騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

≪⑤マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫⑤オンタリオ州:「我々はまだ終わっていない」と、風力タービンの反対派は言います /  |関連記事:①~④マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟 // New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました / NEW⇒ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 | 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 






≪⑤マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫



⑤オンタリオ州
◇‘We’re not done yet’ say wind turbine opponents
「我々はまだ終わっていない」と、風力タービンの反対派は言います

(Niagara this week | May 29, 2015)
http://www.niagarathisweek.com/news-story/
5651444--we-re-not-done-yet-say-wind-turbine-opponents/




By Amanda Moore | Grimsby Lincoln News




母親達のグループは、
環境レビュー裁判所による
彼らに対する判決にもかかわらず、
彼らのコミュニティの77台の
風力タービンの猛攻撃との戦いを切らしていません。





ERT(環境レビュー裁判所)は、
5月に出された決定において、
『マザーズ・アゲンスト・タービンズInc.』によって
繰越しされた
ナイアガラリージョン風力株式会社の
プロジェクトに対する訴訟を棄却しました。





「裁判所は、REAに応じて、
そのプロジェクトに係わることが
人間の健康に
重大な害をもたらすだろうということを
控訴人は立証していないことが、
わかりました。」と、
ERTの副議長ダーク・バンダーベントは
彼の判決に書いています。

裁判所はさらに、
控訴人は、REAに応じて、
プロジェクトに係わることは
植物の生命、動物の生活や自然環境に
深刻かつ不可逆的な危害の原因となることが
立証していないこともわかりました。




「裁判所は、
EPAの(環境保護法) s. 142.1 が、
憲章の7の下で
身体の安全に対する権利を侵害していることを
控訴人は、立証していないことがわかりました。




判決は、ウェランドポートとウェーンフリートで
今年初めに開催された一連の審理の後に来ました。




「我々は、まだ終わっていません。」と、
リンダ・ロジャーズ(MAWTディレクター)は言いました。





「それは、これからの大事なな要点です。

我々は慎重に他のオプションを見ています。」






ロジャーズは、判決が期待外れであるが、
予想外でないと言いました。


MAWT(『マザーズ・アゲンスト・タービンズInc.』)に
類似したグループによって
提出されるいくつかの訴えにもかかわらず

- 西リンカーン・グランブルーク
風力アクショングループを含みます

— わずか1つだけ、
ERT(環境レビュー裁判所)レベルで勝利がありました。





MAWT(『マザーズ・アゲンスト・タービンズInc.』)の
主要な主張は、
提案されたプロジェクトは、
子どもの健康とならびに環境に
深刻な害を引き起こすことです。

ロジャースは、
どちらかといえば
ただ、ERTは、裁定するという理由だけで、
問題は消えるわけではありませんと言いました。






「判決によって、
問題は過ぎ去りません。」と彼女は言いました。

ERT(環境レビュー裁判所)は、
不十分な証拠があると一貫して裁定しました。
それは、証拠がないことを意味しません。」





MAWT(『マザーズ・アゲンスト・タービンズInc.』)は、
オンタリオ控訴裁判所による
最近の決定が
彼らのケースを助けることを期待しています。





先月、控訴裁判所は、
プリンスエドワード郡の
9タービンプロジェクトは、
絶滅危惧種のブランディングガメを
より一層危険にさらしていると、判決を下しました

注:1





笑顔のような表情の中型の亀は
NRWCプロジェクトのフットプリントで
見つけることができます。

1月の審理で証言した
MAWTメンバーのロレッタ・シールズによると、
77台のタービンのうちの20台は、
名の知られたブランディングの生息地に
据え付けられます。

控訴裁判所は、
プロジェクトを構築し、
サービスを提供するために必要な
道路網が亀を危険に曝すと判決を下しました。

MAWT(『マザーズ・アゲンスト・タービンズInc.』)は
同じことが、NRWCプロジェクトに関しても
当てはまると主張しましたが、
ERT(環境レビュー裁判所)は、
問題が訴えの範囲外であると判決しました。





「風力開発者に対する規則は、ありません」と、
ロジャーズは言いました。

「あなたがガレージを建築したい場合は、
あなたはそれを行うことはできません。

あなたが開業したい場合は、
それを行うことはできません。

しかし、あなたが風力プロジェクトを
構築したいならば、
爆破して穴を作って、道路を破壊して
試合開始です。」




ロジャースは、
彼女のグループは、あきらめていません、
しかし、再編成し、
次のステップを決定するために
一休みしていると、言いました。

ERT(環境レビュー裁判所)の判決を
上訴することは、
MAWT(『マザーズ・アゲンスト・タービンズInc.』)が
考慮している1つのオプションです。




「我々は、子供たちの母親です」と、
ロジャーズは言いました。

「我々のゴールは、
常に、我々の子供を保護して、
我々のコミュニティを保護して、
我々の環境を保護することでした。」




NRWC(ナイアガラリージョン風力株式会社)に
連絡する試みは成功しませんでした。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


==================


先月、控訴裁判所は、
プリンスエドワード郡の
9タービンプロジェクトは、
絶滅危惧種のブランディングガメを
より一層危険にさらしていると、判決を下しました

注:1


  ↓↓↓


オンタリオ州
◇Ontario wind farm halted by endangered turtles crossing the road
オンタリオの風力発電所は、道を渡っている危険にさらされたカメによって停止します

(The Globe and Mail | Apr. 20 2015)
http://www.theglobeandmail.com/news/national/
ontario-wind-farm-halted-by-endangered-turtles
-crossing-the-road/article24040374/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3098.html


SEAN FINE and IVAN SEMENIUK



道路を横断することを主張する亀は、
東部オンタリオ州の
大規模な風力エネルギー開発にストップを入れています。




控訴オンタリオ州裁判所は、
プリンスエドワードカウンティの
南海岸のために提案された324ヘクタール、
9タービン風力発電所は、
その地域の湿地の
ブランディングのカメの生体数が
絶滅の危険にさらされたとみなすと
月曜日に判決を下しました。


そのリスクは、風力発電所そのものではなく、
サイトから5.4キロの道路に提起されています。

専門家は、彼らの自然のライフサイクルの
一部として広く範囲が変動するカメは、
車、捕食者や人間の密猟者にさらされながら、
必然的に、これらの道路を横断しようとすると
言いました。




判決は、風力発電所が
人間の健康に深刻な危険をもたらしていないけれど、
ブランディングのカメに
「深刻かつ不可逆的な」危害を引き起こすという
環境裁判所の2013年の決定を復元します。


裁判所が、どれくらいのカメが
州の重要な湿地に住んでいるかについて
わからなかったので、
その判決は部分的にオンタリオ部門裁判所によって
拒否されていました。




しかし、控訴オンタリオ州裁判所は、
危険性のあるカメの数は問題ではないと述べました。


司法省ラッセルJurianszによって
法廷のために書かれる
3-0の判決において述べています、
「脅され、絶滅危惧とみなされ、
その数がたとえ何であろうとも、
ブランディングのカメの数は基準を満たします。」



・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------




オンタリオ州
◇Field Naturalists win at Ontario Court of Appeal
フィールド自然主義者は、オンタリオ控訴裁判所で勝ちます

(The Intelligencer|April 20, 2015)
http://www.intelligencer.ca/2015/04/20/
field-naturalists-win-at-ontario-court-of-appeal



By Bruce Bell



南部のプリンスエドワードカウンティの
産業用風力タービンプロジェクトは
ブランディング・タートルに対する
そのレースを失っています。




月曜日の正午に発表の決定で、
オンタリオ州控訴裁判所は
9タービン・オストランダーポイント
産業用風力プロジェクトの
リニューアルエネルギー承認(REA)に関する
下級裁判所の判決を覆しました。




プリンスエドワード・カウンティの
フィールド自然主義者は、
2008年から開発と戦ってきましたが
月曜日の決定は、
プロジェクトを停止するための
裁判所の3度目の戦いの終わりを示します。



・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------
   関連記事
------------------

④オンタリオ州/画像
◇Mothers Against Wind Turbines appeal dismissed
『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズ』の訴え却下

(Erie Media | May 21, 2015)
http://eriemedia.ca/mothers-against-wind-turbines-inc-appeal-dismissed/



by: Dave Johnson


画像:

Dave Johnson File Photo –

環境レビュー裁判所は、
ナイアガラとホールディマンドで
風車プロジェクトに対する控訴を棄却しました。



====================

西ナイアガラで
風力タービンプロジェクトに反対する
『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』による
控訴は環境レビュー裁判所によって却下されました。



裁判所の決定は、今年1月に、
WellandportとWainfleetで行われた
審理の後、
水曜日にリリースされました。


『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
ナイアガラの西リンカーンとWainfleeと
ホールディマンド郡ダンビルに設置される
230メガワットの容量で、
77台の風力タービンを見るであろう
『 ナイアガラ・リージョン・ウインド社』の
プロジェクトに対し、昨年控訴しました。



環境レビュー裁判所の副議長ダーク・バンダーベントは
彼の決定において、
「裁判所は、控訴人が、
REAに従ってプロジェクトに従事することが
人間の健康に重大な害を引き起こすと
証明しなかったことがわかりました。」と、
書きました。





裁判所はさらに、控訴人は、
REAに応じてプロジェクトに従事することが、
植物の生命、動物の生活や自然環境に
深刻かつ不可逆的な危害の原因となることを
立証しなかったことがわかりました。





裁判所は、控訴人は
EPAの s. 142.1が、
憲章の s. 7、
人の安全に対する権利を侵害することを
立証しなかったことがわかりました。





『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』の
ディレクターのリンダ·ロジャースとの
電子メールインタビューで、
彼女はグループが様々なオプションを議論していて、
コミュニティ内のメンバーや関係者と
協議を続けていくと述べました。





決定の訴えは、それを追求することができる
唯一のアクションではありませんと、彼女は言いました。





人の健康について対処していない
法的テストについての裁判所の決定は、
影響がないということを意味していませんと、
ロジャーズは言いました。





隣接した居住者に
悪影響を与えるという報告を生み出していることが
すでに知られているプロジェクトの活動を止めるために
更なる風プロジェクトの開発を止めて
予防措置を喚起する十分な証拠が、あります」と、
彼女は言いました。


そして、健康テストは、
対処するのが不可能なテストであることを
過去の裁判所の判決の見直しが証明すると
付け加えました。





「それが、現在の法廷の前の
憲章への挑戦のたった一つの理由です。」と、
彼女は言いました。


「ピア·レビュー·プロセスの一部として
資格のある専門家の意見を与えることができる
そのデータへのタイムリーなアクセスを
カナダ保健省は、
学者や研究者に許可しないことが
報告されていること、これは重大な懸念です。」





『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
プロジェクトエリアにおける
すべての種へのリスクの問題で、
注意を喚起していきますと、ロジャースは言いました。





グループは、
リスクのあるこれらの種の一つは、
ブランディングガメであると述べました。

裁判所は、
『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』の
証人文の一部ではなかったことを示し、
亀についての証拠を却下しました。




「環境レビュー裁判所が、
ブランディングガメを
保護種と認めないことは、悲しいです。


このように、
『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
この世界的に保護された種について
個別審査を行うために
カナダ環境省への請願を検討します。

前回の法廷手続きを目にすると、
オンタリオ州の風力発電プロジェクトの建設中に
省職員による見落としがあったことは明らかです。」





『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
いくつかのタービンの場所が
それらを、田舎風に重要な湿地に
非常に近いままにすると言いました。




ロジャーズは、
『 ナイアガラ・リージョン・ウインド社』が
環境影響調査に示すことができた最高の保証が
プロジェクトの場所の
28の異なる田舎風に重要な湿地から
0.1メートル(4インチ)の
セットバックであると言いました、
そして、77台のタービンのうちの
62台(80%)は
ナイアガラ半島の保護局から許可証を必要とします。




『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』の
環境証人文の一部は、
このプロジェクトの建設を進めるには、
「湿地と高地生息地間の描写が
0.1メートルまで明確ではないとして、
これらの認識された環境保護地域内の保護種への
回復不能な損害がないことを確認するために
細心の注意が必要になります。」と、
述べていると、彼女は言いました。




『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
風力エネルギー会社のための一つと、
一般の人々のための1つ、
2つの規制環境基準があるように見えますと、
言いました。





「今回の承認は、
危険な負の先例を作り、
地域の環境規制への
パブリックコンプライアンスを侵食します。」





裁判所のプロセスは、
控訴人は、深刻かつ不可逆的な危害と
日付を証明することを要求しますが、
誰もまだそれを行うことに成功していないと、
ロジャースは言いました。





「それは、 他の経験が無視されているか、
さらに悪い 、簡単にかたずけて、疑っている、
そうしたことで、それは欠陥があります。」





多くの人々は、タービン後の環境の
自分の健康問題について、
前の裁判所の審議で証拠を与えています、
しかし、環境省と気候変動と風力産業は、
彼らは信用できないという見解をとり続けます。」




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


======================


≪①マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫

①オンタリオ州/画像
◇Wind turbine fears discussed at preliminary hearing
風力タービンへの懸念は、予審で議論されます

(wellandtribune.ca | December 19, 2014 )
http://www.wellandtribune.ca/2014/12/19/wind-turbine-fears-discussed-at-preliminary-hearing

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2843.html


画像:

『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』の
メンバー、
左から、キャサリン·ミッチェルさん、
マリアンヌキッドさん、
そしてリンダ·ロジャースさんは、
西ナイアガラで計画された風力タービンプロジェクトの
彼らの訴えを議論する。

(ALLAN BENNER Tribune Staff)




内耳から続く主要神経に出来る良性の脳腫瘍 -
スー·アトキンズさんは、聴神経腫を持っていると言います。



それは、非癌性だが、成長を続けていて
結果として聴力損失をもたらし
そして、手術の可能性があると彼女は言います。

彼女もまた、
産業用風力タービンの巨大な回転ブレードによって
作成された音のような超低周波音に
特に敏感にされました。




もし、ナイアガラ・リージョン・ウインド社による
州に承認されたグリーンエネルギー法の下の開発が、
取りかかることを許されるならば、
彼女は夫レオンと
29頭のポニーと馬を共有する
農村部の『セントアンズ・ファーム』は
24台の巨大な産業用風力タービンの
5キロ以内となります。




「私たちは本当に資産の小さな一群が
風力タービンに囲まれようとしているという事実を
懸念している。」と彼女は言う。




アトキンスさんは、彼女の病状のため、
彼女の医者が
「ストレス、風と騒音」から離れているように
勧めたと言います。




「私は、24台の高さ600フィート
産業風力タービンで囲まれたくない
正当な理由があると思っています。」

※ 600フィート = 182.88 メートル

・・・・・・・・

--------------------

≪②マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫

②オンタリオ州
◇Wind turbine preliminary hearing underway; Mothers Against Wind Turbines begin appeal
風力タービン予審が進行中; 『マザーズ・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』は、訴えを開始します

(niagarathisweek.com | 19 December 2014)
http://www.niagarathisweek.com/news-story/5215350-wind-turbine-preliminary-hearing-underway/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2844.html

グループは州内の他の控訴人が提起した問題で
その訴えを開始したが、
その訴えに最も重要で最も脆弱な市民を保護している
- 子供たちを。


-----------------------

≪③マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫

③オンタリオ州
◇Wind groups seek township’s support
ウィンド・グループは、郡区の支持を求めます
(niagarathisweek.com | April 09, 2015)
http://www.niagarathisweek.com/news-story/5549167-wind-groups-seek-township-s-support/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3122.html


昨年末に法人になったWLGWAGの代表のJankowskiは、
自分の家族の誰もが
耳鳴り、回転性めまい、
めまい、集中力の低下で苦しんでいたと言いました。

彼の10歳の娘は、脳卒中様症状を持つ
2つの片頭痛に苦しんでいます。

MRIは、片頭痛の理由を
診断することができませんでした。


医師は、ジャンコフスキー一家が
経験している症状についての答えを持っていません。



「タービンが立ち上がった後に
我々はこれらの症状を経験しました」と、
この6月に稼動に入った
HAF風力エネルギー・プロジェクトの
最も近いタービンから
4.7キロメートルで暮らす
ジャンコフスキーは言いました。





ジャンコフスキー一家の生活を
それほど耐えられなくさせているのは
タービンからの騒音ではありません、
それは彼らが聞くことができないものです。





インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
低ピッチノイズで、
それは、人間の聴力の聴覚限界以下です。

環境省の規制は、
この種の音と
タービンの近くで生きている人々に対する
その影響を考慮しないと、
ジャンコフスキーは言いました。

彼は、オンタリオの1人の音響技師が
音源から126キロメートルで
風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を
測ることができると言いました。

別の音の専門家は、
彼によると、
これらのサウンドレベルが
外よりも家の中が高いことを証明したと
言いました。




ジャンコフスキーは、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)が
彼のレーンジ・ロードの家に
存在するということを知っています。

彼は、具体的に脈動を感じることができます





振動することが
タービンのアイドリングとともに止まったとき、
関連を発見したジャンコフスキーは
「全体の質量は、騒音と振動で動き出します」と、
言いました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



==================================


※ 終了しました!

遠方よりのご参加を、ありがとうございました。

次回は、7月5日です。



おとしん 若林


--------------------------

 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



============================


ぜひ!⇒
1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht















2015-06-12 : ○『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪④マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫④オンタリオ州/画像:『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズ』の訴え却下 |関連記事:①~③マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟   // New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました / NEW⇒ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 | 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 








≪④マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫





④オンタリオ州/画像
◇Mothers Against Wind Turbines appeal dismissed
『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズ』の訴え却下

(Erie Media | May 21, 2015)
http://eriemedia.ca/mothers-against-wind-turbines-inc-appeal-dismissed/



by: Dave Johnson



画像:

Dave Johnson File Photo –

環境レビュー裁判所は、
ナイアガラとホールディマンドで
風車プロジェクトに対する控訴を棄却しました。



====================



西ナイアガラで
風力タービンプロジェクトに反対する
『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』による
控訴は環境レビュー裁判所によって却下されました。





裁判所の決定は、今年1月に、
WellandportとWainfleetで行われた
審理の後、
水曜日にリリースされました。




『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
ナイアガラの西リンカーンとWainfleeと
ホールディマンド郡ダンビルに設置される
230メガワットの容量で、
77台の風力タービンを見るであろう
『 ナイアガラ・リージョン・ウインド社』の
プロジェクトに対し、昨年控訴しました。





環境レビュー裁判所の副議長ダーク・バンダーベントは
彼の決定において、
「裁判所は、控訴人が、
REAに従ってプロジェクトに従事することが
人間の健康に重大な害を引き起こすと
証明しなかったことがわかりました。」と、
書きました。





裁判所はさらに、控訴人は、
REAに応じてプロジェクトに従事することが、
植物の生命、動物の生活や自然環境に
深刻かつ不可逆的な危害の原因となることを
立証しなかったことがわかりました。





裁判所は、控訴人は
EPAの s. 142.1が、
憲章の s. 7、
人の安全に対する権利を侵害することを
立証しなかったことがわかりました。





『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』の
ディレクターのリンダ·ロジャースとの
電子メールインタビューで、
彼女はグループが様々なオプションを議論していて、
コミュニティ内のメンバーや関係者と
協議を続けていくと述べました。





決定の訴えは、それを追求することができる
唯一のアクションではありませんと、彼女は言いました。





人の健康について対処していない
法的テストについての裁判所の決定は、
影響がないということを意味していませんと、
ロジャーズは言いました。





隣接した居住者に
悪影響を与えるという報告を生み出していることが
すでに知られているプロジェクトの活動を止めるために
更なる風プロジェクトの開発を止めて
予防措置を喚起する十分な証拠が、あります」と、
彼女は言いました。


そして、健康テストは、
対処するのが不可能なテストであることを
過去の裁判所の判決の見直しが証明すると
付け加えました。





「それが、現在の法廷の前の
憲章への挑戦のたった一つの理由です。」と、
彼女は言いました。


「ピア·レビュー·プロセスの一部として
資格のある専門家の意見を与えることができる
そのデータへのタイムリーなアクセスを
カナダ保健省は、
学者や研究者に許可しないことが
報告されていること、これは重大な懸念です。」





『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
プロジェクトエリアにおける
すべての種へのリスクの問題で、
注意を喚起していきますと、ロジャースは言いました。





グループは、
リスクのあるこれらの種の一つは、
ブランディングガメであると述べました。

裁判所は、
『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』の
証人文の一部ではなかったことを示し、
亀についての証拠を却下しました。




「環境レビュー裁判所が、
ブランディングガメを
保護種と認めないことは、悲しいです。


このように、
『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
この世界的に保護された種について
個別審査を行うために
カナダ環境省への請願を検討します。

前回の法廷手続きを目にすると、
オンタリオ州の風力発電プロジェクトの建設中に
省職員による見落としがあったことは明らかです。」





『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
いくつかのタービンの場所が
それらを、田舎風に重要な湿地に
非常に近いままにすると言いました。




ロジャーズは、
『 ナイアガラ・リージョン・ウインド社』が
環境影響調査に示すことができた最高の保証が
プロジェクトの場所の
28の異なる田舎風に重要な湿地から
0.1メートル(4インチ)の
セットバックであると言いました、
そして、77台のタービンのうちの
62台(80%)は
ナイアガラ半島の保護局から許可証を必要とします。




『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』の
環境証人文の一部は、
このプロジェクトの建設を進めるには、
「湿地と高地生息地間の描写が
0.1メートルまで明確ではないとして、
これらの認識された環境保護地域内の保護種への
回復不能な損害がないことを確認するために
細心の注意が必要になります。」と、
述べていると、彼女は言いました。




『マザー・アゲンスト・ウィンドタービンズInc.』は、
風力エネルギー会社のための一つと、
一般の人々のための1つ、
2つの規制環境基準があるように見えますと、
言いました。





「今回の承認は、
危険な負の先例を作り、
地域の環境規制への
パブリックコンプライアンスを侵食します。」





裁判所のプロセスは、
控訴人は、深刻かつ不可逆的な危害と
日付を証明することを要求しますが、
誰もまだそれを行うことに成功していないと、
ロジャースは言いました。





「それは、 他の経験が無視されているか、
さらに悪い 、簡単にかたずけて、疑っている、
そうしたことで、それは欠陥があります。」





多くの人々は、タービン後の環境の
自分の健康問題について、
前の裁判所の審議で証拠を与えています、
しかし、環境省と気候変動と風力産業は、
彼らは信用できないという見解をとり続けます。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






------------------
   関連記事
------------------



≪①マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫

①オンタリオ州/画像
◇Wind turbine fears discussed at preliminary hearing
風力タービンへの懸念は、予審で議論されます

(wellandtribune.ca | December 19, 2014 )
http://www.wellandtribune.ca/2014/12/19/wind-turbine-fears-discussed-at-preliminary-hearing

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2843.html


画像:

『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』の
メンバー、
左から、キャサリン·ミッチェルさん、
マリアンヌキッドさん、
そしてリンダ·ロジャースさんは、
西ナイアガラで計画された風力タービンプロジェクトの
彼らの訴えを議論する。

(ALLAN BENNER Tribune Staff)




内耳から続く主要神経に出来る良性の脳腫瘍 -
スー·アトキンズさんは、聴神経腫を持っていると言います。



それは、非癌性だが、成長を続けていて
結果として聴力損失をもたらし
そして、手術の可能性があると彼女は言います。

彼女もまた、
産業用風力タービンの巨大な回転ブレードによって
作成された音のような超低周波音に
特に敏感にされました。




もし、ナイアガラ・リージョン・ウインド社による
州に承認されたグリーンエネルギー法の下の開発が、
取りかかることを許されるならば、
彼女は夫レオンと
29頭のポニーと馬を共有する
農村部の『セントアンズ・ファーム』は
24台の巨大な産業用風力タービンの
5キロ以内となります。




「私たちは本当に資産の小さな一群が
風力タービンに囲まれようとしているという事実を
懸念している。」と彼女は言う。




アトキンスさんは、彼女の病状のため、
彼女の医者が
「ストレス、風と騒音」から離れているように
勧めたと言います。




「私は、24台の高さ600フィート
産業風力タービンで囲まれたくない
正当な理由があると思っています。」

※ 600フィート = 182.88 メートル

・・・・・・・・

--------------------

≪②マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫

②オンタリオ州
◇Wind turbine preliminary hearing underway; Mothers Against Wind Turbines begin appeal
風力タービン予審が進行中; 『マザーズ・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』は、訴えを開始します

(niagarathisweek.com | 19 December 2014)
http://www.niagarathisweek.com/news-story/5215350-wind-turbine-preliminary-hearing-underway/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2844.html

グループは州内の他の控訴人が提起した問題で
その訴えを開始したが、
その訴えに最も重要で最も脆弱な市民を保護している
- 子供たちを。


-----------------------

≪③マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫

③オンタリオ州
◇Wind groups seek township’s support
ウィンド・グループは、郡区の支持を求めます
(niagarathisweek.com | April 09, 2015)
http://www.niagarathisweek.com/news-story/5549167-wind-groups-seek-township-s-support/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3122.html


昨年末に法人になったWLGWAGの代表のJankowskiは、
自分の家族の誰もが
耳鳴り、回転性めまい、
めまい、集中力の低下で苦しんでいたと言いました。

彼の10歳の娘は、脳卒中様症状を持つ
2つの片頭痛に苦しんでいます。

MRIは、片頭痛の理由を
診断することができませんでした。


医師は、ジャンコフスキー一家が
経験している症状についての答えを持っていません。



「タービンが立ち上がった後に
我々はこれらの症状を経験しました」と、
この6月に稼動に入った
HAF風力エネルギー・プロジェクトの
最も近いタービンから
4.7キロメートルで暮らす
ジャンコフスキーは言いました。





ジャンコフスキー一家の生活を
それほど耐えられなくさせているのは
タービンからの騒音ではありません、
それは彼らが聞くことができないものです。





インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
低ピッチノイズで、
それは、人間の聴力の聴覚限界以下です。

環境省の規制は、
この種の音と
タービンの近くで生きている人々に対する
その影響を考慮しないと、
ジャンコフスキーは言いました。

彼は、オンタリオの1人の音響技師が
音源から126キロメートルで
風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を
測ることができると言いました。

別の音の専門家は、
彼によると、
これらのサウンドレベルが
外よりも家の中が高いことを証明したと
言いました。




ジャンコフスキーは、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)が
彼のレーンジ・ロードの家に
存在するということを知っています。

彼は、具体的に脈動を感じることができます





振動することが
タービンのアイドリングとともに止まったとき、
関連を発見したジャンコフスキーは
「全体の質量は、騒音と振動で動き出します」と、
言いました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



==================================


※ 終了しました!

遠方よりのご参加を、ありがとうございました。

次回は、7月5日です。



おとしん 若林


--------------------------

 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



============================


ぜひ!⇒
1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht
































2015-06-03 : ○『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪③マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫ぜひ⇒③オンタリオ州:ウィンド・グループは、郡区の支持を求めます…インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、彼の家に存在するということを知っています。彼は、具体的に脈動を感じることができます |関連記事:>①~②マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟  // New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました / NEW⇒ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 | 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です








≪③マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫





2015年4月9日付け記事



ぜひ!⇒
③オンタリオ州
◇Wind groups seek township’s support
ウィンド・グループは、郡区の支持を求めます

(niagarathisweek.com | April 09, 2015)
http://www.niagarathisweek.com/news-story/5549167-wind-groups-seek-township-s-support/



By Amanda Moore、Grimsby Lincoln News



======================

(一部抜粋)



昨年末に法人になったWLGWAGの代表のJankowskiは、
自分の家族の誰もが
耳鳴り、回転性めまい、
めまい、集中力の低下で苦しんでいたと言いました。

彼の10歳の娘は、脳卒中様症状を持つ
2つの片頭痛に苦しんでいます。

MRIは、片頭痛の理由を
診断することができませんでした。


医師は、ジャンコフスキー一家が
経験している症状についての答えを持っていません。



「タービンが立ち上がった後に
我々はこれらの症状を経験しました」と、
この6月に稼動に入った
HAF風力エネルギー・プロジェクトの
最も近いタービンから
4.7キロメートルで暮らす
ジャンコフスキーは言いました。





ジャンコフスキー一家の生活を
それほど耐えられなくさせているのは
タービンからの騒音ではありません、
それは彼らが聞くことができないものです。





インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
低ピッチノイズで、
それは、人間の聴力の聴覚限界以下です。

環境省の規制は、
この種の音と
タービンの近くで生きている人々に対する
その影響を考慮しないと、
ジャンコフスキーは言いました。

彼は、オンタリオの1人の音響技師が
音源から126キロメートルで
風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を
測ることができると言いました。

別の音の専門家は、
彼によると、
これらのサウンドレベルが
外よりも家の中が高いことを証明したと
言いました。




ジャンコフスキーは、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)が
彼のレーンジ・ロードの家に
存在するということを知っています。

彼は、具体的に脈動を感じることができます





振動することが
タービンのアイドリングとともに止まったとき、
関連を発見したジャンコフスキーは
「全体の質量は、騒音と振動で動き出します」と、
言いました。





======================



ケースターセンター -


コミュニティの風力タービンに
反対する住民は
議会が健康を優先するべきであると言います。





『西リンカーン・グランブルーク・
ウィンド・アクショングループ』と
『マザーズ・アゲンスト・タービインズ Inc.』の代表は、
産業風力タービンとの闘いに
議会からの支援を求め、
先週の月曜日、再び議会の前にいました。

グループは、11万ドルを求めています
- 5万ドルは、12月に
環境レビュー裁判所の公聴会の司法審査を開始する
MAWTを支援するために、
4万ドルは、『憲章への挑戦』に向けて、
両グループは、騒音条例を確立するための
ノイズを測定する機器の購入の一部として、
そして、コミュニティ援助活動のため、別の3万ドル。




「健康が、優先されるべきです」と、
ケースターセンター居住者の
エド・エンゲル(WLGWAGのメンバー)は言いました。





エンゲルは、
健康上の問題を軽減するために
資金を提供することは
郡区のための「最優先事項」でなければならないと
議会の議員に話しました。





彼は、住民はすでに
自分の健康への影響を経験しています、
ナイアガラ・リージョン・ウインド社の
プロジェクトが構築され、運用された時点で、
そのほかいろいろと運命づけられていましたと、
言いました。





「公衆衛生の保護は、
防火、安全な橋で評価すべきである。」と、
エンゲルは、先週の予算会議で議会に語りました。




マイク・ジャンコフスキー、
彼の妻と3人の娘は、
すでに風力タービンのために病気であると感じている
居住者のうちの一部です。





昨年末に法人になったWLGWAGの代表のJankowskiは、
自分の家族の誰もが
耳鳴り、回転性めまい、
めまい、集中力の低下で苦しんでいたと言いました。

彼の10歳の娘は、脳卒中様症状を持つ
2つの片頭痛に苦しんでいます。

MRIは、片頭痛の理由を
診断することができませんでした。


医師は、ジャンコフスキー一家が
経験している症状についての答えを持っていません。



「タービンが立ち上がった後に
我々はこれらの症状を経験しました」と、
この6月に稼動に入った
HAF風力エネルギー・プロジェクトの
最も近いタービンから
4.7キロメートルで暮らす
ジャンコフスキーは言いました。





ジャンコフスキー一家の生活を
それほど耐えられなくさせているのは
タービンからの騒音ではありません、
それは彼らが聞くことができないものです。





インフラサウンド(超低周波不可聴音)は、
低ピッチノイズで、
それは、人間の聴力の聴覚限界以下です。

環境省の規制は、
この種の音と
タービンの近くで生きている人々に対する
その影響を考慮しないと、
ジャンコフスキーは言いました。

彼は、オンタリオの1人の音響技師が
音源から126キロメートルで
風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を
測ることができると言いました。

別の音の専門家は、
彼によると、
これらのサウンドレベルが
外よりも家の中が高いことを証明したと
言いました。




ジャンコフスキーは、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)が
彼のレーンジ・ロードの家に
存在するということを知っています。

彼は、具体的に脈動を感じることができます





振動することが
タービンのアイドリングとともに止まったとき、
関連を発見したジャンコフスキーは
「全体の質量は、騒音と振動で動き出します」と、
言いました。





彼自身を含む彼の家族の健康が
突然、最悪の事態になった理由が
まだ彼のものをひっかいていますと、
彼は、リアクションなしで言いました。

「私は、健康問題が
何に起因したか全くわからないです。」




聞こえない騒音の存在を証明することは、
2つのゴールを達成します:


居住者の報告の信憑性を増やして、
よりよくグループと自治体が、
自然エネルギー法に、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)の
制限を含むように
当局に働きかけるのを可能にしてください。





「この装置は、
人の健康を守り、町は人々を守るだろう。」と、
建設されると、西リンカーンの
住民数千人に影響を与える
77タービンNRWCプランに注意している
アン・フェアフィールドは、言いました

「私たちは今、巨大な問題を抱えています。
何かしないならば、
我々は大惨事を経験するでしょう。」




郡区が風力事業者に罰金を課すことが
できるようになることに注目する
ジャンコフスキーが
条例や機器も、
町のための収入源とすることができますと、
言いました。




しかし、WLGWAGとMAWTに対する最終的な望みは、
より多くのタービンが
西リンカンに建設されるのを止めることです。




「彼らが動いていない、
そして、開発者が厳しい罰金を
科せられる可能性があるとき
彼らが利益がなくなるので、
それは風力プロジェクトを
ここで崩壊させることができます。」と、
ジャンコフスキーは言いました。




議会が、資金の提供を承認した場合、
それはそうする最初の議会ではないでしょう。


ラムトン郡は、憲章への挑戦にあたり 
『ミドルセックス・ラムトン・ウィンド行動委員会』を
支援するために、80,000ドルを捧げました。

ブルーウォーターの自治体もまた、
大枚4万ドルでグループを支援しました。

グレーハイランドの市町村は、
環境レビュー裁判所に向かっている
ローカル・ウィンドグループに
15000ドルを支援しました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------
   関連記事
------------------



≪①マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫

①オンタリオ州/画像
◇Wind turbine fears discussed at preliminary hearing
風力タービンへの懸念は、予審で議論されます

(wellandtribune.ca | December 19, 2014 )
http://www.wellandtribune.ca/2014/12/19/wind-turbine-fears-discussed-at-preliminary-hearing

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2843.html


画像:

『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』の
メンバー、
左から、キャサリン·ミッチェルさん、
マリアンヌキッドさん、
そしてリンダ·ロジャースさんは、
西ナイアガラで計画された風力タービンプロジェクトの
彼らの訴えを議論する。

(ALLAN BENNER Tribune Staff)




内耳から続く主要神経に出来る良性の脳腫瘍 -
スー·アトキンズさんは、聴神経腫を持っていると言います。



それは、非癌性だが、成長を続けていて
結果として聴力損失をもたらし
そして、手術の可能性があると彼女は言います。

彼女もまた、
産業用風力タービンの巨大な回転ブレードによって
作成された音のような超低周波音に
特に敏感にされました。




もし、ナイアガラ・リージョン・ウインド社による
州に承認されたグリーンエネルギー法の下の開発が、
取りかかることを許されるならば、
彼女は夫レオンと
29頭のポニーと馬を共有する
農村部の『セントアンズ・ファーム』は
24台の巨大な産業用風力タービンの
5キロ以内となります。




「私たちは本当に資産の小さな一群が
風力タービンに囲まれようとしているという事実を
懸念している。」と彼女は言う。




アトキンスさんは、彼女の病状のため、
彼女の医者が
「ストレス、風と騒音」から離れているように
勧めたと言います。




「私は、24台の高さ600フィート
産業風力タービンで囲まれたくない
正当な理由があると思っています。」

※ 600フィート = 182.88 メートル

・・・・・・・・

--------------------

≪②マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫

②オンタリオ州
◇Wind turbine preliminary hearing underway; Mothers Against Wind Turbines begin appeal
風力タービン予審が進行中; 『マザーズ・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』は、訴えを開始します

(niagarathisweek.com | 19 December 2014)
http://www.niagarathisweek.com/news-story/5215350-wind-turbine-preliminary-hearing-underway/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2844.html

グループは州内の他の控訴人が提起した問題で
その訴えを開始したが、
その訴えに最も重要で最も脆弱な市民を保護している
- 子供たちを。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



==================================


※ 終了しました!

遠方よりのご参加を、ありがとうございました。

次回は、7月5日です。



おとしん 若林


--------------------------

 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



============================


ぜひ!⇒
1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht































2015-06-03 : ○『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪②マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫②オンタリオ州:風力タービン予審が進行中; 『マザーズ・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』は、訴えを開始します…風車をホストする地主は、風力会社との契約に署名する際、州の550メートル後退標準によって保護される権利を放棄することに注目する…MAWT代表マリアンヌ・キッド | ③オンタリオ州:風力タービンの公聴会は、金曜日に始まります |関連記事|①マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟 | 風車と健康 研究論文リスト   




※ オンタリオ州の母親達による注目の裁判の予備審問が始まりました



≪②マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫



②オンタリオ州
◇Wind turbine preliminary hearing underway; Mothers Against Wind Turbines begin appeal
風力タービン予審が進行中; 『マザーズ・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』は、訴えを開始します

(niagarathisweek.com | 19 December 2014)
http://www.niagarathisweek.com/news-story/5215350-wind-turbine-preliminary-hearing-underway/




By Amanda Moore | Grimsby Lincoln News



ウェランドポート -

母親のグループは、
地域で最も高い風力発電所に挑戦する
記念碑的な仕事を開始しました。





マザーズ・アゲンスト・タービン社が提出した訴えを
決定するであろう環境法廷のための予備審問は、
ウェランドポート・コミュニティセンターで進行中である。

グループは、それらが構築されれば、
北米で最も高いであろう77の風力タービンを<建てるための
ナイアガラ地域ウインド社の計画に反対している。


政府は、先月、135メートルの風車が
西リンカーン、ウェインフリートと
ハルディマンドに建つのを見るプロジェクトに承認を与えた。

グループは州内の他の控訴人が提起した問題で
その訴えを開始したが、
その訴えに最も重要で最も脆弱な市民を保護している
- 子供たちを。



「オンタリオ州全体でホスト農家は、
タービンを彼らの家により近い
550メートルの安全なセットバックより
少なくすることができます」


ホストプロパティの所有者は、
風力会社との契約に署名する際
州の550メートル後退標準によって保護される権利を
放棄することに注目すると

3児の母のMAWT代表マリアンヌ・キッドさんは言いました。


それは、我々の大きい懸念の1つです。

それは子供たちの世話において
子供達に影響をもたらすかもしれない。
従って、私達は子供のために訴えています。」





MAWTは、提案されたプロジェクトは
裁判所が決定することができる
「植物、動物と自然環境に対する重大で元に戻らない害」を
引き起こすということを証明する
いくつかの根拠があると主張します。



グループはまた、そのプロジェクトは
プロジェクトエリアの蝶や絶滅危惧植物種に
害を与えると主張している。



NRWCによる研究は不完全であり、
そのいくつかの必要なサイトの調査が実施されなかったと
彼らは、述べます。




「NRWCプロジェクトを囲んでいるプログラムは多いです、
しかし、簡単に言えば、
それはタービンが
地方の人々の仕事と遊びと住んでいる場所に
近すぎるということです。


保護を必要としている我々のコミュニティで
最も弱いメンバーは、子供たちです」と、
キッドさんは言いました。




自由党のグリーンエネルギー法の通過以来、
オンタリオ州で風力発電プロジェクトに対して提出された
いくつかの訴えにもかかわらず、
どのグループも、環境レビュー裁判所を勝ち取らなかった。





部門裁判所にそれを作る最初のケースは、先月、
MAWTを含むグループと
西リンカーン・グランブルーク・ウィンド・アクション・グループは、
ケースに関して参加人の地位を尋ねて、
心配して結果を待っています。




MAWTのための実際の公聴会は、
場所はウェインフリート・コミュニティセンターで
1月19日(月曜日)午前10時に行われます。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------------



≪③マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫



③オンタリオ州
◇Wind turbine hearing begins Friday
風力タービンの公聴会は、金曜日に始まります

(Welland Tribune |  December 18, 2014 )
http://www.wellandtribune.ca/2014/12/18/wind-turbine-hearing-begins-friday



By Allan Benner, The Tribune



大規模な産業の風力タービンが
子供に与える可能性のある
潜在的な影響を心配する両親や祖父母は、
金曜日から始まる環境レビュー裁判所の間、
これらの懸念を議論する機会があります。




西のナイアガラ・コミュニティで
風力タービンを造るナイアガラ地方ウィンド社の
計画を調べている予審は、
ウェインフリート・コミュニティセンターで
午前10時に始まります。



環境省が、プロジェクトに
再生可能エネルギーの承認を与えた2週間後の
11月26日に
マザーズ・アゲンスト・タービン社の
訴えに応じて
オンタリオ州の環境委員は法廷を開始しました。



公聴会は、西リンカーン、リンカーン、
ウェインフリート、ハルディマンドのコミュニティ
およびナイアガラプロパティの地域に
総容量で電気の230メガワットを生成する
77台の風力タービンを建設するプロジェクトについての
コミュニティの懸念に焦点を当てます。




ウェインフリート市長のエイプリル・ジェフスさんは
提案された6台の風力タービンが
彼女のコミュニティのために計画されているので
予定に従い審理の間に立ち寄るかもしれないと言いました。





「3台の(タービン)は
北西のウェランドポート領域に行こうとしている。
別の2または3台が
ハルディマンドの国境に湖に沿ってこちらに来るでしょう。」



「私は、ウェインフリートから
出席する居住者がいると確信している」と、
ジェフスさんは言いました。
『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』の
何人かのメンバーがウェインフリートに住んでいると
付け加えました。



この組織は、タービンが高さ最高135メートルで
直径101メートルのブレードを持つと言います




「これらは、北アメリカで
人々や彼らの住宅に非常に密接に導入される
最も大きいタービンのうちのいくつかである」と、
組織はメディアリリースにおいて述べました。



完全な審理は1月19日開始される予定です。



木曜日に、 公聴会を議論する
『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』社
ならびにナイアガラ・リージョン・ウィンド社への
電話と電子メールは、返送されませんでした。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------
関連記事
-------------------



≪①マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫


※ 下記サイトの最後に世論投票があります。

  『あなたは、風車プロジェクトの開発をサポートしていますか?』
  
  4択です。

  コメントもかなり入っています。





①オンタリオ州/画像
◇Wind turbine fears discussed at preliminary hearing
風力タービンへの懸念は、予審で議論されます

(wellandtribune.ca | December 19, 2014 )
http://www.wellandtribune.ca/2014/12/19/wind-turbine-fears-discussed-at-preliminary-hearing


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2843.html



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




振動音響病(VAD)は
最初、ポルトガルの研究者のグループによって同定され
その研究の総合的なレコードがジャーナルに記載されています

Progress in Biophysics and Molecular Biology of January 2007, p. 256-279, issue 93 (1)
titled “Biological effects of infrasound and low-frequency noise
explained by mechanotransduction”,
authored by M. Alves-Pereira, and N.A.A. Castelo Branco,


VADは、大振幅、低周波音への長期暴露の
最終結果であることが理解されているが、
症状は、風力タービンシンドロームとして
知られるようになったものに顕著な類似性を有する。




• 騒音や音が違ったさまざまな人々に影響を与える
 そして同じ人々‥‥異なる時代で違った風に;

• 騒音/音は、ソースからの距離によって減少します;

• 大気の状態は
 音/騒音がどのくらいの距離を伝わるかについて影響を与えます;

• グランドカバーと地形も
 音/騒音がどのくらいの距離を伝わるかについて影響を与えます;

• 音/騒音が構築された構造物に影響を与えるとき
 いくつかの内部空間内での共鳴の効果が
 衝撃圧力波の影響を拡大することができます。

• ますます、証拠は、ほとんどの人によって
 (聴覚で知覚された)聞こえない低周波音は
 個人の健康に影響を与える可能性があることを示唆しています。

• 異なる動物は、人間の聴覚の範囲を超えて
 騒音/音を認識し応答することができます。




-  元ニュージーランド山岳安全評議会議長  ニック・ジェニングズ -





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆





30(上)(中)(下) ニュージーランド、オーストラリア、レター 
◇AMA ignored science of wind turbine noise
AMAは、風力タービン騒音の科学を無視しました

(April 6, 2014 | ニック・ジェニングズ)
https://www.wind-watch.org/news/2014/04/06/ama-ignored-science-of-wind-turbine-noise/


■おとしん機械翻訳

30(上) http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2579.html
30(中) http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2580.html
30(下) http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2581.html




私は数年前からニュージーランド山岳安全評議会(株)の
議長としての特権を持っていたとき
数年間の前に、私は正式に発表を行った
地元の山、レクリエーション
人々の小さなチームのリーダーだった幅広い傘下の
コミュニティ応急処置の外科医のセミナーの
ロイヤル·オーストラレーシア·カレッジで
我々は説明し、コミュニティファーストエイド他の
様々な側面について
オーストラリアの米国からのプレゼンテーションの中で
この国の貢献として
山の安全性に関するニュージーランドのアプローチについて議論しました。



そのセミナーで私たちの時間の間
私は外科の専門職と一般集団の両方から
様々な個人と出会いかれらのすべてを
非常に高く評価してニュージーランドに戻りました。



遺憾ながら、私は、産業用風力タービンに関する
あなたの最近のステートメントが
医業のメンバーに対するそれ以前のの尊敬を
深刻に損なったことを現在あなたに知らせなければなりません。




まず第一に、私は4つの一般的なコメントをします:



1番目は、私が風力タービン産業が
あるとしても、どんな評判の良い研究の不足にもかかわらず
彼らの製品の問題にされないさらに商業開発を主唱する
彼らの転向を迫っている宣伝について
あなたの見た目の疑わない承認に関して
あなたの考えにどんな印象と修正を作ることができたか
全くわからないということです。

それについて、私には知識があります。
そして、それは彼らの製品が
隣接した人口に影響を及ぼさないことを示します。

それを認識できるように
あなたは、このような研究にアクセスする必要があります。



第二に、私は、ウィキペディアと題して
インターネット上で見られる 無料の百科事典に
あなたの注意をAMAエントリに描く価値があると思います 。

そのエントリでは、私は患者への
そして患者保護に潜在的な害を避けることの権利
およびこれらの患者の完全性と独立性(促進)
「医師との関係への参照は、徹底的に立派だと思います。」:

– 事実は別として、あなたの協会の側で、
風力発電所の近くで生きるそれらの患者の多くが
それらの大きな塔の存在に順応することが
ある種の精神的であるか感情的な困難である、
そして、彼らの先生が受け入れ困難で
彼らと共謀していると思っている態度であることを
産業用風力タービンに関する
あなたのステートメントの多くは反映します。
患者でも、また、彼らの先生でも
これらのどちらも、支えとなるようではありません。



特に、英語が所有する適用性の驚異的な種類に
丁寧にへつらうことで、私はあなたの注意に
前記のウェブサイトのエントリについてのコメントを引き付けます:

- 「健康問題に共鳴し、権威ある専門家の医学的解説を提供する」。

私の辞書: - 「コンサイスオックスフォード英語」は
『共鳴音』を定義します:

ー 「(音の)深く、明瞭で、反響し続けている;
....画像、感情や品質'を示唆;
またその後、定義する「反響する」次のものとして:
- 「(大きな音の)エコーとして繰り返される、持続的な重大な効果がある。」


そのすべてが、意図したか否かにかかわらず
直接的または間接的にかかわらず
産業用風力タービンのステートメントの中で述べた
材料の多くに関連するでしょう
– 特に、『相次ぐ重大な結果を持つ』際に、おそらく。



3番目に、あなたは『オッカムのかみそり』
問題解決に近いことにまだ気づいていなければ
私は経済または簡潔さのその原則をあなたに推薦します。

これは、競合する仮説の間で
最も少ない仮定を有する1つが選択されるべきであると述べています。


他の、より複雑な解決は、正しいと最後にわかるかもしれません
しかし — 確実性がない場合 — 作られた仮定が少ないほど良い。

私は、あなたが産業用風力タービンの単一仮定が
超低周波音-を発しているタービンを回すことに同意すると確信します。


- あるいは低周波騒音は、相当に
より地元住民より複雑にならない‥‥作られること
‥‥タービン・タワーを知っている‥‥説得‥‥
それらのタワーは不適当である
さらに説得されること‥‥それらは必要とする‥‥
文字通りに「それら自身心配する‥‥病気」
また‥‥それら‥‥順番に‥‥その後
それらの家族の他のメンバーに同じ影響があるべきである。



4番目に、私は、強くあなたの在来の常識を訓練し
かつ当惑する条件を持った患者に
接近する際に使用したのと同じ診断の方法で
産業の風力タービン
および健康の全体の論争を処理するようにあなたに要求します。


- 次のものを備えた着実に慎重なプロセス:



•他の医療専門家との適切な協議;


- 患者に対する正当な関係および尊敬
 (それらの産業風力タービンが動き始めた時から
  健康問題を報告している人々);



•所得がタービンの妨げられていない操作に由来しており
人々によって行使されている影響の最小値が
議論と圧力のすべての種類を持って来ることが予想される
- とりわけ経済、地球温暖化、個人の責任の社会(環境)レベル
学術的な地位および職業上の責任
- 彼らが彼らの財界側の支援を獲得するために
影響を及ぼそうと努力するものに影響すること。




あなたの公開されたポジションステートメントから
あなたが結論を得るために
どの科学を頼るかは明らかでありません。


そのような引用がない場合
あなたが見落したかもしれない科学の一部を
あなたに紹介させてください。




若干の最近の科学



背景:振動音響病


振動音響病(VAD)は
最初、ポルトガルの研究者のグループによって同定され
その研究の総合的なレコードがジャーナルに記載されています


Progress in Biophysics and Molecular Biology of January 2007, p. 256-279, issue 93 (1)
titled “Biological effects of infrasound and low-frequency noise
explained by mechanotransduction”,
authored by M. Alves-Pereira, and N.A.A. Castelo Branco,



さらに重要なこと
カステロ・ブランコの仕事と研究者の拡張されたチームは
ジャーナル全体の問題を占める:

航空、宇宙、環境医学、ボリューム70、ナンバー3、
セクションII - サプリメント、1999年3月。


ここに、振動音響病の現実を証明する
様々な著者からの23の論文があります。



6つのセクションのジャーナルグループの論文:
導入;
臨床特集;
心肺関係;
神経学的・心因性障害;
免疫学的変化と騒音の挑戦。


その時以来、VAD現象の存在を否定することは
科学的に合理的ではありません。


すべての科学は観察から始まることを理解することが重要です。

VADに関する科学的な研究は
今、20年間を超えるスパンで
そして証拠を水に沈めることの上に
「真相を 確かめようとしない」その存在を否定するために。


Google Scholarの検索は
「振動音響病」について2400ヒットを明らかにしている。



それは科学が不都合であるとわかる人々によって
もはや神話とみなすことはできません。



これから答えられる質問は
産業の風力タービン(IWT)の(意図しない)注入に
VADの症状のいくつがちょうど帰することができるかです。



このトピックは比較的、研究不足が続けられていますが
その可能性はもはや無視することができません。


含意への対処が不便か、利ざやを脅かすだけで
健康と安全の実行は「問題を覆い隠す」ことにより進みません。





VADチーム



彼らは非常に多く、背景や専門分野の広い範囲を表すように
VADの研究に携わった科学者の家系は、手ごわいです。



鍵となる科学者、ヌーノA.A.カステロブランコは
印象的な資格と長いキャリアから得た豊富な経験を持っています。



カステロブランコは、当時のリスボン大学医学部から
1966年にリスボン大学を卒業し
1971年に彼の一般的なインターンシップを完了しました。


1962年、彼はその後、ポルトガル・アフリカ戦争で奉仕
大佐のランクに上昇し、ポルトガル空軍に参加しましたし
今軍隊を退職している。




1977年、彼はワシントンD.C.、
米国病理の軍研究所航空宇宙病理学の学位
およびサンアントニオのブルックス空軍基地
航空宇宙医学の学位を授与されました。




米国テキサス州。
彼は1978年に、ポルトガルのリスボンの
民間病院での外科病理の医療専門家となりました。



1979年に彼は、約3,500の労働力を採用する
ポルトガル空軍が運営する
所有航空機製造のやり直しやメンテナンス工場の
チーフメディカルオフィサーとして公示されました


1980年から、彼は低い周波数ノイズ曝露の
生物学的影響を調査するために
そのプラントで一連の研究者を効果的に調整しました。

そして、それはVADチームとして知られるようになりました。




VADは、大振幅、低周波音への長期暴露の
最終結果であることが理解されているが、
症状は、風力タービンシンドロームとして
知られるようになったものに顕著な類似性を有する。




本格的なVADが、IWT(産業用風力タービン)によって
引き起こされると言えない一方で
症候群の長い潜伏時間により
風力タービンからの影響は科学的に除外することができません。

また、そのような曝露からの安全性の根拠となる証拠がない場合
思慮深い回避が要求されます。


原因の要素への曝露の定量と潜伏時間
および臨床症状の出現の関係は、まだ調査されていません。




カステロ・ブランコおよびアルベス-ペレイラから
ウエリントン(ニュージーランド)の
ウエストウィンド風力発電所について
提案されたミル・クリークの拡張に対する反応は
上記の適切な段落の中で報告された
VAD研究の初期の数年に有用な追加情報を加えます。




2008年8月の文書のタイトルは
- 『ウェリントン、ニュージーランド
(プロジェクトミルクリーク)での風力発電所の
可能性のある健康への影響について
提出されたレポートに関するVADチームによる応答。』


上記2名の著者と彼ら自身の仕事だけでなく
同僚との追加情報がその報告書の中に記載されています。

30(中)

騒音に関する一般的な要因



騒音とその測定と分析に関する一般的な事実は
空気を通してもたらされる音/騒音に関する関連した
仕事と研究のまさしくその大多数において
その音/騒音が、声、雷、波、ファン、銃砲火、風、雨
プロペラ、自動車のエンジンと排気管のようなソースによって
周囲の空気の範囲内で発生する振動またはパルスによって
発生するということです。
そして、産業機器、電車、消防車および他のサイレン
象のいななき、カモメのギャーギャー鳴く声
ナイトクラブ – そして、などなどその他無限に …



覚えている重要な点は
振動が周囲の空気で始まる手段が無関係であるということです
- 振動が開始されれば、彼らは関係なく
開始ソースの特性と同じ範囲を持っている。




他の要因は以下を含みます:




• 騒音や音が違ったさまざまな人々に影響を与える
 そして同じ人々‥‥異なる時代で違った風に;



• 騒音/音は、ソースからの距離によって減少します;



• 大気の状態は
 音/騒音がどのくらいの距離を伝わるかについて影響を与えます;



• グランドカバーと地形も
 音/騒音がどのくらいの距離を伝わるかについて影響を与えます;



• 音/騒音が構築された構造物に影響を与えるとき
 いくつかの内部空間内での共鳴の効果が
 衝撃圧力波の影響を拡大することができます。



• ますます、証拠は、ほとんどの人によって
 (聴覚で知覚された)聞こえない低周波音は
 個人の健康に影響を与える可能性があることを示唆しています。



• 異なる動物は、人間の聴覚の範囲を超えて
 騒音/音を認識し応答することができます。




比較的最近の研究論文をリストする前に
この研究の多くの結果として
音に関する多くの優しく信じられたフィクションの数が重要であると
科学の値を保持している人に
もはや許容できないことが示されていることを
指摘することは重要です。




研究報告



1. Wind Turbines Can Be Hazardous to Human Health
  風力タービンは、人間の健康に危険となりうる



アレックN.ソルト博士、蝸牛流体技術研究所、
セント·ルイスのワシントン大学、博士号を取得、2012年8月15日に更新

そしてGoogleで「公表しました」。


対処された問題は以下のとおりです。
振幅変調聞いた音の(脈動);

「潜在意識」の経路の刺激;

内リンパ水腫を引き起こすこと;


おそらく老人性難聴を加速させる
(あなたにこの数年にわたって
より速く耳が聞こえなくさせて)と同様に
強調のコメント
その超低周波音が聞くことが出来ない
そしてあなたが聞く音の大きさとは無関係です。


超低周波音は
単にそれ(A加重のスケールを使わない)を
検知することができる騒音計で測定することができる。

ソルト博士によって、全部または一部において書かれる
他の論文のリストは、彼のウェブサイトで見つかります。




2. ブルース・マクファーソン
  超低周波音と低周波騒音の研究、


(あらゆる業界や政治的利益からの
支援を受けない独立した組織で
そして唯一の懸念する個人から資金を得ている)
『ナショナル・ウィンドウォッチ』から出版されました。


その論文は、騒音制御工学研究所のメンバー
(委員会で認定されたそれらの1人)であること
その執筆者の暗黙の出版許可以外のレビューはありません。


その論文は、必要な動機づけと器材を利用できるようにする
有能で、利害関係がなく、公平な科学者によって
複製を可能にするために、十分な情報を提供します。




その調査は、さらなる研究が必要であるが
そうしている間にも、それは明らかであると結論しました:



i. (NZS6808:2010文書が採択した)
  dBA加重のスケールの測定の使用は、国民を保護するために適切ではありません。


ii. (NZS6808:2010文書の基礎となる)
  「あなたが聞くことができないものは、あなたを傷つけることはできません」
  という信念は、科学的データの面では無効です。
  大規模な産業用風力タービンは
  人の健康上に実際の有害作用を生み出すことができます。


iii. 特に低周波数域の音量レベルで
   健康への悪影響は、音圧波動によるものです。
   前庭のシステムに影響を及ぼすことによるもので
   聞き取れる周波数スペクトルに関連していません。
   
   そして、結果はNZS 6808 2010によって対処されません;



iv. さらに、医療疫学分野および実験室調査が必要である。




3. 産業風力タービンの近隣居住者に対する健康影響について
  疫学的証拠をきちんと解釈すること。


カールC.フィリップス博士(MPP)による本論文は
Bulletin of Science, Technology, and Society,
vol. 31, no.4,(August 2011)に掲載されました。

30(下)



4. 時間とヒトの知覚の周波数感度を考慮した
 音質工学方法を用いた風力タービンの音響信号の動的測定。



本論文は、ウェード・ブレイとリチャード・ジェイムズによって
発表されました。
NOISE-CON, Portland, Oregon, USA, during July 25-27, 2011

そして、測定されている現象に対する人間の反応に関連した
様々な測定の妥当性に対応しています。

論文に示される詳細は、研究を複製することを比較的簡単にします。



論文は、著者のコメントによってよく要約されます:

「風力産業の専門家が、風力タービンが
些細なレベルを生産すると主張することができる理由は
低周波音がないからではありません、
彼らが使用した道具/方法が
それを検知することができなかったからです。

彼らは、磁石を使って干し草の山の中から
プラスチックで出来た針を探しました。」



5.環境騒音:より良い対策と必要に応じたレポート

H. H. C.バッカー、B. I. RapleyとR.エリオットによって提示される。

Proceedings of ACOUSTICS (2-4 November), 2011, at the Gold Coast, Australia.



本論文では、NZS6808の不備を探る:

2010年 現在の産業用風力タービン
特に、時間や周波数の平均値、L90、およびA重み付けに対処する。





6. ウインド・ファームの近くの低周波音響レベルを測定する問題

H. C. C.バッカーとB. I. Rapleyによる

Proceedings of ACOUSTICS (2-4 November), 2011, Gold Coast, Australia.



複数の産業用風力タービンからのノイズは
短い距離(1〜5メートル)で
大幅に変化する可能性があることを示す研究に関して
本論文で報告します。






7. 風力タービン騒音: 正確な予測と測定が重要である理由

ロバート・ソーンとダニエル・シェパードによる

Proceedings of ACOUSTICS (2-4 November), 2011, Gold Coast, Australia.




この論文は、特に、産業用風力タービンの敷地に関する
意思決定プロセスへの「健康関連QOL」(HRQOL)の
世界保健機構(WHO)の概念のような社会展望を具体化する重要性を実証します。





8. 産業用風力タービン騒音の睡眠と健康に対する影響、

マイケルA. ニセンバウム、
ジェフリーJ. アーラミニーとクリストファーDハニングによる

Noise and Health, September-October 2012, Volume 14, issue 60.



『ノイズ&ヘルス』は、騒音のすべての側面と
人間の健康への影響についての研究に専念する唯一の国際誌です。


それは、職業、環境、レジャー騒音の
聴覚と非聴覚効果に関係するすべての専門職のための学際的ジャーナルです。


それは、騒音公害、そのコントロール
および聴覚および健康に対するその有害な影響に関連した
広範囲のトピック上の新しい研究資料のプレゼンテーションに
フォーラムを提供することを目標としています。




9. ラットの血液の免疫学的性質に関する超低周波音の影響

S. T. チューレアハノブ、O. S. デサウキーとM. A.モヘイセブによる

以下で発表されました。

Romanian Journal of Biophysics, Vol. 20. No.3. P245-255, Bucharest, 2010.



著者らが述べている:

「それは結論することができる。
超低周波音の10分間その直接的および間接的曝露
(10.9から14 dBの強さ、13から30Hz)は
免疫系を刺激することができ
血液中の未熟な製品の外観への白血球の生産で
妨害に結びつくことができる。

注意は、これらの低周波数を扱う方に推奨されます。」




この論文の主題は、
産業用風力タービンの騒音に関係のある問題に適切であると
以前は考えられたものの範囲から大幅に外れたところにあって
新技術の開発から生じることができる
予期しない問題の広い範囲を考えさせられるものです。






結論




オーストラリア医師会が利用できるソースと
注意される研究を複製しているか
その研究を実施するために一部の他の組織と契約している
その協会にとっての障害があってはいけません。


どのオプションが選ばれても、協会には問題があります。


産業用風力発電についての
公式声明に関するその立場を考慮すると
このような研究は、絶対に、完全に、そして明らかに
公平無私かつ公平な方法で実施することが重要です。



協会は、どういう理由であれ
そのような研究の反復を試みないことに決めました、
科学的背景の任意の種類を備えた公のものは必然的に
次のことを結論を下すでしょう、
どんな理由であれ、協会は
産業用風力タービンに隣接した人間と動物集団に対する
産業用風力タービンの影響に関連する
科学の決定に興味を持ちませんでした。


そのような状況では
そのウェブサイトに記載されている成果を達成するための
協会の能力が厳しく制約され
オーストラリアの住民が持っている評判も同様に影響を受けます。




敬具


ニック·ジェニングス




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■




NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht







  









2015-01-07 : ○『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オンタリオ州の母親達による注目の裁判の予備審問が始まりました⇒≪①マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫①オンタリオ州/画像:風力タービンへの懸念は、予審で議論されます…州政府は、訴訟費用をカバーするために、納税者の税金を持っていますが、母親グループは弁護士に支払うためにスパゲッティ・ディナーを続けている…『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』の代表マリアンヌ・キッド     




※ オンタリオ州の母親達による注目の裁判の予備審問が始まりました



≪①マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ訴訟≫


※ 下記サイトの最後に世論投票があります。

  『あなたは、風車プロジェクトの開発をサポートしていますか?』
  
  4択です。

  コメントもかなり入っています。





①オンタリオ州/画像
◇Wind turbine fears discussed at preliminary hearing
風力タービンへの懸念は、予審で議論されます

(wellandtribune.ca | December 19, 2014 )
http://www.wellandtribune.ca/2014/12/19/wind-turbine-fears-discussed-at-preliminary-hearing


By Allan Benner, The Tribune



画像:

『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』の
メンバー、
左から、キャサリン·ミッチェルさん、
マリアンヌキッドさん、
そしてリンダ·ロジャースさんは、
西ナイアガラで計画された風力タービンプロジェクトの
彼らの訴えを議論する。

(ALLAN BENNER Tribune Staff)




内耳から続く主要神経に出来る良性の脳腫瘍 -
スー·アトキンズさんは、聴神経腫を持っていると言います。



それは、非癌性だが、成長を続けていて
結果として聴力損失をもたらし
そして、手術の可能性があると彼女は言います。

彼女もまた、
産業用風力タービンの巨大な回転ブレードによって
作成された音のような超低周波音に
特に敏感にされました。




もし、ナイアガラ・リージョン・ウインド社による
州に承認されたグリーンエネルギー法の下の開発が、
取りかかることを許されるならば、
彼女は夫レオンと
29頭のポニーと馬を共有する
農村部の『セントアンズ・ファーム』は
24台の巨大な産業用風力タービンの
5キロ以内となります。




「私たちは本当に資産の小さな一群が
風力タービンに囲まれようとしているという事実を
懸念している。」と彼女は言う。




アトキンスさんは、彼女の病状のため、
彼女の医者が
「ストレス、風と騒音」から離れているように
勧めたと言います。




「私は、24台の高さ600フィート
産業風力タービンで囲まれたくない
正当な理由があると思っています。」

※ 600フィート = 182.88 メートル



アトキンスさんは、
1月19日に開始するようにスケジュールされた
環境レビュー裁判所の予備審問に参加した
金曜日のウェランドポート・コミュニティセンターにいた
150人以上の中の一人でした。




裁判所は、11月24日に、風力タービンに対して自身を
『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』と
呼んでいる西ナイアガラ居住者のグループにより
スタートされた訴えの結果として保持されている。





そして、アトキンスさんは、
そのプロジェクトが
彼女の馬に乗るために
彼女の農場を訪問する子供たちを含む子供に
与える可能性のある潜在的な影響についての懸念を共有します。



「とりわけ、私は地域に住んでいる子供たちと
そして私たちのポニーファームに来る
子どもたちが心配です。」と彼女は言います。


「これは、実は非常に危険な状態です。
それは、本当にそうです。

それについて考えるとき、私は本当に身震いします。」




一方、開発は、彼女のビジネスの
『アトキンス・ポニーライド』に
マイナスの経済的な影響を与えることになると
彼女は言います。



「私は、騒音と我々の馬とポニーについて心配します。

馬の聴覚能力が、人間のそれをはるかに上回ることは、
文書で十分に裏付けられています。

私は、低周波騒音が、そして電磁エネルギーの発生が
浮遊電圧、影のちらつきが心配です。

馬は、それの全てに影響を受けそうです」と、彼女は言います。




「これは、我々のライフスタイルに影響を与えそうです。」



アトキンスさんは、
環境レビュー裁判所の副議長のディルクVanderBent氏が
予備審問の際に話を聞いたおよそ16人の中の一人でした

- 同様に州政府、開発者、および
『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』の代表

— 彼らが来月行われる実際の審理の前に
言わなければならなかったものを聞く機会。




しかし、アトキンスさんと何人かの
他の発表者からのコメントの一部は、
風力タービンの潜在的な経済的影響についての懸念は、
人間の健康への影響に限定されている訴えの
範囲外であると言う
開発者と環境省を代表している弁護士から
異議をもたらしました。




しかし、他の発表者は、潜在的な経済的影響も
住民の健康に影響を与えていると主張しました。



「我々は、経済的影響が
人々の健康に本当に大きい影響を及ぼすと思っています。」と、
『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』の代表
マリアンヌ・キッドさんは言います。



キッドさんは、彼女自身の組織が
彼らが戦っているプロジェクトの経済的影響を
すでに感じていると言います。



州政府は、訴訟費用をカバーするために
納税者の税金を持っていますが
彼女のグループは弁護士に支払うために
スパゲッティ・ディナーを続けていると
キッドさんは言いました。




「環境レビュー裁判所の全体のプロセスは
人々に公正ではないようです。

我々の訴訟費用は、
ひょっとしたら60,000ドル以上かもしれません。」と、
キッドさんは言います。

「経済的負担は耐えがたいです。」




環境レビュー法廷は、1月19日午前10時
5042 Canborough通り
Wellandportコミュニティーセンターで
開始する予定です。



金曜日、ナイアガラ・リージョン・ウィンド社の
代表から、コメントは得られませんでした。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。












2015-01-06 : ○『マザー・アゲンスト・ウィンド・タービンズ』訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR