騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1-ニューヨーク州:シャトークア郡風力発電所問題>オピニオン、ニューヨーク州:タービンは生き方を侵害します…残念なことに大型風力からの自然の大部分が我々の環境を保護しないで誰かの私腹を肥やしています…ジョニ・Riggle // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<1-ニューヨーク州:シャトークア郡風力発電所問題>





2016年8月21日





オピニオン、ニューヨーク州
◇Turbines infringe on way of life
タービンは生き方を侵害します

(Observer Today|2016年8月21日)
http://content.observertoday.com/?p=651359/Turbines-infringe-on-way-of-life.html





By JONI RIGGLE





シャトークア郡の住民は、
我々の州および地方当局によって
農村シャトークア郡を工業化するための
膨大な労力/計画を知っていますか?





私たちの境界内の風力発電プロジェクトの
構想の良くない、見当違いの配置に関して
最低限の透明性、
住民の認識あるいは提供がありました;

自然のままの土地の10万エーカープラスを
断片化する138台の工業規模のタービン。



Cassadaga・ウィンド、
ボールヒル・ウィンドとアークライトサミット、
アークライト、
シャーロット、
Sinclairville、
チェリークリーク、
Villenova、
ハノーバーそしておそらくランドルフにわたって。


これらの500フィートの巨大モンスターの多くは、
家から1,000~1,500フィートに置かれます。

※ 1000~1,500フィート = 304.8~457.2メートル






専門家からのコンセンサスで
最低1マイルを勧めることが明らかになって
5マイルさえ
– 住居からの安全な距離への
タービンのセットバックを決定することができます。

彼らは長年の懸案だった
公平な健康調査を要求しています。


※ 1マイル = 1.609344 キロメートル 
※ 5マイル = 8.04672 キロメートル






ドイツの医師会や
メイン州ランフォード病院の医師は
(住居に近すぎる)
危険なタービンの設置から経験した
多くの健康上の問題のために
工業用の風力発電所に一時停止を呼びかける
世界中の医師の一例です。







ドイツは、実際には、
頼みにならない性質のために
産業の風力使用で
二酸化炭素の排出を増加させました;


バックアップの石炭/化石燃料の必要性。





ドイツのシュピーゲルは、報告します
「ドイツの二酸化炭素の排出は
1グラムも減りませんでした、
そして、追加された石炭とガス火力発電所は
信頼できる送電を確実にするために造られました。」



風力発電は、
化石燃料の代替ではなく、補足です。



- デンマーク最大のエネルギー公益事業
ELSAMのトップ
フレミング・ニッセンは述べます、
「風力タービンは、CO2排出量を削減しません。」


アーサ・マドセン、
エネルギー政策 - デンマーク議会の議長は
産業用風力を
「本当に費用のかかる災害」と呼びます。






住宅規模の風力タービン、
太陽光とオフグリッドのエネルギー源は
環境的に、社会的に、そして、経済的に、
実際にもっとより多く意味をなします。


また、地熱、潮力や波力エネルギーは
エネルギー効率の向上と保全とともに、
研究/配慮が必要です。






我々は、これに関して
堅実な、確実な、教養のある決定をするために、
我々の家族と将来の世代に対して義務があります。


私たちは、自然エネルギーへの
正しい移行を行うための時間を持っています。


残念なことに、
大型風力からの自然の大部分が、
我々の環境を保護しないで
誰かの私腹を肥やしています。







この問題について考慮すべき
いくつかの他のリソースが含まれます:


National Wind Watch,
https://www.wind-watch.org/

Wind action.org,
http://www.windaction.org/

Better plan: Wisconsin,
http://betterplan.squarespace.com/

Wind Cows,
http://www.windcows.com/

NAPAW,
http://www.na-paw.org/

Wind Spin:
風力業界の健康への影響の拒否への穴に吹きつけて、
音と電磁界の専門家は、
東郡の隣人への
提案された風力プロジェクトの影響に対する
深刻な懸念を引き起こします。






ジョニ・Riggle氏は、Sinclairville居住者です。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-01-14 : ▽ニューヨーク州:シャトークア郡風力発電所問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR