騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<②、③ミネソタ州:プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト>②ミネソタ州:ワシに対する脅威は、3台のエクセル(Xcel)エネルギー風力タービンを停止させました…鳥の生息地を大量に破壊し、ワシだけでなく、春と秋に移動するあらゆる種類の鳥類の移動経路にこの脅威を突きつけ、どうしてそれをグリーンエネルギーと呼び、何らかの環境利益を主張できるのでしょうか?私はそうは見えません…クリスティ・ローゼンクイスト | ③ミネソタ州:ワシの巣は、エクセルエナジー風力タービンに歯止めをかけます…ハクトウワシはもはや絶滅の危機に瀕している種だと発表されないが殺害する人はまだ25万ドルの罰金と刑期で罰せられる重罪です |関連記事|  // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<②ミネソタ州:プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト>



2016年5月12日



②ミネソタ州
◇Threat to eagles shut down 3 Xcel Energy wind turbines
ワシに対する脅威は、3台のエクセル(Xcel)エネルギー風力タービンを停止させました

(Proctor Journal/Wind Action | 2016年5月12日)
http://www.windaction.org/posts/45380-threat-to-eagles-shut-down-3#.WQggZKy1vIU



By Tom Steward



ワシがモーア郡(Mower)の農村部で見つかり、
連邦政府が保護している鳥と
わずか200フィート離れている
回転するブレードとの激しい衝突を防ぐために
これまでに1カ月間、
プリーザント・バレー風力発電所
(Pleasant Valley Wind farm)の
3基のタービンを止めました。





エクセル・エナジー社(Xcel Energy)は、
3月10日に国道56号線と郡道1号線の近くの
防風林で2台のタービンの間に
大人のワシと
少なくとも1羽のワシの子供を発見しました。
そして、直ちに
連邦魚類および野生生物サービス当局へ
脅威を報告しました。






ミネソタ公益事業委員会への4月14日の手紙によると
夏の間に巣に最も近いタービンを
アイドリングさせることに加えて、
エクセル・エナジー社は、
ワシの死亡の際に
電力会社を責任から保護する
連邦政府の許可(Eagle Take Permit)を
求める予定です。




「私たちは、国の機関と環境チームと協力し、
観測を行い、必要な計画を立てています。」と
エクセル・エナジー社の
メディア関係担当者、
ランディ・フォーダイス氏(Randy Fordice)は
述べました。





ハクトウワシは
もはや絶滅危惧種リストではありません、
しかし、ハクトウワシを殺すことは
250,000ドルの罰金と
刑期によって罰すべき重罪のままです。

FWSは、通常、風力発電のように
偶発的にワシを妨害したり
死を招く可能性がある行為を
意図せず「とっている」場合、
風力発電所の起訴を免除します。





「当社はワシの巣の除去または移転の許可を申請し、
モニタリング活動の結果に応じて
イーグル取得許可(Eagle Take Permit)を
発行する予定です。


エクセル社環境アナリスト
ジェフ・ベリントン氏は、
州政府の規制当局への書簡で、
調査データが収集され、
フライトパターンが記録されるにつれて、
追加の情報を提供し、
この決定を当局と
引き続き話し合う予定であると述べました。




しかし、風力発電の反対派や
いくつかの環境団体は、
ワシと鳥の死亡率の問題に関して
業界に合格を与えたことで非難しました。





「現在の米国の風力エネルギー政策は、
私たちのワシを
巨大な実験の危険にさらしています。

風力エネルギーが不十分であると、
ワシの死が多発することはよく知られています」
と、
アメリカ鳥類保護協会の
Bird-Smart風力エネルギー・キャンペーンの
ディレクター、マイケル・ハッチンズ氏は
同グループのウェブサイトで語った。




毎年、風力発電の結果として
どのくらいのワシが死ぬのかははっきりしない。

しかしABCは、2030年までに
風力タービンによって
毎年140万羽の鳥が死亡する可能性があると推定している。





ハッチンズ氏は、
「自発的な制度の下で、
風力エネルギー会社は、
施設で鳥の死亡を報告する責任を
単独で負っています」と述べた。

その結果、FWSと風力産業は、
鳥の死亡のデータを企業の財産とみなし、
それを企業秘密のように扱います。






ワシ、コウモリ、その他の鳥類に及ぼす
致命的な影響についての懸念は、
2013年にミネソタ州南東部の
グッドヒュー(Goodhue)風力発電プロジェクトの
拒否につながりました。





「鳥の生息地を大量に破壊し、
ワシだけでなく、
春と秋に移動するあらゆる種類の鳥類の移動経路に
この脅威を突きつけ、
どうしてそれをグリーンエネルギーと呼び、
何らかの環境利益を主張できるのでしょうか?」

「私はそうは見えません。」と、

グッドヒュー郡のプロジェクトを
停止する努力を率いた
クリスティ・ローゼンクイスト氏
(Kristi Rosenquist)は言いました。




20メガワットのプレザントバレーの施設が
2015年11月にオンラインになったとき、
新しい巣はありませんでした。

この公益企業は、
夏の終わりにワシの子どもが羽ばたくまで
毎週、巣の調査を行います、
そして、
次のステップを決定するために、
数ヶ月にわたって鳥の飛行経路を監視します。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






------------------------------------------




<③ミネソタ州:プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト>




2016年5月16日




③ミネソタ州
◇Eagle nest puts brakes on Xcel Energy wind turbines
ワシの巣は、エクセルエナジー風力タービンに歯止めをかけます

(Post-Bulletin | 2016年5月16日)
http://www.postbulletin.com/news/local/
eagle-nest-puts-brakes-on-xcel-energy-wind-turbines/
article_d9026393-996a-53f0-9b1b-3e4cef7310c5.html



Hannah Yang





WALTHAM ウォルサム –




時々、母なる自然には異なる計画があります。




1組の大人のハクトウワシと少なくとも1羽のワシの子が
ミネソタハイウェイ56と
サージェント郡区のモーア郡道1の近くにある
3つの風力タービンの間の風防林で発見されたと
Xcel Energy社の水と修復の責任者である
パット・フラワーズ(Pat Flowers)氏は述べています。





「要するに、お母さんとお父さんは
小さな子を育てています」とフラワーズ氏は笑った。




巣は風力タービン建設後に作られ、
3月に発見されましたと
エクセル・エナジー社(Xcel Energy)の広報担当
ランディフォルディース氏は述べ、
ミネソタ州天然資源局と
連邦魚類野生生物局に報告されました。





ワシたちは、タービンの周りを
かなり快適に飛んでいる点に注目しました。

珍しいと考えられたのは、
ワシたちが重要な水域がないところに
巣を選んだということでした。




「子供に適したものを見つけることは
かなり距離が離れている。」と彼は語った。

「これは本当に主要なワシの生息地ではないので、
なぜ彼らがそこに巣を置くのを選んだのか分かりません。」




この地域のワシの生体数は過去10年間に
「開花しました」。

プリーザント・バレー風力発電所が建設された時点で、
ワシはタービンに近接していないことを
確認するための調査が行われました。




2014年に実施された1件の調査によると、
施設が建設される前に、
そのエリアに3つのワシの巣があり、
そのうち2つは現時点で活動していました。

最も近い巣は、
タービンから約3.8マイル離れていました。


※ 3.8マイル = 6.1155072 キロメートル




2016年3月に実施された最新の調査では、
9つの活発なハクトウワシの巣が発見されました。


そのうち2つは
稼働しているタービンから1.5マイル以内にあります。

最も近い巣は、タービンから
わずか150ヤード離れたところにありました。


※ 1.5マイル = 2.414016 キロメートル
※ 150ヤード = 137.16 メートル





「ワシを守るために
あらゆる対策をしなければなりません、
そして、
彼らに害を与えないようにしなければならない」と、
フラワーズ氏は付け加えた。





ハクトウワシは
もはや絶滅の危機に瀕している種だと
発表されないが
殺害する人はまだ25万ドルの罰金と刑期で
罰せられる重罪です。





エクセル社(Xcel)は、
ワシが偶然にタービンにより負傷したり死んだら、
何らかの保護を提供する許可を
申請することができますと、
フラワーズ氏は言いました。


さもなければ、
彼らはまだ法律を条件としています。




「『免罪符』から抜け出すことはできません。

私たちは、Fish and Wildlife、DNR、
Commerceと協力して、
すべての適切な手順を確実に実行しました。」と
フラワーズ氏は言いました。

「彼らは言いました、
『あなたはあなたがしなければならないものを
正確にやっています。』」




だから今、エクセル社(Xcel)は、
契約者のために、巣から少なくとも
660フィート離れていることを確認し、
半径800メートル
空中バッファーゾーンを設定して、
ワシの安全な空域を確保するための
緩衝地帯を導入しました。


※ 660フィート = 201.16800 メートル




「私たちが巣を発見したとき、
すぐにタービンを削減し、タービンを止めました」と、
フラワーズ氏は言いました。

「我々は安全第一でやっています。

残念なことに、ワシは離れるより
むしろ、私たちに近づいて来ました。」





フラワーズ氏は、
夏の間、タービンは休止状態を維持し、
ワシの飛行パターンは
引き続き州によって監視され続けると指摘した。

しかし、必要に応じて
さらに多くのタービンを削減することも可能です。




エクセル社(Xcel)は、
ひな鳥が、おそらく10月下旬ごろ、
巣を出るまで、
そしてワシが巣に戻り続けることを
選択するかどうかについては、
はっきりとはわからないでしょう。

その頃、同社は巣を取り除くか
移転する許可を申請することができます

- イーグル取得許可(Eagle Take Permit)として知られる

- しかし今のところ、それは待機戦術です。




「私たちは自然資源や私たちの周りの動物たちに
常に慎重に取り組んできました。」と、
フラワーズ氏は言いました。




「風力エネルギーは変わりません。

私たちの顧客、
そしてこの地域に住む様々な先住民にとっては
重要なことです。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------
関連記事
--------------------------

<①ミネソタ州:プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト>

2015年11月7日

①ミネソタ州
◇Mower County couple says wind turbines disrupt their lives
モーア郡(Mower)の夫婦は風力タービンが人生を混乱させると言います

(Post-Bulletin | 2015年11月7日)
http://www.postbulletin.com/news/local/
mower-county-couple-says-wind-turbines-disrupt-their-lives/
article_4b931972-c491-5b90-a2b7-462b2b418dcb.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4663.html


Hannah Yang



SARGEANT サージェント –



40年近くの間、
キャシー・ブランチャード氏は
自宅のキッチンの窓から、
美しい景色を見てきました。

しかし今、彼女は
新しい、騒々しい隣人として見えるものと
土地を分け合います:

プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト
(Pleasant Valley Wind Farm project)。





ブランチャード氏はモーア郡(Mower)の
サージェント郡区(Sargeant Township)の外に
彼女の夫、ダンと一緒に住んでいます。

数年前、2人はその美しい風景のために
10エーカーの敷地を買いました。

しかし、彼らは、風力タービンと
風力発電プロジェクトの継続的な建設が
彼らの人生を混乱させたと言います。




ブランチャード家の近くに約10台の風車があります。

ブランチャード夫妻は、タービンの騒音に加えて、
テレビ信号を混乱させると確信しています。




「私は風力エネルギーに大賛成です。」と
彼女は言いました。

しかし、
いくつかの変更をしなければなりませんでした。

加えて、私たちには補償はありません。

多くの人々、特にこれらの風車の下に
住んでいる人々は幸せではありません...

農地の多くは
ここにもう住んでいない人たちによって
所有されています。」






風力タービンに関する彼女の苦情を増すために、
リニューアブル・エナジー・システムズ・アメリカ
(Renewable Energy Systems America)が率いる
プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト
(Pleasant Valley Wind Farm project)は、
彼女の家の近くに変電所を追加しました。


元の環境評価では、
ブランチャード氏の所有地は
変電所から1,200フィート離れていることを示したと
彼女は言いました、
しかし、その最初の評価が提出されてから
2週間後に何か変わりました。


※ 1200フィート = 365.76 メートル 



「(RESA)
(リニューアブル・エナジー・システムズ・アメリカ)が来て、
変電所の位置を950フィートに変更しました。」と
彼女は言った。

「彼らは2.5エーカーの土地に
建設することになっていましたが、
変電所周辺にジャンクションボックス
(および)樹木の障壁があり、
フットプリントは5エーカーだと私たちは思っています。

そして、私の隣に変電所があります。」


※ 950フィート = 289.56 メートル



2013年に承認された2.5エーカーの環境調査と
条件付き使用許可書によれば、
プロジェクトの義務付けられている要件の1つは、
騒音やその他の混乱を軽減するのに役立つ
変電所周辺のジャンクションボックスと
樹木の障壁の建設です。






州の騒音基準を満たすためには、
変電所は1,700フィート以上離れている必要があります。

変電所の視界を遮るとともに、
騒音を和らげるために樹木を植えました。


しかし、
ブランチャード氏は満足していませんでした。

※ 1700フィート = 518.16 メートル




「私は63歳です」と彼女は言いました。

「それはその眺めを塞ぐのには
多くの時間を費やすだろうし、
それまでにはここにいないかもしれません。」




企業のスポークスマンは、
条件付き使用許可に関する情報は正しいが、
「プロジェクトは許可されたものに準拠している」と
電子メールによる声明で認めました。




しかし、ブランチャード氏は、
西側に面している変電所の柵は、
住居から約950フィートであり、
以前に環境評価で報告された
1,200フィートではないと述べた。

火曜日のモーア郡(Mower)の委員会で、
ブランチャード氏は、
郡が条件付き使用許可の解釈を検討するよう
要請しました。

※ 950フィート = 289.56 メートル
※ 1200フィート = 365.76 メートル





RESA
(リニューアブル・エナジー・システムズ・アメリカ)は
違反で見つかった場合、
プロジェクトが完了すると、
RESAが割り当てられたスペースに
引き戻される可能性があります。

しかし、2.5エーカーの区画の外にある可能性のある
樹木の障壁とジャンクションボックスが
考慮されているかどうかは不確実です。




ブランチャード氏の要請を調査している
モーア郡環境サービスディレクターの
アンジー・クニッシュ氏はコメントできませんでした。




モーア郡は、プリーザント・バレー風力発電所から
発電された電力を受け取っていません。

モーア郡コミッショナーの
ポリー・グリン氏の電子メールによると、
郡は風力の税収入の恩恵を受けており、
その土地にタービンを持っている住民は
風力発電会社から年収を受け取っています。





「風力エネルギーは
エクセル社(Xcel)によって販売されていますが、
タービンはモーア郡では何も動力を与えません」と
彼女は述べています。






▼潜在的なテレビ信号の損失



彼女の台所で小さなテレビを見ている間、
ブランチャード氏は
いくつかの音声が失われていることに気づいた

- 二、三の言葉があちこちで落とされていると
彼女は言った。




「そこには何かがありますが、
それが風車に関係しているかどうかは分かりません。」と
彼女は言いました。

「先月に気づいただけです。」




研究は、タービンがテレビ信号に
影響を与える可能性があることを示しています。


調査によると、
6つのフルパワー・デジタル放送局は、
プレザント・バレー風力プロジェクト内とその周辺で、
受信機のアンテナを基準にして、
その地域の反対側の地点で
受信を混乱させる可能性があります。




2014年5月に提出された許可の遵守は、
風力タービンの3マイル以内の受信場所の約10%が
影響を受ける可能性があると述べており、
その地域は約220戸です。


※ 3マイル = 4.828032 キロメートル




1つの低出力発電所(K25NK-D)は、
特に北東部のプロジェクト地域の限界内で
受信が減少する可能性がありました。

プロジェクトの北西に、
風力タービンを設置した後、
プロジェクト地域の南東に位置する
KSMQ、KAAL、KXLT、KTTCテレビ局の受信が
減少する可能性がある。

プロジェクトエリアの南に放送されている
KYINとKIMTステーションは、
直接北に向かうコミュニティの受信率が
低下する可能性があります。




プレザントバレーには現在、
高利得アンテナおよび/または低ノイズ増幅器の
組み合わせを取り付けるか
または準拠ファイルに基づいて、
住宅での基本的な衛星テレビサービスのための
金銭的貢献を提供する契約を締結するオプションを
土地所有者と議論する緩和計画があります。





同様に、グッドヒュー郡で5年の戦いを経て
ブロックされた
ベント ツリー風力発電所プロジェクト
(Bent Tree Wind Farm project)は、
テレビ信号の損失のために
風力発電所が年間250ドルを支払う必要がある
緩和計画を持っていました。
しかし、住民は支払われませんでした。


しかし、その時点で
問題を解決する技術はありませんでした。





「風力はすばらしいものです。」と
ブランチャード氏は語った。

「住宅地の上? それは破壊的です。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-05-11 : ミネソタ州:プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<①ミネソタ州:プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト>①ミネソタ州:モーア郡(Mower)の夫婦は風力タービンが人生を混乱させると言います…多くの人々、特にこれらの風車の下に住んでいる人々は幸せではありません...農地の多くはここにもう住んでいない人たちによって所有されています…キャシー・ブランチャード // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<①ミネソタ州:プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト>




2015年11月7日





①ミネソタ州
◇Mower County couple says wind turbines disrupt their lives
モーア郡(Mower)の夫婦は風力タービンが人生を混乱させると言います

(Post-Bulletin | 2015年11月7日)
http://www.postbulletin.com/news/local/
mower-county-couple-says-wind-turbines-disrupt-their-lives/
article_4b931972-c491-5b90-a2b7-462b2b418dcb.html



Hannah Yang



SARGEANT サージェント –



40年近くの間、
キャシー・ブランチャード氏は
自宅のキッチンの窓から、
美しい景色を見てきました。

しかし今、彼女は
新しい、騒々しい隣人として見えるものと
土地を分け合います:

プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト
(Pleasant Valley Wind Farm project)。





ブランチャード氏はモーア郡(Mower)の
サージェント郡区(Sargeant Township)の外に
彼女の夫、ダンと一緒に住んでいます。

数年前、2人はその美しい風景のために
10エーカーの敷地を買いました。

しかし、彼らは、風力タービンと
風力発電プロジェクトの継続的な建設が
彼らの人生を混乱させたと言います。




ブランチャード家の近くに約10台の風車があります。

ブランチャード夫妻は、タービンの騒音に加えて、
テレビ信号を混乱させると確信しています。




「私は風力エネルギーに大賛成です。」と
彼女は言いました。

しかし、
いくつかの変更をしなければなりませんでした。

加えて、私たちには補償はありません。

多くの人々、特にこれらの風車の下に
住んでいる人々は幸せではありません...

農地の多くは
ここにもう住んでいない人たちによって
所有されています。」






風力タービンに関する彼女の苦情を増すために、
リニューアブル・エナジー・システムズ・アメリカ
(Renewable Energy Systems America)が率いる
プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト
(Pleasant Valley Wind Farm project)は、
彼女の家の近くに変電所を追加しました。


元の環境評価では、
ブランチャード氏の所有地は
変電所から1,200フィート離れていることを示したと
彼女は言いました、
しかし、その最初の評価が提出されてから
2週間後に何か変わりました。


※ 1200フィート = 365.76 メートル 



「(RESA)
(リニューアブル・エナジー・システムズ・アメリカ)が来て、
変電所の位置を950フィートに変更しました。」と
彼女は言った。

「彼らは2.5エーカーの土地に
建設することになっていましたが、
変電所周辺にジャンクションボックス
(および)樹木の障壁があり、
フットプリントは5エーカーだと私たちは思っています。

そして、私の隣に変電所があります。」


※ 950フィート = 289.56 メートル



2013年に承認された2.5エーカーの環境調査と
条件付き使用許可書によれば、
プロジェクトの義務付けられている要件の1つは、
騒音やその他の混乱を軽減するのに役立つ
変電所周辺のジャンクションボックスと
樹木の障壁の建設です。






州の騒音基準を満たすためには、
変電所は1,700フィート以上離れている必要があります。

変電所の視界を遮るとともに、
騒音を和らげるために樹木を植えました。


しかし、
ブランチャード氏は満足していませんでした。

※ 1700フィート = 518.16 メートル




「私は63歳です」と彼女は言いました。

「それはその眺めを塞ぐのには
多くの時間を費やすだろうし、
それまでにはここにいないかもしれません。」




企業のスポークスマンは、
条件付き使用許可に関する情報は正しいが、
「プロジェクトは許可されたものに準拠している」と
電子メールによる声明で認めました。




しかし、ブランチャード氏は、
西側に面している変電所の柵は、
住居から約950フィートであり、
以前に環境評価で報告された
1,200フィートではないと述べた。

火曜日のモーア郡(Mower)の委員会で、
ブランチャード氏は、
郡が条件付き使用許可の解釈を検討するよう
要請しました。

※ 950フィート = 289.56 メートル
※ 1200フィート = 365.76 メートル





RESA
(リニューアブル・エナジー・システムズ・アメリカ)は
違反で見つかった場合、
プロジェクトが完了すると、
RESAが割り当てられたスペースに
引き戻される可能性があります。

しかし、2.5エーカーの区画の外にある可能性のある
樹木の障壁とジャンクションボックスが
考慮されているかどうかは不確実です。




ブランチャード氏の要請を調査している
モーア郡環境サービスディレクターの
アンジー・クニッシュ氏はコメントできませんでした。




モーア郡は、プリーザント・バレー風力発電所から
発電された電力を受け取っていません。

モーア郡コミッショナーの
ポリー・グリン氏の電子メールによると、
郡は風力の税収入の恩恵を受けており、
その土地にタービンを持っている住民は
風力発電会社から年収を受け取っています。





「風力エネルギーは
エクセル社(Xcel)によって販売されていますが、
タービンはモーア郡では何も動力を与えません」と
彼女は述べています。






▼潜在的なテレビ信号の損失



彼女の台所で小さなテレビを見ている間、
ブランチャード氏は
いくつかの音声が失われていることに気づいた

- 二、三の言葉があちこちで落とされていると
彼女は言った。




「そこには何かがありますが、
それが風車に関係しているかどうかは分かりません。」と
彼女は言いました。

「先月に気づいただけです。」




研究は、タービンがテレビ信号に
影響を与える可能性があることを示しています。


調査によると、
6つのフルパワー・デジタル放送局は、
プレザント・バレー風力プロジェクト内とその周辺で、
受信機のアンテナを基準にして、
その地域の反対側の地点で
受信を混乱させる可能性があります。




2014年5月に提出された許可の遵守は、
風力タービンの3マイル以内の受信場所の約10%が
影響を受ける可能性があると述べており、
その地域は約220戸です。


※ 3マイル = 4.828032 キロメートル




1つの低出力発電所(K25NK-D)は、
特に北東部のプロジェクト地域の限界内で
受信が減少する可能性がありました。

プロジェクトの北西に、
風力タービンを設置した後、
プロジェクト地域の南東に位置する
KSMQ、KAAL、KXLT、KTTCテレビ局の受信が
減少する可能性がある。

プロジェクトエリアの南に放送されている
KYINとKIMTステーションは、
直接北に向かうコミュニティの受信率が
低下する可能性があります。




プレザントバレーには現在、
高利得アンテナおよび/または低ノイズ増幅器の
組み合わせを取り付けるか
または準拠ファイルに基づいて、
住宅での基本的な衛星テレビサービスのための
金銭的貢献を提供する契約を締結するオプションを
土地所有者と議論する緩和計画があります。





同様に、グッドヒュー郡で5年の戦いを経て
ブロックされた
ベント ツリー風力発電所プロジェクト
(Bent Tree Wind Farm project)は、
テレビ信号の損失のために
風力発電所が年間250ドルを支払う必要がある
緩和計画を持っていました。
しかし、住民は支払われませんでした。


しかし、その時点で
問題を解決する技術はありませんでした。





「風力はすばらしいものです。」と
ブランチャード氏は語った。

「住宅地の上? それは破壊的です。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-05-10 : ミネソタ州:プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR