騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<5-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>ぜひ⇒5-ウィスコンシン州:風力タービンの影響に関する州保健局の職務離脱…線維筋痛を引き起こす原因の科学的証拠はないが、人々は病気と診断されます。ウィスコンシン州保健局が何をすべきか?国民の健康、安全、福祉を守ることはDHSの使命であると考えられています…シンディー・Kuscienko |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<5-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>




2016年9月24日




ぜひ!⇒
5-ウィスコンシン州
◇State health department AWOL on wind turbine impacts
風力タービンの影響に関する州保健局の職務離脱

(キャップタイムズ | 2016年9月24日)
http://host.madison.com/ct/news/opinion/mailbag/
cindy-kuscienko-state-health-department-awol-on-wind-turbine-impacts/
article_80564e6f-139b-5bbd-bb9e-5d395165be4f.html




シンディー・Kuscienko




ウィスコンシン州保健局の拒否は、
工業用風力タービンに関連する
健康リスクのテストを検討するだけでも
見ざる聞かざる言わざるは
風力産業に関しては
州レベルで健在です。

彼らの経験を証言した人々と
家を放棄した人々を信じるのではなく、
彼らは風力の開発者と
非常に偏った風力立地協議会の言葉を取ります。






線維筋痛を引き起こす原因の
科学的証拠はないが、人々は病気と診断されます。


長い間、誰もガンと喫煙を関連づけませんでした
しかし、今では22%のガンが
タバコの使用によって引き起こされています。

ティルト・ア・ホワール
(Tilt-A-Whirl)に乗って
誰が病気になるかについての科学的証拠はどこですか?





誰もが超低周波不可聴音や電磁界に
影響を受けるというわけではありません、

風力プロジェクトに近接して生活する
前と後で、
測定可能な基準である
人体に対する風力タービンの
超低周波不可聴音の曝露による
健康への影響を特定するのに役立つ
統一基準を作成する上で指針を提供することが、
保健局には望まれます。






セントクロア郡保健医療サービスの役員
およびセントクロア郡監理委員会は、
風力エネルギーシステムの
計画的開発に関する解決策を提出し、
ハイランドウィンドが来れば
ウィスコンシン州西部に住む人々に
最良のサービスを提供する方法について実現します。

ウィスコンシン州保健局が何をすべきか?

国民の健康、安全、福祉を守ることは、
DHSの使命であると考えられています。


ウィスコンシン州の他の郡の被害者からの
援助を要請した問題を無視して、
誰が誰の側にいるのだろうか?

確かにウィスコンシンの居住者の
それではありません。





シンディー・Kuscienko



グレンウッド・シティ





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------
関連記事
--------------------------------

※ 拙おとしんブログ内の検索は
  日本語のタイトルで行ってください



<1-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>

2016年7月8日

1-ウィスコンシン州
◇Western Wisconsin group vows to keep fighting Highland wind farm
西ウィスコンシンのグループは、ハイランドの風力発電所と戦い続けることを誓う

(The Milwaukee Journal Sentinel|2016年7月8日)
http://archive.jsonline.com/business/
western-wisconsin-group-vows-to-keep-fighting-highland-wind-farm-b99758445z1-386058141.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4572.html

------------------------------------------

<2-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>

2016年9月13日

2-ウィスコンシン州
◇St. Croix County asks state to study health impacts from wind turbines
セントクロイ郡は、州に風力タービンからの健康影響を研究するよう依頼します

(ウィスコンシン・パブリックラジオ | 2016年9月13日)
http://www.wpr.org/st-croix-county-asks-state-study-health-impacts-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4572.html

------------------------------------------

<3-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>

2016年9月13日

3-ウィスコンシン州
◇Health Department official says state will not study health risks associated with wind turbines
保健所の当局者は、州が風力タービンと関連した健康リスクを調査しないと言います
(ウィスコンシン・パブリックラジオ | 2016年9月13日)
http://www.wpr.org/health-department-official-says-state-will-not-study-health-risks-associated-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4573.html

------------------------------------------

<4-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>

2016年9月22日

4-ウィスコンシン州
◇St. Croix County’s wind turbine controversy keeps swirling
セントクロイ郡の風力タービン論争は、グルグル回り続ける
(ピアス郡ヘラルド|2016年9月22日)
http://www.piercecountyherald.com/news/government/
4120988-st-croix-countys-wind-turbine-controversy-keeps-swirling

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4573.html

By Raymond Rivard


フォレスト、サイロンの町 -

北東セントクロイ郡の
フォレストとサイロンの町の多くの
住人にとって、
風力タービンの開発と
建設を遅らせることへの期待は、一歩前進し、
過去2週間でもう一歩前進しました。



セントクロア郡評議会は、
直近の会議で、
風力タービンの人間や動物への
潜在的な健康への影響を
州保健当局に調査するよう求める決議を
満場一致で承認し前進しました。



その後、元に戻りました。

州の保健当局は先週、
風力タービンに関連する健康リスクの
さらなる研究はないと述べる際に
時間を浪費しませんでした。


それはプロジェクトに向かう人々にとっては
素晴らしいニュースでした
- ハイランドウインドファーム、LLCの関係者
- プロジェクトに反対している地域住民は
それほど幸せではありませんでした。


「私とハイランド・ウィンドと戦っている
フォレストの住民は、
保健福祉委員会によって提出された決議を
全会一致で採択したことについて、
セントクロア郡監理委員会に感謝します」と、
フォレスト居住者の
ブレンダ・サルセグ氏は述べました。


しかし、それは州当局者に
大きな重みを掛けていないような、
サルセグ氏が指摘する決議でした。


サルセグ氏と、その地域の
風力タービンの建設に反対した者は、
過去数ヶ月の間に郡の保健所を通じ、
決議案を採択し、
最終的に郡の全部の委員会の承認を得ました。


ウィスコンシン州公益事業委員会は、
決議が採択される前に、
ハイランド風力が進むゴーサインを与えました。



最近のPSCの決定は、4年間以上の交渉、
フォレスト居住者と
その委員会による検討、訴訟の後に行われました。
ハイランド・ウインドグループの提案は、
この地域に建設予定の
2億5000万ドルの風力タービンプロジェクトです。


最新の判決で、ハイランド風力発電所は
昨年セントクロア郡裁判官の条件を満たし、
予定どおりに進んでいれば
今年中に開始することができるという
プロジェクトを承認したと言います。


PSCによるその許可は、
同様の決議を通過した他の郡に
セントクロイ郡が加わる直前でした。


しかし、それは
州の決定にあまり影響しませんでした。



この郡は、
ウィスコンシン州公衆衛生部に
産業風力タービンの潜在的な影響を
調査することを要請していましたが
最も具体的には、不眠症、頭痛、
風力発電所周辺に住む人々の
不安などの可能性に焦点を当てています。



しかし、先週発表された声明では、
州保健局の広報担当
エリザベス・グッズ氏は、次のように書いています
「DHSは、風力タービンと健康に関する
科学文献を継続的にレビューした結果、
現代の風力タービンから測定された
騒音、シャドウフリッカー、
および超低周波不可聴音のレベルは、
睡眠の質の低下や血圧の上昇など、
客観的に検証可能な人間の健康上の問題に
関連する曝露レベルには達していない。」



サルセグ氏(フォレスト居住者)は
意見を異にした。


「ウィスコンシン州保健局の声明は、
州の機関が公衆衛生と安全を取り戻す
もう一つの例です。」とサルセグ氏は語った。


ハイランド風力発電所の提案を監督している
Emerging Energies社の
設立幹部の1人であるビル・ラコシ氏は、
別の取り組みをしていました。


「私たちは長年にわたり
風力開発のあらゆる側面に
密接に関わってきました
… そのプロセスを通じて、
さまざまな視点から
健康への懸念事項を聞き、調査しました。」と
ラコシ氏は言いました。


「現地を見るだけでなく、
真剣に、世界的に、
科学界からの圧倒的な証拠は、
査読された正当な健康強調表示を支持しません。
それを実証するものは何もありません。」


郡の保健担当官Deb・リンデマン氏は、
40以上の風力タービンが
地域の町々に建設されることを提案しているが、
他の報告では、
郡は、州が人間と動物に対する
健康影響に関して
科学的な結論を提供する問題について
深刻な研究を行うのを見たいと願っていました。
問題の本格的な研究を行うのを見たいと
他のレポートで述べました。



言い換えれば、
郡は、州全体の他の郡で
完了した小規模の調査に頼らざるを得ずに、
州の指導を求めていました。



「私たちは、郡レベルで
専門知識を持っているわけではないので、
私たちは公衆衛生で行うすべてのことについて
本当に州に目を向ける」と
リンデマン氏は発表されたレポートで言いました。


しかし、州は同意しませんでした。


Goodsitt氏は、
「DHSは、地元の公衆衛生機関、議会議員、
コミュニティグループ、
公共サービス委員会と協力して、
既存および新規の風力発電プロジェクトから生じる
健康関連の懸念の評価を支援している」と述べました。


サルセグ氏は、その記述は正反対だと言いました。


「生活の質をサポートする代わりに、
DHSは疑わしい文献レビューを受け入れ、
検証可能な健康リスクがないという結論を
裏付けるような研究を歪めました…。」と
サルセグ氏は語った。



ラコシ氏は会話を続けました。
「私たちは予算がどこにも縛られていない時代に
自分自身を見つけました。
これはこれまでにウィスコンシン州によって
さまざまなレベルとさまざまな方法で
検討されました。
もう一度見直さなければならないという考えは
実用的ではないようです。

別の可能性がある何かのヒントがあったら
...私は合法的なものは何も聞いたことがないし、
カナダやオーストラリア、
ヨーロッパなどで行われたたくさんの団体からの
そういったマネージメントを見てきました
...それにはメリットはありません。」





セントクロイ郡保健福祉局のディレクター
フレッド・ジョンソン氏は、
この郡では、タービンの近くに
住んでいなければならない人々の
健康への懸念の可能性を評価し、
タービンが建設される前に
その情報を手に入れるための測定値を
探していたという別の公表された報告書があります。



潜在的な将来の研究の扉を閉める状態で、
ジョンソン氏の要求は実現することはありません。


「これは必ずしも
セントクロア郡に特有の問題ではありません。」



彼は、郡はガイダンスと
より一貫したデータを探していただけだと指摘した。



ラコシ氏はこの問題について
多くの意見があることに同意したが、
結論としては州と合意しました。


「反対する人がいることは分かっています。
私は確かに彼らの意見を尊重しています
...そして、私たちは
すべて意見を表明する権利があります。
しかし、我々は科学的事実に基づいて
これらの決定を下している」と
ラコシ氏は語った。


「2012年にはこれが解決されました。
一貫しています。
そして、はい、
我々は、州が決定をしたという、
そして、彼らがそのそばに
立っていたという事実を評価します」と
彼は付け加えました。


サルセグ氏(フォレスト居住者)はこの問題に対する
より簡単な解決法を持っていました。

「DHSは、放棄された
シャーリー・ウィンドの一軒の住宅で
スタッフが一日を過ごすだけで、
研究を開始することができます。
風力タービンへの実際の暴露は
間違いなく
DHSの意見をすぐに逆転させるだろう」と
述べた。




著者
Raymond Rivard

レイモンド・T. Rivardは、
2015年8月にエディタとして
ニューリッチモンドニュースに参加しました。
Rivardは
ジャーナリズムの経験の26年を
フィリップス-BEEで10年
そして、ミノクアのレイクランド・タイムズで
過去15年間を過ごしました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------------------------


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-30 : ★ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<3、4-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>3-ウィスコンシン州:保健所の当局者は、州が風力タービンと関連した健康リスクを調査しないと言います |4-ウィスコンシン州:セントクロイ郡の風力タービン論争は、グルグル回り続ける…DHSは、放棄されたシャーリー・ウィンドの一軒の住宅でスタッフが一日を過ごすだけで研究を開始することができます。風力タービンへの実際の暴露は間違いなくDHSの意見をすぐに逆転させるだろう…ブレンダ・サルセグ(フォレスト居住者) |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<3-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>




2016年9月13日





3-ウィスコンシン州
◇Health Department official says state will not study health risks associated with wind turbines
保健所の当局者は、州が風力タービンと関連した健康リスクを調査しないと言います

(ウィスコンシン・パブリックラジオ | 2016年9月13日)
http://www.wpr.org/health-department-official-says-state-will-not-study-health-risks-associated-wind-turbines




リッチ・クレマー




セントクロイ郡は、
大規模な風力タービンが近くに住む人々に
健康上の問題を引き起こすかどうかを
州に調査させたい郡のリストに加わりました。





全会一致で、セントクロイ郡議会は
ウィスコンシン州公衆衛生部に
工業用風力タービンが不眠症、頭痛、
さらには風力発電所の近くに住む人々の
不安の原因であるかどうかを調べるよう頼みました。






しかし、州保健局の関係者は声明で、
そのような調査は行われないと述べました。






「風力タービンと健康に関する科学文献の
継続的なレビューに基づいて、
DHSは、現代の風力タービンから測定された
騒音、シャドウフリッカー、
および低周波不可聴音のレベルが、
客観的に検証可能な
人間の健康上の懸念に関連する
例えば、睡眠の質の低下や血圧の上昇を
引き起こす可能性がある曝露レベルに
達しないと結論づけている」と、
保健局の広報担当者、
エリザベス・Goodsitt氏は述べています。





部門は「風力タービンに関連する健康上の
リスクはないとの結論を支持しているように見える」
他の機関が行った調査を検討したと
Goodsitt氏は述べました。





「DHSは、地元の公衆衛生当局、議員、
コミュニティグループ、
公共サービス委員会と協力して、
既存の風力発電プロジェクトや
新しい風力エネルギープロジェクトに起因する
健康関連の懸念を評価するのを支援しています。




セントクロア郡のフレストとサイロンの町には
41台のタービンが計画されています。

郡保健担当官Deb・リンデマン氏は、
さまざまな郡での短期的な調査ではなく、
州の健康影響評価と指導を見たいと述べています。





「郡レベルで
専門知識を持っているわけではないので、
私たちは公衆衛生で行っているすべてのことで
本当に州を探します」とリンデマン氏は言います。




セントクロイ郡保健福祉局のディレクター
フレッド・ジョンソン氏は、
発電を開始する前に
タービンが建造される住民の基本的な
健康状態を測定するための勧告も望んでいます。





「これは必ずしも
セントクロイ郡に特有の問題ではなく、
州内の他の場所でも使用され、
より一貫性のあるデータを提供できる
ウィスコンシン州公衆衛生ガイドラインの
一部を入手しようとしています。」と
ジョンソン氏は言いました。






すでに工業用風力タービンを所有している
ブラウンとケワニー郡の関係者は、
今年初めに同様の調査を依頼しました。


州公共サービス委員会は、2015年に、
タービンを健康問題に関連付ける証拠が
十分ではないと結論付けました。






編集者注:

この記事は、保健局の声明を含むように更新されました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






---------------------------




<4-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>




2016年9月22日





4-ウィスコンシン州
◇St. Croix County’s wind turbine controversy keeps swirling
セントクロイ郡の風力タービン論争は、グルグル回り続ける

(ピアス郡ヘラルド|2016年9月22日)
http://www.piercecountyherald.com/news/government/
4120988-st-croix-countys-wind-turbine-controversy-keeps-swirling




By Raymond Rivard




フォレスト、サイロンの町 -



北東セントクロイ郡の
フォレストとサイロンの町の多くの
住人にとって、
風力タービンの開発と
建設を遅らせることへの期待は、一歩前進し、
過去2週間でもう一歩前進しました。






セントクロア郡評議会は、
直近の会議で、
風力タービンの人間や動物への
潜在的な健康への影響を
州保健当局に調査するよう求める決議を
満場一致で承認し前進しました。






その後、元に戻りました。

州の保健当局は先週、
風力タービンに関連する健康リスクの
さらなる研究はないと述べる際に
時間を浪費しませんでした。





それはプロジェクトに向かう人々にとっては
素晴らしいニュースでした
- ハイランドウインドファーム、LLCの関係者
- プロジェクトに反対している地域住民は
それほど幸せではありませんでした。





「私とハイランド・ウィンドと戦っている
フォレストの住民は、
保健福祉委員会によって提出された決議を
全会一致で採択したことについて、
セントクロア郡監理委員会に感謝します」と、
フォレスト居住者の
ブレンダ・サルセグ氏は述べました。





しかし、それは州当局者に
大きな重みを掛けていないような、
サルセグ氏が指摘する決議でした。




サルセグ氏と、その地域の
風力タービンの建設に反対した者は、
過去数ヶ月の間に郡の保健所を通じ、
決議案を採択し、
最終的に郡の全部の委員会の承認を得ました。





ウィスコンシン州公益事業委員会は、
決議が採択される前に、
ハイランド風力が進むゴーサインを与えました。






最近のPSCの決定は、4年間以上の交渉、
フォレスト居住者と
その委員会による検討、訴訟の後に行われました。
ハイランド・ウインドグループの提案は、
この地域に建設予定の
2億5000万ドルの風力タービンプロジェクトです。




最新の判決で、ハイランド風力発電所は
昨年セントクロア郡裁判官の条件を満たし、
予定どおりに進んでいれば
今年中に開始することができるという
プロジェクトを承認したと言います。





PSCによるその許可は、
同様の決議を通過した他の郡に
セントクロイ郡が加わる直前でした。




しかし、それは
州の決定にあまり影響しませんでした。






この郡は、
ウィスコンシン州公衆衛生部に
産業風力タービンの潜在的な影響を
調査することを要請していましたが
最も具体的には、不眠症、頭痛、
風力発電所周辺に住む人々の
不安などの可能性に焦点を当てています。





しかし、先週発表された声明では、
州保健局の広報担当
エリザベス・グッズ氏は、次のように書いています

「DHSは、風力タービンと健康に関する
科学文献を継続的にレビューした結果、
現代の風力タービンから測定された
騒音、シャドウフリッカー、
および超低周波不可聴音のレベルは、
睡眠の質の低下や血圧の上昇など、
客観的に検証可能な人間の健康上の問題に
関連する曝露レベルには達していない。」





サルセグ氏(フォレスト居住者)は
意見を異にした。




「ウィスコンシン州保健局の声明は、
州の機関が公衆衛生と安全を取り戻す
もう一つの例です。」とサルセグ氏は語った。




ハイランド風力発電所の提案を監督している
Emerging Energies社の
設立幹部の1人であるビル・ラコシ氏は、
別の取り組みをしていました。




「私たちは長年にわたり
風力開発のあらゆる側面に
密接に関わってきました
… そのプロセスを通じて、
さまざまな視点から
健康への懸念事項を聞き、調査しました。」と
ラコシ氏は言いました。




「現地を見るだけでなく、
真剣に、世界的に、
科学界からの圧倒的な証拠は、
査読された正当な健康強調表示を支持しません。

それを実証するものは何もありません。」




郡の保健担当官Deb・リンデマン氏は、
40以上の風力タービンが
地域の町々に建設されることを提案しているが、
他の報告では、
郡は、州が人間と動物に対する
健康影響に関して
科学的な結論を提供する問題について
深刻な研究を行うのを見たいと願っていました。
問題の本格的な研究を行うのを見たいと
他のレポートで述べました。






言い換えれば、
郡は、州全体の他の郡で
完了した小規模の調査に頼らざるを得ずに、
州の指導を求めていました。





「私たちは、郡レベルで
専門知識を持っているわけではないので、
私たちは公衆衛生で行うすべてのことについて
本当に州に目を向ける」と
リンデマン氏は発表されたレポートで言いました。





しかし、州は同意しませんでした。





Goodsitt氏は、
「DHSは、地元の公衆衛生機関、議会議員、
コミュニティグループ、
公共サービス委員会と協力して、
既存および新規の風力発電プロジェクトから生じる
健康関連の懸念の評価を支援している」と述べました。





サルセグ氏は、その記述は正反対だと言いました。





「生活の質をサポートする代わりに、
DHSは疑わしい文献レビューを受け入れ、
検証可能な健康リスクがないという結論を
裏付けるような研究を歪めました…。」と
サルセグ氏は語った。






ラコシ氏は会話を続けました。
「私たちは予算がどこにも縛られていない時代に
自分自身を見つけました。
これはこれまでにウィスコンシン州によって
さまざまなレベルとさまざまな方法で
検討されました。

もう一度見直さなければならないという考えは
実用的ではないようです。

別の可能性がある何かのヒントがあったら
...私は合法的なものは何も聞いたことがないし、
カナダやオーストラリア、
ヨーロッパなどで行われたたくさんの団体からの
そういったマネージメントを見てきました
...それにはメリットはありません。」





セントクロイ郡保健福祉局のディレクター
フレッド・ジョンソン氏は、
この郡では、タービンの近くに
住んでいなければならない人々の
健康への懸念の可能性を評価し、
タービンが建設される前に
その情報を手に入れるための測定値を
探していたという別の公表された報告書があります。






潜在的な将来の研究の扉を閉める状態で、
ジョンソン氏の要求は実現することはありません。




「これは必ずしも
セントクロア郡に特有の問題ではありません。」






彼は、郡はガイダンスと
より一貫したデータを探していただけだと指摘した。





ラコシ氏はこの問題について
多くの意見があることに同意したが、
結論としては州と合意しました。




「反対する人がいることは分かっています。

私は確かに彼らの意見を尊重しています
...そして、私たちは
すべて意見を表明する権利があります。

しかし、我々は科学的事実に基づいて
これらの決定を下している」と
ラコシ氏は語った。




「2012年にはこれが解決されました。
一貫しています。
そして、はい、
我々は、州が決定をしたという、
そして、彼らがそのそばに
立っていたという事実を評価します」と
彼は付け加えました。




サルセグ氏(フォレスト居住者)はこの問題に対する
より簡単な解決法を持っていました。

「DHSは、放棄された
シャーリー・ウィンドの一軒の住宅で
スタッフが一日を過ごすだけで、
研究を開始することができます。

風力タービンへの実際の暴露は
間違いなく
DHSの意見をすぐに逆転させるだろう」と
述べた。





著者
Raymond Rivard


レイモンド・T. Rivardは、
2015年8月にエディタとして
ニューリッチモンドニュースに参加しました。

Rivardは
ジャーナリズムの経験の26年を
フィリップス-BEEで10年
そして、ミノクアのレイクランド・タイムズで
過去15年間を過ごしました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------
関連記事
--------------------------------

※ 拙おとしんブログ内の検索は
  日本語のタイトルで行ってください



<1-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>

2016年7月8日

1-ウィスコンシン州
◇Western Wisconsin group vows to keep fighting Highland wind farm
西ウィスコンシンのグループは、ハイランドの風力発電所と戦い続けることを誓う

(The Milwaukee Journal Sentinel|2016年7月8日)
http://archive.jsonline.com/business/
western-wisconsin-group-vows-to-keep-fighting-highland-wind-farm-b99758445z1-386058141.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4572.html

---------------------------

<2-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>

2016年9月13日

2-ウィスコンシン州
◇St. Croix County asks state to study health impacts from wind turbines
セントクロイ郡は、州に風力タービンからの健康影響を研究するよう依頼します

(ウィスコンシン・パブリックラジオ | 2016年9月13日)
http://www.wpr.org/st-croix-county-asks-state-study-health-impacts-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4572.html


By Rich Kremer




セントクロイ郡は、
大規模な風力タービンが近くに住む人々に
健康上の問題を引き起こすかどうかを
州に調査させたい郡のリストに加わりました。





全会一致で、セントクロイ郡議会は
ウィスコンシン州公衆衛生部に
工業用風力タービンが不眠症、頭痛、
さらには風力発電所の近くに住む人々の
不安の原因であるかどうかを調べるよう頼みました。





セントクロイ郡のフォレストとサイロンの町には
41台のタービンが計画されています。

郡保健担当官Deb・リンデマン氏は、
さまざまな郡での短期的な調査ではなく、
州の健康影響評価と指導を見たいと述べています。




「郡レベルで
専門知識を持っているわけではないので、
私たちは公衆衛生で行っているすべてのことで
本当に州を探しています」とリンデマン氏は言います。




セントクロイ郡保健福祉局のディレクター
フレッド・ジョンソン氏は、
発電を開始する前に
タービンが建造される住民の
基本的な健康状態を測定するための勧告も望んでいます。







「これは必ずしもセントクロイ郡に
特有の問題ではなく、
州内の他の場所でも使用され、
より一貫性のあるデータを提供できる
ウィスコンシン州公衆衛生ガイダンスの
一部を入手しようとしています。」と
ジョンソン氏は言いました。





すでに工業用風力タービンを所有している
ブラウンとケワニー郡の関係者は、
今年初めに同様の調査を依頼しました。


州公共サービス委員会は、2015年に、
タービンを健康問題に関連付ける証拠が
十分ではないと結論付けました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-29 : ★ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<1、2-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>1-ウィスコンシン州:西ウィスコンシンのグループは、ハイランドの風力発電所と戦い続けることを誓う | 2-ウィスコンシン州:セントクロイ郡は、州に風力タービンからの健康影響を研究するよう依頼します…セントクロイ郡保健福祉局のディレクターのフレッド・ジョンソン氏は発電を開始する前にタービンが建造される住民の基本的な健康状態を測定するための勧告も望んでいます // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<1-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>



2016年7月8日




1-ウィスコンシン州
◇Western Wisconsin group vows to keep fighting Highland wind farm
西ウィスコンシンのグループは、ハイランドの風力発電所と戦い続けることを誓う

(The Milwaukee Journal Sentinel|2016年7月8日)
http://archive.jsonline.com/business/
western-wisconsin-group-vows-to-keep-fighting-highland-wind-farm-b99758445z1-386058141.html



By Thomas Content of the Journal Sentinel




セントクロイ郡の風力発電所の建設に
反対しているグループは、
法的な選択肢を検討しており、
「どんな方法を使っても
ハイランド・ウィンドと戦い続ける」予定です。





これは、公共サービス委員会の
プロジェクトの承認を覆した裁判所の判決に
州の規制当局が応じた後
西ウィスコンシンのプロジェクトの
反対派からのメッセージでした。





PSCは、セントクロイ郡の裁判官が
2013年に機関から発行された許可を覆す
昨年の夏に提起された懸念に対処するために
2-0と評決しました。




当局は、特定の家が
近隣の風力タービンからの騒音制限を
軽減する資格があるという条件を
許可で取り除きました。
その代わりに、
プロジェクト全体で統一された
騒音制限が設定され、
PSCは騒音問題に対処するために
苦情処理プロセスを使用する予定です





投票後、開発者エマージングエネルギー社は、
44タービン風力発電所の建設が
今年末までに始めることができることを示しました。





しかし、更なる訴訟の可能性は、
更なる遅れに終わることがありえました。





「ハイランド・ウィンドは、
大規模な産業風力エネルギーシステムには適さない
人口の多い農村では悪いアイデアであり、
フォレストの町の居住者を犠牲にして
利益を得るだけの恩恵を受ける」と、
プロジェクトに反対の一団の地元の居住者
『フォレストボイス』のブレンダ・サルセグ氏は、
声明の中で述べています。

「商業用風力発電所である
ハイランド・ウィンドから恩恵を受ける
唯一の人材は、開発者、将来の所有者、
およびリース保有者です。」





しかし、Emerging Energies社の開発者
ビル・ラコシ氏は、
他の人たちもこのプロジェクトのメリットを
受け取ると言いました。

いわゆる「良き隣人」支払いは、
タービンから1.5マイル以内に住む人が受け取り、
郡政府とフォレストとセイロンの町は、
30年分の共同収入で
年間に41万ドルを受け取ることになります。


※ 1.5マイル = 2.414016 キロメートル




一方、開発者は、Broadwind Energy Inc.が
マニトウォックで鉄塔を造り
建設された44タービンプロジェクトを見たいと
語っています




一般的に、タワーベンダーの選定は
タービン製造業者によって行われていると
彼は指摘します。
しかし、このプロジェクトに承認された
タービンを建設するシーメンス社は、
マニトウォックに2つのタワー工場の1つを持つ
ブロードウィンド・エナジー社との関係を持っています。




「それらはBroadwind社から来ることが
最も実用的だろう」とラコシ氏は語った。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------





<2-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>




2016年9月13日





2-ウィスコンシン州
◇St. Croix County asks state to study health impacts from wind turbines
セントクロイ郡は、州に風力タービンからの健康影響を研究するよう依頼します

(ウィスコンシン・パブリックラジオ | 2016年9月13日)
http://www.wpr.org/st-croix-county-asks-state-study-health-impacts-wind-turbines




By Rich Kremer




セントクロイ郡は、
大規模な風力タービンが近くに住む人々に
健康上の問題を引き起こすかどうかを
州に調査させたい郡のリストに加わりました。





全会一致で、セントクロイ郡議会は
ウィスコンシン州公衆衛生部に
工業用風力タービンが不眠症、頭痛、
さらには風力発電所の近くに住む人々の
不安の原因であるかどうかを調べるよう頼みました。





セントクロイ郡のフォレストとサイロンの町には
41台のタービンが計画されています。

郡保健担当官Deb・リンデマン氏は、
さまざまな郡での短期的な調査ではなく、
州の健康影響評価と指導を見たいと述べています。




「郡レベルで
専門知識を持っているわけではないので、
私たちは公衆衛生で行っているすべてのことで
本当に州を探しています」とリンデマン氏は言います。




セントクロイ郡保健福祉局のディレクター
フレッド・ジョンソン氏は、
発電を開始する前に
タービンが建造される住民の
基本的な健康状態を測定するための勧告も望んでいます。







「これは必ずしもセントクロイ郡に
特有の問題ではなく、
州内の他の場所でも使用され、
より一貫性のあるデータを提供できる
ウィスコンシン州公衆衛生ガイダンスの
一部を入手しようとしています。」と
ジョンソン氏は言いました。





すでに工業用風力タービンを所有している
ブラウンとケワニー郡の関係者は、
今年初めに同様の調査を依頼しました。


州公共サービス委員会は、2015年に、
タービンを健康問題に関連付ける証拠が
十分ではないと結論付けました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-28 : ★ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR