騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<気になるニュース/美しい「ジュエリーアイス(宝石氷)」>ぜひ⇒北海道:この美しい「ジュエリーアイス(宝石氷)」はとてもまれで、それは日本にだけ流れ着きます…このような氷は世界中のどこにも見つかりません // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<気になるニュース/美しい「ジュエリーアイス(宝石氷)」>




2017年2月1日




ぜひ!⇒
北海道
■This beautiful 'jewel ice' is so rare, it only washes up in Japan
この美しい「ジュエリーアイス(宝石氷)」はとてもまれで、それは日本にだけ流れ着きます

(2017年2月1日)
http://www.sciencealert.com/
this-beautiful-jewel-ice-only-shows-up-in-one-part-of-the-world?perpetual=yes&limitstart=1



日本のある川でしか見つかりません



DAVID NIELD



日本の十勝川のほとりにある海岸に打ち上げられ
砂の上に宝石のように散乱した
澄んだ氷の塊が美しい自然現象で見られます

- そして、このような氷は
世界中のどこにも見つかりません。



これらの特徴的な氷の断片は、
「ジュエリーアイス(宝石氷)」
または「十勝川の氷」として
知られるようになりました。

塩分のない川水、氷点下の気温、
海洋の潮のユニークな組み合わせによって
作られています。




それが地元の人に見つけ出されるまで、
北海道の北の島に打ち上げられる
「ジュエリーアイス(宝石氷)」は
つい最近まで、広く知られていませんでした
しかし、それは地域の観光旅行の場所として
フィーチャーされるのに十分なほど
現在は有名です

– そして、毎年1月と2月に、
大勢のカメラマンを引きつけています。




温度が十分に低くなると、十勝川の河口が凍りつく。

氷のブロックが崩壊し、潮に乗って
海に漂流してから海岸に打ち上げられます。

最終的に、それらは砂の中に溶けていく。




「私はこの種の氷について聞いたことがなく、
そのような海の氷は見たことがない。」と
英国のケンブリッジ大学の海洋物理学者、
ピーター・ワドハムズ氏は
ニューヨーク・タイムズ紙に語った。




「それはまさに川の氷で、塩がないので透明です。」




その透明性と純度は
時間帯と空の色に応じて
氷のブロックが
オレンジやサファイアの色合いを放って、
宝石のような効果をもたらします。




十勝川の敷地は、
この種の川の氷を見るために
唯一知られている場所であると、
ワドハムズ氏は述べています
しかし、チリのフィヨルドと
アラスカの入り口にある明確な氷河の氷は、
同様の特性を持つ可能性があると彼は言います。




氷の化学者である
ヴェルナー・F・クース氏は、
ニューヨークタイムズのジョアンナ・クラインに、
「ジュエリーアイス(宝石氷)」の組成は
雪の結晶と似ていると語った。




彼によると
「通常、湖や川の氷は透明ではありません。
凍ったら氷の中に
たくさんの小さな気泡ができます。」




「氷の一部分は、
分離された部分で空気を蓄えておく
気泡がない状態で成長することができます;

実際に拡大した '宝石'の結晶の中には
大きな泡がいくつか見られます。




天体物理学者のTamela Maciel氏が
物理学中心のブログで説明しているように、
透明な氷を得るにはゆっくりとした
凍結プロセスが必要であるため、
不純物や気泡が表面に浮上して
脱出する可能性があります

- そして、まず第一に、
水がより純粋であるほど良い。





上の記事からわかるように、
ソーシャルメディアは
今や十勝川の美しさを
より広い世界に広める助けとなり、
現在はその地域のガイドツアーと
その現象に特化した博物館があります。




あなたがこのナチュラルな光景を
自分のために見る最高の機会を望むなら、
1月下旬または2月初旬が最善の時間です

- 氷の更新は
地元の町の観光サイトに掲載されます。





私たちはチケットを手に入れるために
お金を貯めていますが、
しかし、その間は常にInstagramがあります。

※ 本文中にインスタが紹介されています。
  (おとしん:注)





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-02-06 : 気になるニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ぜひ→ インディアナ州 レター:風力発電所は、税額控除に良いだけです…産業用風力タービンは「天然資源を破壊する可能性を持っていた」ので、エイペックス社の地元の郡で、当局は、それらを禁じました | ドイツ:「ボロボロ」のドイツの主力のグリーンエネルギー政策 | ドイツ:現金自動支払機のように見えます:風力エネルギーのための贅沢な収入  //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!          








5月5日に、バフェット氏は
オマハで投資家グループに以下の声明を出しました:

「私は、バークシャーの税率を縮小するために
法律によって基本的にカバーされるものを何でも実行します。

例えば、風力エネルギーにおいては
多くの風力発電所を作れば、私たちは税額控除を得ます。

つまり、それらを作るための唯一の理由です。

それらは税額控除なしでは意味をなしません。」


- ウォーレン·バフェット -




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






インディアナ州 レター
◇Wind farms are only good for tax credits
風力発電所は、税額控除によいだけです

(The News-Sentinel | August 18, 2014)
http://www.news-sentinel.com/apps/pbcs.dll/
article?AID=/20140818/EDITORIAL/140819638/-1/LIVING



5月14日、ハンティントン北高校で開催された
計画委員会の公聴会は
30人の市民が、プラムツリーのために提案された
産業用風力タービン等に関する自分の信念を話しました。

大部分は条例に反対して話しました。



条例2010-17は、タービンから住宅へ
最小1,000フィートまで
どんな川からも2,000フィート
産業用風力タービンの後退を制限します。

許された騒音レベルは、60デシベルです。


※ 1000フィート = 304.8 メートル
※ 2000フィート = 609.6 メートル 



私は、会議で
後退は4560フィート以上でなければならないとする
世界保健機関(WHO)による最近の勧告を提示しました。


※ 4560フィート = 1.389888 キロメートル


WHO報告はまた
騒音による睡眠に対するかなりの影響が
およそ30デシベルのレベルから始まると報告しました。


バージニア州アルバマール郡に本社を置く
エイペックス・クリーンエネルギー社のための地元の代表者
ロブ・プロープス氏は
不参加の家庭への実際のプラムツリーの後退が
1,200フィートになるだろうと述べました。

※ 1200フィート = 365.76 メートル


現在の条例で許可されている60デシベルは
高周波音です。


風力タービンは、振動を引き起こし
健康上の問題の大部分において犯人である
低周波音を生成します。


彼はまた、プラムツリー・プロジェクトの
ノイズレベルは、はるかに静かであると語りました​​。



それが真実であるならば
なぜ、その解決が、過去25年の間
世界の至る所で使われなかったのですか?

産業用風力タービンは
「天然資源を破壊する可能性を持っていた」ので
エイペックスの地元の郡で、当局は、それらを禁じました。


あなたが、あなたの近くに置かれている
産業用風力タービンを心配せずに
平和と静けさで生きることができる所
バーモント州シャーロッツヴィルへ移ってください。




ウォーレン·バフェット氏は
しばらくの間、産業用ウィンド・タービンの成功者でした。

彼は、アイオワに何百もの産業用ウィンド・タービンを置きました。

12月30日に、彼は
10億ドルの価値のタービン・エンジンを
アイオワに詰め込むように命じました。

その日付の命令の理由は?

産業用ウィンド・タービン連邦税額控除は
12月31日に期限が切れました。

皆さん、申し訳ありませんが
これらの500フィートの怪物からの無償の電気はありません。

産業用ウィンド・タービンの経費の
最高90パーセントが
納税者によって負担されることが示されます。


プロモーターと投資者は
構築のための補助金、経費のための控除額
加速された6年の税削除および生産税控除を受け取ります。

さらに、彼らは
縮小された、また生産がないためにそれらを払う
税法のセクション1603の条件を保証されます。



産業用ウィンド・タービンは
22パーセントの効率だけで運転するので
2013年に、ニューヨークは
この税証拠の下で5億7050万ドルを支払いました;
1億1390万ドルは、支払い過多でした。


彼らは、それらの資金を取り戻す努力をしていません。

税額控除は、10年に限られています。

プロモーターは今
別のプロモーターで作動する風力発電所を交換し
はじめからもう一度税プロセスを始めます。




5月5日に、バフェット氏は
オマハで投資家グループに以下の声明を出しました:

「私は、バークシャーの税率を縮小するために
法律によって基本的にカバーされるものを何でも実行します。

例えば、風力エネルギーにおいては
多くの風力発電所を作れば、私たちは税額控除を得ます。

つまり、それらを作るための唯一の理由です。

それらは税額控除なしでは意味をなしません。」


John Paul

Warren




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------------




ドイツ
◇Germany’s flagship green energy policy ‘in tatters’
「ボロボロ」のドイツの主力のグリーンエネルギー政策

(テレグラフ | 2014年9月2日)
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/germany/
11070145/Germanys-flagship-green-energy-policy-in-tatters.html


By Justin Huggler in Berlin



マッキンゼー報告は
1990年レベルと比較して
2020年までにCO2排出を40パーセント削減する
「もはや現実的でない」
アンゲラ・メルケル首相のコミットメントが明らかになります。



画像:
ドイツ製鋼の心臓部、デュイスブルクのコークス工場

Photo: Alamy



そのゴールの多くが「もはや現実的ではない」と言う
コンサルタント会社マッキンゼーによる
新しい報告書によれば
ドイツの最も重要なグリーン・エネルギー政策はぼろぼろです。




彼女の政府は
気候変動との戦いの最前線にドイツを配置し
再生可能なエネルギー源に移行する
野心的な計画を発表した際に
メルケル首相は、2010年の『気候高官』
または『気候首相』として歓迎されました。



しかし、マッキンゼー報告には
ドイツが二酸化炭素の排出を減らす
その鍵となる約束を支持して
それがもはや現実的に達成できないように遠いとあります。



ミセス・メルケルの政府は
1990年レベルと比較して
2020年までに、二酸化炭素の排出を
40パーセント削減することを義務付けました。



しかし、これまで、彼らは
1年につき平均0.7パーセントで落ちただけでした。
それが時間通りに
その目標に到達するために
5倍の排出量削減を大きく増加しなければなりません。



「再生可能エネルギーの大きい拡大にもかかわらず
2020年までにエネルギー革命の鍵となる目的を
ドイツにおいて遂げることは、もはや現実的でありません。」と
レポートにはあります。



「あなた自身の目標を達成できない場合は、
あなたはほとんど
ヨーロッパや世界各地でより厳しいCO2排出削減のための
信頼性の擁護者ではありえません。」と
ウェルト紙のコメントピースは述べました。




目標と削減を達成するための失敗の主な要因は
2022年までに、全ての原子力発電所を
段階的に排除するという決定に起因する
発電量の不足分を補うために
ドイツの「汚い」褐炭や亜炭のさらなる使用でした。




目的は、太陽光や風力などの再生可能エネルギー源と
原子力エネルギーを交換することですが
しかし、彼らはまだギャップを埋めることができていない
そして、 太陽エネルギーは軌道に乗っているが
同国は風力発電の開発が予定より遅れていると
マッキンゼー報告は述べています。



高価な切り替えは、ドイツ人に
ヨーロッパで最も高いエネルギー法案のうちの
いくつかをさらに残しました。

マッキンゼーによると
家庭用電気料金は
ヨーロッパの平均以上の46パーセントで、上がっています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------------




ドイツ
◇So sieht eine Geldmaschine aus: Üppige Einkünfte dank Windkraft
現金自動支払機のように見えます:風力エネルギーのための贅沢な収入

(Hessische/Niedersächsischeアルゲマイネ(HNA)| 03.09.14 )
http://www.hna.de/nachrichten/politik/
pachten-windrad-standorte-erzielen-grundbesitzer-ueppige-einkuenfte-3829406.html



Von Tatjana Coerschulte




地主はドイツのどこで
立方メートルあたり最多の金銭を得るのでしょうか?



主要都市の一等地で?


いいえ、北ドイツの低地においてです。


そこは、頻繁に、風が強力に吹き
風力タービン用のトップ·リースを
達成させるところで:
風車と年間、最高、10万ユーロ。


弱い場所では、わずか25.000ユーロです。


・・・・・・・




既に知られていますか?


およそ200メートルの風車の基盤は
正方形で15~20メートルを必要とします。



しかし、それがすべてだとは限りません:

クレーンのためのスペース
私道やケーブルは、多くの場合
農道と一緒にインストールされている。


これらの領域は、優先エリアに位置しなければならず
環境規制を満たし
かつ居住地域からの最小距離を維持しなければなりません。


まさにこの距離について多くの論争がある。不思議ではない:
風力タービンは、より大きく、より強力になっているため。



したがって、批評家も
住宅地では、風力タービンの最小距離が
より大きくならなければならないでしょうと言います。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht















2014-09-11 : 気になるニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

岐阜県:県警、反対住民の情報漏らす 発電所巡り中部電力子会社に / 更新!→ 英語版-THE ASAHI SHIMBUN:Gifu police leak data to private company on local opposition to turbine project(岐阜警察はタービンプロジェクトに関する地元の反対派のデータを民間企業に漏洩)  //   ① セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について | ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ④ 問題の解決を目指そう!           









岐阜県
◇県警、反対住民の情報漏らす 発電所巡り中部電力子会社に

(朝日新聞デジタル | 2014年7月24日)
http://www.asahi.com/articles/ASG7R4G3MG7ROIPE01H.html


編集委員・伊藤智章、渋井玄人


 岐阜県大垣市での風力発電施設建設をめぐり、
同県警大垣署が事業者の中部電力子会社「シーテック」(名古屋市)に
反対住民の過去の活動や関係のない市民運動家
法律事務所の実名を挙げ、連携を警戒するよう助言したうえ、
学歴または病歴、年齢など計6人の個人情報を漏らしていた。

朝日新聞が入手した同社の内部文書でわかった。

地方公務員法(守秘義務)違反にあたる可能性もある。



 シーテックは大垣市上石津町と同県関ケ原町に16基、
最大出力4万8千キロワットの風力発電施設の建設を計画。

低周波による健康被害などを心配した
上石津町の上鍛治屋地区(46戸)は2月
測量に伴う同社の立ち入り反対を決めた。



 朝日新聞が入手したのは、
同社地域対応グループと大垣署警備課長らとの
協議内容をまとめた「議事録」で、
2013年8月7日、
14年2月4日、
5月26日、
6月30日の4回分。





ログインして続きを読む≫

無料登録して続きを読む≫



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






----------------------------------
英語版
----------------------------------




◇ Gifu police leak data to private company on local opposition to turbine project
岐阜警察はタービンプロジェクトへの地元の反対派のデータを民間企業に漏洩

(THE ASAHI SHIMBUN | July 24, 2014)
http://ajw.asahi.com/article/behind_news/social_affairs/AJ201407240071





画像: 議事録の写真
シーテック社がまとめた議事録は
大垣警察署の担当官やそのメンバーの間の会話について記述します。
(Gento Shibui)


岐阜県警察との,担当官は
近隣に風力タービンを構築する計画に反対した住民に関する
個人情報を中部電力社の子会社に漏えいしました。


彼らの行動は、地方公務員に守秘義務を課している
地方公務員法違反を構成している可能性があります。


名古屋を拠点とするシーテック株式会社は
大垣の上石津町地区と
電力の48000キロワットの最大値を生成することが可能な
関ヶ原の隣町に、16台の風力タービンを建設する予定です。

現在、環境影響評価の策定の過程にあります。



しかしながら、2月に、上石津町の上鍛治屋地域46の世帯が
建築時の地滑りや
風力タービンが原因の低周波非可聴音のハミング音によって
頭痛や疲労感を引き起こすという
いわゆる風力タービン症候群を心配して
タービンに反対する決議を採択しました。



大垣警察署の担当官は
建設に反対の住民だけではなく
市民活動家と反対運動に関連付けられていない
法律事務所のメンバーについても
シーテックに個人情報を漏洩しました。



担当官は、居住者が活動家と法律事務所メンバーと
協力するかもしれないとシーテック社に話しました。


担当官は、6人のこれまでの活動、学歴や病歴を含む個人情報を漏洩しました。


朝日新聞は、大垣警察署の担当官と
シーテック社の風力発電部門のグループのメンバー間の
会合の議事録を含む文書を入手しました。

グループは、地域住民への対処を担当している。

グループによって編集される議事録の日付は
2013年8月7日;
2014年2月4日;
2014年5月26日;
そして、2014年6月30日。


2013年8月7日付けの議事録によると、
中部電力は、シーテック社に伝えました
「大垣警察署は、(風力発電施設を建設する)プロジェクトの
概要に関する情報を必要としている。」と。


警察署の担当官はその後、「(建設に対する)住民のなかの何人かは
自然環境を変更しようとするどのような行為にも
反対している人々です。」と、シーテックグループに語りました。


担当官は、住民が市民活動家のコンドウユリコさん(65歳)と
岐阜コラボ法律事務所と協力することに懸念を表明しました。

近藤さんは、大垣在住で
ダム建設に関して声を大にして反対しました。

法律事務所も、大垣にあります。


担当官はシーテック社と情報の相互共有を要請しました。
そして、「居住者の反対勢力が
大きいスケールの市民運動に発達するならば、
プロジェクト(風力発電施設を建設するために)は前進しません。」と言いました。

我々は、静かな大垣市を維持したいです。」


警察は「コンドウさんは60歳以上であり
彼女は東京大学を退学しています。」と付け加えました。



2014年5月26日付けの議事録で
警察は、シーテック社に
岐阜コラボの事務局長の名前を伝えました。


「(しかし)、事務局長は、現在病気です。」と担当者は言いました。
「それで、行動を起こすことは難しいです。」


2014年2月4日付けの議事録では
警察の担当官は
「(タービンの建設に反対)の住民の一人は
岐阜コラボのサポートグループの主要メンバーになった。」と言いました。


2014年6月30日付けの議事録では
担当官は、「私たちは、住民が国の反核の人々や
自然環境の破壊に反対している人々が
全体から集まる可能性を恐れている。」と述べました。


タービンの建設に反している上鍛治屋地区の協会の会長
ミノワタダオさん(65歳)は、朝日新聞に伝えました。
「税金を使って、警察は居住者を見張っていて
情報(彼らについて)を会社にリークしています。」


シーテック社は大垣警察署から受けた個人情報につきまして、
カトウヒロシ氏(同社の職員)は
単に「私たちは様々なことを知るほうが私たちにとってよい。」と言いました。


「場合によっては
我々は用心のために情報を集めて、彼らを第三者と共有します。」と
大垣警察署副署長のマキムラヤスヒロさんは言いました。


ヤストミキヨシ 京都産業大学の大学院で法律の客員教授によると
大垣警察署の担当官の行動はおそらく地方公務員法に違反しました。


「警察は、彼らが得た個人情報を漏洩してはなりません。」と
ヤストミ氏は述べました。

「このケース(大垣警察署の)では
警察は、会社の活動のためになる目的で、情報を漏らしました。
それは、問題です。」




(この記事は、伊藤智章、シニアスタッフライター
および渋井玄人によって書かれました。)




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht



















































































2014-07-25 : 気になるニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<気になるニュース>    湿疹の形=筋肉の形だった!? 【アトピー発症機序理論7】(2/2) ・・・ 携帯電話やスマホ多用の影響が手指の湿疹に出る  //   米FDA、電子たばこに初の規制案―18歳未満への販売禁止  |  関連記事:世界の雑記帳:電子たばこの健康被害に関する訴え、米国で急増      //    ①音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について |  ②騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ③ セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ④ 問題の解決を目指そう!                                              











<気になるニュース>










ぜひ!→
◇湿疹の形=筋肉の形だった!? 【アトピー発症機序理論7】(2/2)
(日経トレンディネット | 14年04月23日)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140421/1056843/?P=2






著者:

皮膚科専門医

山本綾子(やまもと・あやこ)







携帯電話やスマホ多用の影響が手指の湿疹に出る




・・・・・・・




画像:



 手の筋肉を見ると、
写真6は、母指内転筋(ぼしないてんきん/図3のAdductor pollicis)のようです。
携帯電話などで親指を過剰に使うことにより、
この部分の湿疹が出やすくなったという方は多いですね。




・・・・・・・・





食物アレルギーや免疫の異常”では説明しきれない





・・・・・・・・




 冷えや自律神経の異常は確かに
アトピー性皮膚炎の患者さんでよく認められます
(次回、連載第8回にて解説予定です)。



 しかし、それでも、部位に偏りがあることは説明できないのです。




 「どうしていつも同じ部位にばかり湿疹ができるの?」




・・・・・・・





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。










==============================







米国
◇米FDA、電子たばこに初の規制案―18歳未満への販売禁止
(ウォール・ストリート・ジャーナル | 2014年 4月 25日)
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304334104579522540720737958.html





By THOMAS M. BURTON AND MIKE ESTERL





米食品医薬品局(FDA)は24日、
人気の高まっている電子たばこについて、
18歳未満への販売を禁止し、
FDAからの承認取得をメーカーに義務付けるなど、
連邦当局として初の規制案を発表した。




 今回の規制案は普通のたばこに対する規制ほど
厳しいものにはなっておらず、
電子たばこの広告やネット販売、若者に人気があるとされる
フレーバーを付けることなどは禁止していない。





 ただ、電子たばこ反対派の意見を入れて、
メーカーは製品に含まれる化学物質の公開を義務付けられ、
無料サンプルの配布を禁じられている。



また、製品に含まれるニコチンが
中毒性を持ち得ることの警告を入れるよう求めている。





・・・・・・・




 電子たばこ業界には好評の規制案だが、
電子たばこをニコチン中毒と新たな愛煙家作りへの
橋渡し役とみなしている反対派の失望を呼んでいる。




 カリフォルニア大学サンフランシスコ校の
たばこ規制調査・教育センターを率いるスタントン・グランツ氏は
「規制案は子供たちへの野放し状態の売り込みを
何ら抑えるものとなっていない」と書き、
FDAの実質的な規制実施は「数年先」になりそうだとの見通しを示した。







* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。









-------------------------
 関連記事:
-------------------------







◇世界の雑記帳:電子たばこの健康被害に関する訴え、米国で急増
(毎日新聞 | 2014年04月18日)
http://mainichi.jp/feature/news/20140418reu00m030005000c.html





[ワシントン 17日 ロイター]

-米国では過去1年、やけどや呼吸器疾患や心血管障害など、
電子たばこに関連する健康被害件数が急増している。


情報公開請求によって開示されたデータで明らかになった。




 それによると、今年3月までの過去1年間に米食品医薬品局(FDA)に
寄せられた電子たばこに関するクレームは50件以上。


この数字は、それ以前の5年分の合計に匹敵するという。





 そのほかFDAには、
頭痛、咳、めまい、喉の痛み、鼻血、胸痛、アレルギー反応などの
症状が報告されている。





 電子たばこが必ずしも健康被害の原因とは限らず、
有害事象の発生率が上昇しているかどうかも明らかではない。





 ただ、FDAのデービッド・アシュリー氏は
米疾病対策センター(CDC)による最近の報告書でも明らかなように、
電子たばこに関する被害は増加傾向にあると指摘。


「両方のデータは、今後も被害が増えていくことを示唆している」と語った。





 FDAは電子たばこに対する規制を検討しており、
米国では約20億ドル(約2050億円)規模の同市場が
変化を迎える可能性がある。


10年以内に電子たばこが通常のたばこの消費を上回るとみる業界アナリストもいる。





 電子たばこの大半は中国で製造されており、
米国では小売店やインターネットを通じて300以上のブランドが販売されている。







* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。










-----------------------------------------------------
   ① 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html







-----------------------------------------------------------
    ② 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林




-------------------------------------------------------------------
   ③ セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html















































2014-04-26 : 気になるニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<ダムの放流/騒音/振動/低周波音> 19日の点検放流は午前11時~正午を予定:埼玉)高さ110メートル、豪快に放流 秩父の滝沢ダム | ぜひ→ 難病:「区別しないで」新法案、助成対象除外の懸念・・・繊維筋痛症-重症になると、湿度の変化や音などのわずかな刺激にさえ激痛を感じることがあるという | 患者団体代表など6人が意見陳述  衆院厚労委、難病法案で参考人質疑 | NTT、20m先の人の声をクリアに収音「ズームアップマイク」開発。ニコニコ超会議で展示  | パイオニアが“BASS HEAD”シリーズ・イヤホン 新開発の重低音再生技術を搭載   //    ①音(低周波音)や振動の被害を感じたら…住宅周りの設備機器、エコキュート等の低周波音被害相談について |  ②騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について | ③ セルフヘルプグループ『おとしんアップキープ』の活動について | ④ 問題の解決を目指そう!             







<ダムの放流/騒音/振動/低周波音>







※ 埼玉県 滝沢ダム(秩父市) 
  19日の点検放流は午前11時~正午を予定







◇埼玉)高さ110メートル、豪快に放流 秩父の滝沢ダム
(朝日新聞デジタル | 2014年4月17日)
http://www.asahi.com/articles/ASG4J55T9G4JUTNB00N.html



吉井亨



 幅46メートルのゲートから高低差110メートルを
毎秒10トンの水が豪快に流れ落ちるのを、
見学するチャンスが巡ってきた。
県内最大級の滝沢ダム(秩父市)で19日、
「非常用洪水吐(ば)きゲート」の点検放流が実施される。




 2010年4月、独立行政法人水資源機構が同ダムの管理を始めて以来、
これまでは放流できる水位(約556メートル)を超えたことがなかった。

16日現在の貯水位は562メートル(貯水率91・7%)に達し、
昨年同時期の540メートル(同50%)を大きく上回る。
昨秋の台風や今冬の大雪の影響という。



 19日の点検放流は午前11時~正午を予定(災害発生時などは21日に延期)。
騒音や振動、流れ具合を点検する。
年1、2回開門される常用洪水吐きゲート(高さ77メートル)からの放流もある。
問い合わせは、滝沢ダム管理所(0494・55・0090)。(吉井亨)


  



※ 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。









---------------------------------






ぜひ!→
◇難病:「区別しないで」新法案、助成対象除外の懸念
(毎日新聞 2014年04月15日)
http://mainichi.jp/select/news/20140415k0000e040217000c.html



 難病患者への医療費助成制度を新たに定める「難病法案」を巡り、
助成対象から外される懸念を抱く患者たちが新制度の見直しを求めている。

助成の条件を満たさない疾患であっても、
原因不明で治療困難な病であることに変わりはない、との思いからだ。

「重症患者への支援を病名で線引きしないで」。

患者団体は15日、難病法案の審議を始めた国会で、そう訴えた。【桐野耕一】




 慢性的な痛みに悩まされる「線維筋痛症(せんいきんつうしょう)」。

重症になると、湿度の変化やなどのわずかな刺激にさえ
激痛を感じることがあるという。


詳しい原因がわからず、完治の難しい病気だが、
難病法の助成対象から外される可能性が高いとみられている。

助成対象の疾患を決める基準のひとつに「患者数が国内人口の0・1%
(約12万人)程度以下」であることが盛り込まれているからだ。

線維筋痛症の患者は約200万人いると推定され、
患者数ではこの条件に合わない。



・・・・・・・



 患者数が24万〜30万人とされる筋痛性脳脊髄(せきずい)炎
慢性疲労症候群)の患者も同様の懸念を抱く。

ウイルス感染症などをきっかけに強い疲労が続き、
日常生活も困難になる病気だ。

患者の4分の1が寝たきりなど重い症状だという。


・・・・・・・・


◇重症患者も一定の負担



 難病法案は、難病患者への医療費助成を現行制度から
拡大することが主な柱だ。

1972年に始まった現行制度は56の疾患を助成対象にしている。

難病法に基づく新制度では、対象を約300疾患に広げる。

一方で、軽症患者を助成対象から外し、
重症患者にも一定の負担を求めるようにする。

2015年1月の施行を目指す。



・・・・・・・・



※ 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。







-----------------------------------






◇患者団体代表など6人が意見陳述  衆院厚労委、難病法案で参考人質疑
(アドバンスニュース | 2014年4月15日)
http://www.advance-news.co.jp/news/2014/04/post-1135.html



 衆院厚生労働委員会は15日午前、
難病法案と改正児童福祉法案の審議にあたり、参考人質疑を行った。

参考人は
伊藤たてお・日本難病・疾病団体協議会代表理事
▽小林信秋・難病のこども支援全国ネットワーク会長
▽森幸子・全国膠原病友の会代表理事
▽五十嵐隆・国立成育医療研究センター理事長
▽松原良昌・稀少がん患者全国連絡会会長
▽橋本裕子・線維筋痛症友の会理事長の6人。



 伊藤、小林両氏は、両法案が難病対策と
小児慢性特定疾患対策(小慢)事業が法制化されることで、
安定的な制度になる点を高く評価したうえで、
伊藤氏は地方自治体などの実施体制に万全を期し、
低所得層への一層の配慮を希望。

小林氏は小慢事業と難病対策が必ずしも継続しない
「トランジション(切り替え)問題」への今後の検討を強く求めた。



 森氏は、膠原病が1種類の疾病でなく
類似の疾病を集めた総称であるにもかかわらず、
疾病名によって医療費助成の対象にならないケースのあることを指摘。

「同じような原因なのに、たまたま病名が違うだけで
対象になったりならなかったりする不公平を解消して欲しい」と訴えた。



 松原氏は、現在は別々になっているがん対策と難病対策の「結合」を訴えた。

橋本氏は、線維筋痛症の患者数が多いため、
難病法の対象疾病から外される懸念を明かし、同法案に反対を表明。


「施行するなら“希少難病法”に名称変更して欲しい」と訴えた。





※ 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。







-------------------------------------







◇NTT、20m先の人の声をクリアに収音「ズームアップマイク」開発。
 ニコニコ超会議で展示

(AV Watch | 2014/4/16)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140416_644704.html



 NTTは16日、約20m先にいる特定の人の声を、
カメラでズームするかのように収音できる「ズームアップマイク」を開発。

スポーツ中継やカーナビの音声認識など、
様々な分野への展開を想定しているほか、
4月26日、27日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議3」の
NTTブース「NTT超未来研究所」にも出展する。



・・・・・・・



 新開発の「ズームアップマイク」は、
音を反射させて遠くの音を収音可能とする凹型反射板の前に、
約100本のマイクロホンを設置したもの。
マイク間に生じる位相/振幅差を利用し、
遠く離れた場所(約20m)の狙った音だけをクリアに収音できるという。



 20m以上の距離にある音源に対する収音能力についても、
今後検証作業も予定しており、2年後を目安として、
50m(サッカーコートの長辺の半分)先にある音源を
クリアに収音できるように技術レベルを向上するとしている。



・・・・・・・・



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






■ ニュースリリース(ズームアップマイク)
http://www.ntt.co.jp/news2014/1404/140416a.html






---------------------------------------





◇パイオニアが“BASS HEAD”シリーズ・イヤホン 
 新開発の重低音再生技術を搭載

(Gaudio+PCオーディオfan/TEXT:共同通信 | 2014年4月16日)
http://www.pc-audio-fan.com/news/audio/20140416_58649/



・・・・・・・


SE-CL751は、先に発売の上位モデル
“Superior Club Sound”シリーズのイヤフォンタイプにも
搭載したBASS EXCITER(ベースエキサイター)が特徴。

バックキャビティーに配置された振動素子が振動して、
重低音となる低周波振動を発生し、低音域の迫力を高める。



・・・・・・・



主な仕様


●再生周波数帯域4 Hz ~25,000 Hz





■リンク
パイオニア・ホームページ  http://pioneer.jp/





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------------------------------------
   ① 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html







-----------------------------------------------------------
    ② 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林




-------------------------------------------------------------------
   ③ セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html












































2014-04-19 : 気になるニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR