騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

≪音と健康≫ぜひ→オーストラリア:突出した反風力発電所のロビー団体のウォーブラ財団は、健康増進慈善団体のステータスを剥奪された |  公式声明:ウォーブラ財団ACNCはウォーブラ財団の慈善ステータスを再確認するが、睡眠妨害によって引き起こされる疾患を無視 |ファクトシート:健康増進慈善事業団体とは何ですか?… 『オーストラリア慈善団体と非営利団体のための利益委員会(ACNC)』ウェブサイトより  




※ Ms. Sarah Laurie is always fighting in the forefront.
  I get courage from you.
  
  


ぜひ!→
オーストラリア
◇Waubra Foundation, prominent anti-wind farm lobby,
stripped of health promotion charity status
突出した反風力発電所のロビー団体のウォーブラ財団は、
健康増進慈善団体のステータスを剥奪された
(ABC News | 19 December 2014 )
http://www.abc.net.au/news/2014-12-19/
waubra-foundation-stripped-of-health-promotion-charity-status/5977530



By environment and science reporter Jake Sturmer



政府監査機関は、
突出した反風力発電所のロビーから
その健康促進慈善事業のステータスを奪いました。




そのステータスは、ウォーブラ財団が
緑の党が『巨大な公的補助金』と評した特権
税控除の寄付を受領することを許しました。



1年前にABCは、
風力タービンや健康問題との間に
直接リンクを示唆する信頼できる証拠はなかったと主張し
緑の党が、『税務署』と
『オーストラリア慈善団体と
非営利団体のための利益委員会(ACNC)』に
苦情を申し立てたことを明らかにしました。


※ 緑の党が、『税務署』と
  『オーストラリア慈善団体と
  非営利団体のための利益委員会(ACNC)』に
  苦情を申し立てた

http://www.abc.net.au/news/2013-11-07/
greens-bid-muzzle-anti-wind-farm-lobby-waubra-foundation/5075190



シドニー大学公衆衛生
サイモン・チャップマン教授が、その図をサポートします。




「直接的な影響についての
とても、とても貧しい証拠があります

--実際に、その結論にすべて達した
2003年以来、22の出版されたレビューがある。」と
チャップマン教授は言いました。



「従って、言い換えれば、
風力発電所から放出される固有のもの
それ自体が、
人間の健康問題を引き起こす可能性がある
‐‐音、その他‐‐は、ありません。」




緑の党が、苦情を申し立てた四ヶ月後に、
委員会は、財団へ理由開示通知を送りました。



「私は財団の主な活動が、
人間の病気の予防や制御を促進することを
発見することができません。」と
2月に、アシスタントコミッショナーの
デイビッド・ロック氏は言いました。



「私の現在の見解は
風力タービンへの近接によって引き起こされる
「風力タービン症候群」または「振動音響病」が
ヒト疾患として認識されているという
あるいは
風力タービンに接近して
暮らしたり働くことと関連しているか
知覚されてきた健康上の問題は病気である
ということについて
不十分な証拠があるということです。」




4月に、ウォーブラ財団の最高責任者
サラ・ローリーさんは、応えました:

「... ウォーブラ財団は
音響エネルギーの曝露によって
直接引き起こされる
医療音響研究によって確立された
既に知られている多くの疾患の制御や
予防を促進するために設立されました。」




「さらに研究し、
その重要な知見をより意識する必要がある
あまりよく理解されていない疾患がありました。」



「これらの疾患の2つは、
「風力タービン症候群」(WTS)として知られていますが
より正確には
超低周波・低周波騒音症候群」(ILFNS)
振動音響病」(VAD)として記述されています。」





ウォーブラは、上院で慈善事業の地位の損失を
上げることになっています。




12月11日にACNCは
健康増進慈善事業団体として財団の地位を取り消し
最終的に税控除の寄付を受領する能力を除去しました。



ウォーブラ財団のウェブサイトはもう寄贈を受け入れません。



委員会は、なぜ財団の地位を取り消したかについて
説明しません。




「ACNCの法律は、
我々がこの決定につながる詳細を議論するのを防ぎます」と、
それは声明で述べていました。



ローリーさんはインタビューを断ったが
委員会がACNCの決定を上訴する予定になっていると
声明で述べていました。



「我々はまた、
この問題に関するACNCの決定は、
2015年の連邦上院の照会に
挙げられることを確認します。」と彼女は言った。



「私達は、アシスタントコミッショナーのロック氏が、
睡眠妨害と喪失により
直接起こされるか
または悪化させられることがよく知られている
多くの病気を無視したことに注目しています。」





「私達は、ACNCは病気の予防、
および『一般の議論を進める』ことによって
『健康を促進する』慈善団体と認めた点に注目します。」



昨年10月に、ローリーさんは、2010年以降
組織が、200,000ドル未満の寄付金を受領したと
『ABC』に話しました。



「私は私たちの組織に関する徹底的な調査を歓迎します
...我々は隠すことは、まったくありません。」と彼女は言った。



ローリーさんは提供者のリストを提供しないけれども
業界団体はお金を寄付しなかったと主張しました。



「寄付金のほとんどは、
研究の不足を懸念する主に農村部の住民から
それぞれわずか500ドル未満の寄付から生じました。」




11月に、上院は、
規制ガバナンスと風力タービンの経済的影響を
報告するために、問い合わせが確定しました。



それは、来年中頃までに報告することになっています。





※ ウォーブラ財団のプレス・リリースを見てください:

■ACNC reaffirms Waubra Foundation’s charity status,
but ignores diseases caused by sleep deprivation
ACNCはウォーブラ財団の慈善ステータスを再確認するが、
睡眠妨害によって引き起こされる疾患を無視

(ウォーブラ財団 | December 20, 2014)
http://waubrafoundation.org.au/2014/
acnc-reaffirms-waubra-foundations-charity-status-
but-ignores-diseases-caused-by-sleep-deprivation/



公式声明



「病気を防止することによって、
健康を促進する」慈善団体、
そして、「一般の議論を進める」
『オーストラリア慈善団体と
非営利団体のための利益委員会(ACNC)』の
アシスタントコミッショナー
デイビット·ロック氏は
ウォーブラ財団に
我々の進行中の登録を確かめるという
彼の決定を知らせました。

そして、私たちの仕事は
換気扇や鉱業で使用されるディーゼル機械
ガス火力発電所のタービン
ナチュラル&炭層ガス田のコンプレッサー、
同様に、工業サイズの風力タービンなどを含む
音と振動の様々な発生源を含みます。





ウォーブラ財団の慈善ステータスを確認しながら
アシスタントコミッショナーのロック氏は
以前にオーストラリア税務局によって
私たちに授与された
『健康増進慈善事業団体』としての地位を取り消しました.[1]


財団の委員会は、この後者の点について
アシスタントコミッショナーの
ロック氏の決定に疑問を呈していると助言します。




財団はまた、この問題で、ACNCの決定は
上院議員ジョン·マディガン氏を委員長とする
風力発電への現在の連邦上院問い合わせに
財団によって差し向けられた事項が
含まれていることを確認します。



上院議員マディガン氏は
環境騒音からの農村住民の非常に現実的な苦しみと
そして、オーストラリアの農村で行っている
私たちの仕事の両方をよく知っています。



上院議員マディガン氏は
パシフィック・ハイドロ社による委託で
ケープブリッジウォーター風力発電施設の
近くに住む3世帯と共同で
音響技師スティーブン·クーパー氏が実施した
音響研究を支援し、重要な役割を果たしてきました。





ACNCアシスタントコミッショナーの
デイビット·ロック氏が
彼の意思決定を行う際に
「環境睡眠障害」についての条件、
過剰な夜間のノイズに起因する
そして、直接引き起こされるか
あるいは、睡眠障害と喪失によって
悪化することが知られている多くの病気を
見落としていることに注目します.[2]




私達は、デイビッドイーザー博士が、
睡眠妨害、ストレス症状を識別する
最初のオーストラリアの開業医であったことに注目します。
2004年の彼の人口調査において
Tooraで風タービンノイズのため
悪影響を受けた居住者において
病気と病気を関連させました。 [3]



私たちは、
2014年国立保健医療研究評議会(NHMRC)の
システマティック文献レビューが
風力タービンの健康への悪影響に関して
特に、睡眠障害について
風力タービンノイズが含まれることを
彼らの最新の文献レビューで
発見したことに注目します.[4]





[1]
Previous correspondence with the ACNC has been made public on our website
以前のACNCの対応は、当財団のウェブサイト上で公開されています

http://waubrafoundation.org.au/resources/
conversation-with-australian-charities-not-for-profit-commission-acnc/


[2] see
[Chapters 2, 3 and 4 of the World Health Organisation report from
2009 called Night Noise Guidelines for Europe
ヨーロッパの夜間騒音のガイドラインと呼ばれる
2009年の世界保健機関の報告書の2、3、4章

http://waubrafoundation.org.au/resources/who-night-noise-guidelines-for-europe/


[3] see
http://waubrafoundation.org.au/resources/
dr-david-iser-2004-conducts-first-survey-patients-living-near-wind-project/


[4] http://waubrafoundation.org.au/resources/
responses-nhmrc-draft-information-paper-systematic-literature-review/




公式声明をダウンロードしてください →
http://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2014/12/
Public-Statement-ACNC-Decision-20-Dec-2014.pdf




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------



◇Australian Charities and Not-for-profits Commission
『オーストラリア慈善団体と非営利団体のための利益委員会(ACNC)』ホーム

http://www.acnc.gov.au/ACNC/Home/ACNC/Default.aspx?hkey=3e39ac62-4f04-44fe-b569-143ca445c6bf


■Factsheet: What is a health promotion charity?
ファクトシート:健康増進慈善事業団体とは何ですか?
http://www.acnc.gov.au/ACNC/FTS/Fact_HPC.aspx


…あなたが健康づくりチャリティカテゴリでDGRになりたい場合は、
あなたの慈善団体は、最初ACNCと健康増進チャリティーとして登録し、
ATOの他の要件を満たすことが必要があります。

このファクトシートは、健康増進慈善団体が何であるかを説明します。
これは、キーの特性を設定しますが、
あなたの慈善団体はまだ健康増進チャリティーを
作ることができる他の特性を有することができる。


▽健康増進チャリティーとは何ですか?
    略
▽私の慈善団体は、教育機関ですか?
    略
▽私の慈善団体は、疾患の予防または制御を促進していますか?
    略
▽私の慈善団体は、予防または制御に向けて努力していますか?

健康増進チャリティーの主な焦点は、疾患の予防または制御している。
広い視野は、疾患の予防又は治療の制御を
促進する可能性の活動が考慮される。
病気を制御することは、疾患に関連した苦しみと苦痛の緩和、
および管理や病気の治療が含まれています。

疾患を予防または制御する活動が
健康づくりチャリティーの主な焦点でなければならないが、
これらは慈善の唯一の活動である必要はありません。

健康促進活動のいくつかの例は次のとおりです。

•苦しんでいる人に、または疾患に罹患するリスクのある一般的な教育を提供

•疾患を持つ人の介護者への一般的な教育を提供

•病気に苦しむ人々を助けるためにエイズや機器の開発や提供

•病気の原因、予防または治療に医学研究に従事

•病気についてのコミュニティの意識に従事。


予防またはコントロール活動は、
栄養や運動などの「ライフスタイル」の要因、人の教育が含まれています。
これらの要因は、予防および疾患を引き起こすだけでなく、
疾患の症状に影響を与えることで役割を果たす。

例えば、良好な栄養と定期的な運動は、
心臓病のようないくつかの疾患の発生率または程度を低減することができる。


▽この私の慈善団体の主な活動はありますか?

   略・・・・・・・・・・

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht







  



2014-12-30 : 音と健康:2014/08/11~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪音と健康≫ペンシルベニア州:風車は病気の原因になると、カップルは主張   |関連記事| ぜひ→ 風力タービンからの超低周波音は、片頭痛と関連した症状を誘発することができます…たとえ刺激が音と認められないとしても、それは脳幹センターに影響を及ぼして、他の感覚を誘発します…ハーカン・エンボム, 医師, 医学博士 // 懇親会のお知らせ(2015年3月22日) |  ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について| ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!  





≪音と健康≫



ペンシルベニア州
◇Couple claims windmill causing illness
風車は病気の原因になると、カップルは主張

(dailyamerican.com | November 8, 2014 )
http://www.dailyamerican.com/news/local/somerset/
couple-claims-windmill-causing-illness/article_7a198a35-0dbd-5096-91d2-3c4aeea30c11.html



By ERIC KIETA




ジョー・マッケンジー氏(56)は
自宅にいるとき、耳鳴りを絶えず持っています。

彼の妻、タミーさん(50)は彼女の頭に圧力を感じます。

そして、彼ら両方とも
彼ら自身のベッドで眠るのに苦労します。





ノーサンプトン郡区のカップルは
病気かもしれません
しかし、2人は相対的に良い健康状態です。

彼らは言います。

問題は、特に風車から生じます。




彼らの家はトウィン・リジズ風力発電所から
およそ1,600フィートです。
そして、それは
ノーサンプトンとサウサンプトン郡区で
68台のタービンを持っています。

※ 1600フィート = 487.68 メートル



風力発電所は2012年に稼働しました。
そして彼らはそれ以来
多数の症状に対処してきたと
マッケンジー夫妻は言います。

彼らは、問題を解決しようとして
タミーマッケンジーさんが推定する
数千ドルを費やしました。
しかし、なにも定まっていません。




夫妻は、9年間住んだ彼らの家を
放棄することさえ考えていますが
しかし、別の家を買うにはお金がきついです。



彼らは、悲嘆にくれて運命を受け入れましたが
他の誰一人として
彼らが持っているものを経験しないことを
確かめたいと思いました。





彼らの話




2012年のクリスマスイブに
タービンのブレードが動き始めて以来
彼らは問題があることを知っていたと
タミー・マッケンジーさんは言いました。



「ブレードが最初に回転を始めたときから
私たちの家の内部のテレビ上に聞いていた
騒音に苦情を言うために会社に電話しました。」


タミー・マッケンジーさんは
『デーリー・アメリカン』に手紙を書き込みました。

侵入する時間枠があると言われました。
そして、それらは騒がしい
そして、我々が忍耐強いことを尋ねられました。」




しかし、騒音は静かになっていませんでしたと
彼女は言いました。

実際、特に氷がタービンに積み重なったとき
それはより悪くなりました。





彼らは、乗り物酔いに類似した症状を経験し始めました。

頭痛と耳鳴りに加えて
彼らは、不安および疲労の症状を示すようになりました。





タミー・マッケンジーは
睡眠妨害が彼女の仕事に影響を及ぼすと言いました。
そして、時々健康問題のため
仕事で複数の日を欠勤しました。




2年間、彼らは問題の解決を探していました。

他の家族が
音の影響を受けることに対する恐れで
タミー・マッケンジーさんは
家を売ろうとしたくないと言いました。





「我々は、家の価値を失いました」と
彼女は言いました。

「 私達のための逃げ道はありませんので
自分たち自身で行っています。」





騒音




『E-Cousticソリューション』のオーナー
リック·ジェームス氏は、ミシガン州オークモスで
40年以上の音響エンジニアでした。

マッケンジー夫妻は
彼らの自宅で音のレベルをテストするために
今年の初めに彼に連絡を取りました。





ジェームズ氏は
人間の可聴の下限未満の周波数の音波
あるいは、20ヘルツより低い周波数の音である
超低周波音についてテストしました。





ジェームズ氏が見つけたものは
マッケンジー夫妻に衝撃を与えました。



「7日間のテストデータおよび
風力タービン音響の特性のログ
および私の事前の経験と知識
およびどのように人々がそれらの特性に
反応するかについての私のレビューに基づきますが
あなたの家の近くの風タービンからの超低周波音は
人々が、家に住むのに適さず
定期的にそこを空けるか
それを売ると考える閾値(60デシベル)を上回るのに
十分であると結論します。」

ジェームズ氏は
6月2日付けのマッケンジー夫妻への手紙に書いています。




彼は、60デシベルの制限をはるかに上回ることが
「健康への悪影響」を
引き起こすことがありえると言いました。




「風力発電業界は
これらのいずれかが存在することを深く否認します。」

ジェームズ氏は
デイリーアメリカンとの電話インタビューで語った。



彼は付け加えました。
風力発電業界は
超低周波音が存在しないという証明として
何の症状も示さない
敏感ではない人々を引用しています。





音がすることは
人々に苦痛を持たせる原因の
神経における脈動感をを引き起こします。


それはあなたが必ずしも聞こえる騒音ではありません。



「時間が過ぎても、それは良くなりません。
より悪くなります。」
と、ジェームズ氏は言いました。




タービンを操作する会社
エバーパワー・ウィンド・ホールディングズ社の
スポークスマンは
報告された超低周波音がそこに存在しないと言いました。




「我々はそれが人々にとって
本当にリアルであると思います。
しかし、それは本当にそこにありません」
エバーパワー社の
許可のチーフで公共政策責任者の
マイク・スピーシュナイダー氏は言いました。




「私たちは、オープンでしたし
懸念や疑問を持っている人と
一緒に働くことを厭いません。」



タービンを構築するとき
彼の会社は適切な規制のすべてに従ったと
スピーシュナイダー氏は言いました。




サマセット郡の委員は
風力タービンおよびタワーの開発を狙う
郡の最初の規制を意味する
郡の細分と土地開発条例の改正を承認しました。



改正は、これらの所有地の
設定距離内のタービンやタワーを構築する前に
隣接した不動産のオーナーから
棄権証書を得ることを
開発者に要求するセットバック条項を含みます。





コミッショナーは、タービンに提案された
3,000フィートのセットバックがあまりに制限的で
その代わりに
構造の高さを考慮する手法に同意すると決めました。


※ 3000フィート = 914.4 メートル


新しい条例のもとに、セットバック条項は
タービンの基礎からローターのハブまで
タービンの高さの5倍の距離の範囲内で
どんな「占有居住地や商業構造」にも適用されます。


サマセット郡で
既存の風力タービンのサイズに基づいて
セットバックは990~1,320フィートです。 

※ 990フィート = 301.75200 メートル~
  1320フィート = 402.33600 メートル






解決を探すこと




2年以上、マッケンジー夫妻は
彼らの問題への答えを探している
地元当局者とエバーパワー社と接触してきました。

これまで、彼らの努力は、成功していませんでした。




タミー・マッケンジーさんは
再び援助を求めるために
木曜日にノーサンプトン郡区監督者会議に出席しました。



「それは私達にとって遅れすぎています。」と
彼女が委員会に対処した時に、彼女は言いました。

「我々は他の人が(将来的に)
これらのプロジェクトから保護されていることを確認したい。」




8人の他の居住者は
彼女に対する支持を示すために、会議に出席しました。



スーパーバイザのマーク·キーファー氏は
関係する郡の行政責任者に
彼らが条例を調整することができるか
新しいものを通過させることができるかどうかを
見させることを勧めました。



コミッショナーのジョン・バタバック氏は
関係者各位のすべてと話し合い
彼は解決策を考え出すつもりだと言いました。



スーパーバイザ委員長のティム·アッカーマン氏は
真剣にタミーマッケンジーさんの懸念を聞きますが
彼らが出来ることは、そんなに多くはないと
言いました。




「私たちは
私たちが持っているものによって
通り抜けようとしているだけの
小さな町なのです。」

アッカーマン氏は言いました。




「私たちは、私たちが持っている
すべてのものを失っただけの小さなカップルです。」

タミーマッケンジーさんは答えました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------
     関係記事
---------------------------------------



低周波数騒音または超低周波騒音も例外ではない。


音が聞こえない場合でも、音圧が可聴音と同じように鼓膜に力を及ぼします。


音波は内耳に送られ、それから、有毛細胞が刺激されます。


たとえ刺激が音と認められないとしても
それは脳幹センターに影響を及ぼして、他の感覚を誘発します。






超低周波音は通常は聞くことはできません
ヒトは振動として感じることができる可能性が高い。



低周波音は、ボリューム(dBの音圧)が十分に強ければ
聞くのは可能です。


しかし、40dB以下の音圧レベルで
低周波音と超低周波音を聞くことができる人がいることは、既知の事実です。




あなたが片頭痛を持っていて、聴覚過敏を開発した場合
あなたが通常な音などと同じくらい
低周波音に敏感である可能性が最も高い。





- ハーカン・エンボム, 医師, 医学博士 -






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆








⑨ スウェーデン、レター、オーストラリア
◇Infrasound from wind turbines can trigger migraine and related symptoms
風力タービンからの超低周波音は、片頭痛と関連した症状を誘発することができます

(March 23, 2014  | ハーカン・エンボム, 医師, 医学博士)
https://www.wind-watch.org/news/2014/03/23/
infrasound-from-wind-turbines-can-trigger-migraine-and-related-symptoms/


拝啓



あなたが風車からの低い周波数ノイズと超低周波音の影響について
ポジションペーパーをリリースしたということを知るに至りました。




私は、添付しましたスウェーデンの医学雑誌「Läkartidningen」における
片頭痛とインフラサウンドについての私の最近公開された記事について
あなたの注意を喚起したいと思います。




[リンク]



■ Infrasound from wind turbines — an overlooked health risk
風力タービンからの超低周波音 — 見落された健康リスク


Author: ハーカン・エンボム; and Malcus Enbom, Inga
https://www.wind-watch.org/documents/
infrasound-from-wind-turbines-an-overlooked-health-risk/




あなたがよくご承知のように
片頭痛は時折の頭痛発症による多元発生遺伝性疾患です。


片頭痛をもつ人々が、特に片頭痛の発作の間
正規母集団より音と光に敏感であることは有名です。



そのうえ、脈動音と点滅する光
片頭痛の発作を誘発するための強力な誘因であることは
よく知られた事実です。




片頭痛は片頭痛のための15%の有病率の人口で非常に一般的な条件です。


これは、遺伝的素因がはるかに高いことは極めて明白です
- 遺伝的素因を持つすべての人が片頭痛に悩まされることはありません。


あなたが、遺伝的素因と一緒に過ごして
そしてすべてのあなたの人生のなかで
片頭痛に苦しまないのはもっともなことです。



最近の研究で、これらの遺伝的変化が
特にCaチャンネルに影響することが分かりました。



このチャネロパチーは、細胞脱分極が増大し
結果として神経細胞が刺激に対してより敏感である -
より少ない刺激が神経電位を誘発するために必要とされる。



※ おとしん注)
※ チャネロパチー (ウィキペディアより引用)


チャネロパチー(英語:Channelopathy)
イオンチャネルのサブユニットやイオンチャネルに関係する
他のタンパク質の機能が妨害されて発症する疾患の総称である。

これらの疾患には先天性の場合と後天性の場合の両方があり
先天性のものは変異によることが多く
後天性のものはイオンチャネルへの自己免疫攻撃であることが多い。

イオンチャネルの変異により生じることが知られている疾患には多くの種類がある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%BC




片頭痛の主なきっかけは、そうです
– みんなが知っているように –
ありとあらゆる感覚刺激
例えばチラミン、グルタミン、ヒスタミンその他の生体アミン
エストロゲンの増加したレベルまたは変動しているレベルを含んでいる食物




このように、音は引き金です。


様々な振幅の大きい騒音は
片頭痛を伴って人の神経感度を増やす強い引き金です



例えば、騒々しい教室にいる片頭痛の遺伝傾向を持った教師。


しばらくして、すべての感覚がより敏感に
(たとえば、前庭への刺激により
音により敏感に、光により敏感に)なります



聴覚過敏は教室の状況をより悪くします、そして、結局、片頭痛の発作は現れます。




低周波数騒音または超低周波騒音も例外ではない。


音が聞こえない場合でも、音圧が可聴音と同じように鼓膜に力を及ぼします。


音波は内耳に送られ、それから、有毛細胞が刺激されます。


たとえ刺激が音と認められないとしても
それは脳幹センターに影響を及ぼして、他の感覚を誘発します。






超低周波音は通常は聞くことはできません
ヒトは振動として感じることができる可能性が高い。


低周波音は、ボリューム(dBの音圧)が十分に強ければ
聞くのは可能です。


しかし、40dB以下の音圧レベルで
低周波音と超低周波音を聞くことができる人がいることは、既知の事実です。



あなたが片頭痛を持っていて、聴覚過敏を開発した場合
あなたが通常な音などと同じくらい
低周波音に敏感である可能性が最も高い。





風力タービンからの超低周波音には
自然な発生源(例えば風、川)から
そして、道路交通を含む人工の発生源から発散している
超低周波音のような
他のタイプの超低周波不可聴音と異なる特性があります。



道路交通(ならびに他の例)からの超低周波音には
連続的で一定の特徴があります‐ 
一種の一定なバックグラウンドノイズ。


風力タービンからの超低周波音には
様々な振幅で変動している性格があります。


風力タービンからの超低周波音も
平均周波音圧(ブレード通過周波数)よりも高い振幅の
三つの異なる周波数を持っています。






第3の問題は、超低周波音と低周波音の音圧が
あなたが聞くことができる音(可聴音)の音圧より非常に強いということです。



与えられた距離で測定された音圧が可聴音で40 dBの場合
低周波音の音圧は、同じ測定点60〜80 dBです。



さらに超低周波音の共振効果によって建物の内部で増幅されます。


このように結論としては
風力からの低周波音と超低周波不可聴音は
増加した感度と
最終的には片頭痛または他の片頭痛の症状を誘発するための
資質を持っているということです。

– 例えばめまいまたは耳鳴り(頭痛なしで)。





片頭痛は、集団内で非常に一般的であるように
これはあなたが検討して避けることができない関係です。





その上、結局、引き金の連続刺激が
感覚刺激に慢性のとても増加した感度で
脳内でcentral sensitization(中枢感作)
つくるという知識が増加しています。





※ おとしん注)
※ central sensitization:「中枢(性)感作」とは

※ こちらのサイト(繊維筋痛症)が資料豊富で
  たいへん詳しく解説されています。
『線維筋痛症から回復した患者のホームページ』
http://homepage3.nifty.com/fmsjoho/page011.html




私は、あなたが更なる研究のための考慮と
支持者にこれらの事実を利用して
公衆衛生を保護する家庭や職場から
風力のための安全な距離のために働くことを願っています。



敬具


ハーカン・エンボム, 医師, 医学博士






こちらも参照してください:


■Letter from Dr. Jay Tibbets, Wisconsin, to AMA.

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html

■Letter from Dr. Sandy Reider, Vermont, to AMA.

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2519.html

■Letter from Dr. Håkan Enbom, Sweden, to AMA.

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2520.html

■Letter from Dr. Robert McMurtry, Ontario, to AMA.

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2521.html

■Letter from Dr. Mauri Johanssen, Denmark, to AMA.

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2522.html





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht






















2014-12-22 : 音と健康:2014/08/11~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪音と健康≫バーモント州/画像:シェフィールド:セリーン一家は風力発電所から離れる  |関連記事| レター、イリノイ州:私の意見:ブーン委員会は、市民の財産権を保護しなければなりません | ぜひ→ニュース:あなたが聞くことができない音は、あなたの耳を傷つけることができる…変化は、難聴を直接示すものではありませんが、しかし、それらは、低周波音にさらされた後に耳が一時的に、よりダメージの傾向があるかもしれないことを意味する…神経生物学者マーカス・ドレクスル博士 / 英国:風力発電所の近くに住むことは、聴覚障害引き起こす可能性があります…これは、ダメージが内耳に行われている可能性があるという最初の兆候かもしれません…マーカス・ドレクスル博士 / 論文:低周波音は、人間の内耳のアクティブ・マイクロメカニクスに影響します // 懇親会のお知らせ(2015年3月22日) |  ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について| ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!  







≪音と健康≫





バーモント州/画像
◇Sheffield: Therriens moving away from wind farm
シェフィールド:セリーン一家は風力発電所から離れる

(Caledonian Record | 12/12/2014 )
http://caledonianrecord.com/main.asp?SectionID=180&SubSectionID=778&ArticleID=122254



James Jardine, Staff Writer




画像:

彼らのシェフィールドの所有地でのセリーン一家





シェフィールドの
ファースト・ウィンド風力発電開発の
近くに住んでいるセリーン·ファミリーは
ダービーに引っ越しています。




スティーブとルアン・セリーン夫妻は
シェフィールドのニュー・ダック・ポンド通りの
彼らの50エーカーの所有地から
数百ヤード以内の距離にある
6台の400フィートの風の塔から離れて
自分自身と彼らの子供たちを再配置する準備をしています。


※ 100ヤード = 91.44 メートル
※ 数百ヤード = 91.44×?メートル




シェフィールドの開発を構築して、稼働した会社
ファースト・ウィンド社は、先月持ち主が変わりました。

新しい所有者は、サンエディソン社と
テラフォーミングパワー社であり
操作に関して何か変化があるとは予想されていません。





動きの詳細は、まだ計画されています;
セリーン夫妻は彼らの新しいアドレス
または彼らの動きの詳細を開示しないでしょう。


ルアン・セリーンさん次のように述べました。
彼女は、セリーン一家の敵が
ダークボンドの所有地を破壊することを恐れているので
動きを検討することに消極的でした。


ニュースはしかし、そこにはすでにあり、
かつ、少なくとも1つの隣接する町で
コーヒーショップでの会話のようなものとなっています。





スティーブ・セリーン氏は
風の塔への彼の接近によって
彼の健康がひどく損傷していると主張しています。



産業用タワーの音をたてているブレードは
スティーヴ、彼の妻と彼らの2人の小さな子供に
影響を及ぼした健康被害をつくると、セリーン夫妻は言います。





スティーブは
健康への影響は、仕事と彼の家族をサポートするために
働くことをできなくさせたと言います。




スティーヴ氏は、彼がダービーに転居したら
彼は健康が回復すると確信している
そして、彼が症状がよくなる
そして、職場にもう一度
戻ることができると思っていると木曜日に言いました。





スティーヴは、このように彼の状態を解説します:
「私はこの事を行うことを決心しました。

10人がボートの中にいるならば
多分、2人は船に酔ったようになるでしょう
しかし、他の8人は気分は良いです。

私にとって、まさにそのとおりです。

それは、私を病気にします …

どのように、あなたは誰かに言いますか
『私は、本当に気分がよくありません。』

それは、セルショック(戦闘ストレス反応)です。」






ルアンさんは、1人の娘
3歳のベイリーは、風の塔から病気を被ったと言います。
そして
「彼女は、風の塔無しで生活することが
どのようなものか知らなかった。
それらは、彼女の人生にずっと存在していました。」
と、説明します。





長年にわたり、セリーン夫妻は
彼らが去ることができて
どこか他でやり直せるように
ファーストウィンド社が
自分の財産を購入するように繰り返し試みを行いました。


しかし、スティーヴ氏によると
同社がした最高の申し込みは
50エーカーのうちの2エーカーを購入する$45,000でした。

取引は、彼らに対して他の48エーカーの生活から
または、これまでに
それにたよって暮らすつもりだった誰にでも
土地を売ることを妨げたと、スティーヴは言いました。





送電網から外れている家
および50エーカーは
以前の不動産業者を通じて12万ドルでリストされてきました。

シェフィールドの町は、87,000ドルの価値で
資産をシェフィールドの壮大なリストに記載しました。




ダービーへの転居といえば…ルアンは言いました。
「それは作業中です。

やるべきことがたくさんあります。

私たちは病気のため移動する必要があります。

それは、肝心な点です。」




彼女は、付け加えました。

「我々は、ほぼ20年の間ここで暮らしました。」

ルアーンさんによると
スティーヴ氏の家族は、1970年代から資産を所有しました。

彼女は、「この時点に到達するのに
時間がかかった。」と言いました。





彼は移動について
多くの援助を得ていると、言いました。

人々は時間を捧げ、家具を寄付し
彼らの移動を支援していますと
彼は言いました。




家族には彼らの家を出ることに対する
後悔があると
スティーヴ氏は、言いました。

「我々には、シェフィールドで
たくさんの本当に素敵な人々がいました。」と
彼は言いました。




町の職員は
彼の家族の窮状の手助けにならなかったと
彼は言いました。


「都市行政委員は買収されました」と
彼は言いました。


「彼らは、もう少し思いやりを持つ必要があります。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------
  関連記事
-----------------



ぜひ!→
ニュース
◇Sounds you can’t hear can still hurt your ears
あなたが聞くことができない音は、あなたの耳を傷つけることができる

(サイエンス/ AAAS | 2014年9月30日)
http://news.sciencemag.org/biology/2014/09/sounds-you-cant-hear-can-still-hurt-your-ears




By Sarah C. P. Williams




最新ニュース



画像:

Alex Luengo/iStockphoto/Thinkstock
内耳の機能は、少なくとも一時的に
低周波音に暴露することによって変更される。





風力タービン、フットボールの試合の騒々しい群衆
フルスロットルを実行しているジェットエンジン:

これらの各々は
人間が聞くことができる周波数より
かなり下にある音波を作ります。

しかし、これらの音の低周波成分を
聞くことができないだけで
それらが、あなたの耳に
影響を与えないという意味ではありません。

低周波音を、ちょうど90秒間聞くことは
あなたの内耳が騒音終了の後の数分の間
働く方法を変えることができることを
最近の研究が示します。




『低周波音の曝露は、長く無害であると考えられました。
また、この研究は、それがそうではないことを示唆します。』

この新しい仕事に関与していなかった
セントルイスのワシントン大学医学大学院の
聴覚科学研究者のジェフ・リクテンハン氏は、述べています。



人間は、一般に20〜20,000サイクル/秒間
あるいは、ヘルツ(Hz)の周波数の音を
感じることができます
— 人が年をとると、この範囲は減りますが。

可聴域の中の大きい音への長時間の曝露は
時間とともに聴力損失を引き起こすことが
長く知られていました。

しかし、約250ヘルツ未満の
周波数を持つ音の影響を確立することは困難でした​​。


たとえそれらが20Hzの下限より上にあっても
これらの低周波音は聞き取れないか
あるいは、かろうじて聞こえるといった傾向があります。
また、人々は、それらにいつさらされるか
必ずしも知るとは限りません。




新しい研究のために
神経生物学者マーカス・ドレクスル氏と
ミュンヘン(ドイツ)の
ルートヴィヒ・マキシミリアン大学の同僚は
通常の聴力の21人のボランティアに
防音ブースに座るよう頼んで
そして、90秒の間30Hzのサウンドを再生しました。


ドレクスル氏は次のように述べます。
深い、振動騒音は
「あなたが高速道路で高速運転している間に
あなたの車の窓を開いた場合に
あなたが聞くかもしれないもの」です。


その後、彼らは、健康な人間の耳自体が
かすかな口笛音を放射する現象と呼ばれる
自発耳音響放射(SOAEs)を利用して
騒音が終了した後に
耳の自然な活動を記録するためのプローブを行いました。

「通常、それは聞こえるにはあまりに弱すぎるが
人間の耳より敏感なマイクロホンで
私たちはそれらを検知することができます。」と
ドレクスル氏は言います。

人の聴力が変化するときにSOAEsが変わること
そして、難聴とともに消えることを
研究者達は知っています。





人々のSOAEsは、通常短時間の間は安定しています。

しかし、この研究において
低周波音の90秒後に、参加者のSOAEsは振動し始めました。
そして、より交互に強くなったり弱くなったりしました。


変動は、約3分間続いたと
チームは、ロイアル・ソサイエティー・オープン·サイエンスで
今日報告します。


変化は、難聴を直接示すものではありませんが
しかし、それらは、低周波音にさらされた後に
耳が一時的に、よりダメージの傾向が
あるかもしれないことを意味するということを
ドレクスル氏は説明します。


「たとえ我々がそれをまだ示していなくても
あなたがより長い時間、低周波音にさらされれば
それに永続的効果があるかもしれないという
確かな可能性があります。」とドレクスル氏は付け加えます。





「私たちの耳に関して不運なことは
必ずしも痛みを伴わない音で
彼らに恐ろしいことをすることができるということです。」

ボストンのハーバード大学医学部の
難聴の研究者M.チャールズリーベルマン氏は述べています。


聴覚に対する風力タービンの影響の
激しく論争する問題のような
特定の音の潜在的な害を調査するために
リーベルマン氏は
風力タービン騒音を模倣する条件で
同じ実験を繰り返すことができるかもしれないと言います。


彼はまた、どのように耳が騒音に反応するか
展開した研究を見てみたいと思っています
— 沈黙よりはむしろ —
低周波騒音暴露の数分後において。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





※ おとしん:注)

自発耳音響放射(SOAEs)とは

■自発耳音響放射
(日本聴覚医学会用語検索から)

http://audiology-japan.jp/audi/?p=3915



定義・解説

耳に何らの音響刺激が入力されない場合に
自発的に内耳から発振される音響放射。


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------





■特集
耳鼻咽喉科・頭頸部外科の検査マニュアル―方法・結果とその解釈

http://medicalfinder.jp/doi/abs/10.11477/mf.1411101590?journalCode=1411


Ⅰ.聴覚検査

pp. 49-55

7.耳音響放射

泰地 秀信

国立成育医療センター耳鼻咽喉科

発行日/Published Date: 2010/4/30

ISID: 1411101590




※ おとしん:注)

上記の文献概要から一部を引用します。


Ⅰ 耳音響放射の種類

 耳音響放射(otoacoustic emission:OAE)は
蝸牛から発生し外耳道内で検出される弱い音であり,
音刺激により誘発されるものと
自発的に発生するもの
(自発耳音響放射,spontaneous OAE)とがある(表1)。

OAEは蝸牛内の外有毛細胞の
能動的な作用の副産物として生じており,
内耳機能(外有毛細胞の機能)を他覚的にとらえる指標となる。


・・・・・・


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






---------------------





ぜひ!→
英国
◇Living close to wind farms could cause hearing damage
風力発電所の近くに住むことは、聴覚障害引き起こす可能性があります

(ザ・テレグラフ | 2014年10月1日)
http://www.telegraph.co.uk/earth/energy/windpower/11131544/
Living-close-to-wind-farms-could-cause-hearing-damage.html



カミラ·ターナー



王立協会によって発表される新しい研究は
風力タービンで発される低い周波数騒音によって
もたらされる可能性がある危険を警告します





画像:
新しい研究は
低周波数騒音によってもたらされる可能性がある危険性を警告します
Photo: ALAMY





低い周波数騒音によって
もたらされる可能性がある危険を警告する
新しい研究によると
風力発電所の近くの生活は
ひどい聴力損傷または難聴にさえ至るかもしれません。




内耳の物理組成は
風力タービンによって放射されたような
低周波ノイズへの暴露後に
「大幅に」変えられたということが研究で分かりました。




その研究は、風力発電所の近くに生きている人々の
健康に対する有害な影響について
長い間、訴えてきた風力発電所の批判者を喜ばせるでしょう。



新しいジャーナルの『オープンサイエンス』で
王立協会によって、本日、公表されたその研究は
ミュンヘンの大学の科学者のチームによって行なわれました。




これは、18歳から28歳までの
健康な21人の男性と女性の研究に依存しています。



低周波音に曝露された後
科学者たちは
21人の参加者のうちの17人の内耳から
放射されている音のタイプの変化を検知しました。



その変化は
聴覚とバランスのために必要不可欠である
スパイラル形状の空洞の
蝸牛と呼ばれる耳の部分で検出されました。



「私たちは、人間の耳の非常に奇妙な現象を調査しました:
健康な人間の耳が絶えず発するかすかな音」と
レポートの著者の1人
マーカス・ドレクスル博士は述べました。




「これらは聴覚プロセスの副産物として
あなたの耳から出てくる
非常にかすかな一定の口笛のようなものです。

我々は、内耳のプロセスが
どのように変わるかの指標としてこれらを使用しました。」




ドレクスル博士と彼のチームは
90秒の低周波音への曝露の前後に
これらの自然に放射された音を測定しました。



「通常、耳から放射される音は
同じ周波数にとどまります。」と、彼は言いました。



しかし、興味深いのは
暴露後に、これらの音が非常に大きく変化していることでした。」




「それらは、2、3分間ゆっくり振動するようになりました。

これは、低周波音によって生み出された
内耳機構の変化として解釈することができます。」




「これは、ダメージが内耳に行われている可能性があるという
最初の兆候かもしれません。」




「[例えば]
あなたが、風力タービンの隣に住んでいて
そして、数カ月から数年間
これらの音を聞く場合のように
あなたがより長い時間曝露される場合には
私たちは何が起こるかわかりません。」




風力タービンは
研究で使用された低周波音を含む
騒音の周波数スペクトルを放射すると
ドレクスル博士は説明しました。




彼は、この研究が
「例えば睡眠障害、聴力問題と高血圧といった
風力タービンの近くで生きる人々が
報告する症状のいくつかを説明するのに
役立つかもしれません。」と述べました。




ドレクスル博士は、単に、通常
人間がそれを聞くことができないというだけの理由で
低周波騒音が
どのように 『強烈な、または憂慮すべき』ものとして
知られていないかについて説明しました。



「より低い周波数では
あなたはそれをあまり聞けません。
それがもっと低い場合
あなたはまったくそれを聞くことはできません。」



「 あなたがそれを聞くことができないならば
それは問題ではないと、人々は思います。


しかし、たとえあなたの意識に入っていないとしても
それはあなたの内耳に入っています。」




コウモリは、タービンは、避難所、食料や
性別を見つけることができる木だと思うので
風力発電所での死に誘い込まれていたと
今週初めに報告されました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



最近の研究=
■Low-frequency sound affects active micromechanics in the human inner ear
低周波音は、人間の内耳のアクティブ・マイクロメカニクスに影響します

http://docs.wind-watch.org/Kugler-low-freq-inner-ear.pdf





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht





















2014-12-19 : 音と健康:2014/08/11~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪音と健康≫レター、ウィスコンシン州:風力タービンの影響は、とにかく想像されません | 山口県:洋上風力発電「民家最短でも1.5キロ」 業者「低騒音」 |関連記事| <和解:メーソン郡風力発電所訴訟>ミシガン州/画像:19人の原告のうちの17人のために解決されるコンシューマー・エネルギー社に対するメーソン郡風力発電所訴訟 | レター、イリノイ州:私の意見:ブーン委員会は、市民の財産権を保護しなければなりません   // 懇親会のお知らせ(2015年3月22日) |  ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について| ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!    






レター、ウィスコンシン州
◇Wind turbine effects are not just imagined
風力タービンの影響は、とにかく想像されません

(Fond du Lac Reporter | November 28, 2014)
http://www.fdlreporter.com/story/opinion/2014/11/29/
wind-turbine-effects-just-imagined/19618113/




11月16日オピニオンの書簡の中で
著者は
産業用風力タービンから報告された
すべての健康問題を
想定された原因が
実は存在するか否かを問わず
実際に身体症状を予想させられる個人が
それらの症状を経験すると主張する
「ノセボ効果」のせいにしています。





その主張には調査が必要です。

風力産業のこの持論は
世界的な健康についての苦情の
増大する騒音を釈明する真実の説明か
あるいは煙幕ですか?



これを考慮してください:

高額のお金と引きかえに
彼ら自身の資産の上に
自発的にタービンにサインしている人々は
ノセボ効果の候補ですか?



もし彼らが、病気か
または眠ることが不可能になると
信じる気にさせられたならば
彼らはそのような契約にサインしたであろうか?

いいえ!





それでも、テキサスの
「バレー・モーニング・スター」によれば
そこの23人の風力タービン・ホストは
彼ら自身の風力開発者の
デューク・エネルギー社と
E.ON クライメート・リニューエイブルズ社を
以下のように主張して訴えています:




•企業は
「風力タービンは、原告の家を含め
 地域社会に与えるだろう真の性質及び影響を
 うっかりと
 そして、不注意にも、開示しなかった。」



•風力タービンは
「人々の健康に影響を与える音圧の波動を作る。」



• 一部の居住者は
「彼らの家を捨てることさえ強いられました。」



•ロヤさんは「もはや大きい騒音のため
 外に座って楽しむことができません。」
 そして、「タービンは、家の内で
 そして、家の外で騒音を引き起こします。
 それから、平和を妨げて
 そこで生きて楽しむことを難しくします。」



• シルヴァさんは
「眠るのに苦労して、(そして)
 風力タービンからの大きい音のために
 窓を開けて自然の音を楽しむことができません。」




彼らは最高を予想させられたが
正反対を経験したようです。

ノセボの煙幕はその程度。





ノセボのの煙幕について
ここで事実を学んでください。


www.wind-watch.org/documents/tag/nocebo.




エリザベス・エバートズ



マウトン・キャルバリー




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------



山口県
◇洋上風力発電「民家最短でも1.5キロ」 業者「低騒音」
 
(山口新聞 | 2014年11月7日)
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2014/1107/2p.html


下関市安岡沖で洋上風力発電事業を計画している
前田建設工業(本社・東京)が6日
同市細江町の市生涯学習プラザであった
市環境審議会(鷲尾圭司会長、20人)で
来春にまとめる予定の環境影響調査の中間報告を行った。


「風力発電機の建設予定地から
最も近い民家まで約1・5キロを確保しており
騒音も35デシベル以下
(夜間の町なかの住宅地と同程度)に収まる」などの
予測結果を示した。



同社の永尾真取締役専務執行役員が説明。

検討案通りに風力発電が設置された場合
風車が発する騒音は
建設予定地から最短の民家のある地点で
35デシベル以下になるとし
生活地域から十分な距離があると報告。



風車から発生する低周波音の予測値も
近隣11地点で現状とほとんど変わらないとし
「日常生活への影響は少ない」と述べた。




出席した17人の委員からは
風車配置をさらに沖合に変更する可能性や
安全対策について質疑があり
同社は、「近くの航路や推進の問題があり
1.5キロがぎりぎりの範囲」
「風食25メートルを超えると
風車が停止されるよう制御する」などと答えた。




この日は、地域の関心が高いとして公開され
建設予定地に近い同市安岡地区の住民や市議ら
55人が傍聴した。


同社は来春に調査結果などを反映させた
環境影響評価準備書を策せ宇する予定。
同審議会は準備書を踏まえ
環境保全の意見を降りまとめて答申する見込み。



同事業は国内最大級の総出力6万キロワットを計画し
2015年度に着工、16年稼働を目指している。






* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




----------------------
  関連記事
----------------------




<和解:メーソン郡風力発電所訴訟>



ミシガン州/画像
◇Mason County wind-farm lawsuit against Consumers Energy settled for 17 of 19 plaintiffs
19人の原告のうちの17人のために解決される
コンシューマー・エネルギー社に対するメーソン郡風力発電所訴訟

(mlive.com | October 20, 2014)
http://www.mlive.com/news/muskegon/index.ssf/2014/10/mason_county_wind-farm_lawsuit.html



By John S. Hausman




画像:

発電機なしで、風力タービンの「スプラウト」が
この2012ファイル写真の
リバートン郷のコンシューマー・エネルギー
レイクウィンド・エネルギーファームの
3台の完成した風力タービンの中で立っています。

(MLive file)





ルディングトン、ミシガン州 –

コンシューマー・エネルギー社と
サススルディングトンの
レイクウィンズパーク風力発電所の会社を訴えた
最初の17人のメーソン郡の住民は
裁判の直前に彼らの訴訟を解決しました。



・・・・・・


最初の17人の原告との和解の条件は、秘密です。

協定は週末に整って
10月20日月曜日に記録が入れられました。

そして、陪審員のプールが裁判所に
すでに集められた裁判の進路を変えさせました。



2013年4月に起こされた訴訟において
原告は
風力発電所の56台のそびえ立つタービンの
騒音、振動と明滅している明りが
経済的損失だけでなく
不眠、頭痛、めまいと
他の身体症状を引き起こしていると主張しました。



訴訟は、コンシューマー社に対して
「彼らの活動の停止」
かつ「侵入を緩和する」ために裁判所命令を求めました。




ジャクソンに拠点を置く電力会社は
和解について月曜日に声明を出しました:



「コンシューマー・エネルギー社は
原告17人と和解することに合意に達したことを
喜ばしく思っています
...我々は残りの二人の当事者と
同じことを行うことを期待しております。」


・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------------




レター、イリノイ州
◇My View: Boone board should protect property rights of citizens
私の意見:ブーン委員会は、市民の財産権を保護しなければなりません

(Rockford Register Star | Oct. 25, 2014)
http://www.rrstar.com/article/20141025/OPINION/141029492/



ブーン郡内の現在の政治闘争は
風力エネルギーのメリットについてではありません。

それは我々が
市民の健康、安全、財産権の保護は
特定の開発者から収益を上げるよりも
重要であると考える
郡委員会を持っているか否かについてです 。



我々の郡のゾーニング委員会の前の証言から
産業用風力タービンが、健康、安全と
それらの近くで生きている誰の財産でも
脅かすことは、明白です。





回転するブレードから放射された
振動、気圧の混乱
及びサブソニック、超低周波騒音が
睡眠妨害、頭痛、吐き気、記憶喪失
学習障害などを引き起こすという証拠が
世界中で増加しています。




これらの問題を避ける最高の方法は
住宅地から、1または2マイル離れて
風力タービンを設置することになっていると
専門家は言います。


※ 1マイル = 1.609344 キロメートル
※ 2マイル = 3.218688 キロメートル
 

郡で風力タービンを築くことを望む
外国の産業用風力会社は
誰も、誰もこの真実をよく知りません。

彼らは守秘性を含んでいる契約にサインするために
産業風力タービンの「ホストをつとめる」ために支払う
資産のオーナーと
明らかにそれらを禁止する、または停止する
法的措置をとる 禁反言条項を必要とします。
そして、健康と安全問題は
彼らの風力タービンの性能に起因します。




ブーン郡の現在の条例は
開発者が住居に危険なほど近い風力タービンを
設置することを認めます— 2マイル先ではない。

または1マイル

または半マイルさえ。

ちょうど1,000フィート

※ 2マイル = 3.218688 キロメートル
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル
※ 半マイル = 804.67200 メートル
※ 1000フィート = 304.8 メートル




その上、それが隣人の財産上の風車の
千フィート以内になる場合は
条例は、資産のオーナーに
自分の資産の上に主要構造部分を築き上げる権利を与えません。



距離を増加させて
かつ自分の財産のコントロールを人々に戻す
代替条例が今年導入されました。

それは、外国の産業用風力の開発者によって
反対されて、通りませんでした。

委員会メンバーの半数はそれに反対票を投じました
— 彼らの少数が、それらに反対した他の委員会の委員
および一般人を公然と大声で誹謗するために
それらの投票の機会をとらえました。




これらの委員会のメンバーは
礼節を欠いている以外にも
いずれかの風力タービンの危険性について
彼らに提示された証拠を無視したり
風力タービンの危険に関して
彼らに提示された証拠を無視しました。

・・・・・・・



イリノイ州の郡政府は
「国民の健康、安全、福祉を提供するために」
州憲法の下で設立されました。




いくらかがブーン郡で持っているので
郡職員がその主要なチャージのサイトを失う場合
その市民と彼らの資産を傷つけずに
郡の挑戦を解決することを約束した候補の中のオフィスから
彼らを投票によって追い出す時間です。



・・・・・・・


ブーン郡は、今まで以上に
郡委員会の手続に礼節を復元することができる
知恵と立派な作業記録
鋭いビジネスセンス
良識感を持った郡委員会のメンバーを必要とします。




彼らの最初の仕事は、ブーン郡居住者
特に、風力タービンの対象地域に住んでいる
地方の家族の健康を脅かすだろう
外国の産業用風力開発者の入札を行うのではなく
ブーン郡に住んでいる人々の
公衆の福祉を保護することであることを
彼らは理解しておく必要があります。




疑わしい「金融応急措置」を
郡政府に提供するために
あるいは世界のエネルギー問題を解決するために
誰もが、生命、自由および財産に対する権利を
あきらめなければならないことについての
適切な、あるいは、道徳上の理由はありません。



では、投票所でお会いしましょう。




デイビッド・クレヴァードン

Kinnikinnick農場、カレドニア





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht




















2014-12-18 : 音と健康:2014/08/11~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪音と健康≫①サマセット郡/メリーランド州、レター:風力タービンは、世界中で多くの病気を引き起こす | ②サマセット郡/メリーランド州、レター:風力プロジェクトは深刻な安全、健康上の懸念を提起 |関連記事| ⑫ オーストラリア、レター:風力発電所騒音に関するオーストラリア公衆衛生協会のエラー…アデレード大学名誉教授コリン·ハンセン  // 懇親会のお知らせ(2015年3月22日) |  ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について| ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!  






≪音と健康≫






①サマセット郡/メリーランド州、レター
◇Wind turbines cause many ills worldwide
風力タービンは、世界中で多くの病気を引き起こす

(delmarvanow | November 5, 2014)
http://www.delmarvanow.com/story/opinion/columnists/2014/11/05/
wind-turbines-cause-worldwide-ills/18552291/




HARVEY A. KAGAN



Re:「サマセットの風力エネルギー・ストーリーの残り」10月28日




私は、パイオニアグリーン社の
ポール·ハリス氏に対応しています。

ハリス氏は
サマセット郡シビックセンターで
『セイフ・フォー・ソメセト』が主催する
教育フォーラムは偏っていたと主張します。




最初に、私たちの郵送、私たちの新聞広告
私たちの国道13号の看板上に
延長されたオープンの招待状がありました。

特別招待状は、郡の委員
計画委員会のメンバーと
選出された状態の代表者と候補者に広げられました。

郡の委員は目立って欠席でした。




第二に、これは、議論ではなく、フォーラムでした。

フォーラムの目的は
米国および風力発電所が建設されている世界中で
提起されている
公衆衛生と安全の問題について
市民を教育することでした。


話者は、本当の問題をカバーしている
よく研究された事実を提示した無給の専門家でした。




市民が、パイオニア・グリーン社の
スポークスマンから聞くすべては
農場が、環境と市民への影響がない
ドル箱だということです。


参加者は、彼らの宿題をし
そして、住宅の近くに配置された
産業用の風力タービンの
プラスとマイナスを見るよう求められました。

ハリス氏と彼の取り巻きが
フォーラムに出席するほうを選んだなら
彼らは発表者の質問をすることができたでしょう。




ハリス氏は、すべての事実上の根拠なしに
おそらく提案された
風力タービンの近くに住む人の99%が
「賛成か、または
全く意見がなかったかのどちらかだった。」と
暗に伝えます。





これは間違っています。

私は、7月から定期的に
郡の行政責任者と計画委員会会議に行っていました。

これらのミーティングの唯一のサポーターは
借地人と彼らの親族です。

反対派は
彼らがタービンに影響を受けると思う非賃借人です。

意見のない人々は
彼らがどんな形であれ
建設に影響を受けると思っていない人々です。




フォーラムで
我々は、見つけることができた
リースの位置を示している郡の地図の表示をしました。

この表示は、おそらく最も注目を集めました。

人々が一旦彼らの所有地の近くに
リースがあるのを見た後に
彼らはプロジェクトに否定的な見解を表明しました。





ハリス氏は、風力タービンは
環境、公衆衛生と安全
資産価値とサマセット郡の生活の質に
影響を与えないと述べています。


それでも、大学、経済学者と
医療専門職によって行われる新しい研究は
すべてのこれらの問題を文書化し
科学的なジャーナルと
尊重された雑誌で世界中で絶えず発表されています

— さらに風力タービンの好ましからぬ経済状態。





パイオニア・グリーン社は
風力タービンを設計しないし、造りません。

タービンが建設される前に
パイオニア・グリーン社は長い間消えてしまい
結果として生じている問題を
借地人、郡の住民、および弁護士の手に残します。





これは、我々が行うべき方法ではありません。





ハーヴェイA.ケーガン氏は
サマセット郡の居住者で
『サマセットの安全』のメンバーです。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------





②サマセット郡/メリーランド州、レター
◇Wind project raises serious safety, health concerns
風力プロジェクトは深刻な安全、健康上の懸念を提起

(The Baltimore Sun | December 6, 2014)
http://www.baltimoresun.com/news/opinion/bs-ed-wind-power-letter-20141206-story.html




サマセット郡の彼の会社の
風力発電プロジェクトに関する
アンディ·ボーマン氏の最近のコメントは
チェサピーク湾の東側からの眺めを表すものではありません。

(12月1日「安全上の懸念ではなく
政治は、イースタンショアの風力プロジェクトを妨げる」)。




7月には、パイオニア·グリーン社と
そのロビイストからの圧力の下で
サマセット郡の委員は
2012年に書かれた草案風の条例を完成させるために
郡の計画評議会に60日の猶予を与えました。


去年の夏開催された公聴会の間に
対立を生じる議論は
リースで利益を得る少ない大地主と
風力タービンに影響を受ける普通の市民の間で続きました。






サマセット郡のパイオニアグリーン社の従業員は
公聴会の間、地域の医療や科学の専門家が提起した
健康と安全の懸念を常に否定しました。

専門家は、住宅、学校、保健センターからの
風力タービン用の安全な後退距離を確立して
適切な騒音レベルの制限を確立するために
委員会に懇願しました。






公聴会の最後に
郡の30年の一般開業医で
郡の委員会の議長と副保健担当官の
メアリーフルーリー博士は
他のメンバーが
健康上の問題を扱っていなかったと感じたので
計画委員会の彼女の地位を辞任しました。





プロジェクトが建設されていない場合は
サマセット郡と借地人は
数百万ドルを失うことになることを証明されていないと
ボーマン氏は主張します。


興味深いことに
借地人の契約は、非開示条項が含まれていて
どれもこれまでに公開されていません。



ダンプカーのオペレータを除いて
仕事は、サマセット郡で
風力タービンの建築または
メンテナンスによりほとんど作成されません。


材料と労働者は
郡の外から、そして州の外から来ます。




パイオニア·グリーン社は
風力タービンを設計または構築しません。





それ(パイオニア·グリーン社)は
不動産開発権を売って
何かが造られる前に
とっくにいなくなります。


そして、結果として生じる
健康、安全と環境問題を
賃借人と郡の住民と弁護士の手に残します。



サマセット郡は
プロジェクトのために豊かになるのではなく
より貧しくなります。






ハービー・エイ・ケイガン、プリンセス・アン




筆者は、公認のプロのエンジニアです。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------------
関連記事
--------------------------




⑫ オーストラリア、レター
◇Public Health Association of Australia errors regarding wind farm noise
風力発電所騒音に関するオーストラリア公衆衛生協会のエラー
(March 3, 2014 - Colin Hansen ~)
https://www.wind-watch.org/news/2014/03/11/
public-health-association-of-australia-errors-regarding-wind-farm-noise/




TO:ミスターマイケル·ムーア、PHAAの最高経営責任者(CEO)

親愛なるミスター·ムーア




私はあなたがこの問題について、あなたの風力発電所の
ノイズのウェブサイトに、
および2013年11月10日のメディアリリースにおいて
事実のいくつかのエラーを修正するために書いています。

それは自信を持って専門家の意見を表明すると見せかけつつ、
マスコミ発表およびウェブサイトは一般の人々に
このように誤解を招くような事実の誤りを伝えることは残念です。

前置きとして、私は40年以上にわたって音響学と振動で働いており、
多くの本および主題上の多くの研究報告の著者です。

私は2011年以来、風力発電所の騒音に取り組んできました、
2012年に私が「農村地域での風力発電所のノイズの影響を定量化」
と題したプロジェクトのために
オーストラリア研究評議会の助成金を授与されました。

さらに、私はWHOと職業的な騒音に取り組みました。
また、私が組み立てられて支援した結果として生じたドキュメントは、
次のもので見つけることができます:


http://www.who.int/occupational_health/publications/occupnoise/en/




私の主な問題は、あなたのことが、世界保健機構の
『寝室で許容できる夜間騒音の制限のための勧告』を
誤って引用していることです。

世界保健機関の2009年「ヨーロッパのための夜間騒音のガイドライン」
というタイトルの文書の108ページの表5.4、109ページの表5.5を、
あなたは参照してください。

テーブルはエグゼクティブ·サマリーで繰り返される。
テーブルでは、レベルがあなたの新しいウェブサイトを宣伝する
あなたのプレスリリースで示唆されるように「内部」ノイズレベルではなく、
「外部」のノイズレベルであると呼ぶことがあります。

また、30デシベル外の騒音レベルを下回る、
(それが自然の中で合理的に連続している場合は、
交通騒音と同様の周波数スペクトルを有する騒音に基づく)は
健康への悪影響がないことがわかります。

表5.4に示すように40デシベル外の騒音レベルについては、
健康への悪影響は、ページ108、人口の中で明らかになるように開始されます。

交通騒音にさらされる建物の減衰は、
一般的に10〜15デシベルであることが認められているとおり、
これは、人々が眠ろうとしている30未満のdBA屋内での
ノイズレベルに変換されます。

そのため、あなたの文では、最高の状態で誤解されている
「環境騒音は睡眠を妨害することは公衆衛生上の懸念と
世界保健機関(WHO)は、夜間の騒音が40デシベル以下を勧めている」。
だけではなく、それは、誤解を招くおそれがあり、
このレベルはA特性レベルまたは
完全に異なる意味を持つDBAであるという言及がないので、
非常にずさんな報告をしています。

このエラーは、Webサイト上のFAQの多くに貫かれています。





あなたのウェブサイト上のFAQに誤表現される
風力発電所の騒音に関わる他のいくつかの事実があります。
これらは以下のとおりです。





1.あなたの質問FAQで、「風力タービンはどのくらいのノイズを発生しますか?"
「ウインド・ファームが人間の健康に有害であるという証拠がありますか。」
:以下のように記述します。


「調査は次のことを合意しました、
風力タービンに近い人々の小さな部分集合
彼らは騒音が腹立たしいことが分かる。
これはよりひどい睡眠不足につながるストレス要因でありえます。」


これは、このエリアで行われた研究の多くによって達した結論の誤説です。




2.あなたの質問で
「風力タービンはどのくらいのノイズを発生しますか?」と
あなたは述べます:

「1.5〜3.0 MW容量範囲における風力タービンは
- 典型的には、陸上の実用向き風力発電に使用される範囲は
- ロータ·ハブにおけるノイズは100から106デシベルの間に生じる。」

それから、あなたは、それが140mで60デシベルのように
このレベルが距離で減少すると述べ続けます。


あなたが加重音量レベルをA‐に引用する場合は
非加重のレベルとの混同を避けるためには、DBAを使用することが重要です。


また、あなたが述べるロータハブに存在する100-106 dBAは
ハブにおける音圧レベル測定ではない。


それは、関連規格に準拠した
地面上で行われた測定から計算された音響パワーレベルである。


この音響パワーレベルは、我々の耳が応答するものであり
様々な距離での音圧レベルを計算するために使用される。






3.あなたの質問、
「風力タービンはどのくらいのノイズを発生しますか?」
あなたは述べます:

最も近い家で、風力タービンは大抵、
外で聞き取れる45‐47デシベルが典型的です。
そして、それは静かな郊外または自宅の会話とだいたい同じくらいうるさい。」

風力発電所の夜間の騒音レベルは、
人口の大多数に睡眠障害を最小限にすることを意図しているレベルで
規制当局が設定しているように
私はこの文は夜間の騒音レベルを指すと推定します。

私はアデレードの郊外で多くの屋外騒音測定を行い
他の人が行った測定した結果を見て
場所は主要幹線道路に隣接している場合を除き交通騒音によるレベルは
一般的に25デシベルと30デシベルの間で変動しています。

風が強く吹いて、そして、木がまわりにあるならば
騒音レベルはより高いです、
しかし、これらの場合、人々は通常彼らの窓を閉められており
そして、より高い周波数の木の騒音は
風力発電所からの低い周波数ノイズほど侵入的ではありません。


だから、あなたの文の
45〜47デシベルが静かな郊外の代表的なもの
(私はあなたがDBAに意味と仮定)は、
単に真実ではないか、せいぜい誤解を招くような
少なくともアデレードのためではないと疑いをかけます。


低周波ノイズを生成する水ポンプ場は、
都市の政治的に微妙な郊外に位置しているときには、
ポンプ場の境界で、または最寄りの居住地の境界における
許容外部ノイズレベルは30デシベル以下であることがわかります。


したがって、農村部の人々は郊外の住民よりも少ない心遣いに値すると思いますか?





4.あなたの質問、
「風力タービンはどのくらいのノイズを発生しますか?
あなたは述べます:


「オーストラリアの風力タービンセットバックのほとんどは、
最も近い寝室で夜に騒音の35〜40デシベルを達成することに基づいています。」


これは平均的な夜間の環境騒音の世界保健機関(WHO)の基準に沿ったものです。


繰り返しますが、これは正しくありません。


WHOは、40デシベルを
人々の寝室のレベルはではなく、屋外の騒音のために推奨しています。




5.あなたの質問、
「聞き取れる騒音は、健康を害しますか?」
あなたは述べます:


「人間は通常、全ての周波数において、
生活全体をはるかに超える100デシベルのピークボリュームで、
常にノイズにさらされています。」


この文は、最高に誤解を招く恐れがあります。


それが風力発電所の騒音ガイドラインと
85デシベルの許容工業ノイズの観点から書かれているもので
おそらくあなたは、加重レベルまたはDBAを意味します。


ナイトクラブに通う人々から離れて
極めて少ない人々は100dBAにさらされていれば
イヤーマフや耳栓を着用しなければならないほど大きいです。
そして、彼らが年をとって、
その人のほとんどは、その結果、相当な聴力損失で苦しみます。


いずれにしても、あなたは、彼らが眠ろう
(あなたは「絶えず」語を使用します)としているとき、
何人がこれらの種類のピークレベルにさらされると思いますか?


私は、睡眠障害を最小限にすることが
それらがそうであるのと同じくらい低くセットされているコミュニティーに
熟達していた工場騒音の許しえるレベルの主な理由であることを
あなたが理解するかどうかと思っていました。




バランスの良いウェブサイトに載らなければならない、
そして、あなたのものからなくなっている
風力発電所騒音のいくつかの面があります。

これらは以下に記載されています。




1. 風力発電所の騒音は、
WHOの文書の基になっている交通騒音とは大きく異なります。


風力発電所から住居である距離を経験した風力発電所騒音は、
人々がずっと侵入的で腹立たしいとわかるスペクトルの
低周波部分によって支配されます。


また、この低周波数のエネルギーは、
中周波数レンジ(例えばWHO外部騒音レベル推薦が拠点を置く交通騒音)に
広げられるエネルギーより家の壁と屋根によって減少しません。





2.WHOの推奨事項は、都市部と郊外のヨーロッパのためのものです。

そこで、彼らが地方のオーストラリアにいるより
一般的な暗騒音レベルは非常に高いです
従って、ヨーロッパの人々は通常、悩むことなく
より高い雑音レベルに耐えることができます。





3.コンプライアンスチェックの結果として報告される
3.Windファームのノイズレベルは、
ハブの高さにおける風速測定対騒音レベルのプロット上の
2000以上のデータポイントに取り付けられた嵌回帰直線を表す。


各データポイントは、10分間の平均音レベル測定を表す。


ウィンドファーム騒音が多くのdBレベルで変動することが
知られているように、住民が経験する最大ノイズレベルは
試験から報告されたレベルより上であることは明らかである。


でも、10分間の平均ノイズレベルは、
多くの10分の期間について回帰分析から決定されるレベルより
10 dB高くすることができます。


これらの10分の期間中、最大ノイズレベルは
さらに高くすることができる。
これは、眠っている人を邪魔するのに必要な
騒音レベルを説明する「WHO文書」の文脈において重要である。


風力発電所ノイズは交通騒音より一般に非常に変化します、
そして、このように、報告された平均レベルと最大レベルの違いは
風力発電所騒音のためにより大きくなりそうです。


さらに、WHOの文書は、より高い値の重要性を有効に無視するデータに
回帰線を適合させる言及をしません。


それにもかかわらず、
これは風力発電のコンプライアンスチェックで行われているものです。
(ハブ高さにおける風速VS騒音レベル)を測定したデータに合わせて
回帰直線の使用は、住宅のノイズを特性化するための意味がありません







4. 特に夜ウィンドシアは、多くの場合、最大であるとき
レジデンスの風速が、多くの場合、ハブ高さでの風速とは関係ないので、






5. 99ページ上で以前に引用されたWHOのドキュメントは、
単一の出来事のために42デシベルAの許しえる交通騒音用の上限を示唆します。


「現在の利用できる証拠に基づいて、
我々は、そのNOAELAmax = 42をdB(A)とみなして、
LAmaxで輸送機関騒音イベントを42dB(A)大目に見ないhealth
‐に拠点を置くnight‐時間雑音制限をセットするつもりです。」と、
WHO文書は述べます。


風力発電所の騒音のためのオーストラリアの現在のガイドラインは、
単一の風力発電所のイベントについては、この許容上限を言及していない。





上記のコメントは、
組織が公衆衛生を保護する上で、本当に興味を持っているかどうか
一般の人々に影響を与えるように試みるように
風力発電所の開発者のためのプラットフォームかどうかと
疑問に思うままにしておきます。








名誉教授コリン·ハンセン
機械工学の大学院
アデレード大学

2014年3月3日




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht

















2014-12-17 : 音と健康:2014/08/11~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR