騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<40-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>40-オーストラリア:売物の風力発電所…ポートランドとケープブリッジウォーターで、2つの風力発電所は、売りに出されています |参照記事|関連記事:ジョン・マディガン上院議員|上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 









<40-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>




2015年5月12日





40-オーストラリア
◇Wind farms for sale
売物の風力発電所

(spec.com.au | May 12, 2015)
http://www.spec.com.au/2015/05/wind-farms-for-sale/




by Steve Robertson




ポートランドとケープブリッジウォーターで、
2つの風力発電所は、売りに出されています。





ここ何日か論争のある風力発電所が
市場に配置され、
潜在的なバイヤーから関心が示されています。






パシフィック・ハイドロ社の所有者、
『IFMインベスターズ(※世界的な資産運用会社)』は、
2、3日前、市場に施設を置きました。



業界筋は、関心のある表現を示しましたが、
販売文書はまだ署名されませんでした。






30のオーストラリアの年金基金が所有する
グローバルファンドの組織、
『IFM』は、風力発電所は、
新しい所有者が見つかる間
動作し続けることを確認しています。






「将来の先見的見方をすると、
私たちの所有権モデルは、
他の金融機関とは異なりますので、
興味のある株主の競合によって
邪魔されない投資をすることができます。」と、
会社の声明は述べています。






3つの国際金融大手、
ヨーロッパのクレディ・スイスと
アメリカの株式仲買人メリルリンチ
及びバンク・オブ・アメリカは、
工業分析によって
最も見込みのある選択と思われる海外の買い手と、
地元の風力発電所のために
適当な買い手を探すために
『IFM』によって権限を与えられました。






どんな買い手でも、その購入審議で、
オーストラリア再生可能エネルギー目標(RET)について、
ほぼ確定契約を検討します。






連邦政府と野党間の取引は、
41,000ギガワット時間の
その前のレベルから下って、
RETが2020年までに
再生可能エネルギーの
33,000ギガワット時間まで巻き戻されるのを見ます。

政府は以前より低い目標を求めていたが、
ALP、再生可能エネルギー産業それぞれが、
膠着状態を終了するには、
低30,000sのレベルに
同意する気があることを示した後、
新しい妥協に達しました。






予測される売上が最初に発表されたとき、
Wannonのメンバー、ダンTehan議員は
取引をするIFMの権利を守りました。






「結局は、これらは、営利的な決断
あるいは関連する事業者であり、
彼らはそれが彼らの最高の商業的利益にだと思うならば、
彼らはこれらのことを行うことを決定するための
あらゆる権利を持っている。」と彼は言いました。







Tehan氏は、
ポートランドの仕事を保護するRET合意を
強く主唱することで批評を受けました。



ケープ・ブリッジウォーターの居住者
ソーニャ・トリストは、
彼女の家は、風力タービンの近接により
住居に適さなくなって、
彼女が失望したと言います。







「あなたは、ポピュリスト、
つかの間の方法をとりました」と、
彼女は後で公開されるレターで書きました。



細心の注意と風力業界の慣行の理解は
非常によくあなたに貢献しました。






「透明性、あなたの政治的債務に対する懸念と
名誉についての率直さは、
あなたの有権者が
あなたに当然期待したものです。
彼らは、あなたに彼らの票を任せました。」







関連する問題では、
音響技師のスティーブン・クーパーが、
アメリカ音響学会音響基準審議会・
イン・ピッツバーグ[原文]ペンシルベニア州の会議に
提出できるか、
あるいは、提出できないかという懸念がありました。



クーパー氏は、
近くの風力発電事業に関連する「感覚」を
住民が報告した
ケープブリッジウォーターの
3つの家庭で大規模な試験を実施しました。







上院委員会が、3月30日にポートランドで
パシフィックハイドロ社の
アンドリュー・リチャーズと面談したとき、
マット・カナバン上院議員は、
クーパー氏には
彼のアメリカのプレゼンテーションで
ケープブリッジウォーターのデータを
使う許可があるかどうか、リチャーズさんに尋ねました。







「我々は、その知的財産を使用するための
継続的なライセンスを
彼に提供することに満足しています。」と、
リチャーズ氏は、委員会に語りました。






今週、リチャーズ氏は彼の承認を明らかにしました。





「我々は、過去に言われたことにもかかわらず、
クーパー氏が常にレポートを使って、
複製することができたと主張します。

そのライセンスは、
2014年4月に調印された最初の協定の一部として、
彼に与えられました。

彼がレポート(チャート、グラフィックス
その他を通してレポートに含まれるデータを
使うことを含むこと)をピッツバーグで、
または、どこかほかで使っていて、
複製しているならば、
彼がすでにそうすることは自由であるというのが
我々の理解です。」






「しかし、個人的であるか商業的な利益のために
他のものを生産するために、
我々の資産と我々が秘密であると考える
我々のデータを
彼が使うことができることについて、
我々は、まだ同意していません。」








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






===========================


※ ブログ・カテゴリの
<ケープブリッジウォーターにおける
パシフィック・ハイドロ社の音響調査>は、
これですべて終了しました。


続きは、
同カテゴリの
≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫になります。




==========================


=====================
 参照してください
=====================



音響の専門家スティーブン·クーパーによる詳細な調査結果 


スティーブン・クーパー氏による調査
▼パシフィック・ハイドロ社から委託された
ケープブリッジウォーターに関するクーパー報告は
パシフィック・ハイドロ社介してアクセスすることができます

■website: http://www.pacifichydro.com.au/english/our-communities/
communities/cape-bridgewater-acoustic-study-report/?language=en


-------------------



パシフィック・ハイドロ社の
スティーブン·クーパー氏による研究のレビュー


■Review of the Cape Bridgewater acoustic testing program and where it is leading
ケープブリッジウォーター音響テストプログラムおよびそれが導いている所のレビュー

https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


---------------

※ ショーマー博士のレビューに関する記事

⑩オーストラリア
◇Unseen, unheard wind farms a blow to health
見えない、聞こえない風が健康に打撃を与える

(The Australian | 14 February 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/02/14/unseen-unheard-wind-farms-a-blow-to-health/


■おとしん機械翻訳

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2900.html

----------------------



おすすめ!
※ <ブログ>   
ケープブリッジウォーターの状況に関する詳しい情報など
資料豊富です!


◇Stop these things
The truth about wind farms in Australia
これらのことを、ストップ、
オーストラリアの風力発電所についての真実

http://stopthesethings.com/

我々は、任意のグループで
政党や業界と提携していません。

私たちは、すべての外部のグループ
または個人からの資金提供を受けていない。



-----------------------------


<25-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

■おとしん機械翻訳(上)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2937.html

■おとしん機械翻訳(中)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2939.html

■おとしん機械翻訳(下)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2940.html



=====================================
ジョン・マディガン上院議員の関連記事
=====================================




オーストラリア
◇Senator: Wind firm sent GPs ‘propaganda’
上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました

(The Standard | March 20, 2014)
http://www.standard.net.au/story/2161584/senator-wind-firm-sent-gps-propaganda/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html



By SEAN McCOMISH



ビクトリア州の上院議員ジョン・マディガンは、
堕落したマッカーサー風力発電所の事業者を非難して、
風力エネルギーをタバコ産業と比較しました。




しかし、国の主要な医学グループ、
オーストラリアの医学会(AMA)は、
タービンが健康に影響を及ぼすという
上院議員の主張に証拠がないと言います。




風力発電所の事業者AGLは、
政府および国際的な研究の埋蔵物を指して、
上院議員のクレームを否定しました。



今週、上院の演説で、率直なバララットに拠点を置く
民主労働党の上院議員は、
マッカーサー風力発電所が稼働を始めるまでの間、
AGLオーストラリアは、
風力タービン症候群のすべての請求を無視するように、
南西部の医師に圧力をかけていたと、話しました。




※ 今週、上院の演説
https://www.wind-watch.org/documents/wind-farms-health-effects/


「2012年11月に、AGL社は、マッカーサー風力発電所の
その発電施設の1つについて、
西ヴィクトリア中の12の診療所の医者に手紙を書きました。」と、
マディガン上院議員は言いました。




「これらの医療の範囲は、南のポートランドとナンブール
北はハミルトンから数百キロメートルの区域にまたがります。」



※ 2012年11月に、AGL社が書いた
http://docs.wind-watch.org/Macarthur-Community-Health-AGL-Nov-2012.pdf


「この手紙の目的は、
マッカーサー風力発電所の近くで暮らすことにより出された
健康障害のクレームを持って医者を訪ねる
どのような患者の信用を傷つけて支持しないことでした。」




「それは企業プロパガンダが著しく正義に反する先制の例で、
田舎の地方医師の診察室に直接に向けられました。」




『スタンダード紙』へAGL社により提供される手紙の謄本は、
「17の独立した国際研究も」が健康影響を拒絶したことを医者に示します。



それは、「それが有益だろうとあなたが思えば」、
GPがAGL社に患者を向けるかもしれないことを示唆します。



「AGL社は規定する騒音監視必要条件をはるかに越えて行きます。
AGLスポークスウーマンは、
「我々は40,000時間を超える時間のデータを集めており、
我々は対応のまま確実にするために、
私達の監視プログラムを継続している。」と、
昨日、スタンダード紙に伝えました。



マディガン上院議員は、さらに、
風力発電所から8キロメートル以内に暮らしている60人が、
そのタービンからの「有害な影響」を経験していると分かったと、
昨年の、地域で行なわれた「匿名の」健康調査を引用しました。

しかし、スタンダード紙は、調査が、
反風力グループ(オーストラリアのIndustrial Wind Turbine Awareness Network)
によって依頼されて、彼女自身の家の近くの
もう一つの風力発電所に反対の人によって行われたと、9月に報告しました。



AMAによって公開される声明には、以下のようにありました:
「可聴値以下の超低周波音が健康影響を引き起こす可能性があると
認められた生理的メカニズムは、ありません。」



「『風力発電の開発に関しての健康の恐怖』と誤報の報告は、
厳格過ぎる州政府によるこれらの開発の規制と、
高まる不安と地域社会の分裂に寄与する可能性があります。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





2015-09-27 : *ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<39-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>39-レター、オーストラリア:出発…多くの首切りが会社で展開しています、複数のシニア・ディレクターと経営陣は去ります~どうやら、パシフィック・ハイドロ社の内部ガバナンスはかなり悪く見えます…M Teusner |参照記事|関連記事:ジョン・マディガン上院議員|上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です









<39-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>




2015年4月8日





39-レター、オーストラリア
◇Departures
出発

(Barossa Herald |8.4.2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/04/09/departures/



M Teusner



何百人もの地方のオーストラリア人は
風力エネルギー会社の
パシフィック・ハイドロ社が
内破するのを見ていて、微笑まざるを得ません。





多くの首切りが会社で展開しています。




複数のシニア・ディレクターと経営陣は去ります

ー そして、ママやパパの退職年金投資の
およそ7億ドルもそうです。





現在、同社のゼネラルマネージャー、
レーンクロケット氏は、
彼の荷物をまとめ、
彼のオフィスをきれいにすることになっています。





どうやら、パシフィック・ハイドロ社の
内部ガバナンスはかなり悪く見えます。





一部の解説者は、
それがこの国の歴史で
最も大きい会社損失の1つを記録したと言って、
どんな風力エネルギー投資をもつ人々にでも
すぐに撤退するよう訴えています。





ミスター・クロケット、
あなたは、パシフィック・ハイドロ社が
南オーストラリアのこのコミュニティ
およびその他に与えた悲惨さをよく知っています。






人の前にビッグビジネスは企業理念であると、
私は信じています。





新聞編集者は、
それほど心から他人を犠牲にしたという
これらのかつての–居心地のよい
パシフィック・ハイドロ社の仕事の
損失について使われている言葉を
決して印刷しないので、
私はそれをあなたの想像力に任せます。






ミスター・クロケット、
あなた、そして、あなたの同類の他の人々、
問題なく彼らの家に住んでいた
より多くの何も望まない人々への
あなたの取り扱いを反省するために、
パシフィック・ハイドロ社が入ってくる前に
彼らがしたように、
いくらかの長い孤独な道のりを歩いてください、
それが私の望みです。






あなたが、それが使用された方法で、
再び企業の電力を使用しないこと、
それが私の希望です。





さようなら、ミスター・クロケット。




我々を微笑ませ続けるために、
インフィジェン・エネルギー社は
天才的なひらめきを述べました。
そして、最近進行中の
それ自身の痛ましい財政状態を非難しました
… それを待ってください … 風。





母なる自然は、
会社の金庫を充填するにはあまりに穏やかでした。





私は、風力の不十分さを
ずいぶん昔に理解した我々の先祖は、
全員が彼らの墓で笑っていると思います。






一方、不動産に関して。





広範囲の不動産業者が、
この地域の多くの家庭に来て
美しいバロッサのプロパティと記述するとき
あなたは何をしますか。





– それから、パシフィック・ハイドロ社、
Trustpowerと彼らのひと握りのホストの好意により、
45キロメートルの風力タービンが
どこに行くことができたかについて尋ねます?






彼らを示す、そして、彼らの全意見が
目にみえて変わるとき、あなたは何をしますか?





エージェントが「抑圧的」として
産業の計画への影響を説明するとき、
あなたは何を言いますか?





・・・・・・



あなたは、彼らが
『彼らと少しのチャットをする』ために
まわりの部下を行かせることができるように
風力従業員が
不動産仲介人の名前を望むとき、何をしますか?





不動産仲介人
「私の周りの人々が
私の近所にこうするならば、
私はここに座って、泣くでしょう」と言うとき、
あなたは何をしますか?





これを受けて、あなたは単に答えます:

『経験しつくした。』




そして、あなたはそれのために戦います。





M Teusner


エデン・バレー






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







=====================
 参照してください
=====================



音響の専門家スティーブン·クーパーによる詳細な調査結果 


スティーブン・クーパー氏による調査
▼パシフィック・ハイドロ社から委託された
ケープブリッジウォーターに関するクーパー報告は
パシフィック・ハイドロ社介してアクセスすることができます

■website: http://www.pacifichydro.com.au/english/our-communities/
communities/cape-bridgewater-acoustic-study-report/?language=en


-------------------



パシフィック・ハイドロ社の
スティーブン·クーパー氏による研究のレビュー


■Review of the Cape Bridgewater acoustic testing program and where it is leading
ケープブリッジウォーター音響テストプログラムおよびそれが導いている所のレビュー

https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


---------------

※ ショーマー博士のレビューに関する記事

⑩オーストラリア
◇Unseen, unheard wind farms a blow to health
見えない、聞こえない風が健康に打撃を与える

(The Australian | 14 February 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/02/14/unseen-unheard-wind-farms-a-blow-to-health/


■おとしん機械翻訳

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2900.html

----------------------



おすすめ!
※ <ブログ>   
ケープブリッジウォーターの状況に関する詳しい情報など
資料豊富です!


◇Stop these things
The truth about wind farms in Australia
これらのことを、ストップ、
オーストラリアの風力発電所についての真実

http://stopthesethings.com/

我々は、任意のグループで
政党や業界と提携していません。

私たちは、すべての外部のグループ
または個人からの資金提供を受けていない。



-----------------------------


<25-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

■おとしん機械翻訳(上)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2937.html

■おとしん機械翻訳(中)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2939.html

■おとしん機械翻訳(下)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2940.html



=====================================
ジョン・マディガン上院議員の関連記事
=====================================




オーストラリア
◇Senator: Wind firm sent GPs ‘propaganda’
上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました

(The Standard | March 20, 2014)
http://www.standard.net.au/story/2161584/senator-wind-firm-sent-gps-propaganda/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html



By SEAN McCOMISH



ビクトリア州の上院議員ジョン・マディガンは、
堕落したマッカーサー風力発電所の事業者を非難して、
風力エネルギーをタバコ産業と比較しました。




しかし、国の主要な医学グループ、
オーストラリアの医学会(AMA)は、
タービンが健康に影響を及ぼすという
上院議員の主張に証拠がないと言います。




風力発電所の事業者AGLは、
政府および国際的な研究の埋蔵物を指して、
上院議員のクレームを否定しました。



今週、上院の演説で、率直なバララットに拠点を置く
民主労働党の上院議員は、
マッカーサー風力発電所が稼働を始めるまでの間、
AGLオーストラリアは、
風力タービン症候群のすべての請求を無視するように、
南西部の医師に圧力をかけていたと、話しました。




※ 今週、上院の演説
https://www.wind-watch.org/documents/wind-farms-health-effects/


「2012年11月に、AGL社は、マッカーサー風力発電所の
その発電施設の1つについて、
西ヴィクトリア中の12の診療所の医者に手紙を書きました。」と、
マディガン上院議員は言いました。




「これらの医療の範囲は、南のポートランドとナンブール
北はハミルトンから数百キロメートルの区域にまたがります。」



※ 2012年11月に、AGL社が書いた
http://docs.wind-watch.org/Macarthur-Community-Health-AGL-Nov-2012.pdf


「この手紙の目的は、
マッカーサー風力発電所の近くで暮らすことにより出された
健康障害のクレームを持って医者を訪ねる
どのような患者の信用を傷つけて支持しないことでした。」




「それは企業プロパガンダが著しく正義に反する先制の例で、
田舎の地方医師の診察室に直接に向けられました。」




『スタンダード紙』へAGL社により提供される手紙の謄本は、
「17の独立した国際研究も」が健康影響を拒絶したことを医者に示します。



それは、「それが有益だろうとあなたが思えば」、
GPがAGL社に患者を向けるかもしれないことを示唆します。



「AGL社は規定する騒音監視必要条件をはるかに越えて行きます。
AGLスポークスウーマンは、
「我々は40,000時間を超える時間のデータを集めており、
我々は対応のまま確実にするために、
私達の監視プログラムを継続している。」と、
昨日、スタンダード紙に伝えました。



マディガン上院議員は、さらに、
風力発電所から8キロメートル以内に暮らしている60人が、
そのタービンからの「有害な影響」を経験していると分かったと、
昨年の、地域で行なわれた「匿名の」健康調査を引用しました。

しかし、スタンダード紙は、調査が、
反風力グループ(オーストラリアのIndustrial Wind Turbine Awareness Network)
によって依頼されて、彼女自身の家の近くの
もう一つの風力発電所に反対の人によって行われたと、9月に報告しました。



AMAによって公開される声明には、以下のようにありました:
「可聴値以下の超低周波音が健康影響を引き起こす可能性があると
認められた生理的メカニズムは、ありません。」



「『風力発電の開発に関しての健康の恐怖』と誤報の報告は、
厳格過ぎる州政府によるこれらの開発の規制と、
高まる不安と地域社会の分裂に寄与する可能性があります。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





2015-09-26 : *ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<38-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>38-オーストラリア:タービン乱流から平和を求めて…ボートに乗って出かけて、誰でも船酔いになるというわけではありません~そして、風力発電所に関して、誰でもインフラサウンド(超低周波不可聴音)の存在がわかるというわけではありません…スティーブン・クーパー(音響の専門家) |参照記事|関連記事:ジョン・マディガン上院議員|上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です









<38-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>





2015年4月8日





38-オーストラリア
◇Seeking peace from turbine turbulence
タービン乱流から平和を求めて

(The Australian | April 08, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/04/08/seeking-peace-from-turbine-turbulence/



Rachel Baxendale




ソーニャ・トリストは、
風力タービンが彼女の新しい家を
すぐに囲むということがわかって
2007年に英国からビクトリア州南西部の
ケープ・ブリッジウォーターで
南氷洋を見渡している
壮大な丘陵にへ移りました。






彼女はタービンが動き始めた
数ヵ月後に
予想していなかった
不眠、心臓の動悸、高血圧とめまいを含む
健康問題で苦しみ始めて、
それをすぐに巨大な機械のものであると
考えなかったと言います。






トリストさん(75)は、
睡眠障害を含む感覚と
音響の結果が得られた風の状況を関連づけた
ケープブリッジウォーターで、
音響の専門家スティーブン・クーパーの
インフラサウンドあるいは
サブ可聴振動に関する
最近の研究の6人の参加者の一人でした。






「私が年をとっているので、
あなたは、
『ああ、彼女は年配の婦人です』と
思うことが許されました。」と、
トリストさんは言いました。


「しかし、私が連泊の間、
ここから離れるときは大丈夫なので、
それはそうではありません。」





トリストさんは、
定期的にタービンの妨害を
逃れることができるように、
東へ1時間のドライブの
ポートフェアリーに家を購入することを
余儀なくされたと語りました。






「それは、私に喜びをもたらしません」と、
彼女は言いました。


「ポートフェアリーは非常に素敵です、
しかし、私はポートフェアリーに
住んでいたくありません。」






トリストさんは、
タービンを所有している再生可能エネルギー会社
パシフィック・ハイドロ社からの
補償を求めていないと述べたが、
単に、最初にその地域に建てられた
彼女の遺産登録された屋敷に
平和に暮らすことができるようにしたいと思いました。






クーパー氏は、
メルボルンの約360キロ西、
ポートランドの近くで
先週、上院の調査で
風力タービンの近接は
異なる個人に影響を与える
と語りました。





「異なる人々が、例えば、
船酔いの対象になるのと同じように。」と
彼は言いました。






「ボートに乗って出かけて、
誰でも船酔いになるというわけではありません、
そして、確かに、いろいろな産業活動の騒音を
誰でも聞いたり認めるというわけではありません、
そして、風力発電所に関して、
誰でもインフラサウンド(超低周波不可聴音)の存在が
わかるというわけではありません。」






無所属の上院議員
ジョン・マディガンとニッククセノフォン、
ナショナルズのマシュー・カナバン、
リベラルのクリス・バック、
自由民主党のデビッドLeyonhjelm、
ファミリ・ファーストの上院議員ボブ・デー
そして、ALPの上院議員アン・アーカーを含む
委員会は、6月24日に
報告書を伝えることになっています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






=====================
 参照してください
=====================



音響の専門家スティーブン·クーパーによる詳細な調査結果 


スティーブン・クーパー氏による調査
▼パシフィック・ハイドロ社から委託された
ケープブリッジウォーターに関するクーパー報告は
パシフィック・ハイドロ社介してアクセスすることができます

■website: http://www.pacifichydro.com.au/english/our-communities/
communities/cape-bridgewater-acoustic-study-report/?language=en


-------------------



パシフィック・ハイドロ社の
スティーブン·クーパー氏による研究のレビュー


■Review of the Cape Bridgewater acoustic testing program and where it is leading
ケープブリッジウォーター音響テストプログラムおよびそれが導いている所のレビュー

https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


---------------

※ ショーマー博士のレビューに関する記事

⑩オーストラリア
◇Unseen, unheard wind farms a blow to health
見えない、聞こえない風が健康に打撃を与える

(The Australian | 14 February 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/02/14/unseen-unheard-wind-farms-a-blow-to-health/


■おとしん機械翻訳

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2900.html

----------------------



おすすめ!
※ <ブログ>   
ケープブリッジウォーターの状況に関する詳しい情報など
資料豊富です!


◇Stop these things
The truth about wind farms in Australia
これらのことを、ストップ、
オーストラリアの風力発電所についての真実

http://stopthesethings.com/

我々は、任意のグループで
政党や業界と提携していません。

私たちは、すべての外部のグループ
または個人からの資金提供を受けていない。



-----------------------------


<25-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

■おとしん機械翻訳(上)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2937.html

■おとしん機械翻訳(中)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2939.html

■おとしん機械翻訳(下)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2940.html



=====================================
ジョン・マディガン上院議員の関連記事
=====================================




オーストラリア
◇Senator: Wind firm sent GPs ‘propaganda’
上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました

(The Standard | March 20, 2014)
http://www.standard.net.au/story/2161584/senator-wind-firm-sent-gps-propaganda/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html



By SEAN McCOMISH



ビクトリア州の上院議員ジョン・マディガンは、
堕落したマッカーサー風力発電所の事業者を非難して、
風力エネルギーをタバコ産業と比較しました。




しかし、国の主要な医学グループ、
オーストラリアの医学会(AMA)は、
タービンが健康に影響を及ぼすという
上院議員の主張に証拠がないと言います。




風力発電所の事業者AGLは、
政府および国際的な研究の埋蔵物を指して、
上院議員のクレームを否定しました。



今週、上院の演説で、率直なバララットに拠点を置く
民主労働党の上院議員は、
マッカーサー風力発電所が稼働を始めるまでの間、
AGLオーストラリアは、
風力タービン症候群のすべての請求を無視するように、
南西部の医師に圧力をかけていたと、話しました。




※ 今週、上院の演説
https://www.wind-watch.org/documents/wind-farms-health-effects/


「2012年11月に、AGL社は、マッカーサー風力発電所の
その発電施設の1つについて、
西ヴィクトリア中の12の診療所の医者に手紙を書きました。」と、
マディガン上院議員は言いました。




「これらの医療の範囲は、南のポートランドとナンブール
北はハミルトンから数百キロメートルの区域にまたがります。」



※ 2012年11月に、AGL社が書いた
http://docs.wind-watch.org/Macarthur-Community-Health-AGL-Nov-2012.pdf


「この手紙の目的は、
マッカーサー風力発電所の近くで暮らすことにより出された
健康障害のクレームを持って医者を訪ねる
どのような患者の信用を傷つけて支持しないことでした。」




「それは企業プロパガンダが著しく正義に反する先制の例で、
田舎の地方医師の診察室に直接に向けられました。」




『スタンダード紙』へAGL社により提供される手紙の謄本は、
「17の独立した国際研究も」が健康影響を拒絶したことを医者に示します。



それは、「それが有益だろうとあなたが思えば」、
GPがAGL社に患者を向けるかもしれないことを示唆します。



「AGL社は規定する騒音監視必要条件をはるかに越えて行きます。
AGLスポークスウーマンは、
「我々は40,000時間を超える時間のデータを集めており、
我々は対応のまま確実にするために、
私達の監視プログラムを継続している。」と、
昨日、スタンダード紙に伝えました。



マディガン上院議員は、さらに、
風力発電所から8キロメートル以内に暮らしている60人が、
そのタービンからの「有害な影響」を経験していると分かったと、
昨年の、地域で行なわれた「匿名の」健康調査を引用しました。

しかし、スタンダード紙は、調査が、
反風力グループ(オーストラリアのIndustrial Wind Turbine Awareness Network)
によって依頼されて、彼女自身の家の近くの
もう一つの風力発電所に反対の人によって行われたと、9月に報告しました。



AMAによって公開される声明には、以下のようにありました:
「可聴値以下の超低周波音が健康影響を引き起こす可能性があると
認められた生理的メカニズムは、ありません。」



「『風力発電の開発に関しての健康の恐怖』と誤報の報告は、
厳格過ぎる州政府によるこれらの開発の規制と、
高まる不安と地域社会の分裂に寄与する可能性があります。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht


































2015-09-26 : *ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<37-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>ぜひ⇒37-オーストラリア:議論は熱気を帯びます |参照記事|関連記事:ジョン・マディガン上院議員|上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 








<37-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>




2015年4月3日





ぜひ!⇒
37-オーストラリア
◇Debate heats up
議論は熱気を帯びます

(ハミルトンスペクテイター | 4 April 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/04/03/debate-heats-up/




By スティーブ・ロバートソン




月曜日にポートランドで、
上院特別委員会の
風力タービンの終日会議の議長を務めた
ビクトリア州の上院議員ジョン・マディガンは、
論争のある風力発電所の議論の
両側からの数十の証人の話を聞いた後、
どんなに長くかかっても、
「まっとうにやること」と
真実に到達することを誓いました。






ポートランド・サウスウエストTAFEの
キャンパスでの正式な公聴会の後に、
マディガン上院議員は、
マッカーサーでも
ケープブリッジウォーターでも
風力発電所の開発に反対する人達から聞かされた
彼が「誹謗中傷の実例」と呼んだものを
遺憾に思うと言いました。






「私はこの委員会の報告書を
先取りするつもりはありません、
しかし、私は、
呼吸困難、眠れない夜、
および筋肉の重い感覚のようだと聞かされた
健康の苦情のさらなる調査について
十分な余地があると思います 。」と
彼は言いました。







「この多くの人々が
これらの症状を報告することを考えると
徹底的な調査が必要です。」






「米国では、近くの居住者が
類似した症状を報告したとき、
風力発電所は健康に有害なものとして
閉鎖されました。」







各々の州はメンバーを委員会に提供しました、
そして、緑の党以外の
大部分の党は行動しました。

無所属のニック・クセノフォン上院議員は、
スピーカーホンによって質問をしました。





上院議員のうち少なくとも4人が、
人の聴力の平均的な能力以下のトーンである
インフラサウンド(超低周波不可聴音)と
それを経験してきた
風力発電所の
かなり近くの住んでいる
一部の人々の感覚と
関連があるかもしれないという見方を示しました。


オーストラリアの研究者によると、
オーストラリアの状況では
このインフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
詳細な医学研究の話題である必要があると、
彼らは指摘しました。






経験豊かな音響技師の
スティーブン・クーパーが委員会で語った
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
20ヘルツ以下の低い周波数です。

タービンは、20ヘルツと200ヘルツの間で
音を放射する、と彼は言いました。






彼は、インフラサウンド
(超低周波不可聴音)に対する反応は、
「誰もが船酔いのようになるわけではない」、
それを聞いている人に依存して
変化することを指摘しました。






午前中のセッションは、
風力発電所の経済的および環境上の利点と
再生可能エネルギー目標を設定する
緊急の嘆願のいくつかの強力な推薦に
つぎこまれました。


このメッセージは、
アンドリュー・リチャーズによって
代表される
パシフィックハイドロ社によって
最初に配信されました。





彼は、AMA(オーストラリア医師会)の報告書は、
「インフラサウンド
(超低周波不可聴音)が
健康問題を引き起こすという見方を
支持していない」と委員会に話しました。





彼はまた
パシフィックハイドロ社は、
適切な健康調査のために
お金を払う意志はなかったと言って、
「我々が、ケープブリッジウォーターから
得ていた苦情を
よりよく理解したかったので」
同社がクーパー報告に資金を供給したと
説明しました。






次は、ギルバートウィルソン・
トリニダード・ディアスと
アシスタントゼネラルマネージャーの
ダン・マキナーを含む
ケッペルプリンス・エンジニアリングの
従業員とのチームでした。





正式な議事録に記録された
彼らの証言の中で重要なポイント:




• 「我々は、再生可能エネルギー目標について
政府からの確実性を必要とします」と、
マキナーさんは言いました。

「それを得るならば、
我々は最近解雇された人々全てを
再雇用することができて、
おそらく50 – 100jbsで拡大することができます。」





• 「これは、ポートランドに
巨大な影響を及ぼしています」と、
ディアスさんは言いました。

「RET(再生可能エネルギー目標制度)が
すぐにないならば、
私たちの多くは、
離れることを余儀なくされるであろう。」




•「ポートランドの若者の失業率は18%です。」と
 AMWUの次官補クレイグケリーは言いました。

 「この不確実性は、
 同様に我々の鉄鋼産業に
 巨大な影響を及ぼしています。」





• 「我々の州は、
  かなり雇用の機会の紛失の攻撃を受けました」と、
  ギルバート・ウィルソンは言いました。

 「いつか私たちの世代は、
  環境破壊者として見られるかもしれません。
  我々は適切なレベルの
  RETのセットを必要としています。」






グレネルグ・シャイアーから
CEOグレッグ・バーゴイン、
スティーブン・ケリガンとマシュー・ベリーが
代表に選ばれました。
そして、その全員は上院議員からの質問に答えました。

プレゼンテーション・テーブルに彼らに加わることは、
ピレネーとアララト議会からの上官でした。

全員が、それぞれのシャイアズための
風力産業のプラスの経済的側面を挙げました。






マディガン上院議員は、
州のおよび連邦に命令された規則を
実施することが
彼らのための重荷であると思うと言いました。




・・・・・・・


昼食後は、話は、
9人の風力の懐疑論者や
あからさまな反対派のターンでした。





• グレンタームソンの農民
 ビル・ロジャーソンは、
 彼の家がタービンから
 ちょうど1.7kmであると言いました。


 彼はいくつかの奇形が生まれたことに注目し、
 悪い分娩率のためにタービンを非難しました。

 「私の牧羊犬も、タービンの近くで働きません」と、
 彼は委員会に話しました。






• ロビン・ポラードは
 彼女の地域のタービンが夜にオフにされたと
 上院議員に話しました、
 しかし、それらが動いていたとき、
 彼女は眠ることは不可能でした。





•「私は苦情を言う時はいつでも、
 AGLに非常に粗末に扱われてきました。」と、
 マッカーサーのアン・ガードナーは証言しました。

 「私たちはAGLにほぼ200の苦情をしました、
 彼らが言うすべては
 『あなたの医師を訪ねてください』。

 我々は超低周波不可聴音によって打ちのめされました
 そして、(ノイズコンプライアンスを
 測定するために使用される)
 ニュージーランド標準は適用されません。

 アメリカのNASAは
 インフラサウンドの影響を確認したのに、
 なぜビクトリアはできないのですか?」





•「それは私の体が充電されるように感じました。」と、
 マッカーサーのアーティスト、
 ジャネット・ヘザーリントンは言いました。

 「私は、刺すような痛みと大きな不安を得ます。

 私たちが望むすべては、
 私たちの農場で、暮らして、働くことです。

 私たちの痛みを無視しないでください。」





•「風力発電所は、あらゆるレベルの大災害でした。」




• ケープブリッジウォーターのキャシーEzardは、
 近くの風力発電所の影響のため
 彼女の財産を売りたかったと言いました。

 「風景が侵害されています。

 「誰が20年でタービンを取り除くのですか?」





話者もまた、
彼らが言った、
絶滅危惧ゴウシュウヅルだけでなく
ハヤブサのような猛禽類保護の
大きな損失であるということを嘆きました。

農民ハミッシュ・カミングは、
タービンから6 - 14キロの間の
ゴウシュウヅルは移動しました、
彼らの巣は捨てられましたと、
パネルに語りました。





猫によって毎年殺された鳥の数について
タスマニア上院議員
アン・アーカートによって尋ねられたとき、
彼が、これまで猫が猛禽やゴウシュウヅルを
殺すのを見たことがなかったと回答した時に、
カミング氏は混雑した部屋から
今日一日の最大の笑いを得ました。





昼食の後、上院議員は
コミュニティのリーダーの横断面から聞きました。





• ポートランドの不動産業者ウェイン・バレットは、
 再生可能エネルギーは、ポートランドでは
 「現在進行中のジョブ・プロバイダ」であると述べました。

 「若者が仕事をここで得ることができるように、
 我々は支持を必要とします」と、彼は言いました。
「たった今、トップ企業の1つは、
 港へのトラック輸送ものです。」




• 「気候変動のため、私は孫を気づかいます」と、
  ヘレン・ダービーシャは言いました。
「我々は、前にこれのような気候を
これまで経験しませんでした。」




• 「それは真実です、気候は変わりました」と、
アララトのバーニー・ボートマンは言いました。
 「雨量は、a990の半ばの頃まではかなり予想できました。」

  現在、彼らがよくしたように、
  私の農場のダムはいっぱいになりません。

  緊急の行動は放出を減らすために必要です、
  しかし、タービンを置くために
  正しい場所と間違った場所があることに同意します。」





• ジョン・マクマホン、
  新しく形成された
 「風力産業リフォームビクトリア」の社長は、
  グレート・ウェスタンのために提案された
  新しい、よりはるかに大きな
  タービンブレードを恐れると述べました。

  彼は、タービンが、地方のビクトリアの上に
  悪い経済的影響を持っていると言いました。





• ローカル先住民族のスティーブン・サンダースは、
彼の人々にとって重要な文化遺産が
風力発電所の建設の際に破壊されたと述べました。

「これは、連邦法の部類に入ります」と、
彼は上院議員に思い出させました。

「私たちは、そこに
  神聖な夢見る物語を持っていました、
  しかし、どれも文書化されなかった」と
  彼は告発しました。。

  「政府が介入すべきです。」




• 公共のセッションの後、
 イン・カメラのレポートは、
 なぜ深刻な健康問題だと考えるのか、
 パシフィック・ハイドロ社の批判に
 率直だったケープブリッジウォーターの住民
 ソニアトリストとメリッサウェアから聞きました。





観衆の何人かは、2011年の上院委員会が、
超低周波不可聴音の更なる研究さえ要求して、
同じ話題の多くを検討したが、
まだ何も起こらなかった点を指摘しました。




この委員会は6月の末にレポートを降ろす予定でした、
しかし、ソースは
8月上旬がはるかに可能性があると言いました。





日曜日に、上院議員は、
居住者が頭痛と不眠について苦情を言った
ケープ・ブリッジウォーターの
家を訪問しました。





証言を聞いた後、彼自身が獣医師である
WAリベラル上院議員のクリス・バックは、
自分の健康上の問題を
彼に伝えていた人たちの真実について
疑いがないと言いました。

そして、彼は
これらの公聴会のためのサイトとして
ポートランドの選択を承認しました。





「ここで非常に多くの住民が心配していたので、
私たちはポートランドを選びました。」と、
彼は言いました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=====================
 参照してください
=====================



音響の専門家スティーブン·クーパーによる詳細な調査結果 


スティーブン・クーパー氏による調査
▼パシフィック・ハイドロ社から委託された
ケープブリッジウォーターに関するクーパー報告は
パシフィック・ハイドロ社介してアクセスすることができます

■website: http://www.pacifichydro.com.au/english/our-communities/
communities/cape-bridgewater-acoustic-study-report/?language=en


-------------------



パシフィック・ハイドロ社の
スティーブン·クーパー氏による研究のレビュー


■Review of the Cape Bridgewater acoustic testing program and where it is leading
ケープブリッジウォーター音響テストプログラムおよびそれが導いている所のレビュー

https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


---------------

※ ショーマー博士のレビューに関する記事

⑩オーストラリア
◇Unseen, unheard wind farms a blow to health
見えない、聞こえない風が健康に打撃を与える

(The Australian | 14 February 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/02/14/unseen-unheard-wind-farms-a-blow-to-health/


■おとしん機械翻訳

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2900.html

----------------------



おすすめ!
※ <ブログ>   
ケープブリッジウォーターの状況に関する詳しい情報など
資料豊富です!


◇Stop these things
The truth about wind farms in Australia
これらのことを、ストップ、
オーストラリアの風力発電所についての真実

http://stopthesethings.com/

我々は、任意のグループで
政党や業界と提携していません。

私たちは、すべての外部のグループ
または個人からの資金提供を受けていない。



-----------------------------


<25-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

■おとしん機械翻訳(上)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2937.html

■おとしん機械翻訳(中)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2939.html

■おとしん機械翻訳(下)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2940.html



=====================================
ジョン・マディガン上院議員の関連記事
=====================================




オーストラリア
◇Senator: Wind firm sent GPs ‘propaganda’
上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました

(The Standard | March 20, 2014)
http://www.standard.net.au/story/2161584/senator-wind-firm-sent-gps-propaganda/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html



By SEAN McCOMISH



ビクトリア州の上院議員ジョン・マディガンは、
堕落したマッカーサー風力発電所の事業者を非難して、
風力エネルギーをタバコ産業と比較しました。




しかし、国の主要な医学グループ、
オーストラリアの医学会(AMA)は、
タービンが健康に影響を及ぼすという
上院議員の主張に証拠がないと言います。




風力発電所の事業者AGLは、
政府および国際的な研究の埋蔵物を指して、
上院議員のクレームを否定しました。



今週、上院の演説で、率直なバララットに拠点を置く
民主労働党の上院議員は、
マッカーサー風力発電所が稼働を始めるまでの間、
AGLオーストラリアは、
風力タービン症候群のすべての請求を無視するように、
南西部の医師に圧力をかけていたと、話しました。




※ 今週、上院の演説
https://www.wind-watch.org/documents/wind-farms-health-effects/


「2012年11月に、AGL社は、マッカーサー風力発電所の
その発電施設の1つについて、
西ヴィクトリア中の12の診療所の医者に手紙を書きました。」と、
マディガン上院議員は言いました。




「これらの医療の範囲は、南のポートランドとナンブール
北はハミルトンから数百キロメートルの区域にまたがります。」



※ 2012年11月に、AGL社が書いた
http://docs.wind-watch.org/Macarthur-Community-Health-AGL-Nov-2012.pdf


「この手紙の目的は、
マッカーサー風力発電所の近くで暮らすことにより出された
健康障害のクレームを持って医者を訪ねる
どのような患者の信用を傷つけて支持しないことでした。」




「それは企業プロパガンダが著しく正義に反する先制の例で、
田舎の地方医師の診察室に直接に向けられました。」




『スタンダード紙』へAGL社により提供される手紙の謄本は、
「17の独立した国際研究も」が健康影響を拒絶したことを医者に示します。



それは、「それが有益だろうとあなたが思えば」、
GPがAGL社に患者を向けるかもしれないことを示唆します。



「AGL社は規定する騒音監視必要条件をはるかに越えて行きます。
AGLスポークスウーマンは、
「我々は40,000時間を超える時間のデータを集めており、
我々は対応のまま確実にするために、
私達の監視プログラムを継続している。」と、
昨日、スタンダード紙に伝えました。



マディガン上院議員は、さらに、
風力発電所から8キロメートル以内に暮らしている60人が、
そのタービンからの「有害な影響」を経験していると分かったと、
昨年の、地域で行なわれた「匿名の」健康調査を引用しました。

しかし、スタンダード紙は、調査が、
反風力グループ(オーストラリアのIndustrial Wind Turbine Awareness Network)
によって依頼されて、彼女自身の家の近くの
もう一つの風力発電所に反対の人によって行われたと、9月に報告しました。



AMAによって公開される声明には、以下のようにありました:
「可聴値以下の超低周波音が健康影響を引き起こす可能性があると
認められた生理的メカニズムは、ありません。」



「『風力発電の開発に関しての健康の恐怖』と誤報の報告は、
厳格過ぎる州政府によるこれらの開発の規制と、
高まる不安と地域社会の分裂に寄与する可能性があります。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







2015-09-25 : *ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<36-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>ぜひ⇒36-オーストラリア:風力タービンの近くに住むことは地獄だと、住民はポートランドの公聴会で話します…奇形の子羊の数は、我々の所有地の近くで風力発電所が動いている期間の間増加しました…ビルとサンディ・ロジャーソン |参照資料/関連記事| ABCの『メディアウォッチプログラム』:タービン拷問: 風力発電所は、あなたを病気にしますか? その他  |参照記事|関連記事:ジョン・マディガン上院議員|上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました/ NEW⇒エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 | ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です










<36-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>




2015年4月1日




ぜひ!⇒
36-オーストラリア
◇Wind turbines hell to live near, residents tell Portland hearing
風力タービンの近くに住むことは地獄だと、住民はポートランドの公聴会で話します

(The Standard | April 1, 2015 )
http://www.standard.net.au/story/2983411/turbine-neighbours-tell-of-their-hell/




By スティーブ・ロバートソン




ほとんど10年間、
風力発電所に対して戦ってきた
南西の資産のオーナー委員会によると、
タービンの近くの生活は、地獄です。






何人かの風力発電所の反対派は、
再生可能エネルギー源を調べるために
6ヶ月前、無所属の上院議員によって
扇動されたタービンの特別委員会に
エネルギー会社への
彼らの苦悶と不満を表明しました。






委員会は今週ポートランドで
初の公聴会を開催し、
上院議員は、
風力タービンの近くに住む
健康への影響を懸念する農家や
他の不動産所有者と会いました。







グレンタームソンの住民、
ビルとサンディ・ロジャーソンは、
彼らの個人の健康と
その家畜の福利に関する懸念について
委員会で演説しました。






「すべての風力タービンは、
オーストラリア全体で
夜間にシャットダウンする必要性があります。」と、
ロジャーソン氏は、上院の委員会で語りました。

「我々の農場の近くで動いている
風力タービンから
数ヶ月のうちに、
我々二人は健康問題を経験しました。」






「奇形の子羊の数は、
我々の所有地の近くで
風力発電所が動いている期間の間増加しました。

私たちの飼っているメリノ羊の分娩率は、
風力発電所が設立される前の85パーセントから
37パーセントに減少しました。」






マッカーサーのアーティスト、
ジャン・ヘザーリントンは、
近くの風力発電所が原因で
さまざまな病気に罹ったことや
収入の喪失についてパネルに語りました。






「ビクトリア州の企画部や
ビクトリア州の保健局は、私たちを見捨てた。」と、
彼女は言いました。





「(タービンの影響に)関する
適切な研究が必要です、
そして、この研究は、
メルボルンのダウンタウンの
いくつかの机の後ろではなく、
フィールドで行われる必要があります。」






デリノーラムの農民
ハーミッシュ・カミングは、
自国の鳥類への風力タービンの衝撃に関する、
彼の研究について
上院の委員会で演説しました。






彼は、風力発電所に対する地域社会の幻滅のレベルが
過小に言われると述べました。






「数ヶ月前に、
北部ビクトリア州の新聞と、
もう一つ、ニューサウスウェールズ州の新聞で
同時に調査がありました、
そして、それら両方は
応えた人々のおよそ80パーセントが
彼らの地域の風力発電所に反対であることが
わかりました。」と、カミングさんは言いました。







「風力発電会社は、このメッセージを出します、
そのすべてが、サウスウエストでバラ色です
農家の大半は風力発電所を支持します、
彼らは、そんなことはないと、わかっているときに。」






退職した駅長のジョンポラード、
妻ロビン、
マッカーサーの農家アニーガードナー、
南グランピアンズの景観保護会長
キーススタッフも特別委員会に現れました。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







=====================
 参照してください
=====================



音響の専門家スティーブン·クーパーによる詳細な調査結果 


スティーブン・クーパー氏による調査
▼パシフィック・ハイドロ社から委託された
ケープブリッジウォーターに関するクーパー報告は
パシフィック・ハイドロ社介してアクセスすることができます

■website: http://www.pacifichydro.com.au/english/our-communities/
communities/cape-bridgewater-acoustic-study-report/?language=en


-------------------



パシフィック・ハイドロ社の
スティーブン·クーパー氏による研究のレビュー


■Review of the Cape Bridgewater acoustic testing program and where it is leading
ケープブリッジウォーター音響テストプログラムおよびそれが導いている所のレビュー

https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-the-cape-bridgewater-acoustic-testing-program-and-where-it-is-leading/


---------------

※ ショーマー博士のレビューに関する記事

⑩オーストラリア
◇Unseen, unheard wind farms a blow to health
見えない、聞こえない風が健康に打撃を与える

(The Australian | 14 February 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/02/14/unseen-unheard-wind-farms-a-blow-to-health/


■おとしん機械翻訳

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2900.html

----------------------



おすすめ!
※ <ブログ>   
ケープブリッジウォーターの状況に関する詳しい情報など
資料豊富です!


◇Stop these things
The truth about wind farms in Australia
これらのことを、ストップ、
オーストラリアの風力発電所についての真実

http://stopthesethings.com/

我々は、任意のグループで
政党や業界と提携していません。

私たちは、すべての外部のグループ
または個人からの資金提供を受けていない。



-----------------------------


<25-ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

■おとしん機械翻訳(上)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2937.html

■おとしん機械翻訳(中)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2939.html

■おとしん機械翻訳(下)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2940.html



=====================================
ジョン・マディガン上院議員の関連記事
=====================================




オーストラリア
◇Senator: Wind firm sent GPs ‘propaganda’
上院議員:風力会社はGPに「プロパガンダ」を送りました

(The Standard | March 20, 2014)
http://www.standard.net.au/story/2161584/senator-wind-firm-sent-gps-propaganda/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html



By SEAN McCOMISH



ビクトリア州の上院議員ジョン・マディガンは、
堕落したマッカーサー風力発電所の事業者を非難して、
風力エネルギーをタバコ産業と比較しました。




しかし、国の主要な医学グループ、
オーストラリアの医学会(AMA)は、
タービンが健康に影響を及ぼすという
上院議員の主張に証拠がないと言います。




風力発電所の事業者AGLは、
政府および国際的な研究の埋蔵物を指して、
上院議員のクレームを否定しました。



今週、上院の演説で、率直なバララットに拠点を置く
民主労働党の上院議員は、
マッカーサー風力発電所が稼働を始めるまでの間、
AGLオーストラリアは、
風力タービン症候群のすべての請求を無視するように、
南西部の医師に圧力をかけていたと、話しました。




※ 今週、上院の演説
https://www.wind-watch.org/documents/wind-farms-health-effects/


「2012年11月に、AGL社は、マッカーサー風力発電所の
その発電施設の1つについて、
西ヴィクトリア中の12の診療所の医者に手紙を書きました。」と、
マディガン上院議員は言いました。




「これらの医療の範囲は、南のポートランドとナンブール
北はハミルトンから数百キロメートルの区域にまたがります。」



※ 2012年11月に、AGL社が書いた
http://docs.wind-watch.org/Macarthur-Community-Health-AGL-Nov-2012.pdf


「この手紙の目的は、
マッカーサー風力発電所の近くで暮らすことにより出された
健康障害のクレームを持って医者を訪ねる
どのような患者の信用を傷つけて支持しないことでした。」




「それは企業プロパガンダが著しく正義に反する先制の例で、
田舎の地方医師の診察室に直接に向けられました。」




『スタンダード紙』へAGL社により提供される手紙の謄本は、
「17の独立した国際研究も」が健康影響を拒絶したことを医者に示します。



それは、「それが有益だろうとあなたが思えば」、
GPがAGL社に患者を向けるかもしれないことを示唆します。



「AGL社は規定する騒音監視必要条件をはるかに越えて行きます。
AGLスポークスウーマンは、
「我々は40,000時間を超える時間のデータを集めており、
我々は対応のまま確実にするために、
私達の監視プログラムを継続している。」と、
昨日、スタンダード紙に伝えました。



マディガン上院議員は、さらに、
風力発電所から8キロメートル以内に暮らしている60人が、
そのタービンからの「有害な影響」を経験していると分かったと、
昨年の、地域で行なわれた「匿名の」健康調査を引用しました。

しかし、スタンダード紙は、調査が、
反風力グループ(オーストラリアのIndustrial Wind Turbine Awareness Network)
によって依頼されて、彼女自身の家の近くの
もう一つの風力発電所に反対の人によって行われたと、9月に報告しました。



AMAによって公開される声明には、以下のようにありました:
「可聴値以下の超低周波音が健康影響を引き起こす可能性があると
認められた生理的メカニズムは、ありません。」



「『風力発電の開発に関しての健康の恐怖』と誤報の報告は、
厳格過ぎる州政府によるこれらの開発の規制と、
高まる不安と地域社会の分裂に寄与する可能性があります。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




==================================

NEW!→

≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3330.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。





 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。




 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。





 代理人の井坂和広弁護士は
「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は
日本各地に散在する問題。
単なる個人の問題では終わらせないよう、
問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。



 エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす
家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。

省エネ効果が高く、
累計出荷台数は昨年400万台に達した。
電気料金の安い夜間に稼働するため、
健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。

2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、
各地で同様の訴訟が行われている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




============================

1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht


































2015-09-25 : *ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR