騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

アイルランド:アンチ風力発電所の活動家は、議会とエネルギー会社を訴えることができる-Anti-wind farm campaigners could sue council and energy companies | ニュージーランド:風力発電所の批評家は、健康が本当に損なわれると主張-Wind farm critics insist health damage real  | オーストラリア:風力発電所の健康苦難は、『絶対に本物です』-Wind farm health woes ‘absolutely genuine’ | イングランド:「戦争の馬」の著者は風力タービン計画を攻撃します。‘War Horse’ author attacks wind turbine plans | スコットランド:Highland turbine plans abandoned  | イングランド:風力発電所の嘆願書は、議会に手渡されます-Windfarm petition handed to Parliament  | イングランド:議員は、反風力発電所会議を組織します-Councillors organise anti-wind farm meeting  | スコットランド:家族が目の前の大規模なウインドファームと戦う-Families fight massive windfarm on doorstep








アイルランド
◇Anti-wind farm campaigners could sue council and energy companies
アンチ風力発電所の活動家は、議会とエネルギー会社を訴えることができる

(donegaldaily, March 21, 2013)
http://www.donegaldaily.com/2013/03/21/
anti-wind-farm-campaigners-could-sue-council-and-energy-companies/

ドニゴールの反風力発電所の運動家は、彼らが画期的な事件の進展を
見ていると言います – そして、健康と財政的な根拠でドニゴール州議会と
風力エネルギー会社を訴えることができました。

Banteerの北コーク村の7つの家族は画期的なケースで風力発電所のオペレーターを
訴えています。そして、巨大なタービンが彼らの健康に悪影響を与えていると主張します。

ウェクスフォードとロスコモンの家族は、先例に従おうとしています。

Gweebarra 環境保護グループは、ドニゴールの家族が注意深くケースを見ていると言います。

「それが起こっているような状況が続けば、風力会社および地方自治体を
訴えることを熟考するドニゴールに人々がいます」とスポークスマンは言いました。

・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------------------------------------





ニュージーランド
◇Wind farm critics insist health damage real
風力発電所の批評家は、健康が本当に損なわれると主張

(Manawatu Standard , 21/03/2013)
http://www.stuff.co.nz/manawatu-standard/8454616/
Wind-farm-critics-insist-health-damage-real

CHRIS HYDE

結論が「単純すぎて」、「真実を囲んでいる」と言うManawatu居住者によって、
風力発電所からの健康有害な影響が操られた心の製品であると、主張する調査は、けなされました。

シドニー大学健康教授サイモン・チャップマンによる研究は、風力発電所の責任にされた
病気がありそうであると言うことはなく、その結果タービンが負の効果を持つことが
できることを人々が示唆した時、心に作成されたアラームによって引き起こされたと結論を下しました。

研究で、病気の苦情が反ウインド・ファーム・グループによって対象とされた
コミュニティーにおいてはるかに普及していることが分かりました。

これは、オーストラリアのウインド・ファームに対するほとんどの苦情が
反対グループによって極度にターゲットとされた5つのウインド・ファームの
近くの居住者から来たからでした。

・・・・・・・・

Tararua Rangeで建設されている風力発電所の直接的な結果として、
一部のManawatu人々には健康問題があると、タラルア-Aokautereガーディアンズ社長の
ケビン・ローは、言いました。

オーストラリアの研究は2、3の有効な点を持っていた、しかし、そのような強い結論を出す際に、
それは真実を囲んでいたと、彼は言いました。
「彼らが影響をここで被ったと主張した人々の何人かはタービンから20キロメートル離れて
暮らしていたので、ものが正しくないとき非難する何かをとらえる人々がいるという点で、
研究は正しいです。

「しかし、まるで彼ら[研究の著者]が何かを証明しようと試みたように、
それは私に目を向けました」と、ロー氏は言いました。
「彼らには『証明し』たかったものについての考えがありました、そして、確かに、
彼らはそれを『証明しました』。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------------------------------------




オーストラリア
◇Wind farm health woes ‘absolutely genuine’
風力発電所の健康苦難は、『絶対に本物です』

(ABC News, 22 March 2013)
http://www.abc.net.au/news/2013-03-22/wind-farm-health-woes-absolutely-genuine/4588850


風力発電所は、健康上の問題を引き起こす可能性があるという信念の支持者は、
問題は、抗風力発電所のロビー活動の結果である可能性を示唆している研究に反撃しました。

未発表の研究では、シドニーの大学の教授サイモン・チャップマンは、
風力発電所の健康影響に関するデマが、人々に実際に症状を示させている場合が
あることを発見しました。

メアリ・モリスは、中央北サウスオーストラリアのワーテルロー風力発電所の近くで、
居住者の騒音影響調査を運営しました。

・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------





ぜひ!→
イングランド
◇‘War Horse’ author attacks wind turbine plans
「戦争の馬」の著者は風力タービン計画を攻撃します

(The Telegraph, 22 March 2013)
http://www.telegraph.co.uk/earth/earthnews/9947867/
War-Horse-author-attacks-wind-turbine-plans.html

マイケルモーパーゴ、国際的なベストセラー戦争の馬の著者は、小説の実生活設定で
風力タービンを建設する計画を批判している。


By Jennifer O'Mahony


・・・・・・・

「しかし、提案された風力タービンは、全域から奪い取ると脅迫します –
それは、目と耳に侵入的です; それは静けさを妨げて、ここに来る全員
(都市子供または訪問客)の上に、そして、ここで生きて、この場所を好む
我々の上に影を投げかけます。」

・・・・・・・・

計画の裏のビジネスマンと地主は、タービンから収入で1年につき100,000£を
予想すると言われています。

・・・・・・

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------





スコットランド
◇Highland turbine plans abandoned
ハイランドタービン計画は断念されます

(The Herald, 22 March 2013)
http://www.heraldscotland.com/news/environment/highland-turbine-plans-abandoned.20579105

David Ross, Highland Correspondent

ハイランドの論争の風力発電所の背後にある会社は、かなりの地元の反対に直面して、
プロジェクトを放棄することを決めました。

・・・・・・・

国際的に称賛された登山者、ヘイミシュ・マキニス、スコットランドの
Mountaineering会議とキャメロンMcNeish(登山家、作家とブロードキャスター)は、
開発に対してすべて反対意見を述べました。

・・・・・・・

デビッド·アルストン、ハイランド評議会の副リーダーは、言いました:
「私は地元の反対のファルクの認識と地域社会の視界をオーバーライドするために
コストと時間がかかる上訴プロセスを使用しないという決定を歓迎する。」


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------





イングランド
◇Windfarm petition handed to Parliament
風力発電所の嘆願書は、議会に手渡されます

(itv NEWS, 21 March 2013 )
http://www.itv.com/news/tyne-tees/update/2013-03-21/
windfarm-petition-handed-to-parliament/


カウンティー・ダーラムの議員は郡の風力発電所の成長に反対して、議会に請願を渡しています。

ウィンゲートの村周辺に暮らす人々から、およそ150のサインは集められました、
そこで、5台のタービンの提案は峰の前に設置されます。

セッジフィールドの議員フィル・ウィルソンは、彼の有権者が『地元での建設反対派』
でないと言います。 郡にはすでに多数の風力発電所があって、より多くに対処することが
できないと、彼は言います。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------






イングランド
◇Councillors organise anti-wind farm meeting
議員は、反風力発電所会議を組織します

(Bournemouth Echo, 21 March 2013)
http://www.bournemouthecho.co.uk/news/
10304385.Councillors_organise_anti_wind_farm_meeting/

ボーンマスの海沿いの居住者は、土曜日に会合で提案されたNavitus湾洋上風力発電所の
代替イメージを見るでしょう。

町の7つの海岸の監視の議員によって整えられて、会合は、1.30pmの
ロイヤルバースホテルで、反ウインド・ファーム運動家によって準備された
イメージを特色とするでしょう、ワイト島に従ってタービンを示す新しい展望を含む
Navitusに挑戦します。

中心的な区議員マイク・グリーンは、以下のように述べました:
「この提案がボーンマス(我々の多くの訪問客だけでなく)に住んでいるために、
彼らを引きつけた見解をどのように危うくするかもしれないかについて、
何人がまだ本当に知らないかは、驚くべきことです。」

・・・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------




スコットランド
◇Families fight massive windfarm on doorstep
家族が目の前の大規模なウインドファームと戦う

(The Press and Journal, 20 March 2013)
http://www.pressandjournal.co.uk/Article.aspx/3167309

By Jamie Buchan


地方のバカンの多くの家族は、地域の最大の風力発電所の計画を妨害するために戦っています。

8-タービン開発(ハットンで土地に予定される)について、ほぼ100の家庭は、
ここまでPeterheadで南から、アバディーンシャー会議に不平を言いました。

計画が野生動物を傷つけて、風景を破壊して、特性の価値を下げて、より多くの交通と
騒音問題につながると、彼らは思っています。

反対者は、さらにクルーデン(それは有史以前のバカンに関する重大な証拠を提供すると
科学者は言う)のモスというエリアへ330フィートのマストの構築が復元不能損害を
もたらすだろうと主張します。

自然エネルギー会社PNE Wind UKは、先月、Bracoプロジェクトの丘の
その待ちに待った計画を棚上げにしました。

・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。










2013-03-29 : 音と健康:2013/02/15~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オーストラリア:学者が反ウインド・ファーム関係を酷評-Academic slams anti-wind farm concerns | ぜひ→オーストラリア:逆風は、コレクターを吹き飛ばします-Ill wind blows over Collector | ぜひ→インディアナ州:ゾーニングの変更は、マーシャル郡に風力発電所を沈めることができる-Zoning changes could sink wind farms in Marshall Co.






オーストラリア
◇Academic slams anti-wind farm concerns
学者が反ウインド・ファーム関係を酷評

(The Standard, March 18, 2013)
http://www.standard.net.au/story/1369358/
academic-slams-anti-wind-farm-concerns/?cs=383


By SEAN McCOMISH


サウス-ウエスト反ウインド・ファーム・グループは、
風力タービン病の「文化的な」現象の作成は、恐れと周知による刺激が
原因であるというクレームを拒絶しました。

風力発電所は、1993年以来、オーストラリアで動作しているのにもかかわらず
- ニューサウスウェールズ大学で先週発表した報告書では、風力発電所からの
健康の苦情が2009年以降に一般的になっていたことが分かりました。

報告書の作成者、公衆衛生教授サイモンチャップマンは、
そのようなペンズベースに拠点を置く南グランピアンズ・ランドスケープ・ガーディアン(SGLG)
などのグループによる健康への懸念は、タービンと一緒に住んでいる人に
心理的影響をもたらしたと述べました。

反風グループは、2009年に健康影響のキャンペーンに面する前は、
過去の数十年の間議会になされる提案とメディア報道を使って、
視覚的なアメニティーの理由でタービンと戦ったと
チャップマン教授は言いました。

昨日のスタンダードとの話しでは、風車の5キロメートル以内に生きている
30,000人以上の人々にもかかわらず、ちょうど120の健康苦情が
国の49の風力発電所のまわりでなされたと、研究者は言いました。

「1993年にオーストラリアで最初の風力発電所は建造されました
- 13台が次の十年に建てられ、非常に少数の健康への苦情がありました。」
と、チャップマン教授は言いました。
唯一の苦情は、最初に建てられた西オーストラリアから来たのではないと付け加えました。

「異議を唱えていた初期の頃には、景観保護者は彼らが目障りであると言いました。」

タービンが普及しているヨーロッパではなく、
オーストラリアとカナダでの健康上の問題の広がりは、、
誰かがタービン症候群と呼ぶ「英語だけをを話す疾病」に結びつきました。
※ 「the disease that only speaks English」


学者は彼が風力発電会社との金銭的取り決めがなかったと言ってバイアスのクレームを
否定しました。


南グランピアンズ・ランドスケープ・ガーディアンのメンバー、キース・スタッフは、
報告書のクレームに対する彼の怒りを隠しませんでした。
「これは我々の想像の産物ではありません。」と、
スタッフ氏はグループは健康上の懸念を公表するための協調努力が
背後にはなかったと付け加えました。

「自分の家に避難している人がWaubra含む南西部で20人います...生涯にわたって
それを築いてきた人々は、ただの気まぐれで自宅から立ち去りません
。」

「私たちは非常に客観的です。また、私は、私たちがデマ飛ばしであると推論する人なら
誰でも拒絶します。」

スタッフ氏は、ヨーロッパのタービンはどちらかであると言いました、
より小さいか、あるいは住居から遠ざけて構築されました。

SGLGは、20億ドルのペンズ・ウインド・ファームと戦うことを誓いました。

そして、それは220台ものタービンが町から3キロメートル未満で建ち上がるのを見ることができました。

「我々は、それを止めてもらうつもりです」と、スタッフ氏は言いました。

レポートの調査結果は、他の南西町(例えばマッカーサー、モートレイクとDundonnell)で、
反風力運動家から怒りの反応をおそらく得るでしょう。

マッカーサーの何人かの居住者は、彼らが超低周波音の影響をもたらしていると主張しました
— 亜音速のノイズによって、頭痛と不眠症が起きていると彼らは主張します。


Wannon MPダンTehanとビクトリア州の上院MPサイモン·ラムゼイなど、
数名の政治家が、風車は健康上の問題にリンクすることができるという信念を表明しています。


しかし、最新の報告書は健康強調表示に疑問を注ぐことでは、半年で2番目です。
サウス・オーストラリア環境保護庁によるレポートで、
風力発電所のそばにいるより、超低周波音のレベルが市役所で高いことが、
昨年明らかになりました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






---------------------------------------------






オーストラリア
◇Ill wind blows over Collector
逆風は、コレクターを吹き飛ばします

(burn Post, March 18, 2013)
http://www.goulburnpost.com.au/story/1370377/ill-wind-blows-over-collector/


By TOM SEBO


トニー・ホジソンCollector議長トニー・ホジソンの友人は、
承認されるならば、風車が彼の家から2kmに置かれるのを見るだろう3億5000万ドルの
風力エネルギー・プロジェクトとの彼の戦いを続けると誓いました。


新たな公約はRATCH-オーストラリアは提出レポートと企画とインフラ部門への
優先プロジェクト報告書を提出し、わずか数日支持者の後に来ます。

同社は「動植物に対する全体的な影響」を削減し、
「地元の住宅への影響が最小化されている」ことを確認するために、
プロジェクトサイトの北東から5台を取り除いて、昨年の公の展示にジェネレーターの
提案された数を63台に減らしました。


しかしながら、ホジスン氏は、本当に提案の環境影響を最小限にしたければ
それらがそれを進めないだろうと言って、応答によって全く満足しません。

「もしそれらが68台のタービンを取り出せば、それはよいものになるでしょう」と彼が言いました。

州政府がこの点までプロセスを取り扱うことによって、彼が完全に不満だったと、
Collector居住者は、ポストに話しました。 Planning部と書面での異議を開始した人々間の
協議がなかった、そして、政府大臣と代表の態度が明白だったと、彼は言いました;
彼らは、単に「気にかけませんでした」。

彼は、もしタービンがシドニーの北部海岸に置かれていれば私たちのリーダーが
風力エネルギー討論についての異なる見方を持つだろうと思いました。
彼は、バリーO'Farrell首相が問題上のリーダーシップを示しておらず、
彼が、有権者にとって責任を負うべきものおよびエネルギー承認審査方式を
検査する選挙コミットメントの両方を否定していた、と言いました。

「彼は労働党の混乱をきれいにするために入れられました、しかし、彼はそうしませんでした!
彼は、風力発電所について何をしましたか?」と、彼は言いました。

政府が頼っていたいくつかのレポートが誤っていた、そして、歴史が風力エネルギーと
炭層ガスがアスベストとタバコと同じ光で見られるのを見る
と、ホジソン氏は思っていました。

その好ましい提出の一環として、オーストラリアはRATCH Transgridの優先変電所の場所と
グリッド接続を可能にするために変更を加えました。

コレクター・ウインド・ファーム提案が一般公開されていた時、
それは140の提出物を引きつけて、開発が財産価値上に持つ影響を含む
多くの鍵となる懸念を確認しました;
地域の景観の低下;
騒音;
自然な動植物への影響;
飛行および重大な健康関係に対する干渉。
記者声明では、企業の広報担当者は、ほとんど、提出物の半分がプロジェクトを
支持していることを指摘しました。


「公開の展示以来我々の仕事の主な焦点がわかることになっていて、
我々のプロジェクトに対する懸念を表明する提出物に反応することになっていたように
多くでない人々が我々のプロジェクトの利益を認めて、支えとなる提出物を入れるのを
見ることは、すばらしかったです」と、RATCHAustraliaのプロジェクト・ディレクター・
アンソニー・イーツは言いました。

「我々は、これらの問題が適切に考慮され、私たちの提案で扱われていることを
確信しています。例えば、私たちは私たちの環境アセスメントは、包括的に、
特にノイズやシャドーフリッカーに関しての潜在的な公衆衛生の問題に対処するために
表示されていることはNSW州保健省からの確認を持って、
私たちは、Collector風力発電所のために提案されて、どんな赤い光の点滅もないことを
確認することができます。」

プロジェクトは、現在、計画部によって評価されています。

「この戦いは、いかに想像をたくましくしても終わっていません」と、ホジソン氏は誓いました。

「私は、彼らにとんでもない戦いをするつもりです。
私は、それがまったくされた取引であると考えません。」




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------------------------






ぜひ!→
インディアナ州
◇Zoning changes could sink wind farms in Marshall Co.
ゾーニングの変更は、マーシャル郡に風力発電所を沈めることができる
(WNDU - Channel 16, March 18, 2013)
http://www.wndu.com/home/headlines/
Zoning-changes-could-sink-Marshall-Co-wind-farms-198858891.html


マーシャル郡は、以前数百万ドルの風力発電所の開発についての考えを歓迎するように見えました。
しかし、それはすぐに変わるかもしれません。


「これは人々についてです、風力発電所が我々の美しいマーシャル郡にもたらす風車、
健康に有害なもの、環境問題と美的な問題を、健康を危険にさらします」
と、カルバーのキャロルZeglisは言いました。

2010年に採用される風力発電所地区制条例の提案された変更に関して、
Zeglisおよび他に約75人は今日、コミッショナーのマーシャル郡委員会の前で、
公聴会に出席しました。

「風力発電所会社がここに入って、風車を組み立てることが非常に難しいと、
これらのものの一部がそうであった方法が提唱したと、私は思います」と、
郡委員ケビンOvermyerは言いました。

産業等級風力タービンが住居に近くに位置することができた方法に、
最大の提案された変更案は対処します。

現在の、最小限の後退距離は、1,000フィートです。
提案された変更案は、それを2,640フィートまたは2分の1マイルに増やします。


※ 1,000フィート= 304.8 メートル
※ 2,640フィート= 804.67200 メートル
※ 2分の1マイル= 約804.5m
 
さらにまた、その半マイルの分離は、学校、教会、公園と川さえ含むために拡大します。

提案された変更の多くは、1月にマーシャル郡計画委員会の会議で、好ましい推薦を得ました。

「1000フィートはそうです。そして、私の考えでは十分に市民を保護せず、
彼らの住居の人々を保護しません」と、計画委員スタン・クローツは言いました。
「私はそれとは無関係でした、しかし、私はそれを歓迎します。
もう一度それを再訪問する機会を得てください。」

マーシャル郡の心配している資産所有者と呼ばれている草の根グループによって、
変更は押されています。

一つは、政府指導者は彼らが以前は聞かなかったこと、
あなたが聴こえないことで傷つけられるという主張を、今聞いています。

超低周波音はあなたが通常聞くことが出来る音以下の音です、
しかし、あなたの耳と脳はまだそれを感じます、そして、
それはあなたに影響を与え、通常、吐き気、ふらつきと、最も重要なのは睡眠障害です。」と、
スティーヴ・スナイダー(マーシャル郡のConcerned Property Ownersのための弁護士)は言いました。


変更案が実際に風力発電所をマーシャル郡に置くことを不可能か非実用的にする、
ベールを掛けた試みかどうかスナイダーが尋ねられた時、
彼は返答しました。
「あなたが適所にこれらの保護を置き、それがどんな位置あるいはマーシャル郡の
風車も除去すれば、それはここにとにかくあるようには意図されませんでした。」
風力発電所は、影響を感じられない人口が多くない地域に属します。」

今日の公聴会は、およそ90分続きました。 コミッショナーは問題をテーブルに出して、
5月6日に会議で提案された風力発電所地区制の変更案を考慮します。

70台もの風車でマーシャルとフルトン郡で風力発電所を建設することについて
NextEraと呼ばれているフロリダの会社が2011年に話をしたが
政府関係者は、最近、会社から連絡がなかったと今日言いました。

NextEraで当局に連絡する試みは、成功していませんでした。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。










2013-03-20 : 音と健康:2013/02/15~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ぜひ→スコットランド:「我々はタービンの囚人のように感じます」-‘We feel like we’re prisoners of the turbines’





ぜひ!→スコットランド
◇‘We feel like we’re prisoners of the turbines’
「我々はタービンの囚人のように感じます」
(Scottish Daily Mail , 9 March 2013)


By Darren Hamilton



カップルの理想の人生は、現在彼らの家の反対側に電力大手が建設した
風力発電所の後は、生きた悪夢です



ジョンとケイSiddellは25年前に彼らの小農地を得たとき、彼らは緑の丘陵に
囲まれた静かな生活を求めていました。

カップルは、1988年にエアーシア、ガーバンから数マイルのHigh Tralorg 農場を
購入しました – そして、長年の静けさを楽しみました。

しかし、2006年に、Scottish and Southern Energy (SSE) が
彼らの資産の反対側に風力発電所を建設するための許可が与えられたとき、
彼らの理想の人生は生きた悪夢になり始めました。

今日、彼らの家の近くの52台ものタービンは、カップルを絶望させました – そして、
彼らの資産を『役に立たない』ままにしました。

乳がんから回復したSiddell夫人に、風車は、明滅する影と騒音から逃れるために
何時間もコテージの背後にあるトイレに座ることを余儀なくされるような影響を及ぼしました。

彼女の夫は以下のように述べました: 『我々には素晴らしい18年がここにありました、
それはちょうど我々が欲しかったものでした。 それから、風力発電所が現れました。

あなたはフリッカによる吐き気を感じることなしに窓から外を見ることはできません。
ノイズが恐ろしいです。それは、飛行機があなたに向かって来ているように聞こえるが、
それはそこに着くことはありません。我々は一定の轟音と共に生きています。


『我々は家の一方にだけ窓を持っています、そして、それは風車がある側です。』

SSEがElectricity法(1989)によって進めることができたので、
Hadyardヒル風力発電所が建設されたとき、Siddellsは発言権がありませんでした。
Siddell氏は以下のように述べました:
『我々は、誰も財産を大切にしてくれる人を見つけることができません。
彼らは風力発電所を一目見て、弁解をします。 我々はバンディング地方税の引き下げを
申し込みました、しかし、誰も訪れませんでした。

『我々は、SSEによる騒音研究の結果も待っています。
風車の一つは、我々の資産からわずか742メートルです – 推奨2kmの制限に違反して。』


「私たちの視界から風車を取り除くために、最高民事裁判所に私たちの事件を
持っていくことを現在調査しています。」

カップルは更にまた、TralorgヒルとAsselバレに、2つの更なる風力発電所 が
造られるのを防ぐために戦っています。

Siddell氏は言いました: 「最も近いタービンは私たちから900メートルになります。
これらの適用が通り抜けていけば、私たちの地平線の四分の三は、風力タービンによって隠されます。」

「議員はアレックス・サーモンドから命令に束縛されます。この人はスコットランドが
2020年までに100パーセント再生可能な力を生産しているべきであることを指示しました。
再生可能エネルギーは背骨の折れた馬です。
これらのタービンは、国を継続させるために十分な電気を生産しません。
私は、それらでほとんどのスコットランドをカバーするための理由が分かりません。」

Siddell夫人は以下のように述べました: 『我々は、終身刑に服している仮想囚人の
ような気がします。 最もストレスの多いことは、我々が命の制御が出来ないということです。
我々には、少しの望みもありません。』


Siddell家の戦いは、保守党MEPと著名な反風力発電所運動家Struanスティーヴンソン
によって支持されました。

彼は以下のように述べました:
『私は、彼らの住むことを余儀なくされた条件を見たときショックを受けました。
彼らの健康は影響を受けました、そして、彼らの資産は現在役に立ちません。』


「恥ずべきことは、彼らが補償を提供されていなかったことです。
これはスキャンダルだが、大きなエネルギー企業が利益の探求ために
人々をどのように扱うかの象徴です。」


SSEのスポークスマンは言いました:
「2006年に就役したHadyardヒルウィンドファームは、集落や個々の住居の近くの
風力発電所の立地に関する現在の計画ガイダンスに準拠しています。」

"風力発電所の運転騒音に関するSiddell夫人の苦情に続いて、SSEは騒音レベルを
評価するために、South Ayrshireの評議会と協力しています。

『詳細な6ヵ月の調査の結果は、分析されていて、まもなく議会と居住者と共有されます。』





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


















2013-03-17 : 音と健康:2013/02/15~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ぜひ→プレスリリース March 4, 2013:医師は風力タービンを告発します/Doctors blow the whistle on wind turbines








ぜひ!→
◇Doctors blow the whistle on wind turbines
医師は風力タービンを告発します

(North American Platform Against Windpower, March 4, 2013)
http://www.na-paw.org/pr-130304.php


世界中の印象的な数の医療従事者、研究者と音響技術者は、
風力タービンの人々の健康(1)影響に対する彼らの懸念を表しています。


リストはちょうどWaubra財団、ヨーロッパのPlatform Against Windfarms(EPAW)と
ノース・アメリカンPlatform Against Windpower(NA-PAW)によって発表されました。

そして、後者2が27カ国から風力発電所犠牲者の600以上の協会を代表しました。

これらの医療専門職は光栄でなければならないと、3つのNGOは主張します:
それは、風力発電産業をサポートする既得権の強力な連立に対して
犠牲者の権利を支持することは勇気が必要です。



オーストラリアでは、論争が新しい高みに達している所で、
市民に風力タービンの危険な影響に対して警戒させる多くの他の医療専門職を
忘れさせるために、風力発電業界幹部はサラ・ローリー博士を選び出していました:
[T現時点では、業界のための]彼が最大の広報の問題は、風力タービンからの
超低周波音や低周波ノイズが風力タービン(2)の10キロ以内に病気を作る可能性が
高いという前医者の理論です。


ブログStop These Things(それは風力産業を非難して有名になりました)は、答えました:
それで、風力産業のために最も重要な広報問題は、サラ・ローリーですか?


風力支持ロビーの金づるに対する1人の女性。

地域コミュニティーで話す1人の女性。

あなたの話(あなたのプレス・リリース、プレゼンテーション、ウェブサイト、
会報、広告の中でカバーされないで、あなたの高給のPRコンサルタントによって
進められて、ロビイストと政府アクセスのその軍とともにClean Energy会議によって
カバーされないもの)の向こう側のまわりにデータを集めている1人の女性。

ボランティアとして2年半の間働き、意見を述べている一人の女性。

なんという賛辞だろう! (2)



サラ・ローリーは、彼女自身のガンと戦って、彼女の家族に気を配るために
時間をつくった医者です。 「彼女は、決して『元医者』でありません」と、
EPAWのマーク・デュシャンは言います。
「彼女は、風力タービンについての上院聴問会で、その中傷的な偏見に答えました」(3)。

ニーナPierpoint博士、博士号、MD(この人は10の風力発電所の隣人、家族の
健康問題を集中的に検討し、プロセスで「風力タービン・シンドローム」という
フレーズを造り出しました)も攻撃され中傷されました。
「しかし、彼女の綿密で、学究的で、開拓する仕事は報告された症状および病気を
よりよく理解するために風車の犠牲者およびそれらの内科医によって世界中で使用されました。
調査は、厳しく査読されて、複数の言語に翻訳されて、防疫官によってさえ引用されました」と、
デュシャンは付け加えます。

サラ・ローリー博士(Waubra財団のCEO)は、完全に同意します:
「ピアポント博士は、彼女が集めたデータを評価するために、
彼女の多くの専門にわたる技術とアカデミックな経験を使いました。
彼らが病人に会い始めるまで、彼女の同僚の多くは彼女の研究がなぜそれほど
重要かについて、理解しません。」


音響技師も、発達する論争(1)に関与しています。
風力タービンが超低周波音と低周波騒音(ILFN)を発する、
そして、居住者が彼らのベッドルームでよりもむしろベランダで眠る方向に
時々向かう点に、これらの音の放射が家の内で共鳴することを
証明している研究を、何人かは発表しました。
 ちょうど公表された重要な聴覚の研究は、「重大な問題として
LFN[低周波騒音]および超低周波音を分類し、かつその証拠が[風]産業の将来に
恐らく影響するために、十分な証拠および仮説はここに与えられた」と結論を下します(4)。


類似した証拠を集めたすべての他の間で、何がその研究を特別にしますか?
NA-PAWのシェリ・ラングは、答えます:
「それは、音響技師の4つの異なる会社によって行われました:
彼ら二つは風力産業のために仕事をしました、ところが、他の2つは決してしませんでした。
考えは、客観性を確実にすることでした。」


少なからず音響技師の間で、犠牲者に役立つことは、
ヘンリーク・ムッレール教授(デンマークの最も高く評価される音響技師)です。
彼の経歴のための危険にもかかわらず、家にあまりに近い風力タービンの場所を
許すためにデータを操作したことで、彼は政府をひどく非難しました。
我々はこれが慢性の睡眠遮断を引き起こすということを現在知っています。
そして、衰弱する免疫系といろいろな病気に至ります。



「このリスト[以下に]私たちの時代の真実のヒーローのうちの数人を明らかにします。
「それらは立証されるでしょう」とラングが結論を下します。



・・・・・・・・・


NOTES:

(1) See below.

(2) http://stopthesethings.com/2013/01/10/
wind-energy-and-the-reconstructed-smoking-milk-bottle/

(3) http://parlinfo.aph.gov.au/parlInfo/search/display/
display.w3p;db=COMMITTEES;id=committees/commsen/c400af4f
-682e-4745-a5c7-a550b12826a2/0003;query=Id:"committees/
commsen/c400af4f-682e-4745-a5c7-a550b12826a2/0000"

(4) “A Cooperative Measurement Survey and Analysis of Low Frequency
and Infrasound at the Shirley Wind Farm in Brown County, Wisconsin”
- https://wind-watch.org/doc/?p=3216



List of health practitioners, researchers, and acousticians
医療従事者、研究者、音響技術者の一覧


誰が風力タービンの隣人の健全性への懸念を調査したり
表明しているかをアルファベット順に表しました。

ここで言及されない方への謝罪;
dmette@epaw.orgで私たちに過失および怠慢を知らせてください。



1.Professor Mariana Alves Pereira, Biomechanical Engineer (Portugal, 2007)
教授マリアナ·アルベス·ペレイラ、バイオメカニクスエンジニア(ポルトガル、2007年)

2.Dr Ian Arra, Public Health Physician (Canada, 2013)
イアンArra博士、公衆衛生医(カナダ、2013)

3.Mr Stephen Ambrose, Noise Engineer (USA, 2011)
スティーブンアンブローズ氏、騒音エンジニア(アメリカ、2011)

4.Associate Professor Jeffrey Aramini, Epidemiologist (Canada, 2010)
准教授ジェフリーAramini、疫学(カナダ、2010)

5.Dr Huub Bakker, Engineer, (New Zealand, 2010)
Dr Huubバッカー、エンジニア、(ニュージーランド、2010)

6.Dr Linda Benier, Ear Nose & Throat Specialist (Canada, 2011)
DrリンダBenier、耳鼻咽喉の病気·スペシャリスト(カナダ、2011)

7.Dr Owen Black, Ear Nose & Throat Specialist (USA, 2009)
Drオーウェンブラック、耳鼻咽喉の病気·スペシャリスト(アメリカ、2009年)

8.Mr Wade Bray, Noise Engineer (USA, 2011)
Mrウェイドブレイ、騒音エンジニア(アメリカ、2011)

9.Professor Arline Bronzaft, Psychologist & Researcher (US, 2010)
ProfessorアーリーンBronzaft、心理学者·研究員(米国、2010年)

10.Dr Christian Buhl, Institute of Biomedicine, Aarhus University (Denmark)
Drクリスチャンブール、生物医学研究所、オーフス大学(デンマーク)

11.Dr Nuno Castelo Branco, Pathologist (Portugal, 2007)
Drヌーノ·カステロ·ブランコ、病理学者(ポルトガル、2007年)

12.Dr Micheal Cooke, General Practitioner (Ireland, 2012)
Drマイケル·クック、一般開業医(アイルランド、2012)

13.Mr Steven Cooper, Acoustician (Australia, 2011)
Mrスティーブン·クーパー、音響技師(オーストラリア、2011)

14.Dr Herb Coussos, Medical Practitioner (US, 2010)
DrハーブCoussos、医療従事者(米国、2010年)

15.Dr R Crunkhorne, Ear Nose & Throat Specialist (UK, 2013)
Dr R Crunkhorne、耳鼻咽喉の病気スペシャリスト(英国、2013年)

16.Mrs Jane Davis, Nurse (UK, 2010)
Mrsジェーン·デイビス、ナース(英国、2010年)

17.Professor Phillip Dickinson, Acoustician (New Zealand, 2009)
Professorフィリップ·ディッキンソン、音響技師(ニュージーランド、2009)

18.Associate Professor Con Doolan, Mechanical Engineer (Australia, 2012)
Associate Professor Con Doolan 機械技師(オーストラリア、2012)

19.Mr Chuck Ebbing, Noise Engineer (USA. 2013)
Mr Chuck Ebbing ノイズ·エンジニア(米国、 2013)

20.Dr Alun Evans, Epidemiologist (Ireland, 2011)
Drアランエヴァンス、疫学(アイルランド、2011)

21.Dr Amir Farboud, Ear Nose & Throat Specialist (UK, 2013)
DrアミールFarboud、耳鼻咽喉の病気スペシャリスト(英国、2013年)

22.Professor Jerome Haller, Neurology and Paediatrics (US, 2008)
Professorジェロームハラー、神経小児科(米国、2008年)

23.Dr Chris Hanning, Sleep Physician (UK, 2010)
Drクリスハニング、スリープ医師(イギリス、2010年)

24.Professor Colin Hansen, Mechanical Engineer (Australia, 2010)
Professorコリン·ハンセン、機械エンジニア(オーストラリア、2010)

25.Professor John Harrison, Physicist (Canada, 2010)
Professorジョン·ハリソン、物理学者(カナダ、2010)

26.Dr Amanda Harry, Rural Medical Practitioner (UK, 2003),
Drアマンダハリー、地方の開業医(イギリス、2003年)、

27.Professor Henry Horn, Ecology and Evolutionary Biology (US, 2008)
Professorヘンリーホーン、生態学と進化生物学(米国、2008年)

28.Mr Les Huson, Acoustician (Australia, 2011)
MrレスHuson、音響技師(オーストラリア、2011)

29.Dr David Iser, Rural Medical Practitioner (Australia, 2004),
Drデビッド·イーザー、途方開業医(オーストラリア、2004年)、

30.Associate Professor Rick James, Noise Engineer (USA, 2009)
Associate 教授リック·ジェームス、騒音エンジニア(アメリカ、2009)

31.Dr Roy Jeffrey, Rural Medical Practitioner (Canada, 2010)
Drロイジェフリー、地方開業医(カナダ、2010)

32.Dr Mauri Johansson, Occupational Physician (Denmark, 2012)
Drマウリヨハンソン、産業医(デンマーク、2012)

33.Mr George Kamperman, Noise Engineer (USA, 2009)
MrジョージKamperman、騒音エンジニア(アメリカ、2009年)

34.Professor Ralph Katz, Epidemiologist (US, 2008)
Professorラルフ·カッツ、疫学者(米国、2008年)

35.Dr Noel Kerin, Occupational Physician (Canada, 2010)
DrノエルKerin、産業医(カナダ、2010)

36.Ms Carmen Krogh, Pharmacist, Researcher (Canada, 2009)
Msカルメンクローグ、薬剤師、研究員(カナダ、2009年)

37.Dr Eckhard Kuck, Oral Surgeon (Germany, 2012)
DrエックハルトKuck、口腔外科医(ドイツ、2012年)

38.Dr Sarah Laurie, Former Rural Medical Practitioner (Australia, 2010)
Drサラローリー 元地方の開業医(オーストラリア、2010)

39.Dr David Lawrence, Rural Medical Practitioner (USA, 2012)
Drデビッド·ローレンス、地方医療プラクティショナー(米国、2012年)

40.Professor Joel Lehrer, Earn Noise & Throat specialist (US, 2008)
Professorジョエル·レーラー、ノイズ&咽喉科医(米国、2008年)

41.Dr Hazel Lynn, Medical Officer of Health, Grey/Bruce County,
Ontario (Canada, 2012)
Drヘーゼルリン、グレー/ブルース郡、オンタリオ州のヘルスメディカルオフィサー(カナダ、2012)

42.Dr Robert McMurtry, Former Dean of Medical & Dental School,
University of Western Ontario (Canada, 2010)
Drロバートマクマートリー、医療&歯科​​学校の元部長、ウェスタン·オンタリオ大学(カナダ、2010)

43.Dr Andja Mitric Andjic, Rural Medical Practitioner (Australia, 2011)
Dr Andja Mitric Andjic、地方開業医(オーストラリア、2011)

44.Dr Sarah Myhill, Rural Medical Practitioner, Wales (UK, 2012)
DrサラMyhill、地方開業医、ウェールズ(英国、2012年)

45.Professor Henrik Møller, Acoustician, Aalborg University (Denmark, 2011)
Professorヘンリク·モーラー、音響技師、オールボー大学(デンマーク、2011)

46.Dr Michael Nissenbaum, Medical Practitioner (US, 2010),
DrマイケルNissenbaum、医療従事者(米国、2010年)、

47.Dr Helen Parker, Psychologist (US, 2011)
Drヘレンパーカー、心理学者(アメリカ、2011)

48.Professor Christian Sejer Pedersen, Acoustician (Denmark, 2011)
ProfessorクリスチャンSejerペダーセン、音響技師(デンマーク、2011)

49.Dr Eja Pedersen, Medical Sociologist (Sweden, 2006)
Dr EJAペダーセン、医療社会学者(2006年スウェーデン)

50.Professor Carl Phillips, Epidemiologist (USA, 2010)
Professorカールフィリップス、疫学(アメリカ、2010)

51.Dr Robyn Phipps, Researcher (NZ, 2007)
Drロビンフィップス、研究員(ニュージーランド、2007)

52.Dr Nina Pierpont, PhD, MD, Specialist Paediatrician, Fellow,
American Academy of Paediatrics (US, 2009)
Drニーナ·ピアポント、PhDは、MDの専門小児科医、フェロー、
小児科のアメリカアカデミー(米国、2009年)

53.Mr Rob Rand, Noise Engineer (USA, 2011)
Mrロブ·ランド、騒音エンジニア(アメリカ、2011)

54.Mr Bruce Rapley, Scientist (NZ, 2013)
MrブルースRapley、サイエンティスト(ニュージーランド、2013年)

55.Dr Sandy Reider, Medical Practitioner (USA, 2013)
DrサンディReider、開業医(アメリカ、2013年)

56.Professor Alec Salt, Neurophysiologist (USA, 2010)
Professorアレック・ソルト、神経生理学者(米国、2010年)

57.Norma Schmidt, Retired Nurse (Canada, 2010)
Normaシュミット、退職ナース(カナダ、2010)

58.Dr Paul Schomer, Noise Engineer (USA, 2012)
DrポールSchomer、騒音エンジニア(アメリカ、2012年)

59.Associate Professor Vivi Schunsslen, Occupational Physician (Denmark, 2012)
Associate教授ビビSchunsslen、産業医(デンマーク、2012)

60.Dr Daniel Shepherd, Psychologist, Psychoacoustician (New Zealand, 2010)
Drダニエルシェパード、心理学者(ニュージーランド、2010)

61.Dr Wayne Spring, Sleep Physician (Australia, 2011)
Drウェインスプリング、睡眠の医師(オーストラリア、2011)

62.Mr Mike Stigwood, Acoustician (UK)
Mrマイクスティグウッド、音響技師(英国)

63.Dr Scott Taylor, Rural Medical Practitioner (Australia, 2011)
Drスコットテイラー、地方開業医(オーストラリア、2011)

64.Dr Henning Theorell, Medical Practitioner (Sweden, 2012)
Drヘニングテオレル、開業医(スウェーデン、2012年)

65.Dr Bob Thorne, Psychoacoustician (Australia, NZ)
Drボブソーン、心理音響学(オーストラリア、ニュージーランド)

66.Mr Peter Trask, Psychologist (Australia, 2012)
Mrピーター·トラスク、心理学者(オーストラリア、2012年)

67.Dr A Trinidade, Ear Nose & Throat specialist (UK, 2013)
Dr Trinidade、耳鼻咽喉の病気の専門家(英国、2013年)

68.Dr Alan Watts, Rural Medical Practitioner (Australia, 2011)
Drアラン·ワッツ、地方開業医(オーストラリア、2011)

69.Dr Colleen Watts, Scientist (Australia, 2011)
Drコリーンワット、科学者(オーストラリア、2011)

70.Associate Professor Libby Wheatley, Medical Sociologist (USA, 2012)
教授リビーホイートリー、医療社会学者(アメリカ、2012)



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は、上記サイトでご確認ください。












2013-03-05 : 音と健康:2013/02/15~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ぜひ→ウィスコンシン州-風力タービン法案が導入された/Wind turbine bill introduced |  プレスリリース State Senator Frank Lasee | March 2, 2013-州議会議員フランクLaseeは、健康と安全性を保護する法案を提出します/State Senator Frank Lasee introduces bill to protect health and safety  | カナダ オンタリオ州-新しい動きは、議会の中で棚上げにされたウインド・ファームの一時停止を求めていますNew motions seeking wind-farm moratorium tabled in Legislature







ぜひ!→ 動画
ウィスコンシン州
◇Wind turbine bill introduced
力タービン法案が導入された
(NBC26, Mar. 1, 2013)
http://www.nbc26.com/news/local/194427111.html


共和党の州上院議員フランクLaseeは、風力タービンの近くに住んでいる人々を
保護する法案を導入しています。


彼はブラウン郡のグレンの住民がうるさいタービンに近づきすぎて生きているから
病気になっていると言います。

しかし、それらを所有する会社は、それらは非常に小さな音を立てると主張しています。

Laseeは、選ばれた職員に彼の法案がタービンを制限し、家族を保護する法令を
作らせるだろうと言います。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は、上記サイトでご確認ください。






--------------------------------------------





ぜひ→
プレスリリース マサチューセッツ 
State Senator Frank Lasee  March 2, 2013
◇State Senator Frank Lasee introduces bill to protect health and safety
州議会議員フランクLaseeは、健康と安全性を保護する法案を提出します

(State Senator Frank Lasee ,  March 1, 2013)
http://legis.wisconsin.gov/senate/lasee/Documents/
Lasee%20IWT%20local%20control%20bill.pdf


グレンモア(ウィスコンシン)では、彼らの家にあまりに近い高さ500フィートの
産業風力タービンに起因する病気のため、彼らの家を捨てることを、
いくつかの家族は強制されました。

アリッサ・アシュリー(16才の女の子)には、ひどい頭痛と耳の痛みがしました。
彼女は、夜に眠ることができませんでした。
彼女が病気で、集中することができなかったので、学校の成績は落ちました。

彼女の家族は彼らの家を捨てて、風力タービンから離れた住宅用の2つ目の
住宅ローンを引き受けた後、彼女の人生は改善しました。

不運にも、彼女の家族は、誰も住むことができない住宅の代価を払い続けます。
私は、ヘッドラインでアリッサのようなより多くの物語を見たくありません。



有権者の健康および安全性を保護することはすべての選ばれた公務員の義務です。
しかし、彼らが産業風力タービンの破壊的な影響から家族を保護するために
条例を制定するのを、現行法は地方公務員に禁じます。


「風力の利害関係のあるメンバーを揃えた委員会によってPSC 128が
2010年につくられたとき、産業風力タービンの破壊的な健康影響に関する
科学的な情報は無視されて、記録を抑えました。
彼らは、産業用の風力タービンの破壊的な影響から家族を守るために
政府のローカルユニットの力を奪いました。」と、上院議員Laseeは言いました。

「その時以来、査読された数十の研究は、あまりにも家に近い
500フィートの高さの産業風力タービンが頭痛、乗り物酔いおよび
不眠症をもたらすことを証明しました。
そして、これらの風力タービンの中で先頭に立った他の国々は、
人々の家の近くでそれらを禁止しました。」



州の議会議員フランクLaseeは、この問題を修正し、かつ地方公務員に
もし法令制限が居住者の健康および安全性を保護することならば、
産業の風力タービンの立地を制限する条例案を作成する権限を付与する法律を導入しました。


「この法案は、彼らが居住者を高さ500フィートの産業風力タービンの
破壊的な健康影響から保護するために条例を制定したいかどうか決める力を
地元選出議員に与えることについてです。」



* 500フィート= 152.4 メートル 


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は、上記サイトでご確認ください。






--------------------------------------------






カナダ オンタリオ州
◇New motions seeking wind-farm moratorium tabled in Legislature
新しい動きは、議会の中で棚上げにされたウインド・ファームの一時停止を求めています

(Orangeville Citizen, 2013-02-28)
http://www.citizen.on.ca/news/2013-02-28/
Regional_News/New_motions_seeking_windfarm_moratorium_tabled_in_.html


By WES KELLER


産業用の風力タービン(IWT)がヒトの健康に間接的な悪影響を及ぼすことを
示す証拠があると言ってMPPリサ・トンプソン(PCヒューロン-ブルース)は、
オンタリオの更なる風力開発に一時停止を求めている提議を再提出しました。


彼女は昨年の秋、議会を閉会する前に申し立てを起こして、
現在、McGuinty政府にはIWTsの近くに住んでいる人のために「間接的な」
人間への健康影響の証拠があったという証拠が、あると言います。



・・・・・・・・・


「我々は、このリベラルの政府が産業風力タービンからの重要な健康への影響があることが
長年にわたって知られていることを環境省からFOIのドキュメントを介して見つけたが
見て見ぬふりをして、これらの影響が身を引くとわかった環境役員に言いました。」


・・・・・・・・・

「証拠は一時停止の側にあります」とトンプソンが言いました。
「リベラルの政府は、それが真実でないことを私たちが知っている場合、
風力タービンからの健康影響がないと言い続けることができません、
それらは単にことば遊びをしています。
休止しようとして、グリーンエネルギー法の冷静な第2の観察をしようとして、
我々が地方のオンタリオ - 農村の人々のためによりうまくやることができるように、
彼らがそれに値することを確かめましょう。」



  
・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は、上記サイトでご確認ください。











2013-03-04 : 音と健康:2013/02/15~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR