騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料②/⑤]<和解契約履行⇒⑦-アイルランド:エネルコン風力発電所他vs.家から追われた家族>ぜひ⇒コーク村の家族は、風力タービンの事業者に対する訴訟を解決します |関連記事|  // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発













[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料②/⑤]

<和解契約履行⇒⑦-アイルランド:エネルコン風力発電所他vs.家から追われた家族>




2017年6月14日




ぜひ!⇒
⑦-アイルランド
◇Cork village families settle action against wind turbine operators
コーク村の家族は、風力タービンの事業者に対する訴訟を解決します

(BreakingNews.ie |2017年6月14日)
http://www.breakingnews.ie/ireland/cork-village-families-settle-action-against-wind-turbine-operators-793550.html



By Ann O'Loughlin



巨大なタービンが
彼らの健康に悪影響を及ぼしたと主張する
風力発電事業者を訴えた
北コーク村の家族のグループは、
彼らの高等裁判所の訴訟を解決しました。





今朝の高等裁判所は、
バンティア(Banteer)地域からの
7人の家族が関与した事件が解決され、
その事件が打ち切られる可能性があると語った。





訴訟はランドマーク事件とみなされ、
高等裁判所は数ヵ月前に
訴訟が認められた後に
損害賠償を評価することになっていました。





エネルコン風力発電所サービス・アイルランド社
(Enercon Windfarm Services Ireland Ltd)と
Carrigcannon風力発電所社
(Carrigcannon Wind Farm Ltd)の事例は、
Shivnenの家族やその他のカップル、家族、
そして一人の居住者を含む人たちによって
行われました。




バンティア地域の7人の家族は、
2011年11月にタービンが稼動して以来、
特に騒音公害に深刻な影響を受けていると
主張しました。




ローランド・バッド・Bl氏
(Roland Budd Bl)は法廷で
トニー・オコナー判事に対し、
和解契約の履行が行われ、
7つの訴訟が打ち切られる可能性があると
述べました。





法廷で和解の詳細は示されなかった。

このケースは、
特定のコストとの関係で来月に簡単に言及されます。

このバンティア・アクションは、
国内のその種類で最初のものでした。




[NWW注:
非公式の報告によると、
風力発電会社は家族に総額1,600万ユーロを
支払うことに同意しました。]






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------------
関連記事
--------------------------

<住民勝訴⇒①アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年3月19日

ぜひ!⇒
①アイルランド/画像
◇Families bid to sue wind farm operator
家族は風力発電事業者を訴えると述べる

( Irish Examiner | 2013年3月19日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/cwcwojidgbql/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4547.html

----------------------------------

<住民勝訴⇒②アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年3月31日

②アイルランド
◇Residents across Ireland up in arms over turbines
アイルランド中の居住者は、タービンに憤慨している

(Sunday World | |2013年3月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/04/04/residents-across-ireland-up-in-arms-over-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4547.html

----------------------------------

<住民勝訴⇒③アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年6月4日

③アイルランド
◇Wind turbine experts differ on health fears
風力タービンの専門家は、健康への懸念に関して意見が異なります

(Irish Independent | 2013年6月4日)
http://www.independent.ie/business/farming/wind-turbine-experts-differ-on-health-fears-29317309.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4548.html

----------------------------------

<住民勝訴⇒④アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2016年12月11日

ぜひ!⇒
④アイルランド
◇Families forced from homes due to wind farm noise win court case
風力発電所の騒音の結果、家から追われた家族は訴訟に勝利する
(breakingnews.ie|2016年12月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/12/11/
families-forced-from-homes-due-to-wind-farm-noise-win-court-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4548.html

----------------------------------------------

<住民勝訴⇒⑤アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2017年1月5日

⑤アイルランド
◇Wind company admits nuisance damage to neighbours
風力会社は、迷惑損害を隣人に入れます

(farmersjournal|2017年1月5日)
http://www.farmersjournal.ie/wind-company-admits-nuisance-damage-to-neighbours-246465

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4549.html

By Paul Mooney

4月の聴聞会で
7家族の補償を決定する高等裁判所。


Coコークを拠点とする風力エネルギー会社は、
高等裁判所で、
その風力発電所が近隣の7家族に
有害なダメージを与えたと認めている。

高等裁判所は現在、2017年4月に、
会社が家族に何らかの損害賠償を
支払うべきかどうかを決定するために
今、10日を残しました。


ファーマーズ・ジャーナル
(Farmers Journal)は、
家族が行った事件で、
風力発電所が過度の騒音の結果として
迷惑をもたらしたと主張していることを
理解しています。
風力会社は
Enercon Wind Farm Services Ireland Ltdであり、
正式に裁判所に責任を認めています。


7件の損害賠償は、
損害賠償が関連しているという根拠に基づいて
高等裁判所によって統合されています。

それは4月25日火曜日に始まります。

圧力団体の『Wind Aware Ireland』は、
今週、このケースの結果は、
既存の風力発電所と
計画された風力発電所と投資家の信頼につながる
分岐点の可能性があると主張した。

スポークスマンのパウロ・バーン氏は
声明のなかで、
「今後多くのケースが続くことが予想される」と述べた。

多くの家族が
風力発電所からの騒音のひどさのために
家を放棄しなければならなかったと申し立てた。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

----------------------------------

<住民勝訴⇒⑥アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2017年2月6日

⑥アイルランド
◇Wind farm being sued by families admits its liability
家族によって訴えられている風力発電所は、その責任の余地があります

(Irish Examiner|2017年2月6日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/wind-farm-being-sued-by-families-admits-its-liability-442172.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4549.html


クレア・オサリヴァン, Irish Examiner Reporter




風力発電事業者が
騒音公害に対する高等裁判所の訴訟で責任を認めた後
7つのコークの家族は、損害賠償を受領するために
正しく進んでいる可能性があります。





この事件は、4月25日の聴聞会のために次に列挙され、
風力発電所に近接して住む多くの家庭と、
家庭とタービンの間の距離が
より大きくなるべきであると主張している
多くの家庭によって詳細に観察される。





エネルコン(Enercon)風力発電所サービス・アイルランド社と
Carrigcannon風力発電所社
(Enercon Windfarm Services Ireland Ltdと
Carrigcannon Wind Farm Ltd)に対する訴訟は、
Shivnen家と
Banteerのカップル、家族と一人の居住者を含む
別の6世帯によって行われました。




家主は、2011年11月に操業を開始して以来、
タービンから発生する騒音の影響を受けていると
主張していました。






風力タービン周辺の計画規制は、
企業が500mの私有住宅内に
タービンを建設することを可能にする
2006年のガイドラインに依拠している。





風力タービンが住宅から
どのくらい遠ざかるべきかを規定している
ガイドラインが更新されてから3年が過ぎました。



これらのガイドラインは、
旋回ブレードからのノイズと
「シャドウフリッカー」も処理します。



Jan O'Sullivan住宅省長官の指針案を
発行した後の公的協議プロセスでは、
最大7,000件の提出がなされた。

これは「アメニティの考慮事項」のために
500mの強制的な最小のセットバックを設定した。






ガイドラインの草案では、
将来の風力エネルギー開発のための
最大の昼夜騒音限界を40デシベルに設定しました
これは、風力タービンに最も近い家の
屋外で測定します。




このガイドラインはまた
タービンのロータの直径10インチ以内で
自宅でシャドーフリッカーが
発生しないようにすることも規定しています。




Shivnen事件は、
12月6日にGilligan判事の前に現れ、
裁判所は、被告が債務を認めたと記録した。


Enerconのスポークスマンはコメントできませんでした。





住宅、計画コミュニティと地方自治省の
スポークスマンは、
政府のためのプログラム、
進行中の政策、法律の進展により
様々な問題を可能な限り早期に結論づけるために、
「通信、気候行動及び環境省と連携して
ガイドライン及び関連事項の作業を進めることを」
部は継続しています。




同スポークスマンは、
「今後数週間、この問題に関する声明が発表され、
さまざまな要素の実施のためのタイムラインを
概説することが期待される」と述べた。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-11-05 : 〼和解契約履行⇒アイルランド:エネルコン風力発電所他vs.家から追われた家族 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝訴⇒⑤、⑥アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>⑤アイルランド:風力会社は、迷惑損害を隣人に入れます |⑥アイルランド:家族によって訴えられている風力発電所は、その責任の余地があります | 関連記事|// 2017年3月19日(日)おとしんアップキープの,懇親会が決定しました 









<住民勝訴⇒⑤アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>




2017年1月5日




⑤アイルランド
◇Wind company admits nuisance damage to neighbours
風力会社は、迷惑損害を隣人に入れます

(farmersjournal|2017年1月5日)
http://www.farmersjournal.ie/wind-company-admits-nuisance-damage-to-neighbours-246465



By Paul Mooney



4月の聴聞会で
7家族の補償を決定する高等裁判所。





Coコークを拠点とする風力エネルギー会社は、
高等裁判所で、
その風力発電所が近隣の7家族に
有害なダメージを与えたと認めている。


高等裁判所は現在、2017年4月に、
会社が家族に何らかの損害賠償を
支払うべきかどうかを決定するために
今、10日を残しました。





ファーマーズ・ジャーナル
(Farmers Journal)は、
家族が行った事件で、
風力発電所が過度の騒音の結果として
迷惑をもたらしたと主張していることを
理解しています。

風力会社は
Enercon Wind Farm Services Ireland Ltdであり、
正式に裁判所に責任を認めています。





7件の損害賠償は、
損害賠償が関連しているという根拠に基づいて
高等裁判所によって統合されています。


それは4月25日火曜日に始まります。




圧力団体の『Wind Aware Ireland』は、
今週、このケースの結果は、
既存の風力発電所と
計画された風力発電所と投資家の信頼につながる
分岐点の可能性があると主張した。


スポークスマンのパウロ・バーン氏は
声明のなかで、
「今後多くのケースが続くことが予想される」と述べた。




多くの家族が
風力発電所からの騒音のひどさのために
家を放棄しなければならなかったと申し立てた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------




<住民勝訴⇒⑥アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>




2017年2月6日




⑥アイルランド
◇Wind farm being sued by families admits its liability
家族によって訴えられている風力発電所は、その責任の余地があります

(Irish Examiner|2017年2月6日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/wind-farm-being-sued-by-families-admits-its-liability-442172.html



クレア・オサリヴァン, Irish Examiner Reporter




風力発電事業者が
騒音公害に対する高等裁判所の訴訟で責任を認めた後
7つのコークの家族は、損害賠償を受領するために
正しく進んでいる可能性があります。





この事件は、4月25日の聴聞会のために次に列挙され、
風力発電所に近接して住む多くの家庭と、
家庭とタービンの間の距離が
より大きくなるべきであると主張している
多くの家庭によって詳細に観察される。





エネルコン(Enercon)風力発電所サービス・アイルランド社と
Carrigcannon風力発電所社
(Enercon Windfarm Services Ireland Ltdと
Carrigcannon Wind Farm Ltd)に対する訴訟は、
Shivnen家と
Banteerのカップル、家族と一人の居住者を含む
別の6世帯によって行われました。




家主は、2011年11月に操業を開始して以来、
タービンから発生する騒音の影響を受けていると
主張していました。






風力タービン周辺の計画規制は、
企業が500mの私有住宅内に
タービンを建設することを可能にする
2006年のガイドラインに依拠している。





風力タービンが住宅から
どのくらい遠ざかるべきかを規定している
ガイドラインが更新されてから3年が過ぎました。



これらのガイドラインは、
旋回ブレードからのノイズと
「シャドウフリッカー」も処理します。



Jan O'Sullivan住宅省長官の指針案を
発行した後の公的協議プロセスでは、
最大7,000件の提出がなされた。

これは「アメニティの考慮事項」のために
500mの強制的な最小のセットバックを設定した。






ガイドラインの草案では、
将来の風力エネルギー開発のための
最大の昼夜騒音限界を40デシベルに設定しました
これは、風力タービンに最も近い家の
屋外で測定します。




このガイドラインはまた
タービンのロータの直径10インチ以内で
自宅でシャドーフリッカーが
発生しないようにすることも規定しています。




Shivnen事件は、
12月6日にGilligan判事の前に現れ、
裁判所は、被告が債務を認めたと記録した。


Enerconのスポークスマンはコメントできませんでした。





住宅、計画コミュニティと地方自治省の
スポークスマンは、
政府のためのプログラム、
進行中の政策、法律の進展により
様々な問題を可能な限り早期に結論づけるために、
「通信、気候行動及び環境省と連携して
ガイドライン及び関連事項の作業を進めることを」
部は継続しています。




同スポークスマンは、
「今後数週間、この問題に関する声明が発表され、
さまざまな要素の実施のためのタイムラインを
概説することが期待される」と述べた。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------
関連記事
--------------------------

<住民勝訴⇒①アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年3月19日

ぜひ!⇒
①アイルランド/画像
◇Families bid to sue wind farm operator
家族は風力発電事業者を訴えると述べる

( Irish Examiner | 2013年3月19日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/cwcwojidgbql/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4547.html

----------------------------------

<住民勝訴⇒②アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年3月31日

②アイルランド
◇Residents across Ireland up in arms over turbines
アイルランド中の居住者は、タービンに憤慨している

(Sunday World | |2013年3月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/04/04/residents-across-ireland-up-in-arms-over-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4547.html

----------------------------------

<住民勝訴⇒③アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年6月4日

③アイルランド
◇Wind turbine experts differ on health fears
風力タービンの専門家は、健康への懸念に関して意見が異なります

(Irish Independent | 2013年6月4日)
http://www.independent.ie/business/farming/wind-turbine-experts-differ-on-health-fears-29317309.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4548.html


Ronnie Bellew


風力エネルギーの議論で
最も論争の的になっている問題は、
風力タービンの超低周波騒音
人の健康に影響を与えるかどうかである。



風力発電所の反対派は、
工業規模の風力タービンに近すぎる生活は
「風力タービン症候群」と呼ばれる状態に
つながる可能性があると主張している
‐症状には、睡眠不足、不安、吐き気、
およびめまいなどの身体状態が含まれる。



風力エネルギー業界は
「風力タービン症候群」は神話であり、
人々が問題の示唆や期待から
純粋に健康問題を発達させる
「ノセボ効果」の結果であることを示唆すると主張します。


アイリッシュ風力エネルギー協会
(Irish Wind Energy Association)は
数十件の国際研究を引用して、
「風力タービンの音が
人間の健康に悪影響を及ぼさないことを
科学的証拠と
人間の経験とのバランスで明確に結論づけている」と
述べている。


▼経験


それに対して、
風力タービンのあまりに近くに住んでいるという経験が
良質ではないという何千人もの人々が世界中にいる。



例えば、アイルランドでは、
Banteer、Co Cork、
風力エネルギー企業Enercon社からの
7つの家族が関与している裁判例が係属中である。

風力発電所の近くの住人が生活の質を破壊したと
Banteerの家族が主張しています。


裁判所の訴訟は秋に聞かれる予定で、
ロスコモンとウェックスフォードの人々の
健康や生活の質が
風力発電所によって
損なわれていると主張している人々の
同様の行為につながる可能性がある。



科学的な証拠の大部分は
風力エネルギー業界の地位を支えているようだが、
ウルトラソニック
(普通の人には聞こえない騒音)の影響と
風力タービンの低周波の放射の影響について
十分な研究が行われていないと主張する
反対の科学的見解がある。



クイーンズ大学ベルファストの
公衆衛生センターのアラン・エヴァンス教授は、
著名な反論家です。


昨年、「風力タービンが睡眠を妨げ、
ほとんどの管轄区域で許可されている
距離と外部騒音レベルで健康を損なうことを
示唆する大きな証拠が存在する」と主張している
ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル
(British Medical Journal、BMJ)の論説を
彼は共同執筆しました。



エヴァンス教授の主張に応えて、
サイモン・チャップマン教授
- オーストラリアの公衆衛生専門家は
独立調査の17件のレビューを引用して、
風力タービン自体が問題を引き起こすという証拠は
貧弱だと主張した。



▼症状


「私は、人類、動物、さらにはミミズまでも、
タービンによって引き起こされたとされている
死亡、病気、症状の絶えず増加するリスト
(現在105件)をまとめている。



「これらの主張の多くの拡散し、奇妙な性質...
この現象(「風車症候群」)が
現代の心因性疾患の主要な例であることを示唆している」と
教授エヴァンズ博士は述べた。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



----------------------------------

<住民勝訴⇒④アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2016年12月11日

ぜひ!⇒
④アイルランド
◇Families forced from homes due to wind farm noise win court case
風力発電所の騒音の結果、家から追われた家族は訴訟に勝利する
(breakingnews.ie|2016年12月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/12/11/
families-forced-from-homes-due-to-wind-farm-noise-win-court-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4548.html

Bryan Smyth



近くの風力発電所からの騒音のために
家を出ることを余儀なくされた
Co Corkの多数の家族は、
今週の高等裁判所で重大な判決を下されました。



家族は2011年に風力発電所が稼働し始めて以来、
騒音の影響を強く受けていると主張しています。



これはアイルランドで最初の行為であり、
多くの風力発電開発者が
同様の状況にある家族からの
法的な異議申し立ての展望を開く可能性があります。



この訴訟は、風力発電所から最大1km離れた
7つの家族に迷惑をかける責任を
全面的に受け入れている
風力タービン製造業者の
エネルコン社(Enercon)に対して行われた。


この判決は、
懲罰的損害賠償について議論するため、
2017年に高等裁判所に戻ります



過去4年間に政府の風力発電に関する
計画規制を導入する約束は実現していない。


時代遅れのガイドラインによると、
タービンは家から500mで建設することができます。
多くの場合、これを含んで
風力タービンは500mより近くに建設されています。


Wind Aware Ireland社の広報担当者は
次のように述べている:

「現在、全国の風力発電所に対する
複数の法的措置の可能性がある。」


「風力産業にとっての法的な意味合いは重要です。

不十分で時代遅れの計画ガイドラインを使用することで、
業界、計画当局、
『通信・気候変動・環境省』(DCCAE)に
出くわす可能性があります。



選挙で、ナッテン大臣は、
新政権の成立から3〜6か月以内に
新たな計画ガイドラインが策定されると約束しました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



--------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html










□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-17 : 〼和解契約履行⇒アイルランド:エネルコン風力発電所他vs.家から追われた家族 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝訴⇒③、④アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>③アイルランド:風力タービンの専門家は、健康への懸念に関して意見が異なります |ぜひ⇒④アイルランド:風力発電所の騒音の結果、家から追われた家族は訴訟に勝利する…この訴訟は、風力発電所から最大1km離れた7つの家族に迷惑をかける責任を全面的に受け入れているエネルコン社(Enercon)に対して行われた // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<住民勝訴⇒③アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>




2013年6月4日




③アイルランド
◇Wind turbine experts differ on health fears
風力タービンの専門家は、健康への懸念に関して意見が異なります

(Irish Independent | 2013年6月4日)
http://www.independent.ie/business/farming/wind-turbine-experts-differ-on-health-fears-29317309.html



Ronnie Bellew




風力エネルギーの議論で
最も論争の的になっている問題は、
風力タービンの超低周波騒音
人の健康に影響を与えるかどうかである。





風力発電所の反対派は、
工業規模の風力タービンに近すぎる生活は
「風力タービン症候群」と呼ばれる状態に
つながる可能性があると主張している

‐症状には、睡眠不足、不安、吐き気、
およびめまいなどの身体状態が含まれる。





風力エネルギー業界は
「風力タービン症候群」は神話であり、
人々が問題の示唆や期待から
純粋に健康問題を発達させる
「ノセボ効果」の結果であることを示唆すると主張します。




アイリッシュ風力エネルギー協会
(Irish Wind Energy Association)は
数十件の国際研究を引用して、
「風力タービンの音が
人間の健康に悪影響を及ぼさないことを
科学的証拠と
人間の経験とのバランスで明確に結論づけている」と
述べている。





▼経験




それに対して、
風力タービンのあまりに近くに住んでいるという経験が
良質ではないという何千人もの人々が世界中にいる。





例えば、アイルランドでは、
Banteer、Co Cork、
風力エネルギー企業Enercon社からの
7つの家族が関与している裁判例が係属中である。


風力発電所の近くの住人が生活の質を破壊したと
Banteerの家族が主張しています。




裁判所の訴訟は秋に聞かれる予定で、
ロスコモンとウェックスフォードの人々の
健康や生活の質が
風力発電所によって
損なわれていると主張している人々の
同様の行為につながる可能性がある。





科学的な証拠の大部分は
風力エネルギー業界の地位を支えているようだが、
ウルトラソニック
(普通の人には聞こえない騒音)の影響と
風力タービンの低周波の放射の影響について
十分な研究が行われていないと主張する
反対の科学的見解がある。






クイーンズ大学ベルファストの
公衆衛生センターのアラン・エヴァンス教授は、
著名な反論家です。



昨年、「風力タービンが睡眠を妨げ、
ほとんどの管轄区域で許可されている
距離と外部騒音レベルで健康を損なうことを
示唆する大きな証拠が存在する」と主張している
ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル
(British Medical Journal、BMJ)の論説を
彼は共同執筆しました。





エヴァンス教授の主張に応えて、
サイモン・チャップマン教授
- オーストラリアの公衆衛生専門家は
独立調査の17件のレビューを引用して、
風力タービン自体が問題を引き起こすという証拠は
貧弱だと主張した。






▼症状




「私は、人類、動物、さらにはミミズまでも、
タービンによって引き起こされたとされている
死亡、病気、症状の絶えず増加するリスト
(現在105件)をまとめている。





「これらの主張の多くの拡散し、奇妙な性質...

この現象(「風車症候群」)が
現代の心因性疾患の主要な例であることを示唆している」と
教授エヴァンズ博士は述べた。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------




<住民勝訴⇒④アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>



2016年12月11日



ぜひ!⇒
④アイルランド
◇Families forced from homes due to wind farm noise win court case
風力発電所の騒音の結果、家から追われた家族は訴訟に勝利する

(breakingnews.ie|2016年12月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/12/11/
families-forced-from-homes-due-to-wind-farm-noise-win-court-case/



Bryan Smyth



近くの風力発電所からの騒音のために
家を出ることを余儀なくされた
Co Corkの多数の家族は、
今週の高等裁判所で重大な判決を下されました。





家族は2011年に風力発電所が稼働し始めて以来、
騒音の影響を強く受けていると主張しています。





これはアイルランドで最初の行為であり、
多くの風力発電開発者が
同様の状況にある家族からの
法的な異議申し立ての展望を開く可能性があります。





この訴訟は、風力発電所から最大1km離れた
7つの家族に迷惑をかける責任を
全面的に受け入れている
風力タービン製造業者の
エネルコン社(Enercon)に対して行われた。




この判決は、
懲罰的損害賠償について議論するため、
2017年に高等裁判所に戻ります





過去4年間に政府の風力発電に関する
計画規制を導入する約束は実現していない。




時代遅れのガイドラインによると、
タービンは家から500mで建設することができます。

多くの場合、これを含んで
風力タービンは500mより近くに建設されています。




Wind Aware Ireland社の広報担当者は
次のように述べている:

「現在、全国の風力発電所に対する
複数の法的措置の可能性がある。」




「風力産業にとっての法的な意味合いは重要です。

不十分で時代遅れの計画ガイドラインを使用することで、
業界、計画当局、
『通信・気候変動・環境省』(DCCAE)に
出くわす可能性があります。





選挙で、ナッテン大臣は、
新政権の成立から3〜6か月以内に
新たな計画ガイドラインが策定されると約束しました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------
関連記事
--------------------------

<住民勝訴⇒①アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年3月19日

ぜひ!⇒
①アイルランド/画像
◇Families bid to sue wind farm operator
家族は風力発電事業者を訴えると述べる

( Irish Examiner | 2013年3月19日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/cwcwojidgbql/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4547.html

----------------------------------

<住民勝訴⇒②アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年3月31日

②アイルランド
◇Residents across Ireland up in arms over turbines
アイルランド中の居住者は、タービンに憤慨している

(Sunday World | |2013年3月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/04/04/residents-across-ireland-up-in-arms-over-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4547.html


By JIM GALLAGHER




多くの人にとって、
彼らは21世紀アイルランドの災いになりました。




全国の家族は、
風力発電所の騒音と混乱によって
家から追い出されています。





タービンの近くに住む人々は、
巨大な機械からの騒音、振動、
軽いちらつきによって
彼らの生活が壊れてしまったと主張する。




抗議者は、風力発電所が地元の協議なしで
長期的な健康への討論なしに建設されたと
主張している。





それでも何千もの塔をアイルランドの
あらゆる場所に持ち込む計画があります。




▼電力




開発者は、それらが国のために十億ユーロを作り、
数万人の雇用を創出することを自慢しています。


しかし、反対派は、
タービンがすべて海外で作られ、
かつてはドイツとデンマークのような場所から
遠隔制御されているので、
この大量雇用がどこから来るのかを詰問します。





最も懸念される計画は、
イギリスのために5つの中部の郡と
オフショアの場所に
驚異的な2,000のタービンを持ってくることです

- ウェールズはそれらを持っていないので。




Mainstream Renewable Powerと
Element Powerの2社は、
1月にアイルランドとイギリス政府の間に
「了解覚書」が締結されたことに伴い、
Offaly、Tipperary、Laois、Kildare、Meathの
土地所有者と契約している。




一度起動して実行すると、
つくられたすべての電力が英国に直接送電されます。


このニュースは、地域社会の権利を守るための
抗議グループの立ち上がりを呼び起こした。




ほとんどの人は風力発電施設に
反対しているわけではないが、
適切な協議をして
家から離してタービンを作りたいと考えている。






コーク州では、7世帯が、
地元の開発者であるEnercon Servicesを
自宅から追放するために訴える
独自のステップを踏み出しました。


Banteerの住人にとって、
生活は非常に厳しくなり、
18ヶ月前に彼らの資産を放棄して
決して戻ってこなかった。




画期的なケースは、将来、
複数のアクションの先例を設定する可能性があります。





彼らの60代のカップルは、
睡眠不足によって外傷を与えられた後に、
一時的にロスコモン近くの自宅から追い出されました。


マイケルとドロシー・キーン夫妻は
現在賃貸宿泊施設に移転する予定です。




ドロシーさんは、彼らが平和的な引退のために
地方の家へ引っ越したと言いました、
しかし、彼らの家の中の絶え間ない
一定の唸り音が、彼らをおかしくさせました。





「私たちの医者は、私たちに睡眠薬を出しましたが、
私たちに家から出るように言った」と彼女は言った。

「私たちの寝室に入ることは、
拷問室に入るようなものです。

その執拗なピッチはあなたを狂わせます。」






▼激怒する




マイケル氏は言った:
「ゴールウェイの友人が私たちと一緒に
来てくれと言ったから、私たちは家を出ました」




キーンズ氏は、
Bord Pleanalaが騒音レベルの条件なしで
スクライン・ヒル(Skrine Hill)の風車に
許可を与えたことを怒っている。




「それは法外です。

他の誰かが騒ぎを起こすと
警察に電話することができますが
風力発電会社には好きなことをするための
自由裁量権があります」とドロシーは言います。





クリストのキルラッシュで、
アストリッド・アードラー氏は、
彼女の健康は750メートル離れた
モンモア風力発電所で苦しんでいたと話し、
現在は定期的に呼吸困難を訴えている。




「7つのタービンがありますが、
45台のタービンを増設したいと考えています。

私たちは去るだろうが、
誰も私たちの家を買う人はいません。」と彼女は言った。





「私たちは不可解なドイツ人のオーナーを
追跡しようとしました
しかし、もしあなたが苦情を言いたいのであれば
どこにも行くことはできません。

元のプランナーはすぐにそれを販売し、
誰も責任を負いません。」






フィリップ・ヒッキー氏(Philip Hickey)(51)は、
家から500m以上離れていなければならないと
規定している計画ルールに違反している
Co.WexfordのBallyluskに建設された
6基のタービンのうちの1つから
370m離れた所に住んでいます。






「一日中それを聞かなければなりません
これは私たちの夢の家でしたが、
それらはそれを台無しにしました」と
フィリップ氏は語った。





「引っ越すことができるならば、
我々はそうするでしょう、
しかし、誰も現在我々の家を買いません。

かつては€300,000の価値があったが、
今はゼロに値します。」




ゴールウェイのMoycullenの運動家の
イボンヌ・クローニン氏(Yvonne Cronin)は、
103台のタービンが彼女の家の8kmの圏内の中で
建築許可を与えられ
現在17台が建設中であると述べた。

彼女は、議会が風力発電所のために
調達した土地の60%が人口密集地域にあると述べた。





「私たちは2年の間市民集会をしましたが、
開発者は決して来ません。

彼らは自分のやることを守ることに
興味がないように思える」




イヴォンヌ氏は、彼女のグループは、
計画の許可を排除すべきであった
計画ルール違反14件を発見したと語った。





彼女は、議会はお金だけに興味があったと述べた

- プランニング手数料は
タービンあたり8,000ユーロ、
次の15〜20年間は18,000ユーロ。




一方、『Lakelands Windfarm Information Group』
(LWIG)は
ミッドランドの開発と戦うために設立されました。





▼最大




スポークスマンのアンドリュー・ダンカン氏は、
欧州最大の風力発電機で、
最も高いタービンを備え、
地元の不動産価格を損なうだろうと語った。

そして、すべて英国の利益のために。




新しいタービンは、
オリンピックスイミングプールのサイズである
1,000トンのコンクリートベースを必要とする
75トンのブレードを備えた、
巨大な185m(610フィート)です。





土地所有者には手数料1,000ユーロ、
プランに許可が承認された場合は10,000ユーロ、
タービン発電開始後は
年間18,000ユーロ〜24,000ユーロの賃料が
交付されました。





『LWIG』(市民グループ)は、土地所有者が現金を得るため、
風力発電所がコミュニティを分割すると
主張しているが、
地元住民はその結果に耐えなければなりません。

それは、40,000の雇用が創出されると言う、
そして
何十億もの茶番劇を作るだろうと主張しました。




「すべてがナンセンスです。

同社にとって巨額の資金調達ベンチャーであり、
その電力は輸出のためのものだ。」と
ダンカン氏は語った。


「それはもともと
ウェールズを目的にしましたが、
彼らはそれらを容認しないだろう。」




『LWIG』は、計画の許可が得られれば
企業は開発を売却し、
建設には関与しないと考えている。




「風力発電は、地域社会を保護するための
適切な計画を立てて
適切な場所に配置する必要があります」と
Andrew氏は述べています。





アクショングループは、
政府が1998年の旧式のガイドラインを
見直す間
風力発電所の一時停止を求めた。


報告書は年末に予定されています。




メインストリーム社(Mainstream)のスポークスマンは、
英国への5,000MWのエネルギーの売却が
25億ユーロに相当すると昨日語った。

そして、彼は、外国メーカーが
ここに工場を開くよう説得することによって、
アイルランドに
巨大なタービンを建設することを目指すと語った。




「風力発電所を建設したい場所が分かれば、
環境影響評価を開始し、
情報を収集するためにあらゆる地域に出かけます。」と
広報担当者は述べた。



「我々はいつも規制内で行動する。

我々は風力発電所を建設して逃げ出す開発者ではない。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-03-16 : 〼和解契約履行⇒アイルランド:エネルコン風力発電所他vs.家から追われた家族 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝訴⇒①、②アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>ぜひ⇒①アイルランド/画像:家族は風力発電事業者を訴えると述べる…そのようなケースの1つが、近くの発電所からの健康への悪影響に基づいて訴えた住宅所有者ジェーン・デイビス氏(Jane Davis)に関して英国で記録されています。このケースは示談になって解決され秘密保持条項が含まれていました |②アイルランド:アイルランド中の居住者は、タービンに憤慨している…私たちは不可解なドイツ人のオーナーを追跡しようとしました、もしあなたが苦情を言いたいのであればどこにも行くことはできません。元のプランナーはすぐにそれを販売し、誰も責任を負いません…アストリッド・アードラー // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<住民勝訴⇒①アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>




2013年3月19日




ぜひ!⇒
①アイルランド/画像
◇Families bid to sue wind farm operator
家族は風力発電事業者を訴えると述べる

( Irish Examiner | 2013年3月19日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/cwcwojidgbql/



By Michael Clifford




北コーク村の家族のグループは、
巨大なタービンが
彼らの健康に悪影響を及ぼしていると主張して、
画期的なケースで風力発電事業者を訴えている。





Banteerの7つの家族は、
特に2011年11月にタービンが稼動して以来、
騒音公害に深刻な影響を受けていると主張しています。





行動が成功すれば、
同様の理由で多くの人々につながることが期待されます。
既に、ウェックスフォード(Wexford)
とロスコモン(Roscommon)の家主が
訴訟を準備しています。





Banteerのアクションは、
「Shivnenの家族と他の人々」によって行われており、
子供がいる家族、カップル、
1つのケースで、単身者の世帯が含まれます。




この判例は高等裁判所にリストされており、
すでにケビン・フィーニー
(Kevin Feeney)判事の前に来ています。

現在、開示手続き段階にあり、
秋には聴聞会が予定されています。




タービンはドイツの会社であるEnercon Services
(運営会社、Tralee、Co Kerryに拠点を有する)によって
製造され、運営されています。

同社は1998年以来この国にタービンを設置している。





法的措置の主要な要素は、
風力発電施設が設置されている規制
および健康に悪影響を及ぼすとされる証拠を
計画することである。





これまでのところ、
風力タービンに関する法律は成立していない。


計画は主に2006年のガイドラインに
基づいていますが、
1998年の技術力に基づいています。





このガイドラインは、
今後数ヶ月以内に報告される予定の
環境省の見直しを受けている。




Banteerのアクションは、
この国では初めてのことであり、
風力エネルギーの開発が
公共政策の最前線に浮上している時期に来ています。




そのようなケースの1つが、
近くの発電所からの
彼女の健康への悪影響に基づいて訴えた
住宅所有者ジェーン・デイビス氏
(Jane Davis)に関して
英国で記録されています。


このケースは示談になって解決され、
秘密保持条項が含まれていました。





化石燃料ではなく
再生可能エネルギーのEU目標の設定は、
風力エネルギーへの動きを促進しており、
ほとんどの新しい開発は、
コストのために洋上ではなく陸上で行われています。




イギリスに輸出される電力を発電するために
2,000台のタービンが設置される
ミッドランドの主要な開発が進められています。

2つのエネルギー会社が実施したこの計画は、
一部の地域で騒動を引き起こしたが、
数十人の農家が、
彼らの土地をレンタルして
タービンを収容できるように署名したと考えられる。




多くの公開会議が、
住民や提案に関する関心のある利害関係者によって
ミッドランド全体で呼び出されている。





最近のブルームフィールドハウスでの会合では、
近くのタービンが健康に影響しているため、
ロスコモンの町の近くに住む夫婦が
自宅を離れなければならないことが明らかになった。





開発者の一人であるElement Power社のCEO、
ティム・Cowhig氏は、
風力タービンを悪い健康状態に関連付ける
科学的証拠はないと述べました。


「私の見解では、人々が適切な情報と
適切な国家議論を必要としているということです。

私たちはそれまでのことを
持っていませんでした」と彼は言いました。




昨年、Noise and Health journalは、
風力発電所の1マイル内に住むグループと
その距離を超えたグループの間の
睡眠パターンを比較した
米国調査の結果を発表しました。


※ 1マイル = 1.609344 キロメートル
 



この研究は、前者のグループの睡眠は、
タービンの運転によって
直接影響を受けることを示唆しました。


これは、風力発電所と
ジャーナルが
「睡眠の質、昼間の眠気、精神的健康などの
健康に関する重要な臨床指標」と呼ぶものとの
関係を示す
最初の研究であると考えられています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------




<住民勝訴⇒②アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>




2013年3月31日




②アイルランド
◇Residents across Ireland up in arms over turbines
アイルランド中の居住者は、タービンに憤慨している

(Sunday World | |2013年3月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/04/04/residents-across-ireland-up-in-arms-over-turbines/



By JIM GALLAGHER




多くの人にとって、
彼らは21世紀アイルランドの災いになりました。




全国の家族は、
風力発電所の騒音と混乱によって
家から追い出されています。





タービンの近くに住む人々は、
巨大な機械からの騒音、振動、
軽いちらつきによって
彼らの生活が壊れてしまったと主張する。




抗議者は、風力発電所が地元の協議なしで
長期的な健康への討論なしに建設されたと
主張している。





それでも何千もの塔をアイルランドの
あらゆる場所に持ち込む計画があります。




▼電力




開発者は、それらが国のために十億ユーロを作り、
数万人の雇用を創出することを自慢しています。


しかし、反対派は、
タービンがすべて海外で作られ、
かつてはドイツとデンマークのような場所から
遠隔制御されているので、
この大量雇用がどこから来るのかを詰問します。





最も懸念される計画は、
イギリスのために5つの中部の郡と
オフショアの場所に
驚異的な2,000のタービンを持ってくることです

- ウェールズはそれらを持っていないので。




Mainstream Renewable Powerと
Element Powerの2社は、
1月にアイルランドとイギリス政府の間に
「了解覚書」が締結されたことに伴い、
Offaly、Tipperary、Laois、Kildare、Meathの
土地所有者と契約している。




一度起動して実行すると、
つくられたすべての電力が英国に直接送電されます。


このニュースは、地域社会の権利を守るための
抗議グループの立ち上がりを呼び起こした。




ほとんどの人は風力発電施設に
反対しているわけではないが、
適切な協議をして
家から離してタービンを作りたいと考えている。






コーク州では、7世帯が、
地元の開発者であるEnercon Servicesを
自宅から追放するために訴える
独自のステップを踏み出しました。


Banteerの住人にとって、
生活は非常に厳しくなり、
18ヶ月前に彼らの資産を放棄して
決して戻ってこなかった。




画期的なケースは、将来、
複数のアクションの先例を設定する可能性があります。





彼らの60代のカップルは、
睡眠不足によって外傷を与えられた後に、
一時的にロスコモン近くの自宅から追い出されました。


マイケルとドロシー・キーン夫妻は
現在賃貸宿泊施設に移転する予定です。




ドロシーさんは、彼らが平和的な引退のために
地方の家へ引っ越したと言いました、
しかし、彼らの家の中の絶え間ない
一定の唸り音が、彼らをおかしくさせました。





「私たちの医者は、私たちに睡眠薬を出しましたが、
私たちに家から出るように言った」と彼女は言った。

「私たちの寝室に入ることは、
拷問室に入るようなものです。

その執拗なピッチはあなたを狂わせます。」






▼激怒する




マイケル氏は言った:
「ゴールウェイの友人が私たちと一緒に
来てくれと言ったから、私たちは家を出ました」




キーンズ氏は、
Bord Pleanalaが騒音レベルの条件なしで
スクライン・ヒル(Skrine Hill)の風車に
許可を与えたことを怒っている。




「それは法外です。

他の誰かが騒ぎを起こすと
警察に電話することができますが
風力発電会社には好きなことをするための
自由裁量権があります」とドロシーは言います。





クリストのキルラッシュで、
アストリッド・アードラー氏は、
彼女の健康は750メートル離れた
モンモア風力発電所で苦しんでいたと話し、
現在は定期的に呼吸困難を訴えている。




「7つのタービンがありますが、
45台のタービンを増設したいと考えています。

私たちは去るだろうが、
誰も私たちの家を買う人はいません。」と彼女は言った。





「私たちは不可解なドイツ人のオーナーを
追跡しようとしました
しかし、もしあなたが苦情を言いたいのであれば
どこにも行くことはできません。

元のプランナーはすぐにそれを販売し、
誰も責任を負いません。」






フィリップ・ヒッキー氏(Philip Hickey)(51)は、
家から500m以上離れていなければならないと
規定している計画ルールに違反している
Co.WexfordのBallyluskに建設された
6基のタービンのうちの1つから
370m離れた所に住んでいます。






「一日中それを聞かなければなりません
これは私たちの夢の家でしたが、
それらはそれを台無しにしました」と
フィリップ氏は語った。





「引っ越すことができるならば、
我々はそうするでしょう、
しかし、誰も現在我々の家を買いません。

かつては€300,000の価値があったが、
今はゼロに値します。」




ゴールウェイのMoycullenの運動家の
イボンヌ・クローニン氏(Yvonne Cronin)は、
103台のタービンが彼女の家の8kmの圏内の中で
建築許可を与えられ
現在17台が建設中であると述べた。

彼女は、議会が風力発電所のために
調達した土地の60%が人口密集地域にあると述べた。





「私たちは2年の間市民集会をしましたが、
開発者は決して来ません。

彼らは自分のやることを守ることに
興味がないように思える」




イヴォンヌ氏は、彼女のグループは、
計画の許可を排除すべきであった
計画ルール違反14件を発見したと語った。





彼女は、議会はお金だけに興味があったと述べた

- プランニング手数料は
タービンあたり8,000ユーロ、
次の15〜20年間は18,000ユーロ。




一方、『Lakelands Windfarm Information Group』
(LWIG)は
ミッドランドの開発と戦うために設立されました。





▼最大




スポークスマンのアンドリュー・ダンカン氏は、
欧州最大の風力発電機で、
最も高いタービンを備え、
地元の不動産価格を損なうだろうと語った。

そして、すべて英国の利益のために。




新しいタービンは、
オリンピックスイミングプールのサイズである
1,000トンのコンクリートベースを必要とする
75トンのブレードを備えた、
巨大な185m(610フィート)です。





土地所有者には手数料1,000ユーロ、
プランに許可が承認された場合は10,000ユーロ、
タービン発電開始後は
年間18,000ユーロ〜24,000ユーロの賃料が
交付されました。





『LWIG』(市民グループ)は、土地所有者が現金を得るため、
風力発電所がコミュニティを分割すると
主張しているが、
地元住民はその結果に耐えなければなりません。

それは、40,000の雇用が創出されると言う、
そして
何十億もの茶番劇を作るだろうと主張しました。




「すべてがナンセンスです。

同社にとって巨額の資金調達ベンチャーであり、
その電力は輸出のためのものだ。」と
ダンカン氏は語った。


「それはもともと
ウェールズを目的にしましたが、
彼らはそれらを容認しないだろう。」




『LWIG』は、計画の許可が得られれば
企業は開発を売却し、
建設には関与しないと考えている。




「風力発電は、地域社会を保護するための
適切な計画を立てて
適切な場所に配置する必要があります」と
Andrew氏は述べています。





アクショングループは、
政府が1998年の旧式のガイドラインを
見直す間
風力発電所の一時停止を求めた。


報告書は年末に予定されています。




メインストリーム社(Mainstream)のスポークスマンは、
英国への5,000MWのエネルギーの売却が
25億ユーロに相当すると昨日語った。

そして、彼は、外国メーカーが
ここに工場を開くよう説得することによって、
アイルランドに
巨大なタービンを建設することを目指すと語った。




「風力発電所を建設したい場所が分かれば、
環境影響評価を開始し、
情報を収集するためにあらゆる地域に出かけます。」と
広報担当者は述べた。



「我々はいつも規制内で行動する。

我々は風力発電所を建設して逃げ出す開発者ではない。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-03-15 : 〼和解契約履行⇒アイルランド:エネルコン風力発電所他vs.家から追われた家族 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR