騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<24、25-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>ぜひ⇒24-メイン州:小さなメイン州のコミュニティは、風力プロジェクトについて彼らの意見を取り戻す |ぜひ⇒25-メイン州、プレス・リリース :メイン州の風力エネルギーゾーンが縮小しました…ミルトン郡区は成功裏に離脱しましたがペンシルバニア州の風力開発業者がその請願に異議申立てをしました~ミルトン郡区の弁護士費用を払うために今すぐ寄付してください |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました  | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<24-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2017年3月27日




ぜひ!⇒
24-メイン州
◇Small Maine communities reclaim their say over wind projects
小さなメイン州のコミュニティは、風力プロジェクトについて彼らの意見を取り戻す

(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2017年3月27日)
https://bangordailynews.com/2017/03/27/business/
small-maine-communities-reclaim-their-say-over-wind-projects/



By Darren Fishell, BDN Staff




画像:

マップ

迅速な風力開発を拒否する町

Removed(除去された場所)は赤色で表示されている


ソース:土地利用計画委員会。
bangordailynews.com


=============================================



PORTLAND, Maine  ポートランド、メイン –



メイン州西部から東部沿岸地方に
合計39の非自治的領域
(Unorganized Territory)コミュニティが、
彼らが好きではない風力発電プロジェクトを
妨害する能力を取り戻しました。





開発者のエヴァーパワー社(EverPower)が
風力発電所を提案している
ミルトン郡区(Milton Township)では
まだ40番目の戦いが繰り広げられています。





この動きは、
2008年のMaine Wind Energy Act
メイン州風力エネルギー法※おとしん:注)
への
対応であり、
非自治的領域の風力発電プロジェクトに対して、
地方委員会の審査なしに
包括的なゾーニングの承認を得ました。




この法律は、風力発電業者のために
メイン州環境保護局による
プロジェクトの州の見直しに従事する
お役所仕事を効率化することを意味していました。






地方の見直しの喪失に対する反発は、
2015年の法律により、
メイン州の非自治的領域のコミュニティが、
土地利用計画委員会によって監督された
風力プロジェクトのゾーニングの見直しを
元に戻すように要請することになりました。





風力の擁護者は、メイン州環境保護省の
規制当局の承認を得ており、
計画委員会は重複していると主張しています。





2015年の法案は、迅速な風力許可ゾーンから
出ることを望んだ
42のコミュニティからの請願の門を開いた。





風力発電の反対派は、月曜日の結果を歓迎しました。
彼らは、非自治的領域にある
約80万エーカーの風力発電所を削減したと語った。




ほとんどすべての申立は、
2015年の法律で認められており、
2件は無効とみなされ、
1件はミルトン郡区で却下されました。

居住者はオックスフォード郡上級裁判所で
その拒否を上訴しており、
4月4日までに事件の提出書類を提出する予定です。





『Maine Renewable Energy Association』の
エグゼクティブディレクター、
ジェレミー・ペイン氏は、
2015年の法律や請願のプロセスの結果に、
風が吹くことを許可する行為に
不満を持つコミュニティが
満足してくれることを希望していると語った。




「業界は、願望を守り、適応し、克服し、
投資に合理的で予測可能な領域を探します」と
ペイン氏は述べています。

「これが風力の許す範囲を早急に調整する
最後の時期であることを願っています」




土地利用計画委員会のデータによると、
迅速な風力許可区域には
依然として130の異なった郡区が含まれています。

その迅速な領域は、
風力に反対するグループの
『Friends of Maine Mountains』によれば
約260万エーカーに及びます。





2008年のMaine Wind Energy Act
メイン州風力エネルギー法※おとしん:注)


■2008 Maine Wind Energy Act
(2008 メイン州風力エネルギー法)

http://www.mainelegislature.org/legis/statutes/35-A/title35-Ach34sec0.html







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------



<25-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2017年3月27日




ぜひ!⇒
25-メイン州、プレス・リリース
◇Maine’s wind energy zone has shrunk
メイン州の風力エネルギーゾーンが縮小しました

(Friends of Maine's Mountains|2017年3月27日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/fmm/2017/3/27/maine-wind-energy-zone-has-shrunk




おめでとう、メイン!




2年前、迅速な風力開発地区(EA)に
340万エーカーの非自治的領域
(Unorganized Territory(UT))がありました。

市民の草の根的な活動のおかげで、
法律が制定され、
UT(非自治的領域)の人々が
EA(迅速な風力開発地区)を「離脱」する機会が
1つ用意されました。





さて、最後の1つの訴え
(ミルトン郡区/Milton Township)が進むと仮定すると、
EA(迅速な風力開発地区)には260万エーカーしかありません。




はい、およそ4分の1エーカーが
EA(迅速な風力開発地区)から取り除かれ、
風力大手の大きな悪影響/低いプラス効果から
メイン州の最も美しい場所を保護する
我々の努力を強化しました。




風力の開発者は
まだそこに建設したいかもしれませんが、
今、反対派は戦うチャンスを逃しません。




ミルトン郡区(Milton Township)は
成功裏に離脱しましたが、
ペンシルバニア州の風力開発業者が
その請願に異議申立てをしました。

風力開発者は、ミルトン(Milton)が
離脱に成功すれば、
彼の会社が風力プロジェクトの計画を放棄すると
公然と述べています!






あなたが最高裁判所の上訴の訴訟費用をもって
これらの最後の申立人を助けることができれば、
私たちはそれを完全に一掃することができます:

風力大手による逆転をゼロにすること。



ミルトンの弁護士費用を払うために
今すぐ寄付してください:



ここをクリックする
http://www.friendsofmainesmountains.org/donate/


寄付する

私たちはドナーをサポートしています!

『 Friends Maine’s Mountains 』は、
IRS 501(c)(3)の地位を持つ
非営利団体、非党派、非課税組織です。

FMM(『 Friends Maine’s Mountains 』)は、
個人、企業、財団からの寛大な支援を受けて、
その活動に資金を提供しています。

501(c)(3)非営利団体であるFMMは、
あなたに「ありがとう」と
あなたの税金記録の承認を送付します。



寄付は、すぐ下のリンクで
クレジットカードで行うことができます。

※ クレジットのリンク先は
  直接上記サイトよりご確認ください
  (おとしん:注)



または小切手を送ることができます:

Friends of Maine’s Mountains
Post Office Box 263
South Freeport, ME 04078



….そして、「ミルトン基金」を指定します




下記の新しい地図を参照して、
ここをクリックして概要を確認してください。


========================================

地図:風力促進エリア

緑色・・・ 請願によって除去された場所


========================================





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------
関連記事
--------------------------



※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

----------------------------------------------------

<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2013年3月28日

ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<10-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

ぜひ!⇒
10-ブログ、メイン州
◇LD 1147 testimony: “An Act To Protect Maine’s Scenic Character”
LD 1147の証言:「メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法」

(Citizens' Task Force on Wind Power - Maine | 2014年1月13日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/ld-1147-testimony-an-act-to-protect-maine-s-scenic-character

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4577.html

--------------------------------------------

<11-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年3月27日

11-メイン州/動画
◇Maine Legislature rejects wind energy bills
メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します

(wabi.tv |2014年3月27日)
http://wabi.tv/2014/03/27/maine-legislature-rejects-wind-energy-bills/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

---------------------------------------------

<12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年1月19日

12-レター、メイン州
◇A fresh breeze
疾風

(Mount Desert Islander | 2015年1月19日)
http://www.mdislander.com/opinions/letters-to-the-editor/fresh-breeze

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

--------------------------------------------

<13-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月4日

ぜひ!⇒
13-メイン州
◇Maine governor: Wind power is too expensive
メイン州知事:風力は、あまりに高価です

(seacoastonline.com|2015年4月4日)
http://www.seacoastonline.com/article/20150404/NEWS/150409587/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

---------------------------------------------- 

<14-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月28日

14-手紙、メイン州
◇Mainers’ rights
メイン州民の権利

(Bangor Daily News|2015年4月28日)
https://bangordailynews.com/2015/04/28/opinion/letters/
wednesday-april-29-2015-lepages-earth-day-letter-tsarnaevs-punishment-wind-power-act/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

----------------------------------------------

<15-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月18日

ぜひ!⇒
15-メイン州
◇Maine’s contentious wind energy act
メイン州の論争の多い風力エネルギー法

(The Maine Woods – Spring 2015 - Forest Ecology Network )
PDF
www.forestecologynetwork.org/.../TMW_spring_2015_lores....

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4580.html

----------------------------------------------

<16-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月22日

16-メイン州
◇Lawmakers pass bill to let some Maine residents pull out of wind permitting areas
議員は、一部のメインの住民が風力を許している地域から引き抜くために、法案を可決します

(ポートランド・プレス・ヘラルド | 2015年6月22日)
http://www.pressherald.com/2015/06/22/
lawmakers-pass-bill-to-let-some-maine-residents-ask-out-of-wind-permiting-areas/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

---------------------------------------------

<17-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年7月1日

17-メイン州/法案828
◇Legislature and LePage agree: rural residents given right to question wind turbines
議会とルパージュ(州知事)は同意します:地方住民に風力タービンに関する発問権が与えられる

(Pine Tree Watchdog | 2015年7月1日)
http://pinetreewatchdog.org/
legislature-and-lepage-agree-rural-residents-given-right-to-question-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

======================================
おとしん:注)

月曜日、ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
議会によって彼に送られた
ほとんどすべての法案を拒否する中で、
彼の政権が今年初めに導入されて以来
支えているL.D.828に署名しました。

その法案は、
特定のUTプランテーションや郡区の市民が、
州の他の地域よりも、速く、合理化された
タービンの許可を得ている州の
『風力促進ゾーン』からの撤去申請を認めています。


■L.D. 828(法案828)

□127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

http://legislature.maine.gov/legis/bills/
display_ps.asp?paper=HP0562&snum=127&PID=1456


---------------------------------------------

<18-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年1月1日

18-メイン州
◇New Maine law can take industrial wind sites off fast track
新しいメイン州の法律は、工業用風力発電所を早急に取去ることができます
(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2016年1月1日)
https://bangordailynews.com/2016/01/01/politics/
new-maine-law-can-take-industrial-wind-sites-off-fast-track/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4586.html

※おとしん:注1)

メイン州土地利用計画委員会の
管轄区域内の規制整合性を改善する法律


■127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

□ LD 828
http://www.mainelegislature.org/legis/bills/display_ps.asp?ld=828&PID=1456&snum=127


--------------------------------------

※おとしん:注2)

メイン州風力エネルギー法


■Title 35-A, Chapter 34: THE MAINE WIND ENERGY ACT
http://www.mainelegislature.org/legis/statutes/35-A/title35-Ach34sec0.html


--------------------------------------

※おとしん:注3)

メイン州土地利用計画委員会によって
提供されるプロセスの概要


メイン州政府から以下のPDFを開くか保存します
http://www.maine.gov/dacf/lupc/projects/wind_expedited_area/
WindExpeditedAreaRemoval_Overview2015Final.pdf



--------------------------------------------

<19-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年2月22日

19-メイン州
◇Commission handling dozens of petitions to opt out of expedited wind development
迅速な風力開発から抜けるための数十件の請願を処理する委員会
(Maine Public Broadcasting Network|2016年2月22日)
http://mainepublic.org/post/
commission-handling-dozens-petitions-opt-out-expedited-wind-development#stream/0

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4587.html

--------------------------------------------

<20-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年4月13日

20-メイン州/画像
◇LePage giving ‘serious thought’ to challenging King for US Senate seat
ルパージュ知事は米国の上院議員のキング氏に異議を申し立てることを '真剣に考えている'

(Bangor Daily News|2016年4月13日)
https://bangordailynews.com/2016/04/13/politics/
lepage-giving-serious-thought-to-challenging-king-for-us-senate-seat/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4588.html

--------------------------------------------

<21-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年2月17日

21-メイン州、プレスリリース
◇Public workshop on the Wind Energy Act standards for scenic character,
shadow flicker, public safety, tangible benefits, and decommissioning
風光明媚なキャラクター、シャドーフリッカー、公共の安全、具体的な利益、
廃止措置のための風力エネルギー法基準に関する公式ワークショップ

(メイン環境保護省|2016年9月21日)
http://www.maine.gov/dep/cal_item.html?id=727856

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4591.html

----------------------------------------------

<22-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年12月27日

22-メイン州
◇Dozens of rural Maine townships opt out of fast-track wind power zone
何十もの地方のメインの郡区は、迅速な風力ゾーンから身を引きます

(centralmaine.com | 2016年12月27日)
http://www.centralmaine.com/2016/12/27/dozens-of-rural-maine-areas-opt-out-of-fast-track-wind-power-zone/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4591.html

約40のコミュニティが離脱を要求しています。
つまり、風力発電会社は、
それらの場所で建設するためには
リゾーニングプロセスを経なければなりません。


------------------------------------------------------

<23-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2017年1月6日

23-メイン州
◇Wind power promises failing
風力は、衰えることを約束します

(The Ellsworth American | 2017年1月6日)
http://www.ellsworthamerican.com/opinions/wind-power-promises-failing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4592.html


2008年、ジョン・バルダッチ州知事は、
非常に協力的な立法府と協力して、
大規模な風力発電プロジェクトのために
メイン州の農村資源を活用しようとする
開発者を大幅に助けた
特別なゾーニングと許可プロセスを作成しました。





開発者は、
風力発電法の地域便益規定を通じて
小規模な田舎町や非自治的領域や郡政府に
数百万ドルを送っている間に、
何百もの高給雇用による
大きな経済的インパクトをもたらす
メインのエネルギー生成のために
大きい「緑の」利益を約束しました。


これらの誘因は、
TIFを確保するために、官僚を誘いました
- 税額控除の資金調達
- 最終的には、これらのコミュニティは
まだ大きな収入を得ているため、
繰り延べ税の査定が行われます。

TIFは「プロジェクトを投資家に
もっと魅了させる」ために必要でした。




勢いを増やし、
どんな挑戦をも打ちのめす毒矢で
提案された風力発電プロジェクトは
ハンコック(Hancock)郡だけでなく
州全体で急速に増加しました。





我々は過去9年間で、
ここで生成された風力の大部分が州外に送られ、
私たち自身の石油とガス燃料発電の消費を
減らすことに
ほとんど影響していないことを学んだ。


その巨大な送電線路は、
州から電力を移動させるために
構築されなければならない。


約束された仕事は主に、
熟練した請負業者やクルーと同じで、
プロジェクトからプロジェクトに移り住み、
現地の雇用創出はほとんどありません。

ハンコック郡の
ブル・ヒル(Bull Hill)風力発電プロジェクトでは、
現在10人未満の社員が
すべての機能を担当しています。


開発者によって約束された
何百もの仕事はありません。





我々はまた、
風力発電会社の持ち主が変わることを学んだ

- それと名前
- 多くの場合、主要プレーヤーは
まったく変更されないかもしれません。

ハンコック郡のファースト・ウィンド社(First Wind)は、
世界最大の再生可能エネルギー会社である
サンエディション社(SunEdison)によって購入されました。


サンエディション社(SunEdison)が現在倒産しているため
サンエディション社(SunEdison)の一部門
テラフォーム・パワー社(TerraForm Power)が、
ファースト・ウィンド社(First Wind)を購入しました。


驚くことではありませんが、
バルダッチ前知事は現在、
Central Maine Power社の親会社である
米国で2番目に大きい風力発電会社である
Avangrid社の副会長です。





最も関連性が高いのは、
ハンコック郡が郡区16の
イーストブルック(Eastbrook)近くの
ブル・ヒル・プロジェクトの
First Wind社とのオリジナルTIF契約で達成した
約束された不動産税収入を
享受しないという最新の啓示です。


最初の合意は、ハンコック郡への税収を
20年間にわたって470万ドルに換算したものです。

評価の問題、税率の変更と所有権の変更は、
すべてに組み合わされますが、
郡はアウトライン期間中に
大幅に減税された税収を見ることになります。





これまでに提案されている間違った立場から
実現した結果を考えれば、
コミュニティ給付は保証されていますか?


現在、ハンコック郡は年間40万ドルを受け取り、
これは非営利団体と共有されており、
今年は財産税を引き下げるために使用されました。

すべての市民が電力の代償を払い、
すべての不動産所有者が郡に税金を払うので、
この金額は、
さまざまな地域社会全体の税負担を
軽減するためにのみ使用するべきです。




風力発電は
再生可能エネルギー目標を達成するために
引き続き重要な役割を果たしますが、
ルパージュ知事が一貫して宣言したように、
メイン州の風力発電法は
大幅に変更する必要があります。


州全体でいくつかの
大規模プロジェクトが考慮されている
コネチカット、ロードアイランド、
マサチューセッツに
さらに多くの電力を送り、
巨大な伝送路を建設することを要求しています。


メイン州の数十の農村地域と町では、
(風力発電会社の承認を合理化する)
迅速な風力発電ゾーンから手を引いています。


新議会は、批判された
再生可能ポートフォリオ基準プログラムを
再検討する予定です
- 環境主義者でさえ同意する必要がある作業。

特に、現在の法律は、
非自治的領域の住民と納税者に、
その地域の風力プロジェクトに関する
いかなる言動も完全に排除するという点で、
特に厳しいです。





ウォーレン・バフェット氏は、
風力発電プロジェクトは
「税額控除なしでは意味をなさない」と述べた。


「おそらく、
将来の風力発電プロジェクトのための
上下する実行可能性のために
TIF※おとしん:注)とコミュニティ・ベネフィットの
誘導パッケージ全体が
すました顔のために放棄されるべきであろう。」




--------------------------------------

TIF ※おとしん:注)

■TIF(Tax Increment Financing)とは

■日米でこれだけ違う、まちづくりの資金調達
京都府立大学京都政策研究センター長 青山公三氏に聞く

http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/15/434148/042100003/?P=2

 あるエリアを整備して環境がよくなると、
そのエリアの資産価値が高まります。
すると、徴収できる固定資産税が増えます。
この税収増を前提に債権を発行し、街を整備する仕組みがTIFです。
固定資産税の増加分の半分くらいを返済に充てていくわけです。
この方法を使えば、地元の負担は不要になります。

※ 上記サイトから引用させていただきました。
   詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-04-07 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<23-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>23-メイン州:風力は、衰えることを約束します…驚くことではありませんが、バルダッチ前知事は現在、Central Maine Power社の親会社である米国で2番目に大きい風力発電会社であるAvangrid社の副会長です |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました  | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発













<23-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2017年1月6日




23-メイン州
◇Wind power promises failing
風力は、衰えることを約束します

(The Ellsworth American | 2017年1月6日)
http://www.ellsworthamerican.com/opinions/wind-power-promises-failing/



2008年、ジョン・バルダッチ州知事は、
非常に協力的な立法府と協力して、
大規模な風力発電プロジェクトのために
メイン州の農村資源を活用しようとする
開発者を大幅に助けた
特別なゾーニングと許可プロセスを作成しました。





開発者は、
風力発電法の地域便益規定を通じて
小規模な田舎町や非自治的領域や郡政府に
数百万ドルを送っている間に、
何百もの高給雇用による
大きな経済的インパクトをもたらす
メインのエネルギー生成のために
大きい「緑の」利益を約束しました。


これらの誘因は、
TIFを確保するために、官僚を誘いました
- 税額控除の資金調達
- 最終的には、これらのコミュニティは
まだ大きな収入を得ているため、
繰り延べ税の査定が行われます。

TIFは「プロジェクトを投資家に
もっと魅了させる」ために必要でした。




勢いを増やし、
どんな挑戦をも打ちのめす毒矢で
提案された風力発電プロジェクトは
ハンコック(Hancock)郡だけでなく
州全体で急速に増加しました。





我々は過去9年間で、
ここで生成された風力の大部分が州外に送られ、
私たち自身の石油とガス燃料発電の消費を
減らすことに
ほとんど影響していないことを学んだ。


その巨大な送電線路は、
州から電力を移動させるために
構築されなければならない。


約束された仕事は主に、
熟練した請負業者やクルーと同じで、
プロジェクトからプロジェクトに移り住み、
現地の雇用創出はほとんどありません。

ハンコック郡の
ブル・ヒル(Bull Hill)風力発電プロジェクトでは、
現在10人未満の社員が
すべての機能を担当しています。


開発者によって約束された
何百もの仕事はありません。





我々はまた、
風力発電会社の持ち主が変わることを学んだ

- それと名前
- 多くの場合、主要プレーヤーは
まったく変更されないかもしれません。

ハンコック郡のファースト・ウィンド社(First Wind)は、
世界最大の再生可能エネルギー会社である
サンエディション社(SunEdison)によって購入されました。


サンエディション社(SunEdison)が現在倒産しているため
サンエディション社(SunEdison)の一部門
テラフォーム・パワー社(TerraForm Power)が、
ファースト・ウィンド社(First Wind)を購入しました。


驚くことではありませんが、
バルダッチ前知事は現在、
Central Maine Power社の親会社である
米国で2番目に大きい風力発電会社である
Avangrid社の副会長です。





最も関連性が高いのは、
ハンコック郡が郡区16の
イーストブルック(Eastbrook)近くの
ブル・ヒル・プロジェクトの
First Wind社とのオリジナルTIF契約で達成した
約束された不動産税収入を
享受しないという最新の啓示です。


最初の合意は、ハンコック郡への税収を
20年間にわたって470万ドルに換算したものです。

評価の問題、税率の変更と所有権の変更は、
すべてに組み合わされますが、
郡はアウトライン期間中に
大幅に減税された税収を見ることになります。





これまでに提案されている間違った立場から
実現した結果を考えれば、
コミュニティ給付は保証されていますか?


現在、ハンコック郡は年間40万ドルを受け取り、
これは非営利団体と共有されており、
今年は財産税を引き下げるために使用されました。

すべての市民が電力の代償を払い、
すべての不動産所有者が郡に税金を払うので、
この金額は、
さまざまな地域社会全体の税負担を
軽減するためにのみ使用するべきです。




風力発電は
再生可能エネルギー目標を達成するために
引き続き重要な役割を果たしますが、
ルパージュ知事が一貫して宣言したように、
メイン州の風力発電法は
大幅に変更する必要があります。


州全体でいくつかの
大規模プロジェクトが考慮されている
コネチカット、ロードアイランド、
マサチューセッツに
さらに多くの電力を送り、
巨大な伝送路を建設することを要求しています。


メイン州の数十の農村地域と町では、
(風力発電会社の承認を合理化する)
迅速な風力発電ゾーンから手を引いています。


新議会は、批判された
再生可能ポートフォリオ基準プログラムを
再検討する予定です
- 環境主義者でさえ同意する必要がある作業。

特に、現在の法律は、
非自治的領域の住民と納税者に、
その地域の風力プロジェクトに関する
いかなる言動も完全に排除するという点で、
特に厳しいです。





ウォーレン・バフェット氏は、
風力発電プロジェクトは
「税額控除なしでは意味をなさない」と述べた。


「おそらく、
将来の風力発電プロジェクトのための
上下する実行可能性のために
TIF※おとしん:注)とコミュニティ・ベネフィットの
誘導パッケージ全体が
すました顔のために放棄されるべきであろう。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



--------------------------------------


TIF ※おとしん:注)

■TIF(Tax Increment Financing)とは

■日米でこれだけ違う、まちづくりの資金調達
京都府立大学京都政策研究センター長 青山公三氏に聞く

http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/15/434148/042100003/?P=2

 あるエリアを整備して環境がよくなると、
そのエリアの資産価値が高まります。
すると、徴収できる固定資産税が増えます。
この税収増を前提に債権を発行し、街を整備する仕組みがTIFです。
固定資産税の増加分の半分くらいを返済に充てていくわけです。
この方法を使えば、地元の負担は不要になります。


※ 上記サイトから引用させていただきました。
   詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------
関連記事
--------------------------



※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

----------------------------------------------------

<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2013年3月28日

ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<10-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

ぜひ!⇒
10-ブログ、メイン州
◇LD 1147 testimony: “An Act To Protect Maine’s Scenic Character”
LD 1147の証言:「メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法」

(Citizens' Task Force on Wind Power - Maine | 2014年1月13日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/ld-1147-testimony-an-act-to-protect-maine-s-scenic-character

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4577.html

--------------------------------------------

<11-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年3月27日

11-メイン州/動画
◇Maine Legislature rejects wind energy bills
メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します

(wabi.tv |2014年3月27日)
http://wabi.tv/2014/03/27/maine-legislature-rejects-wind-energy-bills/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

---------------------------------------------

<12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年1月19日

12-レター、メイン州
◇A fresh breeze
疾風

(Mount Desert Islander | 2015年1月19日)
http://www.mdislander.com/opinions/letters-to-the-editor/fresh-breeze

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

--------------------------------------------

<13-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月4日

ぜひ!⇒
13-メイン州
◇Maine governor: Wind power is too expensive
メイン州知事:風力は、あまりに高価です

(seacoastonline.com|2015年4月4日)
http://www.seacoastonline.com/article/20150404/NEWS/150409587/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

---------------------------------------------- 

<14-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月28日

14-手紙、メイン州
◇Mainers’ rights
メイン州民の権利

(Bangor Daily News|2015年4月28日)
https://bangordailynews.com/2015/04/28/opinion/letters/
wednesday-april-29-2015-lepages-earth-day-letter-tsarnaevs-punishment-wind-power-act/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

----------------------------------------------

<15-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月18日

ぜひ!⇒
15-メイン州
◇Maine’s contentious wind energy act
メイン州の論争の多い風力エネルギー法

(The Maine Woods – Spring 2015 - Forest Ecology Network )
PDF
www.forestecologynetwork.org/.../TMW_spring_2015_lores....

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4580.html

----------------------------------------------

<16-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月22日

16-メイン州
◇Lawmakers pass bill to let some Maine residents pull out of wind permitting areas
議員は、一部のメインの住民が風力を許している地域から引き抜くために、法案を可決します

(ポートランド・プレス・ヘラルド | 2015年6月22日)
http://www.pressherald.com/2015/06/22/
lawmakers-pass-bill-to-let-some-maine-residents-ask-out-of-wind-permiting-areas/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

---------------------------------------------

<17-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年7月1日

17-メイン州/法案828
◇Legislature and LePage agree: rural residents given right to question wind turbines
議会とルパージュ(州知事)は同意します:地方住民に風力タービンに関する発問権が与えられる

(Pine Tree Watchdog | 2015年7月1日)
http://pinetreewatchdog.org/
legislature-and-lepage-agree-rural-residents-given-right-to-question-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

======================================
おとしん:注)

月曜日、ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
議会によって彼に送られた
ほとんどすべての法案を拒否する中で、
彼の政権が今年初めに導入されて以来
支えているL.D.828に署名しました。

その法案は、
特定のUTプランテーションや郡区の市民が、
州の他の地域よりも、速く、合理化された
タービンの許可を得ている州の
『風力促進ゾーン』からの撤去申請を認めています。


■L.D. 828(法案828)

□127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

http://legislature.maine.gov/legis/bills/
display_ps.asp?paper=HP0562&snum=127&PID=1456


---------------------------------------------

<18-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年1月1日

18-メイン州
◇New Maine law can take industrial wind sites off fast track
新しいメイン州の法律は、工業用風力発電所を早急に取去ることができます
(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2016年1月1日)
https://bangordailynews.com/2016/01/01/politics/
new-maine-law-can-take-industrial-wind-sites-off-fast-track/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4586.html

※おとしん:注1)

メイン州土地利用計画委員会の
管轄区域内の規制整合性を改善する法律


■127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

□ LD 828
http://www.mainelegislature.org/legis/bills/display_ps.asp?ld=828&PID=1456&snum=127


--------------------------------------

※おとしん:注2)

メイン州風力エネルギー法


■Title 35-A, Chapter 34: THE MAINE WIND ENERGY ACT
http://www.mainelegislature.org/legis/statutes/35-A/title35-Ach34sec0.html


--------------------------------------

※おとしん:注3)

メイン州土地利用計画委員会によって
提供されるプロセスの概要


メイン州政府から以下のPDFを開くか保存します
http://www.maine.gov/dacf/lupc/projects/wind_expedited_area/
WindExpeditedAreaRemoval_Overview2015Final.pdf



--------------------------------------------

<19-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年2月22日

19-メイン州
◇Commission handling dozens of petitions to opt out of expedited wind development
迅速な風力開発から抜けるための数十件の請願を処理する委員会
(Maine Public Broadcasting Network|2016年2月22日)
http://mainepublic.org/post/
commission-handling-dozens-petitions-opt-out-expedited-wind-development#stream/0

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4587.html

--------------------------------------------

<20-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年4月13日

20-メイン州/画像
◇LePage giving ‘serious thought’ to challenging King for US Senate seat
ルパージュ知事は米国の上院議員のキング氏に異議を申し立てることを '真剣に考えている'

(Bangor Daily News|2016年4月13日)
https://bangordailynews.com/2016/04/13/politics/
lepage-giving-serious-thought-to-challenging-king-for-us-senate-seat/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4588.html

--------------------------------------------

<21-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年2月17日

21-メイン州、プレスリリース
◇Public workshop on the Wind Energy Act standards for scenic character,
shadow flicker, public safety, tangible benefits, and decommissioning
風光明媚なキャラクター、シャドーフリッカー、公共の安全、具体的な利益、
廃止措置のための風力エネルギー法基準に関する公式ワークショップ

(メイン環境保護省|2016年9月21日)
http://www.maine.gov/dep/cal_item.html?id=727856

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4591.html

----------------------------------------------

<22-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年12月27日

22-メイン州
◇Dozens of rural Maine townships opt out of fast-track wind power zone
何十もの地方のメインの郡区は、迅速な風力ゾーンから身を引きます

(centralmaine.com | 2016年12月27日)
http://www.centralmaine.com/2016/12/27/dozens-of-rural-maine-areas-opt-out-of-fast-track-wind-power-zone/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4591.html

約40のコミュニティが離脱を要求しています。
つまり、風力発電会社は、
それらの場所で建設するためには
リゾーニングプロセスを経なければなりません。



By MARINA VILLENEUVEAssociated Press




メイン州の中の何十もの人口のまばらな地域は、
州の最も風が強い地域のいくつかに
風力タービンを建設しようとする企業に
障害をもたらす可能性のある特別な保護を獲得しました。





民主党のジョン・バルダッチ知事(Maine)が
2030年までに3000メガワットの
風力エネルギーの野心的な目標を設定してから
数年が経ちます。


これは、風力タービンが陸上で生産する場合、
毎年675,000世帯に電力を供給するのに十分です。

議員は、その目標に到達し、
雇用創出を促進するために、
州全体の風力プロジェクトの許可プロセスを
加速しました。




メイン州には、統治機関を持たず、
約9,000人の住民が住んでいる
非自治的領域に約400の郡区があります。


批評家は地方自治体が
風力タービンを制限することができるため、
非自治的領域の住民と地主は
それを停止することに
声を出さないままにされると言いました。






これらの地域社会の約40は、
今年1度の提案を利用して、
風力タービンが特定の場所で許可されるべき理由を
企業に説明する許可を求めました。


今のところ、27のコミュニティが
許可を得ているのに対して、
州が書類を提出するとさらに13がOKになります。

これらのコミュニティで構築したい風力企業は、
リゾーニングプロセスを経なければなりません
- 公聴会を含むことができる
- 州の長年の許可プロセスに加えて。






州の委員会は、
2月にキャロルプランテーションによる
最後の申請を決定する予定です。






ミルトン(Milton)郡区は、ミルトンの土地所有者と
風力の強いブライアント・マウンテンに
40メガワットの風力発電プロジェクトを建設したい
EverPower Wind Holdings社
(エバーパワー ウィンド ホールディングス)への反対の後、
そのような努力が失敗した唯一のコミュニティです。




申立てを受けたミルトン(Milton)郡区居住者の
Violetta Wierzbicki氏は、
このプロジェクトは、
プロジェクトの潜在的な場所から
約3マイル離れた観光や不動産の価値、
コウモリのコロニーを危険にさらす可能性があると語った。


※ 3マイル = 4.828032 キロメートル





「ミルトンを迅速な地域から撤去しても、
将来の風力発電を排除しません、
しかし、むしろ、それは
タービンの近くに住む必要のある地域住民の声を
プロセスに確実に取り入れます。」と
Wierzbicki氏は、今年の夏に政府に語った。





エバーパワー社は、この秋、
メイン州は「経済的な機会の乏しい地域」で
私有財産権を尊重すべきだと主張した。

それは、風力発電プロジェクトが
少なくとも年間320,000ドルの税金をもたらすと推定した。




「ミルトン郡区は、非自治的領域内の
風力エネルギー開発が起こるべき場所の
正確なタイプです」と、
風力発電プロジェクトを持つ
ウッドストックのような町に囲まれていることに
留意して書いています。




今月の州の委員会は、ミルトン郡区が、
地域社会や周辺地域への影響にもかかわらず、
風力エネルギー開発に適していると判断しました。


12月17日の決定では、
委員会のエグゼクティブ・ディレクターは、
風力発電会社に
リゾーニングと許可プロセスを通じさせることは、
「大きな妨げとなる大きな障壁となるだろう」と述べ、
風力エネルギーの開発を禁止する可能性があると述べた。





委員会の決定は40日以内に控訴することができます。




エバーパワー社はこの決定を賞賛し、
住民と地主との会談を続け、
懸念事項とプロジェクトのメリットについて
話し合うと述べた。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-04-06 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<21、22-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>21-メイン州、メイン環境保護省プレスリリース:風光明媚なキャラクター、シャドーフリッカー、公共の安全、具体的な利益、廃止措置のための風力エネルギー法基準に関する公式ワークショップ…9月21日水曜日、環境保護省は風力エネルギー法の特定の基準に対応する規則の事前制定草案に関するワークショップとプレゼンテーションを開催する予定です |22-メイン州:何十もの地方のメインの郡区は、迅速な風力ゾーンから身を引きます…メイン州の中の何十もの人口のまばらな地域は、州の最も風が強い地域のいくつかに風力タービンを建設しようとする企業に障害をもたらす可能性のある特別な保護を獲得しました |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発







<21-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2016年2月17日




21-メイン州、メイン環境保護省プレスリリース
◇Public workshop on the Wind Energy Act standards for scenic character,
shadow flicker, public safety, tangible benefits, and decommissioning
風光明媚なキャラクター、シャドーフリッカー、公共の安全、具体的な利益、
廃止措置のための風力エネルギー法基準に関する公式ワークショップ

(メイン環境保護省|2016年9月21日)
http://www.maine.gov/dep/cal_item.html?id=727856




Date: September 21, 2016
日付:2016年9月21日
Time: 9:00 AM – 12:00 PM
時間:午前9時00分 – 午後12時00分



Location: Spectacular Events Center, 395 Griffin Road, Bangor, Maine
場所:スペクタキュラー・イベント・センター、395グリフィンロード、バンゴア、メイン


Contact: Mark Margerum, ――――――




9月21日水曜日、環境保護省は、
風力エネルギー法の特定の基準に対応する
規則の事前制定草案に関する
ワークショップとプレゼンテーションを開催する予定です。


7月には、省庁が風力エネルギー法基準として
提案しようとしている、
事前規則制定草案について
ステークホルダーにコメントする機会を与えました。


ワークショップでは、
土地資源局の局長であるMark Bergeronが、
これらのコメントに応じて
規則の草案を変更し、
規則制定のプロセスを進める計画を述べる予定である。





ドラフトルールは、
公法2007第661章E-2章で制定された
ルールメーキング権限に準拠し、
風光明媚なキャラクター、シャドウフリッカー、
公共の安全、具体的な利益、廃止措置に対応する。


この規則案は、35-A MRSA§3459に基づく
将来の規則制定の対象となるため、
最善の実践的緩和措置については触れていない。




あなたが十分な部屋があることを
確認することができますので、
参加する予定がある場合はお知らせください。

これは正式なルール作成プロセスの
一部ではありません、
そして、まだ開始されていません。

また、規則制定プロセスが開始されたときに
通知を出す予定です。

このルールの部署の連絡先はMark Margerumです。
彼は次の場所にいるかもしれません:



電子メール:――――――

メイン環境保護省

住所:――――――

電話:――――――

ファックス:――――――





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------




<22-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



約40のコミュニティが離脱することを要求しています。
つまり、風力発電会社は、
それらの場所で建設するためには
リゾーニングプロセスを経なければなりません。




2016年12月27日




22-メイン州
◇Dozens of rural Maine townships opt out of fast-track wind power zone
何十もの地方のメインの郡区は、迅速な風力ゾーンから身を引きます

(centralmaine.com | 2016年12月27日)
http://www.centralmaine.com/2016/12/27/dozens-of-rural-maine-areas-opt-out-of-fast-track-wind-power-zone/



By MARINA VILLENEUVEAssociated Press




メイン州の中の何十もの人口のまばらな地域は、
州の最も風が強い地域のいくつかに
風力タービンを建設しようとする企業に
障害をもたらす可能性のある特別な保護を獲得しました。





民主党のジョン・バルダッチ知事(Maine)が
2030年までに3000メガワットの
風力エネルギーの野心的な目標を設定してから
数年が経ちます。


これは、風力タービンが陸上で生産する場合、
毎年675,000世帯に電力を供給するのに十分です。

議員は、その目標に到達し、
雇用創出を促進するために、
州全体の風力プロジェクトの許可プロセスを
加速しました。




メイン州には、統治機関を持たず、
約9,000人の住民が住んでいる
非自治的領域に約400の郡区があります。


批評家は地方自治体が
風力タービンを制限することができるため、
非自治的領域の住民と地主は
それを停止することに
声を出さないままにされると言いました。






これらの地域社会の約40は、
今年1度の提案を利用して、
風力タービンが特定の場所で許可されるべき理由を
企業に説明する許可を求めました。


今のところ、27のコミュニティが
許可を得ているのに対して、
州が書類を提出するとさらに13がOKになります。

これらのコミュニティで構築したい風力企業は、
リゾーニングプロセスを経なければなりません
- 公聴会を含むことができる
- 州の長年の許可プロセスに加えて。






州の委員会は、
2月にキャロルプランテーションによる
最後の申請を決定する予定です。






ミルトン(Milton)郡区は、ミルトンの土地所有者と
風力の強いブライアント・マウンテンに
40メガワットの風力発電プロジェクトを建設したい
EverPower Wind Holdings社
(エバーパワー ウィンド ホールディングス)への反対の後、
そのような努力が失敗した唯一のコミュニティです。




申立てを受けたミルトン(Milton)郡区居住者の
Violetta Wierzbicki氏は、
このプロジェクトは、
プロジェクトの潜在的な場所から
約3マイル離れた観光や不動産の価値、
コウモリのコロニーを危険にさらす可能性があると語った。


※ 3マイル = 4.828032 キロメートル





「ミルトンを迅速な地域から撤去しても、
将来の風力発電を排除しません、
しかし、むしろ、それは
タービンの近くに住む必要のある地域住民の声を
プロセスに確実に取り入れます。」と
Wierzbicki氏は、今年の夏に政府に語った。





エバーパワー社は、この秋、
メイン州は「経済的な機会の乏しい地域」で
私有財産権を尊重すべきだと主張した。

それは、風力発電プロジェクトが
少なくとも年間320,000ドルの税金をもたらすと推定した。




「ミルトン郡区は、非自治的領域内の
風力エネルギー開発が起こるべき場所の
正確なタイプです」と、
風力発電プロジェクトを持つ
ウッドストックのような町に囲まれていることに
留意して書いています。




今月の州の委員会は、ミルトン郡区が、
地域社会や周辺地域への影響にもかかわらず、
風力エネルギー開発に適していると判断しました。


12月17日の決定では、
委員会のエグゼクティブ・ディレクターは、
風力発電会社に
リゾーニングと許可プロセスを通じさせることは、
「大きな妨げとなる大きな障壁となるだろう」と述べ、
風力エネルギーの開発を禁止する可能性があると述べた。





委員会の決定は40日以内に控訴することができます。




エバーパワー社はこの決定を賞賛し、
住民と地主との会談を続け、
懸念事項とプロジェクトのメリットについて
話し合うと述べた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------
関連記事
--------------------------



※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

----------------------------------------------------

<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2013年3月28日

ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<10-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

ぜひ!⇒
10-ブログ、メイン州
◇LD 1147 testimony: “An Act To Protect Maine’s Scenic Character”
LD 1147の証言:「メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法」

(Citizens' Task Force on Wind Power - Maine | 2014年1月13日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/ld-1147-testimony-an-act-to-protect-maine-s-scenic-character

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4577.html

--------------------------------------------

<11-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年3月27日

11-メイン州/動画
◇Maine Legislature rejects wind energy bills
メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します

(wabi.tv |2014年3月27日)
http://wabi.tv/2014/03/27/maine-legislature-rejects-wind-energy-bills/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

---------------------------------------------

<12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年1月19日

12-レター、メイン州
◇A fresh breeze
疾風

(Mount Desert Islander | 2015年1月19日)
http://www.mdislander.com/opinions/letters-to-the-editor/fresh-breeze

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

--------------------------------------------

<13-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月4日

ぜひ!⇒
13-メイン州
◇Maine governor: Wind power is too expensive
メイン州知事:風力は、あまりに高価です

(seacoastonline.com|2015年4月4日)
http://www.seacoastonline.com/article/20150404/NEWS/150409587/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

---------------------------------------------- 

<14-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月28日

14-手紙、メイン州
◇Mainers’ rights
メイン州民の権利

(Bangor Daily News|2015年4月28日)
https://bangordailynews.com/2015/04/28/opinion/letters/
wednesday-april-29-2015-lepages-earth-day-letter-tsarnaevs-punishment-wind-power-act/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

----------------------------------------------

<15-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月18日

ぜひ!⇒
15-メイン州
◇Maine’s contentious wind energy act
メイン州の論争の多い風力エネルギー法

(The Maine Woods – Spring 2015 - Forest Ecology Network )
PDF
www.forestecologynetwork.org/.../TMW_spring_2015_lores....

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4580.html

----------------------------------------------

<16-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月22日

16-メイン州
◇Lawmakers pass bill to let some Maine residents pull out of wind permitting areas
議員は、一部のメインの住民が風力を許している地域から引き抜くために、法案を可決します

(ポートランド・プレス・ヘラルド | 2015年6月22日)
http://www.pressherald.com/2015/06/22/
lawmakers-pass-bill-to-let-some-maine-residents-ask-out-of-wind-permiting-areas/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

---------------------------------------------

<17-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年7月1日

17-メイン州/法案828
◇Legislature and LePage agree: rural residents given right to question wind turbines
議会とルパージュ(州知事)は同意します:地方住民に風力タービンに関する発問権が与えられる

(Pine Tree Watchdog | 2015年7月1日)
http://pinetreewatchdog.org/
legislature-and-lepage-agree-rural-residents-given-right-to-question-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

======================================
おとしん:注)

月曜日、ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
議会によって彼に送られた
ほとんどすべての法案を拒否する中で、
彼の政権が今年初めに導入されて以来
支えているL.D.828に署名しました。

その法案は、
特定のUTプランテーションや郡区の市民が、
州の他の地域よりも、速く、合理化された
タービンの許可を得ている州の
『風力促進ゾーン』からの撤去申請を認めています。


■L.D. 828(法案828)

□127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

http://legislature.maine.gov/legis/bills/
display_ps.asp?paper=HP0562&snum=127&PID=1456


---------------------------------------------

<18-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年1月1日

18-メイン州
◇New Maine law can take industrial wind sites off fast track
新しいメイン州の法律は、工業用風力発電所を早急に取去ることができます
(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2016年1月1日)
https://bangordailynews.com/2016/01/01/politics/
new-maine-law-can-take-industrial-wind-sites-off-fast-track/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4586.html

※おとしん:注1)

メイン州土地利用計画委員会の
管轄区域内の規制整合性を改善する法律


■127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

□ LD 828
http://www.mainelegislature.org/legis/bills/display_ps.asp?ld=828&PID=1456&snum=127


--------------------------------------

※おとしん:注2)

メイン州風力エネルギー法


■Title 35-A, Chapter 34: THE MAINE WIND ENERGY ACT
http://www.mainelegislature.org/legis/statutes/35-A/title35-Ach34sec0.html


--------------------------------------

※おとしん:注3)

メイン州土地利用計画委員会によって
提供されるプロセスの概要


メイン州政府から以下のPDFを開くか保存します
http://www.maine.gov/dacf/lupc/projects/wind_expedited_area/
WindExpeditedAreaRemoval_Overview2015Final.pdf



--------------------------------------------

<19-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年2月22日

19-メイン州
◇Commission handling dozens of petitions to opt out of expedited wind development
迅速な風力開発から抜けるための数十件の請願を処理する委員会

(Maine Public Broadcasting Network|2016年2月22日)
http://mainepublic.org/post/
commission-handling-dozens-petitions-opt-out-expedited-wind-development#stream/0

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4587.html

--------------------------------------------

<20-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年4月13日

20-メイン州/画像
◇LePage giving ‘serious thought’ to challenging King for US Senate seat
ルパージュ知事は米国の上院議員のキング氏に異議を申し立てることを '真剣に考えている'

(Bangor Daily News|2016年4月13日)
https://bangordailynews.com/2016/04/13/politics/
lepage-giving-serious-thought-to-challenging-king-for-us-senate-seat/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4588.html


By A.J. Higgins, MPBN


画像:

メイン州知事ポール・ルパージュ氏は、
2015年11月13日、
マサチューセッツ州ボストンで開催された
第23回年次エネルギー貿易&技術会議への
出席者の話を聞いています。

GRETCHEN ERTL | REUTERS


============================================



オロノ・エリア(Orono-area)の
ビジネス界への演説で、
州知事ポール・ルパージュ氏は火曜日の夜、
米国の無所属の上院議員
アンガス・キング氏(Angus King)を
激しく非難しました
そして、メイン州の前知事を
風力エネルギーへの投資を通じて
彼の個人的な富を増やすための踏み台として
政治的手段を利用したと非難しました。





ルパージュ氏は、『MPBN』
(The Maine Public Broadcasting Network)に、
州をまたぐ州間のタウンホールミーティングの間、
ますます多くのメイン州民が、
現在彼が2018年に握っている席のために
キング氏に異議を唱えるよう促すと語った。

そしてルパージュ氏は
真剣にレースを考えていると言いました。




火曜日の夜、オーガスタでは議員たちが
週末までに予定されていた休暇を見据えて
仕事をまとめていた。

オロノで、ポール・ルパージュ知事は
Black Bear Innのキワニスクラブと
ロータリークラブのグループメンバーに
話をしていましたが、
彼は彼らにも先を見ていると言った
‐2018年に、前無所属のアンガス・キング知事が
現在保有している米国上院議席のための競争に。




メイン州の有権者の利益のために
財政的福利を払わなかった上院議員に、
メイン州が恩恵を与えたと
ルパージュ知事は述べた。


そして彼は、電気代を支払うことに
苦労しているメイン州民を犠牲にして、
自分自身を豊かにしているとキング氏を非難した。






「彼は、知事として彼の8年の間に
1億400万ドル我々からだまし取りました
– 彼は素晴らしく我々からだまし取りました、
私は2018年まで待つことができません。
なぜなら、
それは私が後を追う男だと思っているからです」と
ルパージュ知事は言いました。





知事は、キング氏に対する彼の批判を
表現することについて、シャイではありません
彼はインディペンデントウインド社の
元大手の投資家として
メイン地方税納付者の費用で財産を集めたと述べた。

しかし、ルパージュ氏は
キング氏の批判では
めったに直接的ではありませんでした。




キング氏は
「良い知事、いい男、好きな男」と言っていたが、
ルパージュ氏も
上院議員の政治取引は
政治に絡み合っていないことを明らかにした。




「公共奉仕に携わるならば、
あなたは公共奉仕のためにそれをします
- あなたはお金のためにそれをしない。」と
ルパージュ氏は言った。




知事は、過去にキング氏に挑戦することに
関心を示していたが、後にそれらの発言から離れた。

彼はオロノのビジネス界のメンバーに
プレゼンテーションをした後、
2018年の計画を立てていると語った。




「私は真剣に、真剣に考えを深めています。
私は州の周りで話しています。
私は実際に彼のパフォーマンスと
パフォーマンスとの区別を見ています。」と
ルパージュ氏は言った。

「私は知事として
メイン州の人々のために
彼より優れていると信じているし、
ワシントンで上院議員として
彼を上回ることができると思う」




ルパージュ氏は、
毎週のタウンホール・ミーティングのために、
メイン州の経済状況と、
ニューカッスルへの今後の計画について、
木曜日に彼のメッセージを受け取ります。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-05 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<20-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>20-メイン州/画像:ルパージュ知事は米国の上院議員のキング氏に異議を申し立てることを '真剣に考えている'…州知事ポール・ルパージュ氏は、前無所属のアンガス・キング知事はインディペンデントウインド社の元大手の投資家としてメイン地方税納付者の費用で財産を集めたと述べた |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<20-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2016年4月13日




20-メイン州/画像
◇LePage giving ‘serious thought’ to challenging King for US Senate seat
ルパージュ知事は米国の上院議員のキング氏に異議を申し立てることを '真剣に考えている'

(Bangor Daily News|2016年4月13日)
https://bangordailynews.com/2016/04/13/politics/
lepage-giving-serious-thought-to-challenging-king-for-us-senate-seat/



By A.J. Higgins, MPBN


画像:

メイン州知事ポール・ルパージュ氏は、
2015年11月13日、
マサチューセッツ州ボストンで開催された
第23回年次エネルギー貿易&技術会議への
出席者の話を聞いています。

GRETCHEN ERTL | REUTERS


============================================



オロノ・エリア(Orono-area)の
ビジネス界への演説で、
州知事ポール・ルパージュ氏は火曜日の夜、
米国の無所属の上院議員
アンガス・キング氏(Angus King)を
激しく非難しました
そして、メイン州の前知事を
風力エネルギーへの投資を通じて
彼の個人的な富を増やすための踏み台として
政治的手段を利用したと非難しました。





ルパージュ氏は、『MPBN』
(The Maine Public Broadcasting Network)に、
州をまたぐ州間のタウンホールミーティングの間、
ますます多くのメイン州民が、
現在彼が2018年に握っている席のために
キング氏に異議を唱えるよう促すと語った。

そしてルパージュ氏は
真剣にレースを考えていると言いました。




火曜日の夜、オーガスタでは議員たちが
週末までに予定されていた休暇を見据えて
仕事をまとめていた。

オロノで、ポール・ルパージュ知事は
Black Bear Innのキワニスクラブと
ロータリークラブのグループメンバーに
話をしていましたが、
彼は彼らにも先を見ていると言った
‐2018年に、前無所属のアンガス・キング知事が
現在保有している米国上院議席のための競争に。




メイン州の有権者の利益のために
財政的福利を払わなかった上院議員に、
メイン州が恩恵を与えたと
ルパージュ知事は述べた。


そして彼は、電気代を支払うことに
苦労しているメイン州民を犠牲にして、
自分自身を豊かにしているとキング氏を非難した。






「彼は、知事として彼の8年の間に
1億400万ドル我々からだまし取りました
– 彼は素晴らしく我々からだまし取りました、
私は2018年まで待つことができません。
なぜなら、
それは私が後を追う男だと思っているからです」と
ルパージュ知事は言いました。





知事は、キング氏に対する彼の批判を
表現することについて、シャイではありません
彼はインディペンデントウインド社の
元大手の投資家として
メイン地方税納付者の費用で財産を集めたと述べた。

しかし、ルパージュ氏は
キング氏の批判では
めったに直接的ではありませんでした。




キング氏は
「良い知事、いい男、好きな男」と言っていたが、
ルパージュ氏も
上院議員の政治取引は
政治に絡み合っていないことを明らかにした。




「公共奉仕に携わるならば、
あなたは公共奉仕のためにそれをします
- あなたはお金のためにそれをしない。」と
ルパージュ氏は言った。




知事は、過去にキング氏に挑戦することに
関心を示していたが、後にそれらの発言から離れた。

彼はオロノのビジネス界のメンバーに
プレゼンテーションをした後、
2018年の計画を立てていると語った。




「私は真剣に、真剣に考えを深めています。
私は州の周りで話しています。
私は実際に彼のパフォーマンスと
パフォーマンスとの区別を見ています。」と
ルパージュ氏は言った。

「私は知事として
メイン州の人々のために
彼より優れていると信じているし、
ワシントンで上院議員として
彼を上回ることができると思う」




ルパージュ氏は、
毎週のタウンホール・ミーティングのために、
メイン州の経済状況と、
ニューカッスルへの今後の計画について、
木曜日に彼のメッセージを受け取ります。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------
関連記事
--------------------------



※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

----------------------------------------------------

<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2013年3月28日

ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<10-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

ぜひ!⇒
10-ブログ、メイン州
◇LD 1147 testimony: “An Act To Protect Maine’s Scenic Character”
LD 1147の証言:「メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法」

(Citizens' Task Force on Wind Power - Maine | 2014年1月13日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/ld-1147-testimony-an-act-to-protect-maine-s-scenic-character

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4577.html

--------------------------------------------

<11-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年3月27日

11-メイン州/動画
◇Maine Legislature rejects wind energy bills
メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します

(wabi.tv |2014年3月27日)
http://wabi.tv/2014/03/27/maine-legislature-rejects-wind-energy-bills/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

---------------------------------------------

<12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年1月19日

12-レター、メイン州
◇A fresh breeze
疾風

(Mount Desert Islander | 2015年1月19日)
http://www.mdislander.com/opinions/letters-to-the-editor/fresh-breeze

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

--------------------------------------------

<13-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月4日

ぜひ!⇒
13-メイン州
◇Maine governor: Wind power is too expensive
メイン州知事:風力は、あまりに高価です

(seacoastonline.com|2015年4月4日)
http://www.seacoastonline.com/article/20150404/NEWS/150409587/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

---------------------------------------------- 

<14-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月28日

14-手紙、メイン州
◇Mainers’ rights
メイン州民の権利

(Bangor Daily News|2015年4月28日)
https://bangordailynews.com/2015/04/28/opinion/letters/
wednesday-april-29-2015-lepages-earth-day-letter-tsarnaevs-punishment-wind-power-act/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

----------------------------------------------

<15-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月18日

ぜひ!⇒
15-メイン州
◇Maine’s contentious wind energy act
メイン州の論争の多い風力エネルギー法

(The Maine Woods – Spring 2015 - Forest Ecology Network )
PDF
www.forestecologynetwork.org/.../TMW_spring_2015_lores....

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4580.html

----------------------------------------------

<16-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月22日

16-メイン州
◇Lawmakers pass bill to let some Maine residents pull out of wind permitting areas
議員は、一部のメインの住民が風力を許している地域から引き抜くために、法案を可決します

(ポートランド・プレス・ヘラルド | 2015年6月22日)
http://www.pressherald.com/2015/06/22/
lawmakers-pass-bill-to-let-some-maine-residents-ask-out-of-wind-permiting-areas/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

---------------------------------------------

<17-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年7月1日

17-メイン州/法案828
◇Legislature and LePage agree: rural residents given right to question wind turbines
議会とルパージュ(州知事)は同意します:地方住民に風力タービンに関する発問権が与えられる

(Pine Tree Watchdog | 2015年7月1日)
http://pinetreewatchdog.org/
legislature-and-lepage-agree-rural-residents-given-right-to-question-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

======================================
おとしん:注)

月曜日、ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
議会によって彼に送られた
ほとんどすべての法案を拒否する中で、
彼の政権が今年初めに導入されて以来
支えているL.D.828に署名しました。

その法案は、
特定のUTプランテーションや郡区の市民が、
州の他の地域よりも、速く、合理化された
タービンの許可を得ている州の
『風力促進ゾーン』からの撤去申請を認めています。


■L.D. 828(法案828)

□127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

http://legislature.maine.gov/legis/bills/display_ps.asp?paper=HP0562&snum=127&PID=1456

---------------------------------------------

<18-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年1月1日

18-メイン州
◇New Maine law can take industrial wind sites off fast track
新しいメイン州の法律は、工業用風力発電所を早急に取去ることができます
(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2016年1月1日)
https://bangordailynews.com/2016/01/01/politics/
new-maine-law-can-take-industrial-wind-sites-off-fast-track/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4586.html

※おとしん:注1)

メイン州土地利用計画委員会の
管轄区域内の規制整合性を改善する法律


■127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

□ LD 828
http://www.mainelegislature.org/legis/bills/display_ps.asp?ld=828&PID=1456&snum=127


--------------------------------------

※おとしん:注2)

メイン州風力エネルギー法


■Title 35-A, Chapter 34: THE MAINE WIND ENERGY ACT
http://www.mainelegislature.org/legis/statutes/35-A/title35-Ach34sec0.html


--------------------------------------

※おとしん:注3)

メイン州土地利用計画委員会によって
提供されるプロセスの概要


メイン州政府から以下のPDFを開くか保存します
http://www.maine.gov/dacf/lupc/projects/wind_expedited_area/
WindExpeditedAreaRemoval_Overview2015Final.pdf



---------------------------------------------

<19-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年2月22日

19-メイン州
◇Commission handling dozens of petitions to opt out of expedited wind development
迅速な風力開発から抜けるための数十件の請願を処理する委員会
(Maine Public Broadcasting Network|2016年2月22日)
http://mainepublic.org/post/
commission-handling-dozens-petitions-opt-out-expedited-wind-development#stream/0

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4587.html


By Susan Sharon



メイン州の郡区とプランテーションは、
風力発電開発のための
「迅速な許可区域」ではないことを
6月まで選択している。

すでに土地利用計画委員会が受け取った
約2ダースの申請があります。





別の18件の申請が流通しています。

しかし、当局は、正式なレビューなしに
除去プロセスが進まないようにしたいと考える
大規模な土地所有者からも聞いています。




2008年にメイン州議会が
風力エネルギー法を可決して以来、
これは初めてのことです。


非自治的領域の住民は、
州の許可を得た風力促進エリアから
自分自身を取り除くための措置を取ることができます。


昨年、議員たちは
6カ月間にわたる窓口を与えることで合意した。

1月に刻々と始まり、
土地利用計画委員会の計画マネージャ、
サマンサ・ホーン・オルセン氏
(Satantha Horn Olsen)は、
これまでの数字は予想されたものであると述べている。





「管轄区域には数百の町や
プランテーションがあり、
その数はそれよりも多いかもしれないが、
しかしながら
人々が興味を持っている可能性が高い場所や、
それほど問題にならない場所など、
風力エネルギー開発のために検討されている場所は
人々が請願書を提出することに
興味を持っていかもしれない。」と彼女は言います。




促進地域から町や植林地を撤去しても、
風力発電プロジェクトが開発されないことは
保証されませんが、
それは、開発者が許可を得る前に
ゾーニングの承認を
取得しなければならないことを意味します。
これは現在必要ではないものです。





除去の資格を得るために、
申立人は、
最後の知事選挙で投票した人の数に基づいて、
住民の署名の少なくとも10%を集める必要があります。
いくつかの場所では、ほんの一握りかもしれません。





グループ『 Friends of Maine’s Mountains 』の
クリス・オニール氏は、
「ユニークな機会」と呼ぶものに
6月30日の締め切りがあることを
みんなに知らせています。




「約70の地域がこれに取り組むべきだと
我々は推測している」と彼は言う。

「スプレッドシートと地図を見ることで、
風力発電が行きたいと思っているところには、
近くに住んでいる人々がいることが分かります」





このプロセスはまた、
除去に反対する土地所有者などの利害関係者に
正式な審査を請求する機会を与える。





Maine Forest Products Councilの
Patrick Strauch氏は、
土地利用指定の変更が
財産および将来の潜在的用途に
どのように影響するかについて懸念している、
数人の大規模な土地所有者、
組織のメンバーを認識していると言います。

彼らは今、正式な見直しを要求しています。




「土地所有者は、提起された申立を見て、
それらの請願に
争う地域がどこにあるのかを把握しており、
それは立法プロセスを通じて設定した
私たちの道である」と彼は言う。




彼らの審査請求は、
委員会が申立人の居住を確認し、意見を述べ、
場合によっては公聴会を開く必要がある。


ホーン・オルセン氏によると、
欧州委員会は、撤去の申立てが
2つの基本的基準を満たしているかどうかを
欧州委員会に確認するよう求めている。





「第1は、
風力エネルギー開発のための
州の目標を達成する州の能力に、
不当な悪影響を及ぼすことがないこと。」と彼女は言う。

「第2の基準は、
それが総合土地利用計画の主な価値と目標と
一致しているということです。」





風力エネルギー法は、
特定の地域の複数の官僚機構を
切り分けるように設計されています。

しかし、オニール氏は、
地域に住む人々に声を掛けることを怠ったと
言います。


そして、彼は、迅速な風力開発から
町を取り除くためのプロセスに関する紛争が
裁判所に巻き込まれる可能性があると述べます。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html







2017-04-04 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<19-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>19-メイン州:迅速な風力開発から抜けるための数十件の請願を処理する委員会 |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<19-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2016年2月22日




19-メイン州
◇Commission handling dozens of petitions to opt out of expedited wind development
迅速な風力開発から抜けるための数十件の請願を処理する委員会

(Maine Public Broadcasting Network|2016年2月22日)
http://mainepublic.org/post/
commission-handling-dozens-petitions-opt-out-expedited-wind-development#stream/0



By Susan Sharon



メイン州の郡区とプランテーションは、
風力発電開発のための
「迅速な許可区域」ではないことを
6月まで選択している。

すでに土地利用計画委員会が受け取った
約2ダースの申請があります。





別の18件の申請が流通しています。

しかし、当局は、正式なレビューなしに
除去プロセスが進まないようにしたいと考える
大規模な土地所有者からも聞いています。




2008年にメイン州議会が
風力エネルギー法を可決して以来、
これは初めてのことです。


非自治的領域の住民は、
州の許可を得た風力促進エリアから
自分自身を取り除くための措置を取ることができます。


昨年、議員たちは
6カ月間にわたる窓口を与えることで合意した。

1月に刻々と始まり、
土地利用計画委員会の計画マネージャ、
サマンサ・ホーン・オルセン氏
(Satantha Horn Olsen)は、
これまでの数字は予想されたものであると述べている。





「管轄区域には数百の町や
プランテーションがあり、
その数はそれよりも多いかもしれないが、
しかしながら
人々が興味を持っている可能性が高い場所や、
それほど問題にならない場所など、
風力エネルギー開発のために検討されている場所は
人々が請願書を提出することに
興味を持っていかもしれない。」と彼女は言います。




促進地域から町や植林地を撤去しても、
風力発電プロジェクトが開発されないことは
保証されませんが、
それは、開発者が許可を得る前に
ゾーニングの承認を
取得しなければならないことを意味します。
これは現在必要ではないものです。





除去の資格を得るために、
申立人は、
最後の知事選挙で投票した人の数に基づいて、
住民の署名の少なくとも10%を集める必要があります。
いくつかの場所では、ほんの一握りかもしれません。





グループ『 Friends of Maine’s Mountains 』の
クリス・オニール氏は、
「ユニークな機会」と呼ぶものに
6月30日の締め切りがあることを
みんなに知らせています。




「約70の地域がこれに取り組むべきだと
我々は推測している」と彼は言う。

「スプレッドシートと地図を見ることで、
風力発電が行きたいと思っているところには、
近くに住んでいる人々がいることが分かります」





このプロセスはまた、
除去に反対する土地所有者などの利害関係者に
正式な審査を請求する機会を与える。





Maine Forest Products Councilの
Patrick Strauch氏は、
土地利用指定の変更が
財産および将来の潜在的用途に
どのように影響するかについて懸念している、
数人の大規模な土地所有者、
組織のメンバーを認識していると言います。

彼らは今、正式な見直しを要求しています。




「土地所有者は、提起された申立を見て、
それらの請願に
争う地域がどこにあるのかを把握しており、
それは立法プロセスを通じて設定した
私たちの道である」と彼は言う。




彼らの審査請求は、
委員会が申立人の居住を確認し、意見を述べ、
場合によっては公聴会を開く必要がある。


ホーン・オルセン氏によると、
欧州委員会は、撤去の申立てが
2つの基本的基準を満たしているかどうかを
欧州委員会に確認するよう求めている。





「第1は、
風力エネルギー開発のための
州の目標を達成する州の能力に、
不当な悪影響を及ぼすことがないこと。」と彼女は言う。

「第2の基準は、
それが総合土地利用計画の主な価値と目標と
一致しているということです。」





風力エネルギー法は、
特定の地域の複数の官僚機構を
切り分けるように設計されています。

しかし、オニール氏は、
地域に住む人々に声を掛けることを怠ったと
言います。


そして、彼は、迅速な風力開発から
町を取り除くためのプロセスに関する紛争が
裁判所に巻き込まれる可能性があると述べます。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------
関連記事
--------------------------



※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

----------------------------------------------------

<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2013年3月28日

ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<10-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

ぜひ!⇒
10-ブログ、メイン州
◇LD 1147 testimony: “An Act To Protect Maine’s Scenic Character”
LD 1147の証言:「メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法」

(Citizens' Task Force on Wind Power - Maine | 2014年1月13日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/ld-1147-testimony-an-act-to-protect-maine-s-scenic-character

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4577.html

--------------------------------------------

<11-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年3月27日

11-メイン州/動画
◇Maine Legislature rejects wind energy bills
メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します

(wabi.tv |2014年3月27日)
http://wabi.tv/2014/03/27/maine-legislature-rejects-wind-energy-bills/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

---------------------------------------------

<12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年1月19日

12-レター、メイン州
◇A fresh breeze
疾風

(Mount Desert Islander | 2015年1月19日)
http://www.mdislander.com/opinions/letters-to-the-editor/fresh-breeze

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

--------------------------------------------

<13-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月4日

ぜひ!⇒
13-メイン州
◇Maine governor: Wind power is too expensive
メイン州知事:風力は、あまりに高価です

(seacoastonline.com|2015年4月4日)
http://www.seacoastonline.com/article/20150404/NEWS/150409587/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

---------------------------------------------- 

<14-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月28日

14-手紙、メイン州
◇Mainers’ rights
メイン州民の権利

(Bangor Daily News|2015年4月28日)
https://bangordailynews.com/2015/04/28/opinion/letters/
wednesday-april-29-2015-lepages-earth-day-letter-tsarnaevs-punishment-wind-power-act/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

----------------------------------------------

<15-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月18日

ぜひ!⇒
15-メイン州
◇Maine’s contentious wind energy act
メイン州の論争の多い風力エネルギー法

(The Maine Woods – Spring 2015 - Forest Ecology Network )
PDF
www.forestecologynetwork.org/.../TMW_spring_2015_lores....

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4580.html

----------------------------------------------

<16-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月22日

16-メイン州
◇Lawmakers pass bill to let some Maine residents pull out of wind permitting areas
議員は、一部のメインの住民が風力を許している地域から引き抜くために、法案を可決します

(ポートランド・プレス・ヘラルド | 2015年6月22日)
http://www.pressherald.com/2015/06/22/
lawmakers-pass-bill-to-let-some-maine-residents-ask-out-of-wind-permiting-areas/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

---------------------------------------------

<17-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年7月1日

17-メイン州/法案828
◇Legislature and LePage agree: rural residents given right to question wind turbines
議会とルパージュ(州知事)は同意します:地方住民に風力タービンに関する発問権が与えられる

(Pine Tree Watchdog | 2015年7月1日)
http://pinetreewatchdog.org/
legislature-and-lepage-agree-rural-residents-given-right-to-question-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html

======================================
おとしん:注)

月曜日、ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
議会によって彼に送られた
ほとんどすべての法案を拒否する中で、
彼の政権が今年初めに導入されて以来
支えているL.D.828に署名しました。

その法案は、
特定のUTプランテーションや郡区の市民が、
州の他の地域よりも、速く、合理化された
タービンの許可を得ている州の
『風力促進ゾーン』からの撤去申請を認めています。


■L.D. 828(法案828)

□127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

http://legislature.maine.gov/legis/bills/display_ps.asp?paper=HP0562&snum=127&PID=1456

---------------------------------------------

<18-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2016年1月1日

18-メイン州
◇New Maine law can take industrial wind sites off fast track
新しいメイン州の法律は、工業用風力発電所を早急に取去ることができます
(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2016年1月1日)
https://bangordailynews.com/2016/01/01/politics/
new-maine-law-can-take-industrial-wind-sites-off-fast-track/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4586.html

By Nick Sambides Jr., BDN Staff




画像:

Molunkus郡区のアレン(Allen)(左)と
モリー・シュトラウブ(Mollie Straub)氏は、
1月1日より有効な新しい法律を利用して、
産業風力発電施設の立地への
一般市民の関心を高めることを望んでいます。

Contributed photo


==============================================



MOLUNKUS郡区、メイン –



アレンとモリー・シュトラウブ氏らは、
(AllenとMollie Straub)
非自治的領域に建設される可能性のある
風力発電プロジェクトの州の見直しを
早急に進めることを
風力発電開発者に認めてはならないと考えている。




非自治的領域のSouth Molunkus Roadに住む
引退した夫婦は、
嘆願署名がそのようなプロジェクトの
環境レビューを
ファーストトラックリストから削除することを
可能にする新しい州法を
最初に採用することを希望している

‐嘆願書が問題にされないならば
法律は1月1日に実施されるが、
6ヵ月の制限時間があります。



「代替エネルギーや
風力発電に反対しているわけではないが、
不適切な風力タービンの設置に反対している」と
アレン・ストラウド氏は火曜日に述べた。





「適切な配置は距離以上のものです。

「音を吸収する木のような特徴、
または音を弱める湖、優勢な風、
薄いちらつきを引き起こす
太陽の住居に関連したタービンの配置は、
これらのすべてがそこに入ります。」




法律では、メイン州土地利用計画委員会の
管轄区域内の規制整合性を改善する法律
※おとしん:注1)
により、
許可された風力許可区域は、
区域内の特定の登録区域の有権者の
少なくとも10%最近の知事の選挙は、
ラリー・ダンフィー議員(I-Embden)が、
同法案を共催したことを明らかにした。

ゾーンは主に州のほぼ半分をカバーしており、
主にメイン州の西部と北部の
ほとんどの地域の農村部にあります。




ダンフィー氏の現行法改正では、
メイン州の土地利用計画委員会が
請願書を検証した後、
風力開発者は改築許可証を求め、
通常の申請プロセスに従う必要があると
同氏は述べている。





ダンフィー氏は、
人々が請願書を提出する予定であることを
喜んでいると言いました
- 彼は先週34から35件の質問を数えました
『Maine Renewable Energy Association』の
エグゼクティブディレクターである
ジェレミー・ペイン氏(Jeremy Payne)は、
メインの風力発電に
潜在的な投資家が少なくとも1人いることを
恐れていると述べました。




「人々は聞く必要がある。
彼らは産業界や地主や開発者としてではなく、
構成員として聞かれる必要がある」と
ダンフィー氏は火曜日に語った。

「これらの非自治的領域に住む多くの人々は、
特定の理由でそうしています。

彼らの大半が自分のエリアに
風車を持ちたいと思っているなら、
彼らはそうすべきです。

彼らがそうしないならば、
彼らはすべきではありません。」




ペイン氏は、
投資家が新法を嫌っているため、
おそらく建設されない
潜在的な1億4000万ドルのプロジェクトを
知っていると言いました。

彼は、新しい法律では、
ゾーニングとプロジェクト承認のために
2段階の冗長な承認プロセスを作成すると述べた。





「近いうちに、あるプロジェクトが
メインから進んだと思う」と、
その組織はメインの再生可能電力生産者、
サプライヤー、サポーターの
非営利団体である
renewablemaine.orgと呼ばれていますと
ペイン氏は語った。

彼は開発者を特定することを断った。





「[法律は] 2段階の許可プロセスを作成するので、
投資家にとっては二重の危機に似ています。

それは投資家のために多くの不確実性を生む」と
ペイン氏は付け加えた。





この改正案は現在、
メイン州風力エネルギー法※おとしん:注2)
一部となっています。

工業規模の電力生産を促進するために
2008年4月、当時の知事の
ジョン・バルダッチによって署名された
この法律は
景観に影響を与えるための特別な規定で
開発者がメイン州環境保護省
現在はメイン州土地利用計画委員会からの
許可を取得する必要があります。





しかし、改正前には、
グリッドスケールの風力エネルギー開発を
風速の許容範囲内で許可された用途として定義し、
そのプロセス内の公聴会とリゾーニングを
効果的に排除したとダンフィ氏は述べた。





「迅速風力法では、
公聴会の権利が削除されたので、
市民は本質的に自らのコミュニティで
何が起こったのかについて無価値でした。


それは設計上のものだと思う」と
ダンフィ氏は言った


そして、それを
「非常に劣った法律」と呼びました。





メイン州土地利用計画委員会によって
提供されるプロセスの概要によれば、
ファーストトラックリストからの
プロジェクトの除去は、
2つの条件の下で覆される可能性がある。

議会の風力エネルギー開発の目標を
達成するためのメイン州の能力に
不当に悪影響を及ぼすと判断された場合や、
メイン州土地利用計画委員会の
包括的な土地利用計画と矛盾している場合、
除去要求は却下することができます。




この改正案は、1月1日から6月30日まで、
すべての請願書を
メイン州土地利用計画委員会に提出する必要があります。


取消し申請の審査請求は、
メイン州土地利用計画委員会が
ウェブサイト上で
請願書を受領した旨の通知をしてから
45日以内に行わなければなりません。




シュトラウブ夫妻(Straubs)が
改正案を最初に利用する人ではないかもしれない。


先週、メイン州土地利用計画委員会は、
30のプランテーションと郡区での
請願プロセスについて
約30件の問い合わせを受けていた


- 強い応答、とニコラス・リブセイ
(Nicholas Livesay)
メイン州土地利用計画委員会の
エグゼクティブ・ディレクターは言った。




「私は、嘆願書を回覧している多くの人々が、
風力発電プロジェクトの開発を妨げることに
興味があるか、
または地域の難易度を高めることを
望んでいると考えている。」と、
リブセイ氏は火曜日に言いました。

「商業開発に従事したい州の非自治的領域の
多くの地域では、
リゾーニングがしばしば必要とされています。」





シュトラウブ夫妻は、
1月の『First Wind』の24億ドルの購入を完了した
SunEdison社が、
その地域に試験塔を設置したことを知っていると語った。


風力発電所が実現可能かどうかを
塔が測るとすれば、
これは許可申請の可能性のある前例です。





SunEdison社のスポークスマン
John Lamontagne氏は、
同社がそのエリアに
タワーを持っているかどうかは確認しません。




「我々は、北部のメイン州を含む、
州の周りの多くの場所で
可能な風力発電プロジェクトを模索している。

我々は、ニューイングランドで
クリーンなエネルギーを提供し、
地域に大きな経済的利益をもたらしている
居住性の良いプロジェクトを建設した実績を
誇りに思っています」と、
Lamontagne氏は電子メールで述べています。




議会は、風車の迅速な承認プロセスを
再検討すべきだと、ダンフィーは述べた。

この法律は、風力発電の有効性、
州にもたらす産業と雇用、
環境への影響についての多数の前提をもっています。

議会は、法律の影響を評価しなかった場合、
却下されるだろう、と彼は言った。




シュトラウブ夫妻は28日、
メイン州土地利用計画委員会に
28件の申請書を提出する予定だと述べた。





一方、ペイン氏は、
2014年の直近の知事選挙の際に、
申立を出した人々が投票に登録され、
適切な地域に住むことを確実にするためのプロセスに
細心の注意を払っていると述べた。




彼の組織は、
2014年に有権者を登録していない申請が
出るかもしれない少なくとも2つの分野を
認識している、と彼は言った。




「これらの請願の正当性と
それに署名した登録有権者が
法律と一貫していることを確認したい」と
ペイン氏は述べた。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



--------------------------------------

文中のリンク先

※おとしん:注1)

メイン州土地利用計画委員会の
管轄区域内の規制整合性を改善する法律


■127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

□ LD 828
http://www.mainelegislature.org/legis/bills/display_ps.asp?ld=828&PID=1456&snum=127


--------------------------------------

※おとしん:注2)

メイン州風力エネルギー法


■Title 35-A, Chapter 34: THE MAINE WIND ENERGY ACT
http://www.mainelegislature.org/legis/statutes/35-A/title35-Ach34sec0.html


--------------------------------------

※おとしん:注3)

メイン州土地利用計画委員会によって
提供されるプロセスの概要


メイン州政府から以下のPDFを開くか保存します
http://www.maine.gov/dacf/lupc/projects/wind_expedited_area/WindExpeditedAreaRemoval_Overview2015Final.pdf


-----------------------------------------------------


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html






2017-04-03 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR