騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

ぜひ→  <33-5/5 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>  33-5/5 オーストラリア、レター:ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014・・・あなたのステートメントは、「問題ない」ことを証拠として、風力産業によって世界中で使用され、他の無数の地方の住民に深刻な損傷をもたらします ・・・ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー   |  エコニュースによるAMA声明の解説~ AMA(オーストラリア医師会)は、風力発電所が健康に影響を与えないと言います     //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!    









<音と健康~オーストラリア医師会>






≪The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014≫
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明



◇Wind Farms and Health - 2014
風力発電所と健康 - 2014

(Australian Medical Association | 18/03/2014 )
https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014



※ PDF
AMA Position Statement - Wind Farms and Health 2014
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明

上記サイトでリンクしています。



ご確認ください。



上記、オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明が論争の的になっています。

ナショナル・ウィンド・ウォッチで公開中の
世界中から送られた公開書簡を、
順次、機械翻訳したいと思います。



⑦~⑪は、医師の方の手紙です。

ぜひ最後までお読みください。






※ 機械翻訳で読みにくいです。

機械翻訳文中にあるリンク先は
ナショナル・ウィンド・ウォッチの記事からリンクしています。

ぜひ、ナショナル・ウィンド・ウォッチのサイトでご確認ください。


※  サラ・ローリーさんの機械翻訳です。
オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明への
カウンター・ステートメント・シリーズの最後になります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




風力産業とその多くの十分な資金支援者が
生理的脳波、血圧、心拍数およびコルチゾール測定と一緒に
同時フルスペクトラム音響モニタリングを
見たくないのも不思議ではありません。

それは確かに、低周波音および過度の可聴ノイズによって
引き起こされることが長く知られているそれらの症状に加えて
症状のうちのいくつかを引き起こしているのが
確かにこれらの超低周波音パルスかどうかを実証するでしょう。




ウォーブラー財団は、3年以上の間
症状を報告する居住者の家の内部で
特定の目的の客観的な学際的な調査を要求しています。



オーストラリアの地方の居住者の
肉体的およびメンタル・ヘルスへの「回復不能の損害」は
既存の科学的な証拠の否定により
継続することを可能にしている
この産業とそれらの専門家や
法的な音響や医学アドバイザーによって故意に行われています。




まさに、タバコのように。

まさに、アスベストスのように。

まさに、サリドマイドのように。




そして、この声明があなたのウェブサイトに残る間は
AMAはこの虐待を犯すのを現在活発に援助しています。

公職者として、あなた方全員は責任があります。




あなたのステートメントは
「問題ない」ことを証拠として
風力産業によって世界中で使用され
他の無数の地方の住民に深刻な損傷をもたらします。





-  ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー  -





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






33‐5/5 オーストラリア、レター
◇Open Letter to AMA on Position Statement: Wind Farms & Health 2014  
ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014

https://www.wind-watch.org/documents/
open-letter-to-ama-on-position-statement-wind-farms-health-2014/





5/5
AMAとの風力産業のコネクション、そして他の健康のロビー団体






風力産業は、このステートメントを書くことや
資料を提供することに関与がありましたか?




クリーンエネルギー評議会
(オーストラリアの風力業界のロビー団体)は
このステートメントを書いたり
情報を提供する際に、どのような方法でAMAを支援しましたか?




もしあれば、どの音響コンサルタントが
技術的な音響アドバイスで、AMAを支援していますか?


どのような宣言が、利害衝突に関してなされましたか?




その選出された役員やスタッフのだれでも
直接的または間接的な財政や 
あるいは
風力発電の開発者である会社の株式とのコネクション
または風力発電業界との
このようなコネクションを持つ任意の家族を
AMAは、持っていますか?




この情報は、公的にAMAのウェブサイト上の
どこかの場所に開示されていますか?





『クライメート・アンド・ヘルス・アライアンス』
(気候および健康連合)が
2004年のオーストラリアの風力エネルギー協会の会議で
ある製品メーカーの音響エンジニアの1人が
明白に既知の問題のいくつかを述べているにもかかわらず
彼らの製品からの危害について
世界的な否認を始めるVESTASを助けたことを
AMAは、認識していますか?


(http://waubrafoundation.org.au/2014/
public-statement-home-abandonment-due-environmental-noise-pollution/)




なぜ、AMAは、製品メーカー(風力タービン・メーカー)の
この特定のグループが
製品または装置が販売され、設置される前の
厳しい独立したテストの後に
安全であることが示されるという通常の要件を逃れたと思いますか?




AMAは、なぜ
風力タービンが、製品メーカーが指定するよりも
いくつかのオーストラリアの風力開発で
互いに接近して土地を選定されていると思いますか?




風力開発者が、RECSまたは
「再生可能エネルギー証明書」として
連邦クリーンエネルギーレギュレータを介して導かれ
すべてのオーストラリアの電気の消費者によって
資金を提供される
追加の風力タービン用の追加有利な補助金の受け取りだけでなく
VESTASなどの風力タービン製品メーカーのための
追加的な収益性の高い風力タービンの販売のためでした。





最後に、AMA連邦評議会のすべてのメンバーは
実際にはNHMRCから最新の報告書を読んだことがありますか?
- 草案の情報ステートメントと体系的文献レビューを





NHMRC(オーストラリア国立保健医療研究審議会)は
睡眠妨害、不快感の症状と生活の質が損なわれという
一貫しているけれども質の悪い証拠があると述べました。

それらはまた、高品質の証拠がないならば
その研究が必要だったことを示しました。


レポートは、ここから入手可能です:

http://waubrafoundation.org.au/2014/public-statement-re-nhmrc-2014-literature-review/




AMA 連邦評議会は、この提唱された研究を支持しますか?



我々は、これらの重要な質問に対する
あなたの詳細な回答を楽しみにしています。



私たちは、AMA連邦評議会は、すぐに
AMAとその公職とメンバーの仕事や個人的な評判に
これ以上、ダメージを与える前に
このポジションステートメントを削除することを決定し
そして、あなたがこの話題について
最新の産業から独立した専門家に
アドバイスを求めに行くことを望みます。



地方のオーストラリアの最前線で
それらの臨床医との会談はどうですか?


彼らの患者とは?




他の誰も健康上の訓練からそうしないので
市民の健康影響を文書化する
独自の研究を行っている地方の住民は言うまでもありません
– メアリ・モリスさんのような注目に値する地方の女性
– それらの文献レビューのために
 NHMRCの厳しい包含基準にした研究のただ一人のオーストラリアの著者。

モリスさん、シュナイダーさんとシェーファーさんによる
人口騒音影響調査は、ここにあります:


http://waubrafoundation.org.au/library/community-noise-impact-surveys/




あなたのAMAポジションステートメントが残る間
それは、AMAの公職とメンバーを
例えば、子ども、高齢者などの特に脆弱な人々
そして慢性的な内科的疾患や精神疾患を有するものを含む
地方の住民への意図的な危害や継続的な虐待の加担者にします。


- 裁判官ミューズがその後命じたのと同じタービンは
 夜に停止させる必要があります。


(http://waubrafoundation.org.au/resources/
hallstein-w-falmouth-wind-turbines-sleep-deprivation-psychiatrist-weighs/).



睡眠妨害が拷問において使われるというハルシュタインの注意は
風力タービンの住民が
正確にかれらの夜がそうであると記述するものです。



「心配してパニックに怯えた状態で、夜に起きている」特徴は
デマで引き起こされません。



これらのエピソードは、他の人からの科学
あるいはこれらの特定のレポートについていずれかの知識がない
一晩の訪問者によっても報告されています。



これらのストレスのエピソードは
前庭系を活性化している
風力タービンによって生成された低周波音パルス
および「攻撃と逃避」交感神経系の生理学的応答
および、それによってもたらす
急性反復性生理的ストレスのエピソードによって
引き起こされていることを強く示唆する
音響研究および臨床的証拠をサポートする範囲があります。





時々(まれに)、オーストラリアとカナダで
タコ・ツボ型心臓発作のような
アドレナリン急上昇病理と
深刻な高血圧性クリーゼが報告されています。
そして、
これらのエピソード(突然のショックや副腎腫瘍)のための
通常の先例を全く持っていません。



一晩中のそのようなエピソードから
繰り返す、重度の睡眠障害と組み合わせて
これらの生理的ストレスのエピソードは
稼働する風力タービンへの長期慢性暴露と
個々の住民の肉体的および精神的健康の
厳しい悪化の原因であると強く思われます。






風力産業とその多くの十分な資金支援者が
生理的脳波、血圧、心拍数およびコルチゾール測定と一緒に
同時フルスペクトラム音響モニタリングを
見たくないのも不思議ではありません。

それは確かに、低周波音および過度の可聴ノイズによって
引き起こされることが長く知られているそれらの症状に加えて
症状のうちのいくつかを引き起こしているのが
確かにこれらの超低周波音パルスかどうかを実証するでしょう。




ウォーブラー財団は、3年以上の間
症状を報告する居住者の家の内部で
特定の目的の客観的な学際的な調査を要求しています。



オーストラリアの地方の居住者の
肉体的およびメンタル・ヘルスへの「回復不能の損害」は
既存の科学的な証拠の否定により
継続することを可能にしている
この産業とそれらの専門家や
法的な音響や医学アドバイザーによって故意に行われています。




まさに、タバコのように。

まさに、アスベストスのように。

まさに、サリドマイドのように。




そして、この声明があなたのウェブサイトに残る間は
AMAはこの虐待を犯すのを現在活発に援助しています。

公職者として、あなた方全員は責任があります。




あなたのステートメントは
「問題ない」ことを証拠として
風力産業によって世界中で使用され
他の無数の地方の住民に深刻な損傷をもたらします。





無知、傲慢、そして
宣言されていない利害対立の疑惑よりはむしろ
私は、職業倫理、科学、思いやりと理性が
すぐに広まっていることを望みます。



私はあなたの応答を楽しみにしています。



敬具



サラ・ローリー、CEO ウォーブラー財団


医学学士、外科学士、フリンダーズ大学

前AMAの州評議員 南オーストラリア、前AMAのメンバー

元地方の一般開業医とRACGPのための臨床審査官


March 18, 2014



AMAへの公開状をダウンロードしてください
http://docs.wind-watch.org/OPEN-LETTER-AMA-RE-POSITION-STATEMENT-March-18-2014.pdf



AMAポジションステートメントをダウンロード
http://docs.wind-watch.org/AMA-wind_farms_and_health_2014.pdf





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=====================================






◇AMA says wind farms do not impact health
AMAは、風力発電所が健康に影響を与えないと言います

(econews.com | March 18, 2014)
http://econews.com.au/news-to-sustain-our-world/
ama-says-wind-farms-do-not-impact-health/




By David Twomey




オーストラリア医師会(AMA)は、
風力発電所は、それらの近くに住む人々の健康に
悪影響を与えるという確かな証拠がないと言います。





オーストラリアで医学プロを代表している主要な団体の
AMA(オーストラリア医師会)は、
風力発電所についての基本方針表明を公開しました。

そして、そのスタンスが信用できるオーストラリアと
国際研究に基づくと述べました。





副会長ジェフリー・ドッブ教授は、
風力発電所の近くで生きている人々は、
過度に悩んでいるか、誤って無関係な健康問題を
風力タービン騒音のものであると考えているかもしれないと述べました。





「オーストラリアの近代的な風力発電所で生成された
超低周波音と低周波音は、
既知の健康への影響が発生したレベル以下である。」と、
ドッブ教授は声明で述べています。



「そして、可聴値以下の超低周波音が、
健康効果を引き起こす可能性があるという
認められた生理的メカニズムはありません。」




ドッブ教授は、風力発電所についての不安を減らす
より良いコミュニティの約束の必要があると言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」
と彼が言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か、
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」






「想定された『健康パニック』を報告すること
または風力発電所の開発に関する誤報を広めることは、
高められた不安に関与するかもしれません。」




「風力発電所の開発規制は、
その影響と利点に関する証拠によって完全に導かれる必要があります。」




「プロセスの始まりの、コミュニティ協議と約束は、
誤報、不安とコミュニティ分割を最小にするために重要です。」




「公衆衛生の観点から、風力タービンでの発電が、
温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産を
必要としない点に注意することは重要です。

そして、その全て
(温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産)は
重大な直接的および間接的な健康影響を持つことができます。」と
ドッブ教授は言いました。




しかし、反風力発電所ロビー団体ウォーブラ財団の
最高経営責任者(CEO)サラ·ローリーは、
低周波音の影響を受けた人々から、毎日、連絡を受けたと
ABCニュースに語りました。




「症状を引き起こしているのが、すべてデマ飛ばしであるという
この仮説はまったく納得がいきません。」
と彼女は言いました。



ローリーさんは、
風力発電所の近くに住む人々の睡眠パターンや血圧について
より多くの研究が必要だと述べました。







The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014 is at
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明は

以下のサイトで公開されています

https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






※ 公開書簡の機械翻訳は、明日以降に続きます






-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht


















































2014-07-12 : *オーストラリア医師会への公開書簡①~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ぜひ→  <33-4/5 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>  33-4/5 オーストラリア、レター:ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014・・・推奨される学際的な研究から、改善された証拠に基づいたガイドラインを決定することができるようになるまで、1985年にニール·ケリー博士のチームの研究によって確立された慢性的な超低周波音と低周波騒音暴露の唯一の証拠に基づく騒音暴露限界の即時実施を、AMAは、支持しますか? ・・・ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー   |  エコニュースによるAMA声明の解説~ AMA(オーストラリア医師会)は、風力発電所が健康に影響を与えないと言います     //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!    







<音と健康~オーストラリア医師会>






≪The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014≫
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明



◇Wind Farms and Health - 2014
風力発電所と健康 - 2014

(Australian Medical Association | 18/03/2014 )
https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014



※ PDF
AMA Position Statement - Wind Farms and Health 2014
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明

上記サイトでリンクしています。



ご確認ください。



上記、オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明が論争の的になっています。

ナショナル・ウィンド・ウォッチで公開中の
世界中から送られた公開書簡を、
順次、機械翻訳したいと思います。



⑦~⑪は、医師の方の手紙です。

ぜひ最後までお読みください。






※ 機械翻訳で読みにくいです。

機械翻訳文中にあるリンク先は
ナショナル・ウィンド・ウォッチの記事からリンクしています。

ぜひ、ナショナル・ウィンド・ウォッチのサイトでご確認ください。


※  サラ・ローリーさんの機械翻訳です。
オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明への
カウンター・ステートメント・シリーズの最後になります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




AMAは、風力タービン隣人の中の振動音響病
客観的な臨床上の証拠のために
風力タービンが引き下ろすように命じた
ポルトガルの最近の高等裁判所の判決の存在を否定していますか?


(http://waubrafoundation.org.au/resources/low-frequency-noise-presentation/)




オーストラリアの社会学者で
熱烈な風力タービン業界の支持者の
サイモン·チャップマン教授が断言した
振動音響病
単なる「ポルトガルの病気」でないことを確認している
航空労働者の台湾の研究の証拠を否定しますか?



(http://waubrafoundation.org.au/resources/
effect-low-frequency-noise-echocardiographic-parameter-ea-ratio-chao-et-al-2/)


  ・・・・・・・・・・・・・

家庭の内側と外側の両方で
その異なるサウンド周波数に対する曝露は
何かに関して透明性があるように
それを超低周波音と低周波数ノイズを含むことまで広げますか?



思い出してください。
これらは1985年にケリーほかによって
直接、風力タービンの居住者が報告していた
反復性睡眠障害を含む症状を引き起こすことが
示されることにもかかわらず
現在、意図的に計られていない周波数です。





AMAは、個々のタービンの分離距離が
風力タービンメーカーの仕様に準拠していることを確認するために
適切な専門の技術者による
すべての既存の風力開発についての
独立した監査を支持しますか?




説明として
互いに離れて、十分な距離をとって
タービンを構築しないことによる失敗は
乱流の増加につながり
風力タービン可聴ノイズの増加
また、ブレードの増加した消耗のために
破滅的なブレード故障のリスクを増加させると同様に
生成された超低周波音を増加させました。





-  ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー  -





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






33‐4/5 オーストラリア、レター
◇Open Letter to AMA on Position Statement: Wind Farms & Health 2014  
ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014

https://www.wind-watch.org/documents/
open-letter-to-ama-on-position-statement-wind-farms-health-2014/




4/5
超低周波音、低周波ノイズに起因する健康上の問題の承認





AMAは、それを調査している研究者によって
「振動音響病」と呼ばれていて
30年の間研究文献で記述された
そして、超低周波音、低い周波数ノイズと振動への
慢性曝露から生じる疾病の
臨床および研究の証拠を否定しますか?



その研究の一部は
我々のウェブサイトでリストされています


例えば見てください
http://waubrafoundation.org.au/resources/
vibroacoustic-disease-biological-effects-infrasound-alves-periera-castelo-branco/

そして

http://waubrafoundation.org.au/resources/
alves-pereira-m-castelo-branco-n-scientific-arguments-against-vibroacoustic-disease/)





AMAは、風力タービン隣人の中の振動音響病の
客観的な臨床上の証拠のために
風力タービンが引き下ろすように命じた
ポルトガルの最近の高等裁判所の判決の存在を否定していますか?


(http://waubrafoundation.org.au/resources/low-frequency-noise-presentation/)




オーストラリアの社会学者で
熱烈な風力タービン業界の支持者の
サイモン·チャップマン教授が断言した
振動音響病
単なる「ポルトガルの病気」でないことを確認している
航空労働者の台湾の研究の証拠を否定しますか?



(http://waubrafoundation.org.au/resources/
effect-low-frequency-noise-echocardiographic-parameter-ea-ratio-chao-et-al-2/)




AMAは、このエリアにおける
ほとんどの草分け的な研究を行なったポルトガルの病理学者の
大佐(DR)ヌノ·カステロ·ブランコ博士によって
詳細に詳述された軍事コンテキストにおける
振動音響病の証拠を否定するのですか?


(http://waubrafoundation.org.au/resources/
castelo-branco-n-low-frequency-noise-major-risk-factor-military-operations/)





臨床・聴覚の有害な健康現象報告書や
今、イギリス、アメリカ、カナダ、アイルランド
スウェーデン、オーストラリアの
地方の一般開業医、小児科医、耳、鼻、喉の医師
公衆衛生医、産業医、および神経科医だけでなく
音響技師により
風力タービンの隣人に起こると評された
特異性症状の一群の研究の証拠があることを
AMAは否定しますか?



その資料の一部は、以下に記載されています:



http://waubrafoundation.org.au/resources/wind-turbine-syndrome-fact-or-fiction-farboud-et-al/


http://waubrafoundation.org.au/resources/enbom-e-i-infrasound-from-wind-turbines-an-overlooked-health-hazard/


http://waubrafoundation.org.au/resources/schomer-et-al-wind-turbine-noise-conference-denver-august-2013/


http://waubrafoundation.org.au/resources/paller-c-et-al-wind-turbine-noise-sleep-quality-symptoms-inner-ear-problems/


http://waubrafoundation.org.au/resources/wind-farm-generated-noise-and-adverse-health-effects/


http://waubrafoundation.org.au/resources/james-r-warning-signs-that-were-not-heard/


http://waubrafoundation.org.au/resources/facilitating-clinical-diagnosis/


Professor McMurtry’s CV is here
(マクマートリー教授の履歴書はこちら):

http://waubrafoundation.org.au/resources/
letters-support-for-waubra-ceo/mcmurtry-dr-r-ltr-support-for-dr-sarah-laurie/


http://waubrafoundation.org.au/resources/3095/


http://waubrafoundation.org.au/resources/dr-owen-f-black-md-neuro-otologist-re-wind-turbine-syndrome/


Dr Black’s CV is here
(ブラック博士の履歴書はこちら):

http://waubrafoundation.org.au/resources/dr-f-owen-black-m-d-memorium/


http://waubrafoundation.org.au/resources/dr-nina-pierpont-submission-australian-senate-inquiry/


http://waubrafoundation.org.au/resources/
dr-david-iser-2004-conducts-first-survey-patients-living-near-wind-project/


http://waubrafoundation.org.au/resources/dr-amanda-harry-groundbreaking-survey-sick-residents/





AMAは、数多くのこれらの研究者と臨床医が
これらの症状を
稼働中の風力タービンへの曝露とともに起こる
「風力タービン症候群」と言っていることを否定しますか?




AMAは、風力産業で働いている一部の音響技師が
長年、これらの症状が
超低周波音と低い周波数ノイズにさらされる人々に
起こるということは知られていたと
訴訟事件で宣誓して認めたことを否定しますか?





ジェフリー・レブンソル教授
風力産業によって多用される顧問の音響技師は、これを認めました。





レブンソル教授は
2010年の、最初のNHMRCの文献レビューの未公開の査読者でした。

※ NHMRCは、オーストラリア国立保健医療研究審議会

他はサイモン・チャップマン教授でした。



利益相反についての以降の問題と
彼らがNHMRCによって「管理された」方法は
最近の上院エスティメイツの間
第2のNHMRC の文献レビューで再び現れました。


(http://waubrafoundation.org.au/resources/
nhmrc-ceo-prof-anderson-questioned-about-draft-review-by-senate/)





裁判官が、心身の健康に「回復不能な損害」を防ぐために
風力タービンに夜間の停止を命じた
米国のファルマスの裁判所の判決をもたらした
稼働する風力タービンへの暴露に起因する
風力タービンの隣人の心身の健康に
深刻な有害の臨床的証拠を、AMAは否定しますか?


裁判官ミューズの判断は、ここにあります:

http://waubrafoundation.org.au/resources/
us-judge-rules-wind-turbine-neighbours-suffer-irreparable-harm/




研究




AMAは、 グリーンの上院議員
レイチェルジーヴェルトが議長を務めた
2011年の連邦上院質問、
2012年に下院の連邦議会(Moylanモーション)、
国際的に風力産業に相談する音響技師
(ヘスラー、Schomerウォーカー)、
首相だけでなく連邦厚生相と副健康担当大臣を含む
多くの利害関係者により
NHMRCの、今お勧めの研究を支持していますか?




睡眠(EEG)、血圧、心拍数および
シリアルコルチゾールの測定のような
生理学的客観的データの収集
同時に
影響を受けた住民の家の中の
音響周波数の全スペクトルを測定する研究を
AMAは、支持しますか?





この研究は、特に風力タービンの近くで
症状を報告する居住者から集められた
証拠の完全な欠如にもかかわらず
あなたのAMAステートメントが
とても自信を持って述べている
「デマ」によって
非常に確信して広げられた心配によって
症状が確かに引き起こされるかどうか
すぐに判断するでしょう。




そのような研究は
ニール・ケリー博士の研究によって
ほぼ30年前に確立された
用量反応関係も検証し、明確にするでしょう。




AMAは、この独立した研究が
産業用風力産業から完全に独立している個人によって
行われなければならないことに同意しますか?




そのような研究が
例えばCSGフィールド圧縮器、炭鉱とガス燃焼発電所などの
産業の超低周波音と低周波騒音公害

他の発生源に影響を受ける人々の家の内でも
実施されなければならない
そして、特にフルスペクトル音響測定を含む研究成果は
一般公開されなければならないことに、AMAは同意しますか?





健康を守るために改善された規制と自治



AMAは、人々が眠るために
ベッドルーム内で、30dBAの制限が必要とされる
WHOの推薦を支持しますか?





推奨される学際的な研究から
改善された証拠に基づいたガイドラインを
決定することができるようになるまで
1985年にニール·ケリー博士のチームの研究によって確立された
慢性的な超低周波音と低周波騒音暴露
唯一の証拠に基づく騒音暴露限界の即時実施を
AMAは、支持しますか?





上院議員クセノフォンとマディガンによって提案され
そして、現在の連邦政府によってサポートされている
透明リアルタイム風力タービン騒音のモニタリングを
AMAは、支持しますか?


家庭の内側と外側の両方で
その異なるサウンド周波数に対する曝露は
何かに関して透明性があるように
それを超低周波音と低周波数ノイズを含むことまで広げますか?




思い出してください。
これらは1985年にケリーほかによって
直接、風力タービンの居住者が報告していた
反復性睡眠障害を含む症状を引き起こすことが
示されることにもかかわらず
現在、意図的に計られていない周波数です。





AMAは、個々のタービンの分離距離が
風力タービンメーカーの仕様に準拠していることを確認するために
適切な専門の技術者による
すべての既存の風力開発についての
独立した監査を支持しますか?





説明として
互いに離れて、十分な距離をとって
タービンを構築しないことによる失敗は
乱流の増加につながり
風力タービン可聴ノイズの増加
また、ブレードの増加した消耗のために
破滅的なブレード故障のリスクを増加させると同様に
生成された超低周波音を増加させました。







5/5
AMAとの風力産業のコネクション、そして他の健康のロビー団体






風力産業は、このステートメントを書くことや
資料を提供することに関与がありましたか?




クリーンエネルギー評議会
(オーストラリアの風力業界のロビー団体)は
このステートメントを書いたり
情報を提供する際に、どのような方法でAMAを支援しましたか?




・・・明日以降に続きます・・・




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




* 5/5は、明日以降に続きます。





=====================================






◇AMA says wind farms do not impact health
AMAは、風力発電所が健康に影響を与えないと言います

(econews.com | March 18, 2014)
http://econews.com.au/news-to-sustain-our-world/
ama-says-wind-farms-do-not-impact-health/




By David Twomey




オーストラリア医師会(AMA)は、
風力発電所は、それらの近くに住む人々の健康に
悪影響を与えるという確かな証拠がないと言います。





オーストラリアで医学プロを代表している主要な団体の
AMA(オーストラリア医師会)は、
風力発電所についての基本方針表明を公開しました。

そして、そのスタンスが信用できるオーストラリアと
国際研究に基づくと述べました。





副会長ジェフリー・ドッブ教授は、
風力発電所の近くで生きている人々は、
過度に悩んでいるか、誤って無関係な健康問題を
風力タービン騒音のものであると考えているかもしれないと述べました。





「オーストラリアの近代的な風力発電所で生成された
超低周波音と低周波音は、
既知の健康への影響が発生したレベル以下である。」と、
ドッブ教授は声明で述べています。



「そして、可聴値以下の超低周波音が、
健康効果を引き起こす可能性があるという
認められた生理的メカニズムはありません。」




ドッブ教授は、風力発電所についての不安を減らす
より良いコミュニティの約束の必要があると言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」
と彼が言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か、
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」






「想定された『健康パニック』を報告すること
または風力発電所の開発に関する誤報を広めることは、
高められた不安に関与するかもしれません。」




「風力発電所の開発規制は、
その影響と利点に関する証拠によって完全に導かれる必要があります。」




「プロセスの始まりの、コミュニティ協議と約束は、
誤報、不安とコミュニティ分割を最小にするために重要です。」




「公衆衛生の観点から、風力タービンでの発電が、
温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産を
必要としない点に注意することは重要です。

そして、その全て
(温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産)は
重大な直接的および間接的な健康影響を持つことができます。」と
ドッブ教授は言いました。




しかし、反風力発電所ロビー団体ウォーブラ財団の
最高経営責任者(CEO)サラ·ローリーは、
低周波音の影響を受けた人々から、毎日、連絡を受けたと
ABCニュースに語りました。




「症状を引き起こしているのが、すべてデマ飛ばしであるという
この仮説はまったく納得がいきません。」
と彼女は言いました。



ローリーさんは、
風力発電所の近くに住む人々の睡眠パターンや血圧について
より多くの研究が必要だと述べました。







The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014 is at
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明は

以下のサイトで公開されています

https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






※ 公開書簡の機械翻訳は、明日以降に続きます






-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht


















































2014-07-11 : *オーストラリア医師会への公開書簡①~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ぜひ→  <33-3/5 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>  33-3/5 オーストラリア、レター:ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014・・・AMAは、彼らの患者に、そのようなアドバイスについて、書面で説明することを拒否して、彼らの症状のひどさのため、彼らの家を出るように勧める開業医は適切であると考えますか?・・・ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー   |  エコニュースによるAMA声明の解説~ AMA(オーストラリア医師会)は、風力発電所が健康に影響を与えないと言います     //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!    






<音と健康~オーストラリア医師会>






≪The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014≫
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明



◇Wind Farms and Health - 2014
風力発電所と健康 - 2014

(Australian Medical Association | 18/03/2014 )
https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014



※ PDF
AMA Position Statement - Wind Farms and Health 2014
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明

上記サイトでリンクしています。



ご確認ください。



上記、オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明が論争の的になっています。

ナショナル・ウィンド・ウォッチで公開中の
世界中から送られた公開書簡を、
順次、機械翻訳したいと思います。



⑦~⑪は、医師の方の手紙です。

ぜひ最後までお読みください。






※ 機械翻訳で読みにくいです。

機械翻訳文中にあるリンク先は
ナショナル・ウィンド・ウォッチの記事からリンクしています。

ぜひ、ナショナル・ウィンド・ウォッチのサイトでご確認ください。


※  サラ・ローリーさんの機械翻訳です。
オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明への
カウンター・ステートメント・シリーズの最後になります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆





AMAは、彼らの患者に、そのようなアドバイスについて
書面で説明することを拒否して
彼らの症状のひどさのため
彼らの家を出るように勧める開業医は適切であると考えますか?



私は、ひどく風力タービン音と振動の影響を受けている
農村部のサウス・オーストラリア州
ビクトリア州とニューサウスウェールズ州に住む住民に
こうしたことが起きていると言われています。

人々の中には、確かにその後
医師のアドバイスに従い、自分の家から出ています。

これらの人々の一部は、現在、事実上家がありません。

アドバイスの提供者は、
心臓病専門医、内分泌、耳、鼻、喉の専門家など
地元の一般開業医と専門医が含まれていました。





なぜ、AMAの在職する職員は
これらの開業医が書面で
そのようなアドバイスについて説明するのを
とても嫌うのだと思いますか?






AMAは、たばこメーカーが
たばこの暴露に起因する疾患を持つ人々を治療する医療従事者に
健康上の問題を否定するタバコ製造会社との類似があると思いますか?



彼らの建築製品でアスベストを使った会社はどうでしょうか?
開業医と公衆衛生の専門家によって援助される若干の例において
これらの種類の会社の両方とも
長年、自社製品の既知の健康への悪影響を否定しました。



サイモンチャップマン教授は
彼らが知っていたものを拒否するために
タバコの製造業者によって使用される技術を詳述しており
ジャーナリストのマット·ピーコックは
ジェームズ·ハーディーアスベスト・スキャンダルの
背後にある歴史の一部を詳しく説明し
医療専門家の関与を詳述しました。







-  ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー  -





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




33‐3/5 オーストラリア、レター
◇Open Letter to AMA on Position Statement: Wind Farms & Health 2014  
ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014

https://www.wind-watch.org/documents/
open-letter-to-ama-on-position-statement-wind-farms-health-2014/




何人かの健康の専門家による専門外と非倫理的な行動についての主張申し立て



コミュニティ・ウィンド開発の
ヘップバーン・ウィンドについて財政的な関心をもつ開業医が
特にその情報を求めた何人かの他の開業医に
臨床および音響の情報提供を止めるために
大きなな圧力(うまく)をかけることが適切であると
AMAは考えますか?





地元の専門家の1人と私が
『バララット・ディビゾン・オブ・ジェンレル・プラクティス』の
後援の下で、「機能」についての話をするつもりだったとき
これは、バララットでまさに起こったことです。



そのような露骨な利害衝突の行使は
AMAの連邦会議のメンバーのうちの誰かに関係がありますか?




特別の「コミュニティー」風力開発は
彼女の 自宅内で増幅した
超低周波音と低周波ノイズに起因する
重篤な有害な健康への影響によって
勤勉で尊敬される医療の同僚と彼女の家族は
彼らの新しい家から離れることを余儀なくされています。

これは、反復的で深刻な睡眠障害を含め、
風が家に向かって吹いていた場合には特に悪い。



風力の開発者は、これまでコンプライアンスを決定するために
独立した音響技師が必要とするデータを提供していません。



睡眠障害によって彼女の患者を危険にさらさずに
彼女の職務を遂行するために、睡眠を必要としている
医療の同僚への
ヘップバーン・ウィンド社による
許容され、かつ責任ある透明な企業行動であると
AMA連邦評議会は考えていますか?




AMAは、風力タービン騒音公害からの睡眠障害は
睡眠障害の他の原因と異なる方法で
処理すべきであると考えていますか;


または ノイズの発生源、
特にAMAは、この問題は
騒音公害のための説明責任を持たず
風力の開発者や保健当局と
騒音公害規制当局によって取り組まれず
そして、嘲笑、拒否され
無視されたままべきであると考えているのですか?





ヘップバーン「コミュニティ」風力開発における
財政的な利害対立をもつ開業医の1人は
彼が、「それに慣れなければならない」とその患者に話したために
彼の患者の1人によって、私に報告されました。



この患者はその後、生命を脅かした重大な精神衛生上の苦痛を呈しました。


AMAはこの問題について
この開業医の側が、倫理的または適切な行動であり
医療従事者が支払うべき
彼らの患者への注意義務を十分に果たしていると考えていますか?





AMAは、彼らの患者に、そのようなアドバイスについて
書面で説明することを拒否して
彼らの症状のひどさのため
彼らの家を出るように勧める開業医は適切であると考えますか?



私は、ひどく風力タービン音と振動の影響を受けている
農村部のサウス・オーストラリア州
ビクトリア州とニューサウスウェールズ州に住む住民に
こうしたことが起きていると言われています。

人々の中には、確かにその後
医師のアドバイスに従い、自分の家から出ています。

これらの人々の一部は、現在、事実上家がありません。

アドバイスの提供者は、
心臓病専門医、内分泌、耳、鼻、喉の専門家など
地元の一般開業医と専門医が含まれていました。





なぜ、AMAの在職する職員は
これらの開業医が書面で
そのようなアドバイスについて説明するのを
とても嫌うのだと思いますか?





AMA連邦オフィスベアラは
関係があるかもしれないと思いますか?
風力産業とその友人
および公衆衛生の支持者
そして、メディアが健康の開業医を扱う方法と
研究を提唱する農村の住民
または健康の注意にこれらの問題を持って来ることを試みる人
と騒音公害規制当局。






健康と沈黙の人々に損害を与える企業活動




開業医が彼らの患者に、その会社の
「コミュニティ約束チーム」を参照させることを示唆して
風力開発者が、大規模な風力タービン開発の
200キロメートル以内のすべての医業に
手紙を送ることが適切である、そして、
人々がひどく風力タービン騒音から睡眠障害があることが
この特定の風力開発者が
彼らも操作する他の風力開発から
よくわかっていることをはっきりさせるとき
健康への悪影響の「証拠はない」があると、AMAは考えますか?



この問題について、昨夜の連邦上院で
AGLの企業行動を概説する
ジョン・マディガン上院議員のスピーチは
AMAの連邦メンバーのそれぞれが
読んで、検討して、反省する必要があるものです。


(http://waubrafoundation.org.au/resources/senator-john-madigan-speech/)





AMAは、たばこメーカーが
たばこの暴露に起因する疾患を持つ人々を治療する医療従事者に
健康上の問題を否定するタバコ製造会社との類似があると思いますか?



彼らの建築製品でアスベストを使った会社はどうでしょうか?
開業医と公衆衛生の専門家によって援助される若干の例において
これらの種類の会社の両方とも
長年、自社製品の既知の健康への悪影響を否定しました。



サイモンチャップマン教授は
彼らが知っていたものを拒否するために
タバコの製造業者によって使用される技術を詳述しており
ジャーナリストのマット·ピーコックは
ジェームズ·ハーディーアスベスト・スキャンダルの
背後にある歴史の一部を詳しく説明し
医療専門家の関与を詳述しました。





AMAは、彼らは
産業の超低周波音と低周波騒音公害を
経験している有害な健康への影響について
病気の人とその家族が話すのを防ぐために
特別に設計された
『サイレンシング(沈黙させる)契約』の使用を非難していますか?



このような協定は、次の場所で使用されています。
クイーンズランド州タラ(CSGコンプレッサーノイズ)
Wollarに近いアッパーハンター(石炭採掘​​騒音·振動)
ニューサウスウェールズ州
(アーランクィンティー、ガス燃焼発電所騒音)及び
トーラーとウォーブラー(風力タービンのノイズ)。



いくつかの協定はまた
何人かの風力タービンホストを拘束し、
その子どもたちは深刻に悪影響を受ける可能性があります。





AMAは、その契約が
どんな騒音あるいは健康への悪影響も否定する
騒音汚染者と調印された時
騒音汚染者へのそれらの合意の内容のために
騒音公害監督機関に苦情を言うことで
親が子どもたちを保護することができない状況を許しますか?


このようなサイレンシング契約は
2012年10月に連邦議会で
クリス·バック上院議員により詳細されました

(参照
http://waubrafoundation.org.au/resources/
senator-back-reveals-gag-clauses-wind-developer-contracts/)





それ以来、「よき隣人」サイレンシング協定は
トラストパワー社によって
サウスオーストラリアの中で使用されました。


これは、一部の政治家と風力開発者と彼らの支持者が
「コミュニティと相談する」か
「地域社会の風力発電プロジェクトの恩恵を広める」と
婉曲的に呼ぶものです。

しかし、実質的に
それは彼らと彼らの子供たちが
経験するかもしれない悪影響について
自由に意見を述べることから
将来的に人々を沈黙させています。

また、それは、次の60年の間
それらの土地に風力開発者によって置かれた警告でさえ
彼らあるいはそれ以降の不動産所有者を束縛します。


(http://waubrafoundation.org.au/resources/neighbour-deed-palmer-wind-farm-south-australia/)





AMAは、病人を沈黙させるそのような合意を認めますか?

彼らは、風力タービン・ホスト
隣人あるいは子どもを沈黙させているかどうかにかかわらず?







4/5
超低周波音、低周波ノイズに起因する健康上の問題の承認




AMAは、それを調査している研究者によって
「振動音響病」と呼ばれていて
30年の間研究文献で記述された
そして、超低周波音、低い周波数ノイズと振動への
慢性曝露から生じる疾病の
臨床および研究の証拠を否定しますか?



その研究の一部は
我々のウェブサイトでリストされています




・・・明日以降に続きます・・・




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




* 4/5~5/5は、明日以降に続きます。





=====================================






◇AMA says wind farms do not impact health
AMAは、風力発電所が健康に影響を与えないと言います

(econews.com | March 18, 2014)
http://econews.com.au/news-to-sustain-our-world/
ama-says-wind-farms-do-not-impact-health/




By David Twomey




オーストラリア医師会(AMA)は、
風力発電所は、それらの近くに住む人々の健康に
悪影響を与えるという確かな証拠がないと言います。





オーストラリアで医学プロを代表している主要な団体の
AMA(オーストラリア医師会)は、
風力発電所についての基本方針表明を公開しました。

そして、そのスタンスが信用できるオーストラリアと
国際研究に基づくと述べました。





副会長ジェフリー・ドッブ教授は、
風力発電所の近くで生きている人々は、
過度に悩んでいるか、誤って無関係な健康問題を
風力タービン騒音のものであると考えているかもしれないと述べました。





「オーストラリアの近代的な風力発電所で生成された
超低周波音と低周波音は、
既知の健康への影響が発生したレベル以下である。」と、
ドッブ教授は声明で述べています。



「そして、可聴値以下の超低周波音が、
健康効果を引き起こす可能性があるという
認められた生理的メカニズムはありません。」




ドッブ教授は、風力発電所についての不安を減らす
より良いコミュニティの約束の必要があると言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」
と彼が言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か、
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」






「想定された『健康パニック』を報告すること
または風力発電所の開発に関する誤報を広めることは、
高められた不安に関与するかもしれません。」




「風力発電所の開発規制は、
その影響と利点に関する証拠によって完全に導かれる必要があります。」




「プロセスの始まりの、コミュニティ協議と約束は、
誤報、不安とコミュニティ分割を最小にするために重要です。」




「公衆衛生の観点から、風力タービンでの発電が、
温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産を
必要としない点に注意することは重要です。

そして、その全て
(温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産)は
重大な直接的および間接的な健康影響を持つことができます。」と
ドッブ教授は言いました。




しかし、反風力発電所ロビー団体ウォーブラ財団の
最高経営責任者(CEO)サラ·ローリーは、
低周波音の影響を受けた人々から、毎日、連絡を受けたと
ABCニュースに語りました。




「症状を引き起こしているのが、すべてデマ飛ばしであるという
この仮説はまったく納得がいきません。」
と彼女は言いました。



ローリーさんは、
風力発電所の近くに住む人々の睡眠パターンや血圧について
より多くの研究が必要だと述べました。







The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014 is at
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明は

以下のサイトで公開されています

https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






※ 公開書簡の機械翻訳は、明日以降に続きます






-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht














































2014-07-10 : *オーストラリア医師会への公開書簡①~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ぜひ→  <33-2/5 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>  33-2/5 オーストラリア、レター:ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014・・・風力エネルギー擁護団体によって断言されたように、お金が彼らを保護するならば、どうして、テキサス州民の23人の風力タービン・ホストは風力発電の開発者を騒音公害で訴えているのでしょうか??・・・ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー   |  エコニュースによるAMA声明の解説~ AMA(オーストラリア医師会)は、風力発電所が健康に影響を与えないと言います     //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!                








<音と健康~オーストラリア医師会>






≪The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014≫
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明



◇Wind Farms and Health - 2014
風力発電所と健康 - 2014

(Australian Medical Association | 18/03/2014 )
https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014



※ PDF
AMA Position Statement - Wind Farms and Health 2014
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明

上記サイトでリンクしています。



ご確認ください。



上記、オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明が論争の的になっています。

ナショナル・ウィンド・ウォッチで公開中の
世界中から送られた公開書簡を、
順次、機械翻訳したいと思います。



⑦~⑪は、医師の方の手紙です。

ぜひ最後までお読みください。






※ 機械翻訳で読みにくいです。

機械翻訳文中にあるリンク先は
ナショナル・ウィンド・ウォッチの記事からリンクしています。

ぜひ、ナショナル・ウィンド・ウォッチのサイトでご確認ください。


※  サラ・ローリーさんの機械翻訳です。
オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明への
カウンター・ステートメント・シリーズの最後になります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




彼らはこれまでに
深刻な風力タービン騒音の影響を受ける人を治療しましたか?


彼らはこれまでに
衝動的な超低周波音、低周波騒音と振動の別の発生源
たとえば、石炭採掘​​、CSGフィールドコンプレッサー
ガス燃焼発電所、または他の大型コンプレッサ
たとえば冷凍機や暖房換気システムなどによって
影響を受ける人を治療したことがありますか?



彼らはこれまでに、オーストラリアのこの分野での
臨床専門知識を知っている医療従事者と話したことがありますか?

もしそうならば、彼らは誰と情報交換しましたか?


彼らは今までに、オーストラリアあるいは国際的な
そのいずれかの地域で
直接の臨床経験や研究経験のどちらかを持つ
独立した音響の研究者、神経生理学者
または医療従事者に話されたことがありますか?


もしそうならば、彼らは誰と情報交換しましたか?





-  ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー  -





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




33‐2/5 オーストラリア、レター
◇Open Letter to AMA on Position Statement: Wind Farms & Health 2014  
ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014

https://www.wind-watch.org/documents/
open-letter-to-ama-on-position-statement-wind-farms-health-2014/



いくつかの "常識"は役立つかもしれない



あなた方のうちの誰でも
彼らが「デマ」によって洗脳されたので
かんばつ、火事や洪水に対処するタフで強い農家が
永遠に家を出ることを繰り返し、そして、結局
彼らの家と彼らの農場を出ると真剣に思いますか?




風力タービン・ホストや
財政的に利益を得るだけでなく
同じ予測可能な症状を得る家族も
同様に洗脳されたと思いますか?



実際に耳感染をしていないときに
彼らの耳を引っ張って泣く赤ちゃんの
苦しむふるまいはどうですか?
直接、風力タービン騒音の曝露に相関しているでしょうか?

おそらくデマ?



その振る舞いおよび健康が
顕著に影響される働いたり家族のペットである
– 犬はどうですか?

減少した体重増加はどうですか
またクルックウェルで
長期的な家畜生産業者ジョン・カーターによって報告された
牛の中の増加した動揺を観察しました。

おそらくウォーブラー財団からのノセボ効果?

本当に?


これらのレポートの一部は、10年前からあります。
– 財団は6年前に作られました。



あなたは
回顧のノセボ効果オペレーションがあると思いますか?


ジョンはオーストラリアの牛肉生産者の
友愛のシニアメンバーで観察力の鋭い人で
彼の牛の状態や行動の勤勉なレコーダーです。

彼は、生涯ずっと耕作していました …
彼の家は、4世代にわたり、家族で農業をしています。



風力エネルギー擁護団体によって断言されたように
お金が彼らを保護するならば
どうして、テキサス州民の23人の風力タービン・ホストは
風力発電の開発者を騒音公害で訴えているのでしょうか??


(http://waubrafoundation.org.au/2014/23-texas-wind-farm-hosts-sue-over-noise-and-nuisance/)




どうして、風力タービンホストの
デビッドとアリダモーティマーは
南オーストラリア州のミリセント近くの自宅で体験する
風力タービン症候群の症状からの救済を得るために
定期的に、彼らの家を出るのでしょうか?


これももデマ?

http://waubrafoundation.org.au/resources/david-mortimers-statement-cherry-tree-hearing-at-vcat-jan-2013/





風力「発電所」と健康についてのAMAのポジションステートメント




誰が、このAMAのポジションステートメントを書いたのですか?



なぜ、それらの著者ははっきりと示されないのでしょうか?



健康への影響と関連する音響と音と振動の
彼らの専門知識とは何ですか ?



彼らの利害対立は何ですか?



彼らはこれまでに
深刻な風力タービン騒音の影響を受ける人を治療しましたか?




彼らはこれまでに
衝動的な超低周波音、低周波騒音と振動の別の発生源
たとえば、石炭採掘​​、CSGフィールドコンプレッサー
ガス燃焼発電所、または他の大型コンプレッサ
たとえば冷凍機や暖房換気システムなどによって
影響を受ける人を治療したことがありますか?




彼らはこれまでに、オーストラリアのこの分野での
臨床専門知識を知っている医療従事者と話したことがありますか?

もしそうならば、彼らは誰と情報交換しましたか?



彼らは今までに、オーストラリアあるいは国際的な
そのいずれかの地域で
直接の臨床経験や研究経験のどちらかを持つ
独立した音響の研究者、神経生理学者
または医療従事者に話されたことがありますか?



もしそうならば、彼らは誰と情報交換しましたか?



彼らは、稼働中の風力タービンの曝露と
直接相関する健康への悪影響を報告している居住者と
これまでに直接話しましたか?



彼らや彼らの親戚は、短時間でも
産業用風力タービン開発の近くに住んでいたことがありますか?



AMA連邦評議会のメンバーは
上記の質問で述べてきた、いずれかの経験をしましたか?



あなたの原資料と
どんな利害対立でも引用することが、このような文書では普通です。



• なぜ、この文書に含まれる
 ステートメントのためのリストされた出典がないのですか?




• このポジションステートメントのための出典は、何でしたか?

 すべての出典をリストしていただけませんか
- 個人や組織の両方、口頭、書面によるコミュニケーションだけでなく
  文書や発表された研究を査読しました。



• どのように、そして、誰によって、これらの出典を確認しましたか?



•どのように、これらの出典は、AMAによって選ばれたのですか?



• AMA内外の誰が、どの資料を含むべきか
 どれを除外するべきかという決定をしましたか?



• この文書のために情報に提供した
 または、それを書くか、そのどちらでも
 それを承認することに関係していた誰かによって
 利害対立の宣言が、ありましたか?



• そうであれば、どのような利益の対立が
 AMAのスタッフとオフィスベアラまたは当局に宣言されたのか
そして、外部の関係者によって、どのような宣言がなされましたか?



• それらが行われた場合
 これらの宣言について外部検証がありましたか?



• そのようなプロセスがなかった場合
 誰がそのような宣言プロセスが必要ではないと決定しましたか?



• AMAにとっては、これは慣例ですか?




3/5

何人かの健康の専門家による専門外と非倫理的な行動についての主張申し立て



コミュニティ・ウィンド開発の
ヘップバーン・ウィンドについて財政的な関心をもつ開業医が
特にその情報を求めた何人かの他の開業医に
臨床および音響の情報提供を止めるために
大きなな圧力を(うまく)かけることが適切であると
AMAは考えますか?

・・・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




* 2/5~5/5は、明日以降に続きます。




=====================================






◇AMA says wind farms do not impact health
AMAは、風力発電所が健康に影響を与えないと言います

(econews.com | March 18, 2014)
http://econews.com.au/news-to-sustain-our-world/
ama-says-wind-farms-do-not-impact-health/




By David Twomey




オーストラリア医師会(AMA)は、
風力発電所は、それらの近くに住む人々の健康に
悪影響を与えるという確かな証拠がないと言います。





オーストラリアで医学プロを代表している主要な団体の
AMA(オーストラリア医師会)は、
風力発電所についての基本方針表明を公開しました。

そして、そのスタンスが信用できるオーストラリアと
国際研究に基づくと述べました。





副会長ジェフリー・ドッブ教授は、
風力発電所の近くで生きている人々は、
過度に悩んでいるか、誤って無関係な健康問題を
風力タービン騒音のものであると考えているかもしれないと述べました。





「オーストラリアの近代的な風力発電所で生成された
超低周波音と低周波音は、
既知の健康への影響が発生したレベル以下である。」と、
ドッブ教授は声明で述べています。



「そして、可聴値以下の超低周波音が、
健康効果を引き起こす可能性があるという
認められた生理的メカニズムはありません。」




ドッブ教授は、風力発電所についての不安を減らす
より良いコミュニティの約束の必要があると言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」
と彼が言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か、
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」






「想定された『健康パニック』を報告すること
または風力発電所の開発に関する誤報を広めることは、
高められた不安に関与するかもしれません。」




「風力発電所の開発規制は、
その影響と利点に関する証拠によって完全に導かれる必要があります。」




「プロセスの始まりの、コミュニティ協議と約束は、
誤報、不安とコミュニティ分割を最小にするために重要です。」




「公衆衛生の観点から、風力タービンでの発電が、
温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産を
必要としない点に注意することは重要です。

そして、その全て
(温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産)は
重大な直接的および間接的な健康影響を持つことができます。」と
ドッブ教授は言いました。




しかし、反風力発電所ロビー団体ウォーブラ財団の
最高経営責任者(CEO)サラ·ローリーは、
低周波音の影響を受けた人々から、毎日、連絡を受けたと
ABCニュースに語りました。




「症状を引き起こしているのが、すべてデマ飛ばしであるという
この仮説はまったく納得がいきません。」
と彼女は言いました。



ローリーさんは、
風力発電所の近くに住む人々の睡眠パターンや血圧について
より多くの研究が必要だと述べました。







The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014 is at
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明は

以下のサイトで公開されています

https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






※ 公開書簡の機械翻訳は、明日以降に続きます






-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht












































2014-07-09 : *オーストラリア医師会への公開書簡①~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ぜひ→  <33-1/5 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>  33-1/5 オーストラリア、レター:ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014・・・言い換えれば、業界の主張にもかかわらず製品の安全性は確立されていません・・・ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー   |  エコニュースによるAMA声明の解説~ AMA(オーストラリア医師会)は、風力発電所が健康に影響を与えないと言います     //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!                







<音と健康~オーストラリア医師会>






≪The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014≫
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明



◇Wind Farms and Health - 2014
風力発電所と健康 - 2014

(Australian Medical Association | 18/03/2014 )
https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014



※ PDF
AMA Position Statement - Wind Farms and Health 2014
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明

上記サイトでリンクしています。



ご確認ください。



上記、オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明が論争の的になっています。

ナショナル・ウィンド・ウォッチで公開中の
世界中から送られた公開書簡を、
順次、機械翻訳したいと思います。



⑦~⑪は、医師の方の手紙です。

ぜひ最後までお読みください。






※ 機械翻訳で読みにくいです。

機械翻訳文中にあるリンク先は
ナショナル・ウィンド・ウォッチの記事からリンクしています。

ぜひ、ナショナル・ウィンド・ウォッチのサイトでご確認ください。


※  サラ・ローリーさんの機械翻訳です。
オーストラリア医師会(AMA)の基本方針表明への
カウンター・ステートメント・シリーズの最後になります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




ケリーらは、風力タービンは
衝動的な超低周波音及び低周波ノイズを生成し
聞き取れないレベルで認識されたと、1985年に確認しました。



タービンのデザインは、ヒトの知覚応答に重要でありません
– ダウンウィンド型かアップウィンド型の
水平軸風力タービンで発生する周波数は
ほぼ30年後の、彼らの家の内外で
人間のモルモットによって知覚されています。





独立したオーストラリアの音響技師レズ・フーソンは
夜に彼の家の中に平和的に座っている間
悲惨な「圧力ボルト感覚」を経験していた
居住者のアンドリュー·ガードナーと
2013年にマッカーサーの彼の音場研究で
低周波音圧パルスまたはピークを知覚する能力を検知しました。

そして、それはフーソンさんのモニターが
見つけていた圧力ピーク過渡現象と
非常によく、時間の86%を相関していました。
そして、ガードナー氏は
彼が彼の症状を記録した時点で「盲検化」しました。


私は、フーソンさんとガードナーさんが
それらの調査結果について
直接、連邦 AMAのメンバーを教育して十二分に満足であると確信します。




-  ウォーブラー財団CEO サラ・ローリー  -





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆





33‐1/5 オーストラリア、レター
◇Open Letter to AMA on Position Statement: Wind Farms & Health 2014  
ポジションステートメントに関するAMAへの公開状: 風力発電所と健康2014

https://www.wind-watch.org/documents/
open-letter-to-ama-on-position-statement-wind-farms-health-2014/



サラ・ローリー



親愛なるオーストラリア医師会の連邦オフィスベアラ




AMAの風力「発電所」と健康についての
ポジションステートメントに関して
AMAの会長および副会長のもとへ
私が、4日前に送った
詳細な電子メールへの返信を受け取っていないので
これはあなた方全員への公開状です。


この問題は、特に、既存の風力タービン開発で
かなりの悪影響を受けてきた農村部の住民の増加や
国内および国際的な関心があります。
そして、そのうちの何人かは
自分自身と彼らの家族への重大な健康への悪影響のため
彼らの家から強制的に追い出されました。


連邦AMAメンバーは、風力開発の設置の後に
地元住民に、健康上有害な影響が及ばないことを示す研究がなく
健康上有害な影響が
25年後に存在しないことを示す
縦断的研究がないことを理解しますか?



言い換えれば、それとは反対に
業界の主張にもかかわらず
製品の安全性は確立されていません。




もっと正確に言えば、『ルーラル・オンタリオ』で
リン博士とアラー博士の2人の公衆衛生医師によって
行なわれた文献レビューは
それらが識別した研究がすべてが
「人間の苦痛」の証拠を示すことがわかりました。



彼らの文献レビュー調査結果のパワーポイントは
ここで利用できます:



http://waubrafoundation.org.au/resources/
association-between-wind-turbine-noise-and-human-distress/

そして、それらの研究のいくらかは
最近の『NHMRC Literature Review』にも含まれました。



これらの問題に至急に対応してください
そして、以下の質問に対する詳細な回答を提供してください。


あなたの答えは、一般公開されます。





パブリックステートメントの内容



1985年に米国の主要な政府資金による研究プロジェクトで
ニール·ケリー博士と彼のNASAの同僚が確立した研究の
風力タービンからの
パルス(脈動)性の超低周波音と低周波ノイズが
これらの「苛立ち」の症状の直接の原因であった
ではなく
深刻な反復する睡眠障害、生理的ストレス
および「風車症候群」の他の症状を報告するこれらの症状は
あなたのAMAポジションステートメントでは
これらの申し立ては
デマからの不安に起因していると主張する
住民の家の中で行われた研究は、どこに存在するのですか?




今日、居住者から報告された
いわゆる「苛立ち」の症状のこのパターンは
実験室での研究に続いて
米国エネルギー省によって資金を供給された
大きな共同のNASAと米国での航空工学音場調査において
ニール・ケリー博士によって約30年前に
とても慎重に文書化されたそれと同一です。



AMA連邦評議会のメンバーで
1987年以来、風力エネルギー業界に知られていた
画期的な研究に精通していない場合
詳細は、以下のドキュメントから入手できます

(http://waubrafoundation.org.au/2013/explicit-warning-notice/).




あなたはケリーとNASAが間違っていたことを示唆していますか?

世界的な風力産業が、
健康と睡眠に損害を与える周波数を減らすために
ダウンウィンド型風車からアップウィンド型風車へと
タービンの設計を変更するために反応したことを考えると
それは業界が、この研究は重要であり
信頼できると信じていたことは明らかです。




風力タービンの近くで生きている居住者から
報告された健康影響が
「デマ」に起因する不安によることを証明している研究はありません
そして、これは最近のNHMRCの文献チェックにおいて認められました。


行商されているただ一つの誤報は
風力産業および
今あなたの組織のポジションステートメントのそばにあります。




なぜ、あなたは家の中と外の超低周波音のレベルが
十分に知覚のしきい値を下回っているという
風力産業の嘘を繰り返したのですか?


ケリーらは、風力タービンは
衝動的な超低周波音及び低周波ノイズを生成し
聞き取れないレベルで認識されたと、1985年に確認しました。



タービンのデザインは、ヒトの知覚応答に重要でありません
– ダウンウィンド型かアップウィンド型の
水平軸風力タービンで発生する周波数は
ほぼ30年後の、彼らの家の内外で
人間のモルモットによって知覚されています。





独立したオーストラリアの音響技師レズ・フーソンは
夜に彼の家の中に平和的に座っている間
悲惨な「圧力ボルト感覚」を経験していた
居住者のアンドリュー·ガードナーと
2013年にマッカーサーの彼の音場研究で
低周波音圧パルスまたはピークを知覚する能力を検知しました。


そして、それはフーソンさんのモニターが
見つけていた圧力ピーク過渡現象と
非常によく、時間の86%を相関していました。
そして、ガードナー氏は
彼が彼の症状を記録した時点で「盲検化」しました。



私は、フーソンさんとガードナーさんが
それらの調査結果について
直接、連邦 AMAのメンバーを教育して十二分に満足であると確信します。


(見てください
http://waubrafoundation.org.au/resources/gardner-statement-vcat-cherry-tree-hearing/
and
http://waubrafoundation.org.au/resources/huson-l-expert-evidence-at-vcat-cherry-tree-hearing/).




風力タービンのデザインは
睡眠と健康への障害のために
それらの周波数の生成を低減する
ナセルが風へ面するために自動的に回転する
アップウィンド型「現代の」風力タービンに
ダウンウィンド型風車から変更されました。


周波数は減少したが、これらは排除されないし
風力タービンが大きくなるにつれて
生成された周波数は音響スペクトルの低周波域に変わりました。
その結果、予想通り
隣人により多くの「苛立ち」症状を引き起こしました。



(http://waubrafoundation.org.au/resources/moller-pedersen-low-frequency-noise-from-large-wind-turbines/)




風力タービンの設計が
そのように劇的に変化した同時期に
風力産業の音響技師は、いろいろな政府に
ケリーほかが直接確立した
症状の原因となっていた非常に低い周波数を測定しないように
様々な政府の騒音公害規制当局を説得しました。




その周波数は、まだ生成されていました
‐ それらは、単に評価されてこなかったのです。

同じことは今日も続いています。



あなた方のうちの誰でも
風が方向を絶えず変更することを理解しますか?

風の変化に応じて、
タービンナセルは風の正面の方を向くので
あなたの十分に言い表されなかったステートメントが示唆するように
人々は常に、タービンの「風下」または「風上」ではありません。


人々の症状は、風の強さ、方向と気象状況によって変わります。
そしてそれは、あなたのうちの誰かが
直接、影響を受けた人々または独立した音響技師の話を
聞きに行くことを気にしていれば
あなたはすぐにそれを発見したでしょう。



本当に、あなたのうちの誰か
またはあなたのポジションステートメントの著者が
風力タービン騒音によって悪影響を与えられる
地方の居住者の話を聞くのを気にしていれば
あなたは多くの地方の居住者が
彼らの症状は何であるか、そして、
彼らがたぶんどれくらい厳しいことになっているか
風向に基づいて予測することができるとわかるでしょう。
そして、症状の彼ら自身の独特のパターンに基づきます。




人々が特定の風向や気象条件で
重篤な症状を予想されるように示せば
彼らは天気と風向のまわりで生活を計画します。

– 彼らにとって、家または職場が
これらの状況の下で
実行不可能であるということを知っているので
たとえば、風が北または西からあると予報されるならば立ち去ります。




これらの家族は、彼らの不在時に
どのように、彼らの農場を運営するために
管理していると思いますか??


答えは、そうすることはできないです。
また、彼らの生計と家族の生活は著しくその結果苦しみます。



2/5
いくつかの "常識"は役立つかもしれない



あなた方のうち誰でも
彼らが「デマ」によって洗脳されたので
かんばつ、火事や洪水に対処するタフで強い農家が
永久に繰り返し、そして、結局
彼らの家と彼らの農場を出ると真剣に思いますか?


・・・・・・・・・




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




* 2/5~5/5は、明日以降に続きます。




=====================================






◇AMA says wind farms do not impact health
AMAは、風力発電所が健康に影響を与えないと言います

(econews.com | March 18, 2014)
http://econews.com.au/news-to-sustain-our-world/
ama-says-wind-farms-do-not-impact-health/




By David Twomey




オーストラリア医師会(AMA)は、
風力発電所は、それらの近くに住む人々の健康に
悪影響を与えるという確かな証拠がないと言います。





オーストラリアで医学プロを代表している主要な団体の
AMA(オーストラリア医師会)は、
風力発電所についての基本方針表明を公開しました。

そして、そのスタンスが信用できるオーストラリアと
国際研究に基づくと述べました。





副会長ジェフリー・ドッブ教授は、
風力発電所の近くで生きている人々は、
過度に悩んでいるか、誤って無関係な健康問題を
風力タービン騒音のものであると考えているかもしれないと述べました。





「オーストラリアの近代的な風力発電所で生成された
超低周波音と低周波音は、
既知の健康への影響が発生したレベル以下である。」と、
ドッブ教授は声明で述べています。



「そして、可聴値以下の超低周波音が、
健康効果を引き起こす可能性があるという
認められた生理的メカニズムはありません。」




ドッブ教授は、風力発電所についての不安を減らす
より良いコミュニティの約束の必要があると言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」
と彼が言いました。




「健康への悪影響あるいは安寧を経験する
風力発電所の近くに住んでいる人々は、
多分、風力発電所についての高められた心配か、
否定的な認識のためにそうするのでしょう。」






「想定された『健康パニック』を報告すること
または風力発電所の開発に関する誤報を広めることは、
高められた不安に関与するかもしれません。」




「風力発電所の開発規制は、
その影響と利点に関する証拠によって完全に導かれる必要があります。」




「プロセスの始まりの、コミュニティ協議と約束は、
誤報、不安とコミュニティ分割を最小にするために重要です。」




「公衆衛生の観点から、風力タービンでの発電が、
温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産を
必要としない点に注意することは重要です。

そして、その全て
(温室効果ガス、他の汚染物質排出または廃棄物の生産)は
重大な直接的および間接的な健康影響を持つことができます。」と
ドッブ教授は言いました。




しかし、反風力発電所ロビー団体ウォーブラ財団の
最高経営責任者(CEO)サラ·ローリーは、
低周波音の影響を受けた人々から、毎日、連絡を受けたと
ABCニュースに語りました。




「症状を引き起こしているのが、すべてデマ飛ばしであるという
この仮説はまったく納得がいきません。」
と彼女は言いました。



ローリーさんは、
風力発電所の近くに住む人々の睡眠パターンや血圧について
より多くの研究が必要だと述べました。







The AMA Position Statement on Wind Farms and Health 2014 is at
2014風力発電所と健康に関するAMAの基本方針表明は

以下のサイトで公開されています

https://ama.com.au/position-statement/wind-farms-and-health-2014







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






※ 公開書簡の機械翻訳は、明日以降に続きます






-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht








































2014-07-08 : *オーストラリア医師会への公開書簡①~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR