騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<新しいエネルギー規制とインフラサウンド(超低周波不可聴音)>ぜひ⇒アイルランド/画像:風力発電所のデシベル・レベルは管理されなければならないと、上院議員は言います…「私たちはタバコやアスベストが有害ではなかったと、過去に言われました、そして、私たちは常にX線や放射線その他の種類への曝露に対する有害な影響については知りませんでした…ジョン・ウィーラン労働党上院議員 |関連記事|    







<新しいエネルギー規制とインフラサウンド(超低周波不可聴音)>




ぜひ!⇒
アイルランド/画像
◇Wind farm decibel levels should be regulated, Senator says
風力発電所のデシベル・レベルは管理されなければならないと、上院議員は言います

(The Irish Times | Apr 23, 2015 )
http://www.irishtimes.com/news/politics/oireachtas/
wind-farm-decibel-levels-should-be-regulated-senator-says-1.2186881



Michael O'Regan



画像:

労働党上院議員ジョン·ウィーラン。
ウィーラン氏は、、
新しいエネルギー規制の起草において
考慮すべき風力発電所のデシベルレベルを呼びかけている

Photograph: Eric Luke/The Irish Times




=======================




労働党のジョン・ウィーラン氏は、
騒音が、近くに住んでいる人に
悪影響を及ぼすことができると主張します





風力発電所の近くで生きている人々によって
経験されるデシベル・レベルは、
新しい規則を立案する際に考慮されなければならないと、
ジョン・ウィーラン労働党上院議員は言いました。





ウィーラン氏は次のように言いました:

「私たちはタバコやアスベストが
有害ではなかったと、過去に言われました、
そして、私たちは常に
X線や放射線その他の種類への曝露に対する
有害な影響については知りませんでした。」





ウィーラン氏は、
風力発電所から2kmの範囲の中で生きている家族のための
増加した騒音レベルが、
彼らの生活の質に有害な影響を及ぼすことができたという
見解を支えている
科学的証拠の新出現の一群があると上院に話しました。





ウィーランさんは以下のように述べました:

「騒音は大きくないと主張されます。」





「しかしながら、器具などを用いない裸の耳で
我々が聞くことができないからといって、
それは、インフラサウンド(超低周波不可聴音)が
存在しないことを意味しません;

人々が生きなければならない、一定の、侵襲的かつ持続的振動。」





ウィーラン氏は、
それが家の近くに設置された後に、
風力発電所から逃げることがなかったので、
交通やその他の暗騒音と、
その音を比較することができなかったと、言いました。




▼白書





エネルギー担当大臣のアレックス·ホワイト氏は、
彼の当局は、
9月に出版するエネルギー白書の起草は
もうかなり進んでいると、言いました。




ホワイト氏は、その国際的な研究は、
すべての決定に情報を提供すると言いました。




「最高の技術的な研究と科学的な証拠は、
私の決定に情報を提供するでしょう、そして、
私には、わかります、環境省の私の同僚の決定。」




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒2015年7月5日 懇親会が決定しました


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



==================================


※ 終了しました!

遠方よりのご参加を、ありがとうございました。

次回は、7月5日です。



おとしん 若林


--------------------------

 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。






============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht










2015-04-30 : 法律、政令、条例、規則、訴訟 2014/08/06~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<風力タービン振幅変調騒音のレビュー決定>ぜひ→イングランド:コミュニティの行動は、政府のレビューをトリガー…風力の開発者は、長年にわたってAM(振幅変調騒音)を否定しています。そして、この騒音を考慮せず風力タービンを構築し続けている。1つの難門は、AM(振幅変調騒音)が音量問題ではないということです– それは、騒音レベルでなく騒音の脈動性の特質です…『デンブルック·グループ』マイク·ハルム | 日本では…風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会 第1回議事録 | ぜひ→「風力発電施設に係る騒音対策技術等に関する分科会」報告書(案) |関連記事| 31-1/4~4/4 オーストラリア、レター:AMAへの手紙: 超低周波音の可聴性と影響…位相キャンセル技術は、しばしば、低周波数および超低周波音の共振が近代的な建物で発生する状況で使用されます。エンジニアは、彼らが緩和技術を開発した理由、つまり、これらの問題が健康への影響を引き起こすことを知っています!…ブルース・ラップリー博士    // 懇親会のお知らせ(2015年3月22日) |  ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について| ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう! 





<風力タービン振幅変調騒音のレビュー決定>




イングランド
◇Community action triggers government review
コミュニティの行動は、政府のレビューをトリガー

(Western Morning News | December 14, 2014)
http://www.westernmorningnews.co.uk/
Community-action-triggers-government-review/story-25706274-detail/story.html



By Phil Goodwin



政府は、デボン・コミュニティによる
長いキャンペーンの後
風力発電所騒音のチェックを発表しました。



それが建てられた場合
ウェストカウントリーで3番目に大きくなる
計画されたデンブルックプロジェクトの隣人は
振幅変調騒音(AM)に対する懸念の後に
司法審査をもたらした。


「ウインドシア」の騒音は
ほとんどの苦情の原因であるといわれているけれども、
計画法に含まれていません。



高等裁判所裁判官は
地元の人々が訴えようとしている決定
西デヴォン自治区議会による
測定計画の承認を支持しました。



今、エネルギー·気候変動省(DECC)は、
国家標準を設定することができる
風力タービン振幅変調騒音のレビューを発表した。




証拠をレビュー



DECC(エネルギー·気候変動省)は
当局と開発者を設計するための
ガイダンスを提供する観点から
証拠をレビューする音響の専門家を任命すると言います。



『デンブルック司法審査グループ』は、
騒音のための標準を設定する動きを歓迎していますが
しかし、業界の既得権益は
研究に影響を与える可能性があると懸念しています。




業界の圧力団体、RenewableUK社は
風力発電業界は
タービン音響で「リードして」いて
音のレベルを最小限に抑えるための
研究を使用してきたと主張している。




『デンブルック·グループ』の主要メンバーで
9台の計画されたタービンの最寄りから
約1マイルに住んでいるマイク·ハルム氏は
研究が公平だったことが非常に重要だったと言いました。




「風力の開発者は
長年にわたってAM(振幅変調騒音)を否定しています。
そして、この騒音を考慮せず
風力タービンを構築し続けている。」と彼は付け加えた。





「1つの難門は、AM(振幅変調騒音)が
音量問題ではないということです

– それは、騒音レベルでなく騒音の脈動性の特質です。」




風力発電所の計画許可を付与する場合
計画検査官は、ETSU-R-97のような
ラウドネス(音の大きさ)に基づいて
騒音の限界を設定するとして知られている
15年来の騒音評価手法に依存しています。


したがって、
AM騒音(振幅変調騒音)を制御することができません。





騒音公害苦情



『MAS環境』のマイク・スティグウッド氏は
その欠陥が、彼が記録上持っている
騒音公害苦情の70のケースの全ての原因となると言います。




DECC(エネルギー·気候変動省)は
活動家の間で不安の主な原因である
誰が仕事をするのかを明らかにしていなかった。




部門は、春に締結する
『利用可能な証拠の見直し』で
「音響の専門家」のための入札プロセスを始める予定です。




適切な閾値を考察する研究を依頼するように
DECCに尋ねた音響研究所は
この発表を歓迎しました。



陸上の再生可能エネルギーの
RenewableUKのディレクターのジェンマ·グライムスさんは
次のように述べました。

「 いつ、どこで、この音が「どのように変化するか
ピンポイントに私たちを助けた」
サルフォード大学など専門の音響団体と
たくさんの大学によって
2年前に行われた
彼らの委託独立したデスクトップの研究は
音を見つけました。



「我々は、これが
『音量レベルを最小にするために
ブレードの角度を変えて
タービンが動く方法を調節するために、
コンピュータ・ソフトウェアを用いて
対象にすることができる。』とわかりました。」



彼女は次のように付け加えました:

アコースティックの
現存するグッドプラクティスガイダンス文書の原則に
組み込まれることを、今、我々は期待しています。





* 以上、引用しました。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



■風力発用語より引用
http://ebw.eng-book.com/pdfs/6285780daf440ed15fc43b6984f133ff.pdf

ウインドシア

風向に対して垂直な面を横切る風速の変化。


■コトバンクより引用
https://kotobank.jp/word/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A2(Wind+Shear)-887120

ウインドシア(Wind Shear)

乱気流の一種で、
風速や風向きに急激な差が起きる状態を指す。

シアとは「ずれ」といった意味。

前線の境目や上空のジェット気流周囲で発生しやすいとされる。





ぜひ!→
------------------
 日本の場合(振幅変調音)
------------------



環境省
■風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会 第1回議事録

http://www.env.go.jp/air/noise/wpg/conf_method/01a.html


6.4.6振幅変調音の扱い方についてでございます。

先ほど橘委員からの研究のご紹介の中でもございましたけれども、
風車のブレードの回転によって
音圧が規則的に変動する振幅変調音は、
最近の大型風車では1秒前後の周期で発生しますと。


この音はきわめて気になる音であるため、
風車騒音によるアノイアンスを高めている
最大の原因と考えられ、
ニュージーランドの基準では、
発生が認められた場合に
ペナルティを考慮することが規定されております。


しかし、振幅変調音は
風車騒音では必然的に生じる音であるため、
あらかじめその影響を踏まえて
影響評価を行うべきであるとの記載がございます。
 

続きまして、75ページに移りまして、
6.4.7純音性騒音の扱いについてでございます。

風車のナセルに内蔵されております動力伝達装置や発電機、
制御装置などから純音性の騒音が発生することがあり、
それが著しい場合には聴感上問題となります。

この種の騒音は、風車の機種や保守状況によって異なりますので、
ここでは付随的な騒音として考えまして、
その発生が認められた場合にペナルティとして
考慮すべきであるとの記載がございます。


   ↓↓↓↓↓↓↓↓

■風力発電施設に係る騒音対策技術等に関する分科会
http://www.env.go.jp/air/noise/wpg/conf_method/sm01.html


上記より、直近の分科会


■平成26年12月4日 
第5回風力発電施設に係る騒音対策技術等に関する分科会 議事次第・資料


上記より
ぜひ→資料2

■「風力発電施設に係る騒音対策技術等に関する分科会」報告書(案
)
http://www.env.go.jp/air/noise/wpg/conf_method/5_1/05_02siryo02.pdf



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

※ この部分は、もう少し引用か所を追加する予定です。



-----------------------
    関連記事
-----------------------



(一部抜粋)

31-3/4から


風力タービン症候群(シンドローム)

もっと正確に言えば、それはこう名付けられるべきです:

超低周波音と低周波音症候群(シンドローム)。


そのポイントは
産業用風力タービン以外の発生源に関連して
同じ条件が、数十年間、現存しているということです。

しかし、低周波音と超低周波音の健康影響は
ずっと長く知られていました。



1984年に、デービッド・ロンギはニュージーランド首相に選ばれました。

ニュージーランドのウエリントン
ビーハイブの議会の建物の
最上階のオフィスへ引っ越したとき
彼はめまいと吐き気の不可解な発作に見舞われました。

それは、その後、空調システムの
高レベルの低周波ノイズと超低周波音が原因であったことが判明しました。



人間の耳で正常に意識的に検出できない
配管内の換気ファンや
共振による空気圧のこれらの急激変動のレベルは
議会の建物の換気システムの再設計につながりました。


1960年代後半に特定されたこの一般的な現象は
「シックビル/シックハウス症候群」と名付けられました。



それは、本質的には、現在
産業用風力タービンの近くで生きる世界中の
数千人に存在する状況と、ほとんど異なりません。

その物理的現象は、実質的に同じである。

神経生物学は、実質的に同じである。

健康への影響は、実質的に同じである。

この現象が、よく報告されて、十分理解されていることは
換気装置の据付者 や音響技師にとって有名です。


その問題に対処する緩和する技術がさらに存在します!

位相キャンセル技術は
しばしば、低周波数および超低周波音の共振が
近代的な建物で発生する状況で使用されます。


エンジニアは、彼らが緩和技術を開発した理由
つまり、これらの問題が健康への影響を引き起こすことを知っています!



4/4より

私は、何年かのあいだ、科学者で
生物科学の学士号、工学の修士
音響学とヒューマンヘルスの博士号を持っているので
これらの問題について、数人の権威者と話します。

実際、私の博士論文は
労働環境内の低周波音の物理的計測およびその結果に注目しました。


さらに、私は、環境音モニタリングおよび分析用の
新しいpcに基づいた技術の成果になった
15年の開発計画の先頭に立ちました。


この技術は、最近になって
振動および外因性放射線を含むように拡張されました。





この技術の使用を通じて
兵士の作業環境における
騒音や振動と人間への影響の発生について
私は、観察し、直接分析することができました。



評価は、聴力検査の分析を含んでいます。
それによって
私はまた、フィールド内の高ノイズ環境で使用するための
新しい自動検査オーディオメーターと
認知と気分の心理学的評価を陣頭指揮しました。



私の研究の結果は、軍事的な理由のために公表禁止されています。


しかし、私はその音、特に低周波音は
人間のパフォーマンスや認知に
ひどく影響を与えることができる
多くの生理的および心理的な症状の原因であると言うことができます。






人間の健康への風力タービンの影響に関する
あなたの組織によって発表された
明らかに偏見的であるステートメントは
私の仕事に対する侮辱
そして、科学全体を侮辱することです。



-  ブルース・ラップリー博士  -



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



ぜひ!→
31-1/4 オーストラリア、レター
◇Letter to AMA: audibility and effects of infrasound
AMAへの手紙: 超低周波音の可聴性と影響

(ブルース・ラップリー博士 | 28 March 2014)
https://www.wind-watch.org/documents/
letter-to-ama-audibility-and-effects-of-infrasound/




私は最近、2014年3月14日付けの
風力発電所と健康に関するあなたの
ポジションステートメントに気付きました。


私は、この公式声明が
私があなたのために概説するいくつかの点に関して
私に大きな懸念を与えたと言わなければなりません。



あなたの冒頭の文:


[風力タービン技術は
エネルギー生産の比較的安価で効果的手段と考えられます。]



これは、医学の組織がコメントするのに
不適当であると私が思う多くの問題を提起します。


第1に、1行目は
その潜在的な健康への影響に関する文にふさわしくない
風力タービンの経済性に関するステートメントです。



経済問題にコメントすることは
あなたがたの組織の専門的能力の範囲内ではありません

そして、そうすることは
あなたの信頼性および見かけのバイアスに関する問題を提起します。


あなたの組織は、OECD(経済協力開発機構)が
医療行為についてのステートメントを作ることについて
どう感じますか?




第2に、それから、あなたのポジションステートメントは
音響放射についてコメントをします:



[ 風力タービンは超低周波音を含む音を生み出します。
そして、それは通常、人間の耳に聞こえない低周波騒音です。]


私の知る限りでは、医療従事者は
一般的に直接聴力検査に関連するもの以外の
音響スキルや専門知識について知られていません。



あなたの知識を超えた領域にコメントをするには危険であり
あなたを重要な難問にさらされたままにします。


医学の外側のエリアの専門家であると自称することは
あなたの信用に役立ちません。


ステートメントは超低周波音についてコメントし続けます。
そして、異なる発生源から放射を比較するけれども
詳細な証拠の不足のために、この種の科学的な信憑性が欠いています。



もっと正確に言えば
そのステートメントは最も広い意味以外に
理解はいうまでもなく
比較のために基礎を提供しない無謀な一般化です。



[ 超低周波音は、天然の供給源、例えば、風、川から
また、道路交通、換気システム、航空機、その他機械などの
人工源から発せられ、環境に遍在しています。]



そのような幅広い比較は科学的な議論を強化せず
知らないものにほとんど啓蒙を提供しません
むしろ、それらは、特異性の欠如に誤解する可能性が高い。


産業風力タービンからの低周波音と超低周波音の放射が
風や水のような天然の供給源に比べて
重要ないくつかの方法で
大きく異なることは十分に確立された事実です。


また、このような道路交通などの人工源すべてが
超低周波音の天然源とは大きく異なります。



最も重要な違いは
ブレード通過周波数による信号の振幅変調に関するものです。


この現象は
自然や他の多くの人工源で明らかではありません:
あなたの比較は科学的な基礎がありません。





次に、あなたはエンジニアリングの専門家になったように見えます:



[ オーストラリアのすべての最新の風力タービンは
ブレードが塔の前にあって、風上に設計されています。

これらのアップウィンド(向かい風)型タービンは
超低周波音と低周波音のはるかに低いレベルを生成します。]



最初の文は、事実です。

2番目の文は、重要な事実を無視しています;

乱気流が「最新の」
アップウィンド(向かい風)型ブレードの
産業用タービンに供給されるとき
それらは、超低周波音と低周波ノイズの
かなりの量を生成することができます。



これは、NASAの研究者ハバードとシェペドによって
ハワイで1989年に確立されました。

※ ハバードとシェペド


タービン分離距離の国際標準に準拠することなく
あまりにも一緒に近くに設置されている
風力タービンから生じている乱気流は
多くのオーストラリアの風力開発サイトで
超低周波音と低周波騒音問題の原因となっていると考えられます。



風力開発者とタービン・メーカーが
エンジニアリング効率を成し遂げて
公衆衛生を保護することより
再生可能エネルギー証明書(RECS)からの利益と収入の
最大化をより懸念していると
証拠に基づいて
一般市民が、仮定することは不合理ではありません。


利潤動機は、通常の不可欠な部分ですが
公衆衛生を犠牲にして暴利をむさぼって
商習慣を容認するのは受け入れがたいです。


利益が、明確な科学的/医学的証拠に直面して
公衆の健康と幸福一般のものよりも優先された場合
その実践は、二重にいまいましくて倫理的に弁解の余地がありません。


明白なことを引用します:『悪魔は細部に宿る』


アップウィンド(向かい風)型産業用タービンは
動物とヒトに影響を及ぼす音をつくるという事実は
非常に明らかです、そして
産業用風力タービンのこのバージョンを
以前のテクノロジーと比較することは
現在の機械から音響放射で苦しむ人々に利益はありません。






<あなたの2番目の段落は、このような「悪魔」を暗示。
あなたが以下を述べる中に:




[ 風力発電所付近の超低周波音レベルは測定され
風力発電所から離れた農村環境や
いくつかの都市と比較されました。

これらの測定の結果は
風力タービンの近くと遠く離れた農村住宅において
屋内と屋外の両方の超低周波音レベルは
十分に知覚閾値を下回っていて
他の農村部と都市部の環境で経験したものよりも大きくありません。 ]


31-2/4

現実は、これらのステートメントが事実をゆがめて伝えるということです。

本質的には
あなたが行ったのはデータを
「チェリー・ピッキング(いい所取り)」したことです。



さらに、あなたのステートメントは
音量レベルが意識的で
おそらく聞き取れる認識の下にある限り
問題がないと信じるように、読者をリードしています 。

これは真実から遠ざけることができませんでした。



環境騒音の決定に関する重要な問題は
まだ非常に一般に適用されている
A 重み付け/A ウェイティングの不適当な使用に関係があります。

それは、1,000Hz未満の周波数と
3500 Hz以上の周波数を著しく過小評価するとともに
これは低周波音と超低周波音を測定する際に
その有用性を否定します。


ポイントは明らかであろう。

残念ながら規制は
しばしば頻繁に科学的知識よりも遅れています。





実践されるように
医学は、多くの科学に基づく間、残ります、ARTのまま。

この理由は、医学の実践は、人間に関係するということです。

人間は、ランダムに生物圏に存在し
単に化学物質、細胞および組織の集まりではありません。

むしろ、彼らは
複数の刺激性メカニズムの影響を受ける感覚のある存在です。

これは、全体的な見解が
従来の還元主義の見解より真実に近い1つの実例です。

この見解の結果は
あなたが省略するほうを選んだ更なる仕上げを必要とします …




科学的研究法は、非常に話されるが
何人かの科学者によってさえ、ほとんど理解されないものです!

問題の事実は、科学は観察から始まるということです。


その後、この観察は質問を生じさせます:
それはどうですか、そのように?

何が、それを引き起こしましたか?

どのように、それは働きますか?

どうしてそんなことが生じたのでしょうか?




通常、いくつかの実用的な関連性を持っている質問は
「どのように」の「モデル」の創出につながる。

そのモデルは、仮説と呼ばれる。


そしてもちろん仮説は
それが事実を説明するために使用することが
できるかどうかを確認する試験方法の開発につながる。


テストは通常、アイデア(仮説)は
実際の実験を経てテストするために置かれた
制御された環境で行われます。

良いデザインで、これらは、
変数(操作することができる/変更することができるもの)の数を制限し
他のすべての要因を同じにしておくことを試みるべきです。

理想的な世界では、テスト状況を
「正常な」条件と比較するために
コントロール状況を使用することができるかもしれません。


完全な例は、新薬の治験です。


被験者は無作為に2つのグループのいずれかに
(結果にバイアスをかけないこと)割り当てられる。

一つのグループは「被検物質」を受け取る
他方、対照群では、プラセボ(偽薬)を受け取ることになる。


すなわち、それらは、物質(例えば、錠剤)を受け取ることになるが
それは試験中の化学種を欠いている
すなわち、不活性である。

実験者および被験者が両方とも
誰が実際の薬を得たかに関して非公開であれば
発見物の強さがさらに増強されます。


それは、最新の科学的研究法の基礎です。





比較データを得るための研究の
もう一つの完全に合法と認められた方法は
クロスオーバーデザインです。
そこでは、人々は彼らの同一対照法として働きます。


この設計は例えば
いくつかの食糧および特別の薬へのアレルギー反応のような状況の
因果関係を実証するために使用されます。


産業風力タービンに耐えている人々は、常に、この実験を行っています。

彼らは離れて行くことで、それらの症状の改善に気づきます。


彼らは家に戻ってくると
一定の予測可能な風や天候条件の下で、彼らの症状は再発する。



これは曝露と応答との間の直接的な因果関係の
科学的方法を使用した明確なデモンストレーションです。



そういうわけで
一部の医者は、彼らの患者に立ち去るように勧めています。



風力タービン騒音への曝露が
彼らの患者の健康に打撃を与えていることは明白です
そして、他に彼らが提案することができるものは何もありません。




科学的データを選択する際に、よくある間違いは
何を含むべきかを選ぶプロセスに関するものです。

選択の偏りがデータ選択に存在する場合
これは口語的に
「チェリー・ピッキング(いいとこ取り)」として知られています。



これが生じる場合、それは結果に影響するバイアスを必ず導入します。


これは、音の人間の知覚に関する上記の
あなたのステートメントから明らかです。


あなたがより広く文献をスキャンした場合
あなたの議論の基礎を否定するあり余る程の書類が表示されます。


議論の一方だけを示すことは、読者と一般市民をだますことです。


また、誤った印象の生成を容易にします。




科学的研究法にしばらく返ること:

観察はいつなされたか;

疑問が生じた;

作成された仮説;

一連の実験が分析される仮説と
最後に結果をテストするために明確に述べられて
適用される必要がある2件の関連したテストがあります。


最初に、結果は仮説を立証するか棄却しなければなりません。


つまり、仮説が改ざんできるようにする必要があるとの
仮説の主張を支持するか
拒絶に関連して得られた結果を意味します。


変数が測定可能である必要があります。

第二の試験、および同様に重要なのは
結果の結果は、仮説、すなわち合否は
すでに知られているものと一致しなければならないことである。

一例を挙げること:

実験の結果が『運動量保存の法則』が
必ずしも起こらなかったという結論につながるならば
多くの懸念があるでしょう。

物理学者は、最も運動量保存の法則のような
よく支持された観察を捨てそうにありません。

だから、実験の新たな発見は
私たちの既存の現実に合わなければなりません。


私たちの現在の現実あるいはパラダイムに適合するために
有効な内部(実験内に)・外部である
(既に一般に知られており受理されるものに関して)
一貫性がある必要があります。


これはある日、我々は運動量保存の法則の
一般的に受け入れられている見解を拒否していないかもしれないと
言っているわけではない
それは単に、 私たちはその結論に到達させるために
特別な証拠がある必要があるだろう。


新しい知識を理解して
それを宇宙がどのように働くかという
我々の既存の理解に融和させることで
我々を助けることは、メカニズムの存在です。

つまり、 私たちは、知識の現在の境界内に
我々の実験を通して発見する状況を
説明することができる方法です。


あなたのスタンスが受け入れられるためには
それとは反対の証拠だけでなく
任意の理解し得る作用機序の不足もある必要がないでしょう。


どちらも、実際本当ではありません。




多くの学術論文が、多くの実例の中で
意識的な知覚より下の刺激が
生理学の応答に帰着するという観察を解釈します。

これは低周波音と超低周波音の影響のケースで
ケリー1987年によって注目されました。
チェン、キバイ&シー2004、スウィンバンクス2012、
ソルト教授の仕事に加えてショーマー2013、
この分野で活躍する神経生理学者。

※ 1987年ケリー
https://www.wind-watch.org/documents/proposed-metric-for-assessing-the-potential
-of-community-annoyance-from-wind-turbine-low-frequency-noise-emissions/

※ チェン、キバイ&シー2004
https://www.wind-watch.org/documents/an-investigation-on-the-physiological
-and-psychological-effects-of-infrasound-on-persons/

※ スウィンバンクス2012
https://www.wind-watch.org/documents/numerical-simulation-of-infrasound-perception/

※ ショーマー2013
https://www.wind-watch.org/documents/proposed-theory-to-explain-some-adverse
-physiological-effects-of-the-infrasonic-emissions-at-some-wind-farm-sites/

※ ソルト教授 
https://www.wind-watch.org/documents/author/?a=Salt


さらに、意識的な知覚閾値以下の刺激が
どのように生体と応答するか説明する
多くの妥当性のあるメカニズムがあります。


知覚が、生物学的作用が生じるしきい値であるという
古い概念は時代遅れであるだけではありません
それは不合理な推論です。


たとえばX線をみてください
それらはすぐに意識的に知覚できないが、全く有害になりえます。

光は、類似したカテゴリーです。

音は、生物によって
あるいは反応するその生物のために受け取られる
意識的な知覚を必要としない別の物理現象です。


広範囲な研究所の実験を称賛され
低周波音の生物学の受理に関する理論を解明するために
アレック・ソルト教授の仕事は、近年大いに役立ちました。

※ アレック・ソルト教授 
https://www.wind-watch.org/documents/author/?a=Salt


この仕事を無視することは茶番であり
一般大衆に、省略によるうそをつくことに等しい。


それは、効果的に最終的な印象を歪める
チェリーピッキング(いいとこ取り)データの別の例です。


この仕事に加えて、キャリーバラバン博士の研究は
人体による受音のニューロンのメカニズムに
光を投じるのに大いに役立ちました。


我々は今、すべて同じ方向を向いて
理論、実験的証拠と経験的観察を行っています。


軽率に、科学のそのような量を無視して
『危害はない』の一般化を出すことは
一般市民に嘘をついているだけでなく
主に、商業や産業の利潤動機に
同情的であるという観点をサポートしています。


この商業への偏りは
医学や公衆衛生にふさわしい場所ではありません。




ミズーリ州セントルイスのワシントン大学
ソルト教授とリクテンハン教授から出てくる最近の論文は
ここで言及に値します。


『アクースティックス・トデイ』の彼らの画期的な論文は
第10巻、第1号、20〜28頁、冬2014表示され

その論文では:

どのように風力タービン騒音は、人々に影響しますか?
彼らは簡潔に、蝸牛メカニズム上の
低周波音と超低周波音の影響に関する
彼らの最近の研究の結果を説明します。


これは、内側および外側の有毛細胞の役割は
多くの重要な点で異なるように思われます。

具体的には、外有毛細胞は
音響神経における求心性神経線維のわずか5%を占める
音響神経の95%と一致するタイプのものであるI.の
内有毛細胞と比較して、タイプIIのものである。


主に20~20,000Hzの
認められた周波数スペクトルを聞く能力に
大きな役割を果たしている内有毛細胞は
蓋膜に触れません。


それらは、神経インパルスの中への薄膜より下の
流体の動きを伝達する方法で動作します。


外有毛細胞は、対照的に、直接、蓋膜に接続され
低周波音と超低周波音に、はるかにより敏感です。


ソルトとリクテンハンが作っているポイントは
それらが意識的に音として解釈されないかもしれないとはいえ
低周波音と超低周波音として外耳道に入るエネルギーが
脳に達する神経インパルスに容易に変換されているということである。
しかし、それらはまだ認識のエンジンに達する。


別の重要な点は
生物学的に生成された振幅変調された信号は
4.8ヘルツ(その図2)と合計500 Hzのトーンからの
刺激の結果として
内有毛細胞からの神経インパルスのパルス列で
発生しているという彼らの調査結果に関するものである。




彼らの仕事は
非調整された刺激への生物学的に発生する変調のはっきりした実証です。

蝸牛マイクロホンの応答は
上位と下位の両周波数成分に応答する
外有毛細胞によって発生します。

これはメカノ電気変換器の飽和によって
または、周期的に高周波の機械的増幅を変更することで、発生します。


低い周波数に鈍感なので、
内有毛細胞は、それらの実施例では
超低周波音周波数の2倍で調整された振幅の
高周波成分だけを検出します。

このように、内有毛細胞は、基本的に
外有毛細胞が感知するものの
高域通過フィルタされたバージョンの効果を「見る」。


これは蝸牛に対する超低周波音の影響を最も明確に示している。


耳の生物物理学は、2つの純音の非振幅変調されたもとから
非振幅変調された信号を作成します。

これが、産業用風力タービン施設に
あまりに近くで生きることで
悪影響を受けることに苦情を言う被験者から
報告された影響についての神経生理学的説明です。

そのようなはっきりした証拠を無視することは
公衆衛生への偏った商業アプローチに賛成して
科学的研究法のその要旨を否定することです。




経験的なデータ、既存の科学知識を
認めることの失敗および理論の慎重な排除は
省略によって 効果的に存在するようになる。

現実のそのような歪曲は
科学(医療)を低下させることになり
訓練された開業医の信用を落とすことです。

私はそのような偏った報告と
そのような誤った情報の配布に異議を申し立てます。

それは科学者、研究者およびコンサルタントとして
私の職業を貶めることである。



3/4
あなたのはっきりした声明:


[ オーストラリアで利用可能な国際的な証拠は
それらが現在、オーストラリアで規制されているように
風力発電所で生成された超低周波音や低周波音は
その周辺に居住する集団に対する
健康への悪影響の原因となるとの見解を支持しません。]



これは、しかし
あなた自身のポジションに適する
チェリーピッキング(いいとこ取り)データの別の例です。



このポジションに到達するためには
積極的に反対の科学的データを無視する必要があります。



これは、バイアスの明らかな証拠である。

これをいっそう深刻にすることは
それが商業利益の動機に基づいているように見えるということです。



まるで踏んだり蹴ったりの目にあわせるように
次の文は、単にこのバイアスの見解を強化する役目をし
科学的な方法論の基本的原則に真っ向から反抗する:観察。


[ オーストラリアの近代的な風力発電所で生成された
超低周波音と低周波音は
よく知られた健康への影響が発生したレベルを下回る、 ]




そこに、反証する真実の山があります、
それでも、あなたの組織はそれを退けるほうを選びます。

これは、現実を歪曲する意図的な試み以外の方法で
解釈することができません。


実証可能な害の観測値の数は膨大です。


働く開業医がこれらを観察していて
それらを報告して、本当に結果に対処しているという事実は
あなたの組織が完全に見過ごした点であると思われます。


私は、以下を含む被害の明らかな証拠がある
多数のケースを個人的に調査しました:


睡眠妨害; 吐き気; めまい;全身倦怠感;
疲労感、神経過敏;通常の気分の変化;
集中することができないこと;食欲の低下;頭痛などなど

ストレス関連病理学および行動変化の明確な証拠がある。


これらのうちの多数は
当初は風力タービンの建設に向けたあらゆる否定的な感情を
持っていなかった人で
唯一、機械的な試運転後に症状に気付いた人々に起きていると
私は付け加えるかもしれません



これはノセボ(反偽薬)効果の欠如の、明らかな証拠である。

動物実験はこの環境を増すだけです
それでも、あなたの組織は動物実験も全く無視したようです。
そして、再び状況をゆがめて伝えます。




ウィンドタービンの開発に近接して住んでいる人々によって
世界中で報告された健康への影響の結果として
この用語は生じています:
風力タービン症候群(シンドローム)



これは、ちょっとした誤った名称です。

もっと正確に言えば、それはこう名付けられるべきです:

超低周波音と低周波音症候群(シンドローム)。


そのポイントは
産業用風力タービン以外の発生源に関連して
同じ条件が、数十年間、現存しているということです。



大規模な産業用風力タービン設備の導入は
比較的最近の開発であり
それ故に言葉の起源となっています。

しかし、低周波音と超低周波音の健康影響は
ずっと長く知られていました。





1984年に、デービッド・ロンギはニュージーランド首相に選ばれました。

ニュージーランドのウエリントン
ビーハイブの議会の建物の
最上階のオフィスへ引っ越したとき
彼はめまいと吐き気の不可解な発作に見舞われました。


症状の重症度がすごかったので、
彼は、倦怠感の彼の気持ちを減少させるために
オフィスで過ごす時間を少なくし始めました。

それは、その後、空調システムの
高レベルの低周波ノイズと超低周波音が原因であったことが判明しました。



人間の耳で正常に意識的に検出できない
配管内の換気ファンや
共振による空気圧のこれらの急激変動のレベルは
議会の建物の換気システムの再設計につながりました。



一旦、換気システムへの修正が行われたのちは
彼のオフィスで働くとき、首相はもはや気分が悪くなりませんでした。

これは、単に居住者の健康に
悪影響をもたらす建物の換気システムに関連した
有名な現象のもう一つの例です。


1960年代後半に特定されたこの一般的な現象は
「シックビル/シックハウス症候群」と名付けられました。



それは、本質的には、現在
産業用風力タービンの近くで生きる世界中の
数千人に存在する状況と、ほとんど異なりません。

その物理的現象は、実質的に同じである。

神経生物学は、実質的に同じである。

健康への影響は、実質的に同じである。

この現象が、よく報告されて、十分理解されていることは
換気装置の据付者 や音響技師にとって有名です。



その問題に対処する緩和する技術がさらに存在します!

位相キャンセル技術は
しばしば、低周波数および超低周波音の共振が
近代的な建物で発生する状況で使用されます。


エンジニアは、彼らが緩和技術を開発した理由
つまり、これらの問題が健康への影響を引き起こすことを知っています!






現象、その既知の健康影響と潜在的改善の存在は
現象の現実に関する強力な証拠です。


強烈な事実は、そのような単純な修正プログラムは
物理的な要因によるオープンな環境においては
技術的に可能ではないということです。


そのため、同じ状況が、オープンな環境での
音の物理的現象で発生することは驚くことではありません。

しかしながら
討論からそのような知識を省略することは
既存の科学知識および技術的な理解の
かなりの割合を否定することです。

エンジニアは虐げられたと感じるかもしれない。


商業へのバイアスと
公衆衛生より先にある利益の動機の促進が
産業用風力タービンの健康への影響に関する
声明のリリースで、組織がとるスタンスに関する
唯一の合理的な説明です。


この行動は恥ずべきで
公衆衛生と幸福の弁護者として
あなたの組織の評判を落すのに大いに役立ち
医学のあなたの学科は非常に依存する科学の
まさしくそのプロセスを徐々にむしばみます。




おそらく、あなたの組織からの
最も実にひどいステートメントは
彼らの健康状況のことで個人を非難することに関します:


[ 幸福や健康への悪影響を体験する
風力発電所の近くに居住する個人は
彼らの強い不安や
その地域の風力発電所の開発に関して
否定的な認識の結果としてそうするのかもしれません。]


このように責任を転嫁することは
医療従事者にとって最も基本的な責任を放棄することです。


病気だった事で患者を責めることは臆病であるだけでありません
それは『ヒポクラテスの誓い』に反しています。


『それは、心の中にすべてある』
これは、現象を説明する臆病者のやり方です。

それは、露骨に証拠を無視して
商業への偏りのさらにもう一つの指標です。

商業的利益や社会的バイアスを目的として
現象の正当性を立証することは非難されるべきである。


私は、他のいかなる説明も見つけることができません
なぜならば、反証のそのような大きな量を無視することは
まさに、患者さんを裏切り
あなたの患者の健康と安全を危険にさらすことです
あなたは義務が合法的に機能するよう義務づけられている。


明らかに、このスタンスに満足しないでください
あなたの組織は誤報に対する観察された影響を非難して
さらに遠くに行きます。



[  風力発電所の開発に関する
「健康上の不安」や誤報の報告は
高められた心配や
コミュニティー部門および州政府による
これらの開発への過度に厳格な規則に寄与するかもしれません。]



これほど真実からほど遠いものはない。

私自身の経験において
私は、直接に
自らの商業的利益を前提に
コマーシャルが風力タービン会社から回るのを見ました。




驚くべきことに
おそらく、我々は1つのポイントで一致している。



[ 風力発電所開発の規制は
その影響と利点に関する証拠によって
完全に導かれる必要があります。]


もしプロセスが
必ずたった1つの視点を支援する部分集合ではなく
考慮されるすべての証拠を考慮に入れれば
上記のステートメントは単に合理的である。


健康影響の存在量は、認めてカタログ化し
適切に研究する必要がある。

火気のない煙はほとんどありません。

単にどんな生理的または健康影響でも
精神状態のせいにすることは
精神病院に有害な症状を呈するすべての患者を引き渡すことです。



また、私は、あなたが精神科救急で
認識することとなると確信している
時には自殺念慮を伴う重症うつ病
報告される精神衛生上の問題の深刻さを無視しています。





今日では、健康影響が
低周波音と超低周波音に起因すると考える
科学的根拠のかなりの量が論文の内に存在します。

ウィンドタービン症候群(シンドローム)の
急性症状のための
個人の感受性の原因に関する科学的な証拠が存在します。


ジェフリー・レブンソル教授さえが
今では受け入れる『感受性因子』。



超低周波音、低周波ノイズに対する個体の反応差の
そのような3つの例は、次のものを含んでいるでしょう:



• 乗り物酔いに関するポール・ショーマーの研究


• ハーケンEnbom博士による
 環境のトリガーによる片頭痛のための最近の出版物



• 蝸牛孔のサイズ - 参照 ソルトとリクテンハン



この研究は、さらに
彼女は、生命科学や医学の学位を同じように有する
多くの他の人よりも際立って
主題について話すことに、より資格がある
小児科医ニーナピアポイントにサポートされています。




ピアポントは
同一世帯内の他の人が症状を発症しなかったときに
これらの症状を発症する人のリスクを増加させる
3つの感受性要因があったことを調査の上
ケース・シリーズ・クロスオーバー研究で同定しました。



その要因は、片頭痛、乗り物酔いおよび内耳病理学の歴史を含んでいました。


それは明らかに、完全に独立しており
いくつかの例では、自分の仕事は彼女の前に
他の人の作業によってサポートされているのに
なぜAMAは、小児科の同僚の仕事を無視してきたのですか?


実際、病理学者の数十年間にわたる研究
ポルトガルのヌーノ・カステロ・ブランコ博士は
振動音響病として知られるようになったものの
根本的な生理学および明示を誘発するために多くを行っています。



なぜAMAは、潜在的に重大な公衆衛生問題に
集中する研究の、この広範囲な主部を無視したのですか?

振動音響病は、航空機産業で認められた問題です
そして、彼らが影響を受けたことへの緩和は
労働者の健康影響に対処するために開発されています。


これらは、文書化された
行動や健康変更の数の記録だけでなく
心内膜肥厚を検出するエコー心電図を含みます。


気分の変化、肺機能の変化は
組織構造で見られる生理機能に付随します。


知識のそのような広範囲な集まりは、20年前から蓄積されました
非常に多くの科学者や医師の仕事を無視することは
それは確かに犯罪です。


振動音響病は、航空業界のためだけの
問題ではないことに注意しなければなりません。






2012年のニューヨークのインターノイズの会議で
アレック・ソルトは
感染症が蝸牛孔を閉鎖することができ
そのような人々が低周波騒音に非常に敏感であると、述べました。


ソルトは、さらに外有毛細胞の置換に対する反応に対して
内有毛細胞の速度(流体連結)に対する
反応間の違いに言及します。

この命題は、ローマでの風力タービン騒音に関する
2011年第4回国際会議でスウィンバンクスの主張を強化します、
(「低周波風力タービン騒音の可聴性」)
すなわち
むしろ加速度か、圧力の変化率によるものであり
絶対的な音圧レベルによって
低周波騒音を評価することは正しくありません。


(内有毛細胞の場合)周波数が低減されると
低周波数の感度が劇的に低下する原因となる影響があります。



1Hzで100dBの音響レベルとの比較のために
圧力の加速度がはるかに大きくなる(変化率が速いほど)ので
等価な有毛細胞レスポンスは6Hzでわずか69dBしか必要としません。


スウィンバンクスは
6ヘルツで64デシベルの超低周波音を測定しています。



4/4

蝸牛孔の重要性は、2004年に
モラーとペダーセンによって
ベンチマークの論文で認識されています:


“低周波音への異常な感受性は
人の聴覚器官の異常によって説明されることがあります。
理論上の例では、蝸牛の頂点での
蝸牛孔内の異常に小さい開口である可能性があります。



低周波音については
蝸牛孔は、鼓室階と前庭階の間の圧力を等しくして
蝸牛殻中の外リンパのための一種の
圧力平等化の穴のように作用する。


蝸牛孔が異常に狭いか、ブロックされている場合
それは十分な速さでの圧力を均等化することができず
異常に高い圧力が鼓室階と前庭階との間に増すでしょう。


結果は基底膜のより大きな機械的な興奮です。
したがって、これらの音へのより高い感度が予想されます。

蝸牛孔のサイズの影響のシミュレーションの例は
例えばシック(1994)を参照してください。”





それは低周波数で音の知覚を制御する
最も重要な側面の1つを強調するとともに、この研究は重要です。

低周波数の聴覚は十分に立証され
単純な流体性の機械システムを表わします。

あなたが示すように
低周波のヒアリングは、感情的な状態とはほとんど関係がありません。


それは、(外有毛細胞)だけで吸収(蓋膜)の剛性や
柔らかさが2つの(蝸牛孔)間の開口部の大きさや
神経生体力学的フィードバックによる膜の緊張に関連している
それは単に流体力学システムのレスポンスです。


あなたのポジション・ステートメントでは
膨大な量の証拠を無視し、
代わりに、明らかに優れた科学が存在しない場合に
営利上に基づいた産業修辞学に依存しています。




まだ、これが公平な方向で
実行されるのを見ることになっているけれども
私は広く開いた協議に賛成します。



[ このような規制は、構造化された大規模な地域社会との
協議及び係合が、誤報、不安と地域社会の分裂を
最小限にするために
計画の開始時に行われることを確認する必要があります。]



あなたの最終的なポジションステートメントは
私がケース(つまり、省略によるうそ)を
控えめに言うことによって
誤解させる意図であると私が思っていることの
さらにもう一つの例です。



[ 風力タービンによる発電は
温室効果ガス、他の汚染物質の排出や廃棄物の生成を伴いません
これらの全ては、有意な
直接的および間接的な健康影響を有することができる。]



はい、風力タービンの実際の動作は
石炭火力発電所と同じように
二酸化炭素の排出を直接的に生成しません。


しかしながら、産業用風力タービンの製造は
二酸化炭素及び他の廃棄物の大規模な産出を含んでいます。
その全ては、それは主張できます
人間の健康に危険をもたらすことができると。


産業用風力タービン発電機はまた
抽出することが高価であり
環境に有害な「レア・アース」に大量に依存しています。


公平で専門的で科学的な方法で
公衆衛生に関連する情報を提示するのではなく
特に商業の視点に沿って
半分だけの話をすることは、国民を欺くことです。






このようなプラントの寿命、 メンテナンスや
その他の問題のような他の関連する事実は
このブランケット・アプローチで便利に無視されます。


開業医は、彼らが直接人間の生理学と
健康にかかわる人々より
他のどの種類の専門家でもあると偽らないのが賢明です。


技術的事項及び経済学の事項について
権限を持つ文を作成することは
医療従事者の使命とあなたの協会の権限を超えています。


もしエンジニアが、脳外科手術技術についての
アドバイスを申し出て、データをすべて提供せずに
外科医を批評することを始めれば
開業医はすぐに反対するだろう。



職業や地位にいくつかの点で恵まれている
専門職団体の構成員が
彼らの知識の境界を越えて自分の意見を広げるとき
重大な危険性があります。


医療従事者であることは
他の分野の職にライセンスを付与するものではありません。


医師は社会の中で独特な場所を持っています。
そして、メンバーの身体を表すとしている組織が
バイアスがかけられ、質問に全部の職業に持ってくる
基本的な厳しさが不足している公式声明を言うとき
まさしく、ポジションは深刻な危険に置かれています。


簡単に言えば
「靴屋は、彼の最後に固執する必要があり
仕立て屋は彼の筋から離れてはいけません。」




私は、何年かのあいだ、科学者で
生物科学の学士号、工学の修士
音響学とヒューマンヘルスの博士号を持っているので
これらの問題について、数人の権威者と話します。

実際、私の博士論文は
労働環境内の低周波音の物理的計測およびその結果に注目しました。


さらに、私は、環境音モニタリングおよび分析用の
新しいpcに基づいた技術の成果になった
15年の開発計画の先頭に立ちました。


この技術は、最近になって
振動および外因性放射線を含むように拡張されました。





この技術の使用を通じて
兵士の作業環境における
騒音や振動と人間への影響の発生について
私は、観察し、直接分析することができました。



評価は、聴力検査の分析を含んでいます。
それによって
私はまた、フィールド内の高ノイズ環境で使用するための
新しい自動検査オーディオメーターと
認知と気分の心理学的評価を陣頭指揮しました。



私の研究の結果は、軍事的な理由のために公表禁止されています。


しかし、私はその音、特に低周波音は
人間のパフォーマンスや認知に
ひどく影響を与えることができる
多くの生理的および心理的な症状の原因であると言うことができます。






人間の健康への風力タービンの影響に関する
あなたの組織によって発表された
明らかに偏見的であるステートメントは
私の仕事に対する侮辱
そして、科学全体を侮辱することです。

物理的な状況を偽るために
影響を受ける人々の心の状態に責任をシフトすることは
医師としてのあなたの責任を放棄することです。

さらに、純粋な苦情を訴える患者を嘲笑して
医師の概念および専門的な自尊心を低下させます。



これは、患者と医者の関係を侵食させて
医学の実践および公衆衛生の推進に対する
それ自身の権利に深刻な脅威です。


私は、できる限り速く
えたあなたのポジションを再考するように
あなたとあなたの同僚に要求します。


簡単に言えば:あなた自身の知識の境界を
越えた領域についてはコメントしないでください。


半分の真理を言わないでください
健康管理の名において
商業的に偏った情報を提示しないでください
そして、直接、省略によって
一般のあなたの患者と市民に嘘をつくのを止めてください。

この問題は、早急に放射性降下を最小限に抑え
医学の実践に値する世間体や組織の良い名前を
保持するために対処する必要がある。




敬具




ブルースRaple 学士、MPhil、博士

アトキンソン&Rapleyコンサルティング株式会社



■ 元の文書をダウンロードしてください
http://docs.wind-watch.org/Rapley-AMA.pdf




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



※ AMAへの公開書簡シリーズの最後になりますが
  サラ・ローリーさんの機械翻訳を来週に予定しています。








=====================================






◇AMA says wind farms do not impact health
AMAは、風力発電所が健康に影響を与えないと言います

(econews.com | March 18, 2014)
http://econews.com.au/news-to-sustain-our-world/
ama-says-wind-farms-do-not-impact-health/




By David Twomey




オーストラリア医師会(AMA)は、
風力発電所は、それらの近くに住む人々の健康に
悪影響を与えるという確かな証拠がないと言います。





オーストラリアで医学プロを代表している主要な団体の
AMA(オーストラリア医師会)は、
風力発電所についての基本方針表明を公開しました。

そして、そのスタンスが信用できるオーストラリアと
国際研究に基づくと述べました。





副会長ジェフリー・ドッブ教授は、
風力発電所の近くで生きている人々は、
過度に悩んでいるか、誤って無関係な健康問題を
風力タービン騒音のものであると考えているかもしれないと述べました。





「オーストラリアの近代的な風力発電所で生成された
超低周波音と低周波音は、
既知の健康への影響が発生したレベル以下である。」と、
ドッブ教授は声明で述べています。



「そして、可聴値以下の超低周波音が、
健康効果を引き起こす可能性があるという
認められた生理的メカニズムはありません。」




ドッブ教授は、風力発電所についての不安を減らす
より良いコミュニティの約束の必要があると言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」
と彼が言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か、
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」






「想定された『健康パニック』を報告すること
または風力発電所の開発に関する誤報を広めることは、
高められた不安に関与するかもしれません。」




「風力発電所の開発規制は、
その影響と利点に関する証拠によって完全に導かれる必要があります。」




「プロセスの始まりの、コミュニティ協議と約束は、
誤報、不安とコミュニティ分割を最小にするために重要です。」




「公衆衛生の観点から、風力タービンでの発電が、
温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産を
必要としない点に注意することは重要です。

そして、その全て
(温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産)は
重大な直接的および間接的な健康影響を持つことができます。」と
ドッブ教授は言いました。




しかし、反風力発電所ロビー団体ウォーブラ財団の
最高経営責任者(CEO)サラ·ローリーは、
低周波音の影響を受けた人々から、毎日、連絡を受けたと
ABCニュースに語りました。




「症状を引き起こしているのが、すべてデマ飛ばしであるという
この仮説はまったく納得がいきません。」
と彼女は言いました。



ローリーさんは、
風力発電所の近くに住む人々の睡眠パターンや血圧について
より多くの研究が必要だと述べました。







The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014 is at
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明は

以下のサイトで公開されています

https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014 is at
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明は

以下のサイトで公開されています

https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht







  






















2014-12-27 : 法律、政令、条例、規則、訴訟 2014/08/06~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

≪騒音条例見直し≫東京都環境局:「子供の声等に関する規制の見直し」について意見募集します | <パブリックコメント>東京都:子どもの声 騒音対象外 見直し案 意見募集/ 騒音条例見直しで意見募集 東京/ 子どもの声を「騒音」規制対象外に 東京都が条例改正へ|関連記事| ぜひ→ 香港:校庭騒音訴訟、学校側の訴え退ける 香港高裁…2008年9月に学校の近隣住民が騒音の苦情を申し立てたため当局が調査を行ったところ、寝室で騒音が62デシベルに達し、許容値を超えていたという | 風力タービンからの超低周波音は、片頭痛と関連した症状を誘発することができます…ハーカン・エンボム, 医師, 医学博士  // 懇親会のお知らせ(2015年3月22日) |  ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について| ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!  






<騒音条例見直し>



◇「子供の声等に関する規制の見直し」について意見募集します
(東京都トップ>これまでの報道発表>2014年>12月>)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2014/12/22ocm200.htm


平成26年12月22日
環境局 

 東京都では、
都民の健康と安全を確保する環境に関する条例
(平成12年東京都条例第215号。

以下「環境確保条例」という。)における騒音規制のうち、
子供の声等に関する規制について、
次代の社会を担う子供一人ひとりの健やかな
成長・育成にも配慮しつつ、
苦情の解決に資する制度とするため、見直しを考えています。


 このたび、広く都民の皆様から御意見を伺うため、
環境確保条例における子供の声等に関する
規制の見直しについて、本日からパブリックコメントを実施いたします。



1 意見募集対象

 別紙2「環境確保条例における子供の声等に関する
規制の見直しについて(本文)」(
PDF形式:273KB)に関し、
意見を募集します。

御意見は、本文のページ・行及び理由を添えてお書きください。

・・・・・・・


3 意見提出期限

 平成27年1月13日(火曜日)必着


6 添付資料

(別紙1)環境確保条例における子供の声等に関する規制の見直しについて(概要)
(別紙2)環境確保条例における子供の声等に関する規制の見直しについて(本文)(PDF形式:273KB)
(参考資料)現行の環境確保条例第136条及び騒音に係る規制基準(別表第13)(PDF形式:178KB)



* 以上、引用しました。
  資料、住所など
  詳細は上記サイトでご確認ください。



※ 
■都民の健康と安全を確保する環境に関する条例

http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/g1011328001.html



(規制基準の遵守等)

第百三十六条 
何人も、第六十八条第一項、第八十条及び
第百二十九条から前条までの規定に定めるもののほか
別表第十三に掲げる規制基準(規制基準を定めていないものについては
人の健康又は生活環境に障害を及ぼすおそれのない程度)を超える
ばい煙、粉じん、有害ガス、汚水
騒音、振動又は悪臭の発生をさせてはならない。



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------
関連記事
-----------------


東京都
◇子どもの声 騒音対象外 見直し案 意見募集

(東京新聞 | 2014年12月23日 朝刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014122302000129.html



保育所や公園での子どもの声がうるさいとして
苦情が出ている問題
で、東京都は二十二日、
子どもを含め誰でも騒音規制の対象になる
現行の環境確保条例の見直し案を発表した。

子どもの声や足音などは一律の数値規制から
除外する方針。見直し案に基づく条例改正を
検討しており、来年一月十三日まで都民から
意見を募集する。


 見直し案は数値規制から除外する音として、
保育所や幼稚園、児童館、公園で、
就学前の子どもや保育者が発する声、足音、
遊具音などを例示した。

音の大きさによる一律の規制ではなく、
周辺住民が我慢できる限度を超えているかによって
条例違反かどうかを判断するという。


 都環境局は、見直し案に関して
「乳幼児が楽しく体を動かし、
声を出せる環境は必要であり、騒音基準を適用して
子どもの遊びを抑制するのは望ましくない」と説明。


ただ、状況によっては騒音になりうるとみて、
限度を超えて周辺住民らに被害がある場合は、
施設側に措置をとるよう勧告・命令できるようにする。


 保育所などの空調設備や送迎する保護者の話し声は、
子どもの育成に必要な音とは言えず、
現行の規制基準を適用するという。


 都の環境確保条例は
「何人(なんぴと)も規制基準値を超える騒音を
発生させてはならない」と規定している。

地域や時間帯による音量の規制基準を定めており、
この条例に基づき子どもの声を騒音として
訴訟を起こすケースも出ていた。


 応募するには、都環境局ホームページから
「意見提出シート」をダウンロードしてメール送信するか、
〒163 8001 東京都環境局大気保全課へ、
郵送またはファクス=03(5388)1376=で送る。



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------



東京都
◇騒音条例見直しで意見募集 東京

(NHKニュース | 2014年12月23日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141223/k10014208601000.html


子どもの声も騒音だとして苦情が寄せられるケースが
相次いでいることを受けて

騒音を条例で規制している東京都は、
子どもの声を抑制するのは発育上望ましくないとして、
一律に規制せず、周辺への影響を見極めて
総合的に判断するとした条例の見直し案をまとめ、
都民から意見を募集しています。


東京都は、住民の生活環境を守るため、
条例でさまざまな騒音を規制していますが、
平成20年度以降、都内の市区町村の
およそ7割に当たる42の自治体で、
子どもの声も騒音だとして、
幼稚園や保育園に苦情が寄せられているということです




一方で、多くの自治体が子どもの声については
規制はなじまないと考えているほか、
専門家からは発育上、声を抑制するのは
望ましくないという指摘があるということです。


このため東京都は、
子どもの声については音の大きさなどで一律に
規制するのではなく、
周辺の生活環境への影響を見極めて、
騒音かどうかを総合的に判断するとした
条例の見直し案をまとめした。


東京都はこの見直し案に対する意見を、
ファックスや電子メールなどで1月13日まで募集し、
来年中には条例を改正したいとしています。



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------



東京都
◇子どもの声を「騒音」規制対象外に 東京都が条例改正へ

(朝日新聞デジタル | 2014年12月22日)
http://www.asahi.com/articles/ASGDQ5JLXGDQUTIL02L.html?iref=comtop_list_pol_n03


 東京都は22日、子どもの声を「騒音」として
規制する根拠となっている都環境確保条例を改正し、
子どもの声を規制対象から除外する方針を発表した。


一方で、生活環境に支障を及ぼす場合は
一定の歯止めをかけるため、都が改善を勧告できるようにする。


 都環境確保条例は
「何人も規制基準を超える騒音を発生してはならない」と規定し、
住宅地や工業地など区域別に数値を定めて騒音を規制。

「何人も」には子どもも含まれるため、
その声なども数値規制の対象になり、トラブルや訴訟の根拠とされていた。


 都の条例見直し案は、適用を除外する対象を
小学校就学前の乳幼児とし、遊びで出る声や拍手、楽器の音、
ボールなど遊具の音などを想定。


子どもと一緒にいる保護者らが出す音も除外の対象に含めている。

一方、保育所の空調の室外機の音や
送迎時の保護者同士の会話の声などは、現行通り規制対象にするという。



ログインして続きを読む

無料登録して続きを読む


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------
関連記事
---------------------------




ぜひ!→
香港
◇校庭騒音訴訟、学校側の訴え退ける 香港高裁

(AFP BB news | 2011年11月02日)
http://www.afpbb.com/articles/-/2838594?pid=8017632



【11月2日 AFP】
香港高裁は、校庭の騒音を軽減するよう命じられたことを
不服として学校側が起こした裁判で
学校側の訴えを退ける判断を下した。


香港メディアが1日報じた。


 訴えを起こしていたのは
ランタオ・インターナショナルスクール(Lantau International School)。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト
(South China Morning Post)によると
同校は2009年に当局から騒音を60デシベル(dB)未満に
抑えるよう命じられ
従わない場合には罰金を科されることを言い渡されていた。


 学校側は、裁判所の判断を尊重すると述べた上で
大勢の子どもたちが遊ぶ校庭に対して
このような厳しい規制をどうして行うことができるのかと疑問を提起。

学校側の弁護士は
「子どもたちに対して校庭で騒音を出さないようにしなさいと言うのは
子どもたちにまばたきをするなと言ったり
ウサギにレタスを食べるなと言ったりするようなものだ」と語ったという。


 香港紙スタンダード(Standard)によると
2008年9月に学校の近隣住民が騒音の苦情を申し立てたため
当局が調査を行ったところ、寝室で騒音が62デシベルに達し
許容値を超えていたという。



 当局は、学校側に午前7時から午後11時までの間
騒音レベルを60デシベル未満に抑えるよう命令。

これに従わない場合、違反初回に最高10万香港ドル(約100万円)
その後の違反は最高20万香港ドル(約200万円)
さらに違反した日数に応じて
1日あたり2万香港ドル(約20万円)の罰金を科すと言い渡していた。(c)AFP.



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------
  関連記事
----------------------



片頭痛の主なきっかけは、そうです
– みんなが知っているように –
ありとあらゆる感覚刺激や
例えばチラミン、グルタミン、ヒスタミンその他の生体アミン
エストロゲンの増加したレベルまたは変動しているレベルを含んでいる食物




このように、音は引き金です。


様々な振幅の大きい騒音は
片頭痛を伴って人の神経感度を増やす強い引き金です。


例えば、騒々しい教室にいる片頭痛の遺伝傾向を持った教師。


しばらくして、すべての感覚がより敏感に
(たとえば、前庭への刺激により
音により敏感に、光により敏感に)なります。


聴覚過敏は教室の状況をより悪くします、そして、結局、片頭痛の発作は現れます。





低周波数騒音または超低周波騒音も例外ではない。


音が聞こえない場合でも、音圧が可聴音と同じように鼓膜に力を及ぼします。


音波は内耳に送られ、それから、有毛細胞が刺激されます。


たとえ刺激が音と認められないとしても
それは脳幹センターに影響を及ぼして、他の感覚を誘発します。



- ハーカン・エンボム, 医師, 医学博士 -




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




⑨ スウェーデン、レター、オーストラリア
◇Infrasound from wind turbines can trigger migraine and related symptoms
風力タービンからの超低周波音は、片頭痛と関連した症状を誘発することができます

(March 23, 2014  | ハーカン・エンボム, 医師, 医学博士)
https://www.wind-watch.org/news/2014/03/23/
infrasound-from-wind-turbines-can-trigger-migraine-and-related-symptoms/





拝啓





あなたが風車からの低い周波数ノイズと超低周波音の影響について
ポジションペーパーをリリースしたということを知るに至りました。




私は、添付しましたスウェーデンの医学雑誌「Läkartidningen」における
片頭痛とインフラサウンドについての私の最近公開された記事について
あなたの注意を喚起したいと思います。


[リンク]

■ Infrasound from wind turbines — an overlooked health risk
風力タービンからの超低周波音 — 見落された健康リスク

Author: ハーカン・エンボム; and Malcus Enbom, Inga
https://www.wind-watch.org/documents/infrasound-from-wind-turbines-an-overlooked-health-risk/




あなたがよくご承知のように
片頭痛は時折の頭痛発症による多元発生遺伝性疾患です。


片頭痛をもつ人々が、特に片頭痛の発作の間
正規母集団より音と光に敏感であることは有名です。


そのうえ、脈動音と点滅する光が
片頭痛の発作を誘発するための強力な誘因であることは
よく知られた事実です。




片頭痛は片頭痛のための15%の有病率の人口で非常に一般的な条件です。


これは、遺伝的素因がはるかに高いことは極めて明白です
- 遺伝的素因を持つすべての人が片頭痛に悩まされることはありません。


あなたが、遺伝的素因と一緒に過ごして
そしてすべてのあなたの人生のなかで
片頭痛に苦しまないのはもっともなことです。





最近の研究で、これらの遺伝的変化が
特にCaチャンネルに影響することが分かりました。


このチャネロパチーは、細胞脱分極が増大し
結果として神経細胞が刺激に対してより敏感である -
より少ない刺激が神経電位を誘発するために必要とされる。


※ チャネロパチー (ウィキペディアより引用)


チャネロパチー(英語:Channelopathy)は
イオンチャネルのサブユニットやイオンチャネルに関係する
他のタンパク質の機能が妨害されて発症する疾患の総称である。

これらの疾患には先天性の場合と後天性の場合の両方があり
先天性のものは変異によることが多く
後天性のものはイオンチャネルへの自己免疫攻撃であることが多い。

イオンチャネルの変異により生じることが知られている疾患には多くの種類がある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%BC




片頭痛の主なきっかけは、そうです
– みんなが知っているように –
ありとあらゆる感覚刺激や
例えばチラミン、グルタミン、ヒスタミンその他の生体アミン
エストロゲンの増加したレベルまたは変動しているレベルを含んでいる食物




このように、音は引き金です。


様々な振幅の大きい騒音は
片頭痛を伴って人の神経感度を増やす強い引き金です。


例えば、騒々しい教室にいる片頭痛の遺伝傾向を持った教師。


しばらくして、すべての感覚がより敏感に
(たとえば、前庭への刺激により
音により敏感に、光により敏感に)なります。


聴覚過敏は教室の状況をより悪くします、そして、結局、片頭痛の発作は現れます。







低周波数騒音または超低周波騒音も例外ではない。


音が聞こえない場合でも、音圧が可聴音と同じように鼓膜に力を及ぼします。


音波は内耳に送られ、それから、有毛細胞が刺激されます。


たとえ刺激が音と認められないとしても
それは脳幹センターに影響を及ぼして、他の感覚を誘発します。





超低周波音は通常は聞くことはできません
ヒトは振動として感じることができる可能性が高い。


低周波音は、ボリューム(dBの音圧)が十分に強ければ
聞くのは可能です。


しかし、40dB以下の音圧レベルで
低周波音と超低周波音を聞くことができる人がいることは、既知の事実です。


あなたが片頭痛を持っていて、聴覚過敏を開発した場合
あなたが通常な音などと同じくらい
低周波音に敏感である可能性が最も高い。




風力タービンからの超低周波音には
自然な発生源(例えば風、川)から
そして、道路交通を含む人工の発生源から発散している
超低周波音のような
他のタイプの超低周波不可聴音と異なる特性があります。


道路交通(ならびに他の例)からの超低周波音には
連続的で一定の特徴があります‐ 
一種の一定なバックグラウンドノイズ。


風力タービンからの超低周波音には
様々な振幅で変動している性格があります。


風力タービンからの超低周波音も
平均周波音圧(ブレード通過周波数)よりも高い振幅の
三つの異なる周波数を持っています。





第3の問題は、超低周波音と低周波音の音圧が
あなたが聞くことができる音(可聴音)の音圧より非常に強いということです。


与えられた距離で測定された音圧が可聴音で40 dBの場合
低周波音の音圧は、同じ測定点60〜80 dBです。


さらに超低周波音の共振効果によって建物の内部で増幅されます。


このように結論としては
風力からの低周波音と超低周波音は
増加した感度と
最終的には片頭痛または他の片頭痛の症状を誘発するための
資質を持っているということです。
– 例えばめまいまたは耳鳴り(頭痛なしで)。





片頭痛は、集団内で非常に一般的であるように
これはあなたが検討して避けることができない関係です。





その上、結局、引き金の連続刺激が
感覚刺激に慢性のとても増加した感度で
脳内でcentral sensitization(中枢感作)を
つくるという知識が増加しています。


※ central sensitization:「中枢(性)感作」とは

※ こちらのサイト(繊維筋痛症)が資料豊富で
  たいへん詳しく解説されています。
『線維筋痛症から回復した患者のホームページ』
http://homepage3.nifty.com/fmsjoho/page011.html




私は、あなたが更なる研究のための考慮と
支持者にこれらの事実を利用して
公衆衛生を保護する家庭や職場から
風力のための安全な距離のために働くことを願っています。





敬具





ハーカン・エンボム, 医師, 医学博士






こちらも参照してください:


■Letter from Dr. Jay Tibbets, Wisconsin, to AMA.

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html

■Letter from Dr. Sandy Reider, Vermont, to AMA.
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2519.html

■Letter from Dr. Robert McMurtry, Ontario, to AMA.
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2521.html

■Letter from Dr. Mauri Johanssen, Denmark, to AMA.
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2522.html



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht







  
2014-12-23 : 法律、政令、条例、規則、訴訟 2014/08/06~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例案>岡山県真庭市:発電施設建設を規制へ / 太陽光、風力発電事業を規制 真庭市が条例案、蒜山の景観保全 / 岡山)真庭市が太陽光発電規制の条例案 |  パブリックコメント:「真庭市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例(案)」 について(2014/12/26) まで | <風力エネルギー条例の改正:後退距離>ノバスコシア州:郡は、風力タービンのセットバックに関する改正に同意します | <風力タービン・シャドーフリッカー規制案>マサチューセッツ州:フリッカー規制の公聴会 | <環境レビュー裁判所の公聴会>オンタリオ州:タービンの公聴会で専門家の証言 | <高等裁判所>イングランド:風力タービン計画は、高等裁判所へ行きます | |関連記事|<補償方式を確立する『再生可能エネルギー推進法』を可決> ブログ、デンマーク:高等裁判所は風力タービンからの騒音に対する補償について正式の結論を下す 他 //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について |  ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう! 







<市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例案>



岡山県真庭市
◇発電施設建設を規制へ

(読売新聞 | 2014年12月07日)
http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/news/20141206-OYTNT50249.html


◇真庭市、太陽光と風力限定


真庭市は、再生可能エネルギーの
発電施設建設に関する条例案をまとめた。

景観保護などを理由に市が“規制区域”を設定し
太陽光か風力の発電施設に限って
建設に同意しないとしている。


市民の意見を募り、来年1月の制定を目指す。




 蒜山高原の観光拠点「三木ヶ原」への
太陽光発電設備の建設計画に対し、住民らが反発。

業者が計画の中止を決めたのを受け、
同様のトラブルを防ごうと、条例制定を決めた。



 市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との
調和に関する条例案で
三木ヶ原の約50ヘクタールを「抑制区域」に指定。


事業計画の届け出を義務付ける一方
市が同意しないことで歯止めをかける。

罰則は設けないが、建設を強行した場合
中止を勧告し、業者名などを公表する。



 区域外は、5000平方メートル以上の太陽光発電施設
高さ13メートルを超す風力発電施設について届け出と
地元説明会を義務付ける。



太田昇市長は
「再生可能エネルギーと景観などを市民に考えてもらい
知恵を結集させた条例にしたい」と話している。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------



岡山県真庭市
◇太陽光、風力発電事業を規制 真庭市が条例案、蒜山の景観保全

(山陽新聞 | 2014年12月05日)
http://www.sanyonews.jp/article/104635/1/



真庭市は5日、蒜山観光の中心地・三木ケ原地区
(同市蒜山上福田)での民間事業者による
太陽光と風力発電事業を規制する条例案をまとめた。


景観や自然環境の保全が狙いで、市によると
条例で再生可能エネルギーの事業化を
規制するのは中四国初。


来年1月に予定している臨時市議会に提案する。



条例案では、対象エリアは50ヘクタール。

区域内での事業計画を知った場合、同意せずに中止を勧告。

従わなかった場合は事業者名などを公表する。

ただし、家屋などの建築物に設置する場合は
条例を適用しない。

 


対象区域外でも
事業面積が5千平方メートル以上の太陽光発電と
高さ13メートル超の風力発電施設については
市が審議会を設置し
事業が適切かどうかを審査してもらう。

 

三木ケ原地区は
岡山県外の事業者が太陽光発電施設を計画。

市は地元住民から計画中止と
規制条例制定を求める陳情を受け
計画地(約1・6ヘクタール)を取得する方針を示していた。


 

市は26日まで市民から意見公募する。



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------



岡山県真庭市
◇岡山)真庭市が太陽光発電規制の条例案

(朝日新聞デジタル | 2014年12月6日)
http://www.asahi.com/articles/ASGD5532MGD5PPZB00Q.html



真庭市は5日、太陽光発電や風力発電の事業を
規制する条例案を発表した。

自然環境や景観の保全と
再生可能エネルギー発電事業の調和を図るのが狙い。

大分県由布市の条例などを参考に
独自に一定の歯止めをかける。


26日までパブリックコメント(意見公募)をし
1月の臨時議会に提案する。

条例案によると
市内で太陽光、風力発電事業をする事業者は
市長に届け出て同意を得なければならず
市長は事業者に指導や助言、勧告ができる。


蒜山観光の中心地、同市蒜山上福田の
約50ヘクタールは特に規制が必要な
「抑制区域」に指定する。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------------------------------------------
パブリックコメント
「真庭市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との
調和に関する条例(案)」 について(2014/12/26) まで

------------------------------------------------------------


■真庭市 パブリックコメント
http://www.city.maniwa.lg.jp/webapps/www/info/detail_2.jsp?id=3944


パブリックコメント
「真庭市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との
調和に関する条例(案)」 について(2014/12/26) まで

皆様のご意見を募集します。



・・・・・・

景観の規制については
真庭市景観条例で規制・誘導を行っていますが
太陽光発電施設は工作物に該当しないほか
開発の規制についても
土地の形質変更を行わなければ規制の対象外になります。

このように、現行の法令や条例等での規制を受けずに
施行が可能な場合があることから
市として適正な設置規制を定める必要が生じており
新規条例の制定を予定しています。



・・・・・・

 幅広いご意見をよろしくお願いいたします。
■ご意見を募集する条例案の名称
「真庭市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例(案)」
■意見募集期間  
平成26年12月5日(金曜日)から平成26年12月26日(金曜日)


②真庭市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例(案)
http://www.city.maniwa.lg.jp/webapps/open_imgs/info//0000000063_0000024814.pdf


※ ダウンロード出来ます。

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------



<風力エネルギー条例の改正:後退距離>



ノバスコシア州
◇County agrees to amendment on wind turbine setback
郡は、風力タービンのセットバックに関する改正に同意します

(The News | November 18, 2014)
http://www.ngnews.ca/News/Local/2014-11-18/article-3944291/
County-agrees-to-amendment-on-wind-turbine-setback/1




ピクトゥ -

この郡の既に修正された風力エネルギー条例に
改正が行われました。




月曜日の財政会議間に
大部分の郡の議員は
風力タービンの後退距離が
最も近い家から1,000メートルになるように
風力エネルギー条例が
改正されなければならないことに同意しました。





議会は1,000メートルである後退距離を
必要とした改正案を当初認可しました。
しかし、地域の住宅所有者が同意するならば
後退距離は600メートルまで短くすることができます。




議会は、600メートルのオプションを削除した
新しい改正を考慮して欲しかったので
この改正は、最近郡の計画諮問委員会に送り返されたので
後退距離は少なくとも1,000メートルでなければなりません。





・・・・・・



* 以上、引用しました。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------------------




マサチューセッツ州
◇Flicker regs hearing
フリッカー規制の公聴会

(Kingston.Wicked Local | Nov. 7, 2014 )
http://kingston.wickedlocal.com/article/20141107/NEWS/141106929



By Kathryn Gallerani



キングストン –

提案された風力タービン・シャドーフリッカー規制の
保健委員会の待望久しい公聴会は
11月24日月曜日の午後6時の予定です。




法律の定められた目的は
「風力タービンから生じている影のちらつきが
関係していることがありえる健康への悪影響や
迷惑から国民を保護する」ことです。


感情的なストレス、疲労と高血圧は
ちらつきによって
潜在的に引き起こすことがありえる
病気の一つであるとして記載されています。



保健委員会が
「そのような危険を回避し緩和する」ために
規制案を認めれば
規則は、すべてのユーティリティ規模タービンに
適用されるでしょう。



誰も保健委員会の承認なしで
新しいタービンを町に設置することができません。
既存タービンの所有者は
その採用の60日以内に
規制の条項に従って
委員会からの承認を得なければなりません。



・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------



<環境レビュー裁判所の公聴会>



オンタリオ州
◇Expert testimony at turbine hearing
タービンの公聴会で専門家の証言

(Blackburn News | November 13, 2014)
http://blackburnnews.com/sarnia/sarnia-news/2014/11/13/expert-testimony-at-turbine-hearing/



By Dave Dentinger



重要証人は、サンコー社の
計画されたシーダーポイント風力タービンプロジェクトの
環境レビュー裁判所の公聴会で、今日から聞こえています。



ラムトンの郡、プリンプトン·ワイオミング
そしてブライスファミリは
プリンプトン·ワイオミング、ラムトンショアーズと
ワーウィッククランベリーで
サンコー社の46タービン開発の承認を上訴しています。




公聴会は、今日
ワイオミング州の州議会室に
キャムラッチャイからシフトしました。



ブライスの控訴人に代わって
リスボン大学からの専門家証人は
ポルトガルからビデオによる証言や
騒音による身体への生物学的応答について話すでしょう。





アンチ・タービンのスポークスマン
サントジョルノ氏は
裁判所が、健康への悪影響の証拠の欠如のために
先月末、ネクストエラ·プロジェクトの訴えを
却下したことを十分承知しています。





ジョルノ氏は、結果にかかわらず
おそらく裁判所支部レベルで
問題が、さらに追求することができる前に
審判所は、必要なステップであると述べています。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------



<高等裁判所>



イングランド
◇Wind turbine plan goes to High Court
風力タービン計画は、高等裁判所へ行きます

(Craven Herald & Pioneer | 12 November 2014)
http://www.cravenherald.co.uk/news/11598091.Wind_turbine_plan_goes_to_High_Court/



By Lesley Tate



ガーグレイブ近くの
3320フィートのタービン建屋に対する反対者は
高等裁判所で彼らの戦いを継続する準備をしています。




12月5日に、リーズで
再生可能エネルギー会社の
『エナーガイ・コントーUK 』は
バンクニュートン、スタイントン・ホールに近い
ブライテンバー・ヒルに構築するために
その訴えを却下する計画視察団の決定に挑戦していきます。



・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



--------------------
関連記事
--------------------



<補償方式を確立する『再生可能エネルギー推進法』を可決>



ぜひ!→
ブログ、デンマーク
◇High Court rules on compensation for noise from wind turbines
高等裁判所は風力タービンからの騒音に対する補償について正式の結論を下す

(Søren Stenderup Jensen | 2014年9月1日)
http://www.internationallawoffice.com/
newsletters/detail.aspx?g=62778e35-9a95-4c1f-9a93-2fa28ead1dcc




背景


その場所に応じて、風力タービンは
騒音、視覚的な干渉や光の反射を引き起こす可能性があります。




これらの問題は、近隣の法律を含む公法と私法で管理されます。

騒音に関する主なルールは
環境保護法に基づき発行された
風力タービンの騒音に関する2011年12月15日の
大統領令1284に記載されています。

ある程度まで、その命令は
アウトドア・エリアの風力タービンからの
最大の騒音レベルの確立により
騒音の迷惑から隣人を保護します。

騒音制限は、環境に応じて変化します。




風力タービンは、さらに周囲の資産価値に
悪影響を与えるかもしれない
視覚的な妨害を引き起こすかもしれません。

このように、陸上での風力タービンの位置は
何年間もの難しい政治問題を証明しています。

あらゆる自治体は
より多くの風力タービンに関する意見を支持します
– ちょうど境界に及ばない。



風力エネルギープロジェクトのための
ローカルサポートを促進するために
議会は、風力タービンの隣人のために
その補償方式を確立する
再生可能エネルギー推進法を可決しました。


スキームの下では
1台以上の風力タービンを構築する人々は
風力タービンが必要な許可と一致するかどうかにかかわらず
彼らの隣人に
風力タービンが引き起こすかもしれない
資産価値のどのような低下でも
賠償しなければなりません。





補償スキームは、隣人が越えられたということを
証明しなければならない許容範囲で動かないという点で
法廷ベースの隣人の法測から外れます。




出発点は、風力タービンが建設される前に
補償の問題が解決されなければならないことです。

しかし、再生可能エネルギーの推進法では
隣人が、その後、特定の状況で
賠償を請求することを可能にします。


賠償請求に対処する所管官庁は
行為者によって申し立てられるアセスメント庁です。




行為の下で隣人に付与された報酬は、これまで比較的低かった。




事実




西部デンマークの高等裁判所の前の最近の事件では
原告はアセスメント庁によって
8台の風力タービンの建設の賠償にDkr250,000を与えられました。

彼らはより高い報酬を求めて裁判所に問題をもたらしました。




風力タービンの建設の前に
環境調査は、彼らの所有地では
騒音レベルが12ノットの風速で38.8デシベルと
16ノットの風速で40.9デシベルに達するだろうと結論付けました。



市裁判所の前に
裁判所が任命した専門家は
資産価値の減少は
Dkr600,000とDkr800,000の間に達すると述べました。

市裁判所は、さらに所有地への訪問を整えました。



原告の所有地は
騒音公害の制限の対象となることを
アセスメント庁がわかったところで
市裁判所は
レベルがより重要であることがわかりました。


原告が、このようにDkr600,000で
彼らの資産価値の損失を文書化しており
裁判所はさらに、Dkr350,000を追加して与えると
決定しました。



最後に、裁判所は、原告が
再生可能エネルギー推進法でカバーされる
他の経済的損失を被っていなかったと判示しました。



特に、法廷は、風力タービンが
すべての必要な許可で組み立てられたという事実が
原告が隣人規則の下の補償を要求するのを妨げると判決しました。




西部デンマークの高等裁判所は
市裁判所の判決を支持しましたが
とりわけ、家の石積みに一定の不備があったので
Dkr500,000で補償を修正しました。

しかし、裁判所はまた
風力タービンの建設後に原告の家を見ていた
法廷に指定された鑑定人の調査結果を考慮しました
- アセスメント庁は行ったことがなかった -
同様に、市裁判所自身の資産の観察など。

最後に、裁判所は
再生可能エネルギー促進法は
アセスメント庁からの決定を検討する
裁判所の能力を制限しないとの判決を下しました。





コメント



風力タービンの組み立ての後に
補償を交付したので、その判決は重要です。


これは再生可能エネルギー推進法の
主なルールに反しています;

しかし、市の裁判所と高等裁判所の両方が
風力タービンの建設後のクレームを
認めざるを得ない行為の下で、十分な法的権限を見つけました。




さらに、両方の法廷は
法廷に任命された専門家の評価にかなりの注意を払いました。


これはデンマークの判例法において全く正常ですが
それは、アセスメント庁のような権威が
以前に問題に対処した場合なら、珍しいことです。



最後に、高等裁判所は市に注意を払いました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
  関連記事
------------------------



ニュージーランド、プレスリリース
◇After many noise complaints, Environment Court rules against wind farm
多くの騒音苦情の後、環境裁判所は風力発電所に対して裁定する

(wellington.scoop | 2012年7月5日)
http://wellington.scoop.co.nz/?p=46267



パーマストンノース市議会からのニュースリリース



パーマストン・ノース市議会は
ティー・ラー・ハウ風力発電所の騒音レベルに関する
ケースENV-2010-WLG-000114についての
環境裁判所の判決を歓迎しました。




パーマストンノース市議会の最高経営責任者
パディー・クリフォード氏は
それが、国での少ない
風力発電所の騒音判決のうちの1つであるとともに
その決定が先例を作るだろうと言います。




「影響を受けたコミュニティーと
委員会スタッフのメンバーが
この問題にともに取り組んだので
そのケースと判決は起こりました。

今、私たちは、環境裁判所の支援を受けて
ニュージーランドウインドファーム社との解決に向け
作業を開始することができます。」と、彼は言いました。




ティー・ラー・ハウ風力発電所は
ニュージーランドウインドファーム社が所有しています。



2005年にはパーマストンノース市議会は
その後、段階的に建設された
(インストールされている65そのうち)
97タービン風力発電所の設置を可能にする
リソースの同意を認めました。



問題の風力タービンは
より小型で、2枚のブレードの風力タービンとして
パーマストン・ノース・スカイラインで目立ちます。



市民からの多数の騒音の苦情の結果
理事会は、ティー・ラー・ハウ風力発電所は
そのリソースの同意と
それに課せられた同意の条件に従って
動作していたか否かに関して、宣言をするよう依頼しました。




その事件は昨年審理されました。
また、今週、環境裁判所は
次の宣言を含むその決定をリリースしました:




「ティー・ラー・ハウ風力発電所が
地方の住宅地での騒音影響が
申請で予測されるよりも
かなり大きいように操作されたという点で
リソース同意のその条件1は、回答者によって破られました。」




環境裁判所はまた
パーマストンノース市議会は
その条件の見直しの権限を行使する権利があることを宣言しました:




「回答者の環境への影響の評価(AEE)で
供給される音響情報 は
PNCCがティー・ラー・ハウ風力発電に適用される
騒音の同意条件の見直しを行うために
128(1)〜(c)のRMAセクションを
あてにすることができる程度に不正確でした。」



プランニング・サービスの長のラッセルオリアリー氏は
委員会スタッフは現在
それ以上の行動計画を決める前に
その全体の決定を検討する予定だといいます。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




----------------------
 関連記事
----------------------



30-1/4 ニュージーランド、オーストラリア、レター 
◇AMA ignored science of wind turbine noise
AMAは、風力タービン騒音の科学を無視しました
(April 6, 2014 | ニック・ジェニングズ)
https://www.wind-watch.org/news/2014/04/06/ama-ignored-science-of-wind-turbine-noise/



私は数年前からニュージーランド山岳安全評議会(株)の
議長としての特権を持っていたとき
数年間の前に、私は正式に発表を行った
地元の山、レクリエーション
人々の小さなチームのリーダーだった幅広い傘下の
コミュニティ応急処置の外科医のセミナーの
ロイヤル·オーストラレーシア·カレッジで
我々は説明し、コミュニティファーストエイド他の
様々な側面について
オーストラリアの米国からのプレゼンテーションの中で
この国の貢献として
山の安全性に関するニュージーランドのアプローチについて議論しました。



そのセミナーで私たちの時間の間
私は外科の専門職と一般集団の両方から
様々な個人と出会いかれらのすべてを
非常に高く評価してニュージーランドに戻りました。



遺憾ながら、私は、産業用風力タービンに関する
あなたの最近のステートメントが
医業のメンバーに対するそれ以前のの尊敬を
深刻に損なったことを現在あなたに知らせなければなりません。




まず第一に、私は4つの一般的なコメントをします:



1番目は、私が風力タービン産業が
あるとしても、どんな評判の良い研究の不足にもかかわらず
彼らの製品の問題にされないさらに商業開発を主唱する
彼らの転向を迫っている宣伝について
あなたの見た目の疑わない承認に関して
あなたの考えにどんな印象と修正を作ることができたか
全くわからないということです。

それについて、私には知識があります。
そして、それは彼らの製品が
隣接した人口に影響を及ぼさないことを示します。

それを認識できるように
あなたは、このような研究にアクセスする必要があります。



第二に、私は、ウィキペディアと題して
インターネット上で見られる 無料の百科事典に
あなたの注意をAMAエントリに描く価値があると思います 。

そのエントリでは、私は患者への
そして患者保護に潜在的な害を避けることの権利
およびこれらの患者の完全性と独立性(促進)
「医師との関係への参照は、徹底的に立派だと思います。」:

– 事実は別として、あなたの協会の側で、
風力発電所の近くで生きるそれらの患者の多くが
それらの大きな塔の存在に順応することが
ある種の精神的であるか感情的な困難である、
そして、彼らの先生が受け入れ困難で
彼らと共謀していると思っている態度であることを
産業用風力タービンに関する
あなたのステートメントの多くは反映します。
患者でも、また、彼らの先生でも
これらのどちらも、支えとなるようではありません。



特に、英語が所有する適用性の驚異的な種類に
丁寧にへつらうことで、私はあなたの注意に
前記のウェブサイトのエントリについてのコメントを引き付けます:

- 「健康問題に共鳴し、権威ある専門家の医学的解説を提供する」。

私の辞書: - 「コンサイスオックスフォード英語」は
『共鳴音』を定義します:
ー 「(音の)深く、明瞭で、反響し続けている;
....画像、感情や品質'を示唆;
またその後、定義する「反響する」次のものとして:
- 「(大きな音の)エコーとして繰り返される、持続的な重大な効果がある。」

そのすべてが、意図したか否かにかかわらず
直接的または間接的にかかわらず
産業用風力タービンのステートメントの中で述べた
材料の多くに関連するでしょう
– 特に、『相次ぐ重大な結果を持つ』際に、おそらく。



3番目に、あなたは『オッカムのかみそり』が
問題解決に近いことにまだ気づいていなければ
私は経済または簡潔さのその原則をあなたに推薦します。

これは、競合する仮説の間で
最も少ない仮定を有する1つが選択されるべきであると述べています。

他の、より複雑な解決は、正しいと最後にわかるかもしれません
しかし — 確実性がない場合 — 作られた仮定が少ないほど良い。

私は、あなたが産業用風力タービンの単一仮定が
超低周波音-を発しているタービンを回すことに同意すると確信します。


- あるいは低周波騒音は、相当に
より地元住民より複雑にならない‥‥作られること
‥‥タービン・タワーを知っている‥‥説得‥‥
それらのタワーは不適当である
さらに説得されること‥‥それらは必要とする‥‥
文字通りに「それら自身心配する‥‥病気」
また‥‥それら‥‥順番に‥‥その後
それらの家族の他のメンバーに同じ影響があるべきである。



4番目に、私は、強くあなたの在来の常識を訓練し
かつ当惑する条件を持った患者に
接近する際に使用したのと同じ診断の方法で
産業の風力タービン
および健康の全体の論争を処理するようにあなたに要求します。


- 次のものを備えた着実に慎重なプロセス:



•他の医療専門家との適切な協議;


- 患者に対する正当な関係および尊敬
 (それらの産業風力タービンが動き始めた時から
  健康問題を報告している人々);


•所得がタービンの妨げられていない操作に由来しており
人々によって行使されている影響の最小値が
議論と圧力のすべての種類を持って来ることが予想される
- とりわけ経済、地球温暖化、個人の責任の社会(環境)レベル
学術的な地位および職業上の責任
- 彼らが彼らの財界側の支援を獲得するために
影響を及ぼそうと努力するものに影響すること。



あなたの公開されたポジションステートメントから
あなたが結論を得るために
どの科学を頼るかは明らかでありません。


そのような引用がない場合
あなたが見落したかもしれない科学の一部を
あなたに紹介させてください。




若干の最近の科学



背景:振動音響病


振動音響病(VAD)は
最初、ポルトガルの研究者のグループによって同定され
その研究の総合的なレコードがジャーナルに記載されています


Progress in Biophysics and Molecular Biology of January 2007, p. 256-279, issue 93 (1)
titled “Biological effects of infrasound and low-frequency noise
explained by mechanotransduction”,
authored by M. Alves-Pereira, and N.A.A. Castelo Branco,



さらに重要なこと
カステロ・ブランコの仕事と研究者の拡張されたチームは
ジャーナル全体の問題を占める:
航空、宇宙、環境医学、ボリューム70、ナンバー3、
セクションII - サプリメント、1999年3月。


ここに、振動音響病の現実を証明する
様々な著者からの23の論文があります。



6つのセクションのジャーナルグループの論文:
導入;
臨床特集;
心肺関係;
神経学的・心因性障害;
免疫学的変化と騒音の挑戦。



その時以来、VAD現象の存在を否定することは
科学的に合理的ではありません。



すべての科学は観察から始まることを理解することが重要です。

VADに関する科学的な研究は
今、20年間を超えるスパンで
そして証拠を水に沈めることの上に
「真相を 確かめようとしない」その存在を否定するために。


Google Scholarの検索は
「振動音響病」について2400ヒットを明らかにしている。



それは科学が不都合であるとわかる人々によって
もはや神話とみなすことはできません。




これから答えられる質問は
産業の風力タービン(IWT)の(意図しない)注入に
VADの症状のいくつがちょうど帰することができるかです。



このトピックは比較的、研究不足が続けられていますが
その可能性はもはや無視することができません。

含意への対処が不便か、利ざやを脅かすだけで
健康と安全の実行は「問題を覆い隠す」ことにより進みません。





VADチーム



彼らは非常に多く、背景や専門分野の広い範囲を表すように
VADの研究に携わった科学者の家系は、手ごわいです。



キーの科学者、ヌーノA.A.カステロブランコは
印象的な資格と長いキャリアから得た豊富な経験を持っています。



カステロブランコは、当時のリスボン大学医学部から
1966年にリスボン大学を卒業し
1971年に彼の一般的なインターンシップを完了しました。



1962年、彼はその後、ポルトガル・アフリカ戦争で奉仕
大佐のランクに上昇し、ポルトガル空軍に参加しましたし
今軍隊を退職している。





1977年、彼はワシントンD.C.、
米国病理の軍研究所航空宇宙病理学の学位
およびサンアントニオのブルックス空軍基地
航空宇宙医学の学位を授与されました。




米国テキサス州。
彼は1978年に、ポルトガルのリスボンの
民間病院での外科病理の医療専門家となりました。



1979年に彼は、約3,500の労働力を採用する
ポルトガル空軍が運営する
所有航空機製造のやり直しやメンテナンス工場の
チーフメディカルオフィサーとして公示されました


1980年から、彼は低い周波数ノイズ曝露の
生物学的影響を調査するために
そのプラントで一連の研究者を効果的に調整しました。

そして、それはVADチームとして知られるようになりました。




VADは、大振幅、低周波音への長期暴露の
最終結果であることが理解されているが、
症状は、風力タービンシンドロームとして
知られるようになったものに顕著な類似性を有する。




本格的なVADが、IWT(産業用風力タービン)によって
引き起こされると言えない一方で
症候群の長い潜伏時間により
風力タービンからの影響は科学的に除外することができません。


また、そのような曝露からの安全性の根拠となる証拠がない場合
思慮深い回避が要求されます。


原因の要素への曝露の定量と潜伏時間
および臨床症状の出現の関係は、まだ調査されていません。




カステロ・ブランコおよびアルベス-ペレイラから
ウエリントン(ニュージーランド)の
ウエストウィンド風力発電所について
提案されたミル・クリークの拡張に対する反応は
上記の適切な段落の中で報告された
VAD研究の初期の数年に有用な追加情報を加えます。





2008年8月の文書のタイトルは
- 『ウェリントン、ニュージーランド
(プロジェクトミルクリーク)での風力発電所の
可能性のある健康への影響について
提出されたレポートに関するVADチームによる応答。』



上記2名の著者と彼ら自身の仕事だけでなく
同僚との追加情報がその報告書の中に記載されています。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



-------------------------------------


30(中) ニュージーランド、オーストラリア、レター 
◇AMA ignored science of wind turbine noise
AMAは、風力タービン騒音の科学を無視しました

(April 6, 2014 | ニック・ジェニングズ)
https://www.wind-watch.org/news/2014/04/06/ama-ignored-science-of-wind-turbine-noise/




騒音に関する一般的な要因



騒音とその測定と分析に関する一般的な事実は
空気を通してもたらされる音/騒音に関する関連した
仕事と研究のまさしくその大多数において
その音/騒音が、声、雷、波、ファン、銃砲火、風、雨
プロペラ、自動車のエンジンと排気管のようなソースによって
周囲の空気の範囲内で発生する振動またはパルスによって
発生するということです。
そして、産業機器、電車、消防車および他のサイレン
象のいななき、カモメのギャーギャー鳴く声
ナイトクラブ – そして、などなどその他無限に …



覚えている重要な点は
振動が周囲の空気で始まる手段が無関係であるということです
- 振動が開始されれば、彼らは関係なく
開始ソースの特性と同じ範囲を持っている。





他の要因は以下を含みます:




• 騒音や音が違ったさまざまな人々に影響を与える
 そして同じ人々‥‥異なる時代で違った風に;




• 騒音/音は、ソースからの距離によって減少します;



• 大気の状態は
 音/騒音がどのくらいの距離を伝わるかについて影響を与えます;




• グランドカバーと地形も
 音/騒音がどのくらいの距離を伝わるかについて影響を与えます;




• 音/騒音が構築された構造物に影響を与えるとき
 いくつかの内部空間内での共鳴の効果が
 衝撃圧力波の影響を拡大することができます。




• ますます、証拠は、ほとんどの人によって
 (聴覚で知覚された)聞こえない低周波音は
 個人の健康に影響を与える可能性があることを示唆しています。




• 異なる動物は、人間の聴覚の範囲を超えて
 騒音/音を認識し応答することができます。





比較的最近の研究論文をリストする前に
この研究の多くの結果として
音に関する多くの優しく信じられたフィクションの数が重要であると
科学の値を保持している人に
もはや許容できないことが示されていることを
指摘することは重要です。





研究報告



1. Wind Turbines Can Be Hazardous to Human Health
  風力タービンは、人間の健康に危険となりうる



アレックN.ソルト博士、蝸牛流体技術研究所、
セント·ルイスのワシントン大学、博士号を取得、2012年8月15日に更新

そしてGoogleで「公表しました」。


対処された問題は以下のとおりです。
振幅変調聞いた音の(脈動);

「潜在意識」の経路の刺激;

内リンパ水腫を引き起こすこと;

おそらく老人性難聴を加速させる
(あなたにこの数年にわたって
より速く耳が聞こえなくさせて)と同様に
強調のコメント
その超低周波音が聞くことが出来ない
そしてあなたが聞く音の大きさとは無関係です。

超低周波音は
単にそれ(A加重のスケールを使わない)を
検知することができる騒音計で測定することができる。

ソルト博士によって、全部または一部において書かれる
他の論文のリストは、彼のウェブサイトで見つかります。




2. ブルース・マクファーソン
  超低周波音と低周波騒音の研究、


(あらゆる業界や政治的利益からの
支援を受けない独立した組織で
そして唯一の懸念する個人から資金を得ている)
『ナショナル・ウィンドウォッチ』から出版されました。


その論文は、騒音制御工学研究所のメンバー
(委員会で認定されたそれらの1人)であること
その執筆者の暗黙の出版許可以外のレビューはありません。


その論文は、必要な動機づけと器材を利用できるようにする
有能で、利害関係がなく、公平な科学者によって
複製を可能にするために、十分な情報を提供します。




その調査は、さらなる研究が必要であるが
そうしている間にも、それは明らかであると結論しました:


i. (NZS6808:2010文書が採択した)
  dBA加重のスケールの測定の使用は、国民を保護するために適切ではありません。



ii. (NZS6808:2010文書の基礎となる)
  「あなたが聞くことができないものは、あなたを傷つけることはできません」
  という信念は、科学的データの面では無効です。
  大規模な産業用風力タービンは
  人の健康上に実際の有害作用を生み出すことができます。



iii. 特に低周波数域の音量レベルで
   健康への悪影響は、音圧波動によるものです。
   前庭のシステムに影響を及ぼすことによるもので
   聞き取れる周波数スペクトルに関連していません。
   
   そして、結果はNZS 6808 2010によって対処されません
;



iv. さらに、医療疫学分野および実験室調査が必要である。




3. 産業風力タービンの近隣居住者に対する健康影響について
  疫学的証拠をきちんと解釈すること。


カールC.フィリップス博士(MPP)による本論文は
Bulletin of Science, Technology, and Society,
vol. 31, no.4,(August 2011)に掲載されました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



--------------------------------------


30(下) ニュージーランド、オーストラリア、レター 
◇AMA ignored science of wind turbine noise
AMAは、風力タービン騒音の科学を無視しました

(April 6, 2014 | ニック・ジェニングズ)
https://www.wind-watch.org/news/2014/04/06/ama-ignored-science-of-wind-turbine-noise/


■おとしん機械翻訳 上
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2579.html

■おとしん機械翻訳 中
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2580.html



4. 時間とヒトの知覚の周波数感度を考慮した
 音質工学方法を用いた風力タービンの音響信号の動的測定。



本論文は、ウェード・ブレイとリチャード・ジェイムズによって
発表されました。
NOISE-CON, Portland, Oregon, USA, during July 25-27, 2011

そして、測定されている現象に対する人間の反応に関連した
様々な測定の妥当性に対応しています。

論文に示される詳細は、研究を複製することを比較的簡単にします。



論文は、著者のコメントによってよく要約されます:

「風力産業の専門家が、風力タービンが
些細なレベルを生産すると主張することができる理由は
低周波音がないからではありません、
彼らが使用した道具/方法が
それを検知することができなかったからです。

彼らは、磁石を使って干し草の山の中から
プラスチックで出来た針を探しました。」



5.環境騒音:より良い対策と必要に応じたレポート

H. H. C.バッカー、B. I. RapleyとR.エリオットによって提示される。

Proceedings of ACOUSTICS (2-4 November), 2011, at the Gold Coast, Australia.



本論文では、NZS6808の不備を探る:

2010年 現在の産業用風力タービン
特に、時間や周波数の平均値、L90、およびA重み付けに対処する。




6. ウインド・ファームの近くの低周波音響レベルを測定する問題

H. C. C.バッカーとB. I. Rapleyによる

Proceedings of ACOUSTICS (2-4 November), 2011, Gold Coast, Australia.



複数の産業用風力タービンからのノイズは
短い距離(1〜5メートル)で
大幅に変化する可能性があることを示す研究に関して
本論文で報告します。






7. 風力タービン騒音: 正確な予測と測定が重要である理由、

ロバート・ソーンとダニエル・シェパードによる

Proceedings of ACOUSTICS (2-4 November), 2011, Gold Coast, Australia.




この論文は、特に、産業用風力タービンの敷地に関する
意思決定プロセスへの「健康関連QOL」(HRQOL)の
世界保健機構(WHO)の概念のような社会展望を具体化する重要性を実証します。





8. 産業用風力タービン騒音の睡眠と健康に対する影響、

マイケルA. ニセンバウム、
ジェフリーJ. アーラミニーとクリストファーDハニングによる

Noise and Health, September-October 2012, Volume 14, issue 60.



『ノイズ&ヘルス』は、騒音のすべての側面と
人間の健康への影響についての研究に専念する唯一の国際誌です。



それは、職業、環境、レジャー騒音の
聴覚と非聴覚効果に関係するすべての専門職のための学際的ジャーナルです。


それは、騒音公害、そのコントロール
および聴覚および健康に対するその有害な影響に関連した
広範囲のトピック上の新しい研究資料のプレゼンテーションに
フォーラムを提供することを目標としています。




9. ラットの血液の免疫学的性質に関する超低周波音の影響

S. T. チューレアハノブ、O. S. デサウキーとM. A.モヘイセブによる

以下で発表されました。

Romanian Journal of Biophysics, Vol. 20. No.3. P245-255, Bucharest, 2010.



著者らが述べている:

「それは結論することができる。
超低周波音の10分間その直接的および間接的曝露
(10.9から14 dBの強さ、13から30Hz)は
免疫系を刺激することができ
血液中の未熟な製品の外観への白血球の生産で
妨害に結びつくことができる。

注意は、これらの低周波数を扱う方に推奨されます。」




この論文の主題は、
産業用風力タービンの騒音に関係のある問題に適切であると
以前は考えられたものの範囲から大幅に外れたところにあって
新技術の開発から生じることができる
予期しない問題の広い範囲を考えさせられるものです。





結論




オーストラリア医師会が利用できるソースと
注意される研究を複製しているか
その研究を実施するために一部の他の組織と契約している
その協会にとっての障害があってはいけません。


どのオプションが選ばれても、協会には問題があります。


産業用風力発電についての
公式声明に関するその立場を考慮すると
このような研究は、絶対に、完全に、そして明らかに
公平無私かつ公平な方法で実施することが重要です。




協会は、どういう理由であれ
そのような研究の反復を試みないことに決めました、
科学的背景の任意の種類を備えた公のものは必然的に
次のことを結論を下すでしょう、
どんな理由であれ、協会は
産業用風力タービンに隣接した人間と動物集団に対する
産業用風力タービンの影響に関連する
科学の決定に興味を持ちませんでした。


そのような状況では
そのウェブサイトに記載されている成果を達成するための
協会の能力が厳しく制約され
オーストラリアの住民が持っている評判も同様に影響を受けます。





敬具


ニック·ジェニングス




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht














2014-12-10 : 法律、政令、条例、規則、訴訟 2014/08/06~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<ベネチアの建造物条例>イタリア:スーツケース車輪音を禁止へ、騒音防止と路面保護 ベネチア |神奈川県:海の家側、訴え取り下げ 逗子市の音楽規制巡り / 海水浴場規制訴訟取り下げ 逗子海岸「海の家」 |ニュージャージー州:法案はニュージャージー州の洋上風力産業のための目標を一段階上げる | <環境レビュー裁判所/州の承認の訴えを拒否>オンタリオ州/画像:地方の裁判所は、風力発電所の訴えを棄却します | <厳しい風力条例か州の典型的な風力エネルギー条例かの投票>メイン州/画像:フランクフォートの論争の風力エネルギー条例の投票 (投票後) <厳しい風力エネルギー条例の継続>メイン州:厳格な風力エネルギー条例を保つフランクフォート | バーモント州:PSBサウンド調査: 風力の反対派は、騒音問題を解決するために、『除外地帯』を捜します  // 懇親会のお知らせ(2015年3月22日) |  ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について| ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!      







<ベネチアの建造物条例>



イタリア
◇スーツケース車輪音を禁止へ、騒音防止と路面保護 ベネチア

(CNN.co.jp | 2014.11.22 )
http://www.cnn.co.jp/travel/35056934.html




(CNN)

イタリア北部のベネチア市当局は22日までに
キャスター付きのスーツケースの使用を
来年5月から禁止する方針を固めた。


違反者には
最大で500ユーロ(約7万3000円)の罰金を科す予定。




キャスターによる騒音解消と
歴史的な路地の石畳製路面などへの
損傷防止を狙った措置。


罰金を避けるには空気注入式など
無音のキャスターを使うしかないが
観光客には悩みのたねになりそうだ。


地元紙ガゼッティーノによると
この新たな方針はベネチアの建造物条例に
組み込まれる見通しとなっている。




ベネチアを訪れる観光客らは毎年約2200万人。

市内では車の乗り入れは禁止されているため
観光客らはスーツケースを引きずるなどして
宿泊先へ向かっていた。

地元住民は
自宅の窓近くで鳴り響くキャスターの音がうるさく
睡眠の邪魔になるなどの不満を長年募らせていた。




イタリア地元紙メッサジェロによると
スーツケース車輪音の禁止はベネチア市の行政委員の発案。

市当局者はスーツケースのキャスターの音や
運送業者が用いる台車の騒音は
深刻な不快感をもたらすと指摘していたという。



同委員はスーツケースなどの製造メーカーが
ベネチア向けの新製品開発に
乗り出す契機にもなり得ると期待している。






* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------




神奈川県
◇海の家側、訴え取り下げ 逗子市の音楽規制巡り

(日本経済新聞 | 2014/11/21)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO79989180R21C14A1000000/



神奈川・逗子海水浴場の騒音問題を巡り
海の家事業者らでつくる「逗子海岸営業協同組合」が
営業時間や音楽を規制する
逗子市の条例改正差し止めを求めた訴訟で
組合側は21日までに訴えを取り下げた。


19日に横浜地裁に申し出た。



条例は3月に施行され
今夏の来客数は昨年の半分以下になった。

組合と市は今月
風紀を維持しながら客を増やす方策を
協議していくことで合意したという。


・・・・・・


逗子海水浴場では、若者を呼び込もうと
大音量で音楽を流す海の家が出現
飲酒した客のトラブルも問題となった。

組合は2月、営業妨害や表現の自由の侵害に当たるとして
条例改正の差し止めを求め提訴していた。

条例には海の家以外での飲酒規制も盛り込まれ
今夏は家族連れが増えた一方
音楽や酒が目的の客が減った。〔共同〕




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------




神奈川県
◇海水浴場規制訴訟取り下げ 逗子海岸「海の家」

(2014/11/20 |【共同通信】/47ニュース)
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112001001886.html



神奈川・逗子海水浴場の騒音問題をめぐり
海の家事業者らでつくる「逗子海岸営業協同組合」が
営業時間や音楽を規制する
逗子市の条例改正差し止めを求めた訴訟で
組合側は20日までに訴えを取り下げた。


19日に横浜地裁に申し出た。


条例は3月に施行され
今夏の来客数は昨年の半分以下になった。

組合と市は今月、風紀を維持しながら
客を増やす方策を協議していくことで合意したという。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------




ニュージャージー州
◇Measure ratchets up targets for New Jersey’s offshore-wind industry
法案はニュージャージー州の洋上風力産業のための目標を一段階上げる

(NJ Spotlight | October 15, 2014)
http://www.njspotlight.com/stories/14/10/14/measure-ratchets-up-targets-for-nj-s-offshore-wind-industry/



Tom Johnson



ジャージー海岸に沿った洋上風力発電所の
開発を促進する州の努力は、これまで、無駄になりました。
しかし、それは議員が
風力タービンから来なければならない
居住者に供給される電気の量を増やすのを防いでいません。



上院環境とエネルギー委員会によって
熟慮した法案(S-2444)は
2030年までに洋上風力プロジェクトから3000メガワットを
そして2050年までに4,500メガワットを
お客様にお届けすることを必要とします。


・・・・・・


その法案は、2050年までに
風力や太陽光などの再生可能エネルギーが
ニュージャージー州の電力の80%を要求する法案です。

しかし、その擁護団体さえ
法律はすぐにいつでも承認される可能性がほとんどないと認めます
しかし、彼らは次の管理において通過の基礎を築くことを望みます。



・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------------------



<環境レビュー裁判所/州の承認の訴えを拒否>



オンタリオ州/画像
◇Provincial tribunal dismisses wind farm appeal
地方の裁判所は、風力発電所の訴えを棄却します

(The Observer | October 28, 2014)
http://www.theobserver.ca/2014/10/28/provincial-tribunal-dismisses-wind-farm-appeal



By Paul Morden, Sarnia Observer




画像:

ネクストエラ·エネルギー社の
92-タービンエリコ風力プロジェクトの建設は
9月に撮影したこのファイル写真で示されています。

オンタリオの環境レビュー裁判所は
ラムトンショアーズとワーウィック郷に建設中の
プロジェクトの州の承認の訴えを拒否しました。

FILE PHOTO/THE OBSERVER/QMI AGENCY






ラムトンショアとワーウィック郷に建設中の
92-タービン風力発電プロジェクトの
ンタリオ州の環境承認の訴えは
州の環境レビュー裁判所によって却下された。





その決定において、裁判所は
上訴人、シルバンの居住者ロバート・ルイスと
ラムトン郡(訴えの関係者)が
プロジェクトが人間の健康に
重篤な有害事象を引き起こすと確認しなかったとわかりました。



・・・・・・・


「それは、コミュニティの裏切りです」と、彼女は言いました。



裁判所の決定は、予測可能であったが
彼らは記録で彼らの懸念を置くことができるので
反対派は控訴を進めましたと
ブルックスは言いました。



「我々は、これがどれくらい無駄かについて
最初からわかっていました」と、彼女は言いました。



・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------------------



<厳しい風力条例か州の典型的な風力エネルギー条例かの投票>




メイン州/画像
◇Wind energy ordinance vote controversial in Frankfort
フランクフォートの論争の風力エネルギー条例の投票

(Bangor Daily News | Oct. 29, 2014)
https://bangordailynews.com/2014/10/29/news/wind-energy-ordinance-vote-controversial-in-frankfort/



By Abigail Curtis, BDN Staff



画像:
Courtesy of Eolian Renewable Energy

この写真シミュレーションは
ウォルド山の頂上に提案された6-タービン風力プロジェクトが
2014年9月現在のプロジェクト開発者
アイオリス再生可能エネルギー社によって
Loggin通りからどのように見えるかについて示します。





フランクフォート、メイン州 —

彼らが3年前、僅差で受け入れられた
厳しい風力条例を廃止するべきで
それを州の典型的な風力エネルギー条例と
入れ替えるべきかどうか決めるとき
小さなウォルド郡の町の有権者には
国民選挙日に作るという大きな決定をしています。



・・・・・・


今回は、エオリアン社の関係者は
開発が構築されている場合
彼らはコミュニティの福利厚生で
毎年町に10万ドルの支払いを含め
フランクのために何をするかについて
より明確にしようとしている。

彼らはまた、20年間、毎年、町に
税金25万ドル​​の最低を支払うことを保証しています。


・・・・・・


現行条例は
タービンから風力発電プロジェクトに参加していない
地主の各プロパティラインに1マイルの後退を必要とした。


※ 1マイル = 1.609344 キロメートル


また、厳密に日中45デシベル
夜間32デシベル
所有地の境界でタービンノイズを制限しました。


州の典型的な風力条例は
家屋などのタービンの周辺に保護された場所から
測定されるように
タービンの全高の150%の後退を必要とし
夜間42デシベルまでできるようになります



・・・・・・

しかし、反対派は場所として
それがはるか​​に家に近すぎて
住民が低周波騒音やちらつき効果に苦しむだろうと言って
それを非難します。




おそらく、フランクフォートの住民が
同意できる唯一の​​ことは
選挙日に多くの人出があるだろうという希望です。



その地区フランクフォートを含む
R-Searsportの
議員ジェームズGillway氏は
「フランクフォートは絶対に
その住民を奮い起こすべきで
多数決をしてみましょう。
私はそう強く、そのプロセスをサポートしています。
それは本当に彼らの決定である。」と言いました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




     ↓

    (投票後)

     ↓

<厳しい風力エネルギー条例の継続>



メイン州
◇Frankfort to keep strict wind energy ordinance
厳格な風力エネルギー条例を保つフランクフォート

(Bangor Daily News | Nov. 05, 2014)
https://bangordailynews.com/2014/11/05/news/midcoast/frankfort-to-keep-strict-wind-energy-ordinance/



By Abigail Curtis, BDN Staff



フランクフォート、メイン —

居住者がそれを廃止して
州の典型的な風力エネルギー条例と
入れ替えることに対して
362対224で投票したあと
2011年以降フランクフォートにあった
厳しい風力エネルギー条例はそこにとどまります。




投票で、フランクフォートの住民は
ウォルド山の頂上に
3000万ドルの6-タービン風力開発を造るために
コミュニティに戻るという
ポーツマスに拠点を置く
再生可能エネルギー社の提案の門戸を閉ざしました。


マウントワルドにタービンを置くために
同社の長年にわたる努力は
2011年の風力条例の推進力でした。
そして、彼らにもう一度
試みさせるべきかどうかについての議論が
辛辣さによってマークされました。




条例を実施するままにしたかった居住者の何人かは
毎年、町に100,000ドルのコミュニティの
利点パッケージを伝えることを含む
アイオリス社の約束を信じていないと言いました。

それに反対した他の人々は
そのプロジェクトが
環境を破壊し、住民に危険であると信じています。

厳しい風力条例は
2011年に、ちょうど22票差で通過しました。




「それ]は町にとって壊滅的でしょう。」と
住民のメアリーベス・ヒューエットさんが
先週、風力条例をひっくり返すことについて言いました。




条例を覆すほうを支持した人々は
個人的な財産権に対する彼らの信頼をあげました
— ウォルド・マウンテンは民有です
— そして、再生可能エネルギーのメリットにおいて
関係者は風が好きです。


・・・・・・


『フランクフォートの町、メーンコミュニティページ」
というタイトルの匿名ランのFacebookページでは
水曜日の朝に
投票を誉め称えているコメントで満たされて
条例を覆すほうを支持した人々に軽蔑的でした。


・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------




バーモント州
◇PSB sound investigation: Wind opponents seek ‘exclusion zones’ to solve noise problems
PSBサウンド調査: 風力の反対派は、騒音問題を解決するために、『除外地帯』を捜します

(Caledonian-Record | November 4, 2014)
https://www.wind-watch.org/news/2014/11/05/
psb-sound-investigation-wind-opponents-seek-exclusion-zones-to-solve-noise-problems/



Robin Smith



家の近くに産業用サイズの
風力タービンを建てないでください。




それは、ローウェルマウンテングループは
州のユーティリティレギュレータに
風力プロジェクトのための新しい音基準を開発させるでしょう。




ローウェル·マウンテン·グループなどが
風力などのエネルギープロジェクトのための
現在のサウンドの規格が十分であるかどうかの
調査を行っている
バーモント州公共サービス委員会の要求に応じて
風車の音に関わるベストプラクティスについての
コメントを提供しました。




委員会はヒアリングを開催しており
サウンドのモニタリングのための
構築の前と途中と後に
ベスト・プラクティスについての情報と共に
他の州および国々の中のサウンド基準についての
最後の一ラウンドのステートメントを集めました。


その調査は、ローウェル、シェフィールドと
ジョージアで
既存の風力プロジェクトに近い住人による
一連の健康苦情によって動かされました。





反対派が、特定の種類の風力タービン騒音が原因とする
健康影響をカバーするために
現在の基準は、拡張すべきか
あるいは、更新されるべきかどうか
その委員会が決めることが期待されています。



『キングダム・コミュニティ・ウィンド』と呼ばれる
ローウェル風力プロジェクトへの反応で形成された
ローウェル・ウィンドの反対派は
1.5メガワットの電気を生産することができる
風力タービンは
自宅から、少なくとも
1.25マイル離れて建設されるべきであると述べました。

※ 1.25マイル = 2.01168 キロメートル



「さらに、より大きなタービンの距離は
住居からではなく
土地の境界線からでなければなりません。」

グループは
風力監視や規格に関するそのコメントで述べています。 

ローウェルのタービンはより大きいです。




風力の開発者は
「除外ゾーン」の基準を超えて
その内のタービンを建てる許可を得しなければならないと
グループは述べています。

「さもなければ、それは侵入と財産権の取得です。」





また、ローウェル・マウンテングループは、
風力の基準が
環境がどれくらい静かか考えることを望みます。




バックグラウンドノイズが
20デシベルで静かな場合
タービン騒音は30デシベル以下で
ほとんど同じくらい静かでなければなりません。





「風力タービンは
この基準が満たすことができない
静かなエリアに入れません。」とグループが述べます。




グループは
風力発電プロジェクトの周りの土地の地形が
プロジェクトの設計で考慮されることと
サウンドの規格が適用されることを望みます。



・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



NEW!→


 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時00分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht













2014-11-29 : 法律、政令、条例、規則、訴訟 2014/08/06~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR