騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<①スコットランド:SSE風力発電所の騒音と健康問題>スコットランド:カーリックの年金受給者は、犬をあきらめて、風力発電所地獄の後キャラバンへ移ることを強制されます…過去10年間それは常に私を悩ませていました。風が強くなると航空機の着陸のように聞こえるのです // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発







<①スコットランド:SSE風力発電所の騒音と健康問題>




2017年2月21日




①スコットランド
◇Carrick pensioner forced to give up dog and move to caravan after wind farm hell
カーリックの年金受給者は、犬をあきらめて、風力発電所地獄の後キャラバンへ移ることを強制されます

( dailyrecord | 2017年2月21日)
http://www.dailyrecord.co.uk/news/local-news/carrick-pensioner-forced-give-up-9859771



退職した農業従事者の
クリフトン・ロックハート氏(83歳)は、
35年間その家に住んでいました
しかし、タービンの騒音が
彼をすっかり目覚めさせていると言います。





Ayrshire Post




年金受給者は、自分の家の向かいにある
風力発電所の騒音に苦しんでいるため、
犬を諦めてキャラバンに移動しなければならないと
主張しています。





クリフトン・ロックハート氏(83歳)は、
過去35年間、オールド・デイリー近くの
Tralodden Cottageに住んでいました。
しかし、彼の黄金時代は、
14年前にタービンが到着して以来、
彼から奪われており、
以来、ほとんどの夜は目を覚ましています。




退職した農夫は、
騒音が持続して
サウス・エアシャー評議会
(South Ayrshire Council)と
SSE風力発電所のボスとの10年にわたる紛争の後、
十分な睡眠をとるために
ポートウィリアムにキャラバンを借りていますが
「自分の家から押し出された」と感じると
ポストに語りました。




彼の家で、彼は以下のように言いました:

「私はサウス・エアシャー評議会に
苦情を申し立てており、
SSEは毎日午後7時から午前10時の間に
タービンを切ることについて取り決めたが、
それは長く続きませんでした。」





「その後SSEがその取り決めに背いたことを
サウス・エアシャー評議会に再度訴えました。

しかし私は非常に多くのループを経験しましたが
問題は解決されていません。」




「過去10年間、
それは常に私を悩ませていました。

風が強くなると航空機の着陸のように聞こえるのです。」






「私は多くの機会に私の家を離れる必要がありました、
彼らのテストを行うために
人々は外に出なければなりませんが
何もされませんでした、
私は彼らが私の家と庭にモニターを置くことを許可しました、
しかし、何も変わりません。」



一人暮らしで歩くときに杖を使うクリフトン氏は、
最終的に彼が最後の日を過ごすことを望んでいた家から、
今度は移ることを強制されるのを現在感じます。





彼は追加しました:

「私は数年前に犬のオッターを
避難所に引き渡さなければならなかった
それは私の心を傷つけました。

それらが騒々しい時に
彼はタービンから逃げ出し、吠え始めました
彼はそれらに悩まされていたことは明らかであり、
それ以上彼にしがみつくことは
フェアではありませんでした。」




「私は今この騒音が止まらないかもしれないという
事実に基づいて言いました。

私はすでにこれらのタービンのために
私の人生の質を変えなければなりませんでした。

私はここで自分の人生をあきらめて
移動しなければならないかもしれないことを
心配しています。」




「とてもストレスがあり、
私は自分の家から追い出されているように感じている」





この状況に対応して、
サウス・エアシャー評議会の
近隣サービス責任者である
マイク・ニューアル氏
(Mike Newall)は次のように述べています:

「我々は近くの風力発電所からの騒音に関する
苦情に続いて、昨年詳細な調査を行いました。」





「調査の結果、迷惑行為に対する懸念が確認され、
2016年2月に騒音軽減通知が発行されました。




「風力発電事業者は、
家庭に最も近い風力タービンの稼働時間を
短縮することによって
騒音の懸念に対処する措置を講じ、
さらなる試験を実施しました。」




「これは、もはや風力発電所からの
騒音がないことを発見しました。」




「進行中の苦情やテストの継続
- 最近の宿泊施設を含む
- 私たちは風力発電所からのさらなる騒音があることを
  確認することができませんでした。」




「我々は、風力発電所オペレーターも
テスト器材を建物に設置すると申し出たと思います

- 私たちは完全にサポートしています
しかし、自宅のオーナーはこのオファーを断りました。」




「法的な騒音が確認され、
私たちは捜査中に住宅所有者に情報を伝え、
措置を取ることができないことを明確にしました
そして、それは昨年2月から真実ではありませんでした。」




SSEのスポークスマンは付け加えました:

「Tralodden Cottageの住民からの苦情に続いて、
広範な騒音監視が行われました。」




ロックハート氏の弁護士と共有されたこの結果は、
いくつかの特定の風速と方向のシナリオで
騒音レベルの問題があることを示しました。





一時的緩和が、長期的な解決策が特定され
実施されている間に適用されました。





「協議会と住民は共にこのことを認識しており、
SSEはその地位を監視し続けており、
さらなる苦情や懸念が生じた場合、
積極的に対応する」と述べた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-11 : ♪スコットランド:SSE風力発電所の騒音と健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR