しかし、彼女の事件は
いかなる救済もなしに閉じられていたと彼女は言った。




ウェアさんは、人々が聞くことはできないが、
自分のような人々に影響を与える音である
「タービン・シグネチャー音」に対して
「騒音感作された」と考えています。





彼女は、風力発電所や
政府の計画部門で行われた音響研究は、
問題を引き起こしていると思われる
タービン・シグネチャー音を
カバーされなかったと述べました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------
関連記事
------------------------


[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料⑤/⑤]

<41-オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>




2015年1月24日




ぜひ!⇒
41-オーストラリア
◇Results of an Acoustic Testing Program – Cape Bridgewater Wind Farm
音響試験プログラムの結果 - ケープブリッジウォーター風力発電所

https://www.wind-watch.org/documents/
results-of-an-acoustic-testing-program-cape-bridgewater-wind-farm/



Author: Acoustic Group
著者: 音響グループ





この研究からいくつかの所見が得られ、
以下のように分類されている




11.1 非音響の所見



この研究の非音響的所見は重要であると考えられる:



・居住者の観測および感覚の識別
 (振動および騒音とは別個に)は、
 タービンの運転からの主な苦情の原因が、
 騒音または振動ではなく
 感覚に関連するように見えることを示している。



・風力発電所の電力出力が明らかに
 20%程度(電力の増加または電力の減少のいずれか)の
 変化が見られたときに、
 タービンが始動しようとしていたときに
 重大な感覚障害が発生していることが判明した
 タービンが最大出力(通常15m / s以上の風速)に達し、
 風の強さが増しており、
 タービンの電力を切るために
 ピッチ角を変更する必要がある状況が挙げられる。

 ケープ・ブリッジウォーターで
 過度の風を伴う後者の状況が発生する可能性があります。
 住民は時には救済を求めるために
 地域を離れる必要があると報告しています。



・不快な感覚の影響を受けている住民の中には、
 立っているよりもむしろ身をかがめることによって
 影響が悪化することがあり、
 その影響は非常に重度で数時間続く場合があります。



・運転していない風力発電所で
 居住者は騒音、振動、感覚が重度の評価が低いことを示しました。




・2人の住人は他の住人よりもはるかに感度が高い。

 聴覚障害者である1人の居住者は、
 標準的な聴力閾値レベル以下で、
 風力発電所を停止して
 通常の重症度よりも高いと報告された騒音を識別することができる。





11.2 音響の所見



この研究から得られた音響ベースの知見の数はかなり多い。

研究の様々な構成要素の複雑な相互作用のために、
所見は以下のように分類された。




dB(A)


・住宅の外部のdB(A)騒音レベルの使用は、
 住民が風力発電所から来ると特定した内部騒音レベル
 または影響とは相関していませんでした。




・風力発電所の出力レベル対居住用住居内で測定される
 デンマークのdB(A)LFレベル(0.8 Hz〜160 Hz)との間には、
 相関はありません。

 A特性ベースでは、dB(A)LFレベル(0.8Hzまで拡張)は、
 100Hzを超える周波数から大きく寄与します。




・海からの波による周囲の騒音と風向は
 この風力発電所の全体的なA特性レベルに
 寄与するという点で関連性があり、
 どの回帰分析法にも影響を与える可能性があることが分かった。




Other acoustic parameters, including infrasound
他の音響のパラメータ(超低周波不可聴音を含む)



・dB(A)LF、dB(C)dB(Z)の比較は、
 風は測定レベルに影響を与え、
 1/3オクターブ測定の使用により、
 風力を含む全体の騒音レベルから
 風力発電構成要素を分離する仕組みが存在しないことが分かった。



・どの家でも85dB(G)を超える内部レベルが検出されました。



・超低周波不可聴音の聴力閾値として85dB(G)を採用した場合、
 この研究では、いずれの家屋でも
 可聴超低周波不可聴音は検出されませんでした。



・(外部または内部で評価される)自然環境における超低周波音と
 タービンによって生成された超低周波音を比較するために
 1/3オクターブバンド情報のみの使用は
 差異を特定するための必要な情報が含まれていません。 



・しかし、超低周波音領域の狭帯域解析によって補足された場合、
 測定結果は、超低周波音領域(風力タービンの特性)における
 周期的なパターンを明らかに示します。
 それに対して、超低周波音のための自然環境は
 そのような周期的パターンを有さない。



・超低周波音の狭帯域調査で、風力タービンの特性
 (ブレード通過周波数およびその周波数の複数の高調波)
 および31.5Hzの周波数が、
 住居および戸外の住居内で定期的に確認された。

 タービンが作動していないときには、
 風力タービンの特性は存在しない。



・時々、風力タービンからの音響特性は
 超低周波音領域の明瞭なトーンとは対照的である
 「圧力パルス」を示します、
識別することがより適切かもしれません。



・風力発電所そのもののモニタリングは、
 超低周波音域の指向性を示唆する
 狭帯域周期関数の観点から見ると、
 タービンに近接して
 有意な超低周波音が存在しなかったを明らかにした。




Modulation
変調



・A特性レベルは、ブレード通過周波数のレートで
 変化する(変調/変調する)ことが分かる。


・変調するA特性レベルを扱う場合
 「変調」または「振幅の変調」のいずれかとして
 表現する必要があります。


・ブレードの通過周波数における31.5Hzの振幅変調が、
 タービン付近および居住地で検出された




Attenuation
減衰



・dB(A)ベースでは、
 距離を2倍するごとに6dBの減衰率が、
 タービンのA特性レベルに対して有効であるように見えます。


・超低周波領域では、減衰率は、
 可聴ノイズに割り当てられた距離の
 公称6dB /倍加よりも低くなります。


・超低周波領域における減衰のさらなる調査は、
 複数のタービンの影響のために
 風力発電所ではなく単一のタービンに基づいて
 最善であることが示唆されている。




Vibration
振動



・居住施設で記録された地盤振動は、
 時間領域で見ると振動のランダムなサージ(急増)を示します。


・タービン塔付近の振動監視は
 地上の周囲の振動を上回る大幅な増加が記録された
 風の突風に関連するサージを示します。


・同じパターンの振動サージは、
 タービンから移動する場所で記録され、
 ハウス88の外側および内側で記録されたものと同様である。


・シャットダウン中に妨害として記載された振動サージは、
 ブレード/塔の共鳴を励起することに起因する可能性があり、
 さらに調査する必要があります。




Instrumentation
器具の使用



・計測器のノイズフロアおよびそのような住居内の
 比較的低いノイズレベルのために、
 dB(A)LeqおよびdB(A)L95の正確な結果を提供するための、
 通常のノイズ記録装置の使用には制限があります。


・電源の電気的干渉/サージ、および非常に強い風は、
 データ収集にいくつかの問題を引き起こしました。


・完全な信号経路の周波数応答は、
 製造仕様が測定システムに含まれる
 相互作用コンポーネントに含まれていないことを
 確認するために検証する必要があります。




Turbine operation
タービンの運転



・低出力および中出力設定では、
 タービンロータの速度は、
 比較的一定の電力出力を維持しながら
 風とは異なる速度で変化する。


・タービン構造内の換気装置の動作は、
 (比較的低いレベルで)タワー内への振動を誘発する。

 このような装置は、公称動作速度を有するが、
 可変速度駆動装置を組み込んでおり、
 振動レベルの範囲を生じさせる。

 換気扇の結果としてタワーに記録される
 典型的な振動周波数は、23〜30Hzの間で変動する。


・数時間にわたってタワーに近接して監視すると、
 住民によって頻繁に引用されるサイン
 典型的な「決して着陸しない航空機」を含む
 タワー構造からの騒音レベルに大きな変化が見られた。

 騒音はタービンに負荷をかけて変化するように見えました。


・タービンの下方掃引は、タービンの上方掃引よりも
 わずかに高いレベルの中間帯域雑音を有する。


・タービンの風上側に位置すると、
 約2時に最大音圧レベルが発生する。


・他の風力発電所で発見された風力タービンの特性は、
 ケープ・ブリッジウォーターでも明らかです。


・一連の完全シャットダウンの前後の
 超低周波音レベルの測定では、
 ブリッジウォーターの対象タービンに
 ウィンドタービンの特性の概念を適用できることが
 確認されています。


・特定の地元住民が経験した災害
 (居住者の感覚5件の観察)は、
 dB(WTS)の開発に使用されたトレンドラインを示しています。




11.3 Subjects of further investigation
11.3更なる調査の対象



この研究の基礎は、騒音の終わりからではなく、
方程式の苦情の終わりから始まり、
風力発電所の運営に関連して、さらなる調査や
この研究の延長として他の人を助けるための
資料/アドバイスやコメントが提供されています。




・この風力発電所から妨害を表す際に、
 妨害が風力発電所の騒音または
 超低周波不可聴音からであると主張するよりはむしろ、
 従属する風力発電所のための妨害の主要な問題は
 知覚に関連があることが示唆されます。


・この研究の結果の1つは、
 風力発電所の運転の結果として生成された
 音響/振動特性に関連しなければならない
 知覚反応曲線の決定の必要性である。

 実験室での研究では、
 風力発電所に近接した住宅で発生する
 物理的な影響を再現することは難しいと考えられています。


・ブレード通過周波数(複数の高調波を有する)の
 個別周波数の存在(FFT分析による)は、
 31.5Hzのトーンは、音響環境(風を含む)における
 タービンの動作を識別し、
 一般的な音響パラメータに関連するいくつかの問題を克服する。


・超低周波成分(FFT解析によって得られる)が
 意識を引き起しているかどうか
 個々の周波数、周波数のパターン
 またはそれらの周波数の変調による個体における無意識の反応、
 チームの専門知識の範囲外ですが、
 今後の医学研究で考慮すべき要素です。


・ケープ・ブリッジウォーターの調査に使用された調査方法は、
 医学的調査による音響測定を組み込む
 「風力発電所の騒音」を調査する
 次のステップの調査の基礎を形成することができます。


・この研究には、睡眠障害または健康への影響に関する
 試験は含まれていませんでした。

 観察の結果として、
 バランスに関連するエクササイズが示唆されました。

 そのエクササイズの結果は、
 そのような評価の資格を有する人が
 最も簡単に取り組むことができるという点で最も適切です
 しかし、一部の住民に起こった影響は、
 彼らにエクササイズを繰り返させることはありませんでした。




11.4 Suggestions
11.4提案



研究の過程で、この分野の他の研究者には
問題の特定と、風力発電の影響を受けた環境に近接した騒音、
特に超低周波音の測定に関与する人の
必然的な必要性を必要とする器具の使用に関して
重要な問題がありました。
それは、マイク(または圧力センサ)から読み出しまでの
信号チェーン全体をカバーする
キャリブレーションされた計測を利用します。

メーカーのデータに依拠しても、
必ずしもすべての懸念事項をカバーしているとは限りません。
本調査報告書の全セクションでは、
この調査中に確立された器具の使用問題に取り組んでいます。




居住者の主観的観察から、
(6人の居住者のための)住居内の感覚の
許容されない平均存在が
51dB(WTS)のレベルで起こることを示す
風力タービン特性が得られました
- rmsとして評価すると、
 25 Hzの分析範囲で400本の値を示します。

PSD値(400ライン25Hz範囲)を使用すると、
6人の住人の許容できないレベルが61dB(WTS)で発生する。




風力発電所および風力タービンの
特性に関連する「知覚」を文書化または識別するための
最初の研究であることから、サンプルデータは小さく、
すでに「騒音」の影響を受けている人物がいることに
注意してください。

所見は予備的とみなされなければならず、
指摘されたdB(WTS)閾値の使用に関する提案を
確認/確認するために必要な科学的厳密さの
さらなる詳細な研究が必要である。



規制の変更を正当化するためには、
この研究のデータは十分ではありません。
しかし、さらなる調査のために、
以下の事項が示唆されています。


・これらの居住者にとっては、
 「知覚」の存在が大きな影響を与えます。


・他の風力発電所の近くの住民の調査では、
 調査に「知覚」を含めるように
 ケープ・ブリッジウォーター風力発電所の
 調査方法を利用すべきである。


・風力発電所の内部測定に
 dB(A)またはdB(C)を使用しても、
 風によって生成されたものと結果を
 それから切り離しません
 - 風に直接さらされている住居の場合。


・dB(WTS)の妥当性と適切な閾値は、
 悪影響を防ぐための閾値に必要な科学的厳密性を
 提供するためのさらなる研究の対象となる。


・風力発電所に現在使用されている
 外部dB(A)指数を補うための
 dB(WTS)指数(外部と内部の両方)の使用の検討。


・内部dB(WTS)法を使用することで、
 風力発電所の運転からのエネルギーの存在を
 識別する内部dB(WTS)が医学的研究に役立ちます。

 住居内で測定されたdB(A)レベルは、
 このような研究では役に立たない。


・外部dB(WTS)の使用は、
 外部源(すなわち風)によって影響され得る
 dB(A)法の限界を克服することができる。

 そして


・指向性の問題と、地上レベルでの
 音出力試験と比較したタービンの騒音源の特定、
 特に超低周波音の生成について検討する必要がある。

 かなりの費用がかかりますが、
 ハブの高さや掃除経路の上部と下部の騒音レベルを
 塔から150メートルのところで測定するためには、
(クレーンなどの使用による)
 タービン周辺の高所での指向性試験を含む
 さらなる調査が必要です。



研究のために、
影響を受ける居住者の限られた数に基づいて
以下のことが示唆されます:



・これらの居住者にとっては、
 「知覚」の存在が大きな影響を与えます。


・他の風力発電所の近くの住民の調査では、
 調査に「知覚」を含めるように
 ケープ・ブリッジウォーター風力発電所の
 調査方法を利用すべきである。


・風力発電所の内部測定に
 dB(A)またはdB(C)を使用しても、
 風によって生成されたものと結果を
 それから切り離しません
 - 風に直接さらされている住居の場合。




Download the original documents from the following links:
以下の関連から元の文書をダウンロードしてください:



The Results of an Acoustic Testing Program – Cape Bridgewater Wind Farm
音響試験プログラムの結果 - ケープブリッジウォーター風力発電所

https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report.pdf

ぜひ!⇒
別表 A to H
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-1.pdf

別表 I to J
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-2.pdf

別表 K to M
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-3.pdf

別表 N to P
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-4.pdf

別表 Q to S
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-5.pdf

別表 T to V
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-6.pdf



▼支持の手紙:

Bob Thorne, Noise Measurement Services
ボブ・ソーン、騒音測定サービス

https://docs.wind-watch.org/Thorne-to-Cooper-21-Jan-2015.pdf
■おとしん機械翻訳
https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2906


Stephen Ambrose, S.E. Ambrose & Associates
スティーブン・アンブローズ、S.E.アンブローズと同僚

https://docs.wind-watch.org/Ambrose-to-Cooper-22-Jan-2015.pdf
■おとしん機械翻訳
https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2904


Robert Rand, Rand Acoustics
ロバート・ランド、ランド音響効果

https://docs.wind-watch.org/Rand-to-Cooper-21-Jan-2015.pdf
■おとしん機械翻訳
https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2909


Carmen Krogh, independent researcher
カルメン・クロー、独立した研究者

https://docs.wind-watch.org/Krogh-to-Cooper-6-Feb-2015.pdf
■おとしん機械翻訳
https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2910


Richard Mann, University of Waterloo
リチャード・マン、ウォータールー大学

https://docs.wind-watch.org/Mann-to-Cooper-21-Feb-2015.pdf


Les Huson, L Huson & Associates – with corroborating data
レスHuson、L Husonと同僚 – データを実証することで

https://docs.wind-watch.org/Huson-to-Cooper-27-Feb-2015.pdf



Cape Bridgewater音響試験プログラムのレビューとそれが主導している場所
https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


Cape Bridgewater風力発電所の研究に関するさらなるコメント -
-Paul Schomer、Schomer and Associates、米国音響学会標準局長、 そして
ジョージヘスラー、ヘスラーアソシエイツ

https://docs.wind-watch.org/cooper-review-2.pdf



Radio Victoria interviews:
ラジオ・ビクトリア・インタビュー:



※ 割愛します(おとしん:注)



ケープブリッジウォーターの調査に関しては
以下の拙ブログカテゴリーをご参照いただければ幸いです。

(おとしん:注)


<*オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

1~41





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------------------------------


更新日:2018年4月6日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】


・2018年3月27日、以下の記事をエントリーしました。

・今年に入って、オンタリオ州で新たな訴訟が始まりました。
エリック・ガレスピー氏は、有名な環境弁護士だそうです。

<1-オンタリオ州:オンタリオ州環境・気候変動省 vs 市民> 2018/03/27
2018年1月28日
ぜひ!⇒
1-オンタリオ州
◇Citizens sue province over proposed wind turbine parks
市民は、提案された風力タービン・パークに関して州を訴える

(CBC News | 2018年1月28日)
http://www.cbc.ca/news/canada/ottawa/wind-turbines-ontario-nation-north-stormont-lawsuit-1.4507448



・2018年3月26日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/26
2018年3月20日
ぜひ!⇒
韓国
◇Wind turbines destroy local farming village
風力タービンは、地元の農業村を破壊します

(The Korea Herald |2018年3月20日)
www.koreaherald.com/view.php?ud=20180320000768

―引用
昨年、養蜂家アン・ヒョジョン氏は、
去年何千匹ものミツバチを失ってしまったと話しました。
「私は、風力タービンの低周波が
直接的な原因であると信じています。」とアン氏は言った。
彼は今、追加の損失を被る恐れから、
養蜂コロニー全体を別の地域に移しました。
・・・・・
チョン・スンンン氏(60)は
「誰がこのような土地を買うだろうか?
彼らは以前、タービンからの悪影響はないと言いましたが、
今は騒音が聞こえるのが本当に気になり、
夜はほとんど騒がしくなっています。
私は寝ることができません。」と話しました。
さらに、60デシベルの回転音は「人々を狂わせる」と
付け加えた。

もっと問題になるのは、
人々や動物や昆虫に悪影響を及ぼす可能性のある
風力タービンの低周波音や超低周波音の特質は
問題を含むと、専門家は警告します。

「過度の低周波ノイズに対する絶え間の曝露は、
過剰なストレス、関節の問題、
呼吸障害などの人体の健康問題につながる可能性があります。」と
ソンシル大学のサウンドエンジニアリングラボの
ペ・ミョンジン教授は、述べました。

「関連する研究データによれば、
長期間にわたり低周波ノイズに曝された
牛の胎児死亡例が多く報告されており、
これも人体に影響を与える可能性がある」と、
ペ教授は述べた。
  ―引用終わり



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

アイオワ州については、
ルーラル・プロパティライツ連合のジャンナ・スワンソンさんのほかに
拙ブログカテゴリー
<✤アイオワ州:テリー・マクガヴァン教授と風力問題>も
併せてお読みいただければ幸いです。

<1-アイオワ州:ルーラル・プロパティライツ連合(農村部財産権連合)>2018/03/21 up
2017年4月20日
1-アイオワ州
◇Is wind power saving rural Iowa or wrecking it?
風力発電はアイオワの農村部を救うか、あるいはそれを破壊していますか?

(The Des Moines Register | 2017年4月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/04/21/is-wind-power-saving-rural-iowa-or-wrecking-it/



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/21

2018年3月20日

ぜひ!⇒
京都府
◇【特集】うるさくて集中できない 弓道家悩ます“音”

(MBSニュース|2018年3月20日)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-10000001-mbsnews-l27&p=1

■おとしん
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5314.html

―引用
圧迫感を与える低周波

音は商業施設の営業時間中は絶えず鳴り響いているのですが、
こうした音が競技にどのような影響を及ぼすのか、
騒音問題の専門家に分析してもらいました。

「エアコンの室外機は基本的な構造として
風を送るためのものですので、
ファンがまわっているんですよね。
ファンが回転することによって、
その低周波の低いボーっという音が
一番大きな音として聞こえやすいというのがあります。

低周波なんですけど、
低周波自身が変動しているんですよね。

変動しているとそれを聞いている人というのは、
よりそちらに意識がいきやすくなる」
(大阪工業大学工学部 吉田準史准教授)

低周波は聞く人間に圧迫感を与え、
睡眠の妨げなどになるおそれがあるといいます。

・・・・・・
「基本的な対策方法としては
やはり音というのは周波数に限らず、
離れれば当然小さく感じますので、
設置場所をまずは検討した上で適切な位置に設置するというのが、
まずは前提として必要なのかなといえます」(吉田準史准教授)

―引用終わり




・2018年3月13日、以下の記事をエントリーしました。
・関連記事は、後日エントリーする予定です。

<37-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車> 2018/03/13 up

2018年2月15日

ぜひ!⇒
37-オーストラリア、オンタリオ州
◇Pathway to disease: Australian court links wind turbine noise with possible diseases
病気への経路:オーストラリアの法廷は、風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける

(Spec.com.au|2018年2月15日)
https://www.spec.com.au/2018/02/australian-court-links-wind-turbine-noise-possible-diseases/



・2018年3月6日、以下の論文をエントリーしました。

<1/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/06 up

2015年5月31日-6月3日

ぜひ!⇒
1/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/


https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5277.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他


・2018年3月7日、以下の論文をエントリーしました。

<2/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/07 up

2015年5月31日-6月3日


ぜひ!⇒
2/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/

https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5278.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他



・以下の参考文献の中の論文は、後日エントリーします。

[16] T. Costa e Curto:
[Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals].
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

Masters Thesis. School of Veterinary Medicine, Technical University of Lisbon (2012) (In Portuguese).
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf

https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao-interfalangica-distal-em-poldros.pdf



・2018年2月23日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

<論文:超低周波不可聴音> 2018/02/23 up
2017年1月30日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Expert Witness Statement of Sarah Laurie, Waubra Foundation
Waubra財団、サラ・ローリーの鑑定証人ステートメント

https://www.wind-watch.org/documents/expert-witness-statement-of-sarah-laurie-waubra-foundation/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5253.html

Author: Laurie, Sarah
著者: サラ・ローリー

―引用

これらの騒音がわかった人は耐え難くなり、
(以前のビクトリア州保健局の
テクニカルレポートに記載されているように)、
重大な自殺のリスクになる可能性があります。

ワアブラ(Waubra)財団の管理者とディレクターは、
低周波騒音に敏感な人々の絶望についての
直接的な経験と知識を有しており、
迅速に対応し、
地元の医療機関を適時に見つけることによって、
私は個人的に自殺を数多く防止しています。

私自身の経験は、ボブ・ソーン博士の
上記の研究報告に含まれているデータと、
場合によっては
独立した心理的評価によって支持されています
- これらの人々は、非常に不健康で、
身体的に、そしてしばしば精神的に、そして疲れている。

彼らの心理的苦痛は、政府のすべてのレベルで
責任ある当局による状況を緩和するための行動の欠如、
そして時々彼らを治療する
医療専門職の無知によってさらに複雑になる。 ... 

                              ―引用終わり


ぜひご参照いただければ幸いです。


・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-----------------------------------------

New⇒

2018年8月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年8月5日(日)

会場オープン 午前10時00分
開始       午前10時00分
終了      午後12時00分
参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-04-09 : ぜひ⇒*ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料⑤/⑤]<41-オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>ぜひ⇒音響試験プログラムの結果 - ケープブリッジウォーター風力発電所 / 別表…著者:音響グループ  // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料⑤/⑤]

<41-オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>




2015年1月24日




ぜひ!⇒
41-オーストラリア
◇Results of an Acoustic Testing Program – Cape Bridgewater Wind Farm
音響試験プログラムの結果 - ケープブリッジウォーター風力発電所

https://www.wind-watch.org/documents/
results-of-an-acoustic-testing-program-cape-bridgewater-wind-farm/



Author:  Acoustic Group
著者:  音響グループ





この研究からいくつかの所見が得られ、
以下のように分類されている




11.1 非音響の所見



この研究の非音響的所見は重要であると考えられる:



・居住者の観測および感覚の識別
 (振動および騒音とは別個に)は、
 タービンの運転からの主な苦情の原因が、
 騒音または振動ではなく
 感覚に関連するように見えることを示している。



・風力発電所の電力出力が明らかに
 20%程度(電力の増加または電力の減少のいずれか)の
 変化が見られたときに、
 タービンが始動しようとしていたときに
 重大な感覚障害が発生していることが判明した
 タービンが最大出力(通常15m / s以上の風速)に達し、
 風の強さが増しており、
 タービンの電力を切るために
 ピッチ角を変更する必要がある状況が挙げられる。

 ケープ・ブリッジウォーターで
 過度の風を伴う後者の状況が発生する可能性があります。
 住民は時には救済を求めるために
 地域を離れる必要があると報告しています。



・不快な感覚の影響を受けている住民の中には、
 立っているよりもむしろ身をかがめることによって
 影響が悪化することがあり、
 その影響は非常に重度で数時間続く場合があります。



・運転していない風力発電所で
 居住者は騒音、振動、感覚が重度の評価が低いことを示しました。




・2人の住人は他の住人よりもはるかに感度が高い。

 聴覚障害者である1人の居住者は、
 標準的な聴力閾値レベル以下で、
 風力発電所を停止して
 通常の重症度よりも高いと報告された騒音を識別することができる。





11.2 音響の所見



この研究から得られた音響ベースの知見の数はかなり多い。

研究の様々な構成要素の複雑な相互作用のために、
所見は以下のように分類された。




dB(A)


・住宅の外部のdB(A)騒音レベルの使用は、
 住民が風力発電所から来ると特定した内部騒音レベル
 または影響とは相関していませんでした。




・風力発電所の出力レベル対居住用住居内で測定される
 デンマークのdB(A)LFレベル(0.8 Hz〜160 Hz)との間には、
 相関はありません。

 A特性ベースでは、dB(A)LFレベル(0.8Hzまで拡張)は、
 100Hzを超える周波数から大きく寄与します。




・海からの波による周囲の騒音と風向は
 この風力発電所の全体的なA特性レベルに
 寄与するという点で関連性があり、
 どの回帰分析法にも影響を与える可能性があることが分かった。




Other acoustic parameters, including infrasound
他の音響のパラメータ(超低周波不可聴音を含む)



・dB(A)LF、dB(C)dB(Z)の比較は、
 風は測定レベルに影響を与え、
 1/3オクターブ測定の使用により、
 風力を含む全体の騒音レベルから
 風力発電構成要素を分離する仕組みが存在しないことが分かった。



・どの家でも85dB(G)を超える内部レベルが検出されました。



・超低周波不可聴音の聴力閾値として85dB(G)を採用した場合、
 この研究では、いずれの家屋でも
 可聴超低周波不可聴音は検出されませんでした。



・(外部または内部で評価される)自然環境における超低周波音と
 タービンによって生成された超低周波音を比較するために
 1/3オクターブバンド情報のみの使用は
 差異を特定するための必要な情報が含まれていません。 



・しかし、超低周波音領域の狭帯域解析によって補足された場合、
 測定結果は、超低周波音領域(風力タービンの特性)における
 周期的なパターンを明らかに示します。
 それに対して、超低周波音のための自然環境は
 そのような周期的パターンを有さない。



・超低周波音の狭帯域調査で、風力タービンの特性
 (ブレード通過周波数およびその周波数の複数の高調波)
 および31.5Hzの周波数が、
 住居および戸外の住居内で定期的に確認された。

 タービンが作動していないときには、
 風力タービンの特性は存在しない。



・時々、風力タービンからの音響特性は
 超低周波音領域の明瞭なトーンとは対照的である
 「圧力パルス」を示します、
  識別することがより適切かもしれません。



・風力発電所そのもののモニタリングは、
 超低周波音域の指向性を示唆する
 狭帯域周期関数の観点から見ると、
 タービンに近接して
 有意な超低周波音が存在しなかったを明らかにした。




Modulation
変調



・A特性レベルは、ブレード通過周波数のレートで
 変化する(変調/変調する)ことが分かる。


・変調するA特性レベルを扱う場合
 「変調」または「振幅の変調」のいずれかとして
 表現する必要があります。


・ブレードの通過周波数における31.5Hzの振幅変調が、
 タービン付近および居住地で検出された




Attenuation
減衰



・dB(A)ベースでは、
 距離を2倍するごとに6dBの減衰率が、
 タービンのA特性レベルに対して有効であるように見えます。


・超低周波領域では、減衰率は、
 可聴ノイズに割り当てられた距離の
 公称6dB /倍加よりも低くなります。


・超低周波領域における減衰のさらなる調査は、
 複数のタービンの影響のために
 風力発電所ではなく単一のタービンに基づいて
 最善であることが示唆されている。




Vibration
振動



・居住施設で記録された地盤振動は、
 時間領域で見ると振動のランダムなサージ(急増)を示します。


・タービン塔付近の振動監視は
 地上の周囲の振動を上回る大幅な増加が記録された
 風の突風に関連するサージを示します。


・同じパターンの振動サージは、
 タービンから移動する場所で記録され、
 ハウス88の外側および内側で記録されたものと同様である。


・シャットダウン中に妨害として記載された振動サージは、
 ブレード/塔の共鳴を励起することに起因する可能性があり、
 さらに調査する必要があります。




Instrumentation
器具の使用



・計測器のノイズフロアおよびそのような住居内の
 比較的低いノイズレベルのために、
 dB(A)LeqおよびdB(A)L95の正確な結果を提供するための、
 通常のノイズ記録装置の使用には制限があります。


・電源の電気的干渉/サージ、および非常に強い風は、
 データ収集にいくつかの問題を引き起こしました。


・完全な信号経路の周波数応答は、
 製造仕様が測定システムに含まれる
 相互作用コンポーネントに含まれていないことを
 確認するために検証する必要があります。




Turbine operation
タービンの運転



・低出力および中出力設定では、
 タービンロータの速度は、
 比較的一定の電力出力を維持しながら
 風とは異なる速度で変化する。


・タービン構造内の換気装置の動作は、
 (比較的低いレベルで)タワー内への振動を誘発する。

 このような装置は、公称動作速度を有するが、
 可変速度駆動装置を組み込んでおり、
 振動レベルの範囲を生じさせる。

 換気扇の結果としてタワーに記録される
 典型的な振動周波数は、23〜30Hzの間で変動する。


・数時間にわたってタワーに近接して監視すると、
 住民によって頻繁に引用されるサイン
 典型的な「決して着陸しない航空機」を含む
 タワー構造からの騒音レベルに大きな変化が見られた。

 騒音はタービンに負荷をかけて変化するように見えました。


・タービンの下方掃引は、タービンの上方掃引よりも
 わずかに高いレベルの中間帯域雑音を有する。


・タービンの風上側に位置すると、
 約2時に最大音圧レベルが発生する。


・他の風力発電所で発見された風力タービンの特性は、
 ケープ・ブリッジウォーターでも明らかです。


・一連の完全シャットダウンの前後の
 超低周波音レベルの測定では、
 ブリッジウォーターの対象タービンに
 ウィンドタービンの特性の概念を適用できることが
 確認されています。


・特定の地元住民が経験した災害
 (居住者の感覚5件の観察)は、
 dB(WTS)の開発に使用されたトレンドラインを示しています。




11.3 Subjects of further investigation
11.3更なる調査の対象



この研究の基礎は、騒音の終わりからではなく、
方程式の苦情の終わりから始まり、
風力発電所の運営に関連して、さらなる調査や
この研究の延長として他の人を助けるための
資料/アドバイスやコメントが提供されています。




・この風力発電所から妨害を表す際に、
 妨害が風力発電所の騒音または
 超低周波不可聴音からであると主張するよりはむしろ、
 従属する風力発電所のための妨害の主要な問題は
 知覚に関連があることが示唆されます。


・この研究の結果の1つは、
 風力発電所の運転の結果として生成された
 音響/振動特性に関連しなければならない
 知覚反応曲線の決定の必要性である。

 実験室での研究では、
 風力発電所に近接した住宅で発生する
 物理的な影響を再現することは難しいと考えられています。


・ブレード通過周波数(複数の高調波を有する)の
 個別周波数の存在(FFT分析による)は、
 31.5Hzのトーンは、音響環境(風を含む)における
 タービンの動作を識別し、
 一般的な音響パラメータに関連するいくつかの問題を克服する。


・超低周波成分(FFT解析によって得られる)が
 意識を引き起しているかどうか
 個々の周波数、周波数のパターン
 またはそれらの周波数の変調による個体における無意識の反応、
 チームの専門知識の範囲外ですが、
 今後の医学研究で考慮すべき要素です。


・ケープ・ブリッジウォーターの調査に使用された調査方法は、
 医学的調査による音響測定を組み込む
 「風力発電所の騒音」を調査する
 次のステップの調査の基礎を形成することができます。


・この研究には、睡眠障害または健康への影響に関する
 試験は含まれていませんでした。

 観察の結果として、
 バランスに関連するエクササイズが示唆されました。

 そのエクササイズの結果は、
 そのような評価の資格を有する人が
 最も簡単に取り組むことができるという点で最も適切です
 しかし、一部の住民に起こった影響は、
 彼らにエクササイズを繰り返させることはありませんでした。




11.4 Suggestions
11.4提案



研究の過程で、この分野の他の研究者には
問題の特定と、風力発電の影響を受けた環境に近接した騒音、
特に超低周波音の測定に関与する人の
必然的な必要性を必要とする器具の使用に関して
重要な問題がありました。
それは、マイク(または圧力センサ)から読み出しまでの
信号チェーン全体をカバーする
キャリブレーションされた計測を利用します。

メーカーのデータに依拠しても、
必ずしもすべての懸念事項をカバーしているとは限りません。
本調査報告書の全セクションでは、
この調査中に確立された器具の使用問題に取り組んでいます。




居住者の主観的観察から、
(6人の居住者のための)住居内の感覚の
許容されない平均存在が
51dB(WTS)のレベルで起こることを示す
風力タービン特性が得られました
- rmsとして評価すると、
 25 Hzの分析範囲で400本の値を示します。

PSD値(400ライン25Hz範囲)を使用すると、
6人の住人の許容できないレベルが61dB(WTS)で発生する。




風力発電所および風力タービンの
特性に関連する「知覚」を文書化または識別するための
最初の研究であることから、サンプルデータは小さく、
すでに「騒音」の影響を受けている人物がいることに
注意してください。

所見は予備的とみなされなければならず、
指摘されたdB(WTS)閾値の使用に関する提案を
確認/確認するために必要な科学的厳密さの
さらなる詳細な研究が必要である。



規制の変更を正当化するためには、
この研究のデータは十分ではありません。
しかし、さらなる調査のために、
以下の事項が示唆されています。


・これらの居住者にとっては、
 「知覚」の存在が大きな影響を与えます。


・他の風力発電所の近くの住民の調査では、
 調査に「知覚」を含めるように
 ケープ・ブリッジウォーター風力発電所の
 調査方法を利用すべきである。


・風力発電所の内部測定に
 dB(A)またはdB(C)を使用しても、
 風によって生成されたものと結果を
 それから切り離しません
 - 風に直接さらされている住居の場合。


・dB(WTS)の妥当性と適切な閾値は、
 悪影響を防ぐための閾値に必要な科学的厳密性を
 提供するためのさらなる研究の対象となる。


・風力発電所に現在使用されている
 外部dB(A)指数を補うための
 dB(WTS)指数(外部と内部の両方)の使用の検討。


・内部dB(WTS)法を使用することで、
 風力発電所の運転からのエネルギーの存在を
 識別する内部dB(WTS)が医学的研究に役立ちます。

 住居内で測定されたdB(A)レベルは、
 このような研究では役に立たない。


・外部dB(WTS)の使用は、
 外部源(すなわち風)によって影響され得る
 dB(A)法の限界を克服することができる。

 そして


・指向性の問題と、地上レベルでの
 音出力試験と比較したタービンの騒音源の特定、
 特に超低周波音の生成について検討する必要がある。

 かなりの費用がかかりますが、
 ハブの高さや掃除経路の上部と下部の騒音レベルを
 塔から150メートルのところで測定するためには、
(クレーンなどの使用による)
 タービン周辺の高所での指向性試験を含む
 さらなる調査が必要です。



研究のために、
影響を受ける居住者の限られた数に基づいて
以下のことが示唆されます:



・これらの居住者にとっては、
 「知覚」の存在が大きな影響を与えます。


・他の風力発電所の近くの住民の調査では、
 調査に「知覚」を含めるように
 ケープ・ブリッジウォーター風力発電所の
 調査方法を利用すべきである。


・風力発電所の内部測定に
 dB(A)またはdB(C)を使用しても、
 風によって生成されたものと結果を
 それから切り離しません
 - 風に直接さらされている住居の場合。




Download the original documents from the following links:
以下の関連から元の文書をダウンロードしてください:



The Results of an Acoustic Testing Program – Cape Bridgewater Wind Farm
音響試験プログラムの結果 - ケープブリッジウォーター風力発電所

https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report.pdf

ぜひ!⇒
別表 A to H
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-1.pdf

別表 I to J
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-2.pdf

別表 K to M
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-3.pdf

別表 N to P
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-4.pdf

別表 Q to S
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-5.pdf

別表 T to V
https://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report-Appendices-Part-6.pdf



▼支持の手紙:

Bob Thorne, Noise Measurement Services
ボブ・ソーン、騒音測定サービス

https://docs.wind-watch.org/Thorne-to-Cooper-21-Jan-2015.pdf
■おとしん機械翻訳
https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2906


Stephen Ambrose, S.E. Ambrose & Associates
スティーブン・アンブローズ、S.E.アンブローズと同僚

https://docs.wind-watch.org/Ambrose-to-Cooper-22-Jan-2015.pdf
■おとしん機械翻訳
https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2904


Robert Rand, Rand Acoustics
ロバート・ランド、ランド音響効果

https://docs.wind-watch.org/Rand-to-Cooper-21-Jan-2015.pdf
■おとしん機械翻訳
https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2909


Carmen Krogh, independent researcher
カルメン・クロー、独立した研究者

https://docs.wind-watch.org/Krogh-to-Cooper-6-Feb-2015.pdf
■おとしん機械翻訳
https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2910


Richard Mann, University of Waterloo
リチャード・マン、ウォータールー大学

https://docs.wind-watch.org/Mann-to-Cooper-21-Feb-2015.pdf


Les Huson, L Huson & Associates – with corroborating data
レスHuson、L Husonと同僚 – データを実証することで

https://docs.wind-watch.org/Huson-to-Cooper-27-Feb-2015.pdf



Cape Bridgewater音響試験プログラムのレビューとそれが主導している場所
https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


Cape Bridgewater風力発電所の研究に関するさらなるコメント -
-Paul Schomer、Schomer and Associates、米国音響学会標準局長、 そして
ジョージヘスラー、ヘスラーアソシエイツ

https://docs.wind-watch.org/cooper-review-2.pdf



Radio Victoria interviews:
ラジオ・ビクトリア・インタビュー:



※ 割愛します(おとしん:注)



ケープブリッジウォーターの調査に関しては
以下の拙ブログカテゴリーをご参照いただければ幸いです。

(おとしん:注)


<*オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

1~41





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-11-07 : ぜひ⇒*ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<40-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>40-オーストラリア:売物の風力発電所…ポートランドとケープブリッジウォーターで、2つの風力発電所は、売りに出されています |参照記事|関連記事:ジョン・マディガン上院議員|上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 









<40-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>




2015年5月12日





40-オーストラリア
◇Wind farms for sale
売物の風力発電所

(spec.com.au | May 12, 2015)
http://www.spec.com.au/2015/05/wind-farms-for-sale/




by Steve Robertson




ポートランドとケープブリッジウォーターで、
2つの風力発電所は、売りに出されています。





ここ何日か論争のある風力発電所が
市場に配置され、
潜在的なバイヤーから関心が示されています。






パシフィック・ハイドロ社の所有者、
『IFMインベスターズ(※世界的な資産運用会社)』は、
2、3日前、市場に施設を置きました。



業界筋は、関心のある表現を示しましたが、
販売文書はまだ署名されませんでした。






30のオーストラリアの年金基金が所有する
グローバルファンドの組織、
『IFM』は、風力発電所は、
新しい所有者が見つかる間
動作し続けることを確認しています。






「将来の先見的見方をすると、
私たちの所有権モデルは、
他の金融機関とは異なりますので、
興味のある株主の競合によって
邪魔されない投資をすることができます。」と、
会社の声明は述べています。






3つの国際金融大手、
ヨーロッパのクレディ・スイスと
アメリカの株式仲買人メリルリンチ
及びバンク・オブ・アメリカは、
工業分析によって
最も見込みのある選択と思われる海外の買い手と、
地元の風力発電所のために
適当な買い手を探すために
『IFM』によって権限を与えられました。






どんな買い手でも、その購入審議で、
オーストラリア再生可能エネルギー目標(RET)について、
ほぼ確定契約を検討します。






連邦政府と野党間の取引は、
41,000ギガワット時間の
その前のレベルから下って、
RETが2020年までに
再生可能エネルギーの
33,000ギガワット時間まで巻き戻されるのを見ます。

政府は以前より低い目標を求めていたが、
ALP、再生可能エネルギー産業それぞれが、
膠着状態を終了するには、
低30,000sのレベルに
同意する気があることを示した後、
新しい妥協に達しました。






予測される売上が最初に発表されたとき、
Wannonのメンバー、ダンTehan議員は
取引をするIFMの権利を守りました。






「結局は、これらは、営利的な決断
あるいは関連する事業者であり、
彼らはそれが彼らの最高の商業的利益にだと思うならば、
彼らはこれらのことを行うことを決定するための
あらゆる権利を持っている。」と彼は言いました。







Tehan氏は、
ポートランドの仕事を保護するRET合意を
強く主唱することで批評を受けました。



ケープ・ブリッジウォーターの居住者
ソーニャ・トリストは、
彼女の家は、風力タービンの近接により
住居に適さなくなって、
彼女が失望したと言います。







「あなたは、ポピュリスト、
つかの間の方法をとりました」と、
彼女は後で公開されるレターで書きました。



細心の注意と風力業界の慣行の理解は
非常によくあなたに貢献しました。






「透明性、あなたの政治的債務に対する懸念と
名誉についての率直さは、
あなたの有権者が
あなたに当然期待したものです。
彼らは、あなたに彼らの票を任せました。」







関連する問題では、
音響技師のスティーブン・クーパーが、
アメリカ音響学会音響基準審議会・
イン・ピッツバーグ[原文]ペンシルベニア州の会議に
提出できるか、
あるいは、提出できないかという懸念がありました。



クーパー氏は、
近くの風力発電事業に関連する「感覚」を
住民が報告した
ケープブリッジウォーターの
3つの家庭で大規模な試験を実施しました。







上院委員会が、3月30日にポートランドで
パシフィックハイドロ社の
アンドリュー・リチャーズと面談したとき、
マット・カナバン上院議員は、
クーパー氏には
彼のアメリカのプレゼンテーションで
ケープブリッジウォーターのデータを
使う許可があるかどうか、リチャーズさんに尋ねました。







「我々は、その知的財産を使用するための
継続的なライセンスを
彼に提供することに満足しています。」と、
リチャーズ氏は、委員会に語りました。






今週、リチャーズ氏は彼の承認を明らかにしました。





「我々は、過去に言われたことにもかかわらず、
クーパー氏が常にレポートを使って、
複製することができたと主張します。

そのライセンスは、
2014年4月に調印された最初の協定の一部として、
彼に与えられました。

彼がレポート(チャート、グラフィックス
その他を通してレポートに含まれるデータを
使うことを含むこと)をピッツバーグで、
または、どこかほかで使っていて、
複製しているならば、
彼がすでにそうすることは自由であるというのが
我々の理解です。」






「しかし、個人的であるか商業的な利益のために
他のものを生産するために、
我々の資産と我々が秘密であると考える
我々のデータを
彼が使うことができることについて、
我々は、まだ同意していません。」








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






===========================


※ ブログ・カテゴリの
<ケープブリッジウォーターにおける
パシフィック・ハイドロ社の音響調査>は、
これですべて終了しました。


続きは、
同カテゴリの
≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫になります。




==========================


=====================
 参照してください
=====================



音響の専門家スティーブン·クーパーによる詳細な調査結果 


スティーブン・クーパー氏による調査
▼パシフィック・ハイドロ社から委託された
ケープブリッジウォーターに関するクーパー報告は
パシフィック・ハイドロ社介してアクセスすることができます

■website: http://www.pacifichydro.com.au/english/our-communities/
communities/cape-bridgewater-acoustic-study-report/?language=en


-------------------



パシフィック・ハイドロ社の
スティーブン·クーパー氏による研究のレビュー


■Review of the Cape Bridgewater acoustic testing program and where it is leading
ケープブリッジウォーター音響テストプログラムおよびそれが導いている所のレビュー

https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


---------------

※ ショーマー博士のレビューに関する記事

⑩オーストラリア
◇Unseen, unheard wind farms a blow to health
見えない、聞こえない風が健康に打撃を与える

(The Australian | 14 February 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/02/14/unseen-unheard-wind-farms-a-blow-to-health/


■おとしん機械翻訳

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2900.html

----------------------



おすすめ!
※ <ブログ>   
ケープブリッジウォーターの状況に関する詳しい情報など
資料豊富です!


◇Stop these things
The truth about wind farms in Australia
これらのことを、ストップ、
オーストラリアの風力発電所についての真実

http://stopthesethings.com/

我々は、任意のグループで
政党や業界と提携していません。

私たちは、すべての外部のグループ
または個人からの資金提供を受けていない。



-----------------------------


<25-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

■おとしん機械翻訳(上)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2937.html

■おとしん機械翻訳(中)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2939.html

■おとしん機械翻訳(下)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2940.html



=====================================
ジョン・マディガン上院議員の関連記事
=====================================




オーストラリア
◇Senator: Wind firm sent GPs ‘propaganda’
上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました

(The Standard | March 20, 2014)
http://www.standard.net.au/story/2161584/senator-wind-firm-sent-gps-propaganda/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html



By SEAN McCOMISH



ビクトリア州の上院議員ジョン・マディガンは、
堕落したマッカーサー風力発電所の事業者を非難して、
風力エネルギーをタバコ産業と比較しました。




しかし、国の主要な医学グループ、
オーストラリアの医学会(AMA)は、
タービンが健康に影響を及ぼすという
上院議員の主張に証拠がないと言います。




風力発電所の事業者AGLは、
政府および国際的な研究の埋蔵物を指して、
上院議員のクレームを否定しました。



今週、上院の演説で、率直なバララットに拠点を置く
民主労働党の上院議員は、
マッカーサー風力発電所が稼働を始めるまでの間、
AGLオーストラリアは、
風力タービン症候群のすべての請求を無視するように、
南西部の医師に圧力をかけていたと、話しました。




※ 今週、上院の演説
https://www.wind-watch.org/documents/wind-farms-health-effects/


「2012年11月に、AGL社は、マッカーサー風力発電所の
その発電施設の1つについて、
西ヴィクトリア中の12の診療所の医者に手紙を書きました。」と、
マディガン上院議員は言いました。




「これらの医療の範囲は、南のポートランドとナンブール
北はハミルトンから数百キロメートルの区域にまたがります。」



※ 2012年11月に、AGL社が書いた
http://docs.wind-watch.org/Macarthur-Community-Health-AGL-Nov-2012.pdf


「この手紙の目的は、
マッカーサー風力発電所の近くで暮らすことにより出された
健康障害のクレームを持って医者を訪ねる
どのような患者の信用を傷つけて支持しないことでした。」




「それは企業プロパガンダが著しく正義に反する先制の例で、
田舎の地方医師の診察室に直接に向けられました。」




『スタンダード紙』へAGL社により提供される手紙の謄本は、
「17の独立した国際研究も」が健康影響を拒絶したことを医者に示します。



それは、「それが有益だろうとあなたが思えば」、
GPがAGL社に患者を向けるかもしれないことを示唆します。



「AGL社は規定する騒音監視必要条件をはるかに越えて行きます。
AGLスポークスウーマンは、
「我々は40,000時間を超える時間のデータを集めており、
我々は対応のまま確実にするために、
私達の監視プログラムを継続している。」と、
昨日、スタンダード紙に伝えました。



マディガン上院議員は、さらに、
風力発電所から8キロメートル以内に暮らしている60人が、
そのタービンからの「有害な影響」を経験していると分かったと、
昨年の、地域で行なわれた「匿名の」健康調査を引用しました。

しかし、スタンダード紙は、調査が、
反風力グループ(オーストラリアのIndustrial Wind Turbine Awareness Network)
によって依頼されて、彼女自身の家の近くの
もう一つの風力発電所に反対の人によって行われたと、9月に報告しました。



AMAによって公開される声明には、以下のようにありました:
「可聴値以下の超低周波音が健康影響を引き起こす可能性があると
認められた生理的メカニズムは、ありません。」



「『風力発電の開発に関しての健康の恐怖』と誤報の報告は、
厳格過ぎる州政府によるこれらの開発の規制と、
高まる不安と地域社会の分裂に寄与する可能性があります。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





2015-09-27 : ぜひ⇒*ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<39-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>39-レター、オーストラリア:出発…多くの首切りが会社で展開しています、複数のシニア・ディレクターと経営陣は去ります~どうやら、パシフィック・ハイドロ社の内部ガバナンスはかなり悪く見えます…M Teusner |参照記事|関連記事:ジョン・マディガン上院議員|上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です









<39-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>




2015年4月8日





39-レター、オーストラリア
◇Departures
出発

(Barossa Herald |8.4.2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/04/09/departures/



M Teusner



何百人もの地方のオーストラリア人は
風力エネルギー会社の
パシフィック・ハイドロ社が
内破するのを見ていて、微笑まざるを得ません。





多くの首切りが会社で展開しています。




複数のシニア・ディレクターと経営陣は去ります

ー そして、ママやパパの退職年金投資の
およそ7億ドルもそうです。





現在、同社のゼネラルマネージャー、
レーンクロケット氏は、
彼の荷物をまとめ、
彼のオフィスをきれいにすることになっています。





どうやら、パシフィック・ハイドロ社の
内部ガバナンスはかなり悪く見えます。





一部の解説者は、
それがこの国の歴史で
最も大きい会社損失の1つを記録したと言って、
どんな風力エネルギー投資をもつ人々にでも
すぐに撤退するよう訴えています。





ミスター・クロケット、
あなたは、パシフィック・ハイドロ社が
南オーストラリアのこのコミュニティ
およびその他に与えた悲惨さをよく知っています。






人の前にビッグビジネスは企業理念であると、
私は信じています。





新聞編集者は、
それほど心から他人を犠牲にしたという
これらのかつての–居心地のよい
パシフィック・ハイドロ社の仕事の
損失について使われている言葉を
決して印刷しないので、
私はそれをあなたの想像力に任せます。






ミスター・クロケット、
あなた、そして、あなたの同類の他の人々、
問題なく彼らの家に住んでいた
より多くの何も望まない人々への
あなたの取り扱いを反省するために、
パシフィック・ハイドロ社が入ってくる前に
彼らがしたように、
いくらかの長い孤独な道のりを歩いてください、
それが私の望みです。






あなたが、それが使用された方法で、
再び企業の電力を使用しないこと、
それが私の希望です。





さようなら、ミスター・クロケット。




我々を微笑ませ続けるために、
インフィジェン・エネルギー社は
天才的なひらめきを述べました。
そして、最近進行中の
それ自身の痛ましい財政状態を非難しました
… それを待ってください … 風。





母なる自然は、
会社の金庫を充填するにはあまりに穏やかでした。





私は、風力の不十分さを
ずいぶん昔に理解した我々の先祖は、
全員が彼らの墓で笑っていると思います。






一方、不動産に関して。





広範囲の不動産業者が、
この地域の多くの家庭に来て
美しいバロッサのプロパティと記述するとき
あなたは何をしますか。





– それから、パシフィック・ハイドロ社、
Trustpowerと彼らのひと握りのホストの好意により、
45キロメートルの風力タービンが
どこに行くことができたかについて尋ねます?






彼らを示す、そして、彼らの全意見が
目にみえて変わるとき、あなたは何をしますか?





エージェントが「抑圧的」として
産業の計画への影響を説明するとき、
あなたは何を言いますか?





・・・・・・



あなたは、彼らが
『彼らと少しのチャットをする』ために
まわりの部下を行かせることができるように
風力従業員が
不動産仲介人の名前を望むとき、何をしますか?





不動産仲介人
「私の周りの人々が
私の近所にこうするならば、
私はここに座って、泣くでしょう」と言うとき、
あなたは何をしますか?





これを受けて、あなたは単に答えます:

『経験しつくした。』




そして、あなたはそれのために戦います。





M Teusner


エデン・バレー






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







=====================
 参照してください
=====================



音響の専門家スティーブン·クーパーによる詳細な調査結果 


スティーブン・クーパー氏による調査
▼パシフィック・ハイドロ社から委託された
ケープブリッジウォーターに関するクーパー報告は
パシフィック・ハイドロ社介してアクセスすることができます

■website: http://www.pacifichydro.com.au/english/our-communities/
communities/cape-bridgewater-acoustic-study-report/?language=en


-------------------



パシフィック・ハイドロ社の
スティーブン·クーパー氏による研究のレビュー


■Review of the Cape Bridgewater acoustic testing program and where it is leading
ケープブリッジウォーター音響テストプログラムおよびそれが導いている所のレビュー

https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


---------------

※ ショーマー博士のレビューに関する記事

⑩オーストラリア
◇Unseen, unheard wind farms a blow to health
見えない、聞こえない風が健康に打撃を与える

(The Australian | 14 February 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/02/14/unseen-unheard-wind-farms-a-blow-to-health/


■おとしん機械翻訳

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2900.html

----------------------



おすすめ!
※ <ブログ>   
ケープブリッジウォーターの状況に関する詳しい情報など
資料豊富です!


◇Stop these things
The truth about wind farms in Australia
これらのことを、ストップ、
オーストラリアの風力発電所についての真実

http://stopthesethings.com/

我々は、任意のグループで
政党や業界と提携していません。

私たちは、すべての外部のグループ
または個人からの資金提供を受けていない。



-----------------------------


<25-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

■おとしん機械翻訳(上)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2937.html

■おとしん機械翻訳(中)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2939.html

■おとしん機械翻訳(下)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2940.html



=====================================
ジョン・マディガン上院議員の関連記事
=====================================




オーストラリア
◇Senator: Wind firm sent GPs ‘propaganda’
上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました

(The Standard | March 20, 2014)
http://www.standard.net.au/story/2161584/senator-wind-firm-sent-gps-propaganda/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html



By SEAN McCOMISH



ビクトリア州の上院議員ジョン・マディガンは、
堕落したマッカーサー風力発電所の事業者を非難して、
風力エネルギーをタバコ産業と比較しました。




しかし、国の主要な医学グループ、
オーストラリアの医学会(AMA)は、
タービンが健康に影響を及ぼすという
上院議員の主張に証拠がないと言います。




風力発電所の事業者AGLは、
政府および国際的な研究の埋蔵物を指して、
上院議員のクレームを否定しました。



今週、上院の演説で、率直なバララットに拠点を置く
民主労働党の上院議員は、
マッカーサー風力発電所が稼働を始めるまでの間、
AGLオーストラリアは、
風力タービン症候群のすべての請求を無視するように、
南西部の医師に圧力をかけていたと、話しました。




※ 今週、上院の演説
https://www.wind-watch.org/documents/wind-farms-health-effects/


「2012年11月に、AGL社は、マッカーサー風力発電所の
その発電施設の1つについて、
西ヴィクトリア中の12の診療所の医者に手紙を書きました。」と、
マディガン上院議員は言いました。




「これらの医療の範囲は、南のポートランドとナンブール
北はハミルトンから数百キロメートルの区域にまたがります。」



※ 2012年11月に、AGL社が書いた
http://docs.wind-watch.org/Macarthur-Community-Health-AGL-Nov-2012.pdf


「この手紙の目的は、
マッカーサー風力発電所の近くで暮らすことにより出された
健康障害のクレームを持って医者を訪ねる
どのような患者の信用を傷つけて支持しないことでした。」




「それは企業プロパガンダが著しく正義に反する先制の例で、
田舎の地方医師の診察室に直接に向けられました。」




『スタンダード紙』へAGL社により提供される手紙の謄本は、
「17の独立した国際研究も」が健康影響を拒絶したことを医者に示します。



それは、「それが有益だろうとあなたが思えば」、
GPがAGL社に患者を向けるかもしれないことを示唆します。



「AGL社は規定する騒音監視必要条件をはるかに越えて行きます。
AGLスポークスウーマンは、
「我々は40,000時間を超える時間のデータを集めており、
我々は対応のまま確実にするために、
私達の監視プログラムを継続している。」と、
昨日、スタンダード紙に伝えました。



マディガン上院議員は、さらに、
風力発電所から8キロメートル以内に暮らしている60人が、
そのタービンからの「有害な影響」を経験していると分かったと、
昨年の、地域で行なわれた「匿名の」健康調査を引用しました。

しかし、スタンダード紙は、調査が、
反風力グループ(オーストラリアのIndustrial Wind Turbine Awareness Network)
によって依頼されて、彼女自身の家の近くの
もう一つの風力発電所に反対の人によって行われたと、9月に報告しました。



AMAによって公開される声明には、以下のようにありました:
「可聴値以下の超低周波音が健康影響を引き起こす可能性があると
認められた生理的メカニズムは、ありません。」



「『風力発電の開発に関しての健康の恐怖』と誤報の報告は、
厳格過ぎる州政府によるこれらの開発の規制と、
高まる不安と地域社会の分裂に寄与する可能性があります。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





2015-09-26 : ぜひ⇒*ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<38-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>38-オーストラリア:タービン乱流から平和を求めて…ボートに乗って出かけて、誰でも船酔いになるというわけではありません~そして、風力発電所に関して、誰でもインフラサウンド(超低周波不可聴音)の存在がわかるというわけではありません…スティーブン・クーパー(音響の専門家) |参照記事|関連記事:ジョン・マディガン上院議員|上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です









<38-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>





2015年4月8日





38-オーストラリア
◇Seeking peace from turbine turbulence
タービン乱流から平和を求めて

(The Australian | April 08, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/04/08/seeking-peace-from-turbine-turbulence/



Rachel Baxendale




ソーニャ・トリストは、
風力タービンが彼女の新しい家を
すぐに囲むということがわかって
2007年に英国からビクトリア州南西部の
ケープ・ブリッジウォーターで
南氷洋を見渡している
壮大な丘陵にへ移りました。






彼女はタービンが動き始めた
数ヵ月後に
予想していなかった
不眠、心臓の動悸、高血圧とめまいを含む
健康問題で苦しみ始めて、
それをすぐに巨大な機械のものであると
考えなかったと言います。






トリストさん(75)は、
睡眠障害を含む感覚と
音響の結果が得られた風の状況を関連づけた
ケープブリッジウォーターで、
音響の専門家スティーブン・クーパーの
インフラサウンドあるいは
サブ可聴振動に関する
最近の研究の6人の参加者の一人でした。






「私が年をとっているので、
あなたは、
『ああ、彼女は年配の婦人です』と
思うことが許されました。」と、
トリストさんは言いました。


「しかし、私が連泊の間、
ここから離れるときは大丈夫なので、
それはそうではありません。」





トリストさんは、
定期的にタービンの妨害を
逃れることができるように、
東へ1時間のドライブの
ポートフェアリーに家を購入することを
余儀なくされたと語りました。






「それは、私に喜びをもたらしません」と、
彼女は言いました。


「ポートフェアリーは非常に素敵です、
しかし、私はポートフェアリーに
住んでいたくありません。」






トリストさんは、
タービンを所有している再生可能エネルギー会社
パシフィック・ハイドロ社からの
補償を求めていないと述べたが、
単に、最初にその地域に建てられた
彼女の遺産登録された屋敷に
平和に暮らすことができるようにしたいと思いました。






クーパー氏は、
メルボルンの約360キロ西、
ポートランドの近くで
先週、上院の調査で
風力タービンの近接は
異なる個人に影響を与える
と語りました。





「異なる人々が、例えば、
船酔いの対象になるのと同じように。」と
彼は言いました。






「ボートに乗って出かけて、
誰でも船酔いになるというわけではありません、
そして、確かに、いろいろな産業活動の騒音を
誰でも聞いたり認めるというわけではありません、
そして、風力発電所に関して、
誰でもインフラサウンド(超低周波不可聴音)の存在が
わかるというわけではありません。」






無所属の上院議員
ジョン・マディガンとニッククセノフォン、
ナショナルズのマシュー・カナバン、
リベラルのクリス・バック、
自由民主党のデビッドLeyonhjelm、
ファミリ・ファーストの上院議員ボブ・デー
そして、ALPの上院議員アン・アーカーを含む
委員会は、6月24日に
報告書を伝えることになっています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






=====================
 参照してください
=====================



音響の専門家スティーブン·クーパーによる詳細な調査結果 


スティーブン・クーパー氏による調査
▼パシフィック・ハイドロ社から委託された
ケープブリッジウォーターに関するクーパー報告は
パシフィック・ハイドロ社介してアクセスすることができます

■website: http://www.pacifichydro.com.au/english/our-communities/
communities/cape-bridgewater-acoustic-study-report/?language=en


-------------------



パシフィック・ハイドロ社の
スティーブン·クーパー氏による研究のレビュー


■Review of the Cape Bridgewater acoustic testing program and where it is leading
ケープブリッジウォーター音響テストプログラムおよびそれが導いている所のレビュー

https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


---------------

※ ショーマー博士のレビューに関する記事

⑩オーストラリア
◇Unseen, unheard wind farms a blow to health
見えない、聞こえない風が健康に打撃を与える

(The Australian | 14 February 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/02/14/unseen-unheard-wind-farms-a-blow-to-health/


■おとしん機械翻訳

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2900.html

----------------------



おすすめ!
※ <ブログ>   
ケープブリッジウォーターの状況に関する詳しい情報など
資料豊富です!


◇Stop these things
The truth about wind farms in Australia
これらのことを、ストップ、
オーストラリアの風力発電所についての真実

http://stopthesethings.com/

我々は、任意のグループで
政党や業界と提携していません。

私たちは、すべての外部のグループ
または個人からの資金提供を受けていない。



-----------------------------


<25-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

■おとしん機械翻訳(上)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2937.html

■おとしん機械翻訳(中)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2939.html

■おとしん機械翻訳(下)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2940.html



=====================================
ジョン・マディガン上院議員の関連記事
=====================================




オーストラリア
◇Senator: Wind firm sent GPs ‘propaganda’
上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました

(The Standard | March 20, 2014)
http://www.standard.net.au/story/2161584/senator-wind-firm-sent-gps-propaganda/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html



By SEAN McCOMISH



ビクトリア州の上院議員ジョン・マディガンは、
堕落したマッカーサー風力発電所の事業者を非難して、
風力エネルギーをタバコ産業と比較しました。




しかし、国の主要な医学グループ、
オーストラリアの医学会(AMA)は、
タービンが健康に影響を及ぼすという
上院議員の主張に証拠がないと言います。




風力発電所の事業者AGLは、
政府および国際的な研究の埋蔵物を指して、
上院議員のクレームを否定しました。



今週、上院の演説で、率直なバララットに拠点を置く
民主労働党の上院議員は、
マッカーサー風力発電所が稼働を始めるまでの間、
AGLオーストラリアは、
風力タービン症候群のすべての請求を無視するように、
南西部の医師に圧力をかけていたと、話しました。




※ 今週、上院の演説
https://www.wind-watch.org/documents/wind-farms-health-effects/


「2012年11月に、AGL社は、マッカーサー風力発電所の
その発電施設の1つについて、
西ヴィクトリア中の12の診療所の医者に手紙を書きました。」と、
マディガン上院議員は言いました。




「これらの医療の範囲は、南のポートランドとナンブール
北はハミルトンから数百キロメートルの区域にまたがります。」



※ 2012年11月に、AGL社が書いた
http://docs.wind-watch.org/Macarthur-Community-Health-AGL-Nov-2012.pdf


「この手紙の目的は、
マッカーサー風力発電所の近くで暮らすことにより出された
健康障害のクレームを持って医者を訪ねる
どのような患者の信用を傷つけて支持しないことでした。」




「それは企業プロパガンダが著しく正義に反する先制の例で、
田舎の地方医師の診察室に直接に向けられました。」




『スタンダード紙』へAGL社により提供される手紙の謄本は、
「17の独立した国際研究も」が健康影響を拒絶したことを医者に示します。



それは、「それが有益だろうとあなたが思えば」、
GPがAGL社に患者を向けるかもしれないことを示唆します。



「AGL社は規定する騒音監視必要条件をはるかに越えて行きます。
AGLスポークスウーマンは、
「我々は40,000時間を超える時間のデータを集めており、
我々は対応のまま確実にするために、
私達の監視プログラムを継続している。」と、
昨日、スタンダード紙に伝えました。



マディガン上院議員は、さらに、
風力発電所から8キロメートル以内に暮らしている60人が、
そのタービンからの「有害な影響」を経験していると分かったと、
昨年の、地域で行なわれた「匿名の」健康調査を引用しました。

しかし、スタンダード紙は、調査が、
反風力グループ(オーストラリアのIndustrial Wind Turbine Awareness Network)
によって依頼されて、彼女自身の家の近くの
もう一つの風力発電所に反対の人によって行われたと、9月に報告しました。



AMAによって公開される声明には、以下のようにありました:
「可聴値以下の超低周波音が健康影響を引き起こす可能性があると
認められた生理的メカニズムは、ありません。」



「『風力発電の開発に関しての健康の恐怖』と誤報の報告は、
厳格過ぎる州政府によるこれらの開発の規制と、
高まる不安と地域社会の分裂に寄与する可能性があります。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht


































2015-09-26 : ぜひ⇒*ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR